2020年07月28日

みょうがのシンプル炊き込みご飯〜甘辛胡桃の太巻き寿司

先日頂いた沢山のみょうが ☆彡

スーパーで買うほんの数本のみょうがに慣れた私です。
大きなジッパー付き保存袋に綺麗に洗ったみょうがぎっしり詰まっており、そのご苦労を想うと申し訳ないやら、それでいてずっしり重い程のみょうがに小躍りするやら。

冷凍も考えましたが、どうせならば家電の力を借りるより昔ながらの方法で出来るだけ無駄なく保存したいと。
定番の甘酢漬けに加え、しょう油漬けや味噌漬け、そして一部はキッチンペーパーに包んで出来るだけ食感を残すべく冷蔵保存。
ふふ、なんやかんや言っても家電の力には頼るのです。

そろそろ冷蔵保存部隊のみょうがたちを使ってしまわないと、せっかくの風味食感が損なわれてしまいます。
ここは贅沢に、こんな機会でもないと拵えないであろうみょうがの炊き込みご飯など。

20200728 00004.png

お醤油もお塩も加えません。
油揚げもキノコ類も加えません。
文字通りシンプルなみょうがの炊き込みご飯、かつおだしでみょうがを炊き込んだだけ。

20200728 00010.png

みょうがの薄紅色は抜けてしまいますが、それでもみょうがの風味は健在。
極々仄かなみょうがの風味がとても贅沢です。

朝食には炊き立てでみょうがの淡い風味を堪能致しました。
ですがお昼もそれでは少々物足りない。
なのでお昼は太巻き寿司に。

20200728 00001.png

派手さはありませんがとてもおいしい太巻き寿司です。
定番の甘辛お醤油味の高野豆腐、干しシイタケに加え、こってり飴炊きにした胡桃を一緒に。
これが抜群のアクセントとなって、主人も相当お気に入り。

20200728 00003.png

シンプルなみょうがの炊き込みご飯、そしてお昼の飴炊き胡桃の太巻き寿司。
初夏のみょうがを存分に楽しむにはぴったりです。

20200728 00002.png





お出汁はたっぷりの鰹節をひと晩お水に浸して水だしに。
手軽で簡単な水だしがお気に入りです。

いつも通り洗ったお米に押し麦を少々。
圧力鍋に合わせ、いつも通りの分量でお出汁を注ぎましょう。
が、極少量分を豆乳ヨーグルトのホエーに置き換え。
これでもっちりと炊き上がります。

縦半分に切ったみょうがを更に繊維に沿った細切りに。
薬味ほど細く切らず、みょうがの存在感を残します。
お米の上にたっぷり散らし、加圧すること5分弱。

20200728 00011.png

そのまま蒸らせば出来上がり。
胡麻もなにも添えず、シンプルに召し上がれ。

20200728 00005.png






太巻き寿司用の高野豆腐や干しシイタケも圧力鍋でちょちょいのちょい。
ちょっと薄めの味付けで圧をかけたら、あとは程よく煮詰めるだけ。

胡桃の飴炊きも簡単。
お醤油・お砂糖・みりん・お酒を合わせて煮立て、胡桃を加えて絡めながら煮詰めるだけ。

20200728 00012.png

胡桃と一緒にカシューナッツも。
日本酒にも合いそうな一品です。

20200728 00013.png

寿司酢を混ぜ込んだみょうがご飯の酢飯を海苔の上にひろげます。
高野豆腐・干しシイタケ・胡桃を並べて巻きましょう。

20200728 00014.png

今日のお昼ご飯の出来上がり。

20200728 00015.png







line60-thumbnail2.gif






イオンのネットスーパーばかりに頼って買い物に行っておりませんので、食材の偏りが目立ちます。
が、冷凍保存してあるカボチャやら何やらを探り出しては、面取り人参と煮物にしたり。
面取り人参の切れ端と市販の蒸し大豆、乾燥ひじきを合わせてこってり炒り煮にしたり。

似たような味付けではありますが、カボチャと人参にはみりんを足したり、ひじきはこってりオイスターソースを隠し味にするなどして何気に楽しんでおります。

20200728 00009.png

作り置き料理で隙間を埋めて、主人のお弁当も完成致しました。

20200728 00007.png





line60-thumbnail2.gif





炊き立てのみょうがご飯と塩サバの組み合わせが最高です。
主人が毎朝淹れてくれるほうじ茶の味が微妙に日によって違うのも一興。
お茶パックでは出来ないお茶の楽しみ方です。

20200728 00006.png

先ほど、クロネコさんが日本酒を届けてくれました。

あれ?
我が家では、配達物は翌日届けてくれるものも敢えて断り、土曜日の午前中に集中して届くよう依頼しているはず。
主人にメッセージを送ったところ、主人もあれ?と。

どうやら何かの手違いで、先日届いた限定酒が再度同じ内容で配達されてしまった様子。
一瞬喜ぶ主人。
ですが考え直して先方さんにご連絡をいれたところがまた主人らしいところ。
実のところ、私も多少はこのお酒、我が家のものになるのでは?なんて淡い期待を抱いておりました。
まもなくクロネコさんが回収にいらっしゃるとのこと。

ちょっとだけ楽しい思いをさせて頂きました。
ですが良かった。
先方さんも間違いに気づいていたそうで、もしこのままホクホクと横領していたら今後そういう人間だと思われてしまうもの。

居心地悪いお酒は飲まない、これが我が家のお約束。
火曜日、今日は週に2回こっきりのお酒を控える日です。


illust-raineyday1-thumbnail2.jpg


posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

三色白玉のフルーツゼリー〜お豆腐白玉、コラーゲン白玉、ビーツ白玉

楽しかった4連休明け。
特にどこかに行ったとか、特に何か特別なことをしたとかはありませんが、これもいつもの我が家の過ごし方。
充実した連休前夜もあわせた5日間でありました。

我が家でいちばん古い寝室のクーラーの可動が怪しくなったのでダイキン製に買い換えました。
これがまたよい調子。

結婚当初から使っておりました脱衣室のキャスター付きハンガー、頂き物の色気も素っ気もないハンガーを処分して突っ張り棒を設置しました。
コンビニクーラー(これもまた随分と古いものですが)を使えば脱衣室が即席の乾燥室に早変わり、うん、よい感じ。

なかなか梅雨が明けない昨今、そろそろ今年のぶどうの出来が気になる頃合い、近所のぶどう農園を覗いてご様子伺い。
今のところ順調とのことで胸をなでおろし、ちょうど店頭に並び始めたデラウェアを買って帰宅したのは連休半ばの頃だったかしら。
そんなデラウェアを使って、連休明け、久しぶりのお弁当。

20200727 00004.png

小粒なデラウェアをゆるッとゼリーで閉じ込めたフルーツゼリー。
フルーツゼリーと言っても、フルーツらしいフルーツはデラウェアだけ。
マンゴーはドライマンゴーをハーブティーで戻して使いました。

そしてデラウェアよりマンゴーより、何より存在感を醸し出しているのがこちらのお三方。

20200727 00008.png

カラフルな3色白玉団子です。

左から、我が家ではおなじみのお豆腐白玉、真ん中の黄色い白玉はコラーゲンドリンク、そして一番端の少々毒々しい赤い白玉は自家製ビーツのピクルス液を使用した白玉団子です。

こうして食べ比べると、今までもっちりと感じておりましたお豆腐白玉がいちばんもっちり感に乏しいことが判明。
そして何より、コラーゲン白玉が美味しい。

販売開始当初より愛飲しておりましたコラーゲンではありますが、いつからか定期購入するのに色々厄介な問題が発生致しまして。
安定した価格で自宅に届けてくれるサントリー製に横恋慕して今に至っております。
以前買った資生堂さんのコラーゲン、1日2本飲むには躊躇するし、かと言って主人に飲ませるのも何だか悔しいし・・・

これでよいお片付け案になりそうです。

20200727 00003.png

アガーでゆるッとかためたゼリーは、ドライマンゴーを戻した際に使用したカモミールティーのゼリー。
お砂糖をぐっと控えてありますが、ハーブティーで戻したマンゴーの甘みで十分満足な仕上がりです。

20200727 00017.png
ドライのままだと少々食べ辛かったドライマンゴー。
ハーブティーで戻せば、ふっくらやわらかくて色々なデザートにも使えそうです。

20200727 00005.png





◆材料

  • 木綿豆腐 100g
  • 白玉粉 45g

  • 白玉粉 45g
  • コラーゲンドリンク 40g

  • 白玉粉 45g
  • ビーツのピクルス液 40〜42g

  • ドライマンゴー 適量
  • カモミールティー 適量
  • ドライマンゴーを浸しておいたカモミールティー 250t〜260t
  • てんさい糖 10g
  • アガー 5g

  • デラウェア 適量

    20200727 00009.png






◆作り方

  1. 先ずはドライマンゴーを戻します。

    容器にドライカモミールを適量入れて熱湯を注ぎ、蓋をしてしばらく蒸らしましょう。
    ここにドライマンゴーを加えてしばらく浸しておきます。
    ドライマンゴーはお砂糖不使用のタイプを使っております。

    20200727 00016.png

  2. マンゴーを戻している間に白玉団子の準備にかかりましょう。

    それぞれをビニール袋に合わせ、ひとつにまとまるまで揉みます。
    水分系の材料は一気に加えず様子を見ながら少しずつ。

    ビニール袋の中で生地がまとまったら袋から出し、耳たぶ程度のかたさになるまでよく捏ねます。

    20200727 00014.png20200727 00013.png
    20200727 00012.png


    包丁で12等分して丸めましょう。
    いつもより少々小ぶりな白玉団子です。

    20200727 00010.png

    ちなみに、ビーツのピクルス液はお酢とお水が1対1にお塩がひとつまみ。
    オーブンで焼いたビーツの皮をむいて漬けこんでおいたもの。
    材料がシンプルなので有効利用もしやすいのです。

    20200727 00015.png

  3. お湯を沸かし、グラグラと煮立たせない程度の火加減に。
    中央を指で窪ませながら白玉団子をそっと移し、プカリと浮かび上がってくるまで茹でて氷水にとりましょう。

    白玉を扱う順番は、断然お豆腐白玉⇒コラーゲン白玉⇒ビーツ白玉からがお勧め。
    ビーツ白玉を最初に扱うと色移りしてしまいますから。

    氷水で冷やした白玉は、キッチンペーパーをたっぷりのお水で湿らせて敷いたバットの上に並べておきましょう。

    20200727 00011.png

  4. ドライマンゴーがふっくら戻った頃合いです。
    マンゴーをそっと取り出し、一口サイズに切っておきましょう。
    マンゴーを浸してあったカモミールティーを漉してゼリーを作ります。

    先ずはアガーとてんさい糖をお鍋に合わせてよく混ぜます。
    カモミールティーを少量注ぎ、アガーとてんさい糖が残らないようスパチュラでよく混ぜましょう。
    よくなじんだところで中〜弱火にかけてよく混ぜながら、残ったカモミールティーを注いで沸騰直前まで温めます。

    容器に皮を除いたデラウェアを先に入れておき、カモミールティーのゼリー液をそっと注ぎます。

    20200727 00019.png

    粗熱が取れたら冷蔵庫に移して冷やしかためましょう。
    かたまったゼリーをスプーンでざっくりと崩します。

    20200727 00018.png

  5. 3色の白玉団子、ゼリー、マンゴー、これで準備は完了です。

    20200727 00007.png

    ゆるゆるゼリーで隙間を埋めるようにジャーに詰めれば出来上がり。
    いつもは緑豆餡や胡桃等、こってりとした要素も取り入れることが多いのですが今日はとことんあっさっりと。

    20200727 00006.png

    残った白玉団子は小分けにして冷凍保存。
    自然解凍して、週末の朝のスムージーのトッピングに。

    20200727 00001.png






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





この梅雨空で畑には行けません。
長雨を理由に食材調達のお買い物にも自ら行きません。
ですが、おうちでイオンのおかけでなかなか快適な日々を楽しんでおります。

高野豆腐とヨーグルト、玉ねぎを使って、何だかヘルシーなサラダを拵えてお弁当のお菜に。

20200727 00002.png





高野豆腐は熱湯で10分ほど戻し、冷水の中で何度か両手で挟みながら押し洗いをします。
お水が濁らなくなったら、しっかりしぼりながら細かくほぐしてボールに移しましょう。

ヨーグルト・みじん切り玉ねぎ・白味噌を加えてよく混ぜます。

20200727 00020.png

ここでふと、連休中に頂いたお中元の存在を思い出しました。
自分たちでは絶対買うことはないであろう、明太子のオイル漬けの缶詰。
これも混ぜてジャーに詰めます。

あとはセミドライトマトのオイル漬け(☆彡)、極少量残っていた自家製ルッコラを詰めて出来上がり。






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





週末、イオンさんのネットスーパーに卵をお願いしました。
前日ではないけれどまだまだ生食が出来る新しい卵ですので、今朝は主人が大好きな釜玉うどんを主食と致しましょう。

20200727 00021.png

この今朝の釜玉うどんが小さなトラブルを生み出しました。

先ほどもお話にあった、お中元で頂いた明太子のオイル漬け。
これを手にした瞬間、私は朝の釜玉うどんを明太子風にしようと決めておりました。
その旨主人に伝えると、心底嫌な顔をして『あ、僕は別々に』

昨晩、寝る前に主人には念押しを致しました。
『本当に良いのね?明太釜玉でなくて良いのね?私は明太釜玉にするけどあなたはいつもの釜玉ね?』
と。





主人は今朝起きると同時に、いつ謝ろうか、僕も明太釜玉が良い、それをどのタイミングで言おうか、私が切り出すまでずっと悩んでいたそうです。





もちろんそんなことは分かっています。
主人も隣でお口いっぱいに明太釜玉うどんを頬張っておりました。
今朝のサバはスライス玉ねぎとミョウガがたっぷりでした。



w139-thumbnail2.gif


posted by しんさん at 14:51 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

グ・・・グジェール?

さぁ、4連休。
どこに出かける予定も入ってはおりませんが、毎日お家に居る専業主婦ではありますが、それでも連休は嬉しいものです。

主人の仕事部屋の模様替えをして、木曜日はface to aceの無観客ライブ配信を主人と一緒に観て、そして梅雨明けに備えて主人がひとりで浴衣を着られるよう鬼の猛特訓。
外出自粛などと言われなくてもいつもこんな感じ。

そんな4連休のお楽しみを前に、もちろん今日は前夜祭。
ふと、久しぶりにグジェールなんて焼いてみましたよ。
最近は日本酒の登場頻度が急上昇、ですがやはりロマンティックなワインが時には恋しくなります。
主人、どこかにスパークリングワインやシャンパンなど隠していないかしら。

20200722 00002.png

あれ?
グジェール、失敗、大失敗。

20200722 00001.png

ワインでも日本酒でも、夕方からせっせとお料理するなんて草臥れますもの。
これから飲むっていう高揚感も除外されてしまうというもの。
なので、大抵は朝拵えたお昼の何かしらがお酒のおともになることが通常です。

それを見越して拵えたグジェールがこれでは・・・ちょっとがっかり。

20200722 00003.png

ですがそこは主人のおかげ。
いつも主人が厳選した高品質な食材を揃えておりますから、少々見た目がマズくとも味に悪影響を及ぼすことはまずありません。

見た目はカントリーマアムみたいな自称グジェールではありますが、うん、なんとなくシュー生地の名残。
ちょっと塩気が強めなところも、シャンパンやワインのおともに良さそうです。





◆材料

  • お水 40g
  • 無塩タイプの発酵バター 30g
  • エルブ・ド・プロヴァンス 適量
  • お塩 ひとつまみ

  • 全粒粉薄力粉 25g

  • ペコリーノロマーノ 50g

  • 卵(室温に戻しておきます) 1個


    トッピング用

  • ベーコン
  • セミドライミニトマトのオリーブオイル付け
  • アンチョビ
    各適量




◆作り方
  1. ペコリーノロマーノはミルで粉砕しておきます。

    ベーコンは冷凍保存してあります。
    半解凍の状態で同じくミルで粉砕しておきましょう。

    セミドライトマトとアンチョビは刻んでおきます。

    全粒粉薄力粉はふるっておきます。

    20200722 00012.png

  2. お水・バター・エルブ・ド・プロヴァンス・お塩をお鍋に合わせ、中火でバターを溶かします。
    沸騰直前で火を止め、薄力粉を一気に加えて素早く混ぜ合わせましょう。

    生地がひとつにまとまったら再度中火にかけ、鍋底にうっすらと膜がかかったような状態になるまでスパチュラで常に混ぜ続けます。

    火からおろしてしばらく混ぜ続けた後、ペコリーノロマーノを加えてなじませます。

    溶き卵を少しずつ加えては、スパチュラで混ぜぽってりとした生地に仕上げましょう。
    生地をスパチュラですくい上げると、ゆっくり三角形になって落ちていくのが理想。

    20200722 00009.png20200722 00010.png
    20200722 00011.png


  3. 丸口金を付けた絞りだし袋に移し、オーブンシートを敷いた天板に間をあけて絞りだします。
    ベーコン・アンチョビ・セミドライトマトをトッピングして220℃に予熱したオーブンへ。

    20200722 00007.png

    設定温度を200℃にして先ずは10分。
    その後180℃に温度を下げてさらに10分弱。
    焼きあがったらそのままオーブン庫内で粗熱を取ります。

    ひしゃげてしまいましたが、うん、これはこれで良い味です。
    器量が悪かろうが良かろうが、お酒に合えば良いのですから。

    20200722 00008.png






sitagi-e431f-thumbnail2.gif





ミルで粉砕した冷凍ベーコンが随分たくさん余ってしまいました。
昨日、野菜室を覗いたら人参から小さな新芽が顔をのぞかせていました。
先日アウルで注文したタマネギもニンニクもまだまだ在庫豊富です。

これらを全部合わせて人参のポタージュなど。
圧力鍋でちょちょいのチョイ。

20200722 00005.png





  1. ニンニク・玉ねぎ・ベーコン・オリーブオイルを圧力鍋に合わせてじっくり炒めます。
    玉ねぎがしんなりしたら人参もたっぷり加えましょう。
  2. 人参に油がなじんだら、押し麦とマイタケも加えてスープストックをひたひたに注いで加圧すること5分間。
  3. いつもはバーミックスを使いますが、今日はミルが出ていたのでミルでピュレに。
    豆乳でのばして温め、味を見てお塩をほんのひとつまみ。
    ちょっと物足りなければ、粗挽きガラムマサラで仕上げます。

    器に盛り、セミドライトマトのオリーブオイル漬け、自家製ビーツのピクルスをトッピングしてフェンネルパウダーをふります。

    20200722 00013.png20200722 00014.png
    20200722 00015.png





sitagi-e431f-thumbnail2.gif





今朝の主食は冷たいおうどん。
いつかお稲荷さんでも拵えようと、味付けをして冷凍保存しておいた油揚げがあったので刻んで上に散らしました。
ピリッと辛いルッコラとたっぷりのミョウガを合わせて薬味に。

20200722 00006.png

そう!
ミョウガ!

昨日、主人がビニール袋にいっぱいのミョウガを手に帰宅しました。
いつも頂いてばかり、つい最近はフキの葉やタケノコなど、いつもきれいにして主人に持たせてくれるので恐縮するばかり。
ですが嬉しいのです。





こんなにたくさんミョウガに向き合うことなんて滅多にありませんもの。
まずは定番の甘酢漬け、ちょっと冒険して味噌漬けも。
薬味の定番、お醤油漬けにも挑戦してみましたよ。

冷凍するには忍びないほどきれいなミョウガでしたので、出来るだけ丁寧に冷蔵保存してミョウガの風味と食感を楽しむつもりです。

20200722 00004.png

私のその目論見を知ってか知らずか、主人が先ほどカツオのたたきを手に帰宅しました。
カツオのたたきに千切りミョウガ、すりおろした生姜、主人好きですものね。





あれ?ワインは?シャンパンは?
4連休の前夜祭はやはり日本酒のようです。


kit32.gif



ラベル:グジェール
posted by しんさん at 14:17 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

ビーツのブラウニー風 〜 Gerble(ジェルブレ)ver.

春に蒔いたビーツの種が順調に成長し、今シーズンは今までにないほど大きく育ったビーツがたくさん収穫出来ました。

お気に入りのビーツのピクルスは本当にシンプル。
180℃で1時間35分、アルミホイルで2重に包んだビーツを皮ごとじっくりオーブンでローストした後、つるりと皮をむいて漬け込むだけ。
ピクルス液はお水とお酢 1:1に対してお塩ほんのひとつまみ。
気分でスパイスを加えることもありますが、基本はこれだけ。
これで次のシーズンまで冷蔵庫で保存できるのだから、本当にビーツって素敵な野菜です。

そんなお気に入りのビーツも夏が来る前に旬を終えます。
今シーズンのビーツの収穫はおしまい。
週末、梅雨であまり成長が芳しくなかった最後のビーツをほんの少量ではありますが全て収穫して参りました。
最後のビーツはブラウニー風に。

20200721 00001.png

ワンボールで、しかもバーミックスで楽々ビーツのブラウニー。
いつものあり合わせですので、これをブラウニーと呼べるかどうかは微妙なところ。

実際、お昼にこれを見た主人から『スズキのパイ包みみたいなこれ何?』とのメッセージを頂戴いたしましたもの。

20200721 00002.png

最近お気に入りの全粒粉ビスケット、Gerble(ジェルブレ)を敷き詰めて焼いたビーツのブラウニー。
小麦粉よりなによりビーツ多め、お砂糖はココナッツシュガーを控えめに。
ふくよかな甘みは完熟バナナです。
オートミールを生地に混ぜ込んだ私好みのブラウニー。

20200721 00007.png

上にトッピングした全粒粉ビスケット、Gerble(ジェルブレ)は豆乳をたっぷりしみ込ませてあります。
なので少々崩れてはしまいましたが、しっとりしてビーツ生地のブラウニーと一体化しているのです。

20200721 00006.png





◆材料(野田琺瑯のホワイトシリーズ レクタングル深型 Lサイズにひとつ分です)

  • ビーツ(ローストして皮をむいた状態で) 125g
  • 完熟バナナ 1本 正味100g弱
  • 卵(室温に戻しておきます) 1個
  • ココナッツシュガー 45g
  • ココナッツオイル(液状で) 45g

  • 胡桃 30g
  • オートミール 30g
    ※予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきます

  • 全粒粉薄力粉 80g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • カカオパウダー 3g
  • シナモンパウダー 3g
  • お塩 ひとつまみ

  • Gerble(ジェルブレ) プルーン&イチジクビスケット 6枚
  • 豆乳 100t
  • イオンブランドのオーガニック&フェアトレード ダークチョコレート 適量


    20200721 00009.png





◆作り方
  1. ジェルブレを豆乳に浸しておきます。
  2. ビーツは予めオーブンでローストしてあります。
    つるりと皮をむいてボールに。
    バナナ・卵・ココナッツシュガー・ココナッツオイルを加えてバーミックスで滑らかに撹拌しましょう。

    20200721 00012.png

  3. 薄力粉・ベーキングパウダー・カカオパウダー・シナモンパウダー・お塩を合わせてふるい入れてスパチュラで混ぜ込みます。
    粉っぽさが残る状態で、ざっくり砕いた胡桃・オートミールも加えて混ぜ込みましょう。

    ジェルブレを浸しておいた豆乳も加えて混ぜ込みます。

    20200721 00013.png
    20200721 00014.png20200721 00015.png


  4. オーガニック&フェアトレード ダークチョコレートが少量余っていたので、おまけで使いましょうか。
    適当に割って生地の上に散らします。

    20200721 00016.png

    豆乳に浸しておいたジェルブレビスケットをそっと並べ、200℃に予熱したオーブンへ。

    20200721 00011.png

    設定温度を170℃にして33〜35分。
    焼きあがったら容器のまま粗熱を取り、冷めてからオーブンシートを持ってそっと取り出します。

    20200721 00010.png

    完全に冷めてから包丁で切り分けます。

    20200721 00005.png






il-plants5-thumbnail2.gif





お菜は野菜たっぷりのジャーサラダ。

ミニトマトはセミドライにしてオリーブオイルに漬けて保存してあります。
そのまま保存しておくより日持ちしますし、なによりそのまま彩り野菜として使っても手抜き感が悟られないのがよろしい。

20200721 00004.png





  • ミニトマト、その他小ぶりなトマトは収穫したらすぐに適当に切って網の上に並べてオーブンへ。
    110℃で1時間35分ゆっくりローストしてそのまま冷まし、保存瓶に移します。

    20200721 00018.png

    エルブドプロバンスを散らし、並々とオリーブオイルを注げば出来上がり。

    20200721 00017.png


  • アボカド・みじん切り玉ねぎ・白味噌・粗挽きガラムマサラ・極少量のお塩を合わせて和え、ジャーの底にたっぷり詰めます。

    なまり節は適当に切ってから熱湯をたっぷり回しかけて冷まし、自家製の塩レモンをまぶしてしばらくおきます。
    いつもは塩麴を使うのですが、ふと思いついたこの塩レモンもしっとりなじみます。
    粗くほぐしてアボカドの上に。

    たっぷりセミドライトマトを散らし、ルッコラーで蓋をして出来上がり。




20200721 00003.png





il-plants5-thumbnail2.gif





勘違いし、早々と昨日のうちにシジミ汁で土用丑を乗り越えてしまいました。
なので今日は極々普通の朝食です。

20200721 00008.png

いえ、普通ではありません。
主人が取り寄せた、一尾送料込みで数万円の塩引き鮭がいよいよこれでおしまいとなりました。
塩引き鮭に敬意を表し、今朝はお粥でなくご飯です。

圧力鍋で丸ごと煮たピーマンは我が家の夏の風物詩。
ピーマンの中にはお出汁が並々と含まれております。
一口で食べるのに躊躇しようものなら・・・

今朝の私のように大惨事となります。





さ、主人がリビングで仕事部屋が空くのを待っていますよ。


cup.gif



posted by しんさん at 14:37 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

へぇーっ!高野豆腐のサンドウィッチ

世の中には面白いことを考える方がいらっしゃるものです。
マンネリ化が否めない最近のお弁当に少々の倦怠感を覚え、何でも良いや、おおっっと思うメニューはないものかとスマホを弄っておりました。

へぇーっ!高野豆腐のサンドウィッチですって?
早速試してみましたよ。

20200720 00001.png

高野豆腐は常備してある食材のひとつですもの。
主人も大好きですし、フィリングは在庫食材でどうにでもなる手軽さが魅力的。

昨日畑で摘んだルッコラをフィリングにしましょうか。
春に種を撒いた影響か、少々辛みが強いルッコラ。
マヨネーズで辛みは抑えられる気も致しますが、生憎我が家にマヨネーズの在庫はなし。
ならば在庫食材でマヨネーズ風に。

20200720 00003.png

毎週イオンのネットスーパーに届けて頂く濃厚なギリシャヨーグルトで卵サラダ風に。
思惑通りピリッと辛いルッコラと相性の良い高野豆腐サンドに仕上がりました。

そうそう、肝心な高野豆腐の食感。
これは面白い、新感覚なサンドウィッチです。
そして言うまでもなくヘルシー。
今後、ますますネットスーパーで高野豆腐をお願いする回数が増えること請け合いです。

20200720 00002.png

・・・見た目はもう少し努力が必要ですけどね。






  1. 高野豆腐はパサつかないよう熱湯で戻します。
    重ならないようバットにひろげた高野豆腐に熱湯をたっぷり回しかけて10分間。

    その後平らな網の上で粗熱を取り、たっぷりのお水の中でお水が濁らなくなるまでそっと押し洗い(?)をしましょう。

    20200720 00012.png


  2. 両手で挟んで水を絞り、包丁で厚さを半分にします。
    茶こしで両面に薄く米粉をふり、オリーブオイルを熱したフライパンで両面こんがり焼いて冷ましておきましょう。

    20200720 00013.png

  3. ギリシャヨーグルト・すりおろしたペコリーノロマーノ・ゆで卵・みじん切り玉ねぎを合わせ、黒胡椒をたっぷり挽きます。

    20200720 00008.png

  4. 高野豆腐が冷めたらたっぷりと3をひろげ、ルッコラをたっぷりと。
    ラップで巻いてしばらくおき、フィリングがなじんだらワックスペーパーで包みなおします。

    20200720 00007.png

    ワックスペーパーごと包丁で2等分して出来上がり。

    20200720 00006.png







line60-thumbnail2.gif





高野豆腐をパン代わりにしたサンドウィッチ。
それほどフィリングの水気に神経質になる必要もありませんし、とっても合理的。
ちょっと不思議なジャーサラダを添えてお弁当に。

20200720 00004.png





ジャーの底にはくったりと炒め煮にしたナス。
アンチョビ・ニンニク・玉ねぎ・刻んだナスを合わせてナスがくたくたになるまで炒めます。

その上にざく切りにしたトマトを散らし、高野豆腐サンドで残ったギリシャヨーグルトを。
上にアガーでゆるッとゼリー状にかためたビーツのピクルス液をドレッシング代わりに注げば、はい、出来上がり。

20200720 00009.png







line60-thumbnail2.gif





さて、今朝のお味噌汁は土用の丑の日にちなんでシジミですよ。

シジミのお味噌汁ですもの、いつものような、やれ、煮干しだ、ナスもマイタケもタマネギも、なんて欲張り具沢山なお味噌汁にはしたくありません。
出来るだけシンプルに、丁寧に下処理(☆彡)したシジミの旨味を存分に味わえるお味噌汁。
お水からゆっくり煮立ててシジミの口を優しく開け、煮立ったところに木綿豆腐。
白味噌多めのお味噌加減で仕上げます。

20200720 00005.png


あれ?
2020年、今年の土用の丑、あれ?

なんてことでしょう、どういう訳だか私、今年の土用丑を昨日の日曜日だと思い込んでおりました。
朝、主人に『1日遅れの土用丑よ、へへ』なんて言いながらシジミとお豆腐のお味噌汁を恭しく差し出したというのに。
2重の意味で日にちがずれておりましたとは。


いつもの具沢山お味噌汁がないのは寂しいので、今朝は炊き粥をなめこ粥に。
とうとう週末の食材調達さえ行かなくなってしまうほど、外出自粛がすっかり定着してしまいました。
冷凍庫にはしめ鯖、塩引き鮭、そして週末届いたばかりの塩サバが出番を待ちわびでおります。





連日連夜の梅雨空に、畑の野菜の成長も今ひとつです。

最近気に入ってお世話になっております産地直送の宅配通販サイト、OWLさんから届いた横浜産の無農薬野菜の小さな詰め合わせ。
横浜赤レンガ倉庫がプリントされた小ぶりな段ボールを開けると、あらまぁと声をあげたくなるような小ぶりで器量の悪い旬野菜たちがぎっしりと。

スーパーマーケットに並ぶ器量の良い野菜とは異なるこの和み野菜たち。
特にこのキュウリの不器量さと言ったら、もう、蛇腹切りにしながらつい頬がゆるんでしまいます。

20200720 00011.png

横浜から届いた旬野菜たち、ピーマンは丸ごと圧力鍋で煮ましょうか。
冷やして日本酒のおともに。

インゲンひゃ胡麻和え、シシトウはオーブントースターでこんがり焼いて焼きびたしに。
うん、これも日本酒のおともに良さそう。

蛇腹キュウリは甘酢につけて。
後ほど自家製塩麴をなじませてしっとりしたなまり節と合わせてやっぱり日本酒の肴に。

20200720 00010.png

今週は後半4連休ですものね。
4連休開始の前日には、主人が贔屓にしておりますミュージシャンの無観客ライブ配信が控えております。
彼らの浴衣ライブ配信に投げ銭でささやかな応援、これ、なかなか良いものです。
そして何より、浴衣に全く興味がなかった主人が今や興味深々。

昨年プレゼントした浴衣に自ら袖を通すと言い始めた主人を私は応援致しております。
あまりに体がかたくて角帯の結び方がままならない主人に大笑いしながら、私、全力で応援致しております。



w139-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:05 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする