2022年03月15日

ライスバーガー風・オートミールバーガー〜豚の角煮ver.

昨日、主人が『豚バラブロック肉』を沢山買って帰宅致しました。

鶏ささ身肉と一緒に、豚バラブロック肉が1個、2個、3個。
昨日、久しぶりに焼いた『カヌレ』の大撃沈に落ち込む私を思ってのことでしょうね。
とても主人らしい励まし方に少々笑ってしまいました。

冷凍庫は主人が取り寄せた干物で満杯ですが、よしっ!きっちり片付けて豚バラブロックを1本、手に取り早速お料理。
豚の角煮のライスバーガーなどいかがでしょうか。

20220315 00006.png

・・・なんてね。
近頃いよいよ主人のことを笑えなくなってきました、私も含めた悩みの種、体重増加。
ライスバーガーって意外とご飯を多く使うのよね、それがたとえボトムだけのライスバンズでも。

なのでふと思いつきました。
最近よく耳にする『オートミールの米化』
オートミールで拵えるお結びがあるのなら、オートミールでライスバーガー風のライスバンズも出来るのでは?と。
出来ました、ライスバーガー風のオートミールバーガー。

20220315 00004.png

ライスバーガーみたいに成形したオートミールの上に、角煮の煮汁に漬け込んだ卵とトロトロ角煮。
いつものように、やわらかな春キャベツで包んで嵩増しを謀ります。

20220315 00005.png

オートミールに大豆やミニトマトを合わせ、電子レンジで数分加熱。
ライスバーガー用にご飯を炊くより、ぐっとお気軽、ぐっと簡単。
体重への効果は存じませんが、これは簡単でよろしい、登場頻度向上は決まりです。

20220315 00007.png





  1. 先ずは、何はさておき豚の角煮を拵えましょう。
    もちろん圧力鍋で。

    生肉を切るのが苦手なので、先ずは1本そのままたっぷりのお水と一緒に強火にかけてひと煮たち。
    ぬるま湯で全体をそっと洗ったら、お好みの大きさに切り分けます。
    極少量の胡麻油で、お肉全面をしっかりと焼き付けましょう。

    しっかりと全面焼き付けた豚肉は、キッチンペーパーの上に並べて脂をしっかりと落としておきます。

    20220315 00008.png20220315 00009.png
    20220315 00010.png


  2. お水・お酒・お醤油・みりん・オイスターソース・極少量の黒酢とナンプラーを圧力鍋に合わせ、よく混ぜておきます。

    油抜きした豚肉・面取りした大根を圧力鍋に合わせ、ネギの青い部分・細切り生姜をたっぷり加えて加圧すること15分。

    20220315 00011.png

  3. 加圧料理中にオートミールの準備。
    以下の分量ですと、ふたり分のオートミールバンスには少々多過ぎましたので次回は量を検討。

    オートミール 60g
    お水 85g
    半分に切ったミニトマト・蒸し大豆(市販品) 各適量

    以上を耐熱ボールに合わせてよく混ぜ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。
    全体をざっくりと混ぜ、再度ふわりとラップをして1.5分間のレンジ加熱。

    あら、噂通り本当にご飯のようになりましたよ。
    千切り大葉・白胡麻を加えて混ぜ込みます。

    20220315 00013.png20220315 00014.png
    20220315 00012.png


  4. 目玉焼きリングにラップを敷き込み、オートミールを成形します。

    20220315 00015.png

    圧力鍋の方は、既にトロトロの角煮が煮上がっております。
    オートミールの表面に、角煮の煮汁を刷毛で叩くようにぬりましょう。

    20220315 00016.png

    オーブンでこんがり焼きます。
    焼くと、表面がカリッとして崩れにくくなるので持ち運びも安心。

    20220315 00017.png

  5. 保存容器に茹で卵を並べ、出来上がった豚の角煮を煮汁ごと移しましょう。

    太めの生姜は私の為、明日の日本酒のよい肴になるでしょう。
    主人はもちろん角煮を楽しみにしていることでしょう。
    ふたりの好みが異なるって平和。

    20220315 00018.png

  6. ワックスペーパーの上に、しんなりするまでレンジ加熱した春キャベツの水気をしっかり抑えてひろげます。
    オートミールバンズを乗せ、輪切りにした漬け卵、たっぷりの粒マスタード、角煮を重ねます。

    20220315 00019.png

    キャベツでくるりと巻きましょう。

    20220315 00021.png

    更にワックスペーパーでくるりと巻いて出来上がり。

    ご飯で作るライスバーガーより、圧倒出来に短時間で出来ちゃうオートミールバーガー。
    これは良い知恵をつけてしまった。

    20220315 00020.png






w-line84-thumbnail2.gif





という訳で、冷凍庫のお片付けに勤しまなければなりません。
先ずは細かいところで、下茹でして冷凍してあった『めかぶ』に白羽の矢。
ささっとめかぶスープなど拵えました。

20220315 00003.png





お出汁、凍ったままのめかぶ、ついでに冷凍してあるなめこ、ネギ、調味料をお鍋に合わせてひと煮たち。
極少量残ってしまったオートミールご飯も加えてしまおう。
全体に火が通ったら、冷凍アサリを加えてひと煮たち、ハイ出来上がり。

ジャーに移し、刻んだ柚子の皮、白胡麻をひねります。

20220315 00022.png






ライスバーガーより簡単、オートミールバーガー。
オートミールの米化って、本当だったのね。

20220315 00001.png





w-line84-thumbnail2.gif





朝食の主食も、実はオートミールにしようかとも思っておりましたが時間不足。
そもそも主人が悲しい顔をすること、火を見るよりも明らかですものね。
何事もやり過ぎは逆効果。

20220315 00002.png
なので今朝は、主人大好きな釜玉うどんに致しました。
お魚は、火曜日ですのでアボカド・しめ鯖・スライス玉ねぎの組み合わせ。
今の時期は新玉ねぎで楽しめる貴重な時。






最近、月・火と二日連続で禁酒の日を設けることと致しました。
すこぶる睡眠の質も良くなり、体調もまずまず。

週末、ちょっと調子にのって飲み過ぎてしまう傾向にある我が家ですもの、意外と主人も私も習慣に流されていただけだったことに気付きます。
その分、週に4日の飲酒の日が楽しみですが。
もちろん明日は角煮と共に。


illust-flower2-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:25 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月14日

衣替えの月曜日

何気なく、今週分の作り置きお惣菜の画像で始まる1週間。
明け方の春の嵐、窓をたたきつける強風と雨で一瞬だけ目を覚ました今日は月曜日です。

20220314 00003.png

今朝の天気予報をそのまま受け取り、それ衣替えだと大張り切り。
裏起毛のフリース割烹着を着替え、背中の開いたいわゆる胸当てエプロンに着替えたら背中がスースー寒いこと。
足元は相変わらず小型のセラミックヒーター、北向きの主人の部屋はそれなりに寒いことに今更ながら気付きました。





それにしても今日は何かと失敗の多い日。
高野豆腐を煮ればパサパサに仕上がるし、何よりこれ。
何年かぶりに焼いたカヌレ・・・の焼成前の姿です。

20220314 00004.png

生地も24時間きっちり寝かせ、バターも型に厚めにぬって工程を進めたハズだったのですが。
以前懲り懲りした焼成中の噴火も穏やかで、シメシメとオーブン越しにほくそ笑んでいたのですが。

悦に入る私のふと頭をよぎった不安が的中してしまいました。
これで型から抜けなかったら悲惨だな、と。

あまりにショックで自嘲する気にもなりません。






line77-thumbnail2.gif







誇らし気な顔でカリカリのカヌレを主人に持たせる予定が、とんだ番狂わせです。
それでも、以前お土産で持たせて頂いた筍ご飯(☆彡)を今朝は朝食にするつもりでおりましたので助かりました。

朝食のお茶碗に盛る筍ご飯を少し減らして、お弁当箱に詰めます。
悪気なく派手に崩れたカヌレを横目に見ながら。

20220314 00002.png






line77-thumbnail2.gif






先週、早春の山菜を頂きにお邪魔した大和さん。
持たせて頂いた筍ご飯、自宅についてもまだほんのり温かかったので即冷凍致しました。
自然解凍して、お酒をしゅっとひと吹きふって温め直せば、大和さんのあの美味しい筍ご飯がおうちの食卓で。

20220314 00001.png

最後だと思っておりました西京漬けが数切れ、冷凍庫の奥から発掘されました。
金目の西京漬けと筍ご飯、今日の陽気にぴったりな組み合わせです。





金目とは思えないくらいの焼き色ですが。
どうも今日は物事があまりうまくいかないようです。

午後からの行動は慎重に。
そして今夜は出来るだけ早く寝てしまおう。
明日に備え、目標は8時就寝です。

2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif















posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月07日

めかぶとオートミールのダイエットランチ

雨にたたられた先々週の日曜日。
久しぶりに畑作業が中止になり、のんびりした午前を過ごしました。

雨にたたられた先々週の日曜日、今週こそは畑に行ってネギを掘ってこよう。
そう張り切って主人とふたりつなぎに着替え、車に乗り込んだ途端フロントガラスには大粒なみぞれ。

畑作業を中止して近所のマックスバリュに向かい、お買い物を終えてひろがる青い空、なかなか思うようには参りません。

今朝は最近主人共々少々増え気味の体重対策として、オートミールをお昼に選びました。

20220307 00003.png

昨日、マックスバリュの店頭で見かけて即お買い物カゴに収めた今シーズン初の『生めかぶ』
刻んでたっぷり、オートミールと一緒にスープジャーに詰めました。

オートミールと一緒に、何気なく赤目芋も潜んだ和風寄りのオートミールジャーランチ。
週明け月曜日、今日は軽いお昼と参りましょう。





  1. めかぶを茹でます。

    茎の部分は刻まず長いまま、めかぶ部分は細切りにしてたっぷりの熱湯でさっと茹でましょう。
    さっと色が変わる程度に茹でたら冷水にとる、そうお料理本にはありますが、水っぽくなるのがイヤなので団扇で扇いで冷まします。

    茎わかめの部分は、細切りにして甘酢漬けに。
    細切りにしてザルに入れたまま、熱湯にくぐらせるように茹でためかぶ部分。
    これを更に刻むのは意外と大変、あっさりミルの力を借ります。

    20220307 00005.png

  2. 面取り人参と大根の切れ端を刻み、さいの目セロリと合わせてスープストックでさっとひと煮たち。
    お塩・オイスターソース等で軽めに味付けをしておきましょう。

  3. スープジャーは予め熱湯を注いで温めておきます。
    熱湯を捨て、オートミールをスプーンに3倍ほど、そして調理済み・味付け済みの赤目芋と大豆(☆彡)

    2を熱々の状態で注いだら、刻んだめかぶ・すりおろしたペコリーノロマーノ・からすみパウダー(☆彡)等を添えて出来上がり。
    急いで蓋をし、お昼は熱々トロトロのオートミールスープを楽しみましょう。

    20220307 00006.png20220307 00007.png
    20220307 00008.png







w-line81-thumbnail2.gif





月曜日ですので、今週分の作り置きお惣菜を準備します。

20220307 00004.png

緑ががったカリフラワーは、近所のマックスバリュの地元産野菜コーナーから。
ブロッコリーに比べて人気があまりないのがお気の毒。
さっと茹でて、塩麴和えにします。

最近すっかりお気に入りの芽キャベツ、今週は干し貝柱と干しシイタケ風味の煮浸しに。
圧力鍋で1分加圧するだけ。

先週拵えたロールキャベツは、お好み焼きソースのお片付け料理でした。
その煮汁で鶏手羽肉を煮て徹底お片付け。

茎ワカメも入った野菜の甘酢漬け。
塩してしんなりした人参、セロリ、カリフラワーの軸部分等々、干しシイタケと昆布を合わせてひと煮たちさせた甘酢を冷まして漬けこみます。
アジフライに添え、今週のいつか南蛮漬け風に整える目論見で。





出来上がった今週分の作り置きお惣菜。
ちょちょいと詰めて主人に持たせます。

20220307 00001.png





w-line81-thumbnail2.gif





今朝の主食はおから寿司、先週拵えたもの。
具沢山のお味噌汁で食欲を満たします。

20220307 00002.png

月曜日のお魚は『ちょっと甘いもの』が週間ルーティン。
西京漬けの在庫がなくなった今、先日主人が取り寄せた『鰆のみりん干し』が並びます。

いつもならば、ひっくり返さずグリルパンで仕上げる焼き魚。
先週焼いたみりん干しの焼き上がりが腑に落ちず、今朝は先ずは皮面上で強火、その後ひっくり返して弱火でじっくり。
もちろん焼く前の日本酒ひと吹きも忘れずに。
驚くほどふっくらと焼き上がりました。





今週から、今まで火曜・木曜だけだった禁酒ディを月・火・木用の3日間に増やす案が突如浮上致しました。
金・土・日と規制なく楽しんだお酒を月曜日で落ち着かせ、火曜日もう1日労わる、と。
飲酒の連続はあるのに、禁酒の連続がないことに気付いた主人の提案。
そして月曜の夜はゆっくりと良い映画を見る、と。





明日は春の味を楽しみに、久しぶりのお出かけですよ。


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:53 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

極細きんぴらごぼう〜高野豆腐サンド編

今日のお昼は久しぶりの高野豆腐サンドウィッチです。
パンの代わりに高野豆腐を使った小さな小さなサンドウィッチ。
体重の高値固定が続く主人と私にとって、僅かばかりの期待も込めてのお昼です。

20220302 00003.png

2ヵ月以上待った調理器具が、昨日ようやく届きました。
業者さんから出荷完了のメールを頂いた時は小躍りするほどのお待ちかね、その名も『スーパーベンリナーNo.95』

お刺身好きの主人が、自分で買ってきたお刺身をつま無しで頬張る横顔が歯痒くて。
かと言って、自ら名乗りを上げ得意気に大根のつまに挑戦したら惨敗で。

色々検索した結果『ベンリナー』に辿りつくも、注文後まさかの業者さんからメーカー欠品中、再入荷は未定とのご連絡。
半ば諦めておりました頃の嬉しい知らせ。
届いたお品のサイズに少々驚きましたが、もうつまよりなにより使ってみたくてウズウズ。

20220302 00005.png

きんぴらごぼうを拵えようと買ってあったゴボウ、つま用の替え刃を使って『極細きんぴらごぼう』にしましたよ。
昆布だしで戻した高野豆腐をバターで焼いて、アボカドと一緒にたっぷりサンド。

お腹の満たされ具合もちょうど良く、何より極細のきんぴらごぼうがこの手軽さにまた小躍り。
少々コツがいる様子ですが、小ぶりなまな板サイズのスーパーベンリナー、優れものです。

20220302 00004.png





  1. 高野豆腐は昆布と一緒に戻します。

    20220302 00006.png

    袋の裏書通りに戻したら、両手で挟んでしっかりと水気を絞り厚さを半分に。

    20220302 00007.png

    少量の発酵バターで両面焼いておきます。

    20220302 00008.png

  2. 実は、高野豆腐を戻している間、フライパンを使う前にささっと一品。
    主人が『生臭くて塩からいから捨てて』こう言い放った『からすみ』

    昨日の『からすみうどん』を目を細め頬張っていたのは記憶に新しいところ。
    以降はボッタルガ風に使いましょう。
    フライパンで両面さっと色が変わる程度に焼いたら網の上で冷まし、一気にミルで粉砕します。

    20220302 000013.png20220302 00014.png
    20220302 00015.png


  3. からすみを焼いて、高野豆腐を焼いて、ここでようやくきんぴらごぼうの出番です。

    つま用の細刃を使って人参とゴボウをスライスしたら、後は普通にきんぴらごぼうに仕上げます。
    隠し味のオイスターソース、仕上げの胡桃は私の定番。

    高野豆腐を戻すのに使用した昆布は細切りにして加えました。
    加えて、今日はカサ増しにしめじなど。

    20220302 00009.png

  4. こんがり焼いた高野豆腐が冷めたら、表面に極薄くマヨネーズをぬりましょう。
    パンのように水気を吸っても問題ないので、極少量で大丈夫。

    大葉を並べ、アボカドを並べ、からすみをふりましょう。

    20220302 00010.png

    お待ちかねの極細きんぴらごぼうをたっぷりと。

    20220302 00011.png

    ワックスペーパーできっちりと包んだら、ペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。

    小さな小さな高野豆腐サンドウィッチ。
    少しでも増えたままの体重を良い方向に導いて下さい、そんな勝手な願いを込めて。

    20220302 00012.png





line60-thumbnail2.gif





初めてのスーパーベンリナーの取り扱いに悪戦苦闘しておりました。
今日のお菜は、作り置き料理を詰め込んで、ハイ、おしまい。

20220302 00002.png





line60-thumbnail2.gif





今朝の主食はひじき粥です。
高野豆腐を戻すのに使用した昆布だしを使って、ストウブでことこと30分ほど。

仕上げにたっぷりからすみを。
ほら、主人が美味しそうに嬉しそうに頬張っていますよ。

20220302 00001.png

金太郎イワシの在庫がなくなって随分経ちます。
今週末にまとめて届くそうですが、惰性で注文したイオンネットスーパーのイワシがなかなかどうして美味しい。





その大きさに少々主人は引いておりましたが、スーパーベンリナー、主人のお刺身が待ち遠しい。
・・・私が食べるのはつまだけですけどね。


illust-moon-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:46 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月28日

胡麻胡麻しい水菜ご飯〜圧力鍋三回転

いざ畑に行こうと準備を始めると突然雨が降り出したり、色々と予定通りにならない日曜日でした。

ですが、日曜限定の畑作業とはいえ少々億劫に思い始めた昨今。
畑作業が中止になり、ホッとしながらマ−姉ちゃんを見ている自分が歯痒くもあり複雑なのです。

日曜午前の畑作業が中止になった分、近所のマックスバリュで今週分のお買い物。
イオンネットスーパーさんで品切れだったもの、在庫食材に合わせる食材、実店舗でのお買い物はまたそれはそれで楽しい。
今週分の作り置き料理を拵えながら、朝食やお弁当の準備を同時進行で。

2022028 00004.png

わっさりと袋に詰まった水菜に心惹かれました。
胡麻油とひねり胡麻のダブル胡麻使い、とても胡麻胡麻しい水菜ご飯を先ずはちょちょいのチョイ、と。

2022028 00005.png





何てことない。
圧力鍋で炊いた炊き立てご飯、ほっくりとほぐしたら、刻んだ水菜をたっぷりと上に。
白胡麻をひねって、お醤油をほんの数滴。

煙が出るくらいにしっかりと熱した胡麻油を上に回しかけ、さっくり混ぜ込んで出来上がり。
水菜のシャキシャキ感と胡麻の風味。
圧力鍋ならば加圧3分でご飯の炊き上がり、実に頼もしい存在です。

2022028 00006.png





w-line81-thumbnail2.gif




実店舗で買ってきたのは、鶏もものひき肉と鶏の手羽中肉。
・・・鶏ばかりですね。

『手羽もと』が良いという主人をするりと無視して選んだ手羽中肉は、甘酢漬けらっきょうのお片付け料理に使いましょう。
そして鶏もものひき肉はロールキャベツ、お正月の名残でもあるお好み焼きソース、そして極少量残った赤ワインのお片付け料理です。
どちらも圧力鍋を使ってちょちょいのちょい。

2022028 00002.png





甘酢に漬けこんだらっきょう。
もちろんらっきょうそのものは食べてしまったのですが、その漬け汁がまだ100t弱残っておりました。
あと数ヵ月もしたら今年のらっきょうを漬けることですし、お片付けには良い頃合い。

  1. 甘酢漬けらっきょうの漬け汁と、同量のお酒を圧力鍋に合わせ、お醤油とオイスターソース、隠し味のナンプラー。
    みりんやお砂糖は使いません、この漬け汁自体がしっかり甘いので。

    しっかり混ぜたところに、皮面を下に鶏手羽中肉を並べましょう。
    生姜もたっぷり散らしたら、加圧すること10分間。

  2. 保存容器には、グリルでこんがり焼き色をつけたぶつ切りネギ、そして食べやすく切った大根葉。
    ・・・紅芯大根の葉っぱだったかな?
    さっとかために下茹でし、しっかり絞った状態で冷凍しておきました。
    半解凍の状態で切り、ネギと一緒に保存容器にスタンバイ。
  3. 圧が抜けたら蓋を開け、再加熱しながら熱々の煮汁を保存容器に取り分けます。
    圧力鍋にはひたひた程度の煮汁を残して煮詰めます。

    2022028 00007.png2022028 00008.png
    2022028 00009.png


    圧力鍋の煮汁が殆どなくなるまでしっかり煮詰めたら、しっかり味がしみた鶏手羽肉も保存容器に移しましょう。
    胡麻をひねって出来上がり。

    らっきょうがひとつだけビン底に残っておりました。
    具が減ってきたら、ゆで卵を加えて漬けこむと致しましょう。

    2022028 00010.png



w-line81-thumbnail2.gif



圧力鍋でご飯、手羽中と活躍してもらった後。
まだまだ、最後は鶏ももひき肉を使ったロールキャベツ。
春キャベツと聞くだけで、ついぽちっとしてしまう、前世は絶対アオムシな私です。
お正月に食べたお好み焼の名残、お好みソースをこれでお片付け致します。

  1. 春キャベツはしんなりするまで電子レンジ加熱します。
    分厚い芯の部分を削ぎ切りにし、刻んでおきましょう。

    人参は面取りし、切れ端をこちらもまた刻んでおきます。

  2. 刻んだ人参とキャベツの芯、刻み玉ねぎ、戻した干しシイタケも刻んでここに合わせます。
    嵩増しの為、戻したミンチタイプのベジミートも合わせましょう。

    鶏ももひき肉、すりおろしたナツメグ、エルブ・ド・プロヴァンス、お塩を合わせ、しっかりと捏ねましょう。
    キャベツでしっかり巻いておきます。

  3. 圧力鍋にお水・赤ワイン・お好み焼きソース・トマトペースト・お塩・オイスターソース等々合わせ、少し加熱してしっかり煮汁を混ぜておきます。
    巻き終わりを下にしてキャベツを並べ、隙間を面取りした人参で埋め、加圧すること10分間。

    ・・・は長すぎました。
    5分でも良かったかしら、春キャベツですものね。

    2022028 00011.png2022028 00012.png
    2022028 00013.png







w-line81-thumbnail2.gif





今朝は圧力鍋が三回転、とても頑張ってくれました。
やわらかくなり過ぎたロールキャベツ、細心の注意を払って半分に切りお弁当箱に詰め込みます。

2022028 00003.png





水菜ご飯のほかに、もう一品、水菜を使った本当に簡単なお浸しを。
保存用の琺瑯容器、直火にかけられる琺瑯容器は本当に便利。

だし汁・白だし・お酒・みりんを琺瑯容器に合わせてひと煮たち。
油抜きして細切りにした油揚げも加えましょう。

再度煮立ったら、ざく切りにした水菜を根本の方から加えます。
しんなりしたら次、しんなりしたら次、と容器に入るだけ入れたら、最後は冷凍アサリを散らしてひと煮たち。
火を止め、冷めて味がなじめば出来上がり。

2022028 00014.png2022028 00015.png


イオンさんの冷凍アサリ、冷凍庫に必ず鎮座している食材です。
イオンネットスーパーさんでは品切れが多いのが残念。







w-line81-thumbnail2.gif





主食の水菜ご飯、胡麻の風味に休日明けのおつむも目を覚まします。

お魚は『銀ひらす』の西京漬け。

2022028 00001.png

在庫の西京漬けはこれで最後。
最後の西京漬け、焼き具合はまずまずといったところでしょうか。
朝食の準備中、はしゃぐ主人のお喋りに付き合って、いつもついつい焦がしてしまっておりましたから。






主人はいつも以上に元気に出勤していきました。
お弁当バッグ片手に。
今日はお魚屋さんい寄ってくる、と。
『からすみ』を買ってくるんだ、と。

先週店頭にあったという『からすみ』
いつもの流れだと、今日に限って売り切れ、とか、ね。

col36-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 15:11 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする