2017年11月15日

人参・りんご・チーズ・胡桃のパイ

隔週で取り寄せております “近藤けいこナチュラルベジタブル” の野菜セット。

先日届いた野菜の中に、葉っぱ付きの小さな可愛らしい人参がありました。
この人参を見て、絶対作りたい絶対作ろう、そう心に決めておりましたのが本日拵えた人参のパイ。

皮つきの小さな人参を丸ごとパイ生地に埋めてみました。
近藤さんの安心な野菜だからこそ出来るお料理です。

タイミングよろしく、主人が長野から小ぶりなりんご “名月” を取り寄せてくれました。
人参の下には、甘酸っぱいりんごの風味を活かしたペコリーノローマーノがたっぷり。

お料理の過程がたまらなく可愛らしい人参のパイ。

人参の脇役として散らした胡桃の食感もよろしく、とても私好みのパイに焼き上がりました。
なによりこの可愛らしい佇まいが私好み。

平日はワインを含めアルコール全般を控えておりますが今日は特別。
はるばるサンタローザから、思い出のワインが間もなく届きます。

4つ拵えた人参のパイ。
もう1つと湧き上がる欲望をぐっと抑え、お昼は1つに止めましょう。
今宵、届いたワインを試飲する傍らにこの人参パイを添えましょう、そして主人と旅の思い出話。
朝からワインの到着を心待ちに致しております。





冷凍パイシートを使った人参のパイ。
もちろん冷凍パイシートはBELLAMYS。
  1. 先ずは人参をストウブで蒸し焼きにしましょう。
    電子レンジや蒸し器でも当然事足りますが、せっかくならばお弁当のお菜と同時進行で。
    本日は蕪のポタージュをお弁当用に拵えます。

    ニンニク・玉ねぎを太白胡麻油で炒めましょう。
    弱火にしてストウブの蓋をしじっくり蒸し焼きにしたところで蕪・少量の押し麦を加え、少量のスープストック・極少量のお塩を加えてひと混ぜしましょう。
    この上に人参を並べ、弱火で蓋をして10分間。

    しばらく蒸らした後、人参だけを別皿に取り出して冷ましておきます。

  2. ざっくりと砕いたペコリーノローマーノ
    皮をむいて適当に切ったりんご
    包丁の腹でつぶしたニンニク・ホールの黒胡椒

    以上をフードプロセッサーに合わせましょう。
    滑らかに回転するよう少量のオリーブオイルを垂らして粉砕します。

  3. 長方形にカットした冷凍パイシートにピケをし、2をたっぷりと盛りましょう。
    ここに人参をぐっと押し込みます。

    これだけではちょっと寂しいので、予め乾煎りしてざっくりと砕いておいた胡桃を散らします。

    パイ生地が膨らんでせっかくの人参が転がり落ちてしまわないよう、リボン状にカットしたオーブンシートを通し、両端をひねって留めておきましょう。
    ・・・なんだか愛らしい。

  4. 200℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を180℃にして先ずは15分。
    その後更に温度を160℃に下げ、様子を見ながら2〜3分焼いて出来上がり。

    網の上にそっと移し、人参を固定したオーブンシートをそっと外しましょう。

    チーズがしっかりと効いた丸ごと人参の可愛らしいパイ。
    ひとつは本日のお弁当の主食、もうひとつは今宵のワインのお供に。











人参の蒸し焼きと平行し、本日のお菜であります “蕪のスープ” はほぼ出来上がっております。
ちなみにここで使った蕪も近藤ファームの野菜、皮も葉っぱも安心して食べられます。






  • 少量のスープストックを注ぎ、ストウブでじっくり蒸した皮つきの蕪。
    フードプロセッサーに残ったペコリーノローマーノを綺麗にするにも一石二鳥、ここに加えてピュレ状にします。

    後はお鍋に移し、牛乳でのばしてお好みの味付けを施すだけ。
    味付けをうんと控えめにし、自家製ケールの佃煮を添えてみました。
    仕上げに胡麻をひねって出来上がり。











早々とお弁当が出来上がってしまいましたので、今朝は余裕で朝食の準備。
今週はイワシが手に入らず、いつもの常備菜であるお酢煮を拵えておりません。
イワシの干物か冷凍しめ鯖を使い、朝食の一員と致しております。

今朝はしめ鯖。
畑で群生しておりますパクチー、風味の強いパクチーとしめ鯖の組み合わせは主人も私も大好き。
今朝はここに自家製落花生で拵えた味噌ピー (☆彡) を合わせてみました。






  • パクチーは綺麗に洗い、根と根に近い茎の部分は細かく刻みます。
    それ以外はざく切りに。

    アボカド・味噌ピーと合わせて丁寧に和え、しめ鯖に添えれば出来上がり。
    ちろりとオリーブオイルを回しかけて召し上がれ。






  • 先日茹でて干しておいた大根葉は、お酒とみりんで炒りつけて菜飯風の混ぜご飯に。
    薄皮をむいた銀杏と一緒にストウブで炊いたご飯、火を止めたら炒りつけた大根葉をさっと加え、一緒に蒸らします。
    蒸らし終わったらさっくりと混ぜ込んで出来上がり。






お弁当のスープに使った蕪、半分は朝食のお味噌汁に。
少量ついていた葉っぱも具にして完食致しました。

先程お待ちかねのワインが届きました。
間もなく主人も帰宅し、ワインのお片付けを始めることでしょう。
そして早々とふたりだけのワイン会が始まります。
サンタローザの思い出のレストランで飲んだワインを注いで、人参のパイをつまみながら。
明日に響かない程度に軽く、平日の禁酒ルールを破ります。
たまにはこんな日もないと続かないものね。





今朝、主人の体重は念願の65キロ台になりました。
66キロを1週間近く保った末の65キロ台。
どうやら主人の体の抵抗力に、私の食事療法が勝利したようです。
今宵のワインはささやかなお祝い、そう二人で言い訳をしてのルール破りです。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 14:18 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする