2024年05月09日

カリカリもっちり、イチゴバター米粉パン

木曜日なので今週もパンを焼きました。

随分と前、頂いたイチゴで拵えた『イチゴバター』、そして同じくお土産で頂いた『島ざらめ糖』
これらを米粉生地にたっぷり乗せて焼いた『シュガーイチゴバター米粉パン』です。

20240509 00003.png

明太子パンと見間違えそうな佇まい。

米粉パンらしく、中はもっちり。
そしてざらめ糖が溶けた表面はカリカリ。
イチゴバターの風味が抜群の存在感を放っています。

20240509 00001.png

相変わらず米粉生地の扱いは思い通りにはいきませんが、それでも少しずつコツのようなものを掴んできた気も致します。

今日のこの米粉生地も、相当緩めな生地なりに一応成形に漕ぎつけましたもの。
のらりくらりと続けていくのが性に合っていそうです。

20240509 00006.png





◆材料(4つ分)


 ◇米粉ペースト
  • 米粉(パン用ミズホチカラ使用) 6g
  • お水 20g

 ◇米粉生地
  • 米粉(パン用ミズホチカラ使用) 135g
  • スキムミルク 15g
  • コーンスターチ 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品) 2g
  • ゲランドの塩 2g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 40g
  • オーツミルク ホエーと合わせて120g計量しました

  • イチゴバター(☆彡) 35g
  • サイリウム 5g
 ◇成形・トッピング用
  • ココナッツオイル 適量
  • イチゴバター 適量
  • 島ざらめ糖 適量


    20240509 00008.png



◆作り方

  1. イチゴバターは室温に戻しておきます。

    ホエーとオーツミルクを合わせて計量し、軽く混ぜておきましょう。

    米粉生地用の米粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイースト・てんさい糖・お塩をボールに合わせ、泡だて器で軽く混ぜておきましょう。

  2. 米粉ペーストを準備します。

    分量の米粉とお水を合わせてよく混ぜたら、ラップをしないで600Wの電子レンジで加熱すること20秒。
    糊状になるまでよく混ぜておきます。

    20240509 00009.png

  3. 合わせた粉類にホエー液を加え、泡だて器で先ずは軽く混ぜ合わせます。
    軽くなじんだところで、電動に切り替えしっかりと撹拌しましょう。

    20240509 00010.png

    米粉ペーストとイチゴバターも加え、更に撹拌します。

    20240509 00011.png

  4. サイリウムをふり入れ、スパチュラに持ち替えてよく混ぜます。

    20240509 00012.png

    底からすくうようにしながら、緩いながらまとめていきましょう。

    20240509 00013.png

  5. 手のひらとカードに極薄くココナッツオイルをぬりながら、生地を4分割してそれぞれ丸めます。
    オーブンシートを敷いた天板に並べ、お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 30℃で25分。

    20240509 00014.png

  6. オーブンの予熱完了間近になったら、生地の表面に刷毛で極薄くココナッツオイルをぬります。
    切り込みを入れ、切り込みの間にイチゴバターをたっぷり押し込みましょう。
    島ざらめ糖を散らし、予熱したオーブン庫内へ。

    20240509 00015.png

    設定温度190℃で20分。
    ワイルドな見た目はともかく、イチゴバターの香りにうっとりです。

    20240509 00007.png






il-plants5-thumbnail2.gif





具沢山スープを添えます。
油揚げのトッピングは、毎週2枚だけ残ってしまう油揚げの有効利用として。
少々の無理は承知済みです。

20240509 00005.png





  1. 油揚げをさいの目に切り、カリっとするまで乾煎りして取り出しておきます。

  2. さいの目に切ったベーコン・人参・玉ねぎ・ゴボウ等々を合わせて炒め、ここにスープストックをひたひた程度に加えましょう。

    20240509 00017.png

  3. 根菜に火が通ったらオーツミルクを注ぎます。
    冷凍グリーンピース・下茹でして冷凍しておいたひじき、ひよこ豆、ブルグル等々加えてひと煮たち。
    具沢山スープはお塩だけで味が決まってしまうのが嬉しい。

    20240509 00016.png

    スープジャーに移して油揚げを散らし、白胡麻をひねって出来上がり。





主人からの『ご馳走様メッセージ』には、『メロンパン美味しかった』とありました。
表面のひび割れ、そう前向きに捉えてもらえるのが嬉しい。

20240509 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif





お待ちかねの朝食です。

木曜日のお魚は塩鯖。
今週も赤酒のおかげで皮面パリパリ、中ふっくらの焼き上がりです。

主食は冷凍しておいたシジミご飯。
紹興酒に漬け込んだシジミの総集編とも言える我が家の定番メニューです。

20240509 00004.png

そしてシジミご飯の美味しさに和むのです。

ivy_s.jpg



posted by しんさん at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月26日

ほろほろ玉露の米粉クッキー

大型連休は目前です。
1週間以上の連休ですが、予定らしい予定と言えば日中ご近所のイタリア料理屋さんで開催される気楽な仲間内のワイン会、そのひとつだけ。

しばらくはお弁当もお休み。
休日中、たまにはお酒でなく香り高いお茶で和むこともあろうかと、あれば良いなと、今朝はクッキーなど焼いてみました。

20240426 00004.png

自慢ではありませんが、クッキーはどうも苦手な分野。
ですが、今まで焼いたクッキーのなかでいちばん私好みのクッキーがここに焼き上がりました。

前回京都を訪れた際に購入し、不本意ながらすっかりその存在を忘れておりました、柳桜園茶舗の水出し玉露『高瀬川』
このお茶、じっくり飲むには本当に美味しい、まるで良質なお出汁のようです。

20240426 00006.png

ですが残念ながら今はじっくりと冷たい玉露を楽しむ雰囲気ではありませんので、とりあえず多くをこうしてお料理に使用しております。
出来るだけお砂糖の量を控えた米粉生地に、この玉露茶葉をたっぷり混ぜ込んでみました。

コーヒーと言うよりより、韃靼そば茶や黒豆茶等香ばしいお茶に合わせたい美味しい米粉クッキーが焼き上がりましたよ。

20240426 00005.png





◆材料

  • 米粉(製菓用ミズホチカラ使用) 100g

  • 無塩タイプの発酵バター 50g
  • てんさい糖 25g
  • 蜂蜜 5g
  • 卵黄 1個分
  • 水出し玉露『高瀬川』 5g

  • 中ざら糖 適量




◆作り方

  1. バターと卵黄は室温に戻しておきます。
    今日使わない卵白はラップに包んで冷凍し、後日揚げ物や練り物、メレンゲ等に有効利用。

    茶葉は指で軽く崩しておきます。
    物に寄っては指に刺さることもあるので要注意、経験者です。

    20240426 00009.png

  2. バターをスパチュラで軽く練ったら、てんさい糖と蜂蜜を加えます。
    泡立て器でしっかりと撹拌しましょう。

    更に茶葉と卵黄も加えて撹拌します。

    20240426 00010.png

  3. 米粉を加え、スパチュラに持ち替えて混ぜ込みます。
    ここだけが頑張りどころ、スパチュラを押し付けるようにしながら馴染ませます。

    20240426 00011.png

  4. 全体が馴染んだら、更に手のひらを使ってしっかりとまとめましょう。

    20240426 00012.png

    大きめに切ったラップの上に移して形を整えます。
    ラップでぴったりと包み、冷凍庫で30〜45分ほどしっかりと冷やします。

    20240426 00013.png

  5. 仕上げに使用したのはお土産でいただいた島ざらめ。

    20240426 00014.png

    ラップの上にひろげ、冷やした生地にたっぷりとまぶしてから切り分けます。

    20240426 00015.png

    オーブンシートを敷いた天板に並べ、予熱したオーブン庫内へ。

    20240426 00016.png

    設定温度 180〜170℃で20分。

    20240426 00008.png

    食感良い美味しい玉露風味の米粉クッキーが焼き上がりましたよ。

    20240426 00017.png






w-line84-thumbnail2.gif





最近頻繁に購入する『お米で作ったうどん風麺』、イオンさんの製品です。
段ボールにいっぱい届いた納豆もあることですし、一緒にスープジャーに詰めてお昼ご飯に。
20240426 00001.png





これがその麺。
朝食で食べる時はしっかりとした食感、スープジャーに詰めるとちょっと頼りない食感にはなりますがそれはそれで美味しい。

20240426 00007.png

裏書きより軽めに茹でてしっかりと流水で洗い水気を切ります。
きのこ類を使ったスープにパクチーの茎部分を刻んで加え、お米麺と一緒にスープジャーに。

よく練った納豆にミニトマト、パクチーの葉先部分をたっぷり添えて、胡麻をひねって出来上がり。





納豆うどんに米粉のクッキー。
どのタイミングでどちらを食べるか、センスを要する組み合わせです。

20240426 00003.png





w-line84-thumbnail2.gif




朝食です。
金曜日の伊勢うどん、そしてイオンさんの生姜煮イワシ、このふたつが並ぶと週末を実感致します。

20240426 00002.png

それに加え、大型連休の入り口。
タイヤ交換やクーラー清掃、ブラックキャップの設置等、そんな予定ばかりの大型連休です。


ivy_s.jpg


posted by しんさん at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月25日

米粉テーブルロール〜夏野菜とチーズ編

木曜日なので今週もパンを焼きました。
今週は米粉のテーブルロール、バターの代わりにオリーブオイルを使った軽めの焼き上がりです。

20240425 00004.png

以前、全粒粉パンを焼いていた頃にはよく拵えた夏野菜とチーズのテーブルロール。
米粉パンに移行してからは、期待していたより生地がゆるくて成形が難しく、なかなか出来ずにおりました。

今日、いつもより少し加える水分量を減らしてみたら、難なく成形可能な生地に。

20240425 00002.png

毎朝食べる手作り豆乳ヨーグルトから出た水分、ホエーにオーツミルクを合わせて混ぜた米粉生地に、冷凍むき枝豆とセミドライミニトマト、そしてミルで粉砕したペコリーノロマーノを乗せてくるりと巻きます。

20240425 00006.png

理想を言えば、もう少しふんわりした食感に仕上げてみたいものですが、まぁそれもいずれ。

20240425 00009.png






◆材料(4つ分)


  ■ 米粉ペースト
  • 米粉(パン用ミズホチカラ) 6g
  • お水 20g

  ■ 米粉生地
  • 米粉(パン用ミズホチカラ) 135g
  • スキムミルク 15g
  • コーンスターチ 10g
  • てんさい糖 8g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品) 2g
  • ゲランドの塩 2g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 36g
  • オーツミルク ホエーと合わせて115g計量します(いつもより15g少なくしました)

  • オリーブオイル 7g
  • サイリウム 5g


  • ミルで粉砕したペコリーノロマーノ・冷凍むき枝豆・冷凍セミドライミニトマト 各適量
  • 成形時・仕上げ用のオリーブオイル 適量




◆作り方

  1. 米粉ペーストの準備をします。

    分量の米粉とお水を合わせてよく混ぜ、ラップをしないで600Wの電子レンジで加熱すること20秒。
    糊状になるまでよく混ぜ合わせておきます。

  2. 米粉・スキムミルク・コーンスターチ・てんさい糖・インスタントドライイースト・お塩を合わせ、泡だて器でさっと混ぜ合わせておきます。
    いつもは電動泡だて器を使うのですが、メレンゲ等のように電気の力を借りずとも、と今日は自力で。

    20240425 00007.png
  3. ホエーとオーツミルクを合わせてボールに加え、泡だて器でよく混ぜましょう。
    オリーブオイルと米粉ペーストも加えて更に混ぜます。

    20240425 00010.png

  4. サイリウムをふり入れ、スパチュラに持ち替えて混ぜます。
    ボールに壁にこすりつけるようにしながら、少しぽってりしてきたら、ボールの底から返すようにしながら。
    この工程がいちばん体力を使うところです。

    20240425 00011.png

  5. 生地を4分割し、それぞれ艶やかに丸めてから成形します。

    20240425 00012.png

    綴じ目を下にして天板に並べましょう。
    生地を巻く際にこぼれ落ちてしまったペコリーノロマーノは生地の上に散らします。
    お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 30℃で25分間発酵を促します。

    20240425 00013.png
  6. 発酵が終わり、オーブンの予熱完了間近になったら表面にオリーブオイルをぬります。

    20240425 00014.png

    霧吹きでお水をたっぷり吹きかけてから、予熱したオーブン庫内へ。
    設定温度を190℃にして20分。

    20240425 00008.png

    もう少しふっくら焼き上がるのが理想です。

    20240425 00015.png






table_s.gif





先週、主人が川越市から取り寄せたYoShiDaファームさんの蕪。
数日経って、スライスして食べるのには少々辛みを感じるようになりました。
ならば、そろそろ念願のポタージュの出番。

甘くて滑らかな蕪のポタージュ。
更にさいころ状に切った蕪を加え、そのとろけるような食感と甘さも楽しみます。

20240425 00005.png

生クリームとバターを使った濃厚なタイプは、間近に迫った大型連休中に楽しむとして。
今日のお昼はあっさり仕上げた蕪とお豆腐のポタージュです。




  1. にんにく、薄切りにした玉ねぎを合わせ、オリーブオイルでじっくり炒めます。

  2. スープストックを控えめに注ぎ、皮をむいて切った蕪・崩したお豆腐・ひらたけの軸の部分・お塩を加えて加熱します。
    蕪が十分にやわらかくなったら白味噌を加え、バーブレンダーで滑らかに撹拌しましょう。

    20240425 00016.png

  3. オーツミルクで程よくのばし、さいの目に切った蕪を加えてひと煮たち。
    スープジャーに移して白胡椒を挽きます。

    20240425 00017.png




沢山あった蕪も残り4つか5つになりました。
連休中の濃ゆいポタージュ、キジ鍋、蕪のフムス風・・・足りないくらいです。

20240425 00001.png





table_s.gif




朝食です。

木曜日のお魚は塩鯖、今日も抜群の焼き上がりです。
蕪の千枚漬けを添えて。

主食は冷凍してあったご飯に黒米を添えて。

20240425 00003.png

黒米のプツプツしながらももっちりとした食感が好きで、敢えて混ぜずに存在感を前面に押し出してみました。
隣で主人も、同じように黒米だけを噛みしめてその食感を楽しんでいるようでしたよ。

col32-thumbnail2.gif












posted by しんさん at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月18日

イチゴバターの米粉バターロール

木曜日なのでパンを焼きました。
が、ちょっと上手くいくと思われておりました米粉パン、振出しに戻ってしまったようです。

生地がゆるくて成形不可。
これは無理、そう思って大きく焼こうと成形なしで生地を天板に移し、発酵を試みた後で、無理無理成形にこじつけた次第です。

20240418 00005.png

ちなみに、今週のパンはイチゴバターのバターロール。
先週末に拵えたイチゴバターを生地に混ぜ込みました。
イチゴバターの副産物でもあるイチゴジュースで米粉生地を捏ねたので、イチゴの風味誇らし気なパンに仕上がりました。

20240418 00006.png

生地は相変わらずもっちり。
もう少しふんわりと焼き上げたいところですが、うーん・・・
米粉パンって難しい。

それでも備忘録は怠りませんけどね。

20240418 00003.png





◆材料(4つ分)


 ◆米粉ペースト

  • 米粉(パン用ミズホチカラ) 6g
  • お水 20g


 ◆米粉生地

  • 米粉(パン用ミズホチカラ) 135g
  • スキムミルク 15g
  • コーンスターチ 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品です) 2g
  • ゲランドの塩 2g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分)・イチゴジュース・オーツミルク 合わせて125g
     ※ホエーは43g、イチゴジュース(イチゴバターの副産物です)は50g使用しました
  • イチゴバター 20g
  • サイリウム 5g


  • 成形時・仕上げ時用のオリーブオイル 適量





◆作り方

  1. 先週末に拵えたイチゴバターの手順もざっくり備忘録。

    イチゴはヘタを丁寧に取り、しっかりと水気をふき取って耐熱ボールに移します。
    中ざら糖をふりかけてひと晩冷蔵庫へ。

    20240418 00008.png

    翌日、水分がたっぷり出たイチゴをレンジ加熱します。
    イチゴがしんなりしたらザルに移し、イチゴジュースと果肉に分けます。
    予め室温に戻しておいた発酵バターを果肉に合わせましょう。

    20240418 00009.png

    泡だて器で撹拌して出来上がり。

    20240418 00010.png

  2. パン生地に進みます。

    先ずは米粉ペーストの準備から。
    分量の米粉とお水を合わせてよく混ぜ、ラップをしないで600Wの電子レンジで20秒加熱します。
    糊状になるまでよく混ぜてから、イチゴバターと合わせておきます。
  3. ボールに米粉・スキムミルク・コーンスターチ・てんさい糖・インスタントドライイースト・お塩を合わせ、軽く混ぜます。

    20240418 00011.png

    計量したホエー・イチゴジュース・オーツミルクを軽く混ぜて加え、泡だて器で撹拌しましょう。
    しっかりと撹拌したら、米粉ペーストとイチゴバターも加えて更に撹拌します。

    20240418 00012.png

  4. 最後にサイリウムをふり入れ、スパチュラに持ち替えて混ぜます。
    ここで成形が出来る状態にならなくてはいけないのですが、成形はとても無理な状態。

    20240418 00013.png

    仕方がないので、生地を天板に移してどうにかまとめ、この状態で焼いてしまおうと30℃で25分間発酵を促しました。

    20240418 00014.png

    が、発酵が終わった生地は、どうやら成形可能な状態。
    4分割して大慌てで成形し、室温に20分ほどおいてから焼成に踏み切りました。

    ストレスを感じるパン焼き作業はあまり良いものではありませんね。

    20240418 00007.png






il-plants5-thumbnail2.gif





そう凹んでばかりもいられません。

昨日、主人が買ってくれた新しいハンドブレンダーが到着しました。
色々とオプションがついたものを勧めてくれたのですが、いちばんシンプルなタイプを選択。
早速お手並み拝見、長芋のスープを拵えます。

20240418 00004.png





胡麻油でじっくり炒めた玉ねぎとニンニク。
ここにスープストックをひたひた程度に加え、山芋・マイタケを加えてひと煮たち。

オーツミルクを注ぎ、隠し味の白味噌も加えてハンドブレンダーで撹拌します。

20240418 00015.png

再度火にかけ、下茹でして冷凍しておいたひじきやひよこ豆、冷凍グリーンピースを加え、ゆっくり弱火でひと煮たち。
お塩で味を整えて出来上がり。

20240418 00016.png





イチゴバターという発想に後悔はしていないのです。
手作りならではのこのフレイバーは我ながら実にお見事。
ですが、ねぇ、米粉の扱い辛さと言ったら。

20240418 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif




気持ちを切り替えて、お楽しみの朝食です。
そう、今日は木曜日ですもの、週のうちでいちばん楽しみな塩鯖の日ですもの。
赤酒を吹きかけて焼いた塩鯖の皮面の見事なこと。

20240418 00001.png

先日の山菜づくしで包んで頂いた大和さんのわらびご飯。
お酒をふってゆっくりと温めた大和さんのご飯は、冷凍してあったにも拘わらずやはり美味しい。
抜群に美味しい。





今夜は菊正宗の激熱燗入浴剤を使うとしましょう。
その必要性が何なのかは不明ですが、兎に角そうしましょう。

sagi.gif





posted by しんさん at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月16日

玉露と米粉のシフォンケーキ

シフォンケーキを焼いてみました。
目下のところ、我が家では小麦粉の常備をしておりませんので、そこはあっさり米粉で代用。
あら、型抜きも上々でなかなかの焼き上がりなのではないかしら。

20240416 00005.png

米粉生地にたっぷり混ぜ込んだのは、京都を訪れる際は大抵お邪魔する『柳桜園茶舗』の水出し玉露 『高瀬川』

紅茶のシフォンケーキにありがちな、存在感あり過ぎる茶葉の食感があまり得意ではありません。
なので、玉露をミルで粉砕してからお水と合わせ、茶葉ごと丸ッと米粉生地に混ぜてみましたよ。

20240416 00006.png

『ふんわり』と言うより『シュワッ』と表現したい玉露と米粉のシフォンケーキ。
出来るだけお砂糖の量を控えてみたら、嬉しいほどに玉露の存在感を引き立ててくれましたよ。

20240416 00007.png

米粉なので、小麦粉の時ほどには神経質にならずとも、この程度の焼き上がりならば余裕で着地出来るかと思います。

買ったことを、まぁ言ってしまえばすっかり忘れておりました京都の高級水出し玉露。
しかも夫婦そろって。
先日、冷水でゆっくり淹れた高瀬川は、やはり心が浄化される美味しさでした。

20240416 00002.png





◆材料(直径17センチ(多分)のシフォンケーキ型使用)
  • 卵 3個
  • 水出し玉露 高瀬川 10g
  • 冷水 80g


    ◆メレンゲ用
  • お塩 ひとつまみ
  • てんさい糖 40g


    ◆卵黄生地用

  • てんさい糖 20g
  • 太白胡麻油 大さじ2
  • 米粉(製菓用ミズホチカラ使用) 90g




◆作り方

  1. 分量の玉露をミルで粉砕します。
    ここに冷水を加えてしばらくおきます。

    20240416 00008.png

  2. 卵を卵白と卵黄に分けます。

    泡立て器のアタッチメントを洗わずに済むので、先ずはメレンゲから。
    卵白にお塩をほんのひとつまみ加えて泡だて器で撹拌します。
    少し泡立ってきたところで、分量のお砂糖の1/3量を加えて撹拌を続けましょう。

    20240416 00009.png

    泡立ってきたら更に1/3量、2回繰り返して分量の砂糖を投入し、ゆるくお辞儀をする程度のメレンゲに仕上げます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20240416 00010.png

  3. 泡立て器のアタッチメントを洗わずそのまま、卵黄生地へと進みます。

    分量のお砂糖を加え、もったりするまで撹拌します。
    太白胡麻油を加え、更に撹拌を続けましょう。
    お水で淹れた玉露を茶葉ごと加えて更に撹拌し、最後に米粉を一気に加えてしっかり撹拌します。

    20240416 00011.png

  4. 冷蔵庫からメレンゲを取り出し、卵黄生地と合わせましょう。

    先ずはメレンゲの1/3を卵黄生地に加え、泡だて器でしっかりと混ぜ込みます。
    更に1/3量のメレンゲを加え、ここからはスパチュラに持ち替えて、ですがさほど神経質にならずしっかり混ぜ込みます。

    20240416 00012.png

    最後にメレンゲ生地のボールにこれを戻し入れ、スパチュラで底から大きくすくうようにしながら混ぜ込みます。

    20240416 00013.png

  5. シフォンケーキ型に生地を高い位置から流し入れましょう。
    爪楊枝で型と生地の境目を1周なぞり、素早く予熱したオーブン庫内へ。

    20240416 00014.png

    170℃で40分、最初の10分程度は180℃をキープしてじっくりと焼きます。

    20240416 00015.png

    焼き上がったら熱いうちに型ごと逆さまにして完全に冷ましましょう。
    瓶では口が太過ぎて、この型では使えませんでした。
    あれこれ試した結果、私にはこのポテトマッシャーしか思いつきませんでしたが、まぁこれでも良し。

    20240416 00016.png

    完全に冷めたら、シフォンケーキナイフで境目を1周して型抜きします。

    20240416 00017.png






hsb5-thumbnail2.gif





週末に開封したトマト缶がありました。
このトマト缶を使った具沢山スープを添えましょうか。

メンバーのひとり、丸粒ブルグルがお昼にはふっくら膨らんで、まるで小粒なお豆のような佇まいになっていました。

20240416 00004.png





さいの目に切った人参と玉ねぎ・刻んだニンニクを合わせてオリーブオイルでじっくりと炒め合わせます。
エルブ・ド・プロヴァンスも風味付けに。

20240416 00018.png

トマト缶を注いでスープストックを控えめ量注いだら、丸粒タイプのブルグル・茹でて冷凍しておいた緑豆等加えてゆっくり弱火で煮立てます。
煮立ったら冷凍グリーンピース・ベーコン等加えてひと煮たち。

20240416 00019.png

ほんの少しのお塩とオイスターソースだけで抜群に美味しく仕上がる具沢山。
仕上げにペコリーノロマーノと粗挽き黒胡椒を添えます。






苦手意識の高かったシフォンケーキ。
玉露と米粉とは相性が良かったようで、うんうん、これならばまた焼きたい、そう思える美味しさでした。

20240416 00001.png





hsb5-thumbnail2.gif





朝食です。

水曜日のお魚はしめ鯖・アボカド・新玉ねぎの名トリオ。
今週のアボカドは質が今一歩でしたが、味にはさほどの遜色はなくひと安心。

主食は米粉のうどん。
山芋とろろと温泉卵を添えました。

20240416 00003.png

小麦粉のうどんとは全く異なる食感にひと口目は相当仰天しましたが、うん、これはこれでありです、大あり。




昨日から、室内でじっとしていても何となく汗ばむ暑さ。
加えて先ほどから降り出した雨。
まるで梅雨のような湿度ですが、この頃の雨空に映えるツバメの見事な滑空姿が清々しくもあるのです。

col68-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする