2018年02月14日

オートミールクッキー+マシュマロ+キスチョコ = S'more風 バレンタインver.

バレンタインディです。
正直、チョコレート会場の人混みをかき分け参戦する気力は年々薄らいでおります。
この時期テレビを見るとバレンタインディ特集一色、バレンタインディも今ではすっかり他人事。
・・・じゃぁこれは?

何のかんの言っても、やはりバレンタインディの今日くらい可愛らしいハートを散らしたいもの。
西友で買ってきた僅かばかりのキスチョコで、ささやかながらバレンタインムードに浸りましょう。

キスチョコが足りなくて、ふと思いついたクコの実のハート。
これが意外と可愛らしかったので、立ち位置をセンターにしてみました。
むぎゅっとマシュマロに埋め込んだクコの実のハート、ちょっと窮屈そうなハートが可愛い。





キスチョコと同じく、西友で買ってきたブルーベリー風味とストロベリー風味のマシュマロ。
低温のオーブンで軽く焼き、ヌガーみたいなgooeyでstickyな食感に仕上げてみました。

マシュマロの下には、レーズンをたっぷりと混ぜ込んだオートミールクッキー。
ほぼオートミールでさぞやヘルシーかと思いきや、バターはしっかり使ってありますので悪しからず。
ですがその風味は抜群です。

マシュマロとチョコレートですもの、もちろん目指したのは S'more。
食べたことはおろか、実物を見た事すらないスモアを想像しながらのバレンタインディです。

もちろん主人からは大好評。
今後バレンタインディは毎年これが良いとのお言葉まで頂戴致しました。





実はクッキーも含めて笑っちゃうくらい簡単なお座なりスモア。
我が家におけるバレンタインディの簡略化は益々進みそうです。






レーズンがたっぷり入ったオートミールのクッキー、本当に簡単ですよ。
以下の分量で12個分です。
  1. 無塩タイプの醗酵バター 75gは湯せんにかけて溶かしておきましょう。

    レーズン 50gをザルに入れ、さっと熱湯に通して水をしっかりと切ります。
    布巾に移して軽く押さえ、更にしっかりと水気を切っておきましょう。

    溶かした醗酵バターにオートミール 80gを合わせ、水気を切ったレーズンを加えます。
    スパチュラでさっくりと混ぜ合わせ、15分ほどおいてなじませておきましょう。

  2. 別ボールに卵を1個割り入れます。
    バターを湯せんにした時のお湯を少し冷まし、ボールの底を軽く温めながら泡立てましょう。
    全体がもったりとするまで、てんさい糖 30gを少量ずつ加えてはそ都度泡立てます。

    ここに、
    全粒粉タイプの薄力粉 大さじ1
    ベーキングパウダー 小さじ1/2
    シナモンパウダー 適量
    を合わせてふるい入れ、スパチュラで混ぜ込みます。

    1のボールに加え、スパチュラでさっくりと混ぜ込みましょう。
    はい、これでクッキー生地の出来上がりです。

  3. 軽く湿らせたスプーンを使い、オーブンシートを敷いた天板の上に生地を並べます。

    予熱したオーブンに移し、先ずは180℃で焼きましょう。
    表面に焼き色がつき始めたら170℃〜160℃に下げ、計20分ほど焼きます。
    180℃のままですとレーズンが焦げてしまいますのでそこはオーブンと相談して。

    クッキーがざっくりと良い色に焼き上がったらいちどオーブン庫内から出し、熱々の生地の上にマシュマロを転がらないようそっと押さえつけましょう。
    マシュマロを頭にのせたクッキーを今度は120℃で10分ほど。

    マシュマロが溶けてふんわりしてきたらオーブンから出し、キスチョコをそっと押し込みましょう。

    キスチョコが足りない分はクコの実をハートに見立てて。

    そのまま粗熱をとり、網の上で完全に冷まして出来上がり。

    これは立派なスモアだと思うのですが、主人も私も実物を知らないので何とも・・・
    兎にも角にもバレンタインディをささやかに楽しんでおります。











無骨な佇まいではありますが、やはり可愛らしいクッキーが整列するのを見るのは楽しいものです。
鼻唄まじりで拵えたのはロールキャベツ。
いつもの鯖缶を使った簡略版ロールキャベツをお弁当のお菜と致しましょう。

圧力鍋で拵えるとキャベツが崩れやすくなってしまう上に、主人の好きな食感も楽しめませんので本日はストウブでさっと拵えましょう。

しっかりキャベツが感じられるロールキャベツ、具はそのままでも食べられるものばかりですのでちょちょいのちょいで完成です。
多めに拵えて今週末までの常備菜に。





  1. キャベツはしんなりするまで電子レンジで加熱し、ザルに移して水を切っておきます。
    分厚い芯の部分をすりこ木等で叩き、やわらかくしておきましょう。
  2. 市販の蒸し大豆・刻みネギ・缶汁を切った鯖缶・刻んだ酒粕をボールに合わせ、極少量の片栗粉を加えて混ぜましょう。
    これを等分してキャベツで巻き、巻き終わりを下にしてお鍋に隙間なく並べます。
  3. ひたひたのお水・お酒・みりん・白だし醤油を加え、ぴったりと蓋をして煮ます。
    煮立ってから5分もすればそれで出来上がり。

    保存容器に煮汁ごと移して常備菜に。
    隙間に干し貝柱を入れておけば、ふっくらと戻って更に常備菜が充実します。
    少量残った蒸し豆も煮汁に浸しておけば、何かと重宝致しますものね。











2月14日、何はなくともハッピーで過ごすのがいちばんです。

我が家の朝食はいつもハッピーですが、特に最近は主人が取り寄せてくれたあおさのおかげでハッピー度数は更に上昇中。
朝のお味噌汁にあおさ、ふわっと立ち上がる香りにほとほと幸せを感じます。
・・・これが大袈裟じゃぁないんだ、な。

今朝の主食は久しぶりにお蕎麦。
鴨がかくれるほどたっぷりの刻みネギを盛って、自家製の柚子胡椒を添えて召し上がれ。

今週はイワシのお酢煮はお休みです。
代わりに塩引き鮭、この美味しさには食べるその都度放心してしまうほどです。
あれ、切り身の盛り方、これは不正解だったかしら。





明日からは朝のほうじ茶のお供に甘いお菓子が添えられることでしょう。
先程実家の母親が、主人にとチョコレートらしきものを届けてくれましたから。
イベント好きな母親はリタイヤ生活を存分に満喫中です。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 16:06 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする