2023年11月07日

オートミールライスバーガー〜じゃが芋のガレットとブルグルクリームコロッケ編

今日のお昼はオートミールライスバーガーにしました。
オートミールだけでなく、最近は蕎麦の実に加えて黒米まで仲間入りした我が家のオートミールライスバーガー。

フィリングは昨日揚げたブルグルクリームコロッケ(☆彡)に、じゃが芋のガレットを添えてみました。
想像以上に地味な佇まいです。

20231107 00007.png

地味ではありますが、主人からはすこぶる高評価。
ほんのりとチーズの風味が効いたじゃが芋のガレットに、グラタン好きの主人ご満悦のブルグルクリームコロッケ。
そして本来の姿から外れているとは言え、ブルグルと言えばハリッサも忘れずに。

20231107 00006.png
取り寄せたは良いけれど、あまり使い勝手のよろしくない大間のオコッペいもっこ。
残りも少なくなった頃に、我が家好みのお料理法を見つけられるだなんて。

20231107 00012.png





◆作り方とざっくり材料

  1. 先ずはオートミールライスバンズの準備。
    いつもとほぼ同じですけど備忘録。

     ● オートミール 30g(ロールドオーツとクイックオーツを各15gずつ)
     ● 蕎麦の実 10g
     ● オーツミルク 85g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20231107 00002.png

  2. 一旦レンジ庫内から取り出し、黒米を加えます。

    黒米は予め丸ッと1日吸水させたものを炊き、小分けにして冷凍してあります。
    量にして31gありました。
    再度ふわりとラップをし、1.5分レンジ加熱します。

    20231107 00008.png

  3. 全体をさっくりと混ぜて2等分し、目玉焼きリングを使って成形します。

    20231107 00009.png

  4. じゃが芋のガレットの準備をします。

    皮をむいたじゃが芋をスライサーで極々薄くスライスしたら、更にそれを千切りに。
    お水に晒さずボールに移し、オリーブオイル・すりおろしたペコリーノロマーノ・粗挽き黒胡椒・極少量のエルブ・ド・プロヴァンスを加えて混ぜましょう。

    20231107 00010.png

  5. 目玉焼きリングにぎゅっと押し込んで成形し、発酵バターを上に乗せます。
    オートミールライスバンズも一緒に並べ、お醤油をちろりと垂らしましょうか。

    20231107 00011.png


    予熱なしのオーブン 200℃で20分焼きます。
    途中で昨日揚げておいたブルグルクリームコロッケも一緒に焼き、そのままオーブン庫内で冷ましておきます。

    20231107 00013.png

  6. 後は組み立てるだけ。
    ワックスペーパーの上にオートミールライスバンズを置き、じゃが芋のガレットを重ねてハリッサを添えます。

    20231107 00014.png

    クリームコロッケを上に乗せ、ワックスペーパーでふわりと包んで出来上がり。

    20231107 00015.png




line60-thumbnail2.gif




頂いたプロテインアイスコーヒー。
なかなか使う機会がなく、何となくそろそろ使い切ってしまった方がよさそうな頃合い。

先日アガーでフルッとかためたプリン風のプロテインスイーツが主人に好評でしたので、今度は豆乳ムースを添えて。

20231107 00003.png

SNSで見かけた豆乳クリームは、豆乳にレモンを加えて甘みを添えたら、泡だて器で1〜2分かき混ぜれば出来上がり、そんな素敵なクリームでした。

甘みは何でもよいとありましたので、我が家では出番の少ないオリゴ糖を使用したら、折角ふるっとかたまりかけていた豆乳クリームが緩々に。
サイリウムを加えてムース状にまとめました。

それにしてもこちらの製品はパッケージがおしゃれ。

20231107 00004.png





  1. プロテインアイスコーヒー 30gにアガーを3グラム。
    乾いたお鍋に合わせてよく混ぜ、オーツミルク 200gを少しずつ加えながらダマにならないよう混ぜ合わせます。

  2. 中〜弱火で混ぜながら沸騰させないよう加熱したら、容器に注いで常温でかたまるまで待ちましょう。

  3. 豆乳 100gにレモン汁 大さじ1を合わせて素早く混ぜます。
    オリゴ糖を加えて混ぜると、さらさらの状態に戻ってしまいました。

    なのでサイリウムを2gほど加え、泡だて器で1〜2分混ぜたらフルッとババロア状に。

    20231107 00016.png

  4. コーヒープロテインの上にふわりと重ね、シナモンとヒマワリの種を添えて出来上がり。

    20231107 00017.png



怪我の功名とは言え、なかなか面白い豆乳クリームが出来上がりました。

20231107 00001.png





line60-thumbnail2.gif




朝食です。

今朝の主食は久しぶりの釜玉うどん。
国内産鯖のしめ鯖が手に入らない今、しばらくは自作の生姜煮イワシが火曜日のレギュラーメンバーです。

20231107 00005.png

昨日、日本酒のお供にしようと漬けにしておいたアボカド。
すっかり忘れて、今朝の納豆に投入されることと相成りました。

うん、美味しい。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif




2023年10月31日

黒米入り・オートミールライスバーガー〜週末のコロッケ編

今日のお昼はオートミールライスバーガーにしました。
フィリングは週末に拵えた『オコッペいもっこ』のコロッケ。

20231031 00003.png

取り寄せた青森県大間町 奥戸地区の名物『オコッペいもっこ』で、週末はホクホクのコロッケを主人とふたり頬張りました。

牛ひき肉に少々のベーコン、たっぷりの炒め玉ねぎなどを混ぜたじゃが芋生地を半分とりわけて、冷蔵庫の中にチンと残っておりました金平ごぼうを混ぜてコロッケにして冷凍。
目ざとく見つけた主人が冷凍する前にひとつ食べてしまったので、中途半端な3つが残ってしまったのですが、その問題はまた後回し。

いつものオートミール・ブルグル・蕎麦の実を合わせたライスバーガーバンズに、今回は『黒米』も仲間入り。
どんどんメンバーが増えていく我が家のオートミールライスバーガー。

20231031 00005.png

週末コロッケの名残りでもあるキャベツはカレー風味。
幼少の頃、母親がよくトーストにたっぷり乗せてくれたのをふと思い出して。

母の場合は袋に入った所謂『カレー粉』でしたが、パンと言えば母はいつもこれ。
マーガリンをぬったトーストにもカレーキャベツ、軽く焼いたロールパンに赤色ウインナと一緒にカレーキャベツ、懐かしいな。

20231031 00004.png






◆作り方とざっくり材料

  1.  ● オートミール 30g(クイックオーツとロールドオーツを15gずつ)
     ● 細挽きタイプのブルグル 15g
     ● 蕎麦の実 10g
     ● お水 90g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20231031 00008.png

  2. レンジ庫内から出し、黒米を加えます。

    黒米は予め炊いて小分けにし、冷凍しておいたもの。
    丸一日たっぷりのお水に浸しておいた黒米の水を切り、同量やや多めのお水・お塩 少々と合わせて炊きました。

    再度ふわりとラップをし、同じくレンジ加熱1.5分。

    20231031 00009.png

  3. 全体をさっくりと混ぜ、目玉焼きリングを使って成形します。

    20231031 00010.png

  4. 成形したオートミールライスバンズの表面に薄く胡麻油をぬり、オーブンで軽く焼きます。

    前日のうちに冷蔵庫に移して自然解凍しておいたコロッケも一緒に。
    揚げ物の温め直しは、予熱なしのオーブン 160℃で10分が我が家の決まり。
    ライスバンズは時間差で。

    20231031 00011.png

  5. カレーキャベツの準備をしましょう。
    母親は市販のカレー粉を使っておりましたが、我が家ではカレー粉を常備しておりません。
    ないものは作りましょう。

    ホールスパイス(クミン・黒胡椒・クローブ・カレーリーフ等)・パウダースパイス(グリーンコリアンダー・ガラムマサラ・ターメリック・カイエンペッパー)を合わせ、先ずは予熱なしのオーブン160℃で10分ローストします。
    これをミルで粉砕してパウダー状に。

    20231031 00012.png

  6. 細切りにしたキャベツをオリーブオイルで炒めます。
    レモン汁も少量加え、しんなりしたところでカレーパウダー・お塩を少々加えましょう。
    水気がなくなるまでしっかりと炒め合わせて出来上がり。

    主人が期待に満ち満ちた顔でキッチンに顔を出しましたよ。

    20231031 00013.png

  7. これでメンバーが揃いました。

    20231031 00007.png

    ワックスペーパーをひろげてオートミールライスバンズを置きます。
    その上にカレーキャベツをこんもりと。

    20231031 00014.png

    コロッケを重ね、ワックスペーパーでふわりと包んで出来上がり。

    20231031 00015.png






table_s.gif




コロッケの名残り、パン粉とバッター液が少し残っていました。
クッキー等、甘い系にでも有効利用しようとも思いましたが、そうは言ってもお砂糖は控えたいもの。

スパイスの粉砕でミルも出したことですし、鶏ささ身と合わせて簡単なつくね風のお菜を拵えました。
温泉卵を添えて、卵黄ソースで楽しむ鶏のつくね、こんにゃくでカサ増しを図ります。

20231031 00006.png




  1. ミルに薄切り蓮根・筋を除いてぶつ切りにした鶏ささみを合わせて撹拌します。
    想像していたより簡単に滑らかな生地になりました。

    これをビニール袋に合わせておいたパン粉・バッター粉に加え、更に木綿豆腐・みじん切り玉ねぎと人参・おろし生姜・お塩等加えて揉み捏ねます。

    20231031 00016.png

  2. こんにゃく(下茹で不要のもの)は予めげんこつでゴンゴン殴ってから、スプーンでちぎり、フライパンで乾煎りして取り出しておきます。

    20231031 00017.png

    開いたフライパンをさっと拭きます。
    手に胡麻油を少量つけて鶏生地を丸め、胡麻油を熱したフライパンでコロコロ転がしながら焼き色をつけましょう。

    20231031 00018.png

    お酒・みりん・お醤油・オイスターソース・蜂蜜等々合わせて加え、こんにゃくも戻し入れて十分に絡めます。
    火を止めて胡麻をたっぷりひねれば出来上がり。
    容器に盛り、温泉卵を添えます。

    20231031 00019.png




鶏のつくねに温泉卵。
主人、お口いっぱいに頬張っていることでしょう。

20231031 00002.png





table_s.gif




朝食です。
今週は金曜日がおやすみなので、お楽しみの前倒し、伊勢うどんを今朝の主食にしました。

20231031 00001.png

国産鯖の入手が困難なうちは、火曜日の定番でありました『しめ鯖・アボカド・スライス玉ねぎ』のゴールデントリオもしばらくお休み。
煮て冷凍しておいた生姜煮イワシがピンチヒッターです。




金曜日がおやすみと言うのは、何故こんなにも心が躍るのでしょう。
今日も飲みますよ、つくねをお供に。

mono89-thumbnail2.gif




2023年10月17日

オートミールライスバーガー〜ブルグル衣のかき揚げ編

今日のお昼はオートミールライスバーガーにしました。

長いことお弁当を作っていると、何となく週間ルーティーンが備わってきます。
月曜日に作り置き料理を準備し、油の処理の都合もあって揚げ物がその一品となり、そして翌日火曜日はその揚げ物のリメイク料理。
となると、オートミールライスバーガーが何かと便利。

最近やたらと『ひじき』を推す主人の手前、今日のオートミールライスバーガーはひじき入りですよ。

20231017 00005.png

オートミール蕎麦の実と、いつの間にかメンバー入りしたブルグル入りのライスバンズに、今朝はひじきを混ぜ込んで。
昨日揚げたブルグル衣のかき揚げに、発酵バターを添えてローストしたGOLDEN GREENさんのかぼちゃと玉ねぎ。

我が家のオートミールライスバーガーはオープンサンドスタイルなので、まま食べやすいよう大葉で蓋をします。

20231017 00003.png

色合い的には、ひじきよりいつものむき枝豆やトマトの方が鮮やかなのですが、この枯れた感じも良いのではないかしら。

20231017 00006.png





◆ざっくり材料と作り方

  1. 先ずはオートミールライスバンズの準備。

     ◆ クイックオーツ 15g
     ◆ ロールドオーツ 15g
     ◆ 細挽きタイプのブルグル 15g
     ◆ 蕎麦の実 15g
     ◆ お水 90g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。
    一反レンジ庫内から取り出し、ひじき(さっと茹でて冷凍してあります)を凍ったまま加えます。

    ざっと混ぜ、再度レンジ加熱1.5分。

    20231017 00008.png

  2. 目玉焼きリングにラップを敷いて成形し、お醤油をちろりと回しかけます。

    20231017 00009.png

  3. かき揚げ・薄切りカボチャ・薄切り玉ねぎと一緒にオーブンへ。
    カボチャと玉ねぎの上には、小さく切った発酵バターを散らしてあります。
    それぞれ時間差で取り出します

    20231017 00007.png

    予熱なしで先ずは160℃で10分。
    程よくかき揚げが温まったところで取り出し、熱いうちにお醤油を回しかけておきます。

    後は180℃で10分弱、オートミールライスバンズを取り出し、最後は200℃で数分。
    カボチャと玉ねぎはオーブンに入れたまま粗熱をとれば、準備完了。

    20231017 00010.png
  4. ワックスペーパーの上にオートミールライスバンズを置き、玉ねぎ、カボチャ、かき揚げを順に重ね、最後は大葉。
    ふわりと包んで出来上がり。

    20231017 00004.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif




面取りしたカボチャの切れ端がたくさんありました。
溶き卵と一緒に、油揚げに詰めて煮てしまいましょ。
ついでに人参も一緒に煮て彩り良く。

20231017 00002.png




油揚げは袋に開き、さっと湯通ししておきます。
油揚げを冷ましている間に、面取りした人参をお出汁で煮ておきます。

切れ端を刻んだカボチャと人参、刻んで戻した切り干し大根、むき枝豆に卵を合わせてよく混ぜます。

20231017 00012.png

袋に開いた油揚げに詰めましょう。

20231017 00013.png

爪楊枝で口を閉じ、コトコト煮立った人参の隙間に立て並べます。
しっかりと卵に火が通ったら上下を返し、10分ほど煮て出来上がり。

20231017 00014.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif




朝食です。
いつもなら、毎週火曜日はしめ鯖・アボカド・たっぷりの玉ねぎスライスの組み合わせ。
なのですが、国産サバのしめ鯖がどうにもこうにも手に入らず、しばらくはのらりくらりと在庫のお魚で場をしのぎます。
今朝はイオンネットスーパーさんに届けて頂いた同社の梅煮イワシ。

20231017 00001.png

ベジミートそぼろを添えた雑穀米入りの炊き粥が主食です。




イオンネットスーパーさんに洋梨が仲間入りしていましたよ。
ちょっと嬉しかったこと、後で主人に報告します。

2019-06-11T17_38_00-dfb23-thumbnail2.gif




2023年10月13日

オートミールクレープ〜デュカと赤からし菜のサラダ編

今朝は久しぶりにオートミールクレープを焼きました。

オートミールと少量の葛粉、その他卵やらオーツミルクやらを合わせてバーミックスで撹拌した生地は、少々脆くて扱い辛いのですが、我が家の定番として落ち着いております。

20231013 00002.png

そう、特にこの季節。
GOLDEN GREENさんの『旬の野菜定期便』に赤からし菜が加わる特にこの時期、オートミールクレープを焼いてフィリングにすることが多いのです。

昨日届いた定期便の中に、秋収穫の赤からし菜が含まれていました。
なので早速のオートミールクレープ。

20231012 00018.png

茹でたり炒めたり、加熱するとせっかくの色が褪せてしまう赤からし菜。
毎回適したお料理法に悩むのですが、毎回似たようなサラダになるのが常。

GOLDEN GREENさんの旬野菜定期便、後半の赤からし菜は、デュカを効かせたシンプルなサラダで幕開けです。

20231013 00003.png

スパイスの風味とナッツの食感、ちょっと辛みのある赤からし菜を、ベーコンの甘みがふわりとまとめます。
ちょっと多めに拵えた赤からし菜のサラダ、週末はチキン料理の付け合わせにでもしようかしら。
イオンネットスーパーさんに追加注文しておかないと。

20231013 00004.png





◆オートミールクレープの材料(作りやすい分量)

  • オートミール(クイックオーツ) 45g
  • 葛粉 15g
  • 卵 1個 
  • オーツミルク 215g
  • お塩 ひとつまみ
  • ナツメグ すりおろしたものを適量


  • フライパンにひくための発酵バター(無塩タイプ) 適量




◆作り方

  1. バター以外の材料を合わせ、バーミックスで撹拌します。
    ラップで落し蓋をして、30分ほど室温で休ませれば生地の準備は完了。

    20231013 00008.png

  2. バターを溶かしたフライパンに、生地を薄くひろげて弱火でじっくりと焼きます。

    20231013 00009.png

    縁がチリチリッとめくれ上がったら裏返し、さっと焼いて取り出しておきます。
    脆い生地なので、焼き立て時の扱いは特に慎重に。

    20231013 00010.png

  3. 赤からし菜は、かたい軸の部分を除いてざく切りに。
    サラダスピナーでしっかりと水切りをし、デュカをふっておきます。

  4. 小鍋にベーコンと多めのオリーブオイルを合わせ、ベーコンに焼き色がつくまでじっくり加熱します。
    3に回しかけ、よくよく和えれば出来上がり。

    20231013 00011.png

  5. しっかりと冷ましたオートミールクレープ生地の、フィリングが乗る部分にだけマヨネーズ・ディジョンマスタードをぬります。
    フィリングをのせて包めば出来上がり。

    20231013 00012.png






line77-thumbnail2.gif




野菜の定期便の中に、見るからに美味しそうで活き活きとしたホウレン草が入っていました。

最近何故だか主人と『学生の頃にホウレン草の卵とじを作ってもらったら卵が真っ黒だった』、そんな話をお猪口片手に致しました。
本当にまずそうで、食べられなかった、と。

立派なホウレン草を見ていたら、オートミールクレープとは合わないと思いつつ、どうしてもホウレン草の卵とじが作りたくなりました。

20231013 00007.png

ちょうど油揚げが1枚余っていたので、これも一緒に。
シンプルな定番、何の奇も衒わない普通のホウレン草の卵とじ。

赤からし菜のサラダで使わなかったかたい軸の部分は、さっと茹でてお出汁を回しかけます。
ベジミートのそぼろを添えて、一品出来上がり。




卵とじの煮汁が漏れないよう、下におぼろ昆布を敷き詰めて詰めます。
カラフルなパプリカのきんぴらのおかげで、良さげな佇まいになりましたよ。

20231013 00001.png





line77-thumbnail2.gif




お待ちかねの朝食です。
昨日お酒を控えた分、朝食がいつも以上にお待ちかねでした。

金曜日は伊勢うどんの釜玉風、そして市販の生姜煮イワシ。

20231013 00006.png

そうそう、イオンネットスーパーさんに追加注文をしておかないと。
週末は、ラディッシュに発酵バターを合わせてロゼというのも良いのではないかしら。

mono90-thumbnail2.gif



2023年10月03日

オートミールライスバーガー〜豚の角煮と蓮根、アボカド編

今日のお昼はオートミールライスバーガーにしました。

いつものように、オートミール2種とブルグル、そしてもち麦も加えたライスバンズをボトムだけ。
我が家の定番、オープンサンドスタイルのオートミールライスバーガーです。

20231003 00003.png

フィリングは圧力鍋で煮た豚の角煮。

特に牛肉はあまり登場しない我が家ではありますが、実は私、豚の角煮を拵えるのが好きなのです。
食べると言うより拵える方が好き、主人には願ったり叶ったりな性分なのでしょう。

最近は圧力鍋で2度に分けて煮て完成、に傾いていたのですが、やはりいちどじっくりと全面焼き付ける方が気分が良いのです。

20231003 00004.png

豚の角煮の煮汁をがっちりと包み込んで逃がさない、おぼろ昆布はお弁当の水分対策になくてはならない頼れる食材。
お弁当箱の底に忍ばせることも多々あります。

20231003 00006.png






◆ざっくり材料と作り方

  1. オートミールライスバンズの準備をします。

     ■ロールドオーツ 15g
     ■クイックオーツ 15g
     ■細挽きタイプのブルグル 15g
     ■もち麦(茹でて小分けにして冷凍してあります) 40g弱
     ■オーツミルク 85g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。
    いつもならばオーツミルクでなくお水を使うのですが、開封したオーツミルクがあったので今日はこれで。

    20231003 00008.png

  2. いちどレンジ庫内から取り出し、冷凍むき枝豆を加えてひと混ぜ。
    再度ふわりとラップをし、600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    1/2量ずつ目玉焼きリングで成形します。

    20231003 00009.png

  3. 表面に薄く胡麻油をぬり、オーブントースターでさっと焼いて冷ましておきましょう。

    20231003 00010.png

  4. 圧力鍋を出して豚の角煮へ進みます。

    先ずは豚バラブロックをそのままお鍋に入れ、かぶる量のお水を注いで強火にかけます。
    煮立ってひと呼吸おいたら火を止め、豚バラブロックをさっとお湯で洗って切り分けましょう。

    20231003 00011.png

  5. 圧力鍋を綺麗に洗い、しっかりと水気をふき取ります。

    極少量の油をすり込み、お鍋が冷たいうちに、先ずは脂面を下にお肉を並べてじわじわと加熱しましょう。
    こびり付き防止のため、お肉の油を鍋底に馴染ませるようスライドさせながら全面こんがりと焼き付けます。

    20231003 00012.png

    全体に焼き色をつけたらいちど取り出し、鍋底に残った脂で蓮根を炒めてきんぴらに。
    仕上げに胡桃も加えます。

    20231003 00013.png

  6. お鍋は洗わずそのまま、角煮を仕上げます。
    取り出しておいた豚肉を戻し入れ、お水・赤酒・生砂糖・お醤油・少量のオイスターソース・ひとつまみのお塩。
    生姜をたっぷりと上に散らし、加圧すること10分間。

    20231003 00014.png

  7. オートミールライスバンズの上に蓮根を並べ、アボカドを並べ、おぼろ昆布をふわりと重ねます。
    豚の角煮を上に乗せ、生姜を添えて包みます。

    汁漏れなし、これも全ておぼろ昆布のおかげです。

    20231003 00007.png

     




table_s.gif




思っていたより豚の角煮に時間をとられました。
なので簡単なデザートを添えましょうか。

ワイン会で東京に行った際、ホテルのサービス品として置いてあった『はちみつ紅茶』のティーバッグ。
よほど草臥れていたのでしょう、これは美味しいとその場で2箱取り寄せた主人。
後になってその甘さに躊躇し、ほとんど減ることなくそのまま鎮座しております。

ちょうど開封したオーツミルクもあることですし、夏が終わってそろそろお片付けしたいタピオカもあります。
はちみつ紅茶を使ったタピオカミルクティーゼリーなど。

20231003 00005.png




  1. オーツミルクとはちみつ紅茶のティーバッグをふたつ、小鍋に合わせて蓋をし、ゆっくり弱火で加熱します。
    濃いめに淹れた紅茶の粗熱をとり、アガーをふり入れましょう。

    ゆっくり沸騰直前まで加熱したら火を止め、タピオカを加えてそっと混ぜ合わせます。

    20231003 00015.png

  2. 圧力鍋を使えば、タピオカを戻すのも簡単。

    圧力鍋にお水を入れて煮立てたら、タピオカをここに入れて蓋をします。
    圧がかかったらひと呼吸おいて火を止め、そのまま圧が抜けるまで蒸らします。
    冷水にとり、しっかり水を切れば準備は完了。

    20231003 00016.png

  3. ジャーに分け入れ、常温でフルッとかためます。
    仕上げにシナモンパウダーをふって出来上がり。




はちみつ紅茶だけでは流石に甘さは控えめでした。

ですがこれくらいの甘さで程良いと思えるほどになった今。
日々の丁寧な食事がいかに大切なのか、つくづく思うのです。

20231003 00001.png





table_s.gif




お待ちかねの朝食です。
毎朝お腹がすくって幸せなことです。

火曜日のお魚はしめ鯖。
アボカドとスライスした玉ねぎをたっぷり添えたいつものスタイルです。

20231003 00002.png

主食は、水キムチと鰹だし、おぼろ昆布と梅干し、薬味をたっぷり添えた冷や汁風ご飯。
今年の夏は本当によく食べました。




今朝、何ヵ月かぶりにクーラーなしで食卓につきました。
今日から麻ケットを片付けて薄手の毛布になります。

col32-thumbnail2.gif