2022年09月29日

全粒粉お惣菜パン〜ノンアルビールと鶏マヨ編

木曜日なので今週もパンを焼きましたよ。

手作りの豆乳ヨーグルトのホエーを使って捏ねる全粒粉パン・・・は只今休止中。
賞味期限切れ、だけど飲む予定もつもりもないノンアルコールビールを使って生地を捏ねるオーバーナイト発酵の全粒粉パン。
今週はお惣菜パンスタイルです。

20220929 00002.png

ここしばらく、生地をしずく型にのばしてくるくると巻くバターロールタイプばかり焼いておりました。
が、今日は9月29日、私たち結婚20年の記念日ですもの。

いえ、結婚記念日だからと言って、お中元で頂いた冷凍焼き鳥を冷凍庫の奥からごそごそ探り出すのもいかがなものかとも存じますが。

20220929 00009.png

本来ならば、本日木曜日はお酒を控える日。
ですがそこは結婚記念日。

新型コロナによる外出自粛により、より自宅を快適にと努めて参りました結果、外食を含めた外出は極限られたもので満足する性分となってしまった昨今。
おそらく今宵は菊正宗のピンで乾杯でしょう。

なので、それに合わせてお昼のパンはいつもより小ぶり。
ほんの少しオートミールを混ぜた全粒粉生地の上にはお醤油味の焼き鳥。
卵黄を加えたこってりマヨネーズソースは溢れるほどたっぷりと。

20220929 00011.png

結婚20年目のお昼は、冷凍焼き鳥マヨの全粒粉お惣菜パン。
お祝いのフランス料理もワインもなしで菊正宗ピン。
外出自粛を経て、我が家は益々居心地よくなったようです。

20220929 00005.png





◆材料(cottaさんのシルフォームタルト型使用で6つ分です)
  • 強力粉 100g
  • スキムミルク 10g
  • オートミール 5g
  • てんさい糖 5g
  • 白胡麻 5g
  • インスタントドライイースト 1g

  • ノンアルコールビール 90g
  • お塩 1g
  • オリーブオイル 10g


    ◆仕上げ用

  • 水溶き卵黄 適量
  • 冷凍焼き鳥 3本
  • マヨネーズ 適量
  • 卵黄(艶出しの水溶き卵黄と合わせて1個分)




◆作り方

  1. 生地の準備は前日の夕方に済ませておきます。

    全粒粉強力粉・スキムミルク・オートミール・白胡麻・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるように振り混ぜましょう。

    計量したノンアルコールビールに、この半量を加えてよく混ぜ合わせます。
    更に、お塩とオリーブオイルも順に加え、その都度しっかりと混ぜ合わせましょう。

    残した半量の粉類にこれを加えます。

    20220929 00013.png
    20220929 00014.png20220929 00015.png


  2. ビニール袋に空気を入れ、振りながらなじませます。
    いつもより緩めの生地ですが気にしません。

    生地がひとつにまとまったら形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    ヨーグルトメーカーに入れ、40℃で1時間発酵を促しましょう。

    20220929 00016.png

  3. 微かに膨らんだ生地を、ビニール袋越しに手の平で圧してガス抜きをします。
    再度ビニール袋越しに形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。

    20220929 00017.png

    保存容器に入れてしっかりと蓋をし、ひと晩ゆっくり野菜室で発酵を促しましょう。

    20220929 00018.png

  4. 今朝はここからスタートです。
    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻します。

    20220929 00019.png

    その後、ビニール袋越しに手のひらで圧してガス抜きをしたら、ここでようやく袋から出して形を整えます。
    包丁で6等分し、断面の生地をのばすように丸めましょう。
    綴じ目を下にしてビニール袋に戻し、15分間のベンチタイム。

    20220929 00020.png

  5. 両手の平で軽く挟んでのばした生地を丸め、綴じ目を下にして型に収めましょう。
    何だか愛らしい。

    お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 40℃で45分間の最終発酵。

    20220929 00021.png

  6. 元気よく膨らんだ生地に、刷毛でそっと水溶き卵黄をぬりましょう。
    自然解凍した焼き鳥を串から外し、それぞれ2等分して生地の中央に押し込みます。

    残った卵黄(卵白は冷凍保存)にマヨネーズを足してよく混ぜ、押し込んだ鶏肉の上にたっぷり。

    20220929 00022.png20220929 00023.png
    20220929 00024.png


    予熱したオーブンに移し、設定温度を190℃にして12〜13分。

    20220929 00007.png

    熱いうちに型から出します。
    ペロンッとひっくり返すと、面白いように焼き立てのパンが転がり出ます。

    20220929 00008.png

    網の上で冷まして、結婚20年目の焼き鳥パン出来上がりです。

    20220929 00004.png







table_s.gif





先日、イオンさんから洋梨が届きました。


追熟が必要なのは重々承知ですが、秋の味覚を前に舞い上がったのでしょう。
良い香りがしたのも、今となっては気のせいだったのでしょう。
包丁を入れたその実は、リンゴどころかまるでカボチャのようなかたさ。

切れ目を入れただけに止まったのを良いことに、そのままラップを2重にし追熟を期待し室温に。
ですがハラハラが伴うまるで実験のような追熟待ちは精神的によろしくありません。

手っ取り早くコンポートに?
いえ、そうは言っても無駄にお砂糖は使いたくありません。
じゃ、このかたさを逆手に取って洋梨のサラダと参りましょう。

20220929 00001.png






皮をむいた洋梨は、まるで筋肉質なりんごのよう。
食べてみると微かな甘み。
これはこれで美味しくて、つい摘まんでしまいます。



つまみ食いはそこそこに、ライム果汁をまぶします。
鴨の燻製、ローストした胡桃、コリンキーのピクルス、そしてミルで粉砕したペコリーノロマーノを合わせましょう。

20220929 00025.png

チロっと蜂蜜を回しかけ、黒胡椒を挽いて出来上がり。
ほんのり甘い未完熟洋梨のサラダ、意外なほど美味しいのです。

20220929 00010.png






table_s.gif





新米の季節ですもの、今朝も真っ白な新米を炊きました。
お魚はハマチのみりん干し。

今年初めて届けて頂いた京都丹後コシヒカリ、今更ながらではありますがその美味しさにとうとう目覚めてしまいました。

20220929 00003.png






炊飯器のない我が家。
ご飯は大抵16センチのストウブで炊きます。

だけどね、折角の新米なのだから食べる分だけ、1合分だけその都度炊きたいもの。
昨日のように大きなフライパンでぺらッと1合?
ストウブで混ぜ物なしのお米1合では役不足感が否めません。

そこで力業。
野田琺瑯で新米1合分炊いてみましたよ。

20220929 00006.png

いつものように30分吸水させたら、いつものように水を切って、いつものように水加減して、いつものように強火にかけて煮立ったらひと混ぜ、いつものように蓋をして弱火で10分。
お米も炊ける野田琺瑯の保存容器って素晴らしい。






そうそう。
結婚20年目の今宵も菊正宗ピンだと嘯いておりましたが謝罪致します。
主人は結婚20周年に飲むようにと、心のこもった日本酒を用意してくれていたのを今思い出しました。
『最愛』と名付けられた山田酒造の特別純米酒。

20220929 00012.png

結婚記念日を待たずに、あっさりビン缶の日に出されてしまいましたけどね。
何だか切なくて、記念写真をこっそり撮っておいたのをぎりぎり思い出しました。

mono90-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

オートミールライスバーガー〜ワカモレ・チキン編

先よ先よと思っておりましたのに、いよいよ今週末に控えました、お誕生日恒例盛夏の上洛一泊旅行。
去年のズボンが履けない、そう今になって主人に泣きつかれました。

無駄なあがきだと承知しつつ、今日のお昼はオートミールライスバーガーにしましょうね。

20220803 00002.png

我が家の定番、オートミールライスバーガー。
文字通り、お米を使わず米化したオートミールをバンズの代用としてハンバーガー風に仕上げます。

オートミールだけでは寂しいものね。
蒸し大豆、そして蕎麦の実やキヌアでカサ増しを謀るのもまた定番。
今日はアボカドのグリーン鮮やかなワカモレをたっぷり、そしてその上にスパイシーでやわらかな台湾風唐揚げを重ねました。

20220803 00004.png

アボカドは常備してある食材のひとつですが、ふと『ワカモレの定義とは』と疑問が頭を過りました。
そこで早速、伊勢丹ドアで注文したのが『ワカモレスパイス』

同じく伊勢丹ドアでお願いした『台湾風スパイシー唐揚げ(ジーパイ)』と一緒にオートミールライスに合わせます。

20220803 00008.png

ライスバーガーとは言いながら、オープンサンドスタイルなのも加えて我が家の定番。

伊勢丹ドアから届いた『台湾風スパイシー唐揚げ(ジーパイ)』1枚。
そのボリュームに躊躇し、なかなか食べられずいつまででも冷凍庫に放置してあるように食欲は程よく衰えていくのです。

・・・なのに何故主人の体重は順調に増加の一途をたどるのかしら。

20220803 00003.png





◆材料(程よいふたり分)

  • オートミール 30g(ロールドオーツとクイックオーツを半々で)
  • 蕎麦の実 10g
  • キヌア 5g
  • お水 100g
  • 蒸し大豆 適量

  • 『台湾風スパイシー唐揚げ(ジーパイ)』(伊勢丹ドアさんから)1枚

  • 『これ一つで本格派! ワカモレスパイス』(同じく伊勢丹ドアさんから)1袋
  • アボカド 1個
  • 玉ねぎ 適量
  • ライム果汁 適量
  • オリーブオイル 適量




◆作り方

  1. 先ずはオートミールの米化から。

    オートミール2種・蕎麦の実・キヌアを耐熱ボールに合わせ、お水を注いでよく混ぜます。
    ふわりとラップをし、600Wで1.5分間のレンジ加熱。

    一旦取り出して混ぜ、蒸し大豆を加えます。
    もう一度ふわりとラップをし、レンジ加熱1.5分。

    20220803 00009.png20220803 00010.png
    20220803 00011.png


  2. 目玉焼きリングにラップを敷き込み、2等分した1を成形します。

    20220803 00013.png

    フライパンに太白胡麻油を熱し、両面こんがり焼きましょう。

    チキンは前日のうちに冷蔵庫に移して解凍済み。
    オートミールライスの片面をしっかり焼きかためてから、フライパンの空いた場所で両面カリッと焼いておきます。

    20220803 00012.png

  3. 早々とワカモレへと進みます。
    裏面の『調理方法』には『レモン汁』とありましたが、ライム果汁がありましたのでこちらを使います。

    20220803 00006.png

    指示にはなかった玉ねぎのみじん切りも加え、スパイス・ライム果汁・オリーブオイルを粗くつぶしたアボカドに加えて和えるだけ。

    20220803 00014.png

  4. これで準備完了。

    20220803 00015.png

    ワックスペーパーをひろげてオートミールライスバーガーを置き、ワカモレをたっぷり上に。

    20220803 00016.png

    4等分したチキンをのせて、ワックスペーパーで包めば、はい、出来上がり。
    残ったチキンは、また明日何かに使いましょう。

    20220803 00017.png






w-line84-thumbnail2.gif





実は、本日本当に主役にしたかったのはこちら。
オートミールライスバーガーライスバーガーでなく、地味な佇まいの何やら不思議な黄色の食材。

20220803 00007.png

改めて見ても地味な佇まい。
これ、『コリンキー』のワタのフリットなのです。

北八ヶ岳の農家、ゴールデングリーンさんの旬野菜定期便の中に入っておりました初めての食材『コリンキー』
昨日、初めて包丁を入れてみて、その鮮やかな黄色と食感に興味深々。
つい貧乏性の血が騒ぎ、くり抜いたワタをフリットにしてみましたよ。

賞味期限切れのノンアルコールビールを有効利用したコリンキーのワタのフリット。
揚げたては衣カリカリ、中からコリンキーのワタがとろり。
そして種は想像以上にやわらかくて、たとえるなら『生落花生』といったところでしょうか。





とっても簡単で、きっと栄養も豊富なコリンキーのワタのフリット。
主人の興奮ぶりからもその美味しさは折り紙付き。

  1. 米粉 40g
    コーンスターチ 5g
    お塩ひとつまみ
    エルブ・ド・プロヴァンスと粗挽き黒胡椒 各適量

    以上を乾いたボールに合わせてよく混ぜます。
    よく冷えたノンアルコールビール 60g強を加え、ぽってりとしたカップケーキ生地程度のかたさになるようよく混ぜ合わせましょう。

    20220803 00018.png

  2. くり抜いたコリンキーのワタは、食べやすい大きさに切っておきます。
    1のボールに加えて全体にしっかりと衣を絡めましょう。

    太白胡麻油を低温に熱し、じっくりと両面揚げ焼きにします。

    20220803 00019.png
    20220803 00020.png20220803 00021.png


    コツも不要、技術も不要、揚げ物苦手な私でもカリッと美味しいフリットに揚がりました。

    20220803 00022.png





コリンキーのワタのフリットを詰めて、周りは作り置き料理でかためます。

20220803 00023.png

空心菜は、釜揚げしらすと胡麻油を効かせたナムル風に。

甘酢に絡めたコリンキーは、ワタの食感とは異なるシャキシャキ感がまた魅力的。
なまり節の風味とも好相性。

オクラはあおさと一緒に和え物にしましたよ。

20220803 00001.png





w-line84-thumbnail2.gif





水曜日のお魚は小ぶりな金太郎イワシですが、コリンキーのワタフリットを添えて主人もご機嫌。
発酵が進んだ折戸なすの柴漬けには、やはり白いご飯ですね。

20220803 00005.png

明日は木曜日。
夕方にパン生地を捏ねて、明日の朝はパンを焼きましょう。
残ったチキン、どうにか有効利用できないかしら。


summer3-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

とろとろ折戸なすのオートミールライスバーガー〜定番オープンスタイル

昨日のお昼はロカボなレタスサンドでした ☆彡

おかげで久しぶりに主人の体重が『九越し』を果たし、帝国ホテル インペリアルスイート連泊・おまけのモラビト・ついでのゲランの旅到達までマイナス8.8キロとなりました。
まだまだ先は長い、うんと長い。

今日は我が家の定番、オートミールを使ったライスバーガーですよ。

20220622 00006.png

レタスでふわりと包んだオープンサンドスタイルのオートミールライスバーガーです。

オートミールライスの上には、昨日届いたばかりの『折戸なす』
静岡県しみずの特産品、ころんっとした姿が愛らしい歴史あるこの丸茄子が、我が家の夏の風物詩となっております。

20220622 00002].png

艶っとした正に茄子紺、愛らしい小さい体には鋭い棘。
主人はこの折戸なすを、梅干しの赤紫蘇と一緒に浅漬けにした柴漬け風が大のお気に入り。

ですが、たまには揚げてみましょうと今年初めて試したところ、想像以上の大正解。
折戸なすの揚げ茄子、最高に美味しい。

20220622 00001.png

うんと厚く切ってじっくり揚げたトロトロの折戸なすに、たっぷりの肉味噌、大葉のアクセント。
もちろん、肉味噌とは言っても大豆由来のベジミート(大豆ミート)です。

20220622 00008.png

とろとろでぎゅっと詰まった肉質、折戸なすのオートミールライスバーガー。
揚げてはあるのにあっさりした折戸なす、大豆由来の肉味噌、主人の体重8.8キロ減目指して地道な努力は続くのです。

20220622 00007.png





◆作り方

  1. 油を存分に吸収してしまう茄子は、揚げる前のほんのひと手間。

    折戸なすのヘタ(棘に気を付けて)を削るように除いたら、水気をしっかり拭き取ります。
    うんと厚切りにしてボールに移し、極少量のお塩をふって全体になじませます。

    5分ほどおくと茄子から水が出てきます。
    しっかりと拭き取り、170℃程度(菜箸を入れて細かな泡が滑らかに出る感じ)に熱した太白胡麻油でじっくり揚げましょう。


    20220622 00010.png20220622 00011.png
    20220622 00012.png


    油は随分と少なめ。
    揚げ焼きと言っても良いほどですが、ほとんど茄子は油を吸いませんよ。

    揚げている最中はあまりいじらず、良い色になるまでじっくり片面を揚げたら、ひっくり返して両面揚げます。
    網の上でしっかり油を切っておきます。

    端っこ部分は、熱い状態で合わせ調味料に浸して揚げびたしに。

    20220622 00009.png

  2. フライパンの油を軽く処理したら、ベジミートの肉味噌へと移りましょう。



    ベジミートは30g。

    予め、ひたひた程度の熱湯を注いで3〜4分戻してから、キッチンペーパーを敷いたザルに移してしっかり水を切っておきます。
    この戻し汁は、後ほどオートミールで使いましょうか。

    20220622 00013.png

    白味噌と赤味噌 各15g
    お酒・みりん・お醤油 各10g
    豆板醤 5g

    調味料を合わせてよく混ぜておきます。

    20220622 00015.png

    フライパンに胡麻油を少したし、みじん切りにした玉ねぎと生姜を炒め合わせます。
    水を切ったベジミートを加え、合わせ調味料・粗く砕いた胡桃も加えて炒め合わせれば出来上がり。

    20220622 00014.png

  3. ベジミートの戻し汁を使ってオートミールを米化します。

    ロールドオーツとクイックオーツを各15g。
    蕎麦の実を10g。
    ベジミートの戻し汁にお水を足して100g計量して合わせ、ふわりとラップをしてレンジ加熱1.5分。

    いちど取り出し、蒸し大豆と白胡麻を足してざっくり混ぜ、もういちどラップをしてレンジ加熱1.5分。

    目玉焼きリングにラップを敷いて成形し、胡麻油を熱したフライパンで両面カリッと焼いて取り出しておきます。

    20220622 00016.png20220622 00017.png
    20220622 00018.png


  4. サニーレタスは洗って水を切り、キッチンペーパーでふわりと巻いてビニール袋に入れて冷蔵庫でスタンバイ済み。
    後は組み立てるだけ。

    20220622 00019.png

    ワックスペーパーの上にレタスをひろげ、オートミールライスをおきます。

    20220622 00020.png

    大葉をひろげて折戸なすを重ね、たっぷりの肉味噌と彩りのミニトマト。

    20220622 00021.png

    レタスで包みながらワックスペーパーで固定して出来上がり。
    折戸なすの食感にうっとりすること請け合い。

    20220622 00022.png





il-plants125-thumbnail2.gif





オートミールライスバーガーに使用した厚切りの折戸なす。
端っこは、爪楊枝で突いたミニトマトと合わせて揚げ浸しにしました。

蕪は干し貝柱と合わせた和え物。
先日、イサキの昆布締めに使用した昆布は、干しシイタケを合わせて佃煮に。

20220622 00003.png

これらを詰めて、隙間を作り置き料理で埋めて、はい今日のお弁当の出来上がり。

うんと薄味に仕上げた折戸なすの揚げ浸し。
きんっと冷えたところにベジミートの肉味噌を添えて、今宵の日本酒に添えましょう。

20220622 00005.png





il-plants125-thumbnail2.gif





さっと洗ったフライパンでうどんを茹でて、今朝の主食は釜玉うどんですよ。

そしてお魚はちょっと切ない金太郎イワシ。
小ぶりですからね、食べる前はほんの少し切ないのです。
ですが食べて後悔したことは皆無、やっぱり美味しい金太郎イワシなのです。

20220622 00004.png

昨日お酒を控えたのは、今宵の日本酒をより楽しむため。
5時からの宴会スタートに備え、早々と主人に仕事部屋を譲りましょう。
クーラーが効き過ぎた主人の部屋に長居は出来ませんしね。

illust-raineyday08-1-thumbnail2.jpg




posted by しんさん at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

2021年から2022年へ

主人のお正月休みが明けました。

今日は主人の仕事始め。
出勤する主人を見送り、そして早々とではありますが帰宅した主人を今度は灯油調達のためお見送り。
夕方ごろまでは忙しいやすみ明けのようです。
我が家の2021年から2022年を画像で備忘録。

先ずは恒例、ベランダから初日の出。
東の空に残る若月が綺麗でした。

20220106 00004.png

明るくなりかけた頃。
背中側の西の空、養老山脈も伊吹山も息をのむような美しい聴色に染まっておりました。

20220106 00002.png

初日の出がふたつ?
早朝のベランダで小声ながら盛り上がる夫婦。

20220106 00003.png

雲に日の光が反射していただけでした。
初日の出はいつの間か昇っていたようですね。

20220106 00001.png



line77-thumbnail2.gif



ふたりだけで静かに過ごす大晦日とお正月。
意外とこの過ごし方がお気に入り。

大晦日。
花びら餅を買いに松花堂さんへ。
当日用の和菓子もふたつ。
忙しかった大晦日、ふたつの和菓子が並ぶと俄かに穏やになるから不思議。

20220106 00005.png

お節料理と一緒にお願いした鯖寿司。
大晦日に半分頂き、元旦に半分頂くのだと主人の提案。

20220106 00006.png

お屠蘇の準備にと栓を抜いた日本酒をぐい呑みにもいっぱい。
鯖寿司を頂きます。

20220106 00007.png

早々と年越し蕎麦も。
そして年越しイワシも。
どちらもイオンさんに届けて頂きました。
簡易的ではありますが、日本の風習を十二分に楽しめます。

20220106 00008.png



line77-thumbnail2.gif



そして翌日、元旦です。
楽しみはからすみ。

20220106 00009.png

初日の出を拝み、冷えた体をお雑煮で温めます。

20220106 00010.png

ふたりで選んだお節をふたりだけで頂く。
こちらのお節料理もこれで2年目。
良いものです。

20220106 00011.png

普段使っております急須に感謝を込めて。
屠蘇散と鈿女を急須に合わせてゆっくりひと晩。

20220106 00012.png

紅芯大根とからすみ。
これが好きで自ら紅芯大根を育てたのですもの。

20220106 00013.png

美しい松花堂さんの花びら餅。

20220106 00014.png

香り立つお屠蘇。

20220106 00015.png



line77-thumbnail2.gif



三が日はお雑煮を頂きたいもの。

20220106 00016.png

三日ともなると、お節料理が小箱になります。

20220106 00017.png

そして1月も4日になると、こんなものも食べたくなるのが常。

20220106 00018.png



line77-thumbnail2.gif



お正月気分も収め時の今日は主人の仕事始め。
ねじり梅もリメイクが進みます。

20220106 00019.png

わずかに残ったお節料理は『おこし』風にリメイク。

20220106 00021.png





エビの殻だって食べちゃう貧乏性。
ローストしたエビの殻を柚子の表皮と一緒に粉砕し、田作りにオートミール、蕎麦の実等々と一緒に押しかためます。

20220106 00020.png
20220106 00022.png20220106 00023.png







肝心なエビはスープの材料に。
ムングダルを圧力鍋でとろりと煮込み、まるでクリームスープのような仕上がりに。
ねじり梅はお正月の名残。

20220106 00024.png

間もなくイオンさんが明日からの食材を届けてくれます。
これでお正月気分とも吹っ切れることでしょう。

そして来週になれば、お正月中身につけてしまった酒癖も少しは緩和されることでしょう。



col32-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

夏野菜の収穫スタートです

梅雨の晴れ間とまではいかないものの、週末の天気はまあまあこの程度ならばといった曇り空。
飽きもせず降り続いた平日の後、土曜の胡散臭い晴れ間に続く日曜早朝の雨曇りに期待を寄せ、それっとばかり畑に向かいました。

この長雨で相当なダメージを覚悟していたのですが、意外と夏野菜たちは健やかに長雨を受け入れておりました。
モロヘイヤ、そしてキュウリや万願寺とうがらしの陰になって姿は見えませんが、初収穫の小さな小さなオクラも。

20210712 00001.png

何よりホッとしたのは、収穫間近だったビーツを長雨に晒し続けてしまったこと。
さぞや哀れな姿になっているかと思いきや、意外とビーツもたくましく持ち応えておりました。

早速葉っぱを切り落として綺麗に洗い、皮つきのままアルミホイルで2重に包んで180℃のオーブンで1時間30分。
圧力鍋で蒸すかオーブンでグリルするか、どちらにしても扱いやすい野菜です。

20210712 00002.png

皮ごと蒸すなりグリルするなりした後は、ツルッと皮をむいて下拵えは終了。
この皮をむく作業がしたくてビーツを育てている、そう言っても言い過ぎでないほどこの工程が好き。

20210712 00003.png

皮をむいたビーツは小さなものなら丸ごと、大きければ端っこはダイスに切り、中央部分の形がそろった部分はスライスしてピクルスに。

お砂糖やお塩を多く使うイメージのあるピクルスですが、ビーツのピクルスはシンプルで本当に簡単。
お水とお酢を1:1、ここにお砂糖とお塩を適量、今回はお水とお酢400tに対して生砂糖を大さじ1弱、お塩は小さじ1/4程度。
後は在庫のスパイスを合わせて漬け込むだけ。

万願寺は焼きびたし、ピーマンは煮びたし、モロヘイヤは胡麻和えに。

最近気に入ってよく拵えるレバーの照り焼きは下拵えに牛乳を使いません。
レバー好きな主人でも、レバー嫌いな私でも、双方に受け入れられる仕上がりです。

20210712 00005.png

金曜日までの作り置き料理を準備して本日月曜の任務は完了。
作り置き料理をお弁当箱に詰め込んで、主人の出勤サポートも完了です。

20210712 00006.png

初生りのオクラは、早速煮びたしにして西京漬けの横に添えました。
市販のオクラでは味わえないやわらかな果肉に、お口の中が持っていかれそうな粘り、初々しい初生り野菜はそれが何であっても心が躍るのです。

西京漬けの鮭が綺麗に焼けて気分も上々。

20210712 00004.png

湿気対策にと、初めてハッカ油を購入して床拭きに使用してみました。
確かにすっきり良い気分。

・・・先ほど帰宅した主人は全く気付いていないようですが。





今朝、窓を開けて感じたおや?と思うほどの爽やかな空気。
30分遅れで起きてきた主人もそれは感じたようで、『間違いなくこれは梅雨明けだ』そうしたり顔で個人予想を立てておりました。

・・・まだ梅雨明け宣言はかすってもいないようですけどね。
どちらにせよ、そろそろ梅雨明け宣言を聞きたいものです。


illust-raineyday08-1-thumbnail2.jpg




posted by しんさん at 14:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする