2023年12月11日

大和さんへ〜冬の風物詩 いのしし鍋・思い込みからの解放

12月も間もなく半ばに入ろうかという頃合い、週末金曜日。
多少のお久しぶり感を抱きながら、三重県は桑名の『大和』さんにお邪魔しました。

車の中は暑いくらいの陽気のなか、お目当てはもちろんいのしし、ぼたん鍋です。
先ずはしか肉。
添えられた春菊が美味しいこと。

20231211 00001.png

たっぷりのゴボウにタモギタケ、ハナビラタケ、そして心躍るいのしし。

20231211 00002.png

甘いお味噌の香りに食欲も目覚めます。

20231211 00003.png

いつものように、すき焼き風にたまごを合わせますよ。

20231211 00004.png

ここでふと主人がつぶやきました。
『○○の味噌鍋はね、お鍋に卵を入れるんだよ』

・・・最近主人がきになっているお店、名前なんだっけ。

20231211 00012.png

はたとふたりで顔を見合わせます。
何故いままで気づかなかった?
何故いままでお鍋のなかに卵を入れなかった?

少し煮詰まったお味噌の中に、早速卵を割り入れます。

20231211 00005.png

思い込みの威力をしし鍋で実感しました。
とろり卵黄にお味噌をたっぷりまとったいのしし、そして大和さんの美味しい一味。

20231211 00006.png

今回は迷うことなく鰻茶漬けを選びました。

20231211 00007.png

赤く染まるお庭の楓。
ぼたん鍋の季節は、食べ終わる頃には日も傾き始めます。
カボスのゼリーをいただきながら、お暇乞いの心積もり。

20231211 00008.png





line60-thumbnail2.gif






我が家にしては少々小忙しかった週末が明けて今日は月曜日。
朝食のお魚にアジの開きが仲間入りしました。
アジの開きを主人と半分こ、中骨のある食べ辛い側はもちろん私に。

イオンさんで取り寄せたルレクチェが食べ頃になりましたよ。

20231211 00009.png

今朝は何だか忙しくて、これという作り置き料理も仕上げられずこれだけ。
明日から週末にかけ、少しずつお料理を増やしていかないと。

20231211 00011.png

大根・蕪等の葉を塩漬けにして刻み、お結びさんを拵えました。
月曜日のこの地味なお弁当が、意外と主人も私も気に入っているのです。

20231211 00010.png

今シーズン2度目の白菜キムチが仕上がりました。
冷蔵庫に移してゆっくり発酵を待ちます。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉自然薯山菜はまぐり 大和さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月05日

大和さんへ〜春たけなわ、仲春の山菜づくし

三重県は桑名市、多度にあります季節料理の大和さん。
つい先々月には実母・実妹を連れて、冬のお楽しみでもありますしし鍋をいただいたばかりだと思っておりましたら、早くも山菜づくし季節。

まだ地上に頭を出していないやわらかな筍を楽しむ早春の筍ご飯か、はたまた春の息吹を存分に蓄えた力強い晩春の筍ご飯か、随分と悩んだ結果、主人が辿り着いた答えは仲春の筍。
袷の着物に合わせの羽織では少し暑いくらいの昨日、4月7日、春たけなわの山菜づくしを楽しんで参りました。

20230405 0003.png

小さな愛らしい器には、甘めの油揚げと相性の良いわらび、ヤブカンゾウ、フキ。
原木シイタケにはお醤油味のノビル、そして太めの茎もやわらかなハマダイコン。

20230405 0004.png

人さまが拵えてくれる卵焼きって、何故にこうワクワクするのでしょう。
トマトとギョウジャニンニクの卵焼きと、筍のから揚げ。

コゴミが登場すると盛り上がります。
ノビルとのコラボレーション。

昨年の筍を干して、存在感ある山三つ葉との組み合わせ。
大和さんのお料理は真似したくなるものばかり。

20230405 0005.png

小さなお鍋からはみ出しそうな緑鮮やかなクレソン。

20230405 0006.png

そしてお待ちかね、仲春の筍ご飯。

20230405 0007.png

毎年、早春・晩春かを真剣に悩むこの大和さんの春の山菜づくし。
ですが、今年は一気に暖かくなったりと気候が気まぐれで、晩春の山菜が早春を追い越してしまったとか。

10年にいちどくらいあるんです、コロコロ笑う大和さん。
季節の見込み外れを直に受けるであろうのに、何処か肝が据わっていらっしゃる、余裕さえ感じられる、素敵な女性です。

20230405 0008.png

最後の天ぷらは、タラの芽、ゆり根、そして私が大好きな蓬とお餅のサクサク天ぷら。
蓬の風味が格別なのです。

20230405 0009.png

最後はいつものカボスゼリーですっきり。





w-line84-thumbnail2.gif




クレソンと豚肉のお鍋でお部屋が一気に暖まり、窓を開けたその香りに誘われたのでしょうか。
お庭に艶やかなクロねこさんが。
大和さんのお庭をネコが通ると、何か良いことがあると信じでおります。

20230405 0011.png

そしてそのネコと目が合えばなおさら良いことがある、と。

20230405 0010.png





w-line84-thumbnail2.gif




そして翌日、本日は水曜日です。
大和さんに持たせて頂いた筍ご飯は、随分とカサ増しをされてお弁当箱に詰められました。

20230405 0001.png

そしてもちろん、朝食は筍ご飯。
レンジでチンでは風情がないと、きちんと蒸して温めました。

20230405 0002.png

筍ご飯のお供は、木の芽味噌で漬けた鮭の西京漬け。
ぴったりな選択だと悦に入ってのいただきますでした。



そして朝の小さなおやつはバクラヴァ。
そう、大きな川を挟んで右に行けば大和さん、左に行けばトルコのお菓子バクラヴァのお店。
どうやら主人、大和さんにお邪魔するのにまた胸躍る付加価値を見つけてしまったようです。


w45-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉自然薯山菜はまぐり 大和さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月22日

大和さんのぼたん鍋〜令和4年度・変則2度目

先ほど、お昼を食べながら何となく見ていたNHKのニュースで、まじめな風体のアナウンサーが大変まじめな顔で、『ニン・ニン・ニン』で今日は忍者の日、伊賀上野の西念寺が期間限定の忍者をあしらった御朱印を・・・と。
住職の奥さまお手製の消しゴムスタンプの忍者デザインの御朱印とアナウンサー気質のギャップにニヤリ。

さ、昨日は三重県多度にあります『大和』さんにお邪魔しましたよ。
そろそろ早春の山菜料理が頭を過る頃合いですが、今回は令和4年度2度目のぼたん鍋。
先ずはいつも通り鹿肉のローストから。

脇に添えらた葉野菜は『アレッタ』
ブロッコリーとケールを掛け合わせた野菜で、只今三重県イチオシの野菜だそうです。

20220222 0001.png

ひと口食べた主人がひと言、『芽キャベツの味がする!』
私が前世アオムシならば、主人、あなたも随分とそれに近づいてきましたね。



今回の大和さん。
主人がいつになく猪肉を欲したのも確かですが、大筋は実家の母親と妹をご招待。
年末、お正月にと母が持たせてくれる昔ながらのお餅と、すき焼きでもなさいと飛騨牛、そのお礼です。
そして一緒に住んでいる妹がいるからこその今の生活、もちろん母と妹はシカもイノシシも初体験。

20220222 0002.png

いつもの倍量の猪肉は迫力満点。
母親が鰹節と見誤るほどの量のゴボウ。

20220222 0003.png

タモギダケもハナビラダケもこんもり。
鍋を埋め尽くす菜花にアオムシ大興奮。

20220222 0004.png

声をかけた時は躊躇しておりました母親ですが、最初の鹿肉からペロリ、猪肉もなんどおかわりしたことでしょう。
くつくつと煮詰まったお味噌味をまとった葛切りにご機嫌でした。

20220222 0005.png

煮詰まったお味噌に別れを告げ、満場一致で鰻茶漬け。

20220222 0006.png

たまには4人での食事も良いものです。
次回は是非義母も誘って。

20220222 0007.png





il-plants5-thumbnail2.gif




そして翌日、ニンニンニンで忍者の日の本日。
500g増加した体重を修正するため、今日のお昼はスープだけ。

・・・にしようとも思いましたが、ちょうど賞味期限間近のレトルトカレーがありましたので、小さなカレーセットと致しました。

20220222 0009.png

非常時用にストックしてあるカレー。
賞味期限が近付いたカルディのビーガンカレーを使って今日のお昼ご飯。

20220222 0008.png

さっと人参をオリーブオイルで炒めたら、後は在庫食材、ヒラタケや蒸しひよこ豆、冷凍枝豆等々。
アーモンドミルクを注いで、いつぞや拵えた小豆のアンチョビオイルマリネも。
これで塩気も補えることでしょう。

ガラムマサラを少し足し、最後はすりおろした山芋でとろみを添えてスープジャーに注ぎます。
バスマティライスを少しだけ添えて出来上がり。


20220222 0012.png20220222 0011.png




昨晩あれだけお腹いっぱい食べたのに、今朝はお腹が空いておりました。
それでもこの段階で体重はもとに戻すのが基本、今朝は炊き粥に粕漬けを添えてシンプルな主食と致しましょう。

お魚は小ぶりな金太郎イワシ。
今週はお味噌汁のネギの在庫がありませんので彩りは地味。

20220222 0010.png

これで今宵の日本酒がどう体重に変化するか。
兎にも角にも、母と妹の嬉しそうな顔が嬉しかった変則な大和さん、しし鍋でした。

illust-flower2-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉自然薯山菜はまぐり 大和さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月21日

大和さんのぼたん鍋 2022

大雪で立ち往生するトラックをニュースで目にした昨日火曜日。
雪こそ降りませんでしたが、岐阜市でも冷えは顕著で、我が家でも朝からリビングのアラジンにブルーの炎が灯りました。

寒さ対策にと、紬の洒落袋帯を銀座結びにして出かけた先は、岐阜県の最南端を抜けた三重県の最北端、桑名の多度。

そう、今の時期主人がいちばん楽しみにしております大和さんのぼたん鍋を頂きに参りました。
しっとりやわらかな鹿肉に迎えられます。

20221221 0001.png

ご家族で育てるカラフルな冬野菜。
そして若女将の鹿肉談がまた楽しい。

いつもは季節の味を多種多様楽しむ大和さん。
冬の大和さんは速やかに事が運びます。
鹿肉に続き、主役のイノシシも登場。

20221221 0002.png

主役は確かにイノシシですが、脇を固める野菜たちにも注目してほしい。
山盛りのゴボウに山盛りの白菜、ネギ、キノコの類。

20221221 0003.png

お部屋が温まると同時にお味噌の甘い香りが立ちあがります。
さ、どうぞと若女将がお部屋を後にしましたよ。

20221221 0004.png

主人、お行儀よく美味しそうに頬張っております。

20221221 0005.png

卵をお手に、若女将再登場。
こってりと煮詰まった熱々のお味噌に軽く溶きほぐした卵、主人、我を忘れかけます。

20221221 0006.png

ぐつぐつと音までの濃厚に煮詰まったお味噌に、最後のお楽しみ、上質な脂をまとったロース部分。

20221221 0007.png

味変の卵に加えて一味も添えて。
主人、もはや私のことなどどうでも良いといった食べっぷりです。

20221221 0008.png

最後はいつもの鰻茶漬け。
お部屋に満ちたお味噌の香り、寒々としたお庭を子猫の尻尾がちらり横切るのが見えました。

20221221 0009.png

そして主人は、何日も前から宣言していたように、鰻茶漬けではなく白いご飯を選びました。
更に煮詰めたお味噌に卵を落とし、お味噌を回しかけながら白身にだけ火を通し、ご飯の上にお味噌と共にとろり。

・・・と、私が差し出した〆の卵ご飯を目を細めて頬張る主人。
美味しそうでなにより。

20221221 0010.png

カボスゼリーを頂きながら、次回の予約日を決める主人。

20221221 0011.png

今シーズンはもういちどぼたん鍋を頂くようですよ。





外食する回数は昔に比べてぐっと減りましたが、その分内容が比べ物にならないほど充実しております。
そして爽快な食後感、翌朝の空腹感にまた納得するのです。
寒さはまだまだ続くとの予報。
今宵はノンアルコールビールではなく熱燗ですね。

mono95-thumbnail2.gif


posted by しんさん at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉自然薯山菜はまぐり 大和さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月19日

大和さんの自然薯コース 2022

10月も半ば。
流石にクーラーこそ稼動しておりませんが、羽毛布団を半分めくり上げて暑さ回避する昨今の気温高低差には甚だ呆れております。

それでも食材界では秋の味覚にあふれているようで。
三重県は多度、四季の味を堪能すべく今年も自然薯コースを頂きに秋の大和さんへ。
駐車場には満開の金木犀。

百合根の味噌和え、ツルムラサキのお浸し、そしてノンアルコールビールで自然薯コース開幕です。

20221019 00001.png

カリカリとろりのむかごの天ぷら。
そしてやまかけ。
嬉しいいつもの味。

20221019 00002.png

カリカリでふわふわで甘辛だれ、自然薯の蒲焼き。
菊正宗が傍らにいてくれれば最高に幸せな甘辛具合。

20221019 00003.png

地味な自然薯コースを彩る朴葉焼き。
そっと寄り添う葛切りの酢の物。
この葛切りが私は大好き。

20221019 00004.png

そして朴葉焼きに苦戦する主人を眺めているのもまた大好き。

数年前お料理を始めたのは、誰にも分け与えず自分だけで全部食べたいからだ、と。
そして『誰にも惜しまれずにフライパンを置いた』と自負する男。
惨敗ってことね。

20221019 00005.png

今年の朴葉焼きは火の当たりが少々あまかったのかしら、なかなかとお味噌がふつふつ煮立ってきません。

・・・ただし主人の分だけは。
引っ掻きまわし過ぎでしょう。
そうこうしているうちに、今年はまだ朴葉焼きに手をつけられないうちにご飯が運ばれてきましたよ。
若女将が気を利かせ主人の火をつけ直してくれました。

20221019 00007.png

もう少し主人の朴葉焼きは時間がかかりそうですが、私の方は良い感じ。
甘いお味噌に香ばしい香り。

20221019 00006.png

お味噌の脇には麦ごはん。

20221019 00008.png

ようやく食べ頃になった朴葉焼きを前に、主人がにやり笑みを浮かべます。
そして徐にご飯を朴葉焼きの上に。

・・・そうそう思い出しました。
昨年、そう、少しだけ残った朴葉焼きに私がご飯を少し加えて焼き味噌ご飯にしたんだっけ。
あっという間に朴葉焼きを平らげてしまった主人にはそれが叶わず、1年越しの焼き味噌ご飯にご満悦。

20221019 00009.png

もちろん半分は正当な自然薯ご飯でいただきます。

20221019 00011.png

・・・主人。

20221019 00010.png

我を忘れておりました主人も戻ったところでデザートタイム。
初めましての焼きイチジク。
程よいカラメリゼにマスカルポーネ、主人がまた我を忘れます。

20221019 00012.png

2022年の自然薯コースは、真っ青な秋空と満開の金木犀で幕を引きました。
次回はしし鍋、12月の予約をして帰途につきます。

20221019 00013.png

今年は例年になく金木犀がたくさんお花をつけたそうですよ。



mono89-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉自然薯山菜はまぐり 大和さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする