2021年03月15日

へしこのおむすび〜おぼろ昆布ver.

スーパーマーケットで食材調達。
お支払いはそこそこだったに係わらず、はてさて、今週一週間分の生鮮食材を買ったつもりが私は何を買ったのやら?

それはオンラインでも同じこと。
目下イオンネットスーパーが食材調達の要の我が家、今週は特にそれが顕著です。

十分な食費を頂いておりますが故、主人にこんな泣き言を言うなどプライドが許しません。
さぁ困った、朝食用の焼き魚ばかり豊富で野菜がない、食材が偏り過ぎ、どうにかこうにか帳尻合わせを図らねば。

20210315 00002.png

ぎりぎりセーフ、へしこのお結びに着地致しました。

前述の通り、主に朝食用のお魚類は在庫豊富です。
例えば、焼き鯖としめ鯖は、そうね、ざっと軽く見ても40パック分は冷凍庫にきっちり並んでいるのではないかしら。
そうそう、小ぶりな金太郎イワシの干物も40、いえ、それ以上あるかも。
昨日冷凍庫に仲間入りした鮭、銀鱈、もうひとつ何だったかの西京味噌漬けも20パック。

そして立派な鯖のへしこも冷蔵庫でなく野菜室にて出番待ち。

20210315 00001.png

朝の忙しい時間に急き立てられるように、半ば諦めるように、とにかくご飯を炊きました。
そして野菜室のへしこを手に取りました。

へしこは薄切りにし、小分けにして冷凍保存するのが常。
半身分のへしこを食べるその都度切り分けていては、切り口から旨味が逃げる気が致しますので。

なによりこうしておけばささっとお酒を振って炙って、日本酒へと手をのばすことができますからね。
これ、何より重要。

へしこのあら(と言うのかしら、むなびれの部分や尻尾部分)をさっと炙って丁寧にほぐし、炊き立てご飯に混ぜ込みました。
おぼろ昆布を巻いて、本日のお昼ご飯、へしこのお結び出来上がり。

20210315 00003.png





鯖のへしこの糠をそっと落として細切りに。
お結びに使うのは、むなびれ部分や尻尾部分。
さっと炙って身をほぐしながら骨を丁寧に取り除きましょう。

20210315 00009.png

炊き立てご飯にネギと一緒に混ぜ込めば準備完了。
小ぶりなお結びにしておぼろ昆布を巻けば出来上がりです。

20210315 00008.png






line77-thumbnail2.gif




野菜不足と言いながら、一応お弁当箱に詰め込む分は確保致しました。
正に苦肉の策。

20210315 00005.png





そうそう、最近また主人がひと癖ある提案を致しまして。
数日前に主人が買ってきた日本酒、これが純米原酒なるあまり聞きなれないお酒で大変特徴的なお味。

以前飲んだ『香取90』ほどの強烈なインパクトではありませんが、香取90と同じく糠床を彷彿させるお酒です。
これを料理酒に使ったらどうなるか、と主人の提案。
飲んでいる時に提案するものだから、私も気前よく受け入れてしまいました、この愚案を。

20210315 00004.png






いつもの材料で料理酒だけを変えての煮物。
・・・感想は差し控えましょうね。

20210315 00007.png





line77-thumbnail2.gif





そう、お弁当の主食を何にしようか、いつも以上に今朝悩んだのは、前提に『ご飯』ありきだったから。

主人が取り寄せた西京味噌漬け20パックが土曜日に届きました。
何はなくとも月曜の朝、西京味噌漬けが食卓に上るのは必須ですものね。
西京漬けには白いご飯、炊き粥でもお蕎麦でもうどんでもなく、絶対に白いご飯。

20210315 00006.png

今朝のご飯を食べて、主人のお魚ランキングが大きく入れ替わったようですよ。
今まで断トツ一位を誇っておりました鯖の類が転げ落ち、いよいよ西京漬けの世に。

今朝のご飯がいかに美味しいか、食べながら力説するだけでは物足りなかったのか、歯を磨きに行ったと思えば戻ってきてまた話し始める始末。
先ほど帰宅してまた記憶が朝食に戻った時は、呆れることも忘れ愛おしさすらこみ上げてきました。




西京味噌漬けだけでは私の反感を買うと思ったのでしょうか。
1日遅いホワイトデー、フランスからフラゴナールのアルガンオイルが届きましたよ。


illust-flower2-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 14:16 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

たっぷり餡・たっぷりキャベツの菜摘ライスバーガー

今シーズン初の春キャベツに心も踊り、それ週末の焼きそばだ、やれやわらかな葉っぱのロールキャベツだと楽しんだのも束の間。
わずか1週間足らずで春キャベツを使い切ってしまいました。

今日で最後の春キャベツ・・・いえ、まだイオンネットスーパーには陳列されていますけどね、それでもパッと気分を明るくしてくれた1年ぶりのお初の春キャベツですからね、最後は主人が喜びそうなこんな春キャベツならではなお料理を。

20210312 00005.png

巻きもやわらかな春キャベツならでは、キャベツを使った菜摘ライスバーガーです。

最近主人に勝るとも劣らず体重が気になる私自身のため、ライスバーガーとは言いながらライスは下だけ、片方だけに止めます。
さっと茹でたやわらかな春キャベツでふわりと覆ったキャベツの菜摘ライスバーガー。

鶏むね肉のひき肉もほんの少量加えた具沢山バーグ。
めかぶに大豆、マイタケ、お豆腐、ベジミート・・・・週末の在庫食材一掃を兼ねたパテは、甘辛お醤油味をたっぷりまとった照り焼き風。
照り焼き風のタレを葛粉で餡にしてたっぷり添えました。

葛でとろみを加えた餡は、お砂糖を使わずともとろみが伴います。
その上ゆるいゼリー状を保つので、お弁当として持ち運びも気楽な優秀な存在。

20210312 00006.png

流石に半熟卵とはいきませんが、しっとり目玉焼きも添えてボリュームは満点。
生姜風味のアボカドも足して多品目具沢山な菜摘ライスバーガーです。

20210312 00007.png

ご覧の通りのボリュームではありますが、ご飯はお茶碗にほんの軽くいっぱい程度。
私の分に至っては、出来る限りご飯を薄く薄く仕上げました。

体重増加対策に涙ぐましい努力も兼ねた菜摘ライスバーガー。
春キャベツの美味しさが何よりの自慢です。

20210312 00003.png





  1. 先ずは目玉焼き。
    フライパンに極少量の油をキッチンペーパーですり込み、目玉焼きリングを使って真ん丸な目玉焼きをふたつ焼きます。
    蓋をして極少量のお水で蒸し焼きにし、別皿に取り出しておきましょう。

    20210312 00008.png

  2. 次はご飯。
    いつも通り、お米にもち麦、押し麦、十六雑穀、蕎麦の実を加えてご飯を炊きます。

    目玉焼きリングにラップを敷き込んでご飯を詰め、スプーンで真ん中を少し窪ませてフライパンに。
    両面焼いたら、窪んでいないほうにお醤油を極少量垂らします。
    強火でさっと焼き付けて焦がし醤油風味に。

    20210312 00013.png20210312 00014.png


  3. 最後はパテ。
    この順番なら小まめにフライパンを洗う必要がありませんものね。

    鶏むね肉のひき肉、刻み玉ねぎとネギ、そしてマイタケ、めかぶ(刻んで淡いお醤油味がついたもの、イオン製品です)、蒸し大豆、お豆腐、お塩、粗挽きガラムマサラを全てビニール袋に合わせてよく揉みます。

    これだけでは水分が多過ぎ、ベジミート(ミンチタイプ)で水分吸収を図りましょう。

    しっかり空気抜きをしながら形を整え、少量の胡麻油をひいたフライパンで両面焼いて一旦取り出します。
    この時ぶつ切りにしたネギも一緒に焼きましょう。

    20210312 00009.png20210312 00010.png
    20210312 00012.png


    パテを取り出したフライパンにお酒・みりん・だし醤油、オイスターソースを合わせてひと煮たち。
    水で溶いた葛粉を加え、透明感が出るまで加熱したらパテを戻してそっと両面に絡めましょう。

    20210312 00011.png
  4. アボカド・桃屋のきざみしょうが・極少量の寿司酢を合わせて和え、白胡麻をたっぷりひねりましょう。

    20210312 00015.png

  5. 春キャベツはしんなりするまでレンジ加熱し、芯の部分をスプーン等でつぶしてやわらかくしておきます。

    ワックスペーパーをひろげ、しっかり水気を切ったキャベツを丁寧にひろげましょう。
    くぼみ側を上にしてご飯をのせ、照り焼き風ソースをたっぷり絡めたネギをくぼみに。

    20210312 00016.png

    次いで、同じく照り焼き風ソースをたっぷり絡めたパテを。

    20210312 00017.png

    パテの上に目玉焼きを重ね、アボカドサラダをたっぷりと。

    20210312 00018.png

    キャベツで覆い、ワックスペーパーで包めば出来上がり。

    20210312 00019.png






il-plants125-thumbnail2.gif





今週の半ば、無性にカオニャオ・マムアンが食べたくなって在庫食材をかき集めました ⇒ 03月09日 ☆彡

ドライマンゴーをカモミールティーに浸してふっくらマンゴーに。
この時マンゴー風味のカモミールティーをアガーでかためてゼリーにしました。

20210312 00004.png

その存在をすっかり忘れておりましたので、今日のデザートに添えましょう。
期せずして楽が出来ました、ちょっとラッキー。

20210312 00002.png





il-plants125-thumbnail2.gif





ライスバーガー用にご飯を炊いたので、今朝の主食はご飯と致しましょう。
昨晩主人と約束したへしこ茶漬け。

サバのへしこをさっと炙ってご飯の上に。
熱々の昆布だしをたっぷり注ぎ、自家製柚子胡椒を添えれば出来上がり、主人も私も大好物です。

20210312 00001.png

主人が新しく取り寄せた八丁味噌が想像以上にまろやかで美味しいのです。
もちろん単品では使わず、今は八丁味噌を含め4種類あるお味噌の中から日替わりで配合しているのですが、今朝の赤だしは秀逸。

主人曰く、今まで食べた赤味噌のお味噌汁のなかで断トツ美味しい、とのこと。





今にも雨が降り出しそうな空模様です。
先ほど主人からメッセージが届きました。
『酒屋に寄ってから帰宅するね』と。

・・・私のダイエットはなかなか難航しそうです。


col68-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:12 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

どっちつかずな菜摘ライスバーガー

初めての大腸内視鏡検査に挑み、同じ流れで運よく小さなポリープを切除した主人。
1週間の禁酒令にボヤきつつ、食欲は以前にも増して旺盛。
前日の検査食と当日朝の絶食で大幅に減少した体重もほんの束の間、ほぼもとに戻りつつあります。

せっかくの禁酒生活1週間、お医者さまの命令でもなければなかなか実行できないこの機会ですもの。
激しい運動は禁止なのでFITBOX(フィットネスバイク)は1週間の休暇申請を受け入れるとして、ならばいつも以上にお野菜をしっかり摂取した生活を楽しみましょうか。

今日のお昼はお野菜ばかりのライスバーガーと致しましょう。

20210304 00003.png


検査前ほど消化の良さに拘る必要はなさそうなので、パンの代わりのご飯にはいつものように十六雑穀、もち麦、押し麦、蕎麦の実を混ぜ込みます。

ですが少々の不安も拭えませんからね、冷凍してあった海老芋をたっぷりご飯に混ぜ込んでみました。
ほんの気休め程度ではありましょうが、消化が良さそうな海老芋で嵩増しを目論みます。

20210304 00005.png

焦がし醤油風味の海老芋ご飯の上には、ザワークラウトで酸味を添えます。
その上にはお肉不使用、高野豆腐やベジミート、ひじきたっぷりのたんぱく質気質なベジバーガー。
最近すっかり気に入って常備してあります、桃屋のきざみしょうがでパンチを添えます。

20210304 00004.png

そして止めの玉ねぎ、アボカド。
以上をしゃっきりレタスで大胆にホールド致しました。

・・・あら、ひじきやアボカドって、あまり消化が良くない食材でしたのね。
そう言えばレタスも食物繊維豊富だったかしら、そんなCM見た気が致します。
あらまぁ、後の祭り。

20210304 00001.png





  1. 海老芋は皮をむいて2〜3等分した状態で冷凍してありました。
    十六雑穀、押し麦、もち麦、蕎麦の実を混ぜ、お酒と白だし醤油を足していつもよりプラスα計量したお水を注いでひと混ぜ。

    凍った状態の海老芋を上に散らし、しばらくお米に吸水させましょう。
    30分もすると凍った海老芋も包丁で切れる状態に。
    小さめに切っていつも通り炊きましょう。

    海老芋を崩すようにほぐし、目玉焼きリングに詰めてバンズ風に成形します。

    20210304 00008.png20210304 00009.png


  2. 戻した高野豆腐をしっかり絞り、ミルで粗めに粉砕します。

    胡麻油で炒めて粗熱をとった粗みじん玉ねぎ、戻したひじき、ひき肉タイプのベジミート、刻んだマイタケ、卵、お塩を合わせてよく捏ねます。
    バーグ型にまとめ、ご飯のバンズと共に胡麻油を熱したフライパンで両面こんがり焼きましょう。

    20210304 00010.png20210304 00011.png
    20210304 00012.png


  3. つなぎが卵のみのベジバーガーは大変脆くデリケート、そっと扱いましょう。
    両面焼き色をつけたご飯の片面にさっとだし醤油を回しかけ、最後に醤油面をさっと強火で炙って香ばし醤油風味に。

    20210304 00006.png

    ここまで済ませば後は簡単。

    20210304 00013.png

  4. サラダスピナーでしっかり水切りしたたっぷりのレタス、形を整えながらワックスペーパーの中央に。
    焦がし醤油のご飯を置き、漬け汁を絞ったザワークラウト、ベジバーガーを重ねて、上には桃屋のきざみしょうがをたっぷりと。

    20210304 00014.png

    スライスしたたっぷりの玉ねぎ、アボカドを更に重ね、レタスで包みながらワックスペーパーで固定して出来上がり。

    20210304 00015.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





豆乳とにがりで作る簡略版手作り豆腐は我が家の定番です。
開封しなければ驚異の日持ちを誇る豆乳ですもの、我が家には最低3パックはストックしてあります。

豆乳に100分の1のにがりを加えてさっと混ぜ、湯せんで温めればフルフル豆腐の出来上がり。
出来立て熱々も美味しいし、ひと晩おいてぎゅっと肌理が詰まったものも抜群の美味しさ。
何もない、何も作りたくない、何を作るかまとまらない、そんな時はいつもこの豆乳豆腐。

・・・そんな豆乳豆腐、きっと消化も良いはず。
お弁当に持っていけないかしら。

20210304 00016.png

ぎりぎりかたまりました。
熱湯で温めたスープジャーにいつもの割合でにがりを加えた豆乳、しばらく蓋をしておいたあとでザーザイ、その他のトッピング。
もちろん桃屋のきざみしょうがもその一員、どれだけお気に入りなんだ、桃屋のきざみしょうが。

こうして悩んだ割にはその消化の良さを自慢するほどでもない、本日のお昼ご飯が完成致しました。

20210304 00002.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





ライスバーガーに使用したアボカドとスライス玉ねぎの残りは、もちろん朝食のしめ鯖に合わせます。
お弁当と違って海老芋を崩さない海老芋ご飯、炊き立てほんのりお醤油味は別格です。

20210304 00007.png

花粉症の本格発症を前に、昨日から主人の鼻うがい強化週間がスタート致しました。
ワセリンが良いと聞き、早速白色ワセリンを取り寄せたのもその一環。
幸い私は関係ありませんが、話の途中にそうそうティッシュを取りに行かれてはイメージぶち壊しですからね。





1週間の禁酒生活に伴い、ちょうど在庫がなくなったお洗濯用の柔軟剤を新調致しました。
ふわりと新しい香りのシーツでゆっくり眠る、主人に付き合っての禁酒生活とは言え、これもまた楽しくなりそうです。


w126-thumbnail2.gif
















posted by しんさん at 15:27 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

紅大根3兄弟の手まり寿司

本日のお弁当です。
可愛らしいでしょ?

20210212 00014.png

野菜をたくさん頂きました。

ひと抱えが大袈裟でない巨大な白菜は、色白な肌理がぎゅっと詰まってずっしり重いこと重いこと。
巻きが強い頑固そうな冬キャベツ、そうね、じっくり煮込んだポトフなんてぴったりなのではないかしら。


20210212 00001.png

そして何より心ときめく紅大根三兄弟。

20210212 00002.png

この断面、まるで着物の柄のような色鮮やかな紅大根三兄弟には私でなくともときめくはずです。

紅芯大根を以前甘酢漬けにしたら、縁のグリーンまですっかり紅色に染まってしまい少々不本意な思いを致しました。
この淡いグリーンと鮮やかなピンクのコントラストが醍醐味だというのにね。

20210212 00003.png

ならばと考え、それぞれの色合いを出来るだけ活かした紅大根三兄弟の浅漬け3種。

真っ赤な大根は甘酢漬けに。
紫の絣模様の子は自家製塩麴に細切りの柚子皮と昆布で漬け込みました。
そして紅芯大根は甘酒に漬け込んで色合いをキープ。

20210212 00013.png

色で楽しむ紅大根三兄弟の手まり寿司、作り置き料理も兼ねての色遊びです。

20210212 00012.png





紅大根はそれぞれ綺麗に洗って皮つきのままスライスしましょう。
それぞれをビニール袋に少々の葉っぱと一緒に移し、小さじ1程度のお塩を軽く揉み込みます。
ビニール袋の空気を抜いてしばり、冷蔵庫に半日置きましょう。

20210212 00004.png

しんなりしたらザルに移し、しばらくおいて自然に水切りをします。
真っ赤な大根は寿司酢、紫の大根は塩麴と千切りにした柚子皮と昆布、紅芯大根は甘酒(市販品です)と少々の鷹の爪を加えて漬け込みましょう。

20210212 00005.png

冷蔵庫で味がなじむまでおけば紅大根3兄弟の浅漬け3種、はい、出来上がり。

20210212 00016.png

十六雑穀、もち麦、押し麦、蕎麦の実を合わせてご飯を炊き、寿司酢・アボカド・蒸し大豆を加えてカサ増しを図ります。
大きめにカットしたラップにそれぞれの大根を置いてご飯を盛ります。

20210212 00017.png

きゅっと握れば出来上がりです。

20210212 00015.png








table_s.gif





自然と頬が緩んでしまいそうなお弁当。

20210212 00009.png





紅大根3兄弟と一緒に頂いた菜花は和え物に。

胡桃・白胡麻・昆布をアルミホイルにひろげ、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストしてミルで粉砕。
菜花はお塩を加えた熱湯でさっと茹でたら、醤油洗いをして食べやすく切りそろえましょう。

で、和えれば出来上がり。

20210212 00007.png20210212 00008.png
20210212 00006.png






あまりに可愛いので真上からも。
完全な手前味噌ですね。

20210212 00010.png





table_s.gif





今日のお味噌汁はいつも以上のボリュームです。

我が家では休日のお昼はアルコールタイム。
昨日は祭日でしたからね。
久しぶりにカリフォルニアのピノを主人が選びました。
茶色い皮を残したままじっくり圧力鍋で加圧したとろとろ玉ねぎのスープ、そしてシンプルなチキンソテー、ワイン、いつも通り良い休日でありました。

その皮つきで煮た玉ねぎの煮汁、これがまた美味しいのです。
そう、本日のお味噌汁はその煮汁と玉ねぎを有効利用したお味噌汁。
お味噌は普段の半分以下でも旨味がぎゅっと凝縮しております。

20210212 00011.png

主人がまた冷凍のしめ鯖を吟味しております。
そしてどうやらお気に入りのしめ鯖に狙いを定めた模様。
冷凍庫がいくつあっても足りません。

どぅみ(私のことです)は塩サバが好きなんだもんね。
ごめんね、じゃ、しめ鯖15匹に塩サバ5匹、これなら良いよね。

・・・なんか違う。
・・・そもそも違う。

さ、今宵のお酒は何かしらね。



03013-thumbnail2.gif



ラベル:紅大根
posted by しんさん at 14:14 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

下仁田ネギ初収穫〜ネギふんだんな高野豆腐サンド

暖かな週末でした。
それと打って変わり、昨晩就寝時から唸っておりました強風が今日は冷たそうなこと。
月曜朝のゴミ捨てまで主人にお願いしているので、あくまでも想像の寒さではありますが寒そうです。
北向きの主人の部屋では、足元ポカポカのPTCヒーターが今日も懸命に首を振っております。

さて。
週明け月曜日のお昼ご飯は、我が家ではすっかり定番となりましたロカボな高野豆腐サンドですよ。

20210208 00010.png

パンの代わりに高野豆腐を使った、その名の如く高野豆腐サンド。
アボカドの質が残念だったのはまぁこの際良しと致しましょう。
何と言っても、今日の主役はこちら、種から育ててようやく収穫に漕ぎ付けた“下仁田ネギ”なのですから。

20210208 00003.png

初めての挑戦、自家栽培の下仁田ネギ。
ひと足はやく収穫した九条ネギとは風格が全く異なる絶大な存在感です。
すき焼きにしようか、それともシンプルにローストして食べようか、いろいろ悩んだ結果、シンプルなフライと相成りました。

ほんのりお塩を効かせただけのシンプルな・・・
のつもりでおりましたが、つい初めての収穫に高揚したのでしょう。
下仁田ネギを下仁田ネギで巻いて、更に海苔で巻いた下仁田ネギふんだんな下仁田ネギのフライになってしまいました。

アボカドと一緒に高野豆腐でこんもりサンドします。

20210208 00008.png

色鮮やかなアボカドグリーンとのコントラストを期待していたのですが、まさかのアボカド黒ずみ劣化が判明。
それでも諦めずねじ込んでしまうところが私らしいと言えばらしいのです。

ただひとつ確実なこと、下仁田ネギは他のネギとは全く別の風味、流石ネギの王様である、ということでしょうか。

20210208 00009.png






自家栽培の下仁田ネギです。

20210208 00011.png

少しでも食べやすいよう、そして火の通りが良いよう、白い部分には切り込みを入れておきました。
これで少々曲がった素人の下仁田ネギも真っ直ぐになってくれますからね。

青い部分を開き、白い部分にくるくると巻きつけて海苔で固定し爪楊枝で留めます。

20210208 00012.png

米粉・炭酸水・日本酒・お塩・極少量のレモン汁を合わせて衣を準備し、ネギ全体に絡めたらパン粉をたっぷりまぶしましょう。

20210208 00013.png20210208 00014.png
20210208 00015.png


低温でじっくり揚げれば、下仁田ネギふんだんなネギフライの出来上がり。

20210208 00016.png

網の上でしっかり油を切ってから爪楊枝を取り除きます。

20210208 00004.png






高野豆腐はぬるま湯で芯がないよう戻してから、両手でしっかり挟むようにして水気を絞り厚さを1/2にします。
グリルパンに胡麻油をしっかりぬり込み、こんがり焼き色がつくまで強めに焼きましょう。

内側にマヨネーズと自家製塩レモンペーストをぬり、軽くつぶしてレモン・塩したアボカドをたっぷりと。
ネギフライを断面を考えながら中央にのせましょう。

20210208 00017.png

高野豆腐を重ねて形を整えながらラップできっちりと包みます。

20210208 00018.png

しばらくおいて具がなじんだところでワックスペーパーで包みなおし、ワックスペーパーごと半分に切って出来上がり。

20210208 00019.png






table_s.gif





いかにも『簡単でしたよ』風に備忘録してはおりますが、アボカドが黒ずんでいたり、下仁田ネギのヌルヌルが強烈でネギをネギで巻くのに難儀したり、お菜を拵える時間などあっという間になくなってしまいました。

なので週末拵えておいた作り置き料理に頼ります。

20210208 00001.png





畑の師でもある母親のボーイフレンド。
彼が栽培しておりましたスティックセニョールがこの陽気で菜の花を芽吹き始めました。



了承を得て菜の花を摘ませていただいたので、早速お浸しに。
さっと湯がいて醤油洗いをしたら、合わせ調味料に浸すだけ。
お出汁・お酒・白だし醤油を合わせてひと煮たちさせ冷ましたところに浸す、琺瑯容器は本当に優れものです。

20210208 00006.png






お買い得価格になっていた金柑をイオンさんに届けて頂いたので、こちらは圧力鍋を使った簡単な蜜煮に。

綺麗に洗ってヘタを除いたら、頭とお尻、そして側面に3か所ほど、計大体5か所を爪楊枝で突いて味のなじみをよくしましょう。

金柑300g弱に対し、蜂蜜 90g・みりん 大さじ2・お酢 大さじ1を合わせて良くなじませ、圧がかかったらひと呼吸おいて火を止めます。
そのまま粗熱が取れるまで放置して出来上がり。

20210208 00007.png

少々形は崩れましたが、金柑と菜の花、ふたつ並んだこの愛らしさに目を細めるのです。

20210208 00005.png






table_s.gif






週末、イオンさんに卵を届けて頂いたので今朝は主人お待ちかねの釜玉うどんですよ。
今朝は桃屋のきざみ生姜を乗せたささやかな豪華版。

20210208 00002.png

お味噌汁の下仁田ネギが抜群の存在感を放っております。
もちろん朝は揚げたてカリカリのネギふんだんな下仁田ネギフライ。





先ほどイオンさんが玉ねぎを届けてくれました。
玉ねぎ5キロを100円で届けてくれるイオンさん、いまや実店舗に通っていた過去が不思議でなりません。

さ、主人が帰宅する前に玉ねぎをワインセラーの中に片付けましょう。



2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 15:10 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする