2024年05月15日

2024年 初夏のホワイトアスパラガス祭り〜最終日

週末、富良野の『しまねずみファーム』さんから届いた段ボールいっぱいのホワイトアスパラガス。
お家でお料理して食べる初めてのホワイトアスパラガスの美味しさに、主人も私も大喜び。

ですがそんなホワイトアスパラガス祭りも今日でおしまい。
アスパラガスの姿は認識出来ませんが、2024年 初夏のホワイトアスパラガス祭り最終日です。

20240515 00003.png

昨日ホットサンドにしたホワイトアスパラガスのクリーム煮 ☆彡(ちょっと違うけれど) 
残ったクリームソースをライスペーパーで包んで、オートミールライスバーガーにしてみました。

そして、皮をむいて冷凍しておいた根元部分。
捨ててしまうことはもちろん致しませんが、最初の数本分はやわらかめに茹でて美味しくいただきました。

が、ふと思いつきました。
ケチケチして控えめに切り落とすくらいならば、冷凍しておいてポタージュにしてしまえば良いのでは?
ホワイトアスパラガス根元部分の濃厚ポタージュです。

20240515 00004.png

少々の思い違いもあった二品ではありますが、最後の最後まで、アスパラガスの茹で汁すら無駄にせず、2024年のホワイトアスパラガス祭りは幕を引きました。





いつものオートミールライスバーガー。

  1.  オートミール 30g(ロールドオーツとクイックを各15g)
     丸粒タイプのブルグル 15g
     蕎麦の実 10g
     オーツミルク 85g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20240515 00008.png

  2. いちどレンジ庫内から取り出し、全体を軽く混ぜて黒米を加えます。
    黒米は予め茹でて冷凍しておいたもの、40gほど。

    再度ふわりとラップをし、レンジ加熱1.5分。
    全体を混ぜてみて、まだ水分が残っているようならばラップをしないで様子を見ながら追加のレンジ加熱。

    20240515 00009.png

  3. 程好く水分がとんだオートミール生地を、ラップを敷き込んだ目玉焼きリングで成形します。
    表面に薄くマヨネーズをぬり、オーブントースターで軽く焼き色をつけましょう。

    20240515 00006.png

  4. ここからが思い違いの工程。

    SNSで見かけた素敵なレシピ。
    ライスペーパーを使ったクリームコロッケを見かけ、これだ!と飛びつきました。

    お水でほどよく湿らせたライスペーパーに、昨日のアスパラガスと合わせたクリームソースをたっぷり。
    ライスペーパーで包んで、太白胡麻油で揚げ焼きに・・・・・・

    20240515 00010.png

    してはいけません。
    レシピでは、揚げ焼きの前にパン粉をまぶす工程があったことをすっかり忘れておりました。
    油に飛び散るクリームソース、もちろんキッチンにも飛び散る油。

    パン粉のことを思い出したのは、全てを無理やり着地させた後。
    パン粉をまぶさずオーブントースターで焼いたライスペーパーから、当然クリームソースが溢れておりました。

    20240515 00011.png

  5. ですがどうにかするのが私のある意味スゴいところ。
    無理矢理だろうが何だろうがまとめます。

    20240515 00012.png

    何も知らぬ主人からは大好評でした。

    20240515 00013.png






w-line84-thumbnail2.gif





朝、ひと仕事を終えてキッチンに現れた主人。
洗い物を手伝ってくれながら、首を傾げてこう言いました。

『今日、油使っていないのにね、何故こんなにお鍋が油でギトギトしてるんだろ、スポンジも何だかネチャネチャだし』

・・・黙秘します。

20240515 00001.png

ホワイトアスパラガスの根元部分のポタージュ。
皮をむき、長めに切り落としたホワイトアスパラガスの根元部分を冷凍してスープにします。

当初の予定では圧力鍋に頼るつもりでしたが、スープだけに圧力鍋を使うのもナンなのでストウブでじっくり加熱しました。

20240515 00005.png






  1. 発酵バター・つぶしたにんにく・薄切り玉ねぎをストウブに合わせ、蓋をして弱火でじっくり炒め合わせます。
    玉ねぎがしんなりしたところで、皮をむいて冷凍しておいたホワイトアスパラガスの根元部分を投入。

    途中でじゃが芋も加えながら、うんと弱火で計10分ほど。
    じっくりじっくり野菜の水分で蒸し焼き状態にします。

    20240515 00014.png


  2. アスパラガスの茹で汁をブロス代わりに加えます。
    量は控えめ、ひたひたより少なめに。

    更に蓋をして弱火で10分加熱したら、白味噌を加えてバーミックスで撹拌しましょう。

    20240515 00007.png

  3. 生クリームでのばし、お塩で味を整えます。
    スープジャーに移したら、オリーブオイルと白胡椒を添えて出来上がり。





w-line84-thumbnail2.gif





少々のトラブルを乗り越えてお待ちかねの朝食です。

今朝の主食は、ホワイトアスパラガスのブロスを使った炊き粥。
ホワイトアスパラガスを茹でた時に使用したレモンの風味が少々残っておりますが、そこは梅干しを加えて同化させます。
釜揚げしらすの甘みが意外と好相性。

20240515 00002.png

金太郎イワシの焼き加減、今週も上々です。





昨日までは飛び交っておりましたツバメさんらが今朝はまったく姿を見せません。
昨日の剪定でびっくりしちゃったのかしら。
戻ってきてくれると良いのだけど。

col32-thumbnail2.gif




2024年05月14日

2024年 初夏のホワイトアスパラガス祭り〜最高に美味しいサンドウイッチ出来ました

初めて取り寄せたホワイトアスパラガス。
北海道の富良野、社名も愛らしい『しまねずみファーム』さんから届いたホワイトアスパラガスは姿も量も大満足、お料理していても楽しい最高の食材でした。

ホワイトアスパラガスのブロスで炊いた昨日のホワイトアスパラガスご飯(☆彡)も抜群の美味しさでした。
そして今日のお昼はホワイトアスパラガスのホットサンドですよ。

20240514 00003.png

早朝、キッチンに立っておりましたら、主人が白湯のお代わりにひょっこり顔を出しました。
彼を引き付けたのは、製作途中のサンドウイッチ。

美味しそうだと我を忘れる彼。

20240514 00006.png

ひと通りの自己アピールを済ませ、キッチンを後に仕事部屋へ戻る主人。

ふふん。
あなたが目にしたホットサンドはまだまだ途中。
あなたの大好物、クリームソースがたっぷり同席するのよ。

20240514 00007.png

軽くトーストした食パンにお気に入りのマスタードと発酵バター。
溢れそうなホワイトソースを従えたアスパラガスが主役のホットサンド。
レタスの食感に加え、大葉のアクセントが格段に美味しいホワイトアスパラガスのホットサンド。

週末から続いた2024年のホワイトアスパラガス祭り、いよいよ幕引きのようですよ。

20240514 00005.png





週末のホワイトアスパラガスは、オランデーズソース、卵黄+ベシャメルソース等でシンプルにいただきました。
真っ白に茹でたホワイトアスパラガスにベシャメルソースを合わせた状態で冷蔵保存しておきましたので、今日はこれを使います。

20240514 00008.png

トーストした食パンに、ディジョンマスタードと室温に戻した発酵バター。
このディジョンマスタードが最近のお気に入り。

20240514 00009.png

マスタードとバターを満遍なくぬった食パンに、大葉とレタスを重ねます。
この上にクリームソースをまとったホワイトアスパラガスを並べましょう。
残ったホワイトソースに刻んだ茹で卵とナツメグを少々。

20240514 00010.png

アスパラガスの上にたっぷり重ねます。

20240514 00011.png

パンでサンドし、形を整えながらラップでぴったりと包みましょう。
軽い重石をして冷蔵庫でしばらくお休みさせましょう。

20240514 00012.png

パンとフィリングが馴染んだら、ラップを除いてワックスペーパーで包みなおします。
パンの耳は大好き、パンの耳も私にとってはサンドウイッチの一部。

20240514 00013.png

ワックスペーパーごと切り分けて出来上がり。
来年も絶対拵えたいホワイトアスパラガスのホットサンド、本当に美味しい。

20240514 00014.png






w-line84-thumbnail2.gif





釜揚げしらすをたっぷり使ったサラダを添えます。

20240514 00002.png




アボカドに変色防止のスライス新玉ねぎ、千切りにした大葉に、しっかりと水切りをしてからちぎったレタス、半分に切ったミニトマトに白胡麻。
オリーブオイルと塩麴、ペコリーノロマーノで味付けをしたのですが、塩麴は不要だったかも。
釜揚げしらすの程よい塩味をもう少し信用すべきでした。

20240514 00015.png






それでもサンドウイッチの出来は上々、もうひとつ『上』を添えてあげたいくらい。

20240514 00004.png





w-line84-thumbnail2.gif





朝食です。
火曜日のお魚はしめ鯖・アボカド・新玉ねぎスライスの最強トリオ。

主食は温泉卵と茗荷を添えた冷たいお蕎麦ですよ。

20240514 00001.png

残り少なくなってきた蕪の千枚漬け、お酢がこなれてきて美味しい。




そろそろ子ツバメらが飛行訓練を始める頃合いかしらと期待しておりました矢先。
恐れていたお庭の剪定業者さんがお越しになりました。

人さまのお庭をどうこう言うのも失礼なお話ですが、せめてツバメさんらのシェルターになりたかった。
昨年からのことですが。

col36-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月13日

2024年 初夏のホワイトアスパラガス祭り

今朝は『ホワイトアスパラガスご飯』を炊きましたよ。

20240513 00006.png

週末、北海道から届いた段ボールいっぱいのホワイトアスパラガス。

20240513 00001.png

随分と前に主人が注文し、到着の日を心待ちにしておりました。

20240513 00002.png

北海道の富良野、しまねずみファームさんから届いた立派なホワイトアスパラガス。
加工されていないフレッシュなホワイトアスパラガスを見たのも初めてならば、こんなに立派なホワイトアスパラガスも初めて。
加えてこのしまねずみさんカードの愛らしいこと。

20240513 00010.png

届いたその日は、もちろんオランデーズソースでいただきました。
そして翌日は卵黄とホワイトソースで。

剥いたホワイトアスパラガスの皮を底に敷き詰め、控えめ量のお水にレモンをひと切れ、お塩を適量。
しっかり茹でて、更にしっかり蒸らします。

20240513 00003.png

何故かしら。
アスパラガスでもブロッコリーでも何でも、緑黄色野菜の類は食感が残るくらいに軽く茹でるのを良しとするお料理の流れ。
ホワイトアスパラガスに至っては、しっかり茹でるのが美味しいと今年知りました。

20240513 00004.png

しっかり茹でたアスパラガスを炊き立てご飯の上に。
彩りの冷凍グリーンピースも散らし、発酵バターも忘れずに。

20240513 00005.png

最高に美味しい晩秋のご馳走、ホワイトアスパラガスご飯。
早くも来年のホワイトアスパラガス料理に想いが募るのです。

20240513 00007.png





皮をむいて根元を切ったホワイトアスパラガス。
今日は更に半分に切って下茹でしましょうか。

剥いた皮を下に敷き、ホワイトアスパラガスを並べてレモンをひと切れ、ゲランドの塩をちろり。
レモンは、お菓子作りに表皮を削ったものを切って冷凍しておきました。
使える子です。

20240513 00011.png

ひたひたより控め量お水を加えて煮立て、蓋をしてしっかり5分ほど弱火で加熱したら、更にしっかり蒸らします。
ふわり立ち上るこの香り。

20240513 00012.png

予めお米を洗って吸水させておきましょう。
ホワイトアスパラガスを目立たせてあげたいので、今日は雑穀米は使いません。
押し麦、もち麦、蕎麦の実、色が際立たないものだけを合わせます。

茹でたアスパラガスをそっとザルにとりましょう。

20240513 00013.png

もちろん茹で汁は捨てません。
昨日の煮汁ももちろんとってあります。

今日の分の煮汁と合わせ、いつもの量をアスパラのブロスに置き換え、いつも通りに炊き上げます。

20240513 00014.png

炊き上がったご飯に、やや大ぶりに切ったアスパラガス・冷凍むきグリーンピース、さいころ状に切った発酵バターを素早く散らし、しっかり蒸らせば出来上がり。







il-plants125-thumbnail2.gif





お弁当にもホワイトアスパラガスご飯。

いつもはお醤油味で煮る蓮根を、今回はすりおろしてから鶏ひき肉と合わせてつくねにしてみました。
さっと胡麻油で焼き色をつけてから一旦取り出し、根菜を加えて最後に合わせます。

切り干し大根は隙間埋めの扱いですが、昔から好きなお惣菜のひとつ。

20240513 00009.png





il-plants125-thumbnail2.gif




朝食です。

ホワイトアスパラガスご飯のバターの香りにうっとり。
西京焼きの焼き色にうっとり。
お酢がなじんできた千枚漬けの風味のこれまたうっとり。

20240513 00008.png

長らく納豆と合わせて楽しんできた手作りの白菜キムチがなくなりました。
今日からしばらくは、先日取り寄せた蕪の副産物、下茹でして冷凍しておいた蕪の葉っぱの佃煮が納豆に添えられることになります。

col68-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

葛と小豆餡と黒米と

どうしても小豆餡が食べたい。
今朝はそんな気分でした。

賞味期限間近の緑豆でもなく、賞味期限が少々過去になってしまったココナッツミルクでもなく、今朝は賞味期限がまだ当分先の『小豆』を取り出しましたよ。
主人からは『謎のデザート』と評された今日のお昼ご飯です。

20240510 00004.png

甘さを控えた小豆餡にとろり葛。
黒米ときな粉で拵えたひと口サイズのおはぎ(のようなもの)を添え、ちょっと甘めのココナッツクラッカーをアクセントに添えました。

このココナッツクラッカー、非常時用にとカルディさんから取り寄せたものなのですが、ちょっと甘過ぎることが判明。
災害時にはこれくらいの甘みがあった方が精神的に落ち着くのかしら。

20240510 00006.png

オーツミルクで練った小豆餡に程よい甘さの葛。
そして黒米のおはぎにココナッツクラッカー、きな粉。

ちょっと甘さを欲し過ぎた感じ、後から足したデーツシロップは不要でした。
疲れているのかしら。

20240510 00003.png






◆ざっくり材料と手順

  1. 先ずは何と言っても小豆。
    急に小豆餡が食べたくなること多々、なので渋切りを端折るこの方法がお気に入りです。

    先ずは丁寧に洗った小豆をザルに移してしっかり水切りをします。
    圧力鍋に移し、全体がさらりとするまで乾煎りしましょう。
    小豆は小袋ひと袋分、250g全て使用しました。

    20240510 00008.png

  2. 小豆の上 3〜4センチまでお水を注ぎ、加圧すること20分。

    20240510 00009.png

    圧が抜ければ、ふっくら小豆の炊き上がり。

    20240510 00007.png

  3. 全体をさっくり混ぜ、今日使用しない分は一部冷凍保存、一部米麹と合わせてヨーグルトメーカーへ。

    20240510 00010.png

  4. 圧力鍋に残った小豆にオーツミルクを足し、少し加熱して十分やわらかくなったのを確認してから生砂糖を加えます。
    ぽってりと煮詰めたら、仕上げにお塩をひとつまみ。

    粗熱をとってジャーに移します。

    20240510 00011.png

  5. 葛生地へと進みます。

     ◆ 葛粉 5g
     ◆ 生砂糖 5g
     ◆ お水 95g

    以上を小鍋に合わせ、葛のかたまりがなくなるまでよく混ぜます。
    中〜弱火で混ぜながら加熱し、透き通ったら火からおろして練りあげます。
    小豆餡の上にとろり回しかけましょう。

    20240510 00012.png

  6. 黒米は炊いて小分けにし、冷凍してあります。
    自然解凍したものをすり鉢で少しつぶし、ひと口サイズのお団子にまとめましょう。

    20240510 00013.png

    きな粉と少量の生砂糖を合わせ、お団子にたっぷりまぶします。

    20240510 00014.png

  7. お団子を葛生地の上に乗せ、ココナッツクラッカーを砕いて散らします。
    その上から余ったきな粉をたっぷりと。
    デーツシロップはお好みで。

    20240510 00015.png





w-line84-thumbnail2.gif





金曜日ですので生鮮食品が不足しております。
乾物頼みのサラダを添えましょう。

20240510 00005.png





  1. 切り干し大根と干しエビは、合わせて極少量のお水で戻します。
    ひじきは下茹でして冷凍しておいたものを自然解凍。
    冷凍むき枝豆はお酒で乾煎りしてあります。
    新玉ねぎはみじん切りに。

    20240510 00016.png

  2. 胡桃・胡麻・細切りにした油揚げは予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストします。
    これでほぼ準備完了。

    20240510 00017.png

  3. すり鉢で胡麻と胡桃をすり合わせ、少量の寿司酢・お醤油等で味付けします。

    用意しておいた具を加え、ついでに作り置き料理の中の『煮なます』も加えて和えれば出来上がり。
    味変にハリッサとペコリーノロマーノを添えました。





小豆餡が食べられて大満足かと思いきや、それを欲していたのは早朝だけだったようです。
気まぐれ。

20240510 00002.png





w-line84-thumbnail2.gif





朝食です。
金曜日は釜玉うどんとイオン産の生姜煮イワシ。

20240510 00001.png

今シーズン頻繁に拵えた白菜キムチがとうとう今日でおしまいです。
何度か言った台詞ではありますが、今度こそはもう最後、どこからも白菜を頂くことはないでしょうしね。




明日は主人念願のホワイトアスパラが届きます。
アルザス辺りの白ワインでしょうか。

Blueberryss-187x187.jpg


ラベル:黒米おはぎ
posted by しんさん at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月09日

カリカリもっちり、イチゴバター米粉パン

木曜日なので今週もパンを焼きました。

随分と前、頂いたイチゴで拵えた『イチゴバター』、そして同じくお土産で頂いた『島ざらめ糖』
これらを米粉生地にたっぷり乗せて焼いた『シュガーイチゴバター米粉パン』です。

20240509 00003.png

明太子パンと見間違えそうな佇まい。

米粉パンらしく、中はもっちり。
そしてざらめ糖が溶けた表面はカリカリ。
イチゴバターの風味が抜群の存在感を放っています。

20240509 00001.png

相変わらず米粉生地の扱いは思い通りにはいきませんが、それでも少しずつコツのようなものを掴んできた気も致します。

今日のこの米粉生地も、相当緩めな生地なりに一応成形に漕ぎつけましたもの。
のらりくらりと続けていくのが性に合っていそうです。

20240509 00006.png





◆材料(4つ分)


 ◇米粉ペースト
  • 米粉(パン用ミズホチカラ使用) 6g
  • お水 20g

 ◇米粉生地
  • 米粉(パン用ミズホチカラ使用) 135g
  • スキムミルク 15g
  • コーンスターチ 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品) 2g
  • ゲランドの塩 2g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 40g
  • オーツミルク ホエーと合わせて120g計量しました

  • イチゴバター(☆彡) 35g
  • サイリウム 5g
 ◇成形・トッピング用
  • ココナッツオイル 適量
  • イチゴバター 適量
  • 島ざらめ糖 適量


    20240509 00008.png



◆作り方

  1. イチゴバターは室温に戻しておきます。

    ホエーとオーツミルクを合わせて計量し、軽く混ぜておきましょう。

    米粉生地用の米粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイースト・てんさい糖・お塩をボールに合わせ、泡だて器で軽く混ぜておきましょう。

  2. 米粉ペーストを準備します。

    分量の米粉とお水を合わせてよく混ぜたら、ラップをしないで600Wの電子レンジで加熱すること20秒。
    糊状になるまでよく混ぜておきます。

    20240509 00009.png

  3. 合わせた粉類にホエー液を加え、泡だて器で先ずは軽く混ぜ合わせます。
    軽くなじんだところで、電動に切り替えしっかりと撹拌しましょう。

    20240509 00010.png

    米粉ペーストとイチゴバターも加え、更に撹拌します。

    20240509 00011.png

  4. サイリウムをふり入れ、スパチュラに持ち替えてよく混ぜます。

    20240509 00012.png

    底からすくうようにしながら、緩いながらまとめていきましょう。

    20240509 00013.png

  5. 手のひらとカードに極薄くココナッツオイルをぬりながら、生地を4分割してそれぞれ丸めます。
    オーブンシートを敷いた天板に並べ、お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 30℃で25分。

    20240509 00014.png

  6. オーブンの予熱完了間近になったら、生地の表面に刷毛で極薄くココナッツオイルをぬります。
    切り込みを入れ、切り込みの間にイチゴバターをたっぷり押し込みましょう。
    島ざらめ糖を散らし、予熱したオーブン庫内へ。

    20240509 00015.png

    設定温度190℃で20分。
    ワイルドな見た目はともかく、イチゴバターの香りにうっとりです。

    20240509 00007.png






il-plants5-thumbnail2.gif





具沢山スープを添えます。
油揚げのトッピングは、毎週2枚だけ残ってしまう油揚げの有効利用として。
少々の無理は承知済みです。

20240509 00005.png





  1. 油揚げをさいの目に切り、カリっとするまで乾煎りして取り出しておきます。

  2. さいの目に切ったベーコン・人参・玉ねぎ・ゴボウ等々を合わせて炒め、ここにスープストックをひたひた程度に加えましょう。

    20240509 00017.png

  3. 根菜に火が通ったらオーツミルクを注ぎます。
    冷凍グリーンピース・下茹でして冷凍しておいたひじき、ひよこ豆、ブルグル等々加えてひと煮たち。
    具沢山スープはお塩だけで味が決まってしまうのが嬉しい。

    20240509 00016.png

    スープジャーに移して油揚げを散らし、白胡麻をひねって出来上がり。





主人からの『ご馳走様メッセージ』には、『メロンパン美味しかった』とありました。
表面のひび割れ、そう前向きに捉えてもらえるのが嬉しい。

20240509 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif





お待ちかねの朝食です。

木曜日のお魚は塩鯖。
今週も赤酒のおかげで皮面パリパリ、中ふっくらの焼き上がりです。

主食は冷凍しておいたシジミご飯。
紹興酒に漬け込んだシジミの総集編とも言える我が家の定番メニューです。

20240509 00004.png

そしてシジミご飯の美味しさに和むのです。

ivy_s.jpg



posted by しんさん at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする