2018年04月09日

割烹 宇乃さん 〜 こけら落としワイン会

毎朝の納豆に入れる “刻み玉ねぎ” が今朝から新玉ねぎになる、それだけで心が躍る月曜の朝。
数日続いた深刻な声がれも完治し、何もかもが順風満帆な筈の週明けです。

なのになんて言うことでしょう。
声がれが治まったと思ったら、今度はアレルギーだか風邪だか分からない鼻ずるずるの状態です。
いよいよ花粉症デヴューかと向かった耳鼻咽喉のアレルギー検査結果を待ちながら、今朝は内科。
まぁ、なんて病院づいた新年度の幕開けでありましょう。

でもね、やっぱり私はラッキーです。
去る4月6日 先週の金曜日のお話、いつものワイン会メンバーご夫妻がご自宅にお店をオープン。
こけら落としワイン会とばかりに、殿方自慢のワイン会を持ち寄り華々しくワイン会が開催されました。

ずらりと並んだ殿方自慢のワインたち。
真新しいお店の真新しい真っ白な壁によく映えます。
向かって左から・・・

樽買いした中の1本、世に流通していない稀有なDRC Grands Echezeaux (グランエシェゾー)。
Kistler (キスラー)
Schrader (シュレイダー)
Château mouton rothschild (シャトー・ムートン・ロートシルト) 2000
Kongsgaard (コングスガード) シャルドネ
Chateau Valandraud Blanc (シャトーヴァランドロー) 2012
Delamotte (ドゥラモット )1988
Michael Cruse (マイケルクルーズ・モンキージャケット)
日本酒で漬け込んだ梅酒 
郷ひろみを誰よりも愛するソムリエールさん差し入れの日本酒

と、いつも以上に豪華で、かつそれぞれの役割分担も明白なワインがずらりと並びました。

えっ?
金色に輝く牡羊さん・・・?
兎にも角にも、華やかなこけら落としワイン会のスタートです。

豪華なワインとお料理、真新しいお店に見目麗しい器、何より穏やかなメンバー、リラックスし過ぎる前に記念写真。

始まる前から楽しそう。





華やかなドゥラモットで乾杯の後、早速お料理の始まりですよ。
春の食材をまとったホタルイカ。

真薯と香りも華やかなわかめ。

ふくよかな鯛。
鯛の色合いが映える器も素敵。

この辺りからはワインに身も心も満たされて上機嫌。

何と申しましても、2000年のシャトー・ムートン・ロートシルトですもの。
金色の羊さんですもの。

ご主人自慢の白木のカウンター。
たとえ羊さんのワインでも、こけら落としの今日しみをつけていたらと思うと未だ変な汗が滲みます。

お肉がテーブルに着く頃には、私だけでなくもちろん皆さまがご機嫌。

鯛ご飯が美味しくてね。
いつの間にか席替えをして盛り上がっております男性陣をしり目に、女性陣はご飯のおかわり。

そろそろワイン会もお開きかしら。

白木のカウンターの上に鎮座するワインの空びん。
デザートの後もまだまだワイン会は盛り上がるのでした。






鼻ずるずるの月曜日。
割烹 宇乃さんの華やかなこけら落としを祝うワイン会、この日の体調は絶好調でありました。
数日前の健康をしみじみと想う備忘録でありました。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 15:49 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする