2023年12月20日

オートミールライスバーガー〜トロトロ豚肉とべったら漬けver.

今日のお昼はオートミールライスバーガーにしました。

2種類のオートミールと細挽きのブルグル、蕎麦の実、オーツミルクを合わせてバンズ風に成形し、フィリング多めのオープンサンドスタイルが我が家の定番。
今日は、トロトロに煮込んだ豚バラブロック、そしてべったら漬け風に漬けた甘めの大根がフィリングです。

20231220 00003.png

オートミールライスバンズには、甘めの白味噌にこんがりとき色をつけて。
べったら漬け風の大根は、スライスして下漬けした大根の水気をしっかり絞り、柚子の切れ端と一緒に甘酒に漬け込んでおいたもの。

そして豚バラブロックは、昨日圧力鍋でトロトロに煮込んでおいたもの。

20231220 00006.png

今朝準備したのは、結局オートミールライスバンズだけ、ということです。
軽く温め直した豚バラブロックを粗くほぐし、しっかりと水気を切った大根を重ねて、ハイ、出来上がり。

20231220 00004.png

昨晩、日本酒のお供にと主人が豚バラブロックに目を付けたら・・・
そう一応代替案も用意してあったのですが、最近の主人は発酵が進み始めた深漬けキムチが気になるご様子。

予定通り、豚バラブロックのオートミールライスバーガーが今日のお昼となりました。

20231220 00005.png





材料も手順も基本はいつも同じですが。

  1. オートミールライスバンズの準備から。

     ■ オートミール 30g(クイックオーツとロールドオーツを各15gずつ)
     ■ 細挽きタイプのブルグル 15g
     ■ 蕎麦の実 10g
     ■ オーツミルク 90g

    以上を耐熱ボールに合わせます。
    ふわりとラップをし、600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20231220 00008.png

  2. いちどボールをレンジ庫内から取り出し、全体をざっくり混ぜます。
    黒米(炊いて冷凍しておいたものです)を加え、再度1.5分強レンジ加熱します。

    20231220 00009.png

    黒米がしっかり解凍出来ていれば、2等分して目玉焼きリングで成形しましょう。

    20231220 00010.png

  3. 成形したオートミールライスバンズの表面に甘味噌をたっぷりとぬります。

    20231220 00011.png

    オーブントースターで焼き色をつける間に、豚バラブロックを温め直し、べったら漬けの水気をしっかりとおさえておきましょう。
    これで準備は完了。

    20231220 00012.png

  4. 豚バラブロックを粗くほぐしてオートミールライスバンズの上に。

    20231220 00013.png

    その上にべったら漬けを並べ、ワックスペーパーでふわりと包めば出来上がり。

    20231220 00014.png






onpuy.gif






日中でも冷えを感じる昨今。
生姜を効かせた酒粕のスープを拵えました。
もちろん私の好きな具沢山。

20231220 00007.png




  1. 玉ねぎ・生姜・冷凍庫に溜めておいた面取り野菜の切れ端。
    これらを胡麻油でじっくりと炒め合わせます。

    20231220 00015.png

  2. スープストックを注ぎ、酒粕を加えてひと煮たち。
    その間に、さいの目に切った人参・じゃが芋をレンジ加熱しておきます。

  3. バーミックスでピュレ状にした酒粕ベースに、レンジ加熱した人参・じゃが芋・さいの目に切ったベーコン・茹でて冷凍しておいたひじき、ひよこ豆等を加えます。
    オーツミルクでのばしながら、お塩やオイスターソース等で味付けします。

    スープジャーに盛り、山椒を挽いて胡麻をひねれば出来上がり。

    20231220 00016.png




酒粕ベースのスープがしみじみ美味しい寒さとなりました。

20231220 00002.png





onpuy.gif




朝食です。

今朝の主食はお蕎麦。
おろした山芋と温泉卵、手作りの柚子胡椒を添えます。

20231220 00001.png

こんがり焼いたイワシは頭からかぶり。
そろそろ年末の食材を気にしなくてはいけない頃合いです。

cup.gif




2023年12月15日

オートミールとお豆腐のザクザククッキー

金曜日です。
不摂生が続いた週である上に、今日は生憎の朝から雨。
それでも心躍るのが金曜日。

使い切れなかった木綿豆腐を使って、今朝はザクザクのクッキー、焼いてみましたよ。

20231215 00004.png

木綿豆腐とオートミール、極少量のコーンスターチ、たっぷりのアーモンド。
いつもつい摘まんでしまうチョコレートも刻んで生地に混ぜ込みました。

甘さは蜂蜜、油分はココナッツオイル、双方さほどの量ではありません。
焼いている間はココナッツオイルの甘い香りに和み、ザクザク噛みしめれば噛みしめるほど甘みがお口にひろがります。
うん、美味しい。

20231215 00003.png

そして何より簡単。
失敗知らずとはこのクッキーのことなのではないかしら、そう思ってしまうほどに簡単なのです。

20231215 00005.png




◆材料(目玉焼きリングを使って5枚分)

  • オートミール 100g(クイックオーツとロールドオーツを50gずつ使いました)
  • 木綿豆腐 70g(水切り不要とあるどっしりしたタイプです)
  • 蜂蜜 35g
  • コーンスターチ 15g
  • ココナッツオイル 15g
  • お塩 ひとつまみ

  • アーモンド 30g
  • 板チョコ 30g




◆作り方

  1. アーモンドをざっくりと刻みます。
    チョコレートもザクザクと刻んでボールに合わせましょう。

    他の材料を全て加えます。

    20231215 00008.png

  2. お豆腐をつぶしながら、全体がしっとりするまで混ぜます。
    これで生地の出来上がり。

    20231215 00009.png

  3. 生地をざっくり5等分して丸め、目玉焼きリングに敷き込んで成形します。
    指先で押し広げる程度の成形で十分。

    20231215 00010.png

  4. 予熱したオーブン庫内へ移し、設定温度 160℃でじっくり30分。
    そのままオーブン庫内で粗熱をとって出来上がり。

    20231215 00011.png






hsb5-thumbnail2.gif





昨日届いた今月の旬野菜定期便。
今シーズンを最後に野菜作りを休業されるということなので、事実上最後の旬野菜定期便です。

発酵力に漲ったGOLDENGREENさんの野菜たち、短い間でしたが随分と楽しませていただきました。

20231214 00001.png

届いた野菜の中から、しっかりと人参の味がする器量の悪い人参、下仁田ネギらを取り出してブルグルのサラダを拵えました。

20231215 00001.png




人参は皮つきのまま小ぶりな乱切りに。
下仁田ネギ・皮をむいて半月に切った長芋とともにバターでじっくりと炒め合わせます。

ここにスープストックとブルグルを加え、ひと煮たちさせて火を止めます。
蓋をしてしばらく蒸らしたら、アボカド・みじん切り玉ねぎ・燻製鴨等々加え、お塩やレモン汁で味付けをして出来上がり。

ハリサを忘れずに。

20231215 00012.png





ザクザククッキーは粗く砕いて何かのトッピングにしても良さそう。

20231215 00002.png





hsb5-thumbnail2.gif




GOLDEN GREENさんから届いた旬野菜を使って、朝食の名脇役を二品。
ホウレン草の卵とじ、そして小松菜のナムル。

奇を衒わないお料理が結局のところいちばん美味しいのは、母親のおかげなのかな、そう最近ふと思ったりもします。

20231215 00007.png

昨日いただいた長芋で、今朝の主食も麦とろご飯。
但し昨日とは少し異なるアレンジで。
すりおろした長芋にアボカドを混ぜ、温泉卵ではなく卵黄の醤油漬けを添えました。

20231215 00006.png

アボカドの状態がガックリだったのが、今週いちばんの悲しかったことでしょうか。
この程度の落胆で良かった。





さ、金曜日。
主人が蛍光灯を変えてくれたおかげで、シンクの上もパッと明るくなりました。

illust-rainydaybk-thumbnail2.jpg






2023年12月13日

オートミールライスバーガー〜アボカドサラダと甘味噌・親芋チップス編

久しぶりに今朝はオートミールライスバーガーを拵えました。
オートミールだけでなく、蕎麦の実や黒米も使った多品目なライスバーガー、オープンサンドスタイルなのも我が家の定番です。

20231213 00004.png

フィリングは、昨日のロティサンド(☆彡)にも使用した里芋とアボカドのサラダ。
昨日入れ忘れたブリーチーズを今日は忘れずに。

香ばしいオートミールバンズの上には、ちょっと甘めのお味噌。
その上にブリーチーズとたっぷりのアボカドサラダ、カリカリとホコホコが共存した赤目親芋のチップスでふわりと覆います。

20231213 00005.png

大ぶりな親芋だからこそ出来るこの里芋チップス。

油で揚げずにオーブンで焼いて仕上げるのですが、厚めの部分はホコホコ食感、端の部分はカリカリ食感。
また親芋が手に入ったら今度は倍増、いやそれ以上にたっぷり拵えたい美味しさです。

もちろん、ブリーチーズとアボカドサラダ、甘味噌との相性も抜群でしたよ。

20231213 00003.png





◆作り方とざっくり材料

  1. 先ずはいつものオートミールライスバンズ。

    ■ オートミール 30g(クイックオーツとロールドオーツを各15グラムずつ)
    ■ 細挽きタイプのブルグル 15g
    ■ 蕎麦の実 10g
    ■ お水 90g

    以上を耐熱ボールに合わせ、ラップをふわりとかけて600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20231213 00008.png

  2. 黒米は炊いた状態で小分けにして冷凍保存してあります。
    1を一旦レンジ庫内から取り出し、黒米を凍った状態のまま加えて軽く混ぜます。
    再度ふわりとラップをし、レンジ加熱1.5分。

    20231213 00009.png

  3. 全体をよく混ぜて2等分します。
    目玉焼きリングにラップを敷き込み、成形しましょう。

    20231213 00010.png

  4. 赤目芋の親芋の皮をむき、スライサーでスライスします。
    3と一緒に並べ、予熱なしのオーブン 200℃で18〜19分焼きます。

    20231213 00011.png

    途中で一旦取り出し、里芋の表面に刷毛で胡麻油をぬります。

    20231213 00012.png

    里芋の縁が良い具合に色づいたらオーブン庫内から出し、お塩をふって冷ましておきましょう。

    20231213 00006.png

  5. 甘味噌を拵えます。

    ■ 白味噌 150g
    ■ 生砂糖 30g
    ■ みりん 40g

    以上を小鍋に合わせ、中火で練りあげます。
    ポッテリとしたら火を止め、柚子果汁 7gを合わせて出来上がり。
    柚子果汁は冷凍しておくととても便利。

    20231213 00014.png

  6. これでメンバーが揃いました。

    20231213 00013.png

    ワックスペーパーの上にオートミールライスバンズを乗せ、甘味噌をとろり中央に。

    20231213 00015.png

    お味噌の上にブリーチーズを散らし、アボカドと里芋のサラダをたっぷりと。
    親芋チップスを上に重ね、ワックスペーパーでふわりと包んで出来上がり。

    20231213 00016.png





dotline2_ve3-thumbnail2.gif




昨日のお味噌汁に入れたさんますり身のつみれ。
すり身が少し残っていたので、ちょっとカサ増しして白菜で包みましょうか。
お出汁でトロトロに煮含めて、主人喜ぶロール白菜。

20231213 00001.png





人参と大根は面取りし、昆布・お酒・お水等と先ずは加圧3分間。

その間に白菜の葉っぱ部分をレンジ加熱し、粗熱をとっておきます。
人参と大根の切れ端を刻み、冷凍してあるひじきや冷凍枝豆等・さんますり身と合わせ、白菜で包んで圧力鍋へ。
オイスターソースや白だし醤油で味付けをしつつ、再び加圧 3分弱で出来上がり。

20231213 00017.png






美しく漬かった紅芯大根らの甘酢漬け。
地味なロール白菜に色を添えます。

20231213 00007.png





dotline2_ve3-thumbnail2.gif




朝食です。

今の我が家は食材が豊富。
今朝の主食はお蕎麦。
大根おろしを添えて、蕪の葉っぱの佃煮を添えて、そうそう、自家製柚子胡椒を忘れていました。
間に合って良かった。

20231213 00002.png

オートミールライスバーガーに使った甘味噌を、朝食ではさっと湯がいた白菜の軸に添えて。
まぁ美味しいこと。

明日はGOLDEN GREENさんの旬野菜定期便、最終日です。
今シーズン最終日ではなくお別れの最終日。
次のステップに駆け上がる彼ら、そう、喜ばしい門出なのです。

illust-moon-thumbnail2.gif





2023年11月21日

今年のタルトタタンは変則版で

イオンネットスーパーさんに『名月りんご』が並んでいました。

種類の多いりんごの中で、特にこの『名月』がタルトタタンに適しているという訳ではないのでしょう。
ですが名月りんごを手にすると、作りたくなるのが『タルトタタン』
数年前に主人と出かけた先で購入した名月りんご、以降名月りんごのタルトタタンが我が家の晩秋の風物詩になり、今に至るといったところでしょう。

ですが今年はタルトタタンを断念せざるを得ませんでした。
理由は簡単、りんごが1個しかなかったから。
なので『りんごのジャースイーツ』と相成りました。

20231121 00003.png

最高に地味なりんごのデザート。
ジャーの底には、タルトタタンを焼く時と同じようにポッテリ煮た甘い甘いりんご。
今年は生クリームも少し使った主人好みのキャラメリゼりんごとなりました。

20231121 00005.png

まるで干し柿のようなぽってりりんごの上には、オートミールのクランブル。
ナッツとオートミールのカリカリ食感がやわらかなりんごとよく合います。

が、クランブルがちょっと甘過ぎたかしら。

20231121 00002.png





りんご1個で拵えるタルトタタンの代替品。
目の付け所はまずまずだと思うので、老後のためにも備忘録。

◆材料


 ◆りんごのキャラメリゼ
  • 名月りんご 1個

  • てんさい糖 40g(20g・20gに分けておきます)
  • お水 小さじ1

  • 無塩タイプの発酵バター 20g
  • シナモン 1本
  • 生クリーム 適量


 ◆オートミールのクランブル(お砂糖はもう少し控えた方が良し)
  • ロールドオーツ 50g
  • ココナツオイル 40g
  • アーモンド(粗く刻みます) 20g
  • 胡桃(粗く刻みます) 20g
  • アーモンドプードル 15g
  • てんさい糖 10g




◆作り方

  1. 先ずはりんごのキャラメリゼ。
    りんごは皮をむいて縦4等分し、それぞれを更に横2等分します。

    お鍋にてんさい糖 20gとお水を合わせ、じっくり中火で煮溶かしましょう。
    沸々と泡立って色づいてきたら、バターを加えてなじませます。

    20231121 00006.png

    少しとろりとしてきたところで、りんごを一気に加えてなじませましょう。
    残り半量のてんさい糖を加えて全体になじませます。

    20231121 00007.png

  2. りんごをお行儀よく並べ、シナモンを加え、オーブンシートで落し蓋をします。

    20231121 00008.png

    更にストウブの蓋をぴったりとして、弱火でことこと30分弱。
    途中で上下を返し、程よいキャラメリゼを目指します。

    20231121 00009.png

  3. ぽってりと仕上がったりんごをジャーに移します。

    20231121 00010.png

    お鍋に残った煮汁を弱火にかけ、生クリームを少量ずつ加えてなじませます。
    緩い生キャラメルを作るイメージでしょうか。
    りんごの上にとろり回しかけておきましょう。

    20231121 00011.png

  4. オートミールのクランブルへと進みます。

    材料を全て合わせ、両手で擂り混ぜるように混ぜるだけ。
    面倒でなければココナツオイルを湯せんしてから合わせると、手を洗う手間が省けます(断然こちらが賢明)

    20231121 00012.png

    オーブンシートの上にひろげ、予熱したオーブンに移して180℃で15分。
    冷ましておきます。

    20231121 00013.png

  5. クランブルをほぐし、りんごの上にたっぷりと。
    柚子のピールを添えてみました。

    20231121 00014.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif




こってり甘いりんごのデザート。
あっさりとした柿と蕪のサラダを添えましょうか。

20231121 00004.png





  1. 蕪は皮をむき、イチョウ切りにしてお塩をふります。
    しんなりしたらしっかりと水を絞ってボールに移します。

  2. 柿・小口に切ったセロリ・すりおろしたペコリーノロマーノ・自家製柚子胡椒を加えて和えれば出来上がり。
    この組み合わせ、大好きなのです。

    20231121 00015.png




dotline2_pink1-thumbnail2.gif





朝食です。

主食は極細素麺の白髪をにゅう麺で。
温泉卵と甘辛く煮た油揚げ、干しエビを添えてみました。

20231121 00001.png

美味しいしめ鯖が我が家の食卓に上がるのは、まだまだ先のお話のようです。
イオンさんが届けてくださった梅煮イワシでしのぎます。


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif




2023年11月14日

オートミールクレープ〜赤からし菜と赤水菜のシーザーサラダ風

昨日の閉め出し、約3時間半に及ぶ孤独からの救出。
偶然の幸運が重なり、こうして今、いつもと変わらず穏やかな気分で備忘録を続けております。
昨日、私、自宅のベランダに閉め出されました。

リビングのクレセント錠が緩くなっていたのを放置しておりました結果、窓拭きの最中に錠が下りてしまい締め出されること3時間半。

キッチンで火を使っていなかったのが何より幸いでしたが、晴天とは言え時折の強風に震え上がること多々。
数日前の素足、肌着の上にリネンの割烹着姿では、相当の障害は免れなかったことでしょう。

帰宅した主人がリビングに現れた時のあの安堵感。
主人から見れば、私がベランダでふざけてパントマイムでもしているかと思ったと。
僕も負けずに何かしらポーズをとらなきゃ、と。

さ、今日のお昼はオートミールクレープです。

20231113 00002.png

毎月第2木曜日に届けられる北八ヶ岳の農場『GOLDEN GREEN』の旬の野菜セット定期便。
11月分が届き、今シーズンも残り1回の配達となりました。
随分と大きくなった大根の存在感、そしてなぜか和むバターナッツの丸み、立派な蕪、背高のっぽの葉野菜たち。

春菊と小松菜は早々にそれぞれ胡麻和え、お浸しにしました。
お水に挿してワインセラーで出番待ちをしております赤からし菜と赤水菜、今日はこの子らを使って。

20231113 00007.png

週末に拵えた赤からし菜と赤水菜のシーザーサラダがとても美味しかったので、やわらかな葉先が元気な今、もういちどシーザーサラダを拵えました。
そしてオートミールクレープの上にたっぷりと。

20231113 00003.png

うんうん、暖かなリビングで食べるお昼ご飯、昨日の今頃はベランダで主人の帰宅をひたすら待っていたものね。
直にコンクリートの上に座ると冷えが全身を回るからと、ぶら下がっていた『虫コナーズ』を敷いてね。
数日間はこの幸福感に包まれるのでしょう。

20231113 00006.png





◆作り方とざっくり材料(我が家のフライパンで小ぶりなオートミールクレープ2枚分)

  • 無塩タイプの発酵バター 10g

  • クイックオーツ 30g
  • 葛粉 5g
  • てんさい糖 3g
  • お塩 1g
  • 卵 1個

  • ホエー(手作り豆乳ヨーグルトから出た水分です) 
  • オーツミルク 30g 


  1. お湯を沸かし、湯せんにかけて大きめのカップでバターを溶かします。
    ここに他の材料を全て合わせ、バーミックスで撹拌しましょう。

    20231113 00008.png

  2. バターとオリーブオイルをフライパンで溶かし、弱火でじっくりと生地を両面焼きます。

    20231113 00009.png

  3. 焼いた生地を冷ましている間にサラダの準備。

     ● ペコリーノロマーノ
     ● にんにく
     ● アンチョビフィレ
     ● マヨネーズ
     ● ディジョンマスタード、がなかったので粒マスタード
     ● レモン汁
     ●  ホールの黒胡椒
     ● オリーブオイル

    以上をミルに合わせて撹拌します。

    20231113 00010.png

  4. 赤からし菜と赤水菜の葉先をざく切りにし、サラダスピナーでしっかりと水切りをします。

    予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストした胡桃・クリスプブレッドを粗く砕き、3のドレッシングと一緒に加えて和えれば出来上がり。
    お好みで粉砕したペコリーノロマーノを追加して。

    20231113 00011.png

  5. 冷凍してあったセミドライミニトマトを彩りに加え、オートミールクレープ生地の上にたっぷりと。
    ふわりと包んでワックスペーパーで巻けば出来上がり。


    20231113 00012.png



line77-thumbnail2.gif




ブルグルと多品目野菜のサラダを添えます。

20231113 00005.png





  1. スープストックを加熱し、下茹でして冷凍しておいたひじき、ひよこ豆等加えます。
    人参も加えましょうか。
    煮立ったところでブルグルを加えて火を止め、しばらく蒸らします。

  2. カボチャは皮つきのままレンジ加熱し、軽くつぶします。
    アボカド・燻製鴨・私のおやつ『やきいもころころ』等加え、1も加え、ペコリーノロマーノと『ちょい足しデリサラダ』を加えます。
    オリーブオイルをたっぷり回しかけて出来上がり。

    20231113 00013.png



ブルグルのサラダにはハリッサを適量添えて。

20231113 00001.png





line77-thumbnail2.gif




朝食です。

今朝は久しぶりにお蕎麦。
幾度かにわたる在庫切れが明け、イオンさんが久しぶりに燻製鴨を届けて下さいました。
薄切りにした鴨の横には、GOLDENGREENさんの大根をおろしてたっぷり添えて、日比野さんの柚子胡椒も忘れずに。

20231113 00004.png

只今、帰宅した主人がリビングのクレセント錠のバネを交換してくれています。

03013-thumbnail2.gif