2023年12月19日

ひと口サイズのぱっかんお結び・とろとろ豚バラブロックおでん風

今日のお昼は、小さな小さなぱっかんお結びを拵えました。

海苔を幾重にもまとった小さな小さなひと口サイズのまん丸お結びさんに、文字通り溢れそうな具。
具は、冷凍むきアサリで拵えた簡略版のしぐれ煮、そして白味噌仕立ての甘めのネギ味噌。

20231219 00006.png

食いしん坊の主人のお昼ご飯に、ピンポン玉サイズの小さなお結び。
その理由はスープジャーにあります。

スープジャーの中身は、とろとろに煮こんだ大きな豚バラブロック、ほこほこな丸ごとじゃが芋、ゆで卵、お餅入り巾着、そして味がしみた大根、そう、イメージは豚バラ入りの『おでん』です。
ぐっと冷え込み始めた今日のお昼にぴったりなメニューなのではないかしら。

主人が嬉しそうに頬張る姿が容易に想像出来ます。

20231219 00001.png





豚バラブロック肉は、イオンネットスーパーさんでも頻繁に購入する食材のひとつ。
圧力鍋を小分けに使って、出来るだけ脂分を感じさせない、でもしっかりと豚肉の旨味を引き出せるよう、そして何より主人好みに仕上がるように。

  1. 先ずは豚バラブロック肉を下茹でします。

    葱の青い部分・薄切り生姜・そして豚肉が十分にかぶる量のお水に、お酒を大さじ3杯程度。
    圧力鍋に合わせ、加圧すること15分。

    ネギは、先日GOLDENGREENさんから届いた下仁田ネギのちょっと変色してしまった部分。
    ネギ味噌を拵える際、食用には少々抵抗がある分を切り落として冷凍しておきました。
    これで十分役目を果たしてくれます。

    20231219 00007.png

  2. 豚バラブロック肉を加圧している間に、お餅巾着・じゃが芋・ゆで卵の準備。

    油揚げを袋状に開き、さっと湯通しします。
    粗熱が取れたら両手で挟んでしっかりと水気を絞り、1/2に切った切り餅を詰めて爪楊枝で留めましょう。

    じゃが芋は芽を除き、皮つきのまま串がすっと通るまで茹でて皮をむいておきます。

    20231219 00008.png
  3. 豚バラブロックの圧が抜けたら、中身をボールに移します。

    20231219 00010.png

    面取りした大根を圧力鍋に入れ、豚バラブロックの煮汁をひたひたに注ぎ、加圧すること7〜8分。

    20231219 00009.png

  4. 一旦お肉のボールに圧力鍋に中身を全て移し、圧力鍋を綺麗に洗います。
    豚バラブロックを4等分して圧力鍋に戻し、大根・昆布を加え、茹で汁を注ぎます。

    赤酒・白だし醤油を加え、加圧すること10分間。

    20231219 00011.png

  5. 昆布を取り出して一口大に切り、圧力鍋に戻し入れます。
    ここで味見をし、オイスターソース等を加えましょう。

    ゆで卵とお餅巾着を隙間に埋め、加圧すること3分間。
    スープジャーにじゃが芋は予め入れておき、豚バラブロック等を詰めたら熱々のスープを注ぎます。




スープを兼ねているので、味付けは薄めに。
半分は琺瑯容器で保存します。
日本酒のお供とする場合は、再加熱する際に少しお醤油を足しても良いかも。

20231219 00005.png





line60-thumbnail2.gif




スープにこれだけボリュームがあるのですもの。
お結びさんは小さなサイズで十分というもの。

20231219 00003.png





全形海苔を切って、ラップに乗せ、ご飯をスプーン1杯強。
キュッと丸く握ったら、もう一枚海苔を使ってご飯を包み、再度キュッと握ってまん丸に。

中央に深めに切れ目を入れて開きます。
甘めのネギ味噌、昨日拵えた冷凍むきアサリのしぐれ煮をたっぷり切れ目に詰め込んで、はい、出来上がり。

20231219 00012.png




野田琺瑯に貼られたラベル。
多分『蛤』と『時雨煮』の漢字がごっちゃになった結果、意味の分からない漢字に仕上がっています。

20231219 00004.png





line60-thumbnail2.gif





朝食です。
炊き立てご飯を主食にするつもりでしたが、主人の『昨日のアボカドと長芋はもうないの?』
ひと言で予定変更。
わさびを添えて、はい、どうぞ。

国産しめ鯖が手に入らず、アボカドと玉ねぎスライス、しめ鯖の火曜日定番メニューはしばらく休止。
ですが、私が煮て冷凍しておいたイワシの生姜煮もなかなかどうして、美味しいのです。

20231219 00002.png

取り寄せたルレクチェが今日で最後になりました。
今日のルレクチェがいちばん美味しい。

明日からは追熟進んだバナナになりますよ。

03013-thumbnail2.gif








posted by しんさん at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月23日

ブルグル衣のかき揚げ〜ひじきと玉ねぎ、枝豆、人参編

先週と似たような料理で今週も始まりました。
格段に凝っているわけではないのですが、在庫食材の都合で仕方がないという理由だけで、ブルグルを使ったかき揚げを今週も。

20231023 00004.png

賞味期限間近による割引価格に釣られ、随分な量をまとめ買いした細挽きタイプのブルグル。
米粉を使った揚げ衣に加えると、これと言って特にメリットはないのですが、それでも苦手なかき揚げのまとまりが良い気がして。

パンの艶出しに使用した卵黄の残り、残った卵白を冷凍しては、このブルグル入りの揚げ衣に使用しております。
冷凍卵白に米粉、細挽きブルグル、お塩を合わせたところに、よく冷えた炭酸水を加えてよく混ぜます。

20231023 00006.png

今週のかき揚げの具は、さっと下茹でして冷凍しておいた乾燥ひじき、玉ねぎ、冷凍むき枝豆にむきアサリ、そして彩りの人参です。
全体に米粉をまぶしてブルグル衣で和えれば、かき揚げの素出来上がり。

20231023 00005.png

熱した太白胡麻油でカリリと揚げます。

20231023 00007.png





line60-thumbnail2.gif




殆ど先週と同じ内容の作り置き料理。
カボチャは面取りをして、ちょっと甘めの煮物、これがいちばん我が家の口に合っている気がします。

面取りしたカボチャの切れ端、ここに人参やら蓮根やらの切れ端も合わせて刻み、溶き卵を合わせて油抜きした油揚げに詰めます。
根菜と干しシイタケをことこと煮含めた中にそっと並べ入れて、いまいちど油揚げをじっくりと煮含めれば切れ端野菜の福袋の出来上がり。

20231023 00002.png

ご飯と一緒に詰めて、自家製ゆかりを添えて主人に持たせます。

20231023 00003.png





line60-thumbnail2.gif




朝食です。
今朝のお魚は、在庫最後の西京漬け、銀だらです。

ご飯の上には、週末のお酒のお供としても活躍した豚バラブロックの焼き豚風。

20231023 00001.png

カルディオンラインでふと見かけた『レンジで出来る焼き豚の素』な類の合わせ調味料。
あまり購入する機会のない、私にとってはなかなかの冒険だったのですが、いやいや、これがなかなかどうして、よく考えられています。

主人もお気に召したようですし、これから時々は購入する・・・いや、どうかな。
しないかな、やっぱり。





今日からリビングのソファのカバーが冬用になりました。

2019-06-11T17_38_00-dfb23-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月10日

簡単さんまの炊き込みご飯

秋を楽しむ間もなく冬が始まったような、風の音が何となく気忙しさを醸しだしております。
昨日、主人がお節料理とからすみの予約を済ませたのも、そんな気忙しさを感じたからかもしれません。

スポーツの日を含んだ3連休明け。
今日はのらりくらりと慣らし程度の台所仕事。
さんまの炊き込みご飯を炊きました。

20231010 00003.png

さんまの炊き込みご飯だなんて言うと、秋を満喫した素敵なお料理を思い浮かべます。
ですが、今日は慣らしの日、そう私が勝手に決めました。

以前、購入したは良いけれどちょっと味が濃いめで、ふたつあったうちのひとつを主人と半分こした後、何となく放ったらかしにされておりました真空包装のお惣菜。
たっぷりの生姜と一緒に、煮汁も一緒に、ご飯に炊き込んで、ハイ、おしまい。

20231010 00005.png





dotline2_ve3-thumbnail2.gif




イオンネットスーパーさんに届けて頂く野菜で、今週分の作り置き料理を何品か準備します。

宿儺カボチャは定番の煮物、蓮根は和山椒を効かせたきんぴらに。

面取りした人参を主役に、蓮根を少し煮物にも。
オーブンでローストした2色のパプリカを隅に押し込み、焼きびたしと致します。

牛蒡は胡桃の食感を添えたきんぴらに。
パプリカの半量はシンプルな塩味のきんぴら、と言えば聞こえは良いけれど炒めただけ。

20231010 00004.png




パプリカの彩りにすくわれた気もする今週最初のお弁当。
主人に手渡し見送ります。

20231010 00001.png





dotline2_ve3-thumbnail2.gif




朝食です。

どうやら、本格的に国産サバが手に入らなくなったと主人。
火曜日の朝、数年続いたアボカド・しめ鯖・スライス玉ねぎの名トリオでしたが、しばらくは代替品で国産しめ鯖の復活を待ち侘びることになりました。

20231010 00002.png

ヨーグルトには柿。
ささやかな季節の移ろいをささやかに楽しむ。
50代も半ばになると、ま、それで良いか、小っちゃな秋で、そう思えるのです。

kago-thumbnail2.gif


posted by しんさん at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月06日

カオマンガイ風ジャーご飯

今週最後のお弁当は、ササっと簡単に済ませましょうか。

鶏ささ身をふっくらと茹でて、その茹で汁でジャスミンライスを炊いて、簡略版なカオマンガイ風ご飯をメイソンジャーに詰め込みました。
ピリ辛ソースは、そろそろ使い切ってしまいたいと常々思っておりましたアーモンドを使いましたよ。

20231006 00003.png

中途半端に残っておりましたジャスミンライス。
1回で使い切ってしまうには多過ぎる、かと言って2回分には少な過ぎ。

切餅を加えてスティッキーライス風? カオニャオ・マムアン風?
とも思いましたが、今週はちょっとお砂糖摂取が過剰気味、甘い系は避けたいところ。
という訳で、こちらもそろそろ使い切りたいキヌアを使ってカサ増しを図ります。

20231006 00006.png

いつもならば鶏粥にすることの多い鶏ささ身の茹で鶏を、今回は無理無理こじつけたカオマンガイ風に。

アーモンドの風味は全く感じられないソースですが、ピリ辛風味は主人好みだったようです。
大変気に入ってくれました。

20231006 00004.png





  1. 先ずは鶏ささ身の茹で鶏。

    お水・千切り生姜・薄切りニンニク・ついでにホールの和山椒を合わせ、お酒・お塩を加えて煮立てます。
    しっかりと煮立ったところに、予め室温に戻しておいた鶏ささ身を重ならないよう1本ずつゆっくり加えます。

    蓋をし、ひと呼吸おいて火を止めたら30分ほどそのまま蒸らしましょう。
    はい、しっとり茹で鶏の出来上がり。
    週末はこれでポテトサラダでも拵えましょうか。

    20231006 00008.png

  2. ジャスミンライスは優しくさっと濯ぐ程度に洗って、キヌアと合わせます。
    いつも炊くお米の水加減より少し多めに、鶏の茹で汁を合わせていつも通りに炊き上げます。

    20231006 00009.png

    蒸らしが終わったらボールに移し、レモン汁をまぶしたアボカド・冷凍しておいたセミドライミニトマトを混ぜ込みジャーに分け入れます。

    20231006 00007.png

  3. アーモンドソースに進みます。

    アーモンドは予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしてからミルに移します。
    胡麻油・お醤油・オイスターソース・ナンプラー・レモン汁・豆板醤・蜂蜜・お塩等、適当に合わせて撹拌しましょう。

    20231006 00010.png

    ジャスミンライスの上に、筋を除きながら粗くほぐした茹で鶏をたっぷり。
    ソースもたっぷり添えて、辛み緩和のためにデーツのピクルスを添えます。
    胡麻をひねって出来上がり。

    20231006 00011.png






w-line81-thumbnail2.gif




主食のアーモンドソースを作る前に、ミルを使ってあっという間のデザートの準備。

チョコレートと木綿豆腐を合わせて撹拌するだけ。
加えるチョコレートの量によって、ムースのようにも生チョコのようにもなる好都合なデザートです。

20231006 00002.png




目分量も良いところ。

ミルの容器に、木綿豆腐・チョコレート(ハイカカオチョコレートを使いました)・少量の蜂蜜を合わせたら、チョコレートがやわらかくなる程度にレンジ加熱。
その後滑らかになるまで撹拌したら、バニラビーンズペーストを加えて混ぜ、後は容器に分け入れるだけ。

20231006 000012.png

ドライフィグと『やきいもコロコロ』、ヒマワリの種と韃靼そば茶をトッピング。

20231006 00013.png





カオマンガイ風のジャーご飯、目玉焼きを添えればもっと『らしく』なったのかしら。

20231006 00001.png





w-line81-thumbnail2.gif




さ、朝食。

金曜日は伊勢うどんの釜玉風と市販のイワシ。
しばらく在庫切れが続いていたイオンネットスーパーさんのイワシ、新しくなって再び購入できるようになりました。

こうして1年以上、いえ、もっとかしら。
新型コロナをきっかけに本格的に利用し始めたから、もう数年?
なんとなく先方さまのリズムも把握し始め、上手く利用できるようになりました。

20231006 00005.png

昨晩は誘惑を打ち負かし、お酒を控えて早々に就寝しましたからね。
今宵の日本酒は格別な美味しさでしょう。

普段ならとっくに帰宅しているはずの主人の寄り道先は、酒屋さんだか魚屋さんだか。
今日は最後の二子里芋できぬかつぎを拵える約束、ちゃんと憶えているかしら。

mono39-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月02日

お赤飯みたい〜小豆とさつま芋おとお餅の炊き込みご飯

月曜日なので、今週分の作り置き料理を3品今朝は準備しました。

最近きんぴらにすることが多かったゴボウは、久しぶりに醤油漬けにしてみました。
ほんのりと八角を効かせた仕上がりです。
2色の高山産パプリカは、半分はきんぴらに。
もう半分は、オーブンでじっくり焼いてから、根菜の煮物と合わせて地味な煮物の差し色を兼ねた焼きびたしに。

20231001 00001.png

そして、根菜の煮物より更に地味な主食は、小豆とさつまいもの炊き込みご飯。

20231001 00004.png

いつもなら乾煎りして茹でこぼしの工程を端折る小豆ですが、流石に煮汁とお米を合わせて炊くとなると、それはちょっと躊躇します。
さっと茹でこぼした小豆に、3倍弱のお水を合わせて加圧すること10分弱。

ですがもう少し加圧時間を減らした方が、炊き込みごはんには良かったようです。

20231001 00006.png

今日使わない分は小分けにして冷凍庫へ。
十分に吸水させたお米に、蕎麦の実・もち麦・十六雑穀・押し麦をいつも通りに合わせます。
小豆の茹で汁を合わせ、お水に晒したサツマイモ・さいの目に切ったお餅を合わせて、お塩をほんのひとつまみ。
加圧3分で出来上がり。

20231001 00005.png





『これ、お赤飯だよね、僕、お赤飯好きなんだ』
また作ってと嬉しそうに頬張る主人が可愛らしいのです。
冷めてももっちり。

20231001 00003.png

朝食です。
今朝のお魚は銀だらの西京漬け。
今日からお味噌汁の茄子が姿を消しました、秋です。

20231001 00002.png





onpu.gif




昨日のお昼はワインクラブに主人と参加。
問屋街のイベントでいつもよりは賑やかな岐阜の駅前、小さなイタリア料理屋さんで開催されたお昼のワイン飲み比べ。

琴浦のサーモンに塩いくら。

20231001 00007.png

ホタテのタルタルとパプリカのムース。

20231001 00008.png

甘鯛とアンチョビバターのソース。

20231001 00009.png

ジロール茸と胡桃のパスタ

20231001 00010.png

Tボーンステーキ。

20231001 00011.png

さつま芋のカタラーナと栗のパンナコッタ。

20231001 00012.png

楽しい。

20231001 00013.png

posted by しんさん at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする