2020年05月28日

具沢山太巻き寿司と小さなおやつ

昨日は良いお天気でした。
特に早めの夕方、そう、主人の在宅稼業が終わる頃。

お昼前からぐんと上昇した気温がちょっと落ち着き、心地良い風が窓から窓へ家の中を通り過ぎるあの心地良さ。
そしてまたどちらからともなくふたりの目線はワインセラーへ。
お手頃価格のスパークリングワインをケロリと2本空け、くだらないお話に盛り上がり笑いこけ、ご機嫌で就寝するのです。

・・・また飲んでしまったと若干の後悔を胸に起床致しました。
でも楽しかったからね。
今日のお昼は久しぶりの太巻き寿司ですよ。

20200528 000002.png

酔っぱらって眠りにつくのでお弁当メニューを深く考えることも出来ません。
そんな時は脇役からかためて参ります。

今日の朝はイワシでなく鯖の味噌煮が食べたい ⇒ ということは炊き立てのご飯が欲しいところ ⇒ ここは楽して朝昼兼用、ご飯を多めに炊いてやり過ごそう ⇒ お昼はご飯、そうだそうだ、高野豆腐や人参を煮た作り置き料理があったっけ ⇒ 楽して太巻き寿司だな、ここは

・・・こんな感じ。
ですので太巻き寿司の具は作り置き料理全員集合。

20200528 000006.png

甘辛く煮た油揚げは重宝致します。
いつでもきつねうどんやいなり寿司がちょちょいっと出来るから。

圧力鍋で煮る煮物は作り置き料理の定番。
彩りの面取り人参は何かと重宝いたしますし、煮魚にちょっと添えるだけで栄えますからね。

油揚げや煮物の人参、高野豆腐を太巻き寿司の具にするだけでは物足りず、アボカドや長芋まで足したらはち切れんばかりに具沢山な太巻き寿司に仕上がりましたよ
そうそう、具を並べている最中にふと思いついたふきの葉っぱも急きょ参加。

20200528 000005.png

頂いたふきの葉っぱを豆板醤漬けにして保存してあります ⇒ ☆彡2020年05月18日
これ、本当に重宝するんですよね。
沢山頂いたふきの葉っぱ、冷凍なんかせず全て豆板醤漬けにすれば良かったと後悔するほど気に入っております。

20200528 000001.png

それにしてもよくこれだけの具を巻けたものよと自画自賛。
1合ちょっとのお米で朝・昼とふたり分を賄うなんてと、更に自画自賛。





十六雑穀を混ぜてご飯を炊いたら、お気に入りの配合で準備した寿司酢(☆彡)を混ぜます。

20200528 000009.png

アボカドと長芋にも寿司酢をからめ、変色防止を図りましょう。
海苔の上にご飯を均一にひろげたら、ふきの葉の豆板醤漬けをひろげて具を並べます。
甘辛く煮た油揚げ、煮物の人参は薄切りにして。
長芋、高野豆腐、アボカドと続きます。

20200528 000007.png

恐れず一気に巻いたらラップで包み直して巻きすでおさえ、数ヵ所を輪ゴムで留めて酢飯と具をなじませます。

20200528 000012.png

その後ラップごと切り分けます。
そっとラップを取り除いて出来上がり。

20200528 000010.png

20200528 000011.png






table_s.gif







作り置き料理で脇をかためます。
が、週末も近づいたというのに、冷蔵庫に鎮座している2丁ものお豆腐が目に留まりました。
つい調子にのって頼み過ぎました、お家でイオンさんに。

このお豆腐を使ってお弁当のお菜を一品。
水気をしっかり切った炒り豆腐はお弁当にも日本酒のお供にもぴったりな一品。

20200528 000004.png





  1. 木綿豆腐はしっかりと水切りをします。
    バットの上に網を重ね、キッチンペーパーに包んだ木綿豆腐を置いて重石にストウブの蓋。
    16cmサイズのストウブはご飯を炊くにもぴったりな大きさ。
    お豆腐の水切りにも大変適しております。
    30分ほどおいてしっかりお豆腐の水切りを済ませましょう。

    20200528 000013.png

  2. 胡麻油で短冊に切った人参を炒め、水切りしたお豆腐を手で崩し入れます。
    ひじきと干しシイタケは戻さずそのまま加えます。
    それでも出るお豆腐の水気、後ほど加える調味料を良い感じで吸収してくれます。

  3. 全体に油がなじんだら、お酒・みりん・お醤油を合わせて加えましょう。
    ちょっとぴりっと実山椒も軽く砕いて加えます。

    程よく水分が飛んだら、刻んだネギ(新玉ねぎの葉ですが)と粗く砕いた胡桃も加えて火を止めます。
    胡桃は予め予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしてから加えます。

    20200528 000015.png20200528 000016.png
    20200528 000017.png


    この類の頼り甲斐ある和風な作り置き料理、多種作っておくと気持ちに余裕が生まれます。

    20200528 000014.png





手綱こんにゃくや干し筍の煮物で隙間を埋めて、主人のお弁当の出来上がり。

20200528 000003.png





table_s.gif





今日の太巻き寿司の道しるべとなった鯖の味噌煮。
ファーストリリースの味わいとはまた異なる、お味噌がしっかりなじんだ格別な美味しさです。
小骨に悪戦苦闘する隣の主人を目の端に見るのも楽しい。

炒り豆腐で残った人参は小さな乱切りにしてお味噌汁に。
最初に胡麻油で人参をさっと炒めてから煮干し出汁を注ぐ、こってりお味噌汁が主人は大のお気に入り。
お茄子だけでなく人参もこの手順で。

20200528 000008.png

今朝は久しぶりのおめざ、ヨーグルト用の木匙に乗る小さなおやつ付きです。

20200528 000018.png

実はこの小さなおやつ、昨日焼いた食パンの端っこで拵えたチョコレートラスク(☆彡)のリメイクおやつ。
食パンの艶出し用に使った卵黄の残りを使った苦し紛れのチョコレートラスク、更にそのラスク生地のリメイクを図ったというややこしいおやつです。





誕生までの工程はややこしいのですが、作業そのものは単純明快。
ラスク生地をビニール袋に移し、ちょんっとその端を切ってオーブンシートの上に絞り出します。
尖った部分を少し指先をお水で湿らせておさえておきましょう。

20200528 000020.png

アーモンドは予め予熱なしのオーブン160℃で10分ローストしてあります。
生地の上に並べ、中ざら糖を散らして200℃に予熱したオーブンへ。

20200528 000021.png

設定温度を180℃にして生地の表面が乾いた感じになるまで8〜10分。
とてつもなく簡単な小さなおやつでした。

20200528 000019.png






さて。
外出自粛とかこつけ延々先延ばしにしておりました眼科の定期健診。
今日は昨日の夕方宜しく清々しい良いお天気ですもの。
Amazonさんでちょっと高めを納得しつつ取り寄せたマスクをしかと着用し、用心に用心を重ねて行ってきましょうか。
 
タイミングよろしく主人も帰宅しましたしね。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:20 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

自家製スナップエンドウ大豊作〜初夏のエンドウご飯

とっても素敵な手作りマスクを頂きました。
可愛らしいマスクです。

淡いレモンイエロー、女郎花色とでも申しましょうか、優しいコットンレース生地のマスクです。
紐も、淡い黄色に良く合う淡いグレーの縁取りが施された可愛らしいコットンのストレッチレース。
縫い糸にまで淡いレモンイエローが使われています。

何より嬉しかったのが、口伝てに主人から聞いた言葉ではありますが『奥さまのイメージにぴったりだと思って』
・・・昨日はこのマスクを眺めては終始ニヤニヤ上機嫌でありました。





さて。
先日の日曜日が雨空でしたので、変則ではありますが昨日早々と帰宅した主人と畑に行って参りました。
初夏を想わせる小さなお結びさんが本日のお昼ご飯ですよ。

20200513 00004.png

今はスナップエンドウの収穫期。
スナップエンドウの栽培は初めてではありませんが、これだけの大豊作は初めてです。
収穫したスナップエンドウが重いと感じたのはこれが初めて。
何キロ収穫出来たのかしら。
ずっしり重いスナップエンドウの量に大喜びでございます。

窮屈そうなデーツを間引き、最後の春キャベツの収穫を経てホコホコと帰宅致しました。
手のひらサイズのキュートなキャベツ、明日半分に切ってスープにでもしましょうか。

20200513 00001.png

スナップエンドウが大豊作とは言え、ここ数日雨が多く気温も高い日がチラホラありましたので、食べ頃を逸してしまったスナップエンドウもちらほら。
でも大丈夫。
パンパンに太って色合いも悪くなったスナップエンドウは、実えんどうとして美味しく頂きましょう。

20200513 00009.png

初夏になると食べたくなる豆ご飯、色合いも含めて大好きなご飯です。
豆は先に茹でておき、豆の茹で汁を少し足したお出汁でご飯を炊きます。
お豆にしわも寄らずふっくら、そしてしっかりお豆の風味が楽しめます。

20200513 00008.png

そして夏になると無性に食べたくなる青紫蘇。
青紫蘇と一緒に海苔でくるりと巻いた豆ご飯のおにぎりは、お茶碗で頂く朝の豆ご飯とはまたちょっと違ったお楽しみ。
ヴィンテージ2019の自家製梅干しを添えて。
2019年度製の梅干しはこれがファーストリリースです。

20200513 00002.png

海苔の裏表を間違えてふたつのお結びさんがちぐはぐなのはいつものご愛敬。

20200513 00003.png





  1. 食べ頃を逸した太り過ぎ、莢の汚れが目立つスナップエンドウを選り分けて莢から出します。
    お水が煮立ったところにお酒、少量のお塩を加え、再度煮立ったらお豆を加えてひと煮立ち。
    火を止めそのまま冷まします。

    20200513 00012.png

  2. いつも通りにお米を洗い、合わせ出汁+お酒+1の茹で汁を全体の1/4量程度を合わせていつも通りに炊きましょう。
    今日は押し麦入りです。

    20200513 00014.png

    炊き上がったご飯を少し蒸らしたら、茹でたお豆の茹で汁を切って加えます。

    20200513 00013.png

    さっくり混ぜ込んでふっくら艶々豆ご飯の出来上がり。

    20200513 00015.png

  3. ふわりと小さな三角に結び、半分に切った青紫蘇を少し覗かせるように海苔を巻きましょう。
    余った海苔を後ろに折り込んで出来上がり。

    20200513 00005.png







table_s.gif





兎に角ずっしり重いくらいの量のスナップエンドウです。
莢から出すだけ、スジを取るだけでも大変です。
すぐにヘナっとしてしまうデリケートなスナップエンドウですから日持ちは全く期待致しておりません。
どうにかこうにか美味しく飽きずに食べられるよう、色々と試行錯誤する所存でございます。

20200513 00007.png

スナップエンドウと真摯に向かい合う為、今日のお弁当は作り置き料理を詰めるに止めました。
いえ、最近はずっとこんな調子ですね。
ファーストリリースの自家製梅干し、ふっくらやわらかで出来は上々です。
気付けば今年も間もなく梅を仕込む頃合いですね。

20200513 00010.png





table_s.gif





朝は炊き立ての豆ご飯。
豆の茹で汁を少量足してお出汁で炊く豆ご飯、自家製のスナップエンドウとなれば美味しさもまた格別です。

手のひらサイズの小さなキャベツ、それでも普段お味噌汁に使っております冷凍キャベツとは風味も別格。
初夏の自家製野菜は何故こうも心が躍るのでしょう。

20200513 00006.png





我が家のお味噌汁は煮干し出汁。
さっと乾煎りした煮干しはそのまま具の一員にもなります。
『苦い』ともよく言われる煮干しですが、我が家の煮干しは本当に美味しい。
主人が取り寄せてくれるこの煮干し、配達される段ボールにスマイルマークがいつも描かれているのも嬉しい。

実際、我が家ではこの煮干し、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストして日本酒のお供にも致します。
カタクチイワシの中に今朝はアジらしい輩を発見。
なんだかちょっと嬉しい。
私のお椀の中になかったところを見ると、主人が大当たりだったようです。

20200513 00011.png






平日の畑作業もなかなか楽しいものです。

今までどうも1本調子の出なかったオリーブも、この陽気のせいか随分と逞しくなってきました。
まだまだへなちょこではありますが懸命に生きております。
オリーブの足元で自生しておりますコリアンダー、すっくとオリーブと平行に成長しオリーブと同化しております。
小さな白い花をつけたコリアンダー、遠目ではまるでオリーブの花が咲いているよう。

昨年の夏、不本意ながら枯らしてしまったルバーブですが、今年蒔いた種が順調に育っております。
フェンネルの頼りない発芽も確認致しました。
そして何より、アーティチョークが今週末辺りにひとつではありますが収穫出来そうです。





昨日の畑作業の後、ロゼが美味しかったなぁ。
収穫したばかりのスナップエンドウをさっと茹でて何もつけずにポリポリと。
いつかこれを自宅でなく畑でやりたい、今の主人の野望です。


kit32.gif




posted by しんさん at 14:31 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

ふきご飯、そしていなり寿司風

先日頂いた掘りたての筍、そして摘みたてのふき。
どちらも新鮮なうちに下茹でしてアク抜きまで済ませ、筍ご飯や香り高いシンプルなふきの煮物等して楽しみました。
食べ切れない分は干し筍にしたり冷凍したり。

さて。
もともとが出不精で自宅に籠ることをこれっぽっちもストレスに感じない性分。

これ幸いとばかりにスーパーマーケットやドラッグストアにも行かず、食材調達や日用品の調達はもっぱらオンライン。
オンラインショッピングばかりではいつもより出費も嵩むだろうと、主人からは当面月1万円の助成金支援のありがたいお申し出。
しめしめとばかりほくそ笑んでおります。

今日は冷凍しておいたふきを取り出し、ふきご飯など拵えてみましたよ。
ふきの風味に満ちた美味しいふきご飯、お昼には甘辛醤油味を煮含めた油揚げに詰めて。
ふきご飯のいなり寿司風です。

20200512 00001.png

これね、すごく美味しい。
ふきご飯というのも初めてでしたが、その美味しさは評判以上。
冷凍しておいたふきですので若干風味は劣りますが、それでもふきの力強さは健在。
今年初めて挑戦した食材でしたが、ふき、これは毎年挑みたい食材のひとつです。

ふきの風味を存分に味わう為、味付けは極々控えめに致しました。
お出汁で炊いたご飯に極少量の白だし醤油。
ですので甘辛く煮た油揚げとも抜群の相性です。

20200512 00002.png

外出自粛解除がささやかれておりますが、私、もうしばらくこのまま外出自粛生活を続けようかとも思っております。
いえ、多分そうするでしょうね。

20200512 00003.png






  1. 板摺りをしてから茹で、お水にひと晩浸してアク抜きをしたふき ⇒☆彡
    茹で時間不足のためにアクが残って黒ずんでしまいましたが、これも経験。
    冷凍しておいたフキを合わせ出汁でさっと煮てそのまま冷まし、適当な長さに切っておきましょう。
    ふきを煮たこのお出汁でご飯を炊きます。

    干しシイタケ・鰹節・昆布を合わせてお水を注ぎ、ひと晩冷蔵庫に入れておくだけの合わせ出汁。
    とても重宝致します。

    20200512 00008.png

  2. 研いだお米に押し麦を足し、ふきを煮た合わせ出汁・お酒・極少量の白だし醤油を合わせていつも通りご飯を炊きましょう。

    20200512 00007.png

    ご飯をいつも通り蒸らしたら、1のふきを加えて混ぜ込みます。
    はい、これだけのシンプルなふきご飯、これが抜群に美味しいのです。

    20200512 00009.png

  3. 足の速い油揚げは、甘辛お醤油味で味付けをして作り置き料理として保存するのが常。
    これ、何かと重宝するのです。
    卵でとじて丼、きつねうどん、アボカドを詰めて日本酒の肴、刻んで納豆に混ぜる・・・頼りになります。

    以前は頑なにコトコト煮含めておりましたが、最近は電子レンジで簡略化。
    自己満足に浸るだけでは自分が草臥れるだけですからね。

    調味料の配分は、お水100tに対してお酒・みりん・てんさい糖・お醤油を大さじ1。
    ちょっと甘めの味付けがお気に入りです。
    耐熱ボールに全てを合わせ、軽く電子レンジで加熱して温めててんさい糖を溶かしましょう。

    油揚げは使いやすい大きさに切って油抜きをしてザルにあけ、粗熱が取れたら両手に挟んでしっかりと水気を絞っておきます。
    合わせ調味料に浸し、ラップを油揚げに密着させて先ずは1分、上下を返して更に1分。
    その後はラップを外し、1分ずつ加熱しては上下を返しながら煮汁が殆どなくなるまで。
    5〜6分も加熱すればばっちり味がしみた油揚げに。
    少々重なっていようが、折れ曲がっていようが、そこは電子レンジの底力、意外としっかり全体に味がしみています。

    この後、庫内にたっぷり蒸気が蔓延しておりますのでお掃除にも良いタイミング。

    20200512 00012.png20200512 00013.png
    20200512 00011.png


  4. 崩れそうにほろりと小さなおむすびさんをふきご飯でにぎり、甘辛醤油味の油揚げに詰めましょう。
    今日は青紫蘇を彩りに。

    20200512 00010.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今週は日曜日が雨でしたので、畑にも行けず余計に食材が不足しております。
ですが当たり障りのない食材を『お家でイオン』でお願いしてあります。
久しぶりの手綱こんにゃくに主人は大喜び。
鷹の爪を加えたピリッと辛い甘辛お醤油味、主人の好きな味ですものね。

20200512 00005.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





やや塩気の強い塩引鮭との関係もあって、ふきの息吹感じるシンプルなふきご飯はぴったりなチョイス。

久しぶりに拵えた煮なます。
いつも具のひとつに加える油揚げをつい全部甘辛く煮てしまいました。
ならばと加えた胡桃、うん、なかなか良いアクセントになって味もまとまりました。

20200512 00006.png

今日は良いお天気です。
日曜日に随分降った雨も、昨日、今日と二日続きの晴天で程よく畑に潤いを与えてくれているのではないかしら。

間もなく主人が帰宅します。
つなぎに着替えて畑に向かいましょう。
ひと足早く午前中畑に行った母の情報では、スナックエンドウが大豊作らしいですから。

ベランダに干してある敷きパッドを取り入れて、畑に向かう準備をしましょうか。





sagi.gif



ラベル:ふきご飯
posted by しんさん at 13:28 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

晩春の味、筍とフキ三昧

気のせいでしょうか、最近全くの赤の他人も含め人が優しくなったような気が致します。

不要不急の外出は致しておりませんが、それでも時には食材調達のためスーパーを利用します。

一昨日、予期せず主人が職場の方から朝掘りの筍と立派なフキを頂いて帰宅致しました。
これは貴重な晩春の味とばかりに私の実家と主人の実家、まるで、そう、“かさ地蔵”よろしくそれぞれの実家の玄関の前に筍とフキのお福分け。

私の実家ではインターフォンのカメラ越し、スマホ愛用者の義母はライフ360でお福分けの到着を確認して各々家庭の味に。
これはこれで楽しい“かさ地蔵的コミュニケーション”、とばかりに心満たされての帰宅でありました。

あ、いえいえ、本題は人が優しくなった気がする、ってお話。
道中、車ですれ違うマスク姿の人たち。
家族連れもあればおひとり、カップル等様々ですが、ちょっと道を譲ったりの日常行為に対しても穏やかな笑みを返してくれる確率高し。
マスク越しの微笑みですが、『ありがとね』の気持ちが車中からとは言え明らかに伝わってきます。

そしてその傾向は主人にも。
お隣のお庭の桜が散ったと思ったら、今度は色とりどりのツツジが満開。
主人と窓を開けてツツジに和んでおりましたその時、主人が言いました。
『これだけお世話になっているんだからさぁ、もう少し仲良しだったらワインの1本でもお届けしたいよね、いつも綺麗なお花をありがとうございます、って』

ほら、やっぱり。
こんなこと言う人じゃなかったもの。
人が優しくなっている、これ、気のせいじゃぁないってば。





で、

昭和の日を翌日に控えた先日火曜日。
主人がその重さにヨレヨレになりながら帰宅した立派な朝掘り筍、そしてフキ。
筍の重みで破れた紙袋を見ても、主人が相当苦労して運んでくれたことが分かります。
それ程に立派な筍、そして初めてみるフキの全貌、フキってこんなに長いのねと感心致しました。

前述の通りかさ地蔵スタイルでお福分けを果たした後、私も早速これら晩春の食材に挑みました。

20200430 00001.png

エグみが少ない筍なので糠がなければお米で大丈夫、とのアドバイスをあっさり聞き流して少量残っておりました重曹で筍を下茹で。
だって主人が選んでくれる我が家のお米、高価なんですもの。
つい貧乏性の血が騒いでしまいました。

びっくるするような色に茹で上がりましたが、不思議なほどエグみは感じられず大成功。
少々の変色はこの際ですもの、許容範囲と致します。
もちろん春にいちどは食べたい筍ご飯に。

20200430 00007.png

生憎油揚げはありませんでしたが、マイタケの軸部分をたっぷり一緒に炊き込みました。
お出汁で炊いた筍ご飯、それぞれの実家でもきっと食卓に上っていることでありましょう。

20200430 00009.png

お弁当用には小さなお結びさんに。
薄焼き卵で巻いてちょっと遊んでしまいました。
穂先部分を山葵風味のお醤油味で炒りつけてちょこんとトッピング。

20200430 00008.png

初めての食材、フキは葉っぱと茎部分に分けて。
お鍋に入る大きさに切り分け、たっぷりのお塩で板摺りした後、お塩を流さずそのまま熱湯の中へ。
食感が残る程度に茹でて冷水にとって皮をむき、時々お水をかえながらひと晩冷蔵庫でアク抜きをします。

そして翌朝、フキの変色にがっくりと項垂れます。

どうも茹で方が足りないとアクが抜け切らず変色の原因になるのだとか。
お鍋の直径より少々長かったものね、フキ。
変色の原因はここだ。
それでも致命的でもあるまいと、変色の激しい部分を選ってきんぴらに。
綺麗な部分は食べやすい長さに切って冷凍保存。

フキの葉っぱはお塩を加えた熱湯でさっと茹で、冷水にとって色止めをします。
時々お水をかえながらひと晩かけてアクを抜き、半量はきつく絞って冷凍保存。
半量はフキの葉味噌、そして胡麻油で炒めてピリ辛風味の佃煮にしてみましたよ。

胡桃入りのフキの葉味噌がお気に入り。






茹でてアク抜きをしたフキの葉っぱを刻んで更に絞り、刻んだ胡桃と一緒に乾煎りします。

20200430 00005.png

一旦取り出し、お好みのお味噌・お酒・みりん・お砂糖・酒粕を合わせてぽってりするまで煮詰めましょう。
ここに乾煎りしたフキを戻し入れ、軽く加熱してなじませれば出来上がり。

20200430 00004.png20200430 00003.png
20200430 00002.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





木の芽でもあればもう少し彩り良くも仕上がったのでしょうが。
ま、自由にお買物が出来る状況下であったとしても、私のことですからわざわざ木の芽など買わないでしょうしね。
旧畑の山椒の木、今頃傍若無人に我が物顔で枝を四方八方にのばしていることでありましょう。

20200430 00011.png





薄焼き卵に使った溶き卵をちょっとお菜に拝借、お豆腐のハンバーグを添えましょう。

木綿豆腐と乾燥ひじきを合わせ、木綿豆腐の水気をひじきに吸収させます。
溶き卵や玉ねぎ、面取り人参の切れ端やアボカド等々を足してまとめ、胡麻油で両面こんがり焼きましょう。
練り山葵・お醤油・みりん・お酒を足してジュッとまわしかけ、さっと絡めて出来上がり。

今後、我が家の山葵はチューブを卒業して粉山葵となります。

20200430 00013.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今日からしばらく、朝食の納豆に添えるのはフキの葉の佃煮。
ちょっと濃いめに味付けをしたフキの葉が納豆のタレ代わりです。

20200430 00012.png

初めての食材に失敗はつきもの。
実はこのフキの葉佃煮、まるできしめんのように長いのです。
大きなフキの葉っぱですもの、大根や蕪の葉っぱのつもりで切っていては当然こうなります。
朝、納豆を食べながら長い長いフキの葉っぱの佃煮にひと笑い。





沢山いただいた筍、昨日はさっとソテーしてアンチョビソースを添えてロゼのお供に致しました。
週末はパスタにするつもり。
ですが足の早い筍ですもの、一部は保存食にと企んでおります。

頭の良い人は本当にご賢明でいらっしゃる。
素敵な筍の保存方法を見つけました。
干し筍、しかも一旦冷凍してから干すという画期的な方法で。

今、我が家のベランダでは主人のウルトラライトダウンと筍が干されています。




2018-06-21T13_36_57-90072-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:25 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

米粉の薄焼き、キャベツの薄焼き、アンチョビ・ブラックペッパー風味の薄焼き

ゴールデンウイーク間近となりました今、観光地が懸念する人々の移動。
新型コロナ感染拡大防止の一環で呼びかけてきた外出自粛が、連休という形で危ぶまれるというのもとても残念なお話です。

そして今朝、主人から重大発表がありました。

楽しみにしておりました、今年9月、往復ファーストクラスで行くニューヨークとカリフォルニアの旅。
ニューヨークでは随分後回しにされておりました結婚指輪をティファニーで買おう、と。
私が主人にプレゼントするつもりでお小遣いも貯めて参りました。
高価な着物はとても無理ですが、ティファニーカラーの帯揚げを新調致しました。

ブロードウェイで観るミュージカルの演目も決まっておりました。
レッドソックスvs.ニューヨーク・ヤンキースの試合が私の初めての野球観戦、運が良ければマー君が見られるよ、と主人。
主人はスーツのハーヴィーよろしくホットドッグを食べながら歩くんだ、と。

一転カリフォルニアではのんびり、レンタカーでいつものワイナリー巡りを予定致しておりました。
また主人はワインを山ほど買って帰国するんだろうな、と。

全てキャンセルするそうですよ。
賢明だと思います。
どうせティファニーカフェはリノベーション工事中で閉鎖されている期間でしたし。
行くつもりでいた主人が何故急にこうしたのかは定かではありませんが、大丈夫、ニューヨークに行かずともふたりでいられれば楽しいから。

主人のことだもの、またもっと楽しい旅行を計画してくれることでしょう。
ファーストクラスだって主人は熟睡出来なかったしね。
しばらくはお家で。
我が家のゴールデンウイークはプロヴァンスのロゼワイン飲み比べです。





そして今朝、私は不思議なモノを焼きました。

20200428 00001.png

目指していたのは“薄焼き”です。
あの、ほら、よく『屋台の味』と評されるネギや桜エビが入って、くるくるっと巻いてあったり半分に折ってあったりするアレですよ。

ネギはなかったのですが、何しろ収穫した自家製キャベツは豊富ですから。
食材ありきはいつものこと、ネギをキャベツに、桜エビの代用は悩んだ結果のアンチョビに。
ならばいっそのこと洋風にしてしまおうと、チーズ、黒胡椒をふんだんに使った洋風の薄焼きとでも申しましょうか。

20200428 00005.png

刻んだキャベツをたっぷり生地に混ぜ込み、薄くフライパンに流して表面にペコリーノロマーノと黒胡椒をたっぷりと。
新キャベツにアンチョビって本当に相性が良いもの、大好きな組み合わせです。

こんがり焼き色がついた生地をクルクルっと巻けば・・・

20200428 00003.png

お好み焼き粉や小麦粉の代用に米粉を選んだのが間違いだったかしら。
米粉って焼くとこんなもっちり食感になるのね、存じませんでした。
しかもクレープのように扱えるかと思いきや、なんとも独特な触感で巻くなんてとても無理。
無残にもボロボロな米粉の薄焼きを披露する羽目と相成りました。

20200428 00001.png

週末、ふたつめの自家製キャベツを収穫して自信に満ち満ちております。

ひとつめのキャベツは全く虫に食われておりませんでしたが、ふたつめにはチラホラと虫食い穴が。
虫ってね、面白いんですよ。
気付くんです、見慣れない野菜には最初近づかないのですが、やがて気付くんです。
あ、これ、食べられるじゃん、美味いじゃん、という具合に。
チャレンジして、学習して、そして安住する、野菜の中に。
なので無下に憎むことも出来ないのです。






次回は是非小麦粉で再チャレンジ、その為にも備忘録。

  1. ペコリーノロマーノをフードプロセッサーで粉砕して取り出しておきましょう。

    20200428 00009.png

  2. たっぷりのキャベツアンチョビをフードプロセッサーに合わせて刻みます。
    米粉 60gお水 180tをボールに合わせてよく溶き混ぜ、刻んだキャベツを加えて合わせましょう。
    立派なキャベツでしょ、自家製ですよ、自慢ですよ。

    20200428 00008.png
    20200428 00010.png20200428 00011.png


  3. 極薄くオリーブオイルをすり込んだフライパンを温めたら、一旦ぬれ布巾の上で冷まします。
    再度温めてから生地を薄く流し、お玉の背を使ってのばしましょう。

    じっくりと弱火で焼き、ペコリーノロマーノ黒胡椒をたっぷりと散らします。

    20200428 00012.png

    生地の縁に焼き色がつき、チリチリっと浮いてきたら巻きましょう。

    多分、小麦粉ならばもう少し扱いやすいのではないかしら。
    米粉で焼いた薄焼きは、まるでそう、ライスペーパーのようなモチモチとした食感、初食感な薄焼きでありました。
    キャベツ、アンチョビ、チーズの薄焼き、アイデアはなかなか面白かったと自負致しております。






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





米粉で拵えた薄焼き、まるでライスペーパーのようにモッチリ・・・
で、思い出しました。
韓国土産で頂いた小ぶりなライスペーパーがまだ残っていたことを。

幸いフードプロセッサーをまだ洗っておりませんでしたのでもうひと仕事。
鶏のささ身、玉ねぎ等をフードプロセッサーで攪拌し、ライスペーパーの焼売風。

20200428 00007.png






鶏ささ身、たっぷりの玉ねぎ・生姜をフードプロセッサーに合わせて攪拌します。
これをボールに移し、木綿豆腐・あられ切りにした山芋・ごま油・オイスターソース・お醤油を加えてお豆腐を崩すようにしながら混ぜましょう。

ライスペーパーをさっとお水にくぐらせ、肉種をふくさ包みにします。
オーブンシートを敷いた蒸しすの上に並べ、5分ほど蒸せば出来上がり。
これ、意外なことに冷めても美味しいのです。

20200428 00013.png20200428 00014.png
20200428 00015.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今朝の主食は、以前拵えて冷凍しておいた銀杏ご飯。
日本酒を小さなスプレー容器に入れて冷蔵庫に常備してあります。

ご飯を温める時、意外なようですがバゲットを温める時、シュッとひと吹きふた吹きする等々とても登場頻度が高い我が家のスプレー料理酒。
晩酌用の日本酒も同じものを使っております。
パック酒があるから造り込まれた日本酒が際立つというもの。
いえ、我が家で愛飲致しておりますパック酒はお手頃価格で味が良いのでも知られておりますけどね。

20200428 00006.png

継ぎ足し継ぎ足し煮詰めております鯖の味噌煮の煮汁、これも立派な我が家の味になりました。
そうね、ニューヨークのキャンセルは痛手でしょうが、主人の選択は立派だと思います。

・・・まだちょっと期待している往生際の悪い私がいるのも事実ですけどね。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:54 | Comment(3) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする