2021年06月04日

お砂糖ほぼ不使用〜切り餅大福・焼き芋餡ver.

昨日の夜は、焼き芋を肴に日本酒で盛り上がりました。
低温のオーブンでじっくり1時間半かけた甘い焼き芋を主人と半分こ。
クリエイティビティに長けた若い杜氏さんが手掛ける日本酒は、甘いねっとりした焼き芋と驚くほどの好相性なのです。

さて。
食いしん坊な主人にバレやしないか、ハラハラしながらこっそり1本余分に焼き芋を拵えました。
今週最後のお弁当は、甘い焼き芋を使った切り餅大福ですよ。

20210604 00005.png

冷凍してある切り餅を使ったお手軽、ですが真綿のようにやわらかな切り餅大福。
中にはお砂糖を全く使わずとも十分甘いたっぷりの焼き芋餡。

20210604 00007.png

実はこの焼き芋大福、使ったお砂糖はひとり分で驚異の1.25g。
ビールならば“ノンアルコールビール”との表示も認可される値です。

お砂糖なしでも餡として十分通用するほど甘い焼き芋を、冷凍してあった茹で小豆と一緒に切り餅生地でつつみました。

餅とり粉の代用として、きな粉、シナモンパウダー、ほうじ茶パウダーを使用した少々贅沢ですが色黒な切り餅大福。

美味しくないはずがないこの組み合わせ、はい、本当に美味しいのです。
もちろんとっても簡単ですよ。

20210604 00004.png







材料(やや小ぶりな大福4つ分です)

  • サツマイモ 小ぶりなもの1個
  • 無塩タイプの発酵バター ほんのちょっと
  • 茹で小豆(無糖・多分この時のもの、自然解凍して使用 ☆彡)適量

  • 切り餅 2個(120g)
  • オーツミルク 30g
  • 生砂糖 5g

  • きな粉 15g
  • シナモンパウダー 2g
  • ほうじ茶パウダー 適量



◆作り方

  1. サツマイモは前日オーブンに放り込み、朝までオーブン庫内に放ったらかしです。

    サツマイモを綺麗に洗い、キッチンペーパーでしっかり包んでしっかりお水で湿らせます。
    ぼたぼたとお水が垂れない程度に、でもしっかりと湿らせます。

    アルミホイルで2重に包み、予熱なしのオーブン 160℃で1時間35分。
    朝にはねっとり甘い焼き芋に。
    冷凍保存してあった茹で小豆は、前日の夜に冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍しておきましょう。

    20210604 00001.png

  2. 焼き芋の皮をむいてお鍋に移し、スパチュラで軽くつぶして発酵バターを加えます。
    中〜弱火にかけながら、バターがとけるまで滑らかに練りましょう。
    バターがとければそれでOKです。

    20210604 00010.png20210604 00011.png


    火からおろし、ラップの上に適量とって茹で小豆をのせ、茶巾の要領で包みます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20210604 00009.png20210604 00008.png


  3. きな粉、シナモンパウダー、ほうじ茶パウダーを合わせてふるい、バットにひろげておきましょう。



  4. 切り餅を刻んで耐熱ボールに移します。
    オーツミルク(もちろん牛乳やお水でも)を回しかけ、ふわりとラップをして1分40秒レンジ加熱しましょう。

    スパチュラで練り、生砂糖を加えて更に滑らかになるまで練ります。
    スパチュラをお水で湿らせながら作業すると楽ですよ。

    20210604 00014.png20210604 00015.png


    更にふわりとラップをして10秒ほどレンジ加熱し、準備したバットの上に移します。

    20210604 00013.png

  5. スパチュラを軽くお水で湿らせ、お餅をざっくり4等分します。
    冷やしておいた焼き芋餡をそれぞれのせて包みましょう。

    20210604 00016.png

    スパチュラで切れ目を入れたお餅は、キッチン鋏で切ると作業が楽ですよ。
    綴じ目を下にし、バットの粉類をまぶします。

    20210604 00017.png

  6. 仕上げに粉類を全てビニール袋に移し、大福をここにそっと加えて全体にきな粉その他をまぶしましょう。

    20210604 00018.png

    余分な粉類をはたいて出来上がり。
    残った粉類、茹で小豆その他は、明日朝食のスムージーに使いましょうか。

    20210604 00019.png






il-plants125-thumbnail2.gif





蒸し暑い今日のような日は、あっさり冷たいスープが欲しいもの。
真っ白な塩レモン風味のあっさりスープのこんにゃく麺が本日のお菜です。

20210604 00002.png





  1. こんにゃく麺はさっと湯がいて冷水でしめ、ザルにとって水を切っておきます。

  2. オーツミルク、自家製塩レモンペースト、白味噌、白だし醤油を合わせてスープの出来上がり。
    スープジャーに注ぎ、こんにゃく麺をここに加えます。

    ザワークラウト、粗くほぐした鶏ささ身の茹で鶏、温泉卵、セミドライミニトマトのオリーブオイル漬け、粗く砕いたペコリーノロマーノをトッピングし、黒胡椒を挽いて出来上がり。





20210604 00006.png





il-plants125-thumbnail2.gif






最近すっかり存在感が薄らいでしまった釜玉うどん。
昨日の“伊勢うどんの釜玉うどん風”に続き、今朝は久しぶりに従来の釜玉うどんが食卓に返り咲きましたよ。

うん、やっぱり美味しい。

20210604 00003.png

そしてまた間違えました、金太郎イワシの向き。

グリルパンに並べたその向きから間違えております。
こんがり焼いた方を優先してしまうと、どうしてもこうなってしまうのです。
あぁ、なんだか気持ちがわるい。




外は強風、大雨の金曜日。
今宵の宴会の議題は、『アジフライお取り寄せに関して』だそうです。
主人はどうしてもアジフライを取り寄せたいご様子。
困った食欲ですこと。


illust-rainydaybk-thumbnail2.jpg






posted by しんさん at 14:27 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

あり合わせ『うぐいす餅』〜炒り大豆と切り餅ver.

待ち侘びた春を想わせる和菓子は多々ありますが、春を意識し始めると食べたくなるお菓子はやはり『うぐいす餅』ではないかしら。

躊躇なくお出掛けが出来た頃は、寒い寒いと厚着をしつつ岐阜の小さな老舗和菓子屋さんの店頭にうぐいす餅が並ぶのを楽しみにしておりました。
そう言えば、昨年も今年もイオンさんに頼りきってうぐいす餅のことなど忘れておりました。
もう終わってしまったかしら、松花堂さんのうぐいす餅。

そんなこと考えていたら、どうしても食べたくなりました、うぐいす餅。

20210326 00009.png

青大豆の儚げなちょっとくすんだ黄緑色のうぐいすきな粉、我が家にあろうはずがありません。
常備品のひとつ、ごく一般的なきな粉をチョイス。
なんだかウグイスに申し訳ない気がして和三盆で甘みを補います。
抹茶パウダーはありませんが、同じお茶と自分を慰めほうじ茶パウダーを使いましたよ。

求肥部分は切り餅で。
白玉粉は常備してありますが、切り餅の方が断然お手軽ですものね。

乾燥小豆も常備してありますので、頑張ればこし餡、少なくとも粒餡は用意できたのですが、そこは頑張らない性分。
そこは2月の節分の折、イオンさんに多めに届けて頂いた大好きな節分豆、炒り大豆であっさり代用。
炒り大豆をペースト状にして餡の代用。

20210326 00008.png

うーん、想像していたほどのペースト状ではありませんね。

20210326 00010.png

うぐいす色した可愛らしい春のお菓子、ふっくらとしたうぐいす餅も私にかかれば・・・
これは・・・そう、この茶色と白の小さな斑点模様は高貴なウグイスではなく、まさに庶民派のスズメ。

2021年の春、我が家にスズメ餅なるものが誕生したのは外出自粛の産物と後々笑い話になりますように。





我ながら呆れるほどのあり合わせ。
ですが楽しいものです。

◆材料(やや大ぶりな自称うぐいす餅 3つ分)

  • 切り餅 2切れ
  • てんさい糖 小さじ1

  • 節分用の炒り豆 ひと袋(150g)
  • 市販の甘酒 大さじ3×2
  • 蜂蜜 15g弱
  • 白味噌 5g



    ◆仕上げ用

  • 市販のきな粉 適量
  • 和三盆 適量
  • ほうじ茶パウダー 適量

    20210326 00001.png





◆作り方

  1. 先ずはきな粉のペーストから。

    節分大豆は予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストします。
    これをミルで粉砕し、先ずは甘酒大さじ3、蜂蜜、白味噌を加えてなじませます。

    後は様子を見ながら大さじ1〜3の甘酒を足し、3等分してまとめておきましょう。
    大豆をもう少し細かく粉砕しても良かったかな?

    20210326 00011.png20210326 00012.png
    20210326 00003.png


  2. お餅生地に参りましょう。

    切り餅をさいの目に切って耐熱性ボールに移し、全体が浸かる量のお水を注ぎます。
    ふわりとラップをし、お餅が十分やわらかくなるまで様子を見ながら3分ほどレンジ加熱しましょう。

    お水を別容器にとり、てんさい糖を加えてお餅を滑らかになるまで練ります。
    スパチュラを使いますが、この時別容器に移したお水を使うとくっつかなくて作業が進みます。

    バットに満遍なくきな粉を敷いてスタンバイ。

    20210326 00013.png20210326 00014.png
    20210326 00004.png


  3. やわらかく練ったお餅をざっくり3等分してきな粉の上に。
    お餅同士がくっついてしまったら、キッチン鋏で切って離すのがいちばん効率的。

    丸めておいたきな粉ペーストを乗せてお餅で包み、形を整えましょう。

    20210326 00015.png

  4. 仕上げ用のきな粉、和三盆、ほうじ茶パウダーを合わせ、茶こしを通して表面に振りかけます。

    うぐいすを全く想わせないうぐいす餅。
    残ったきな粉は、明朝のヨーグルトに添えましょうね。

    20210326 00016.png






table_s.gif





金曜日です。
野菜室に残った食材を全て並べ、そこから何を拵えるかを考えます。

・・・キャベツ、人参、ゴボウ。
ですが時間がない。
耐熱ボールが出ている、はい、全部合わせてナムルでも拵えましょうか。

今日は強風、しかもその風が冷たい。
温かなこんにゃく麺にたっぷりのナムルを添えてスープジャーに詰めました。

20210326 00006.png





  1. 在庫野菜のナムルを作ります。

    酢水に晒したゴボウ、人参にちろりと日本酒をふり、ふわりとラップをしてレンジ加熱。
    ゴボウも人参もピーラーで簡略的なささがき風味。

    時間差でキャベツも加えてひと加熱。
    おろしにんにく、お塩、だし醤油、胡麻油を加えて和えます。

  2. こんにゃく麺はたっぷりの熱湯でさっと茹でてザルにとります。

    茹で鶏を拵えた際の茹で汁にオイスターソースやらナンプラーやらを加えてひと煮たちさせ、水で溶いた葛粉を加えてとろみをつけましょう。
    ここに茹でたこんにゃく麺を加えて温め、予め保温しておいたスープジャーにスープごと移します。

  3. 上にたっぷりのナムルを添え、ついでに茹で鶏もほぐして加えます。
    いつぞや拵えた練り胡麻、ベジミートそぼろも添えて出来上がり。

    20210326 00017.png20210326 00018.png







以前はお酒を飲まない日の夕食にしておりましたこんにゃく麺。
今やすっかりお弁当の定番となってしまいました。
そして主人のお気に入り。

20210326 00007.png





table_s.gif





お餅をレンジ加熱した際の茹で汁で炊いた炊き粥。
白々としているのは、大豆ペーストに使用した甘酒の残りを最後に足したから。

いつもより随分甘い炊き粥に仕上がりました。

20210326 00005.png

主人の提案で、この後炊き粥に梅干しを足しました。
甘酒の甘み、自家製梅干の程よい塩味、あら、この組み合わせは大発見。






今宵は日本酒。
昨日我慢した分、朝から今宵の日本酒を楽しみにしております。

残り野菜のナムル、そうそう、鶏はむの残りもあったわね。
金曜日の日本酒はいつも以上のお楽しみなのです。



2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif












ラベル:うぐいす餅
posted by しんさん at 14:50 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

春のお彼岸、あり合わせお彼岸ぼた餅

ちょっと悲しい、週末土曜日の春分の日。
主人とお家でお昼からお酒が飲めるお楽しみの休日を、一日無駄にしてしまった心境でちょっと悲しい。

ですがそれはさておき、春分の日は自ずと心が華やぐものです。
土曜日が春分の日ということは、本日水曜日は彼岸の入り。
せっかくですもの、ぼた餅を拵えて春を迎える準備をしましょう。

20210317 00003.png

もちろんもち米など常備しておりませんからね、あり合わせのぼた餅です。

小豆餡はいつもの圧力鍋で作る簡略版、小豆を軽く乾煎りしてから加圧します。
そして肝心のもち米、うーん、お米に切り餅を混ぜ込んで『おこわ』風に炊いたことが過去多々ありますもの。
ならばぼた餅でもいけるのでは?

・・・ついでに小豆も一緒に炊き込んで、あり合わせながらのぼた餅がここに。

20210317 00004.png

春を温かく迎える気持ちにウソはありませんもの。
あり合わせだろうが切り餅だろうが、お彼岸はお彼岸、ぼた餅はぼた餅。

・・・とんだ屁理屈ではありますけどね。

20210317 00002.png





とっても簡単ですよ。
先ずは小豆餡から参りましょうか。

  1. 小豆は250g、計量カップで300tといったところ。
    洗ってザルに移し、しばらくおいて水切りをしておきましょう。

    これを圧力鍋に移し、弱火寄りの中火でさらりとするまで乾煎りします。
    5分弱といったところかしら。
    この段階で、ご飯用に大さじ2強取り分けておきます。

  2. 小豆の倍量のお水、600tを注いで強火にかけます。
    灰汁は出ませんが、もし出たら取り除きましょう。

    加圧すること15分。
    今日使わない分は小分けにして冷凍保存します。

  3. ふっくら煮あがった小豆にお砂糖を2〜3回に分けて加えながらぽってりと煮詰めます。
    今日は生砂糖を使いました。

    仕上げにお塩でしめれば出来上がり。
    容器に移し、ぴったりとラップを密着させた状態で冷ましましょう。

    20210317 00009.png20210317 00010.png
    20210317 00008.png





ご飯に参りましょう。

  1. お米をいつも通り洗います。
    もち麦、押し麦を加え、いつもより少し多めの水加減。
    大さじ1程度のみりんも加えます。

  2. 取り分けておいた乾煎りした小豆も加えてひと混ぜ。
    切り餅をさいの目に切って散らし、いつも通りご飯を炊きましょう。

    20210317 00011.png

  3. しばらく蒸らせば完成間近。

    20210317 00012.png

    小ぶりにまとめます。

    20210317 00013.png

  4. 小豆餡を適量丸めておき、ラップで挟んで平らにします。

    20210317 00014.png

    丸めておいたご飯を包み、形を整えて出来上がり。

    20210317 00015.png

    20210317 00016.png

    お好みで茶こしを通してきな粉をふります。

    20210317 00017.png






il-plants5-thumbnail2.gif





ぼた餅主食のお菜、というのもなかなか難しいものです。
が、酒粕風味のつみれ汁など拵えてみましたよ。

20210317 00005.png





但し、このつみれ汁、材料は煮干し、しかも最後の方にどうしても残ってしまう頭や粉々になった煮干し。

20210317 00018.png20210317 00019.png
20210317 00020.png






・・・と、いつも通り手順の備忘録をしたいところでありますがタイムズアップです。

20210317 00001.png





il-plants5-thumbnail2.gif





年末に40年ぶりにしたショートカット。
以来、信じられないことに約3ヵ月、出かけないことを良いことに美容院に行っておりません。
今回、初めて近所の歩いて行ける距離の美容院を予約しましたので今日はそちらに横恋慕。





ちなみに、今日ぼた餅用に炊いたご飯はお赤飯風としても楽しめます。

20210317 00006.png

ひと口食べた主人が、『うわ、お赤飯みたい、美味しい!』
そう言ったので成功でしょう。

20210317 00007.png

さ、人なら歩いて10分の距離にある初めての美容院。
私の足なら30分見て早々と出かけます。
歩きやすいブーツを選び、そうね、今年初めてのスプリングコートを引っ張り出しましょうか。




col32-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 11:29 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

切り餅大福〜黒豆リメイク豆大福風〜酒粕と干し柿の餡

専業主婦と言っても、主人の出勤時間がありますので人並みに朝は時間に追われます。
なので当日拵えるお弁当の、お菜は別として少なくとも主食だけは、前日寝る前におおよそのイメージはかためておくのが常。

ですが今日はそれが全くダメ。
昨晩ボケーっと夜更かしし、寝不足で渋々起きてキッチンに立つも何を拵えるか頭が働かない。

昨日いただいた艶々なイチゴ、昨日見切り価格になっていた干し柿・・・
あぁ、そう言えばお正月用に煮た黒豆が随分沢山冷凍してあったっけ・・・
昨日は雨降りで農協朝市に行かなかったからなぁ、目新しい野菜はあまり補充していないのよね・・・

20200217 00008.png

途中スマホに逃げたりしてどうにか形となりました本日の主食。
冷凍してあったお正月の切り餅、同じく黒豆を使った定番の切り餅大福です。

正に文字通りの有り合わせですがイチゴの魅力は絶大です。
パッと目を引く愛らしいイチゴを添えるだけで、何となく華々しい佇まいとなったのではないかしら。

20200217 00006.png

黒豆で餡を、とも思いましたが却下。
常備してあります酒粕と豆乳を合わせた餡に、干し柿で甘さを添えてみました。

黒豆にお砂糖を使ってありますのでお砂糖不使用とは言えませんが、黒豆のお砂糖以外は使用致しておりません。
干し柿のねっとりした甘み、しっかりとアルコールを飛ばした酒粕の風味に意外とイチゴの甘酸っぱさが好相性。

20200217 00004.png

黒豆の煮汁で切り餅を練るので少々色黒な大福ではありますが、煮汁に使用したお砂糖の効果でお昼になってもお餅はやわらか。
一か八かの酒粕餡でしたが、これはこれでなかなか応用が効きそうですよ。

20200217 00007.png





◆材料(標準サイズの大福3つ分)
  • 切り餅 2個

  • お正月用に煮た甘い黒豆 煮汁も含めて適量

  • 酒粕 50g(ソフトタイプではなく板状です)
  • 豆乳 大さじ3

  • イチゴ・干し柿・胡桃 各適量
  • 餅とり粉 適量





◆作り方
  1. 先ずは酒粕餡を作ります。

    酒粕は適当に切ってお鍋に移し豆乳と合わせます。
    中〜弱火でゆっくり加熱し、豆乳が煮立ったら弱火にして滑らかに練り混ぜながらアルコールをしっかりと飛ばしましょう。

    火を止め、胡桃と刻んだ干し柿を加えて混ぜます。
    胡桃は予め予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしてから加えます。
    酒粕餡を3等分して丸めておきましょう。

    トッピング用のイチゴ・胡桃・干し柿も用意しておきます。

     20200217 00014.png20200217 00015.png
    20200217 00013.png


  2. 冷凍してあった黒豆は予め解凍しておきます。

    切り餅をさいの目に切って耐熱ボールに移し、全体が十分かぶる量のお水を注ぎましょう。
    ふんわりとラップをし、お餅が十分やわらかくなるまで4〜5分レンジ加熱します。

    ボールを傾けて適度にお水を切り、黒豆の煮汁を加えて滑らかに練ります。
    黒豆も加えて煉りましょう。
    切り餅の茹で汁で指先を湿らせながら酒粕餡を包み、予めバットの上にひろげておいた餅とり粉の上に移します。

    20200217 00016.png20200217 00017.png
    20200217 00018.png


  3. 全体に餅とり粉をまぶし、そっとはたいて余分な粉を落としましょう。

    20200217 00019.png

    中央に軽い切れ目を入れ、トッピング用の胡桃・干し柿・黒豆・イチゴを飾って出来上がり。

    20200217 00009.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





最近特に注目度が上がっているらしいアボカド。
実家の母を見ていると世の流行りものが顕著です。
何でもアボカドが膝に良いとテレビで紹介されていたとかで、その年齢の方々が競ってアボカドを買い求めているそうな。
近所のスーパーでもアボカドが以前より安値になって嬉しい限り。

今シーズン初めての新玉ねぎを使って、アボカドと山芋のサラダをお菜に。
トマトとレモン汁の酸味が効いた新玉ねぎのドレッシングはアボカドととても相性が良いのです。

20200217 00011.png





トマトをざく切りにし、オリーブのオイル漬けと一緒にジャーの底に詰めます。

残ったトマト・新玉ねぎ・レモン汁(冷凍して常備してあります)をボールに合わせ、バーミックスで攪拌しましょう。
お好みのスパイスソルトとオリーブオイルを加えて混ぜ、アボカド・さいの目に切った長芋を加えて和えましょう。
トマトの上にドレッシングごとたっぷりと詰めます。

私だけかしら?新玉ねぎが切り辛いと思うのは。
なのでバーミックスで攪拌する、これ大助かりです。

20200217 00020.png20200217 00021.png







トッピングした黒豆その他が転げ落ちないよう、何気にラップで固定します。

20200217 00005.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





卵を買った翌日の朝は釜たまうどん、これが我が家のお約束です。
大好物の釜たまうどんに我を忘れ、お茶係をないがしろにする主人をソフトに懲らしめましょう。

20200217 00010.png

今週はイワシも真鯖も両方が手に入りました。
しかもお料理もしやすい、お皿にも盛り付けやすい双方少々小ぶりなサイズが嬉しい。
もちろんイワシはお酢煮に、真鯖は味噌煮にして冷蔵庫でスタンバイ。

ひじきや蒸し大豆を巻いたロール白菜。
人参も一緒に煮たは良いけれど、量が多過ぎで別保存と相成りました。

20200217 00012.png





先週金曜日のバレンタインディ。
私から主人にプレゼントした錫のぐい吞みです。
私のぐい吞みと比べて一見小容量のようですが、実は同じ容量を誇る100tタイプ。
こうして並べてもなかなかお似合いだと思うのです。

20200217 00001.png





も少し遡って、2週間ほど前に頂いた野菜の画像が発掘されました。
初めての野菜、多分紅くるりという大根だと思うのですが、すっかり気に入ってしまいました。
中までしっかり赤くてそれでいて瑞々しい紅くるり、是非来年は自ら栽培にチャレンジしたいものです。

20200217 00003.png

瑞々しい紅くるりはシンプルな塩麴漬けに。
この時拵えた常備菜は紅くるりを除いて当然完食。
紅くるりもそろそろ酸味を帯びてきましたので片付け時です。

20200217 00002.png

どうにもこうにも頭が働かなかった今日の朝。
今日はしっかり睡眠をとって明日に備えなくては。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 15:20 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

切り餅大福〜ちょっとバニラな三重の思い出 ポンカンver.

実母と実妹を誘った主人プロデュースの三重旅行。
宿泊した“割烹の宿 美鈴”さんで、ご自由にどうぞと置いてあった“ポンカン”がとても美味しくてすっかりお気に入り。
道中の道の駅でひと袋購入して帰宅致しました。

そこで本日のお弁当。

20200123 00001.png

まん丸で大ぶりな切り餅大福です。
お正月用に母が持たせてくれた切り餅を使ったおなじみの大福。

20200123 00002.png

パカッと切ると、中にはごろんと丸ごとジューシーなポンカン。
柑橘系の大福には白餡が合うと思うのですが、生憎白餡はおろか、代用となりそうな白いんげん豆の類もありません。
うーんと考えて考えて考えた結果・・・

20200123 00003.png

極少量残っておりましたココナッツオイルを使ったおなじみのプロテインローチョコレートでポンカンをコーティング致しました。
レモンのマーマレード、隠し味に極少量の柚子味噌を加えて練り上げたやわらかなお餅で、バニラ風味のプロテインローチョコレートをまとったポンカンを包みます。

20200123 00004.png

お餅にまぶした打ち粉にはきな粉を使って。
主人の評価は“斬新な大福”
ほど良い甘さのお餅、みずみずしくてすっきりした甘さのポンカン、うん、なかなかの好相性ですよ。





◆ざっくり分量(丸ごとポンカン大福2個プラスアルファ)
  • 切り餅 2切れ
  • レモンマーマレード 適量
  • 柚子味噌 適量

  • ポンカン 2個+3房
  • ココナッツオイル 10g強
  • バニラ風味のプロテイン(ハーバライフ製) 20g

  • 打ち粉用のきな粉 適量

    20200123 00007.png






◆作り方
  1. ココナッツオイルは湯せんにかけて透明な液状にしておきます。
    プロテインを加えてよく混ぜ合わせましょう。

    プロテインローチョコレートは、ココナッツオイルの残量の都合上極僅か。
    皮をむいたポンカンの底部分にスパチュラを使ってぬりひろげ、オーブンシートの上に並べます。
    余ったバニラプロテインローチョコレートを上から回しかけておきましょう。

    存在感のあるプロテインです。
    ポンカン全体をコーティングするより、このくらいの量に止めた方がポンカンの風味も楽しめるというもの。

    20200123 00008.png

  2. 切り餅はさいころ状に切って耐熱性ボールに移します。
    全体が十分かぶる量のお水を注ぎ、ふんわりとラップをして3〜4分お餅が十分やわらかくなるまで電子レンジで加熱しましょう。

    お湯を別ボールに移し、レモンマーマレードと柚子味噌を加えてやわらかく練ります。
    この時、スパチュラがくっつかないよう別ボールに移しておいたお湯でスパチュラを湿らせながら作業すると簡単です。

  3. 手をお湯で湿らせながら、やわらかく練り上げたお餅を分けます。
    予めきな粉をひろげておき、分けたお餅を軽く丸めながらきな粉の上に移しましょう。

    1のポンカンをお餅で包みながら全体にきな粉をまぶし、形を整えます。

    20200123 00009.png20200123 00010.png
    20200123 00011.png

    小房ポンカンver.は、三重を一緒に旅した母親に。

    せっせとご飯をお重に詰め、雨にも関わらず今日も3姉妹のポットラックランチパーティーに向かう母。
    週2回、ご飯係の母親は固くなった頭をフル回転させて気の利いた味付けご飯をひねり出します。

    聞くと今日は『和田金の松坂牛時雨煮ご飯』だとか。
    『時雨煮が少ししか残っていなくてねぇ、民宿で頂いた鯖のお出汁で甘辛く煮直してご飯に乗せたんだよ』

    ・・・和田金さんの時雨煮の手直しをするとは。
    母、誰しもがそうそう思いつくことではありませんよ。

    20200123 00012.png






rain13.gif





主食は大福。
それでも野菜をたっぷり摂取したい、それを実現出来るのも家庭料理ならではのシュールな献立。
野菜たっぷりのスープを添えましょう。

20200123 00005.png





圧力鍋で3分加圧するだけのこってりチーズ風味のスープ。
こちらも小ぶりな玉ねぎが丸ごとごろんっと入っています。

  1. 根元を切り離さず大ぶりなくし形に切ったキャベツ。
    大ぶりに切って面取りした人参。
    お尻部分に十文字の切り込みを入れた小ぶりな丸ごと玉ねぎ。
    極少量の押し麦、水煮にして冷凍してあったひよこ豆、干しシイタケは戻さずさっと流水で洗ってからバキバキ割って使いましょうか。

    全て圧力鍋に合わせ、少量のお水を注いでお塩をちろり。
    3分加圧して圧が自然に抜けるのを待ちます。
  2. 豆乳を注ぎ、刻んだペコリーノロマーノを散らしてひと煮立ち。
    器に盛って黒胡椒を挽けば出来上がりです。

    20200123 00013.png20200123 00014.png







rain13.gif





今朝は今年初めての鶏粥、主人の大好物です。
茹で鶏にした鶏ささ身、その茹で汁を使って炊いた炊き粥に茹で鶏をたっぷり裂いて散らします。
あおさも添えれば更に美味しい。

20200123 00006.png

週末に仕込んだ鯖の味噌煮が更に美味しくなってきました。
切り身の大きさに惹かれてお腹の部分を選んだ主人は、その小骨の多さに四苦八苦。

残り一切れとなりました鯖の味噌煮も明日でおしまい。
今週もゆるりと週末を迎えます。

sagi.gif



posted by しんさん at 14:21 | Comment(0) | お弁当日記 お餅を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする