2019年10月15日

酒盗とアボカドの軍艦巻き〜鰹の酒盗 お片付け強化週間

毛布一枚では肌寒かった昨晩。
ようやく例年通りの秋めいた陽気になってきたようです。
主人が帰宅したら畑に向かい、多少ならずとも台風の影響を受けたであろう野菜らの土寄せを施すつもりでおります。

さて。
今週最初のお弁当は軍艦巻きです。

20191011 00003.png

お土産で頂いたサフランを積極的に使用した先週に続き、今週お片付け強化に選んだ食材はこちら。
鰹の酒盗です。

20191011 00006.png

いつも鰹のなまり節を取り寄せする三重県の“キホクニヤ商店”さん。
お取り寄せは主人の担当なのですが、たまにこうした変化球を望むから困ったものです。

酒盗、日本酒好きならば心惹かれるのも無理はありません。
私も日本酒好きの端くれですもの、よーく分かりますよ。
でもこの酒盗、ちょっとね、お塩が効き過ぎていてね、まるで岩塩をそのまま食べているようなイメージ。
しかも私、言うほど所謂“珍味”を好んで食べないのを承知の助で取り寄せた主人。
その主人ですら、この塩辛さには閉口したようで・・・

ですがこの塩辛過ぎる鰹の酒盗、アボカドと合わせて軍艦巻きにしたらこれがまぁ美味しい。

20191011 00004.png

酒盗があまり得意でない私にとって、よくある“お豆腐+酒盗”や“クリームチーズ+酒盗”はまだまだ受け入れ困難。
ですがこの“アボカド+酒盗”、これは美味しい、喜んで受入れます。

20191011 00005.png

という訳で今週は鰹の酒盗お片付け強化週間。
はてさて今後はどんな酒盗料理をひねくり出すか、我ながら少々楽しみです。





◆作り方(・・・と言う程でもありませんが)
  1. 十六雑穀を混ぜて普通にご飯を炊きます。
    最近気に入ってよく炊くホエー(ヨーグルトから出た水分)を少し混ぜて炊くご飯は、相変わらず艶々モチモチです。
    今朝はホエーがあまり出ておらず、ヨーグルトそのものをお水に少し足して炊飯しましたが、効果は健在、艶々モチモチです。

    酢飯にし、小さな俵型にラップを使って整えておきましょう。

    20191011 00015.png

  2. 海苔を細長く切って軍艦巻きにし、巻き終わりに糊代わのご飯をひと粒つけて留めます。
    刻んだ紫玉ねぎ、寿司酢をからめたアボカド、そして酒盗を盛りつけて出来上がり。

    20191011 00010.png







table_s.gif





今週も作り置き料理を色々仕込んであります。

程よい大きさのイワシが手に入ったのでイワシのお酢煮も拵えておきました。
主人お気に入りの煮なますも忘れずに。

水茄子?と思うくらいミニサイズのお茄子は、ヘタを坊ちゃんのように残して丸ごと煮物に。
万願寺唐辛子とアスパラの煮浸しは今シーズン何度拵えたかしら、お気に入りです。

20191011 00001.png

ちょっと目を引くのが右上のピンク色の一品ではないかしら。
これ、ゆり根です。
以前拵えた“ゆり根花びら”をリメイクしたゆり根の葛寄せです。





  1. ゆり根花びらはこの日拵えたもの ⇒ ☆彡2019年10月07日
    つけ汁とゆり根に分け、先ずはゆり根を圧力鍋で2分蒸します。

  2. つけ汁に葛粉を加えてよく混ぜ、豆乳で程よくのばします。
    ここに蒸したゆり根を加え、バーミックスで滑らかに攪拌しましょう。

  3. 中〜弱火でぽってりと煮詰め、容器に移します。
    容器の底を数回叩いて表面を平らにならし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしかためて出来上がり。

    20191011 00016.png20191011 00017.png
    20191011 00018.png




主人のお弁当には軍艦巻きに添えてしまったゆり根の葛寄せ。
この組み合わせ、実のところはどうだったのかしら。

20191011 00009.png





table_s.gif





ヨーグルトと炊き込んだ艶々モチモチご飯に添えたのは、紫蘇の実の醤油漬け。
これ、本当に美味しい。
忘れない為にも備忘録しないと。

20191011 00007.png





  1. 大きめのボールにたっぷりのお水を張り、茎についたままの状態で丁寧にそっとふり洗いをします。
    しっかり水切りをし、指先でしごきながら実を外しましょう。
    小ぶりなので葉っぱも一緒に。

    アクで爪先が真っ黒になります、手袋は必須。


  2. ビニール袋で適量のお塩と合わせ、軽く揉み込んで2〜3日冷蔵庫へ。
    お塩の量は浅漬けのお塩量といったところでしょうか。
    今回は小さじ1/2強といったところ。


  3. 大きめのボールにたっぷりと水を張り、塩漬けしたしその実をここに移します。
    5〜6分おいて塩抜きをしましょう。
    ひとつつまんでみて、少しお塩が効いている程度に塩抜きをします。

    20191011 00012.png20191011 00013.png
    20191011 00014.png



  4. 醤油 90t
    米酢 大さじ3
    みりん 大さじ2
    乾燥鷹の爪 適量

    を合わせてひと煮立ちさせて冷ましておき、水をしっかり切ったしその実をつけ込みます。
    2〜3日で美味しく食べられますが、1週間以上おくと更に美味しくなりますよ。

    20191011 00011.png




今週はなめこのお味噌汁でスタート。
相変わらず茄子もたっぷり入っておりますが、そろそろ茄子もいよいよ終盤です。

20191011 00008.png

さ、主人が帰宅しました。
畑の状況はいか程でしょうか。
タイミング良く、先程アーティチョークの苗も届きました。
他の苗と一緒に植えて参りましょう。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 14:11 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

サフランライスコロッケ・パエリア風〜揚げないお手軽ver.

スペイン土産に頂いたサフラン、言うまでもなく高価なスパイスです。
自ら購入して使う機会もあまりないサフランですので、これで何を拵えようかと華やかなサフランの風味同様心も華やぎます。

今週はサフラン週間。
サフランライス、コーニッシュ・サフラン・ケーキ、サフランオートミールプディングと続いた本日木曜日。
サフランライスコロッケなどいかがでしょう。

20191010 00001.png

まん丸なコロッケの中身はもちろんサフランライス。
コロッケとは言いながら、揚げずにオーブンで仕上げるのでとてもお手軽です。
何より軽い食感が大変よろしい。

20191010 00003.png

そしてサフランライスの中心にはトマトベースのシーフード。
そう、レミさん風に言えば“食べればパエリア”・・・ってトコかしら。

・・・あ、冗談です。

20191010 00002.png

トマト風味のシーフードを包んで丸めたサフランライスに卵をからめ、こんがり焼き色をつけたパン粉をまぶしてオーブンで焼き上げます。
残った卵とフィリングで拵えたスフレを添えて。

20191010 00004.png

手間がかかっていそうですが実はとっても簡単。
今朝いつもより朝食の時間が遅れてしまったのは、ライスコロッケのせいではありません。
あまりに余裕があったので、つい食器棚の模様替えに40分もかけてしまったから。
いろいろと手伝ってくれた主人に頭が上がりません。





◆材料と作り方
  1. 先ずはサフランライスから。
    ヨーグルトからでた水分(ホエー)を加えて炊くのが最近のお気に入りなのですが、今日はホエーに加えてザワークラウトも。
    キャベツだけでなく漬け汁も一緒に炊き込みますよ。

    ザワークラウトを漬け汁とキャベツに分け、洗ったお米・押し麦・ザワークラウトをお鍋に合せます。
    ザワークラウトの漬け汁・ヨーグルトの水分(ホエー)・お水を合わせていつもの量計量し、お鍋に注ぎましょう。
    サフランをひとつまみ散らして30分ほど。

    20191010 00009.png20191010 00010.png
    20191010 00011.png

    サフランの色が出たところでいつも通りに炊いて蒸らします。

    20191010 00008.png

  2. ご飯を蒸らしている間にフィリングの準備をします。

    刻んだ玉ねぎとニンニクをオリーブオイルでじっくりと炒めましょう。
    ここにざく切りトマトを加え、トマトが崩れるよう軽くつぶしながら加熱しハーブ塩を加えます。

    トマトが煮崩れてきたらシーフードミックス・マッシュルームも加えましょう。
    マッシュルームは綺麗に洗って水気をふき、厚めの縦切りにして冷凍してあります。
    シーフードミックス同様凍ったまま加えてお料理出来るので重宝致しております。

    最後に挽肉タイプのベジミート(大豆ミートとも。ジャックの豆ミートを愛用しております)を加え、ぽってりとスープを含ませて火を止め粗熱をとっておきましょう。

    20191010 00012.png20191010 00013.png
  3. 大きめにカットしたラップの上にサフランライスをふわりとひろげ、2を中央に置いて粗く崩したペコリーノロマーノを添えます。
    ラップを使ってまん丸に丸めましょう。

    20191010 00014.png

    オーブンシートを敷いた天板の上に並べておきます。

    20191010 000115.png

  4. パン粉に少量のオリーブオイルを回しかけ、中〜弱火でじっくりと炒めます。
    ほんのり色付いてきたらお鍋をぬれ布巾の上に移し、程良いきつね色で色止めましょう。

    卵黄に豆乳を足してよく混ぜ、丸めたサフランライスにからめます。
    粗熱がとれたパン粉をビニール袋に移し、ここに卵液をからめたサフランライスを移してパン粉をたっぷりまぶします。
    パン粉をまぶしたものからオーブンシートを敷いた天板に並べていきます。

    200℃に予熱したオーブンで20分弱焼いて出来上がり。

    20191010 000116.png20191010 000117.png
    20191010 000118.png

    仕上げにすりおろしたペコリーノロマーノを上に散らし、黒胡椒を挽きます。

    20191010 00007.png





table_s.gif





ライスコロッケで残った卵とフィリングを使い、お弁当のお菜“お手軽スフレ”を拵えます。
卵1個分の残りで十分ふたり分になりますよ。

20191010 00005.png





  1. 卵白は予めよく冷やしておいて泡立てます。
    極少量のパウダー状野菜ブイヨンを加えてフワフワに泡立てます。

  2. 残った卵黄液に木綿豆腐・残りのフィリングを加え、お豆腐を崩しながら混ぜ合わせます。

  3. 型は紙コップを使いました。

    紙コップの底をお弁当箱の高さに合わせて切り落とし、ワックスペーパーを敷いてマフィン型に詰め込みます。
    ワックスペーパーが跳ね返ってくるのを抑えるよう、2を少量詰めて重石にします。
    小口に切ったオクラのお浸し、崩したペコリーノロマーノも散らしましょうか。

    20191010 000119.png20191010 000120.png
    20191010 000121.png


  4. メレンゲの半量程度を2に加えてよく混ぜ、これをメレンゲに戻してふんわりと混ぜます。
    容器にふんわりと詰めて180℃に予熱したオーブンへ素早く移しましょう。

    20191010 000122.png

    設定温度160℃で先ずは10分、その後140℃にして15分焼きます。
    その後オーブン庫内で粗熱をとって出来上がり。
    紙コップなのでお弁当にもぴったりです。

    20191010 000123.png





table_s.gif





朝食の主食はもちろんサフランライス。
ちょっと出来たお焦げ、家庭料理ならではの駄作って感じで和みます。

20191010 00006.png

朝の小さなおやつは、先日頂いた酒蒸し饅頭。
小ぶりでこしあんの甘さも程よく、うん、近所にこんな美味しい和菓子屋さんがあったとは小さな発見。





今日の私は相当機嫌がよいのです。
欲しくて欲しくて、でもどこに頼んでも在庫切れで諦めかけていたアーティチョークの種。
嬉しいことに苗が手に入りそうです。
しかも味の良いインペリアルスターという品種が。

週末に届けばすぐに植え付けするのですが・・・
あら、台風接近?
しかも相当な勢力の台風が?

・・・不安も同時にふくらみ始めました。

sagi.gif
posted by しんさん at 15:47 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

サフラン オートミールプディング〜豆乳ver.

半年以上も前からカレンダーに書き込んで楽しみにしておりました、昨晩は1年にいちどのtwist and shoutの日。
仲良くしていただいておりますソムリエールさんに誘われ、郷ひろみのコンサートに馳せ参じるのがすっかり恒例行事と相成りました。

梅雨時、もしくは初夏のイメージがあったこのコンサートですが、今回は10月も限りなく半ばに近い初旬。
こちらも恒例行事となりましたコンサート後の“アフター”は、少々肌寒い気候もあって日本酒が美味しかったぁ。

普段9時就寝の私には深夜過ぎともとれる帰宅に、今朝は睡眠不足で頭もぼんやり。
本日のお昼は消化の良いオートミールで済ませましょうか。
私が外出だからと言って決して羽目を外すこともしない感心な主人、ですがもちろん巻き添えです。

20191009 00001.png

オートミールを豆乳でぽってりと煮たライスプディングならぬオートミールプディング。
・・・ポリッジと言っても良いのかもしれませんけどね。

今週はスペイン土産に頂いたサフランを積極的に使おうということで、サフラン風味のオートミールプディングにしてみましたよ。
サフラン色に染まったオートミールに点在するのは刻んだ人参。
面取りした人参を刻んでオートミールに混ぜ込んでみました。

20191009 00005.png

お砂糖は使わず、先日拵えて冷凍しておいた自家製発芽玄米の甘酒(☆彡)をその代用に。
これだけでは食べ飽きてしまう量なので、ちょっとパンチを加える為にデーツシロップを上からちろりと回しかけてみました。
そしてナッツ・ドライフルーツをたっぷりと。

20191009 00002.png

ほの甘いオートミールと豆乳のプディングにサクサクのナッツ、数種のドライフルーツ。
寝不足気味でぼんやりとした頭には、オートミールと豆乳をひたすら混ぜ続けるという単純作業が正に打って付け。
少々食べ過ぎて飲み過ぎた翌日にはぴったりなお昼です。





◆作り方と材料(ふたり分には明らかに多い3〜4人分といったところ)
  1. サフランをひとつまみ、指先で軽く崩しながらお鍋に移します。
    豆乳 500tを注いで軽く温め、サフランの色を豆乳に移しましょう。

    20191009 00009.png20191009 00010.png


  2. オートミール 3/4カップ、刻んだ人参を合わせて加え、常に混ぜながら弱火でぽってりと煮詰めます。
    お塩もひとつまみ加え、根気よくじっくり煮詰めましょう。

  3. ぽってりしたところにすりおろした生姜を加えて火を止めます。
    冷凍しておいた発芽玄米甘酒(☆彡)も加え、混ぜながら凍った甘酒を溶かして器に分け入れます。

  4. デーツシロップをチロリと回しかけ、予熱なしオーブン 160℃で10分ローストした胡桃とアーモンドを散らしましょう。
    ドライフィグ、レーズン、ドライブルーベリー、デーツも散らし、更にデーツシロップをちろりと回しかけて出来上がり。

    20191009 00007.png20191009 00008.png
    20191009 00006.png






table_s.gif





作り置き料理を容器に詰め、本日のお昼はこの量で抑えておきます。
・・・決して少ないという量ではありませんけどね。

20191009 00003.png





table_s.gif





今朝は主人喜ぶ釜たまうどんを主食に。

昨晩、『先に寝てて良いからね』・・・そう意気揚々と出掛けた私でしたが、家の鍵と間違えて車の鍵を持って出たという大失態。
そのささやかな罪滅ぼしに。

20191009 00004.png

頂いた栗粉餅を頬張り、主人が淹れてくれた温かいほうじ茶をすすります。

今日は秋晴れ。
今年は随分と残暑が居座っておりましたが、流石に麻ケットという訳にはいかなくなりました。
薄い軽い毛布を準備するのに良い青空です。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif

posted by しんさん at 14:56 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ごちそうおむすび

本日のお昼は久しぶりにご飯です。
そろそろ新米が気になる季節と相成りましたので、在庫のお米を積極的に消費しようという目論見、主人にはバレているかしら。

今朝炊いたお米はもちろん新米ではありませんが、新米に負けないくらいもっちり艶やかに炊き上がりましたよ。
胡桃と刻んだ人参を炊き込んだもっちりご飯に、ベジミートのそぼろとセロリを混ぜ込んだ三角おむすびさんです。

20190911 00004.png

ザワークラウトが好きで常備してあります。
手作り・保存を試みたことも何度かありましたが、その度に醗酵だか腐敗だか紙一重のものが出来上がり、自分なりに納得して終止符を打って今に至っております。

ダメなものはダメ、ザワークラウトは市販に限る、と。
そして貧乏性故、ザワークラウトの漬け汁をパン生地を捏ねるのに使ったりしておりました。
先日ふとザワークラウトの漬け汁でご飯を炊いてみたところ、今までにない程もっちり艶やかに炊き上がったのには驚きました。

ザワークラウトの漬け汁効果なのか、それともたまたま使用した圧力鍋の効果なのか、それは定かではありませんでしたが兎に角実験。
ザワークラウトの漬け汁効果だとすれば、同じ乳酸発酵が売りのヨーグルトのホエーでも同じ効果が得られるのでは?

20190911 00007.png

狙い通り、もっちもちで艶やかなご飯が炊き上がりました。
Googleさんで検索してみると、意外と世間には知られているようですね、ホエーで炊くもっちりご飯。

面取りした人参を刻み、粗く砕いた胡桃と押し麦を混ぜ込んだお米に合わせ、いつもの水加減の半量弱をホエーにして炊いただけで驚きの艶、驚きのもっちり食感。

20190911 00006.png

胡桃の食感がまたアクセントになって、本当に美味しいご飯が炊き上がりましたよ。
主人曰く、ご飯だけで味わって食べたい・・・と。
もちろんおかずもどれひとつ残さずしっかり平らげておりましたけど、ね。

甘辛いベジミートのそぼろにセロリの葉を刻んでご飯に混ぜ込み、お昼は小ぶりなおむすびさんに。

20190911 00005.png

時間が経つと残念ながらもっちり感は半減してしまいますが、それでも温め直せば復活するのではないかしら。

ザワークラウトの漬け汁を炊飯に利用するという貧乏性が繋いだホエー炊きご飯。
毎朝食べるヨーグルトだけに、ホエーの有効利用案は大歓迎です。

20190911 00001.png






  1. お米はいつも通り洗い、押し麦を混ぜ込んで圧力鍋にスタンバイ。
    作り置き料理として煮た人参の切れ端を刻んで加え、胡桃も粗く割って散らしましょう。

    いつも通りの水加減のうち、半量弱程度をヨーグルトから出た水分(ホエー)にし、5分間加圧するだけ。
    しばらく蒸らしてからさっくりと混ぜ、朝食用にお茶碗に盛ります。
    胡桃の炊き込みご飯、大好き。

    20190911 00008.png20190911 00009.png
    20190911 00010.png


  2. お弁当用の混ぜご飯へと参りましょう。
    先ずはベジミートのそぼろから。

    ベジミート(ジャックの豆ミートのそぼろタイプを愛用致しております)はぬるま湯で5分ほど戻してからザルにとります。
    しっかり水を切ってお鍋に移し、すりおろした生姜・お酒・お醤油・みりんを加えて水気がなくなるまで炒りつけましょう。

    20190911 00014.png

    ちょっと甘めにするのがお勧め。
    これだけでも十分お菜として活躍します。
  3. セロリは葉っぱ部分だけを摘み、沸騰したお湯に少量のお塩を加えてさっと数秒湯掻きます。
    冷水にとってしっかり絞ってから刻みましょう。

    2のベジミートそぼろ、炒ってから刻んだ白胡麻と合わせてよく混ぜ、1のご飯に混ぜ込みます。

    20190911 00011.png20190911 00012.png
    20190911 00013.png


  4. ふわりと三角に結びましょう。

    20190911 00015.png

    海苔をくるりと巻きつけて出来上がり。
    お行儀良く並んでまるで黒留みたい。

    20190911 00016.png






table_s.gif





たまに拵える和風なお弁当。

いつだったか、主人の出勤道すがらにある乳腺クリニックで検査を受けた後、主人と待ち合わせの時間つぶしの間に買ったお手頃価格の曲げわっぱ風お弁当箱。
登場頻度はそれほど高くはありませんが、これを使う時はちょっと気分が高揚致します。

20190911 00002.png

おむすびさんに使ったセロリの葉っぱ、肝心な茎の部分は胡麻和えに。
セロリと胡麻の組み合わせ、大好きなのです。





  1. 胡麻は炒ってからすり鉢に移し、しっとりするまで擂ってから白味噌・白だし醤油を加えて丁寧に擂り混ぜましょう。
  2. セロリの茎部分は細切りにし、お塩を加えた熱湯でさっと湯掻いてザルにとります。
    しっかり水を切ってから1に加え、丁寧に和えれば出来上がり。

    20190911 00018.png20190911 00019.png
    20190911 00017.png





table_s.gif






隣の席で主人がご飯を口いっぱいにうっとり頬張っております。
もっちりして美味しい、これだけでおかずなしで気持ちを集中して味わいたい・・・主人お得意の褒め殺しです。

20190911 00003.png

これだけのおかずを前に、まるで説得力がないことには気付いていないようです。
本当に面白い人です。

kit10.gif
posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

ゴルゴンゾーラソース 〜 ペンネとアボカド、洋梨のジャーサラダ

今の我が家に欠かせないキッチングッズのひとつがメイソンジャー。
ヨーグルトメーカーのおまけに頂いたメイソンジャーの使い勝手が気に入り、今まで何度も洗って使っていたジャムの瓶数種を大処分しワイドマウス大小を買い揃えました。

お弁当には普段圧倒的に245tの小ぶりなサイズを使うことが多いのですが、今日は久しぶりに大ぶりな500tのワイドマウスを手に致しました。
先日主人が取り寄せた洋梨、オーロラに合わせて調達したゴルゴンゾーラを使って、ゴルゴンゾーラのソースをたっぷりからめたペンネのジャーサラダなどいかがでしょう。

20190903 00003.png

SNSでよく見た華やかなジャーサラダではありませんけどね。
ジャーの底にはザワークラウト、その上にはゴルゴンゾーラソースをからめたアボカド、そして主役のペンネが続きます。
折角なので刻んだオリーブで和えたオーロラもペンネの上にトッピング。
最後はシャキシャキのレタスで蓋をします。

いつからでしょうね、フルーツをデザートだけでなくお肉や魚、パスタの一員として使うのが好きになったのは。

20190903 00004.png

ペンネと合わせるつもりで拵えたゴルゴンゾーラソースですが、アボカドとの相性は新鮮でした。
アボカドともペンネとも好相性なゴルゴンゾーラソースですもの、ならばと3つを合わせてみると・・・

20190903 00006.png

目下のところ平日のお酒は控えておりますが、ついワインに手が伸びてしまいそうです。
ゴルゴンゾーラとペンネとアボカド、お弁当用から極少量取り分けておきました。
今宵ワインを飲むかどうかの判断は主人に任せるとして、備忘録を続けましょう。





  1. ゴルゴンゾーラ・豆乳・ドライポルチーニを小鍋に合わせ、中〜弱火でとろりとするまで軽く煮詰めましょう。
    ゴルゴンゾーラの塩気を考慮してフルールドセルを極少量加えます。

    20190903 00007.png

  2. アボカドはフォーク等でざっくりとつぶし、たっぷりのみじん切り玉ねぎ・少量のレモン汁と合わせておきます。
    ここに1のソースを半量加えて和えましょう。

    20190903 00008.png

  3. 残った半量のゴルゴンゾーラソースにざっくり刻んだクルミを加えて再度ひと煮立ち。

    20190903 00009.png

    予め茹でておいたペンネを加えて和えれば・・・魅惑のペンネが完成です。

    20190903 00010.png

  4. オーロラは皮とヘタを除いてひと口サイズに。
    極少量のオリーブオイルとフルールドセルを散らし、種を除いて刻んだオリーブを加えて和えましょう。

    20190903 00011.png

  5. ザワークラウト、アボカド、ペンネ、オーロラ、レタスの順にジャーに詰めれば出来上がり。

    20190903 00012.png






table_s.gif





朝とお昼はしっかり食べますが、お酒を飲まない夜は基本蒟蒻麺で量も極々控えめ。
昨晩は煎り胡麻を豆板醤等と一緒にすり鉢で擂り潰し、担々麵風の蒟蒻麺でした。
真ん中には卵黄を落として蒟蒻麺ながらもこってりと。

そして今朝は残った卵白のお片付け。
冷凍庫で凍らせてとっておいた2個の卵白を使って、こってり濃厚なチョコレートケーキを今日のデザートと致します。

20190903 00014.png

・・・ケーキと呼ぶにはあまりに貧相ですが。





常備してあるフレーク状のチョコレートを使い、極少量のプロテインパウダーとカカオパウダーを使った薄力粉不使用の卵白ケーキです。
焼いた直後はスフレ状にふっくら膨らんでいたのですが、冷めたら想像通りの佇まい。
但しとても濃厚で、これはこれでアリな味。





今後の改善も含めて備忘録。
  1. 冷凍卵白 2個分は程よく解凍して泡だて器でほぐします。
    生砂糖 10gを加えて角が立つまで更に泡立て、出番まで冷蔵庫に入れておきましょう。

    20190903 00015.png20190903 00016.png


  2. チョコレート 75gは湯せんしておきます。
    カカオパウダー(ココアパウダーではありません)大さじ1、ココア風味のプロテインパウダー 大さじ1を加えて泡だて器でよく混ぜ合わせましょう。

    ここに1のメレンゲを数回に分けて加えます。
    最初の数回はぬるめの湯せんにかけながら泡だて器で混ぜ込みます。
    メレンゲとチョコレートがなじんだら、後はそこからすくうように出来るだけメレンゲをつぶさないように混ぜ込みましょう。
    極薄くバターをぬった耐熱容器にひらひらと流し、200℃に予熱したオーブンへ。

    20190903 00017.png20190903 00018.png
    20190903 00019.png20190903 00020.png


  3. 設定温度を170℃にして15分強焼き、そのままオーブン庫内で粗熱をとります。
    仕上げに茶こしでプロテインパウダーをふって出来上がり。

    20190903 00013.png







この食感ならば、スクエア型で焼いて切り分けた方が良かったかしら。
取り敢えず味は濃厚です、とても。

20190903 00001.png






table_s.gif





今更ながらではありますが、今主人と夢中になっているのはアメリカのドラマ 24。
早々に蒟蒻麺の夕食を済ませ、シャワーを済ませたら先にシャワーを済ませた主人がリビングでスタンバイしております。

1日1話だけ、そして9時には就寝。
なので“おやすみ”のあいさつの後は、主人の決まり文句。
“ね、明日の朝ごはんは何?”

20190903 00002.png

はい、主人のリクエスト通りの今朝は釜たまうどんですよ。





今朝も主人が淹れてくれるほうじ茶は良い香り。
大好きな蕎麦ぼうろには柳桜園茶舗のほうじ茶、これが私の鉄板です。





明け方ゴロゴロとグズっていた雷がまたグズり始めました。
帰宅した主人と入れ替えに歯医者に向かいます。


2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 14:14 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする