2024年06月10日

ぽんがる有機農園

野菜のお取り寄せに目覚めた主人。

週明けに届く予定だった野菜が、突如週末土曜日に届くことになったり、彼らしい変更は様々ありますが、実は私も楽しんで野菜が詰まった段ボールを都度受け取っております。

今回届いた野菜は茨城県から。
『ぽんがる有機農園』さんから届いた野菜、胸ときめく開封の瞬間です。

20240610 00001.png

シンプルに無駄なく段ボールいっぱいの有機野菜たち。
可愛らしい紫色のコールラビ、ピヨンと一枚残った葉っぱが可愛らしくて頬が緩みます。

20240610 00004.png

キュッと窄まった頭、起き上がりこぼしのようなみさきキャベツ。
これらに少し曲がったズッキーニも加え、先ずは水キムチを仕込みました。

野菜が届いた数時間後、チキンソテーに添えたブロッコリーと人参のソテーが美味しかったこと。
なかなか使う機会がないまま寝かせてあった自家製塩レモンの本領発揮となった一幕でした。

20240610 00003.png





hsb5-thumbnail2.gif




日持ちがあまり期待できない葉野菜たち。
お花をいけるように、こうして極少量のお水に根本だけを浸して容器ごと野菜専用保存袋に入れ、そっと野菜室で保存します。

届いた直後より元気そうで、野菜室を開ける度に穏やかな気分になるのです。
主人がくれた小さな小さなデッキブラシがまた愛らしい。

20240610 00002.png

大好きな春菊は、お醤油洗いをしてから醤油麹で胡麻和えに。
先日ふと見かけた『釜揚げしらす』のにら醤油麹漬けを真似て。
紹介されていたレシピよりぐっと簡略版とはなりましたが、いつもの胡麻和えがちょっと余所行きの仕上がりになりました。

20240610 00005.png

立派な葉を蓄えた人参。
ざく切りにした葉っぱに茗荷、釜揚げしらすを合わせ、米粉でサクッとかき揚げにします。

20240610 00009.png

サクサクの揚げ衣は、冷凍卵白と米粉、そして高級玉露をこっそり忍ばせました。
かき揚げを揚げる片手間で、イワシの水煮缶にも米粉の衣をからめて揚げます。

20240610 00012.png

千切りにした人参、ズッキーニ、コールラビに薄切り玉ねぎとたっぷりの茗荷を合わせて甘酢漬けに。
揚げたての水煮缶イワシを脇に漬け込んでエスカベージュ風に。

20240610 00008.png





紫大根の葉っぱは、刻んでお塩をふってしばらくおきます。
甘酢漬け生姜を千切りにして合わせ、炊き立てご飯と白胡麻少々。
寿司酢の代わりに甘酢漬け生姜の甘酢を使った簡略酢飯。

20240610 00010.png

甘辛く煮た油揚げに詰め込めば、主人大好きな稲荷寿司の出来上がり。

20240610 00011.png

野菜たっぷりのお弁当を主人に持たせます。

20240610 00007.png





hsb5-thumbnail2.gif





今週も始まりました。
月曜日の朝食は西京漬けが週間ルーティーン、今日も良い焼き色です。

20240610 00006.png



kasanagagutsu-187x187.jpg

posted by しんさん at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

梅しごと 2024 始まりました

週末に届いた南高梅 3キロ。

週が明け、今日で追熟 2日目です。
ふわりとかぶせた新聞紙をめくると、ふわり甘い香りが立ちあがるようになりましたよ。

20240603 00008.png

今年の梅は、暖冬や3月の雹で数も少なく傷ついた子らが多いと聞いておりました。
ですがこの梅、十分に美しい梅が届いております。

20240603 00009.png

段ボールに詰められた窮屈な思いをしたであろう梅を、先ずはザルにひろげてリラックス。
雹被害なんて微塵も感じさせない器量良しばかりです。

20240603 00010.png

空気に晒して汗がひいたら、新聞紙をひろげたザルに移して追熟の準備です。
新聞紙を上にもふわりとかけ、風通しの良い直射日光の当たらない、我が家では西の窓際、木製長持の上がぴったりです。

取り敢えず夕方になったら、先ほど選んだ青い梅10個を洗って青梅煮の準備に取り掛かると致しましょう。

20240603 00011.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




らっきょうの甘酢漬けが終わったと思ったら、お次は梅、なかなか忙しいこの季節。
そうそう、楽しみにしていた今朝は『春菊ご飯』の出番ですよ。

20240603 00005.png

木曜日に届いた『きくち農園』さんの野菜たち ☆彡
イオンネットスーパーさんで葉野菜を買うことはあまりないので、農家さんから直接届く葉野菜たちを目にすると愛おしさもひとしおなのです。

油揚げのサンドウイッチで主人をびっくり仰天させた後は、我が家の定番メニューで春菊をお片付け。
お水に挿して容器ごとビニール袋に入れ、野菜室で保存した春菊は香りも食感も活き活きしておりました。




ざく切りにした春菊にたっぷりの釜揚げしらすを合わせ、煙が出るほどにしっかり熱した胡麻油を上から回しかけるだけ。
素早く和えて、炊き立てご飯の上にたっぷりと。
胡麻をひねれば出来上がり。

20240603 00012.png





お弁当用には、少し蒸らしてしんなりとさせた春菊を混ぜ込んでお結びさんに。
自家製柚子胡椒が隠し味です。

20240603 00004.png






そして、今週は変わり種の食材がひとつ。
『うつぼ』です。

随分と前から主人が楽しみにしておりました『ウツボのから揚げ』が週末に届きました。
揚げるだけになって、冷凍便で届いた『ウツボのから揚げ』
私の揚げ方に問題があったのか、ふたりとも今一歩盛り上がることなくワインも終盤、『残ったのは好きに使ってね』と主人。

冷凍してあった卵白に米粉を合わせ、これを糊代わりに大葉を巻き付け揚げてみましたよ。

20240603 00006.png





うん、そのまま揚げるより身がふっくらカリリ、良い感じです。

20240603 00007.png

そして出来上がったのが『ウツボのエスカベージュ』
スライスしたズッキーニに新玉ねぎ、茗荷、ほぐしてグリルしたシメジ、塩してしんなりさせた人参等々、きくち農園さんの野菜をふんだんに甘酢に漬けこんで、揚げたてのウツボと合わせるだけ。

20240603 00013.png

最初からこうしていたら、いちどで食べ切ってしまったことでしょうね。




莢ごと茹でたグリーンピースの白和え。
わさび菜のお浸し。
そしてウツボのエスカベージュ。
すぐになくなってしまうであろう今週分のつくり置き料理です。

20240603 00003.png

大きめの海苔を巻いたお結びさんがちょっと嬉しいお弁当。

20240603 00002.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





朝食です。

今日のお魚は銀だらの西京焼き。
儚い身、カリリとした皮面、良い焼き加減です。

20240603 00001.png

明日になれば更に梅の香りが華やぐことでしょう。

kit32.gif





posted by しんさん at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月31日

春菊を味わう 〜 油揚げサンドウィッチ

力技で着地した感が否めない、今週最後のお昼ご飯です。
春菊の風味を楽しむためだけに思いついた油揚げのサンドウイッチ。

20240531 00004.png

先週に引き続き、今週も『きくち農園』さんの野菜セットが届きました。
段ボールいっぱいに詰まった旬野菜たち。

豆中心だった先週のセットと大きく重なるのだろうと思っておりましたが、きっと先方さまのお心遣いでしょう。
キャベツは早速水キムチに。
スナップエンドウと一部のカリフラワーは、届いた当日軽いイタリアの白ワインと一緒にもりもりいただきました。

20240531 00001.png

たくさんの野菜の中で、いちばん気になったのは春菊。
何故だかイオンネットスーパーさんではあまり買おうとは思わない春菊、農家さんからのお勧めメモを見ると『風味を楽しむならば是非生で』と。

春菊ご飯にしたいところではありますが、金曜日の朝食は伊勢うどんの日。
出来ればお昼のためだけにご飯は炊きたくないし、さてどうしたものか。

・・・油揚げと海苔でサンドウイッチにする、そんな無理矢理な発想でどうにか着地した自分を誇りに思うのです。

20240531 00005.png

しかも不思議と美味しい。

20240531 00009.png




お料理という程のものでもないのですが。

  1. 油揚げは3辺を切り落として開き、オーブンで軽く焼いておきます。

  2. 春菊を2〜3cm長さに切りそろえ、胡麻油とたっぷりの胡麻、たっぷりの釜揚げしらす、ほんの少量の “のどくろだし塩” を加えて和えましょう。

    おろしにんにくも欲しいところではありますが、お弁当ですからね。

    20240531 00010.png

  3. ラップを大きめにカットし、油揚げと海苔を重ねてスタンバイ。
    春菊をたっぷり乗せて、海苔と油揚げで挟みます。
    形を整えながらラップでぴったりと包み、フィリングがなじむまでしばらくおきましょう。

    20240531 00011.png

  4. ラップを除いてワックスペーパーで包みなおし、ワックスペーパーごと半分に切り分けて出来上がり。

    20240531 00012.png






hsb5-thumbnail2.gif





カリフラワーはサラダに。
ミニトマトとスナップエンドウを漬け込んであった合わせ出汁をジュレにして添えます。

20240531 00006.png





  1. カリフラワーは小房に分け、お酢とお酒、お塩を加えた熱湯で軽く茹でましょう。

    20240531 00007.png

    まるでライラックのお花のような愛らしさ。

    20240531 00008.png

  2. カリフラワーに茹で卵、アボカドを合わせ、極少量のマヨネーズと白味噌で味付けをしましょう。
    ジャーに詰め、スナップエンドウとミニトマトのお浸しを添えます。

    20240531 00013.png

  3. お浸しの漬け汁を合わせ、アガーでフルッとかためましょう。
    フォークで崩し、サラダの上にたっぷり添えて出来上がり。

    20240531 00014.png





春菊ご飯が食べたいのです、とても。
炊き立てのご飯に胡麻油で添えた春菊、胡麻、そして釜揚げしらす。
油揚げサンドも良いけれど、やっぱり春菊はご飯だと思うのです。

20240531 00003.png





hsb5-thumbnail2.gif





なんてボヤいてはみましたが、やっぱり美味しい金曜日の伊勢うどん。

20240531 00002.png

イオンさんの生姜煮イワシ、今日開封した分はいつもより高品質でした。





さ、週末ですよ。
野菜いっぱいの嬉しい週末ですよ。

illust-handmade1-thumbnail2.jpg








posted by しんさん at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月27日

『スナップエンドウご飯』と『ひと足お先の夏支度』

先週、『きくち農園さんから届いた『「えんどう豆た〜っぷり!」のお野菜ボックス』
あんなに沢山のそら豆をお料理したのも初めてならば、薄皮まで食べられるそら豆も初めて。
莢ごと焼いたそら豆のホクホクした食感、来年も必ずお会いしましょう。

そして週明け月曜日。
豆類は出来るだけ早く食べてあげたいとは知りつつ、かと言って冷凍してしまうのも忍びない。
少し日は経ってしまいましたが、いえ、このくらいでへこたれるお豆さんではありませんでした。
きくち農園さんのスナップエンドウで炊いたスナップエンドウご飯です。

20240527 00004.png

ひと口食べた主人の反応、きくち農園さんにも見せてあげたかった。

兎に角美味しい。
我ながら美味しい。





いつも通りに洗って吸水したお米に、蕎麦の実・押し麦・もち麦・十六雑穀を合わせます。
ここまではいつも通り。

合わせるお水は、先週末に茹でたグリーンピースの茹で汁(☆彡
鶏の茹で汁で茹でたグリーンピースの、更にその茹で汁を有効利用致しました。
お醤油をほんの少し足してベーコンを散らし、いつも通りに炊飯します。

20240527 00005.png

その間にスナップエンドウのスジを除き、お塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルにあげておきます。
食べやすく2〜3等分し、炊き上がったご飯の上に素早く散らして蒸らすだけ。

元々好きなスナップエンドウ、その魅力が更にひろがりました。

20240527 00006.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




流石に冷凍しようかしらとも思いました、たっぷりのスナップエンドウ。
ですがご飯を炊き、一部はお浸しにし、そしてワインにも合うようにとペコリーノロマーノで和えたら、あら、冷凍するまでもなく終わりになってしまいそう。

極少量残っておりましたグリーンピースは、茹で汁をお出汁代わりに出汁巻き卵に。

20240527 00003.png




そして梅干しの到着よりひと足早く、イオンさんが週末に届けてくださった新生姜。
早速甘酢漬けに致しましょう。
300gほどの新生姜を甘酢漬けに。





新生姜は窪みの部分から洗いやすいように切って、茶色く変色した部分はこそげ取ります。
赤い部分を少し残しながら繊維に沿ってスライスし、たっぷりの熱湯にお塩を少々、さっと1〜2分湯がいてザルにとります。

20240527 00009.png

冷めたらぎゅっと絞って保存容器に。

20240527 00010.png


昆布出汁 180g・お酢 120g・てんさい糖 大さじ5・お塩 小さじ1/2を合わせて、加熱します。
煮立てなくても、お砂糖とお塩が溶ければ火を止め、冷ましましょう。
生姜の上から注いてほぐし、これで作業は完了。

20240527 00013.png






ひと晩冷蔵庫で休んだ新生姜、綺麗なピンク色に染まっておりました。

20240527 00001.png


美しい生姜の色に気分は上々。
すかさず主人からのメッセージ。
『今の時期の生姜はハウスものだよ、露地物の旬は秋だよ』と。

・・・朝ご飯にしましょうね。

20240527 00002.png

今朝のお魚は銀ひらすの西京漬けですよ。





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




同じく週末に届いたらっきょう。
今年は泥付きらっきょうにチャレンジです。
主人が取り寄せてくれた立派ならっきょうは3キロ。

夏を迎える気分が盛り上がってきましたよ。

20240527 00008.png





ばらしながら洗って、薄皮を剥いて、粗塩をまぶしてひと晩おきます。
前日のお昼の作業ですので、ワインセラーで休んでもらいました。

20240527 00012.png

翌日、さっと洗って塩を流したらっきょうを10秒ほど熱湯で茹でてザルにとります。

20240527 00011.png

完全に冷めたら瓶に移して本漬けの準備。






台風1号の影響でしとしとと雨が降り続いております。

20240527 00007.png

このらっきょうが美味しくなる頃は、夏の暑さも和らいでいる頃でしょうか。
まだ梅雨さえ迎えていないのですが、今年の夏も暑いのでしょうねぇ、相当にねぇ。


illust-raineyday1-thumbnail2.jpg







posted by しんさん at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月24日

春の豆祭り 2024

初夏のホワイトアスパラガス祭り 2024(☆彡)に続く第2弾。
春の豆祭り 2024です。

栃木県は大田原市、きくち農園さんから、『「えんどう豆た〜っぷり!」のお野菜ボックス』が届きましたよ。

20240524 00003.png

『春』と言うにはあまりに夏寄りな気候ではありますが、気象庁の区分では5月までは『春』ということなので。

以前、畑作業をしていた頃は必ず育てておりました『そら豆』
お多福そら豆は育てやすいのですが、それでもそら豆にはつきもののアブラムシには悩まされました。
以降、野菜作りに終止符を打ち、スーパーで購入するそら豆も何か違うとずっと疎遠になっていたのですが。

届いたビニール袋いっぱいのそら豆、パンパンに実が詰まったグリーンピース、そしてスナップエンドウ。
憧れのロメインレタス、これでようやく本当のシーザーサラダがお家で食べられます。
自分で育てたものとは違う、やわらかな葉っぱなケール。
なんて嬉しい。

生憎昨晩はお酒を控える日でしたので、創作意欲は翌日、そう、今朝に持ち越されました。
先ずはシンプルに蒸しそら豆。

20240524 00004.png

そら豆を6本。
エイヤッと莢を大胆にひねるようにして実を取り出します。

20240524 00006.png

そら豆の風味を活かすため、オリーブオイルで先ずはじっくり片面を焼きます。

20240524 00007.png

うっすら焼き色がつき、薄皮がぷっくりと膨らんできたら裏返しましょう。

20240524 00008.png

お塩をちろりと振ってお水を大さじ1強加え、蓋をしてしばらく蒸し焼きにすれば出来上がり。

お歯黒部分に切れ目を入れて薄皮を剥くやり方だと、折角の実が崩れてしまうこと多々。
そして何より手間。
驚くほど薄皮からツルンッと実が飛び出してくる上に、ホコホコの美味しさ。
もちろん朝から我が家のキッチンは大盛り上がり。

20240524 00009.png





w-line84-thumbnail2.gif





ビニール袋いっぱいのグリーンピース。
しかも莢付きだなんて、小躍りしてしまうほど嬉しい。

全部茹でてしまいましょう。
そして一部をグリーンピースご飯に。

20240524 00005.png

スナップエンドウとは異なるこの触感。
さっと洗ったグリーンピース、先ずはエイエイと片側の筋を取り除いていきます。

それから莢をパカッと開いて実を取り出すわけですが、なり口側でなく『ツン』と尖がった方をキュッと抑えれば気持ちよく開けゴマ。

20240524 00010.png

きくち農園さんにお礼のお手紙をお送りしたいほど。
瑞々しい莢にもひと働きしてもらいましょうね。

20240524 00012.png





莢はさっと洗い、昆布出汁でことこと煮出して合わせブロスに。
ちょうど数日前に『鶏粥』を拵えた際に使用した鶏のブロスもありましたので、これも合わせてグリーンピースを茹でましょう。

20240524 00013.png

茹で汁に浸したまま冷ましたら、この茹で汁でご飯を炊きます。
炊き上がったご飯に茹でたグリーンピースをさっと散らし、蒸らせば、ハイ、出来上がり。

主人が鼻をヒクヒクさせてご登場です。

20240524 00014.png





ロメインレタスはもちろんシーザーサラダになる予定ですが、特徴を知りたいのでササッと煮物に。
さっと加熱したロメインレタスの軸部分をたたき、ケールで補強し、鶏肉生地を包みます。

お鍋に並べて煮込めば、ロメインレタスのロールキャベツ風。

20240524 00011.png

春のお豆たっぷりのお弁当。
茄子の揚げ浸し、ミニトマトの白味噌漬けの下には、たっぷりのおぼろ昆布。
お昼時には、おぼろ昆布がご飯によく合うおかずに成長しております。

20240524 00002.png





w-line84-thumbnail2.gif




朝食です。
金曜日は伊勢うどんの日なのですが、こんなお豆たちを見てそんなこと言ってはいられません。

20240524 00001.png

数日前まで忙しそうに飛び交っておりましたツバメたち。
昨日辺りから、数羽が編隊を組みながらコロコロと飛び回っております。
子ツバメらが長距離飛行の練習を始めたのでしょうか。

Blueberryss-187x187.jpg





posted by しんさん at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする