2020年08月24日

熊野の地鶏、まる悠ファームさんの鶏もも肉お醤油煮

平日はすっかり外出しなくなってしまった昨今。
唯一出かけると言えば、週末主人と一緒に日曜の午前中に限った畑作業のみ。

最近は実店舗に行かずとも、格安送料で気分よく生鮮食品を届けてくれる産直通販サイトがあるので至って快適。
いえ、逆に畑作業の後にサバやイワシをスーパーで調達しては煮ていた以前のほうがストレスフルでありました。

私がお世話になっているのは産直ECサイトの“OWL(アウル)”さん。
最初に取り寄せたニンニク農家さんの対応がとても心地よかったので、以降色々な野菜をしばしば取り寄せております。
イオンネットスーパーでも食材その他を取り寄せておりますので、外出せずとも生活には全く困りません。

先日、ふと冒険心が沸き上がり、初めてアウルさんで野菜ではなく“鶏肉”を取り寄せてみました。
三重県は熊野、熊野地鶏と烏骨鶏を平飼いで誠実に飼育されておられる“まる悠ファーム”さんの熊野地鶏。
届いた当日、鶏肉好きな主人が先ずは是非に砂肝とレバー、ハツをという訳でシンプルに塩味のソテーで頂きました。

地鶏一羽分を丁寧に部位ごとに真空パックして届けてくださるので、冷凍保存も簡単です。
鶏ガラでスープをとったのは先週のこと(☆彡)、それでは今週はと、いよいよ冷凍してあったもも肉に挑んでみましたよ。

20200824 00001.png

言うまでもなく主人は鶏肉が大好きです。
特に砂肝やレバー、私に遠慮して食べたいとは言いませんが相当好きなのは確か。
反して私は辛うじて鶏ささみを美味しいと思える程度、どちらかと言うと鶏・豚・牛に関わらずお肉という存在に興味なし。

ですが、こちら、まる悠ファームさんの地鶏が美味しいのか、そもそも地鶏とはこういうものなのかは定かではありません。
が、鶏肉、美味しい!
届いた当日頂いた鶏の砂肝、レバー、ハツ、よく聞く牛乳につけたり等の下処理はしませんでしたが、噂の臭みは全く感じませんでした。
そして以前、随分と前のことですがレバーをお料理した時のあのしかめっ面もなし。
気分よくお料理が出来ました。

思えば鶏ガラでひいた鶏ガラスープも、さぁ来い灰汁と勇んでおりましたのに肩透かし。
灰汁を取り除くことはほとんどなく、あれ?と言う間に美しい鶏ガラスープ。
そしていよいよ本日の鶏もも肉。

実はまる悠ファームさんから是非塩焼きで、とのアドバイスをいただいております。
存じなかったのですが、地鶏ってもも肉のほうが胸肉よりはるかに大きいのね。
昨日日曜日、鶏もも肉の塩焼きを拵えるつもりでおりましたが使用したのは1/2だけ。
これで十分。

残りの1/2は唐揚げにでもと思っておりましたが、主人がそれではもったいない、と。
かと言ってまた同じ塩味のソテーでは楽しくない。
そこで拵えたのがこれ、鶏もも肉のお醤油煮、圧力鍋でほんの数分煮るだけ。

20200824 00004.png

鶏肉があまり得意でない人に共通だと私は思っているのですが、鶏肉、切るのが苦手なのです。
生の鶏肉をまな板の上で切るのが。
なので、実は唐揚げはあまりしたくないお料理のひとつ。
この鶏もも肉のお醤油煮、鶏もも肉1枚を丸ッと圧力鍋に入れて煮るだけなのでとっても簡単なのです。

まる悠ファームさんが推奨する塩味ソテーではありませんが、こちらも十二分に美味しい熊野地鶏を堪能できる食べ方だと思うのです。
もちろん皮部分も抵抗なく食べられますよ。

20200824 00006.png





◆材料(だいたいこんなものかな?程度ですが)

  • 三重地鶏のもも肉 1枚

  • お酒 大さじ2
  • だし醤油 大さじ1
  • てんさい糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩麴 大さじ1/2
  • お酢 小さじ1/2





◆作り方

  1. 調味料を全て圧力鍋に合わせて煮立てます。
  2. 鶏もも肉は室温に戻しておき、両面全体を包丁の先で軽く突いて筋切りしておきます。
    皮面を下にして圧力鍋に移し、加圧すること2分間。

    20200824 00010.png

    圧が抜けたら蓋を開け、裏返してさらに加圧すること1分間。

    20200824 00011.png

  3. もも肉だけを取り出し、食べやすい大きさに切って保存容器に。

    20200824 00012.png

    残った煮汁を軽く煮詰め、上からたっぷり回しかければ出来上がり。

    ホロッと崩れるような肉質ではありません。
    しっかり咀嚼してこそ分かるこの鶏の美味しさ、そうか、私は鶏肉が嫌いだったわけじゃないのね、そう思わせてくれる熊野地鶏。
    冷凍した鶏ガラスープがまだ少量残っております。
    次回のお料理は・・・はい、すでに計画済みなのであります。

    20200824 00007.png






sitagi-e431f-thumbnail2.gif





圧力鍋でほんの数分、熊野地鶏のお醤油煮。
簡単なので1週間分の作り置き料理もほいほい捗ります。

畑で収穫した無意味に太くて不器量で、所々日焼けで変色してしまったキュウリ。
変色した部分の皮をむいて厚めの輪切りにし、面取りをして千切り生姜・お出汁・白だし醤油と一緒に加圧すること2分間。
葛粉でとろみをつければキュウリの葛煮の出来上がり、冷やして食べる夏のごちそうです。

もちろんお弁当にも。
もち麦と十六雑穀入りのご飯にちろりともも肉の煮汁、その上に鶏もも肉をデデンッと並べ胡麻をひねります。

20200824 00003.png





熱くても雨に恵まれなくても元気なゴーヤ。

昨日収穫したゴーヤをワタつきのまま輪切りにし、ミックスソルトで下味をつけて米粉をまぶし、太白胡麻油でカリッと揚げます。

20200824 00014.png20200824 00015.png
20200824 00013.png






収穫した野菜を使って今週の作り置き料理も何品か出来ました。
そしてそれらをちょいちょいっと詰めて主人に持たせます。

20200824 00002.png

鶏肉好きの主人、今日の鶏料理は相当お気に召した様子です。
鶏肉好きの主人、実は鶏肉が苦手な私、双方が美味しいと首を縦にふらせるこの三重地鶏の肉質。
頻繁には取り寄せしませんが、まだ是非再会したい三重地鶏であります。





sitagi-e431f-thumbnail2.gif





面取りしたキュウリの切れ端は細かく刻んで納豆に。
玉ねぎと一緒にコリコリシャキシャキした食感が手作り納豆のアクセント。

20200824 00005.png





日曜日、主人の助言を賜りながら焼いた鶏もも肉のシンプルソテー。
収穫したばかりのミニトマトを合わせたクスクスを添えただけ、色気も素っ気もないシンプル上等なソテーです。

20200824 00009.png

そしてバタフライピーも元気に花を咲かせておりました。
そろそろ実がなり始めておりましたので、これでまた来年種を撒けます。

20200824 00008.png

三重地鶏の肉質につい興奮してしまい、あれこれ長々と書いてしまいました。
そろそろ主人が帰宅する頃合いです。
仕事部屋をさっと片付けてリビングに移動しましょう。




cup.gif



posted by しんさん at 15:35 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

高野豆腐の和風サンド〜甘酢漬けみょうが、生姜の佃煮ver.

最近すっかりお気に入りとなりました、パンの代わりに高野豆腐で作る高野豆腐サンド。
少々水分の多い食材でも、何しろ双方を吸水性の高い高野豆腐に挟まれているのですから全く問題なし。

パンで挟むには少々躊躇する大好きなセミドライトマトだって、主人が大好きな鶏の南蛮漬けだって、本来のパンを使ったサンドウィッチより色々と冒険出来るのが楽しい。
食パンに比べて小ぶりな高野豆腐ではありますが、意外と具もたくさんサンド出来るのです。
今日は和風な食材をたっぷり高野豆腐で挟んでみましたよ。

20200807 00006.png

週末、そして3連休に向けて冷蔵庫の奥にあった生姜が気になりました。
大きめの瓶に入れて並々とお水を注ぎ、冷蔵庫で保存すれば2週間くらい楽々持つ生姜ではあります。
が、このところイワシもサバも煮ておりませんので、以前ほど生姜が必須食材ではなくなりつつあります。

それでもあれば何かと重宝する生姜、冷ややっこやカツオのたたきの度に少々すりおろすのも手間ですもの。
だったら佃煮にしてしまえば良いのでは?と。
生姜の佃煮と冷ややっこ、生姜の佃煮とカツオのたたき、そもそも私はお刺身は食べませんが悪くはないはず。

そんな生姜の佃煮をたっぷり挟んだ高野豆腐サンド。

20200807 00013.png

ならばと甘酢漬けみょうがも一緒にサンドしてみたら、あら、これがまた妙に好相性。

20200807 00001.png

生姜の佃煮、甘酢漬けみょうが、アボカドとセミドライトマトの高野豆腐サンド。
そうね、ここに海苔や甘辛お醤油味で煮た油揚げなんて加わっても美味しそう。
まだまだ高野豆腐サンドは発展しそうです。

20200807 00004.png






冷ややっこはもちろん、炊き粥添えても良し、納豆に添えても良しな生姜の佃煮。
カツオのたたきとの相性は・・・えっと、いつか主人に感想を聞いてみると致しましょう。
生姜の佃煮でコリャアカンと思うのは、今のところスパイスカレーくらいかしら。

  1. 煮汁を鍋に合わせます。

     だし醤油 大さじ2
     お酒 大さじ2
     てんさい糖 大さじ1
     みりん 大さじ1

    こんなところかしら。
    昆布を加えて少しふやかしておきましょう。

  2. 生姜を繊維に沿った千切りにします。
    程よい食感が欲しいのであまり細くせず、4〜5ミリ角程度のやや太めの千切りに。
    お水にさっと晒すと食べやすくはなるのですが、私は晒さずそのまま、生姜の刺激的な風味が大好きなので。

    少しやわらかくなった昆布もハサミで細切りにして合わせます。

    20200807 00008.png

  3. 煮汁を煮立てて2を加え、しんなりするまでしばらく蓋をして中〜弱火で加熱します。
    生姜がしんなりしてカサが減ったら蓋を取り、煮汁がほぼなくなるまで合計10分ほど煮て火を止めます。

    20200807 00009.png20200807 00010.png


  4. 胡麻をたっぷりひねって出来上がり。
    多めに拵えて冷蔵庫で保存します。

    20200807 00011.png






生姜の佃煮を高野豆腐でサンドします。
  1. 高野豆腐は50℃のお湯に10分ほど浸して戻します。
    熱湯で戻すと、厚さを1/2にする時ボロボロになってしまいます。
    熱湯とお水を同量足して50℃にして戻します。

    たっぷりのお水の中で、お水が濁らなくなるまでそっと押し洗いをします。
    両手でそっと挟んで、でもしっかりと水気を絞ったら厚さを半分に。

    20200807 00012.png

  2. 高野豆腐の両面に刷毛でオリーブオイルをぬります。
    私はセミドライトマトを漬け込んであったオリーブオイルを有効利用。
    オーブントースターでさっと焼きましょう。

    20200807 00014.png

  3. ラップを大きめにカットして高野豆腐をおき、生姜の佃煮をたっぷりと。

    20200807 00015.png

    アボカド、スライス玉ねぎ、セミドライトマトのオリーブオイル漬け、甘酢漬けみょうがを切る方向を考えながら上に重ねましょう。

    20200807 00016.png

    高野豆腐でサンドし、ラップできっちりと包みます。
    切る方向が分かるようマスキングテープ等を貼っておくのがお勧め。
    軽い重石をしてしばらくおきます。

    20200807 00017.png

  4. 具がなじんだところでワックスペーパーに包みなおします。

    20200807 00005.png

    ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。

    20200807 00003.png






line60-thumbnail2.gif





昨日焼いたお豆腐全粒粉パン(☆彡
中心には豆乳と葛粉で拵えた重くないホワイトソースをぎっしり詰めました。

そのホワイトソース、昨晩は自家製柚子胡椒・塩レモン風味のセミドライトマトを加えてこんにゃく麺に絡めて冷製カルボナーラ風に。
ホワイトソース感はしっかり保ちつつ、小麦粉やバターを使っていない軽い食感は今の私たちには嬉しいばかり。
今朝はその豆乳と葛粉のホワイトソースをコロッケ風にしてお片付け。
色白過ぎて迫力のないコロッケ風ではありますが、おからの衣なのでそこは大目に見て頂くとして。

20200807 00002.png





  1. おからに極々少量の胡麻油をたらし、ぱらりとするまで乾煎りします。

  2. 豆乳の葛ホワイトソース、みじん切り玉ねぎ、白味噌、アボカド、作り置き料理のひじきと大豆の煮もの、お醤油、そしてつなぎとしておからも少々加えてよく混ぜましょう。

    20200807 00018.png

  3. 乾煎りしたおからを2にたっぷりまぶします。
    やわらかな生地ですが、2本のスプーンを使ってざっくりまとめて乾煎りおからの上に落とし、あとはビニール袋を使ってまぶせば意外と簡単。

    20200807 00019.png

    オーブントースターでさっと焼いて出来上がり。

    20200807 00020.png






line60-thumbnail2.gif





今朝の炊き粥の上には、生姜の佃煮をたっぷりトッピング。
うん、これは美味しい。
ますます我が家の冷蔵庫に生姜が必須となりそうです。

20200807 00007.png

あ、今朝は納豆とヨーグルトのお皿が入れ違いになりましたね。





さぁ三連休。
そしてそれが過ぎればすぐにお盆、あららと暦だけは経過していきます。
いまだに梅干しが干せず、天気予報を難しい顔でチェックする毎日です。



w139-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:28 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

ささやかな自家製ゴーヤ、丸ごとゴーヤの天むす

ボヤくのも忘れてしまうほどの長雨、このまま梅雨明けの発表を聞かないまま2020年は秋になってしまうのかと不安ばかりが募っておりました。
そんな状況での先日 8月1日の梅雨明け、今年の梅雨明けは例年以上に喜びもひとしおです。

ですが災害こそ免れたとは言え、この長雨でさぞや畑も壊滅的な状態に・・・
トマトもズッキーニも下仁田ネギも掘り起こし、畑全体の土を耕して秋に備えるつもりで畑に向かった日曜日。

20200803 00006.png

バタフライピーが可愛らしくお出迎えしてくれましたよ。
もともと、数年前にほんの数株成長したバタフライピーの種を撒く機会もなく保存してあったもの。
発芽するかも怪しんでおりましたバタフライピー、ほぼすべてが発芽して開花にまで至っております。

1週間ずつ小分けにして蒔いたバタフライピーなので、開花時期もバラバラ。
少しずつ花を摘んでは、少しずつ干して、少しずつ保存瓶に移し、地道に在庫を増やしていくつもりでおります。

20200803 00018.png

湿気に強いのがバタフライピーならば、生命力に満ち満ちているのはゴーヤ。
案の定ズッキーニや茄子のほとんどは死滅しておりましたが、ゴーヤだけは多雨をあざ笑うかのように立派な実をつけておりました。

そしてその隣ではひとり生えしたツルムラサキも。
野菜の価格高騰をしばしば耳にする今、畑の野菜がいつも以上に愛おしく感じられます。

20200803 00005.png

そんな貴重な野菜ですもの、ゴーヤだって普段以上に大事に扱いたいものです。
普段は種とワタを除いて氷砂糖漬けにすることが多いゴーヤですが、ふとワタも食べられるという話を思い出しました。

いえ、確か数年前、実際にワタを料理したこともありました。
最近はちょっとゴーヤに慣れてしまったのか、ワタや種を捨てるのに慣れてしまっていましたが、ここでちょっと原点に戻って。
丸ごとゴーヤの天むすなどいかがでしょうか。

20200803 00010.png

ゴーヤを丸ごと唐揚げに。
いや、竜田揚げというのかしら。
ワタも種もそのままのゴーヤを輪切りにし、ほんのりニンニクを効かせた下味をつけた後、米粉を付けてからりと揚げました。

20200803 00011.png

2本収穫したゴーヤのうち、1本は常備菜として干しえのきと一緒に氷砂糖漬けに。
その時除いたワタも単独で竜田揚げにしましたが、ワタはふわふわ、種はサクサクでこれは美味しい。
なぜ今まで捨てていたのか、そう思うほど一品として完成されておりました。

20200803 00009.png

丸ごとゴーヤの竜田揚げ、これは主人も相当お気に召したようですよ。
以降、ゴーヤが収穫出来た暁には丸ごとゴーヤの竜田揚げ、そして天むす、これがお決まりになりそうです。

20200803 00008.png





ゴーヤの竜田揚げの下味に使ったニンニクのペースト。
これも是非常備しておきたい立役者のひとつです。

  1. ニンニクは皮をむき、圧力鍋で15分蒸します。
  2. バーミックスで滑らかなピュレ状にし、ジッパー付き保存袋に分け入れ平らにして冷凍庫へ。

    20200803 00001.png20200803 00002.png
    20200803 00003.png


  3. 少し凍ったところで菜箸を押し当てて筋を作っておきます。
    この状態で冷凍保存し、使う分からパキパキ割って使う分だけ取り出し使います。

    20200803 00004.png





この便利なニンニクピュレを使って、丸ごとゴーヤの竜田揚げ。
とっても簡単。
  1. ゴーヤをきれいに洗って水気をふきとり、1p程度厚さの輪切りに。
    ボールに移し、にんにくペーストとだし醤油を絡めます。

    20200803 00019.png

  2. 米粉を加えてよく混ぜましょう。

    20200803 00020.png

  3. 熱した太白胡麻油でじっくり揚げれば出来上がり。

    20200803 00007.png

    網の上に並べて油をきります。

    20200803 00012.png




十六雑穀を混ぜ込んだご飯、ほんの少しヨーグルトのホエーを足して炊くと驚くほどもっちりと炊き上がります。

20200803 00022.png

ふわりとラップにとり、油を切ったゴーヤの竜田揚げをそっと包み用に握りましょう。

20200803 00021.png

ラップを除き、海苔を巻いて出来上がり。

20200803 00015.png







il-plants5-thumbnail2.gif





最近は農協の朝市にも行かず、もっぱらイオンのネットスーパーかアウルさんで野菜を頼んでおります。
先週アウルさんでお願いした野菜は、カボチャ類以外全てお料理にして冷蔵庫の中。
そろそろ食べてしまわないとよろしくない。

丸ごとピーマンとこどもピーマンの煮物をアガーでかためてリメイク。
室温でも溶けないアガーなら、お弁当でも大丈夫。

20200803 00014.png





丸ごと煮たピーマンとこどもピーマン。
煮汁とアガーを合わせてアガー液にし、何事もなかったかのように容器に注ぎ直すだけ。
後はアガーがかたまるのを待って、ざっくり煮汁を崩してお弁当箱に。

20200803 00023.png







il-plants5-thumbnail2.gif





冷凍塩サバはさっと日本酒を霧吹きで吹いてからお魚焼き網で焼きます。
先週拵えたオクラの胡麻和えは、ちょっと味付けを濃いめにしてから納豆の上に。

畑で分葱が自生しておりました。
先週買った小葱と合わせてお味噌汁の薬味に。
やはりお味噌汁に刻みネギが加わるとぐっと雰囲気がでます。

20200803 00013.png

梅雨明け途端の今朝のこの雨。
早速梅干を仕上げようと張り切っておりました私には少々残酷な気もするのですが、ま、天気に何を言っても適うはずもありませんものね。





リビングでは帰宅した主人が仕事部屋の空きを待っています。
クーラーの冷風も応え始めましたのでお部屋を譲りましょう。
今週は野菜不足な状態でのスタート。
こんなネガティブな状況がやる気を起こさせるのです。


sagi.gif





posted by しんさん at 14:23 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

高野豆腐サンド 第2弾 〜 チキンの山賊焼きver.

4連休中に買い替えた寝室のクーラー。
ちょっと奮発してダイキン製を選んで設置して頂いたのですが、これがまさにお値段以上の使い心地。
主人に至っては、今後クーラーを買い替えることがあったら全てダイキン製にすると宣言するほどお気に入り。

音も静かで、睡眠中に寒くて目が覚めるということもここ数日はなく快適な睡眠を楽しんでおりました。

ところがぎっちょん。
今日も快眠とばかりに、二人揃っていつものように9時に眠りについた昨晩。
夜中にどう麻ケットをかけ直しても、微妙に眠る位置を調整しようと、どうも私のほうに冷風があたって寒いこと寒いこと。
寝ぼけ眼で温度を確認しても27℃、いつもと同じ。
どうにもならずに隣で眠る主人に声をかけ、寒くてたまらない旨を伝えるSOSの意思表示。

冷風のあたらないクーラーの真下でスヤスヤと快眠中の主人が面倒くさそうに目を開け、ちらとクーラーのリモコンを確認してひと言。
『あ、ごめん、おやすみモードにしてなかった』
こうして丑の刻、主人の体温残るベッドに移動して暖をとりつつぐっすり4時まで眠りに落ちたのでありました。





たまにはいつもと違うスタイルの寝相も良いもの。
寒さを克服してぐっすり眠り、快眠を経て立つキッチンはまた楽しいものです。
先日不本意に終わった『高野豆腐サンド(☆彡 2020年07月20日 』に再挑戦。

20200729 00001.png

うん、いつもの手前味噌ではありますが、なかなか良い出来なのではないかしら。

前回も挑戦した、パンの代わりに高野豆腐を使う高野豆腐のサンドウィッチ。
フィリングは鶏もも肉の山賊焼き、セミドライトマトのオリーブオイル漬け、そしてたっぷりの自家製葉野菜。
燻製トウガラシのハリサがピリッと効いた抜群においしい高野豆腐サンドに仕上がりましたよ。

20200729 00007.png

最近、食材調達はもっぱらオンラインショッピング。
今回の鶏もも肉も、ここまで外出自粛が板につくずっと以前にお肉屋さんで購入して冷凍しておいたもの。
なのでこのもも肉を最後に、我が家からお肉という存在が完全に消去されました。
それを記念して、と言うのも変ですが、最後のお肉を記念しての山賊焼き、もちろん主人は大喜び。

20200729 00008.png

実は今、不要になったキッチン用スポンジを利用してバジルの水耕栽培に挑戦中。
自家製ルッコラや自家製ビーツのベビーリーフに加え、残念ながらスポンジから抜け落ちてしまった幼いバジルの幼葉も今回フィリングにしたベビーリーフに混ぜてあります。

主人、鶏肉ばかりに気を取られてこれには気づいていないだろうな。

20200729 00002.png

そう言っているわたくしも忘れるほど小さなバジルではありましたが。

20200729 00003.png





前回の失敗を踏まえ、所々改善しての今回の手順。
高野豆腐がフィリングの水分を吸収してくれるので、パンの代用以上の面白さがありますよ。

  1. 先ずは高野豆腐を戻します。
    前回は熱湯を使いましたが、今回は70℃だか80℃だか、少なくとも熱湯ではありません。
    10分ほどお湯に浸して戻した後、冷水にとって手のひらで優しく抑えながら水が濁らなくなるまでそっと押し洗い。

    その後、両手で優しく、それでもしっかりと挟んで水を絞ります。
    厚さを半分にするのですが、包丁を使うよりパンナイフがお勧め。

    20200729 00009.png20200729 00010.png
    20200729 00011.png


  2. セミドライトマトのオリーブオイル漬け(☆彡)は前もって拵え冷蔵保存してあります。
    ミニトマトでも大ぶりなトマトでも、保存を兼ねて全てこうしてしまうのが最近のお気に入り。

    20200729 00013.png

    このオリーブオイルを刷毛で高野豆腐の両面にぬり、オーブントースターでエルブ・ド・プロバンスが焦げない程度に焼きましょう。
    片方の高野豆腐にハリサをぬっておきます。

    20200729 00012.png

  3. 鶏もも肉の山賊焼きにと参りましょう。

    鶏もも肉は予め室温に戻しておきます。
    おろしにんにく・おろししょうが・お醤油・お酒・みりんを合わせ、鶏もも肉をここに加えます。
    フォーク等でもも肉、特に皮面を集中して突いてから30分ほど漬け込みましょう。

    ザルに移して漬け汁を切り、米粉を全体に満遍なくまぶします。
    私はここまで全てビニール袋で。
    太白ごま油を低温に熱し、じっくりと両面揚げ焼きに。
    その後高温に熱し、再度両面をさっと揚げて網にとりましょう。
    油跳ね防止用の網を油切にも有効利用。

    20200729 00014.png20200729 00015.png
    20200729 00016.png


  4. ラップを大きめにカットしてハリサをぬった高野豆腐をおき、セミドライトマトのオリーブオイル漬け、鶏もも肉の山賊焼き、たっぷりのベビーリーフを重ねて高野豆腐を重ねましょう。

    20200729 00017.png

    形を整えながらラップで包み、しばらくおきます。
    フィリングがなじんだらそっとラップを取り除いてワックスペーパーで包みなおし、ワックスペーパーごとパンナイフで2等分。
    うん、断面も良い感じ。
    高野豆腐サンドイッチ、我が家の定番として落ち着きそうです。

    20200729 00004.png






il-plants5-thumbnail2.gif






しっかりお腹もふくれる高野豆腐サンド。
さて、お菜は・・・と思っても、食材が乏しい昨今、さて困った。

そうそう、連休中クーラーを買いに行った途中で寄ったぶどう園。
デラウェアを買ったは良いけれど、粒が小さくて面倒だと主人には不評でした。
せっせせっせとデラウェアを粒から出してデザートに。

・・・ぶどうの皮をむいてもらうなんて、冬彦さんくらいなものではないかしら。

20200729 00005.png





最近お気に入り、ドライマンゴーのハーブティー漬け。
少々かたすぎるドライマンゴーを濃いめに煮出したカモミールティーに20分ほど浸してふっくらと戻します。

皮をむいたデラウェア、カモミールティーで戻したドライマンゴーを合わせ、カモミールティーのゼリーでフルッとかためます。
もちろんカモミールティーのアガーゼリーはドライマンゴーを戻したカモミールティーの有効利用。

上には砕いたバナナチップスと昨日の胡桃の飴炊きをトッピング。

20200729 00019.png20200729 00020.png
20200729 00018.png








il-plants5-thumbnail2.gif





朝、私がキッチンに立っている間主人は自分のお部屋で猛烈仕事中。
ですがドアを開けると鼻腔をくすぐるキッチンからの香りに心は奪われます。

のど飴を取りに来たとか、白湯のお替りとか、何かと理由をつけてはキッチンを覗きにくる彼。
鶏肉を見つけた時点で彼の期待は最大限にふくらんでいたことでしょう。

20200729 00006.png

彼の期待を裏切ることはできません。
今朝はイワシの干物にもも肉の山賊焼きをおまけに添えましょう。





この二切れの鶏肉が眠っていた主人の欲望を目覚めさせたようです。
お野菜でお世話になっているアウルさんで三重県の地鶏を発見。
一羽取り寄せるか否か、今宵の日本酒の肴は今日の山賊焼きとささやかな家族会議です。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:32 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

みょうがのシンプル炊き込みご飯〜甘辛胡桃の太巻き寿司

先日頂いた沢山のみょうが ☆彡

スーパーで買うほんの数本のみょうがに慣れた私です。
大きなジッパー付き保存袋に綺麗に洗ったみょうがぎっしり詰まっており、そのご苦労を想うと申し訳ないやら、それでいてずっしり重い程のみょうがに小躍りするやら。

冷凍も考えましたが、どうせならば家電の力を借りるより昔ながらの方法で出来るだけ無駄なく保存したいと。
定番の甘酢漬けに加え、しょう油漬けや味噌漬け、そして一部はキッチンペーパーに包んで出来るだけ食感を残すべく冷蔵保存。
ふふ、なんやかんや言っても家電の力には頼るのです。

そろそろ冷蔵保存部隊のみょうがたちを使ってしまわないと、せっかくの風味食感が損なわれてしまいます。
ここは贅沢に、こんな機会でもないと拵えないであろうみょうがの炊き込みご飯など。

20200728 00004.png

お醤油もお塩も加えません。
油揚げもキノコ類も加えません。
文字通りシンプルなみょうがの炊き込みご飯、かつおだしでみょうがを炊き込んだだけ。

20200728 00010.png

みょうがの薄紅色は抜けてしまいますが、それでもみょうがの風味は健在。
極々仄かなみょうがの風味がとても贅沢です。

朝食には炊き立てでみょうがの淡い風味を堪能致しました。
ですがお昼もそれでは少々物足りない。
なのでお昼は太巻き寿司に。

20200728 00001.png

派手さはありませんがとてもおいしい太巻き寿司です。
定番の甘辛お醤油味の高野豆腐、干しシイタケに加え、こってり飴炊きにした胡桃を一緒に。
これが抜群のアクセントとなって、主人も相当お気に入り。

20200728 00003.png

シンプルなみょうがの炊き込みご飯、そしてお昼の飴炊き胡桃の太巻き寿司。
初夏のみょうがを存分に楽しむにはぴったりです。

20200728 00002.png





お出汁はたっぷりの鰹節をひと晩お水に浸して水だしに。
手軽で簡単な水だしがお気に入りです。

いつも通り洗ったお米に押し麦を少々。
圧力鍋に合わせ、いつも通りの分量でお出汁を注ぎましょう。
が、極少量分を豆乳ヨーグルトのホエーに置き換え。
これでもっちりと炊き上がります。

縦半分に切ったみょうがを更に繊維に沿った細切りに。
薬味ほど細く切らず、みょうがの存在感を残します。
お米の上にたっぷり散らし、加圧すること5分弱。

20200728 00011.png

そのまま蒸らせば出来上がり。
胡麻もなにも添えず、シンプルに召し上がれ。

20200728 00005.png






太巻き寿司用の高野豆腐や干しシイタケも圧力鍋でちょちょいのちょい。
ちょっと薄めの味付けで圧をかけたら、あとは程よく煮詰めるだけ。

胡桃の飴炊きも簡単。
お醤油・お砂糖・みりん・お酒を合わせて煮立て、胡桃を加えて絡めながら煮詰めるだけ。

20200728 00012.png

胡桃と一緒にカシューナッツも。
日本酒にも合いそうな一品です。

20200728 00013.png

寿司酢を混ぜ込んだみょうがご飯の酢飯を海苔の上にひろげます。
高野豆腐・干しシイタケ・胡桃を並べて巻きましょう。

20200728 00014.png

今日のお昼ご飯の出来上がり。

20200728 00015.png







line60-thumbnail2.gif






イオンのネットスーパーばかりに頼って買い物に行っておりませんので、食材の偏りが目立ちます。
が、冷凍保存してあるカボチャやら何やらを探り出しては、面取り人参と煮物にしたり。
面取り人参の切れ端と市販の蒸し大豆、乾燥ひじきを合わせてこってり炒り煮にしたり。

似たような味付けではありますが、カボチャと人参にはみりんを足したり、ひじきはこってりオイスターソースを隠し味にするなどして何気に楽しんでおります。

20200728 00009.png

作り置き料理で隙間を埋めて、主人のお弁当も完成致しました。

20200728 00007.png





line60-thumbnail2.gif





炊き立てのみょうがご飯と塩サバの組み合わせが最高です。
主人が毎朝淹れてくれるほうじ茶の味が微妙に日によって違うのも一興。
お茶パックでは出来ないお茶の楽しみ方です。

20200728 00006.png

先ほど、クロネコさんが日本酒を届けてくれました。

あれ?
我が家では、配達物は翌日届けてくれるものも敢えて断り、土曜日の午前中に集中して届くよう依頼しているはず。
主人にメッセージを送ったところ、主人もあれ?と。

どうやら何かの手違いで、先日届いた限定酒が再度同じ内容で配達されてしまった様子。
一瞬喜ぶ主人。
ですが考え直して先方さんにご連絡をいれたところがまた主人らしいところ。
実のところ、私も多少はこのお酒、我が家のものになるのでは?なんて淡い期待を抱いておりました。
まもなくクロネコさんが回収にいらっしゃるとのこと。

ちょっとだけ楽しい思いをさせて頂きました。
ですが良かった。
先方さんも間違いに気づいていたそうで、もしこのままホクホクと横領していたら今後そういう人間だと思われてしまうもの。

居心地悪いお酒は飲まない、これが我が家のお約束。
火曜日、今日は週に2回こっきりのお酒を控える日です。


illust-raineyday1-thumbnail2.jpg


posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする