2017年06月19日

久しぶりのワイン会

訳あってここ数ヶ月間おとなしくしていようと、実はワイン会も自粛しておりました主人。
ではありますが、久しぶりにお誘いがあって行って参りました、らららワイン会。

氷を浮かべたMoetを皮切りに、各殿方のセンスが詰まったワインが次々お披露目されましたよ。

Winart (ワイナート) ご持参でスペインワインを熱く語って下さる某氏。
そうそう、このパフォーマンスあってこそ。
やっぱり楽しい、ワイン会。
お家で主人とふたりぐだぐだ飲むのもそれは楽しいけれど、やっぱりワイワイ楽しむワインは別格。

学生時代の主人が日々お世話になったという大内山牛乳。
今年のゴールデンウイークにお邪魔した三重県のお宿 割烹の宿 美鈴さん (☆彡) の帰り道、
道の駅で調達致しました大内山牛乳Tシャと、主人自慢のワインを記念して。

2014年のKongsgaard (コングスガード) のシャルドネ、The Judge (ザ・ジャッジ) 。

ジャッジの印象的なエチケットとは相反したシンプルな佇まいのワインは、2006年のColgin (コルギン) 、カベルネソーヴィニヨン。
カリフォルニアのカルトワインの有名どころですって。

心身ともにワインに満たされ、お口も饒舌になって気分上々。

翌朝はしっかり起床して畑に付き合ってくれた主人。
絶対寝過ごすと思っておりましたのに、自ら起きてくるなんて・・・誇りに思いますよ。










ワインのお供にと持参致しましたポークジャーキー (☆彡) が絶不評でしたので、すごすご持ち帰りました。
畑作業の後、ご褒美のビールと供にちまちまと噛みしめましたが・・・
うーむ、我が家の口には素晴らしく合うんだけどなぁ、八角の風味が嫌われるのかしら。

ま、在庫豊富なことですし、週明けのお弁当はこれでちょちょいと済ませましょう。

自家製ポークジャーキーのプンパニッケルサンド。
  • プンパニッケルにサワークリームをぬって、レタスとポークジャーキーを挟んで、はい完成。

・・・そう言えば、ワイン会にポークジャーキーを持参すると言ったら主人には反対されたっけ。





プンパニッケルサンドには、在庫食材を片っ端から圧力鍋に合わせた具沢山スープを添えましょう。
  • セロリの軸、人参をオリーブオイルで炒めたら、スープストック・ひよこ豆・ざく切りトマト・押し麦を加えて10分加圧。
    その後カボチャ、茄子、ズッキーニ、しめじを加えて1分強加圧し、牛乳でのばして塩コショウ。
    器に盛ってセロリの葉を刻んで散らし、ハープペッパーをふって出来上がり。






週明けのお弁当はリハビリ程度に止めるのが良いのです。











お弁当を簡略版にし、1週間分の常備菜を朝のうちに仕込んでおきましょう。
これで今週いっぱいまた楽が出来ますもの。

緑の野菜がぎっしり行列したタッパーは夏野菜の煮浸し。
オクラとインゲンをさっと下茹でし、ひと煮立ちさせた合わせ調味料に浸します。
シシトウだけはオーブントースターで焼き色をつけてから合わせ調味料に。

長く楽しませてくれた菊芋の味噌漬けもそろそろおしまい。
味噌床を有効利用して、オクラの胡桃胡麻和え。

乾煎りした胡桃と白胡麻をすり鉢で擂り、菊芋の味噌床を加えます。
白だし醤油とみりんでのばし、下茹でしたオクラを加えて和えれば出来上がり。
夏野菜の登場頻度が急上昇中です。





イワシのお酢煮も仕込みました。
金曜日にはがらんとしておりました冷蔵庫ですが、また今充実しております。

今朝のお味噌汁は今年初めての茄子。
お茄子をさっと胡麻油で炒めて、煮干しのお出汁を加えて拵えるお味噌汁が大好き。
こってりと胡麻油をまとった茄子は赤味噌との相性も抜群です。





今日は夏日になるとか。
我が家の食卓はひと足早く夏野菜に満たされております。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 13:31 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする