2020年09月16日

アスパラご飯、アスパラのかき揚げ、アスパラの煮びたし

OWL(アウル)さんでアスパラを1キロ注文致しました。
長崎からやってきたこのアスパラ、先の台風9号でハウスのビニールが破れ、次いだ台風10号にはハウスの骨組みだけで挑んだ農家さん曰く精鋭なアスパラ一団。

アスパラの親木が強風でなぎ倒された為、形もバラバラの規格外。
器量良しなアスパラより魅力的と早速のオーダー、長崎から遠路はるばる里子にやってきたアスパラ1キロがこちらです。

20200916 00006.png

スーパーで手にするアスパラとは気迫が段違い。
確かに華奢です。
が、それも農家さんの拘りなようでこの華奢な姿がこちらのアスパラガスの特徴でもあるようです。

そして何よりアスパラ1キロ、なかなかスーパーでは手にする機会はありませんからどうしても気分が盛り上がってしまいます。
先ずは何より、下のほうの皮をこそげとってオーブントースターへ。

20200916 00008.png

包丁の背でさっさと皮がこそげ取れるアスパラ、初めてです。
山葵、自家製柚子胡椒とお醤油でシンプルに頂きます。
そして案の定、火曜日はお酒を控える日であるにも拘わらず、あぁ、揃いも揃ってふたりともなんて希薄な意思でしょう。





そして昨日の焼きアスパラで学んだアスパラ料理のポイントがひとつ。
やはりいくら新鮮とは言え、根本周辺の筋は気になります。
かと言ってこの華奢なアスパラガス、皮をむくのは忍びない。

筋張った根本部分は5〜8ミリ程度の小口に切ってかき揚げに。
その上部、根本ほどではなくとも少々筋が気になる部分はアスパラご飯にしてみましたよ。

20200916 00003.png

長いままだと気になる筋も、これならまったく気になりません。
炊き込んでしまうとせっかくの食感も頼りなくなってしまいそうなので、さっとオリーブオイルで炒めてから炊き立てご飯に加えて蒸らします。

20200916 00004.png

かき揚げ、アスパラご飯にした後は、やわらかな穂先を中心とした部位で忘れてならない焼きびたし。
茹でるよりぐっとアスパラ感に満ちている気がするのは、単に私の思い込みでしょうか。

20200916 00005.png





何しろアスパラ1キロですからね。
我が家では新聞をとっておりませんので、新聞紙で包んでの保存は無理。
ですが便利なものがあるのです。

野菜用のジッパー付き保存袋。
住友ベークライト製のPプラス、野菜の鮮度を保持するのに特化したこの袋に入れておけば安心なのです。
今朝はまず半分の500gに挑みます。

20200916 00007.png






アスパラを先ずは綺麗に洗って水気を切りましょう。

筋張った根本部分は5〜8mm長さの小口に切りましょう。
よほど気になる堅強な筋は切りながら取り除きます。

かたい部分をクリアしたら、今度はちょっとかたい部分。
1cm強の小口に切ってアスパラご飯用に。

残った(どう考えてもここが主役な部分なのでこの言い方は失礼ではありますが)部分は長さを揃えておきましょう。
ちなみにハカマは全く取り除いておりません。
華奢なアスパラガスはハカマも小さいので気にならないのです。

20200916 00009.png






先ずは筋張ったかたい部分でアスパラガスのかき揚げ。

アスパラ、アボカド、粗みじんに切った玉ねぎ、マイタケ・人参をボールに合わせ、米粉を加えて全体にしっかりまぶしましょう。
白だし醤油・お酢・お水を合わせて加え、全体になじませたら後は太白胡麻油で揚げるだけ。

20200916 00010.png






ちょっとかたい部分のアスパラご飯。
1cm前後の小口に切ったアスパラガスをさっとオリーブオイルで炒めてお塩を極々少量。

20200916 00013.png

十六雑穀、もち麦、押し麦を加えて炊いたご飯の上に加え、ご飯と一緒に蒸らします。

ご飯を炊くとき、ヨーグルトのホエーをほんの少し足して炊くとまるでもち米を加えたかのようなもっちりご飯に。
お出汁で炊いた贅沢なアスパラご飯です。
お茶碗に盛り、白ごまをちろりとひねって召し上がれ。

20200916 00012.png







穂先部分は焼きびたしに。
シンプルな焼きびたしもこれだけの量あると見とれてしまいます。

アスパラはお魚焼き網でさっと焼きましょう。
お出汁、お酒、白だし醤油を合わせてひと煮たちさせ冷ましておき、焼きあがったアスパラガスから順に加えて浸けこむだけ。

20200916 00011.png







table_s.gif





と、言う訳で今日はアスパラ尽くしのお昼ご飯。

20200916 00002.png





table_s.gif





もちろん朝の主食はアスパラガスご飯。
焼きサバに添えたアスパラガスは焼いて塩しただけ。

20200916 00001.png

サバを焼く網の脇で焼いたアスパラガス。

20200916 00014.png

後で農家さんにお礼のメッセージをお送りしましょう。
これだけアスパラガスを楽しんだのは初めてです。







明日もまだまだアスパラガス料理を楽しみます。
まだ半分使っただけですものね。
流石に今日は、今日こそはお酒は飲みませんけど。



col36-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:26 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

トマトの炊き込みご飯〜バジル風味

7月下旬に産直アウルさんで取り寄せた野菜の詰め合わせ。
ずっしり重い坊ちゃんカボチャとバターナッツは見た目の可愛らしさもあって、しばらく追熟というかたちで風通しの良い場所にふたつ並べて飾ってありました。

畑の夏野菜の収穫期も終わり、さて、季節の変わり目到来です。
いよいよふたつ並んだカボチャのお世話になる日がきました。
今週はカボチャ週間、そう思いきや、イオンネットスーパーでマイタケが品切れになっておりました。
何ヵ月かぶりに実店舗でのお買い物を果たし、またカボチャ2種は後回し。

昨日のお昼、スパゲッティーニに使用したトマトとバジル。
水に挿しておけば難なく発根する生命力を持ちながら、すぐに黒ずんでしまうバジルに保存性は求めません。
カボチャの入刀はまた後日にし、今日は少量残ったバジルを使い切ってしまいましょう。
トマトの炊き込みご飯〜バジル風味などいかがでしょうか。

20200907 00001.png

文字通り、トマトを炊き込んで刻んだバジルをたっぷり混ぜ込んだだけのご飯です。
十六雑穀、もち麦、押し麦を炊き込んだ何の変哲もないトマトの炊き込みご飯ですが、お水の代わりに鶏の茹で汁、大豆の蒸し汁、そして少々のホエーで炊いた貧乏性ご飯。
いえ、この少々のホエーが名脇役で、まるでもち米でも混ぜたようなもっちりご飯に炊きあがります。

20200907 00006.png

トマトの旨味を存分に吸収したご飯をさっくりほぐしたら、刻んだバジルをたっぷり混ぜ込むだけ。
とても簡単、そしてバジルの風味に和むこと請け合い。

20200907 00007.png

鶏の茹で汁の塩気に加え、極少量の白だし醤油でほのかな味付け、朝は炊き立てを楽しみます。
お昼はまたちょっと違うお楽しみ。
すりおろしたペコリーノロマーノをたっぷりまぶし、粗く挽いた黒胡椒を添えて洋風色をぐっと前面に。
うん、美味しい。

20200907 00002.png





  1. お米をいつも通りに洗います。
    十六雑穀、もち麦、押し麦を足して2合弱に計量し、圧力鍋に合わせましょう。

    鶏の茹で汁(お酒とお塩がほのかに効いています)・大豆の蒸し汁・ホエー(自家製豆乳ヨーグルトの水分です)を合わせて2合弱計量して注ぎ、ヘタを除いてざく切りにしたトマト・刻んだニンニクを散らします。
    セミドライトマトを漬け込んであったオリーブオイルを小さじ1程、白だし醤油を小さじ1/2程加えてひと混ぜし、加圧すること5分弱。

    20200907 00008.png


  2. そのまましばらく蒸らしてからさっくりと混ぜ、刻んだバジルをたっぷり混ぜ込めば出来上がり。

    20200907 00009.png

  3. お弁当用には小さな三角お結びに。
    すりおろしたペコリーノロマーノを全体にたっぷりまぶし、更に上からも粗挽き黒胡椒と一緒に散らしましょう。
    バジルを飾って出来上がり。

    20200907 00010.png






rain13.gif





久しぶりの実店舗でのお買い物。
自家製野菜にはない真っ直ぐお行儀の良いオクラやシシトウに作り置き料理も捗ります。

20200907 00003.png





rain13.gif





朝食のご飯はチーズなしの洋風色薄め。

昨日行ったマックスバリュで、久しぶりにイワシを買ってきました。
今年は北海道のイワシが大量だそうで、久しぶりのお酢煮にちょっと懐かしさを覚えたのは主人も同じだったよう。

20200907 00004.png

納豆のタレは煮びたしの煮汁をアガーでジュレに。
とことん貧乏性です。

オンラインでネギを買う気にはなかなかなりませんが、今週はお味噌汁用のネギもちゃんと刻んで冷蔵庫にスタンバイ。
やはりネギがあるとないとでは高揚感が全く異なります。






20200907 00005.png

そして特に実店舗に行ったらからと言って、劇的な感動もなく。
またしばらくはイオンネットスーパーのお世話になる生活に戻るのでしょうね。

そして何より、そろそろカボチャに包丁を入れなければ。



kit10.gif



posted by しんさん at 13:37 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

鶏手羽肉のサムゲタン風

最近、上腕二頭筋がとてもたくましくなった気が致します。
特に朝、主人を送り出して髪をまとめ上げている時、自分でもおや?と思うほど。

以前より明らかに発達した腕、毎朝たった10分のエクササイズと折を見て摂取しておりますプロテインのせいでしょうか。
人間の体って面白い。

と、この内容からの展開で少々野暮ったくはありますが今日は鶏の手羽肉をホロホロに煮込んでみました。
手羽肉に禾穀類〜もち麦・十六雑穀・押し麦をたっぷり詰め込んだ自称サムゲタン風の手羽肉煮込みです。

20200902 00001.png

お盆休み中に取り寄せた熊野の地鶏。
熊野地鶏一羽分を丁寧に部位別に真空パックして送っていただきました。

鶏ガラでスープをとって半量を冷凍しておき、いつか作ってみたいと思っていた手羽肉のサムゲタン風。
圧力鍋で簡単です。

20200902 00002.png





手羽肉は手羽先餃子を拵える要領で骨の関節を外し、キッチンバサミで骨の周囲の腱を切断し骨を抜き取ります。
手羽元は骨こそ抜き取りませんが、骨の周囲の腱をキッチンバサミで丁寧に切断すると袋状の隙間が出来ます。

もち麦、十六雑穀、押し麦、そして面取り人参の切れ端を刻んで合わせ、手羽肉の空間に詰め込みましょう。
口を爪楊枝で留めて圧力鍋に並べます。

キューブ状に冷凍しておいた鶏ガラスープ、干しシイタケの戻し汁、お酒、白だし醤油、みりん、オイスターソース、たっぷりの薄切り生姜、薄切りニンニク、鷹の爪を合わせて火にかけましょう。

20200902 00009.png
20200902 00010.png20200902 00011.png


そうそう、せっかくなのでひよこ豆も洗って加えましょうか。

20200902 00012.png

20分加圧すれば出来上がり。
戻さずそのまま加える乾燥ひよこ豆、程よい食感があって大好きです。





il-plants5-thumbnail2.gif





熊野地鶏のおまけに『岡崎おうはん』の卵が同封されておりました。
気づけば賞味期限切れ、失礼なことを致しました。
なので早速、早急に残った岡崎おうはんの卵ふたつ使い切ってしまいましょう。

20200902 00006.png

昨日開封した豆乳と合わせ、これ以上ない程シンプルなプリンを本日のデザートに。

20200902 00005.png





小ぶりな岡崎おうはんの卵2個に対し、豆乳は300t強。
バニラビーンズペーストとみりん 大さじ2を合わせて湯せんで人肌程度に温めます。

ボールに岡崎おうはん 2個を割り入れ、泡立てないよう泡だて器でそっとほぐしてから、豆乳を静かに注いで混ぜ合わせましょう。
2度漉して容器に流し入れ、アルミホイルで一つずつ蓋をしてお鍋に並べます。
容器の7〜8分目高さにまで熱湯を注いでお鍋の蓋をずらしてし、ゆっくり弱火で10分強。
表面がフルッとかたまったらあとは予熱で火を通します。

和三盆を茶こしでたっぷりとふり、ローストした胡桃を添えて出来上がり。

20200902 00008.png







クコの実を散らして主人の手羽肉も準備完了。

20200902 00003.png

お肉全般があまり好きではない私に反し、主人は特に鶏肉が大好き。
きっと今日のこの手羽肉も、軟骨まできれいに食べてくるのでしょうね。
主人が食べた後の手羽肉はまるで印鑑のようです。

20200902 00004.png





il-plants5-thumbnail2.gif





地味な朝食です。
ひじき粥に青みのない具沢山お味噌汁。
彩り鮮やかな珠玉織姫だけが救いです。

20200902 00007.png

今日の備忘録はさらっと簡単に。
帰宅した主人に仕事部屋を譲ります。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:39 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

熊野地鶏の高野豆腐サンド

昨日お醤油煮にした熊野地鶏。
鶏肉が苦手という人の大多数は鶏皮、そして特に煮た時のあの中途半端な食感だと思うのです。
少なくとも私は苦手、最近は食べるは食べますがそう自ら進んで、という訳ではありません。

ところがぎっちょん、この熊野地鶏。
熊野地鶏を実際に飼育されていらっしゃる“まる悠ファーム”さんからは、『身の部分は先ずはシンプルに塩・胡椒で』とのこと。
鶏もも肉初回、パリッと焼いた皮部分はもちろん、筋肉質の肉質、そして何より丁寧な下処理に鶏肉嫌い克服の兆しを実感致しました。

なので鶏もも肉第2段は一歩前進、苦手な鶏皮を存在感ある煮物(☆彡 昨日)にしてみました。
もちろん胸肉も含め鶏肉を蒸したり煮たりは初めてではありませんが、こっそり主人のお皿に大きな鶏皮を選り分けることはもう致しません。
私も主人と同じ量、美味しく鶏皮を頂きました。
そして2切れ残った鶏もも肉のお醤油煮、今日はサンドウィッチにしてお片付け。

20200825 00003.png

圧力鍋で短時間煮た鶏もも肉のお醤油煮、自慢の筋肉質は衰えることなく健在です。
表面を覆う鶏皮も、なぜだか抵抗なく美味しそう、そう思えるところが意外と高度な順応性。
こうなると冷凍してある手羽先部分や胸肉もどうお料理しようか楽しみになってきます。

そうそう、サンドウィッチとは言いながら最近はもっぱら高野豆腐サンド。
食パンの代わりに高野豆腐でサンドするこの高野豆腐サンドがお気に入りです。

吸収力抜群の高野豆腐ですもの。
食パンならば躊躇するトマトだって、オーブンでセミドライ状態にすることも、トマトの醍醐味でもある(私にとっては、ね)種を除くことも必要なし。
たっぷりサンドしてご満悦です。

20200825 00004.png

あ、でもちょっと欲張ってトマトの量が過ぎましたか?

20200825 00005.png

ちょっとスモーキーなハリサを多めに高野豆腐にぬったピリ辛高野豆腐サンド。
私、すっかり鶏もも肉のファンになりました。
塩コショウのソテーより、圧力鍋でちょちょいのちょいの特にこのお醤油煮の、ね。

・・・あ、でもそれはこの熊野地鶏限定鶏ももファンということで。






  1. 高野豆腐の戻し方、普通に煮る時は熱湯で戻すとパサつきが抑えられます。
    高野豆腐サンドにする時は、熱湯ではない70〜80℃程度かしら?のお湯に浸すこと10分程度。

    戻ったらたっぷりのお水を張ったボールの中で、水を流しながら高野豆腐をふたつ重ねて水が濁らなくなるまで押し洗い。
    均一に手のひらで押して型崩れを防ぎながら、最後はしっかり水気を絞っておきましょう。
    お洗濯みたいで楽しいのです。

    パンナイフを使って厚さを半分にします。

    20200825 00009.png

  2. 今日はバター(無塩タイプの発酵バターです)を使って両面焼きます。
    フライパンにバターを溶かし、高野豆腐を両面焼いたら網の上に並べておきましょう。
    片方の高野豆腐にハリサをたっぷりぬります。

    20200825 00008.png

  3. ハリサの上に青じそをひろげ、鶏もも肉のお醤油煮(☆彡)を重ねます。
    たっぷりのトマトと一緒に高野豆腐でサンドしましょう。

    20200825 00010.png

  4. 高野豆腐でサンドしたらぴったりとラップで包んでしばらくおきます。

    20200825 00011.png

    高野豆腐とフィリングがなじんだらそっとラップを取り除き、ワックスペーパーで断面を考えながら包みなおしましょう。

    20200825 00012.png

    ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。

    20200825 00006.png







il-plants5-thumbnail2.gif





イオンネットスーパーでピーマンがお買い得価格になっておりました。
今年はピーマンを育てておりませんのであまりピーマンを食べる機会に恵まれておりません。
心躍るピーマンの肉詰めと参りましょうか。

20200825 00002.png

ですがそこはやはりそうは言ってもお肉にあまり興味のない人間の思考回路、大豆由来のベジミートを使いましょう。
決してビーガンや菜食主義を気取っているわけではありません、念のため。

どうせベジミートを使うなら、いろいろと応用の効くそぼろに仕上げてピーマンの肉詰めにも有効利用。
お肉は入っておりませんが、ピーマンの肉詰め風。
フライパンで蒸して仕上げます。





  1. ベジミートをボールに入れ、たっぷりの熱湯を注いでひと呼吸。
    キッチンペーパーを敷いた網に移して水を切っておきます。

  2. フライパンに胡麻油と刻んだ生姜を合わせて加熱し、ゆっくりと生姜の風味を胡麻油に移しましょう。
    刻んだ玉ねぎも加えて油がなじんだら、水を切っておいたベジミートを加えます。
    お酒・みりん・お醤油を加えて煎り付けましょう。

    予定していたより水気が多かったので、乾燥ひじきを戻さずそのまま加えて水気を吸ってもらいます。
    ついでに鶏のお醤油煮の黄色く固まった鶏脂も加えて、ベジミートそぼろの出来上がり。
    卵・ざく切りトマト・ついでにピーマンの種(ピーマンの種、好きなのです)を合わせてよく混ぜます。

    20200825 00015.png20200825 00016.png
    20200825 00014.png
  3. 半分に切ってワタと種を除いたピーマンは、そっと丸めたアルミホイルを台にしてフライパンに並べましょう。
    卵液をそっと流し入れ、フライパンに熱湯を注いだら蓋をして10分弱。

    20200825 00007.png

    20200825 00013.png

    あっさりお肉を使わないピーマンの肉詰め風、美味しいのです。





il-plants5-thumbnail2.gif





そろそろ畑のオクラが筋張って参りました。
ちょっと長めに茹でてバーミックスでとろろ風に。
さっと茹でたなめこと合わせ、冷たいお蕎麦に合わせます。

20200825 00001.png

濃いめに味付けをしたベジミートそぼろは納豆のトッピングにも。
お酒を控える本実火曜日、夜はこのベジミートそぼろをこんにゃく麺に使いましょうか。





昨日、主人がお客様から幸水なしを頂いて帰宅しました。
毎朝4時起床、朝からうだるような暑さだったキッチンも最近は早朝30℃を超えることもありません。
そして今日、主人が夏の終盤を告げるオーロラを取り寄せました。
明日届きます。




2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:16 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

熊野の地鶏、まる悠ファームさんの鶏もも肉お醤油煮

平日はすっかり外出しなくなってしまった昨今。
唯一出かけると言えば、週末主人と一緒に日曜の午前中に限った畑作業のみ。

最近は実店舗に行かずとも、格安送料で気分よく生鮮食品を届けてくれる産直通販サイトがあるので至って快適。
いえ、逆に畑作業の後にサバやイワシをスーパーで調達しては煮ていた以前のほうがストレスフルでありました。

私がお世話になっているのは産直ECサイトの“OWL(アウル)”さん。
最初に取り寄せたニンニク農家さんの対応がとても心地よかったので、以降色々な野菜をしばしば取り寄せております。
イオンネットスーパーでも食材その他を取り寄せておりますので、外出せずとも生活には全く困りません。

先日、ふと冒険心が沸き上がり、初めてアウルさんで野菜ではなく“鶏肉”を取り寄せてみました。
三重県は熊野、熊野地鶏と烏骨鶏を平飼いで誠実に飼育されておられる“まる悠ファーム”さんの熊野地鶏。
届いた当日、鶏肉好きな主人が先ずは是非に砂肝とレバー、ハツをという訳でシンプルに塩味のソテーで頂きました。

地鶏一羽分を丁寧に部位ごとに真空パックして届けてくださるので、冷凍保存も簡単です。
鶏ガラでスープをとったのは先週のこと(☆彡)、それでは今週はと、いよいよ冷凍してあったもも肉に挑んでみましたよ。

20200824 00001.png

言うまでもなく主人は鶏肉が大好きです。
特に砂肝やレバー、私に遠慮して食べたいとは言いませんが相当好きなのは確か。
反して私は辛うじて鶏ささみを美味しいと思える程度、どちらかと言うと鶏・豚・牛に関わらずお肉という存在に興味なし。

ですが、こちら、まる悠ファームさんの地鶏が美味しいのか、そもそも地鶏とはこういうものなのかは定かではありません。
が、鶏肉、美味しい!
届いた当日頂いた鶏の砂肝、レバー、ハツ、よく聞く牛乳につけたり等の下処理はしませんでしたが、噂の臭みは全く感じませんでした。
そして以前、随分と前のことですがレバーをお料理した時のあのしかめっ面もなし。
気分よくお料理が出来ました。

思えば鶏ガラでひいた鶏ガラスープも、さぁ来い灰汁と勇んでおりましたのに肩透かし。
灰汁を取り除くことはほとんどなく、あれ?と言う間に美しい鶏ガラスープ。
そしていよいよ本日の鶏もも肉。

実はまる悠ファームさんから是非塩焼きで、とのアドバイスをいただいております。
存じなかったのですが、地鶏ってもも肉のほうが胸肉よりはるかに大きいのね。
昨日日曜日、鶏もも肉の塩焼きを拵えるつもりでおりましたが使用したのは1/2だけ。
これで十分。

残りの1/2は唐揚げにでもと思っておりましたが、主人がそれではもったいない、と。
かと言ってまた同じ塩味のソテーでは楽しくない。
そこで拵えたのがこれ、鶏もも肉のお醤油煮、圧力鍋でほんの数分煮るだけ。

20200824 00004.png

鶏肉があまり得意でない人に共通だと私は思っているのですが、鶏肉、切るのが苦手なのです。
生の鶏肉をまな板の上で切るのが。
なので、実は唐揚げはあまりしたくないお料理のひとつ。
この鶏もも肉のお醤油煮、鶏もも肉1枚を丸ッと圧力鍋に入れて煮るだけなのでとっても簡単なのです。

まる悠ファームさんが推奨する塩味ソテーではありませんが、こちらも十二分に美味しい熊野地鶏を堪能できる食べ方だと思うのです。
もちろん皮部分も抵抗なく食べられますよ。

20200824 00006.png





◆材料(だいたいこんなものかな?程度ですが)

  • 三重地鶏のもも肉 1枚

  • お酒 大さじ2
  • だし醤油 大さじ1
  • てんさい糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩麴 大さじ1/2
  • お酢 小さじ1/2





◆作り方

  1. 調味料を全て圧力鍋に合わせて煮立てます。
  2. 鶏もも肉は室温に戻しておき、両面全体を包丁の先で軽く突いて筋切りしておきます。
    皮面を下にして圧力鍋に移し、加圧すること2分間。

    20200824 00010.png

    圧が抜けたら蓋を開け、裏返してさらに加圧すること1分間。

    20200824 00011.png

  3. もも肉だけを取り出し、食べやすい大きさに切って保存容器に。

    20200824 00012.png

    残った煮汁を軽く煮詰め、上からたっぷり回しかければ出来上がり。

    ホロッと崩れるような肉質ではありません。
    しっかり咀嚼してこそ分かるこの鶏の美味しさ、そうか、私は鶏肉が嫌いだったわけじゃないのね、そう思わせてくれる熊野地鶏。
    冷凍した鶏ガラスープがまだ少量残っております。
    次回のお料理は・・・はい、すでに計画済みなのであります。

    20200824 00007.png






sitagi-e431f-thumbnail2.gif





圧力鍋でほんの数分、熊野地鶏のお醤油煮。
簡単なので1週間分の作り置き料理もほいほい捗ります。

畑で収穫した無意味に太くて不器量で、所々日焼けで変色してしまったキュウリ。
変色した部分の皮をむいて厚めの輪切りにし、面取りをして千切り生姜・お出汁・白だし醤油と一緒に加圧すること2分間。
葛粉でとろみをつければキュウリの葛煮の出来上がり、冷やして食べる夏のごちそうです。

もちろんお弁当にも。
もち麦と十六雑穀入りのご飯にちろりともも肉の煮汁、その上に鶏もも肉をデデンッと並べ胡麻をひねります。

20200824 00003.png





熱くても雨に恵まれなくても元気なゴーヤ。

昨日収穫したゴーヤをワタつきのまま輪切りにし、ミックスソルトで下味をつけて米粉をまぶし、太白胡麻油でカリッと揚げます。

20200824 00014.png20200824 00015.png
20200824 00013.png






収穫した野菜を使って今週の作り置き料理も何品か出来ました。
そしてそれらをちょいちょいっと詰めて主人に持たせます。

20200824 00002.png

鶏肉好きの主人、今日の鶏料理は相当お気に召した様子です。
鶏肉好きの主人、実は鶏肉が苦手な私、双方が美味しいと首を縦にふらせるこの三重地鶏の肉質。
頻繁には取り寄せしませんが、まだ是非再会したい三重地鶏であります。





sitagi-e431f-thumbnail2.gif





面取りしたキュウリの切れ端は細かく刻んで納豆に。
玉ねぎと一緒にコリコリシャキシャキした食感が手作り納豆のアクセント。

20200824 00005.png





日曜日、主人の助言を賜りながら焼いた鶏もも肉のシンプルソテー。
収穫したばかりのミニトマトを合わせたクスクスを添えただけ、色気も素っ気もないシンプル上等なソテーです。

20200824 00009.png

そしてバタフライピーも元気に花を咲かせておりました。
そろそろ実がなり始めておりましたので、これでまた来年種を撒けます。

20200824 00008.png

三重地鶏の肉質につい興奮してしまい、あれこれ長々と書いてしまいました。
そろそろ主人が帰宅する頃合いです。
仕事部屋をさっと片付けてリビングに移動しましょう。




cup.gif



posted by しんさん at 15:35 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする