2018年01月31日

シンプルで美味しい、金柑フレイバーの冬野菜のお漬物 2種

月に2回お願い致しております宅配野菜の中に、小ぶりで可愛らしい金柑が入っておりました。

蜜煮にする程の量でもないし、かと言ってそのまま食べるのもどこか忍びない。
せっかくの可愛らしい金柑色を活かしたお料理、何かないかしら・・・

金柑と一緒に宅配野菜の中に含まれておりました大根と白菜。
これら冬野菜を使って、金柑風味のお漬物などいかがでしょうか。

昔ながらのシンプルな味付け、そして金柑の黄色、素朴な風味に心も和みます。
大根は皮ごと漬け込んで、コリコリとした食感を楽しみます。
瑞々しい白菜には、金柑に加えてピリッと生姜の風味も添えましょうか。

もちろん常備菜としても頼もしいお漬物2種。
艶々とした金柑の黄色に気分も華やぎます。

日本酒のお供としても・・・ね。





本当に簡単。
  1. 大根は適量を皮つきで。
    4cmほどの長さに切り、1〜1.5cm角の拍子木切りにしてビニール袋に。

    金柑のなり口を丁寧に取り除いて、種を爪楊枝等で取り除きながら横2等分しましょう。
    大根と合わせます。

  2. てんさい糖 大さじ2強
    米酢 大さじ1
    お塩 小さじ1.5

    以上を1に加えて軽く揉み、時々全体を揉みながら1日室温に。
    水気が十分に上がってきたら冷蔵庫に移し、味がなじめば出来上がり。






簡単過ぎたかしら・・・はい、お次は白菜。
  1. 米酢 大さじ3
    合わせ出汁・てんさい糖 各大さじ1
    白だし醤油 小さじ1/2
    種を除きながら輪切りにした金柑 適量
    千切り生姜・小口に切った鷹の爪

    以上を合わせてひと煮立ちさせ、冷ましておきましょう。
  2. 白菜は芯の部分と青い部分に分け、それぞれ繊維に沿って切ります。
    少量のお塩を軽く揉み込み、重石をして30分ほどおきましょう。
    ザルに移して水気をしっかりと絞り、保存容器に移します。
  3. 白菜の上から1を回しかけ、ひと晩以上冷蔵庫で味をなじませれば出来上がり。






  • どちらも備忘録する程のお料理でもありませんが、色合いが可愛らしかったので。

    無農薬で安心して皮ごと食べられる金柑。
    甘い金柑ばかりでなく、鶏肉や野菜、パスタに合わせた金柑というのも良いものです。
    何より旬の野菜を然る時期に食べられる、極普通のことですがつい忘れがち。











・・・などと気取ってはみましたが。
昨日は毎度のことながら平日禁酒のルールをたやすく破って主人と日本酒。
盛り上がってしまいました。

そして反省のお味噌汁ファスティング。
昆布出汁と豆味噌を合わせた具無しのお味噌汁をすする羽目に。
朝は石川の麹味噌、お昼用にとポットに入れたのは豆の存在感が顕著な八丁味噌です。





・・・ダメだなぁ。
でも楽しいんだなぁ。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 15:47 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする