2018年02月07日

艶々照り焼きチキンのライスバーガー

昨日のお弁当用にと拵えた菊芋のきんぴらが、随分と沢山残ってしまいました。

これが週の前半ならば常備菜にと大きく構えてもいられますが、本日は週の真ん中水曜日。
明日は早々と木曜日、1週間って本当に早いこと。
そろそろ週末にむけて常備菜のお片付け態勢に入らねばなりません。
本日のお弁当はこのキクイモのきんぴらを使って、久しぶりのライスバーガーなどいかがでしょう。

自家製ルッコラーはふんだんに。
その上には菊芋のきんぴらをたっぷり、更に上には艶々の照り焼きチキン。
アボカドのグリーンが一段と鮮やかです。
甘辛い照り焼きチキンのタレをからめたご飯、うん、これは間違いなく主人の好きな味。

胡麻にも似た風味が特徴のルッコラー。
甘辛お醤油味との相性も抜群ですもの。
きんぴらと照り焼きチキンとの相性はもはや言うまでもありません。

ライスバーガーにするとどうしてもご飯の量は多くなりがち。
なので、我が家のライスバーガーはある頃からオープンサンドスタイルになりました。
ワックスペーパーできっちりと包んでラッピングバックに入れれば、持ち運びも問題なし。

艶々照り焼きチキンと菊芋きんぴらのライスバーガー。
見た目よりはずっとヘルシーでぺろりと食べられちゃいますよ。





  1. 鶏もも肉は油をひかずに皮面からしっかり焼き色をつけます。
    鶏から出た油をこまめにふき取り、両面しっかりと焼きましょう。

    この後ご飯を焼くので、照り焼きの調味料でフライパンをベトベトにしたくありません。

    お酒 大さじ2
    てんさい糖・お醤油 各大さじ1
    香酢・みりん・オイスターソース 各小さじ1
    を小鍋に合せて煮立て、ここに鶏肉を移して時々上下を返しながら十分に煮からめましょう。

    途中までは蓋をしてしっかり中まで火を通します。
    煮汁が少なくなったら蓋をとり、とろりとするまで煮詰めながら煮からめ冷ましておきましょう。

  2. 鶏肉を焼いたフライパンをさっと拭き取り、極少量の胡麻油を十分になじませます。
    十六雑穀を混ぜ込んで炊いた炊き立てのご飯を目玉焼きリングで丸くまとめ、両面こんがりと焼き色がつくまで焼いて表面を焼きかためましょう。

    照り焼きチキンのタレを少量のお酒でのばし、フライパンの鍋肌からジュッと加えます。
    フライパンを揺すりながらご飯にからめ、別更に取り出しておきましょう。

  3. ルッコラーの水気をしっかりと切り、食べやすい長さにちぎってたっぷりとご飯の上に。
    菊芋のきんぴら (☆彡) もこの上にたっぷりと。

    食べやすく切った照り焼きチキンを並べ、その間には寿司酢をまぶしたアボカドを。
    ボリューム満点のライスバーガー・・・

    ・・・ではありますが、何と言ってもオープンサンドスタイルですもの。
    程よくお腹に収まりますよ。











お菜はヘルシーなおからのサラダと参りましょう。

我が家はマヨネーズを常備しておりませんので、おからのサラダもマヨネーズは使いません。
オリーブオイルは使いますが、ちょと酸味を効かせることでマヨネーズ無しでも十分満足です。
今日は少量残っておりましたサワークリームで酸味を補いましょう。





  1. 菊芋と人参は鬼おろしで粗くすりおろします。
    オリーブオイルを多めにまぶしておきましょう。

  2. おからは電子レンジで加熱し、熱いうちにサワークリームと合わせてなじませます。

    1のボールに加えて合わせ、市販の蒸し豆 (本日は小ぶりな豆類のミックスタイプです) ・アボカド・たっぷりのみじん切り玉ねぎ・パンプキンシードミックス等を加えます。
    粒マスタードとミックススパイスソルト、極少量のガラムマサラを加えて丁寧に和えれば出来上がり。

    おからのパサつきが気になる時は、常備菜にしております甘酢漬けの漬け汁を少々拝借。











主人が毎朝淹れてくれるほうじ茶。
最初のひと口をより美味しく味わう為、ヨーグルト用の小さなスプーンに収まる程度の小さなお菓子で我が家の朝食はスタートします。

お正月用に煮た黒豆をリメイクしたしぼり豆風の干し黒豆 (☆彡)
随分と長いこと楽しませてもらいましたが、これもとうとう今日でおしまいです。

市販のもの程甘くなく、ほんのり漂うお醤油の存在感よろしく、朝のささやかな楽しみでもありました。
明日からは節分の炒り豆をリメイクして・・・とも思いましたが、はてさてどうなりますやら。

個人的には、ほうじ茶に京都銘菓の蕎麦ぼうろを合わせるのがいちばん好きなのですが。
少量残っておりますそば粉を使って、小ぶりな蕎麦ぼうろを拵えるのも楽しそう。
やはり私は料理が好きなのではなく、食材が片付く様を見届けるのが好きなのかも。





今朝のお味噌汁もお椀から溢れださんばかりの具沢山てんこ盛り。
海藻好きな私のためにと、昨日主人が “あおさ” を取り寄せてくれたとか。
もう間もなくすれば生のあおさが市場に出回り始めるのに・・・
慌てん坊の主人には言わないでおこう。
生あおさも魅力的だけど、乾燥あおさのお味噌汁は抜群に美味しいもの、ね。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 15:52 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする