2021年09月03日

葛粉の生チョコ風〜リッツサンド編

ささやかな防災対策として、何種かの備蓄食料は戸棚に並べてあります。
某有名どころのレトルトカレー、綺麗な化粧箱に入ったビーフシチュー、何やら体に良さそうなパックご飯、美味しそうな全粒粉ビスケット等々。

時々賞味期限を確認しては、新しい商品を発注して入れ替えております。
非常時に遭遇しなかった喜びに加え、たまにしか食べない美味しい備蓄食料品、何より私がラクチン、当日はちょっとした楽しみでもあります。

おやつ代わりとしても備蓄してあります、箱入りリッツ。

そろそろ賞味期限が迫ってきましたので、今回はお弁当の食材として頂きましょう。
葛粉で拵えたもっちり生チョコ風、チョコレート風味の葛餅をたっぷり挟んだリッツサンドなどいかがでしょう。

20210903 00005.png

保存缶でなく、見慣れた箱入りリッツを備蓄食料としているあたり、正にささやかな災害対策ではあります。

非常食とまではいかないまでも、室温で相当長期保存できるオーツミルクやアーモンドミルクも備蓄品の一例。
ハイカカオのチョコレートもそのひとつ。

20210903 00007.png

これら備蓄食材を寄せ集めたリッツサンド。
ぽってりホロ苦いチョコレート風味の葛餅と、いつものサクサク食感とは異なるしっとりリッツ。

塩味のリッツならではの相乗効果、そして葛粉ならではの食感、不思議と美味しいリッツサンドに仕上がりましたよ。
もちろん主人からも高評価。

20210903 00004.png

冷たいお水でするっと落ちる葛粉は、後片付けも簡単です。

生クリームは不使用、お砂糖代わりに使用する蜂蜜も極少量。
ハイカカオチョコレートと葛粉の効果を期待しながら召し上がれ。

20210903 00006.png





◆材料

  • リッツ 6枚
  • 葛粉 18g
  • ココアパウダー(お砂糖不使用) 10g
  • オーツミルク 180g

  • 蜂蜜 15g
  • カレ・ド・ショコラ<カカオ88> 7枚(約35g)




◆作り方

  1. 葛粉とココアパウダーを小ぶりなボールに合わせます。
    ここに少しずつオーツミルクを注いではそっと混ぜ合わせ、葛粉のかたまりをほぐしていきましょう。

  2. 葛粉のかたまりがなくなったら、ザルで漉しながらお鍋に移します。
    蜂蜜も加えて中火でぽってりするまで練り上げたら、火からおろしてチョコレートを加えます。
    素早く混ぜ込みます。

    20210903 00008.png20210903 00009.png
    20210903 00010.png


  3. オーブンペーパーでリッツの円周に合わせて輪っかを作り、外面をマスキングテープで固定しましょう。
    マスキングテープの輪っかが歪なのは、往生際悪く残しておいた『端切れ』を使ったから。

    リッツを外表に2枚一組、先ずは1枚を輪っかに入れます。
    ぽってりとチョコレート葛餅をここに分け入れ、もう一枚のリッツを上に乗せて軽く押し込みましょう。

    この状態で冷蔵庫で冷やします。

    20210903 00011.png20210903 00012.png
    20210903 00013.png


  4. 葛粉を使ったお菓子はあまり冷やし過ぎない方が良いのですが・・・

    20210903 00015.png

    そっとオーブンシートを剥がしましょう。

    20210903 00014.png

    コロンっと何だか可愛いチョコレート風味の葛餅、そしてリッツサンド。
    備蓄食材でちょっと遊んだスイーツ、幸せなお遊びを噛みしめます。

    20210903 00016.png





il-plants5-thumbnail2.gif





まだまだ天候が不安定ですが、もう少し涼しくなったらまたビーツの秋撒きの季節です。
春に種を撒いて収穫したビーツを数株を残しておき、今秋は初めて種の採取を目論んでおります。

春撒きのビーツをピクルスにして保存してありますが、そろそろ残りも少なくなってきました。
スライスして漬け込んだビーツのピクルス。
大好きなのですが、サラダ等にすると他の食材全てがビーツ色に染まってしまうのが少々不本意。

そこでふと考えました。
ビーツのピクルスをゼリー液で閉じ込めてしまえば良いのでは?

20210903 00002.png





メイソンジャーにビーツのピクルスを詰め込むと、じわじわとビーツカラーが他の食材に浸透していきお昼には全体がビーツ色。
なので、ビーツを詰めたら上からゼリー液を注いで封じ込めてしまう、というわけ。

  1. ジャーの底にはスライスビーツのピクルス、そしてセミドライミニトマト、人参サラダと重ねます。

  2. お鍋にアガー 小さじ1/2、ビーツのピクルスとお水 各大さじ2を少しずつ合わせてダマなく溶かし、蜂蜜 小さじ1/2も加えて中〜弱火で沸騰食前まで加熱しましょう。
    これを1の上に注いで冷やしかためます。

  3. アボカド、鯖缶そぼろ、ローストしたカシューナッツと蕎麦の実、みじん切り玉ねぎ、塩麴を合わせ、かたまったゼリーの上に盛って出来上がり。

    20210903 00017.png
    20210903 00018.png20210903 00019.png







人参サラダがビーツの侵略をしっかり阻止してくれたので、ゼリー液の出番はありませんでした。
そもそも、ゼリー液が少なすぎました。

20210903 00003.png





il-plants5-thumbnail2.gif





金曜日。
何となく、イオンブランドのイワシの生姜煮の日です。
そして伊勢うどんの釜玉風。

毎朝食を楽しみにしております主人ですが、これはこれでまた大変楽しみにしているようです。
伊勢うどんの釜玉風には、たっぷりのおろし生姜を添えるのがまた彼のお気に入り。

20210903 00001.png

お昼の後、15〜20分間のお昼寝をするようになって今日でちょうど1週間が経過しました。

何も考えずに横になって目を閉じる、これって意外と至難の業です。
気付くと、つい何かしら考えている自分に焦ること多々。

色々試した結果、手首に指を当てて自分の脈拍を数えながら目を閉じることと致しました。





と、お昼寝にも慣れた本日金曜日。

1週間ほど前に主人が気付いた上瞼の小さなぽっち。
すぐに治ると思いきや、なかなかしぶといので先ほど雨のなか歩いて眼科に行って参りました。
歩いて3分、行って良かった侮るなかれ小さな出来物。

軟膏と目薬を処方して頂き、ちょっと傷の残る上瞼を気にしながら、今日はこれからちょっと遅めのお昼寝です。


illust-moon-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:16 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

ハニービネガーケーキ〜ビーツのピクルス液お片付けver.

昨日に引き続き、今朝も『自家製ビーツのピクルス』のピクルス液再利用メニューです。

昨日執り行われた第一弾、ビーツのピクルス液を使った真っ赤なビネガーゼリー(☆彡)は、お酢好きな私はともかく、お酢によく咽る主人でも美味しく食べられたようでホッとひと安心。

今日はもう少し一般受けするであろう、すると信じたいビネガーケーキですよ。

20210901 00007.png

相当量のピクルス液を使用致しております。

先ずはドライフルーツをビーツのピクルス液に漬け込んで、軟弱化を図ることから始まります。
真っ赤なピクルス液を十分に含んだドライフィグ、ドライブルーベリー、レーズン、これらたっぷり混ぜ込んだドライフルーツの甘さでお砂糖の量を控えるのも策略のひとつ。

20210901 00004.png

ピクルス液の酸味は全くと言って良いほど感じません。

生地には割と多めにオートミールも混ぜ込んでみましたよ。
ほろ苦いココアの風味に加え、いつもより多めに加えたシナモンパウダーの存在感が顕著です。

20210901 00006.png

ご愛敬程度のパサつき感は全粒粉の成せる業でしょう。
素朴な感じがして私は好きです、このパサつき感。

取り敢えず、自家製ビーツのピクルス液お片付け強化メニューはこれで一段落。
見事に使い切ってしまいましたからね。

20210901 00005.png





◆材料(底辺約200×70・H60のパウンド型に1本分です)

  • 全粒粉薄力粉 70g
  • アーモンドプードル 30g
  • 無糖のココアパウダー 10g
  • シナモンパウダー 2g
  • ベーキングパウダー 3g
  • オートミール 50g

  • 卵 2個

  • お塩 ひとつまみ
  • てんさい糖 25g
  • 無塩タイプの発酵バター(室温に) 80g
  • 蜂蜜 30g


  • 自家製ビーツのピクルス液 適量
    (お酢1・お水1・お塩ひとつまみが基本。
     ここにスパイスを加え、ローストして皮をむいたビーツを漬け込んでありました)
  • ドライフィグ・レーズン・ドライブルーベリー 各適量
  • 胡桃 適量




◆作り方

  1. ドライフルーツはピクルス液に1日漬け込んでおきました。
    容器にドライフルーツを合わせ、ひたひたにピクルス液を注ぐだけ。

    半日室温に置いた後、冷蔵庫に入れて翌朝まで。

    20210901 00008.png20210901 00009.png


  2. 粉類(全粒粉・アーモンドプードル・ココアパウダー・シナモンパウダー・ベーキングパウダー)を合わせてふるい、オートミールを合わせてざっくり混ぜておきます。

    20210901 00011.png

  3. 卵を卵白と卵黄に分けましょう。
    卵白はよく冷やしておき、卵黄は室温に戻しておきます。

    先ずは卵白を軽く泡立て、お塩をひとつまみ加えて更に泡立て続けましょう。
    白く泡立ってきたところに、分量のてんさい糖を2回に分けてしっかりと泡立てます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20210901 00010.png

  4. 予め室温に戻しておいた発酵バターをクリーム状になるまで撹拌します。
    同じく室温に戻しておいた卵黄を少しずつ加えながら撹拌を続けましょう。
    滑らかに混ざったところで、蜂蜜を加えて更に撹拌します。

    20210901 00013.png20210901 00014.png


  5. ドライフルーツをザルで漉し、先ずはピクルス液だけをバター生地に混ぜ込みましょう。
    取り分けたピクルス液は40g弱でした。

    合わせておいた2の粉類と交互に3回に分けて、ピクルス液⇒粉類⇒ピクルス液⇒粉類⇒ピクルス液⇒粉類、と最後が粉類になるように。

    最後に粉類を混ぜ込んだら、粉っぽさがまだ残る状態でドライフルーツを胡桃と一緒に混ぜ込みます。
    ブルーベリーとレーズンはそのまま、フィグは適当に切って、胡桃はざっくり割って混ぜ込みます。

    20210901 00016.png20210901 00015.png
    20210901 00012.png


  6. 冷蔵庫からメレンゲを取り出して混ぜ込みましょう。

    先ずはメレンゲの1/3量程度をとって5に加え、しっかりと混ぜ込みます。
    次いで更に1/3量をとり、今度は出来るだけメレンゲを潰さないよう底からすくうように混ぜ込みます。

    最後に残ったメレンゲのボールに戻し入れ、底からすくうようにふわりと混ぜ込みましょう。

    20210901 00017.png20210901 00018.png
    20210901 00019.png


  7. オーブンシートを敷き込んだパウンド型に生地を移し、底を数回打ちつけて空気抜きをします。
    表面をスパチュラでならしたら、210℃に予熱したオーブンへ。

    20210901 00020.png

    設定温度を180℃にし、35〜40分間焼けば出来上がり。

    20210901 00021.png

    熱いうちに型から出し、網の上で冷まします。
    完全に冷めてから、やや厚めに切り分けて召し上がれ。

    20210901 00022.png






table_s.gif





お菜は在庫野菜のジャーサラダ。

20210901 00003.png

ビーツのピクルス液を使い切ったかと思いきや、使い切ったのはさいころ状に切って漬け込んだビーツのピクルス片方だけ。
もうひとつ、スライスしたビーツのピクルスはほぼ手つかずの状態で残っております。

ジャーの底に数枚敷き詰め、上にはアボカドサラダをたっぷりと。
アボカド、蒸し大豆、グリルパンでグリルした赤パプリカを合わせ、スパイスソルトと少々のマヨネーズ、レモン汁で和えるだけ。
作り置き料理のひとつ、おくらやセミドライトマトと一緒にジャーに詰め込みます。

20210901 00023.png






ビーツのピクルス液を使ったこのビネガーケーキ。
意外と応用できそうですので、今後はピクルス液の有効利用はビネガーケーキに落ち着きそう。

20210901 00001.png





table_s.gif





今朝の主食はとろろご飯。
すりおろした山芋に温泉卵、雑穀入りのご飯に添えて揉み海苔をたっぷり添えます。

それにしても今朝の金太郎イワシは上手に焼けました。
そうそう、コエンザイムQ10の錠剤も忘れずに。

20210901 00002.png

お酒を飲まない日は、プロテインやバナナを混ぜたポテポテのオーツミルクやアーモンドミルクで軽めに夕食を済ませます。
そして早々にお風呂に入り、Huluでドラマを見て9時には就寝。
それが我が家の最近のスタイルです。

兎にも角にも食べることが大好きな主人には、分かってはいるけれどそれが少々お辛いようで。
昨晩、ドラマを見ながら主人がポツリとつぶやいた言葉は、

『今、僕がいちばん食べたいのは鯵の押し寿司』

空腹感に抵抗する主人のつぶやきは大変マニアックでした。
今夜は大丈夫、日本酒を楽しみましょう。


col32-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 14:05 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

“酸っぱいもの好き”専用〜ビーツピクルス液のふるふるゼリー

このまま秋になっちゃうよね・・・
そう主人としんみり語っていたのが滑稽なほど、往生際悪くぶり返したここ数日間の蒸し暑さに辟易しております。

まとわりつく湿気に対抗するには、まるで真夏に戻ったかのようなすっきりスイーツ。
今朝はアガーでフルッとかためたゼリーなど拵えてみましたよ。

20210831 00007.png

すっきりした食べ心地のゼリーは夏の定番。
ゼラチンを使うと神経質になりがちな持ち運びも、アガーならば気楽でお弁当でも安心です。

使用するアガーの量を極力おさえ、フルッと食感よくかためました。
サクサクのグラノーラとキウイ、そして少々色あせてしまいましたが畑で摘んだチコリの花をトッピング。

20210831 00006.png

実はこのゼリー、自家製ビーツのピクルス液を使ったお片付け料理です。

オーブンでじっくりローストしてから皮をむいた自家製ビーツを、シンプルなピクルス液(基本はお酢1・お水1・お塩ひとつまみ)に漬けこんだ我が家のピクルス(☆彡
その時の気分によってスパイスやハーブを加えるのですが、こんな発色良いピクルス液をむざむざと捨ててしまうなんて私には出来ません。

ザルで漉して有効利用しようと、ビーツのピクルスが残りわずかになるとあれこれ頭をひねるのです。

20210831 00008.png

少々のお水でのばし、お砂糖と蜂蜜で甘さを補ったビーツのピクルス液のゼリー液。
ジャーの底には、ビーツカラーが溶けだしたゼリー液の色にも屈しないドライブルーベリーとセミドライのミニトマト。

まるでジャムのように甘いセミドライミニトマトが意外と好相性でした。

20210831 00001.png





◆材料(245tのメイソンジャーにふたつ分)
  • ビーツのピクルス液 163g
    (お水1、米酢1、お塩少々、ローリエその他スパイスにローストして皮をむいたビーツを漬け込みました)
  • お水 100g
  • 蜂蜜 15g

  • アガー 小さじ1
  • てんさい糖 15g


    ◆トッピング その他
  • セミドライミニトマト(オーブンで乾燥させます ☆彡) 適量
  • ドライブルーベリー 適量
  • グラノーラ 適量
  • キウイ 適量
  • クコの実 適量




◆作り方
  1. 乾いたお鍋にアガーとてんさい糖を合わせ、予めよく混ぜておきましょう。

  2. ビーツのピクルス液を漉してお水と合わせ、アガーがかたまらないようまずは少量1のお鍋に注ぎます。
    少しずつピクルス液を足しては混ぜ、アガーとてんさい糖がしっかり溶けたら蜂蜜も加え中火にかけましょう。

    混ぜながら沸騰直前まで温めたら火を止めます。

  3. 容器に予めドライブルーベリーとセミドライミニトマトを入れておき、ここにゼリー液を漉しながらそっと注ぎましょう。

    20210831 00009.png20210831 00010.png
    20210831 00011.png


    セミドライミニトマトは軽いのでふわりと浮いてきます。
    粗熱がとれたら冷蔵庫に移して冷やしかためましょう。

    20210831 00012.png

  4. ゼリー液がフルッとかたまったところでグラノーラを散らし、キウイを添えます。
    クコの実、ドライブルーベリーを隙間にあしらって出来上がり。

    酸っぱいもの好きの私には元気回復な夏の味、お酢でよく咽ている主人には・・・健闘を祈ります。

    20210831 00013.png






sunflower1-thumbnail2.gif





お菜は夏の名残りの冷製こんにゃく麺。

20210831 00002.png





さっと湯がいたこんにゃく麺にバジルペーストを絡めます。
バジルペーストはニンニクやチーズを使用せず、白胡麻と太白胡麻油で拵えたシンプルなもの。

20210831 00014.png

温泉卵、梅干し、スライスした玉ねぎとアボカド、鯖缶そぼろを添えて出来上がり。






20210831 00004.png





sunflower1-thumbnail2.gif





鯖缶そぼろで使った残り、正確に言えば少々残しておいた鯖ひと切れと缶汁。
朝食のお味噌汁の具の一員用に残しておくのが我が家の常識。
いつもより更に具沢山となる鯖缶入りのお味噌汁、主人の大好物です。

主食はたっぷりの大根おろしを添えたおろし蕎麦。

20210831 00005.png

ゼリーだけでは使い切れなかったビーツのピクルス液。
毎朝の納豆に添える玉ねぎドレッシングに少量加え、更にピクルス液お片付け計画は進みます。





さてさて。
ちょうど乾燥機のブザーがなりました。
シーツが乾いたようです。


w139-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:12 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月05日

『葛カスタードクリーム』と『ほうじ茶白玉団子』〜食感賑やかジャーデザート

昨日拵えた『葛カスタード ☆彡』、その名の通り小麦粉の代用として葛粉を使ったカスタードクリームです。

同日、在庫卵の賞味期限対策卵の一環として焼いたお豆腐マフィンに注入したのですが、生地の肌理が詰まり過ぎていて予想以上に葛カスタードクリームが残ってしまいました。
なので今日のお昼も葛カスタードクリーム、葛カスタードクリームをたっぷり使ったジャースイーツですよ。

20210805 00004.png

甘さをぐっと抑えた、しかも牛乳でなくオーツミルクを使った葛カスタードクリームは、カスタードクリームとは言いながら軽い食べ心地です。
ジャーの底にたっぷり敷き詰めたグラノーラ、そして中央付近には白玉団子と共にクリームに埋もれたグラノーラ、2ヵ所のグラノーラの食感の違いが嬉しいタナボタスイーツ。
ほうじ茶風味のちょっとほろ苦いお豆腐白玉団子は、もはや我が家の定番となっております。

20210805 00006.png

そして仕上げにオーブンでカリッとローストしたナッツと蕎麦の実をトッピング致しました。

盛夏の氷菓子はキンと嬉しいけれど、寒くならないこのくらいの冷たさが落ち着く昨今。
朝からエアコンフル稼働な我が家ですもの、体の冷やし過ぎにはくれぐれも気を付けたいものね。

20210805 00003.png

グラノーラは、Cascadian Farmのオーガニックオーツ&ハチミツが最近のお気に入り。
そう、随分と前に主人が暴走して取り寄せた(☆彡)うちの1種ですが、これが香ばしくて甘さも程よく、今のところいちばん気に入っております。

葛カスタードクリームは前述の通りすでに冷蔵庫にてスタンバイ済みですし、今朝は本当に楽をさせて頂きました。

20210805 00005.png





◆作り方

  1. 手順らしい手順、今日はお豆腐白玉団子くらいかしら。

    木綿豆腐 85g
    白玉粉 45g
    ほうじ茶パウダー 2g

    白玉粉とほうじ茶パウダーをビニール袋に合わせて振り混ぜ、ここに木綿豆腐を加えて揉みます。

    20210805 00009.png

    生地がひとつにまとまったらビニール袋から出し、耳たぶ程度にかたさになるようよく捏ねましょう。

    棒状に整えたら包丁で8等分して丸めます。
    お湯を多めに沸かし、ぐらぐらと煮立たせない程度の火加減でお団子がふわりと浮き上がるまで茹でましょう。
    冷水にとって冷やしたら、お水でしっかりと濡らしたキッチンペーパーの上に並べておきましょう。

    ザルの上にのせたままにしておくと、ザルの跡が付いてしまいますので。
    葛カスタードクリームは既に絞り出し袋に入った状態です。

    20210805 00010.png20210805 00011.png
    20210805 00008.png


  2. 胡桃・カシューナッツ・アーモンド・蕎麦の実は合わせて予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきましょう。

    20210805 00013.png

  3. ジャーの底にグラノーラをたっぷりと敷き詰めたら、葛カスタードクリームをその上にたっぷりとしぼり出します。
    お豆腐白玉団子を3つその上に並べ、隙間を埋めるようにナッツ類と蕎麦の実を。

    20210805 00012.png

  4. 上にもたっぷり葛カスタードを絞り出したら、キウイとトッピング用に残しておいたお豆腐白玉団子、空いたところに葛カスタードをしぼります。
    蕎麦の実とナッツ類を散らして出来上がり。

    20210805 00007.png






sunflower1-thumbnail2.gif





在庫の食材で金平風に。
作り置き料理と一緒に容器に詰めて、今日のお昼の出来上がり。
実は今週のお弁当は今日で最後、楽なお弁当で締めくくってしまいました。

20210805 00001.png





sunflower1-thumbnail2.gif





今週で最後なのはお弁当だけでなく、このスタイルの朝食も今週は今日でおしまいです。
なので主食は、主人お楽しみの“伊勢うどん釜玉風”、そしてお魚はイオンブランドのイワシの生姜煮です。

イワシに添えたお菜が多いのは、在庫食材のお片付けも兼ねてのこと。

20210805 00002.png

さ、来週はまたオリンピック閉会による祝日移動に気を付けなくては。

と思って、イオンネットスーパーにお願いする食材をあれこれ眺めておりましたら、タイミングよろしく主人からのメッセージ。
明日からお盆明けまでお休みだそうですよ。

あら、大変。
2021年の夏、お正月並みの長い長い夏休みとなるそうですよ。
食事プランを一から練り直しですね。


col32-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 14:48 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

冷凍クレープ生地のお片付け〜ミルフィーユ仕様なロールクレープ

昨日ベランダの清掃をして頂きました。

窓を開けることすら滅多にない北側の小さなベランダ、最近はお洗濯物の外干しこそしませんが、野菜を干したりと頻繁に足を踏み入れる南側のベランダ、どちらの清掃をお願いしるかぎりぎりまで悩んだ結果、北側のベランダに決定。
結果、室外機の裏側はもちろん、窓枠や窓まで綺麗にして頂いて大満足。
結局は近いうちに南側のベランダ清掃もお願いすることとなりました。

気になっておりました室外機の裏側もすっきりし、今朝はいつも以上に気分の良い朝を迎えました。
ベランダを綺麗にしたのならと、冷凍庫のお片付けにも力が入ります。
早速、冷凍してあったクレープ生地をお片付け。

20210728 00006.png

オートミールクレープを焼くことが多いのですが、いつも1枚2枚多めに焼いて冷凍しておきます。
いつもは平らにして1枚1枚ラップで包んで冷凍するのですが、試しに焼いたクレープ生地を半分に切って冷凍しておきました。

そんな中途半端なクレープ生地を使って本日のお昼ご飯に致しましょう。
昨日のお昼は葛プリンと甘味系でしたので、クレープ生地とは言っても今日は『塩系』で。
ペコリーノロマーノやアボカド、ナッツ、セミドライなビーツなどをクレープ生地にひろげてくるりと巻きます。

20210728 00005.png

半分に切って冷凍したオートミールクレープ生地が、立派な・・・とは言いませんが、一応それらしいお昼ご飯となりました。
案外、一般的な三角に包むクレープより持ち運びも楽かもしれません。
そして何より具沢山、思いの外たくさんのフィリングを楽しめますよ。

20210728 00003.png





  1. 半分に切って冷凍してあったオートミールクレープ生地です。
    もう片方は、あら、切らずに半分に折りたたんだだけの状態で冷凍してありました。
    冷凍庫から出し、そのまま室温に数分放置して解凍します。

    20210728 00007.png

  2. アボカド、すりおろしたペコリーノロマーノ、みじん切り玉ねぎ、少々のレモン汁とマヨネーズ、挽きたての黒胡椒にオリーブオイル。
    ボールに合わせて混ぜればフィリングの出来上がり。

    20210728 00008.png

    半分に切ったクレープ生地をラップの上に先ずは1枚ひろげ、フィリングをその上にひろげましょう。
    少しずらして生地を重ねてフィリングをひろげる、を繰り返したらセミドライビーツ(☆彡)を手前に並べます。

    20210728 00009.png

  3. ラップを巻きこまないよう、セミドライビーツを芯にするイメージでくるくると巻いて留めます。

    20210728 00010.png

    クレープとフィリングがなじむまで少し時間をおいたら、ワックスペーパーに包みなおします。

    20210728 00004.png

    マスキングテープで留めたら、ワックスペーパーごとパンナイフで切り分けて出来上がり。

    20210728 00011.png






il-plants125-thumbnail2.gif






昨日使い損ねた卵1個分の卵白。
使うあてがなかったので冷凍しておきましたが、鯖缶を使ったハンバーグ風の一品に有効利用致しましょう。

20210728 00002.png




  1. 鯖缶、みじん切り玉ねぎ、刻んだ干しシイタケ、おろし生姜、卵白、オートミール等を合わせて生地にします。
    これを小ぶりにまとめて米粉を全体にまぶしましょう。

    週末に収穫したズッキーニ。
    綺麗なお花が先端に残ったものがひとつありましたので、ズッキーニのお花にも詰めてみました。

    20210728 00012.png

  2. 胡麻油で両面を焼き付けたら、後は合わせ調味料を加えて軽く煮込んで出来上がり。
    大変地味なお菜ですが、主人には気に入ってもらえたようです。

    20210728 00013.png






il-plants125-thumbnail2.gif





今朝の主食は久しぶりのへしこ茶漬けです。
さっと炙った鯖のへしこを、熱々の昆布だしと自家製柚子胡椒、ひねり胡麻。
主人は終始無言です。

20210728 00001.png

想像していた以上に綺麗になった北側のベランダ。
磨き上げて下さった窓の透明度も抜群で気分は爽快です。

と、早速網戸にセミが。
夏の間はベランダに出ないに限ると確信した次第です。


summer4-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 13:49 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする