2020年05月26日

ザっクザク オートミールとプロテインのクッキー

2020年、主人の誕生日の翌日です。
もともとイベントごとに無頓着な性分ですので、お互いの誕生日にどこかで食事とかには拘りません。
そう言うと主人に叱られそうですけど。
『どぅちゃんの誕生日は毎年京都、俵屋さんだもんね』と。

それでも主人の誕生日には何かしらのプレゼントは心掛けております。
今年の誕生日プレゼントはこちら。

20200526 00012.png

1ヶ月以上も前に頼みましたよ、Amazonさんで。
ずっとクローゼットに寝かせておきました。
よくまぁ自分でもずっと内緒に出来たものよと感心致しております。

ふたりで飲むと、出会う前、若い頃の思い出話にたどり着くことも多々。
よく主人が話してくれるのが、学生時代のバイトのお話。
バーでバイトをしていた頃、当時はバブル真っ只中でしたからね、とあるお得意さまがショットグラスにほんの少し、カミュをご馳走してくれたそうです。
それがあまりに美味しくて、と。
今、この歳になった僕が飲んだらどう感じるんだろう・・・そんなお話をね、ふたりで酔いながら云々と。

なのでご用意致しました。
52歳になった主人、年を重ねて飲むカミュのお味はいかがでしたか?
そしてマドレーヌ食べ比べのご感想は?





外出自粛?
出掛けようが出掛けまいが我が家はやはり楽しいのであります。





そんなお誕生日の翌日。
理想的なザクザククッキーが焼き上がりましたよ。
オートミールとプロテインを使ったザックザク食感のクッキーです。

20200526 00001.png

プロテインとオートミール、クッキーの材料としても頻繁に使用する組み合わせです。
ですがいつもはお豆腐やらバナナやらをここに加えるので、どうしてもしっとり食感のクッキーが焼き上がってしまいます。

が、今日は強気に攻めてみましたよ。
まとまるのがやっとな生地を低温でじっくり焼いてみたところ、私好みのザックザククッキーに仕上がりました。

20200526 00002.png

小麦粉、米粉等は使用せず、オートミールとプロテイン、酒粕が主な材料。
バターの代わりはココナッツオイルを少々。
酒粕でやっと生地をまとめるという強気な工程ではありますが、歴としたグルテンフリークッキーですよね、これ。

20200526 00005.png

バラバラとモロく崩れると思いきや、意外やそこはまとまり感を誇った生地。
ヘルシーながらなかなかタフなクッキーに仕上がりましたよ。
もちろんとっても簡単です。

20200526 00004.png





◆材料
  • オートミール 40g
  • アーモンドと胡桃 合わせて20g

  • プロテイン(チョコレート風味) 40g

  • ココナッツオイル 30g
  • デーツシロップ 15g
  • 酒粕 40g
※愛用致しておりましたハーバライフ製のプロテインを使い切ってしまいました。
 アウトレット価格になっておりましたザバス(SAVAS) ホエイプロテインリッチショコラ味をお取り寄せ。

20200526 00008.png






◆作り方
  1. オートミールとナッツ類は合わせて予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきます。
    冷めたら丈夫なビニール袋に入れ、すりこ木等で叩いてざっくりと砕いておきましょう。
  2. ボールにココナッツオイル・1・プロテインを合わせ、デーツシロップを回しかけてスパチュラでなじませます。
    酒粕を細かくちぎって加え、両手ですり合わせるようにしてなじませましょう。
    生地を4等分し、ぎゅっと握って生地をまとめます。

    20200526 00013.png
    20200526 00014.png20200526 00015.png


  3. オーブンシートを敷いた天板に間をあけて並べ、目玉焼きリングを使って生地をのばします。

    20200526 00010.png

    170℃に予熱したオーブンに移し、設定温度 160℃で15〜20分焼きましょう。
    ほんのり表面に焼き色がつけばOKです。
    焼きたては崩れやすいのでそのまま冷ましましょう。

    20200526 00011.png

    粗熱が取れたらオーブンシートごとそっと網の上に移して冷まします。
    完全に冷めれば生地も落ち着いて崩れにくくなりますよ。

    20200526 00006.png






rain13.gif





最近お安くなってきたトマト。
つい買い過ぎてしまいます。

低温のオーブンでじっくり焼いたトマトは甘みが増してそれだけでも本当に美味しい。
自家製スナップエンドウの実やアボカド等々、グリーンの野菜と合わせれば色合いまで魅力的。
たっぷりのお豆腐クリームを添えたジャーサラダに。

20200526 00009.png

我が家にマヨネーズは常備しておりませんので、しばしばこのお豆腐クリームがマヨネーズの役割を果たします。
加える材料は適当でへっちゃら。
酸っぱいの、甘いの、ほんの少しの油、塩気のある食材・・・これらが水切りしたお豆腐と合わされば大抵それらしく仕上がるものです。





お豆腐は熱湯で軽く茹でてから、キッチンペーパーに包んで適度な重石をします。
しばらくおいてクリームチーズ状になるまでしっかり水切りをしましょう。

しっかり水切りをしたお豆腐に今日合わせたのは、面取りした人参の切れ端、白味噌、てんさい糖、干しエノキ、自家製塩レモン、自家製ルバーブの酢漬け、極少量の胡麻油、レモン汁・・・こんなところかしら。
全部合わせてバーミックスで攪拌するだけ。

お手頃価格のエノキは、2パックほどまとめて干しエノキにして常備します。
軽くほぐしたエノキを1日〜2日間天日干しし、水分が抜けてほっそりしたところで110℃のオーブンで20分ほど。
カリカリに乾燥すれば出来上がり。
ゴーヤと一緒に酢漬けにしたり、お味噌汁に加えたり、今日のように水気のある食材のサポートとしても大活躍。

20200526 00016.png
20200526 00017.png20200526 00018.png


いつもなら、輪切りにしたトマトは予熱なしのオーブン 110℃で1時間半、前日のうちにじっくりゆっくりローストしてそのまま放置。
ですが今日は急きょ思い付きでしたので、クッキーの片手間、150℃程度で数十分。
ジャーの底に敷いて塩茹でにしたスナップエンドウをちろり。
アボカドとみじん切り玉ねぎ、レモン汁を合わせ、最後にお豆腐クリームをたっぷりと。

20200526 00019.png






オートミールとプロテインのザックザククッキーに野菜たっぷりのサラダ。
さすがプロテイン、お腹いっぱいになりますよ。

20200526 00007.png





rain13.gif





しばらく主人のお誕生日モードが続きそうです。
昨日の朝、釜たまうどんにするか卵かけご飯にするかで大いに悩んでおりました主人を思い出し、今日は昨日モレた卵かけご飯に致しました。

もちろん主人は大喜び。
ささやかな幸せを噛みしめておりました。

20200526 00003.png

久しぶりの真サバの味噌煮。
2週間ほど真サバが手に入らない週が続きましたので、煮汁の継ぎ足しは止まってしまいましたがそれでもやはり美味しい。





今日からしばらくはハーブティーとスパイスティー週間。
はしゃぎ過ぎた体内アルコール濃度をリセット致します。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:02 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

グルテンフリーのふわふわプロテインシフォンケーキ

きのう手紙が届きました。
ねこの森からではなく京都の呉服屋さん、老舗の織物屋さんからです。
あ、どうでも良いです、どうぞ無視して下さい。

そう、決して見惚れるような達筆ではありませんがとても丁寧な手書きの宛名の封筒が。
しかもちょっと重みもあり、明らかに何かが入っているな?そう思わせる封筒が。
横で見ていた主人も私と同じことを想ったようです。
『果たし状か?』と。

そう思わせるほど明らかに一字一字に思いが籠った宛名。
少なくなったとは言え、手書きの宛名もたまには見ますが明らかに思い入れを感じるその手書きの文字。

流石にお手紙は印刷でしたが、正に『ぐうの音も出ない』との表現を地でいくその内容。
流石京都の老舗織物屋さん、あっぱれ過ぎるその内容とは。

『今、私たちが出来ることを考えました。
世の中が歴史的にも類を見ない災禍の真っ只中にあり、自粛で皆様のストレスが溜まり免疫力も低下する・・・そんな話も聞こえてくる今、本当に微力ではありますが、それでも何か出来ることはないかと考えました』

随分と要約致しましたが、とても丁寧な文章で始まるお手紙。
そして同封されていたのは、そちらの織物屋さんと日頃お付き合いをされているという祇園のお茶やさんの緑茶。
そう、あまり経験したことのない封筒の厚みとあのサラサラという音はお茶っぱでありました。

『1〜2杯分ではありますが、お楽しみいただければと思います。
このようなご時世だからこそ、ホッと安心できる瞬間を。
お茶に多く含まれるカテキンには免疫力向上などの研究結果も報告されております』

そう続いておりました。

お見事です。
京都の老舗を維持するということはこういうことなんだ、と。
お茶、その目の付け所も然ることながら、自分たち織物業だけでなくお付き合いのある他の職種にまで配慮する懐の深さ。
これは敵いません、完敗です、いえ、私如きがそういうのもおこがましい。

私、こちらの呉服屋さんにとっての上客などではとてもとてもありません。
それでもこのようなお手紙が頂ける、僅かながらではありますがお付き合いをさせて頂いておりますのを人生の誇りと致します。
美味しいお茶、主人に淹れてもらいます。
その時には美味しいお菓子を下手っぴながら手作りしようかと存じます。
昨日も良い一日でありました。





あ、いえ、まるで締めのご挨拶のようになってしまいましたが、先週のゴールデンウイークが終わりフルで始まる1週間。
今週からしばらくはお弁当もお休みなしのフル稼働です。
今朝はグルテンフリーなプロテインケーキを焼いてみましたよ。

20200511 00005.png

今まで幾度となく挑戦して参りましたプロテインスイーツではありますが、いよいよ今日で最後となりそうです。
幸運にも途切れることなく頂いておりました高価なハーバライフ製のプロテイン、いよいよ使い切ってしまいました。
今日は最後のプロテインを記念して、という訳ではありませんが一般受けしそうなプロテインシフォンケーキ。

小麦粉の代わりにアーモンドプードルを使っておりますので、正真正銘グルテンフリー。
お砂糖も極力控えめ、全部で僅か10g、単純計算してひとつ3g強です。

20200511 00008.png

紙コップで気楽に焼くプロテインシフォンケーキ。
残った卵白を冷凍してありましたので、そのお片付けも兼ねてのシフォンケーキです。
ちょっと紙コップの切り方が雑ですか?

20200511 00001.png

使ったアーモンドバターの甘味、プロテインそのものの甘味も手伝って、使用したお砂糖は少量でも甘みは十分。
お豆腐やバナナチップスも入ったふわふわのプロテインシフォンケーキ。
自由奔放な膨らみ具合もご愛敬です。

20200511 00009.png





◆材料(210mlサイズの紙コップに3つ分)
  • 卵白 4個分(うち2個分は冷凍保存しておいたものです)
  • レモン汁 5g(冷凍してあったものを使いました)
  • てんさい糖 10g

  • 卵黄 2個分
  • アーモンドバター 30g

  • ハーバライフ製のプロテイン(チョコレート風味) 46g(使い切りでしたので中途半端です)
  • アーモンドプードル 15g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/4(1g)

  • 木綿豆腐 45g(特に水切りはしません)
  • バナナチップス 30g(自家製です ⇒ ☆彡

    20200511 00007.png






◆作り方
  1. よく冷えた状態の卵白・冷凍卵白を大きめのボールに合わせます。
    レモン汁も凍ったまま合わせ、泡だて器でほぐしましょう。

    てんさい糖を2回に分けて加えてその都度泡立て、しっかりとしたメレンゲにして出番まで冷蔵庫へ。

    20200511 00013.png20200511 00014.png


  2. 別ボールに卵黄・アーモンドバターを合わせて泡だて器で攪拌します。
    卵黄が1個崩れてしまいましたがいつものこと。
    卵白が先ならばアタッチメントは洗わずそのままで、洗い物は少ない方が嬉しいですものね。

    十分混ざったところでお豆腐も加えて攪拌しましょう。
    プロテイン・アーモンドプードル・ベーキングパウダーをふるい入れ、同時にバナナチップスも加えます。
    泡だて器でしっかりと混ぜ合わせましょう。
    随分とかための生地です。

    20200511 00016.png20200511 00017.png
    20200511 00015.png


  3. 1と2を合わせましょう。

    先ずはメレンゲを泡だて器にひとすくい、2のボールに加えて泡だて器で混ぜ合わせます。
    その後スパチュラに持ち替えてメレンゲをひとすくい、2のボールに加えて今度は出来るだけメレンゲをつぶさないように底から混ぜ込みましょう。

    最後にメレンゲのボールに戻し入れ、極力メレンゲをつぶさないよう底からすくうように混ぜ込みます。

    20200511 00019.png20200511 00020.png
    20200511 00018.png


  4. 縁に切り込みを入れた紙コップに高い位置から流し入れ、さっと表面を平らにならします。
    いつものような底を叩いての空気抜きは今日は省略。

    20200511 00012.png

    タイミングを見て、すぐに焼けるようオーブンは200℃に予熱しておきます。
    爪楊枝ですっと周囲を一周、軽くなぞってから素早くオーブン庫内へ移し、設定温度を170℃にして先ずは20分。
    その後160℃にして8〜10分、計30分ほど焼きましょう。

    溢れる程元気なプロテインシフォンケーキが焼き上がりました。

    20200511 00011.png

    逆さまにして冷ましましょう。
    元気なプロテインシフォンケーキ、しぼむこともなくしっかりこの大爆発ぶりを維持してくれました。

    甘味料として慣れ親しんでしまったハーバライフ製のプロテイン。
    他のプロテインを試したことがないので、あくまでもハーバライフ製のプロテインに限ってのお話ですが本当に使い勝手のよい面白い食材でありました。

    高価なものなのでなかなか手は出ませんが、ちょっと他のプロテインも試してみようかしら、そんな気にさせる魅力的な魔法の粉でありました。

    20200511 00010.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





相変わらず外出自粛生活を楽しんでおりますし、すっかり外出自粛生活に慣れてしまいました。
反って食材調達のスーパーマーケットも含め、外出するストレスのほうが今の私には問題です。

なので当然食材は貧困しておりますが、それでも『お家でイオン』さんに助けられながらのらりくらりとやり過ごしております。
今日のお菜はひじきと厚揚げのサラダ。

20200511 00003.png





厚揚げはさいころ状に切り、自身の油を利用してじっくり弱火で焼きましょう。
厚揚げから出た油でほぐしたマイタケを炒め合わせます。

ひじきは熱湯で10分戻して加えます。
ざく切りトマトも加えてさっと炒め合わせ、お塩・エルブ・ド・プロバンス・極少量の粉末ブイヨンで味付けを。
カボチャの種を散らして出来上がり。

20200511 00021.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif






休日、我が家は1日2食です。
年齢も年齢ですし、別に3食にこだわる必要もなかろう、と。
朝は軽め、以前焼いて冷凍してある焼き菓子やらパンやらだったり、豆乳とオートミールだったり。
そしてお昼はワインに合うパスタだったり、ちょっと手抜きをしたそれでもワインと相性の良い一皿料理が定番。

なので夜、主人も私も空腹に耐えての早めの就寝、主人の賑やかなお腹に大笑いすることもしばしば。
寝る前、主人が必ず聞く『明日の朝ごはんは何?』も切実です。
主人のお望み通り、今朝は釜たまうどんですよ。

20200511 00004.png





文頭のお手紙で昨日のワインは盛り上がりました。
簡単なお料理をする私の目の端に何かが通り過ぎましたよ。

スズメ?
ベランダにスズメが。

雨の中、可愛そうだけどね、スズメ、可愛いのだけれどね、色々と害もありますからね。
主人に言って、ちょっと追っ払ってもらいます。

よし、任せとけっ!とばかりに窓に駆け寄った主人。
少し窓を開けて覗き込んだ途端、後ろから見ても分かるほどにフニャッとだらしなく崩れます。
主人曰く、

『小さなスズメがさぁ、僕のこと『ナニ?』みたいな顔で見上げてるんだもん。
小首傾げてさぁ、『ナニ?』なんて可愛い顔で』





素敵なお手紙の後は、ベランダに迷い込んだ純粋無垢な小スズメのお話で盛り上がります。
今夜は止めようね、お酒。
楽しくて連日連夜飲みっぱなしだもんね。

今日、主人は仕事帰りにお豆腐屋さんに寄ってくると言っておりました。
明日は昨日の雨で行けなかった畑に行きますよ。
明日こそはお酒を飲んでいる暇などありませんよ。


illust297_thumb.gif



posted by しんさん at 15:11 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

ぎっしりバナナチップスとプロテインのローチョコレートバー

スマホの万歩計アプリをダウンロード致しました。

そう、かつて主人がたたき出した伝説の歩数、『1日の歩数78歩』
この数字がどれだけすごいのかを実感する為に。

そして、誰かが替え歌で歌っていました『移動距離、今日もトイレまで』
主人から幾度となく聞いたことがあります、『今日のいちばんの遠出はトイレだったな』
主人のこの生活がいかにすごいのかを実感する為に。

結果、昨日1日の私の歩数は653歩でありました。
そして驚いたことに、この万歩計アプリ、私の体重までズバリ言い当てると驚愕致しましたところ、単に私が自ら体重を入力していたのを忘れていただけであることが判明致しました。

酔っぱらって入力しましたからね。
たまたまその朝測った体重が入力した数字と同じだったってお話でした。
成人女性1日の平均歩数を知り、私、『お家でイオン』で縄跳びを注文致しました。
明日の午前、生鮮食品に混じってピンクの縄跳びが配達されます。





さて。
いよいよ明日からは主人も大型連休に突入、しばらくお弁当はお休みです。
今日はチョコレート風味のプロテインを使ったプロテインローチョコレートをバーにしてみましたよ。

20200501 00002.png

繊細なローチョコレートの手順をうんと端折った簡略版ローチョコレート。
基本的な材料はココナッツオイルとプロテインだけ。

手順も飛び切り簡単です。
要は混ぜて冷やすだけ、たったこれだけ。

普通のチョコレートに比べると相当脆くて相当溶けやすいのが玉に瑕ではありますが、甘いものを食べる罪悪感はかなり軽減されるのではないかしら。
そして何より美味しい。
主人はこれがプロテインだとは気づかなかったようですよ。

20200501 00003.png

プロテインローチョコレートバーの中にはオートミールとナッツがたっぷり。
そして最近お気に入りの自家製バナナチップスもたっぷり。

20200501 00009.png

すぐに完熟してしまうバナナ、以前はレモン汁と蜂蜜をからめて冷凍するのが常でした。
ですが最近のお気に入りはオーブンで仕上げるサクサクのバナナチップス。
ご覧の通り器量はあまりよろしくありませんが、何よりお砂糖不使用のバナナだけの甘みが魅力的。
最近はこのバナナチップスが作りたくて、あまり好きではないバナナをイオンさんに届けて頂くほど。
バナナ好きの主人との相乗効果も期待できるというものです。

20200501 00010.png

ココナッツオイルにプロテイン、バナナチップスにナッツ、オートミール、これで甘さも十二分ときたら誰でもきっと大満足請け合いです。
明日は夏日との予想ですので、そろそろこのタイプのローチョコレートもシーズンオフとなりそうですけどね。

20200501 00001.png





◆材料(底辺約200×130サイズのバットにひとつ分です)

  • 自家製バナナチップス 30g
  • オートミール 30g
  • アーモンドと胡桃 各15g
  • ハーバライフ製のプロテイン(チョコレート風味) 40g
  • カカオパウダー 15g
  • シナモンパウダー 3g
  • カカオニブ 5g

  • ココナッツオイル 50g

    20200501 00005.png





◆作り方
  1. バナナチップスは事前に準備しておきます。
    完熟バナナを厚さ2〜3ミリに切ってオーブンシートを敷いた天板にひろげ、予熱なしのオーブン 110℃で1時間35分。

    20200501 00011.png

    そのままオーブン庫内で冷めるまでおくだけ。

    20200501 00012.png

  2. 今日はここからスタート。
    先ずはオートミール、バナナチップス、アーモンド、胡桃を予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきましょう。
    アーモンドと胡桃はざっくりと刻みます。

    20200501 00013.png

  3. プロテイン、カカオパウダー、シナモン、カカオニブをボールに合わせ、泡だて器でそっと混ぜ合わせましょう。
    ここに湯せんで温めて液状にしたココナッツオイルを加えて混ぜます。

    2を加え、バナナチップスをサクサク砕くようにして和えましょう。

    20200501 00014.png20200501 00015.png
    20200501 00016.png


  4. バットにオーブンシートを敷き込んで3を移し、オーブンシートを上にもかぶせて平らにならします。
    底の平らな容器を使い、しっかり圧をかけて押し付けるようにならすと端まで綺麗にまとまります。

    20200501 00017.png

    後は冷蔵庫で冷やすだけ。
    冷えてしっかりとかたまったところで包丁で切り分けます。
    躊躇せず一気に切ると綺麗に切れますよ。

    20200501 00018.png

    これからの季節は常温でも溶けてしまうので冷蔵庫へ。

    20200501 00004.png







2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





色合いがちょっとクリームソーダを想わせるジャーサラダ。
我が家はマヨネーズを常備しておりませんが、お豆腐で拵えたマヨネーズ風ソースをたっぷり添えてみました。

アボカドと春キャベツのやわらかな色合いにトマトの赤がよく映えます。
オーブンでじっくり焼いたトマトは、水気も随分と抑えられるし何より驚くほど甘くなります。

20200501 00006.png





  1. 木綿豆腐は150g。
    先ずは熱湯で茹でてからキッチンペーパーに包み、適度な重石をして30分ほど水切りをします。
    水切り後は120g弱になりました。
  2. 水切りした木綿豆腐、白味噌 15g、レモン汁 10g、刻んたペコリーノロマーノ 10g、オリーブオイル 5g、自家製塩レモン 5g、アンチョビ 1本(約3g)を合わせ、バーミックスで滑らかに攪拌しましょう。
  3. トマトは輪切りにして網の上に並べ、予熱なしのオーブン 110℃で1時間35分焼いて冷ましておきます。
  4. アボカド+玉ねぎのみじん切りをジャーの底に詰め、その上にたっぷりのお豆腐マヨネーズ。
    春キャベツをザクザクとちぎって茹で鶏と和え、お豆腐マヨネーズの上に。
    甘いセミドライトマトをトッピングして出来上がりです。

    20200501 00019.png20200501 00020.png







ほど良いレモンの酸味とチーズのコク、使用するオリーブオイルは極少量ですが、かつてはマヨネーズ好きだった主人も十分満足出来る(多分)お豆腐マヨネーズ。
うん、これならば手を変え野菜を変えして楽しめそうです。

20200501 00007.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今朝の主食は鶏粥。
茹でた鶏ささ身の旨味、程良い塩加減が美味しい我が家の定番です。
そして主人の大好物。
今日は茹で鶏+あおさの特別ver.、だって連休前ですものね。

20200501 00008.png

例年、多くの人が動く連休はお家でゴロゴロ過ごすのが定番です。
今年はプロヴァンスのロゼ飲み比べ。
エルブ・ド・プロバンスをいち早く主人が取り寄せたのも、この為だったのかと今になって納得致しております。





間もなく主人の帰宅時間。
そして明日からは大型連休。
ふたりが出掛けるとしたら週末の畑くらいでしょうか。

明日届くビニールの縄跳びは166円。
ゴールデンウィーク中の私の出費と考えればなんて慎ましやかな。


kit32.gif



posted by しんさん at 14:20 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

焼き芋のトリュフ風〜プロテインローチョコレートver.

週末畑に撒こうと、水に浸しておいたビーツとバタフライピーの種。
ふっくらと水を含んだは良いけれど、先日の日曜日は生憎の雨模様、当然畑作業は断念と相成りました。
その後も雨が続き、ビーツとバタフライピーは発根を経て発芽にまで進んでしまいました。

昨日は強風ながらも幸い朝から久しぶりの青空。
忙しい中スケジュールを調整して畑作業に付き合ってくれた主人。
上手く根付いてくれるか否か不安なところではありますが、風に煽られながらも無事ビーツとバタフライピーの種を畑に収めて参りました。
無事畑の土になじんでくれますように。

畑の帰り、ちょっと遠回りして満開の桜も楽しんで参りました。
もちろん車の中から、窓を開けて桜並木をドライブしただけのお花見でしたが、2020年のこのお花見もふたりの良い思い出になることでしょう。




さて。
日々の緊迫感からでしょうか、今週は甘いものばかり拵えている気が致します。
本日も然り、甘い主食です。

20200403 00008.png

久しぶりのプロテインローチョコレートです。
本格的なローチョコレートではありません。

ココナッツオイルとプロテインを合わせた簡略版プロテインローチョコレートで、焼き芋をコーティングしてみました。

20200403 00007.png

そう、焼き芋です。

随分前に買った安納芋、いよいよ発芽してしまいました。
じゃが芋と異なりさつま芋の芽に毒性はありませんからね。

一瞬、この発芽した芽を利用して苗づくりをしようかとも思いましたが、それもなかなか手間なお話。
私らしく食べてしまう道を選びました。

じっくりじっくり低温で焼いた焼き芋は、それだけでねっとりペースト状、しかも飛び切り甘い。
そんな焼き芋ペーストにナッツやドライフルーツを加えて丸め、プロテインローチョコレートでコーティングしただけの簡単スイーツ。

トッピングに使用したカカオニブのカリカリ食感がアクセントです。

20200403 00006.png





◆材料

  • さつま芋(今回は安納芋を使いました) 適量
  • 胡桃とアーモンド 適量
  • ドライフィグ 適量

  • ココナッツオイル 80g
  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー 50g
  • ハーバライフ製のプロテイン(チョコレート風味) 15g

  • カカオニブ 適量

    20200403 00002.png

    ※長らく楽しんで参りましたハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒーはこれでおしまいです。
     また機会がありましたら是非。





◆作り方
  1. 先ずは焼き芋。
    これは前日のうちに拵えておき、ひと晩冷蔵庫に入れておいたものです。
    飛び切りねっとりして飛び切り甘く仕上がりますよ。

    何てことはない、綺麗に洗ったさつま芋を皮つきのままアルミホイルで2重に包み、予熱なしのオーブン160℃で1時間35分焼いてそのままオーブン庫内に冷めるまで放置。
    翌朝まで冷蔵庫に入れておくだけ。

    20200403 00003.png

  2. 十分に休ませたさつま芋の皮をむきます。
    面白いくらい簡単にむけますが、プロテインローチョコレートのフィリングに使用するのはやや黒ずんだ表皮の部分だけ。

    薄く皮をむいたそのすぐ下の部分を寄せ集め、包丁でたたいてペースト状に。
    焼き芋の中心部からひろがる黄金色に輝く部分は、また別のお料理に。

    20200403 00004.png

  3. 胡桃とアーモンドは、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストして刻みます。
    刻んだドライフィグと一緒にさつま芋ペーストに加えて混ぜましょう。

    20200403 00005.png

  4. 手の平に極々薄くココナツオイルをぬってさつま芋ペーストを丸めます。
    ひとつ19〜20gがお勧め。

    ココナッツオイルを湯せんで温め液状にし、プロテイン2種を少しずつ加えて混ぜ合わせましょう。

    20200403 00012.png

  5. 丸めた焼き芋ボールをひとつずつプロテインローチョコレートにくぐらせ、全体にたっぷりからめます。
    フォークにのせて余分なローチョコレートを切り、オーブンシートをひろげたバットの上に。
    表面が乾かないうちにカカオニブを散らしましょう。

    20200403 00013.png

    冷蔵庫で冷やしかためて出来上がり。
    不格好ですが美味しいのです。

    20200403 00009.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





お菜は具沢山のスープ。
ささ身を茹でた茹で汁をスープストック代わりに、残り野菜のお片付けも兼ねたスープです。

20200403 00017.png





包丁の腹でつぶしたニンニク、刻んだアンチョビ、みじん切り玉ねぎ、さいの目切り人参を圧力鍋に合わせ、オリーブオイルで炒め合わせます。
油が十分なじんだところで、ささみの茹で汁を注ぎましょう。
ざく切りトマト、さっと洗ったムングダルも加え、5分加圧します。

圧が抜けたら刻んだマイタケを加え、オイスターソースを隠し味に。
アンチョビの塩気、茹で鶏の茹で汁の塩気があるのでお塩は不要。
器に盛り、豆乳ヨーグルト・ほぐした茹で鶏をトッピング。
パプリカパウダーをふって出来上がり。

20200403 00018.png20200403 00019.png
20200403 00020.png






週末は中途半端に残った食材が多種多用、具沢山スープも作り甲斐があるというもの。

20200403 00011.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





最近すっかりお気に入りの塩鯖。
焼きたての皮のパリッパリ感がまた最高です。
マイタケ増量中のお味噌汁もこれまた最高。

20200403 00010.png





往生際悪くさつま芋の皮直下、色合いもあまりよろしくない部分を使用した本日のお昼ごはん。
はてさて、それでは中心部に向かった黄金色に輝く部分はどうなったのかと申しますと。

20200403 00014.png

干し芋製作に取り組んでおります。
今朝の温度は少々小寒いほど、もしかしたら干し芋づくりに間に合うかも、と。

こんな状況ですもの、保存食はあって困るものではないものね。
極端な買いだめはいかがなものかと存じますが、こうしてチマチマ保存食に挑むのも楽しいものです。

20200403 00016.png





石油ストーブを片付ける前に、甘い甘い安納芋の干し芋を焼きながら主人とふたり日本酒を一杯。
その頃にはお隣の小さな桜も満開でしょう。


kit27.gif





posted by しんさん at 14:11 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

全粒粉のコーヒーバナナケーキ〜ちょこっとプロテイン

週末、主人と一緒に『復活の日』を見ました。
小学生の頃だったかな?上映は。
当時確か中学生くらいだった兄が大変興味を持っていたのを憶えておりますが、そのあらすじは曖昧でした。

そして『復活の日』を視聴したその翌日の朝、私、早速 “おうちでイオン” に登録しました。
要請されずとも自ら進んで外出自粛致します。
同時に、子供の頃は怖くて遠巻きに見ていた兄の愛読書、小松左京作品をちょっと読んでみようかという気になっております。

さて。
長い長いお家引きこもり生活となりそうですが、想えばいつも通りの毎日です。
今週は残り少なくなって参りました“プロテインパウダー”のお片付け週間。
たっぷりのバナナと100%全粒粉、そしてちょっとコーヒープロテイン、そんなパウンドケーキなどいかがでしょうか。

20200330 00002.png

プロテインを加えた生地特有の、ちょっと人工的なツヤっテレっとしたこの生地感。
バターを使った本来のパウンドケーキとはもちろん異なる食感もプロテイン入りケーキの特徴的ではありますが、うん、良い意味で普通に美味しい。

20200330 00001.png

全粒粉100%の生地にベーキングパウダーは不使用。
メレンゲの微力な力ではありますが生地をふくらませてみました。

上白糖は一切使用せず、完熟バナナの甘さを主に、みりんとデーツシロップで甘みを補っております。

20200330 00003.png

使用したプロテインは、いつものハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー。
コーヒープロテインにほろ苦いカカオパウダー、甘いバナナの風味がなかなかの好相性。
この組み合わせ、豆乳を加えて週末の朝のスタートドリンクとしても美味しいのです。

20200330 00004.png

ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー。
パッケージ底のコーヒーカラー、ブランドイメージのグリーン、このカラーコントラストが可愛らしくてお気に入り。





◆材料(底辺約200×70・H60のパウンド型にひとつ分)

  • 卵白 2個分
  • みりん 20g

  • 卵黄 2個分
  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー 30g
  • カカオパウダー 10g
  • 完熟バナナ 2本(正味190g弱)
  • デーツシロップ 15g
  • 全粒粉薄力粉 75g

  • 胡桃 適量

    20200330 00008.png





◆作り方

  1. 卵白をよく冷えた状態で軽く泡立てます。
    分量のみりんを2回に分けて加え、その都度しっかりと泡立てながら強いメレンゲに仕上げましょう。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20200330 00009.png

  2. 別ボールに卵黄・プロテイン・カカオパウダー・デーツシロップを合わせ、泡だて器でよくすり混ぜます。
    卵白を泡立てた後のアタッチメントは洗わずそのまま使用して問題なし。
    バナナを適当にちぎりながら加え、滑らかに攪拌しましょう。
    薄力粉も加え、泡だて器で滑らかに攪拌します。

    この工程、一気に材料を合わせてしまっても問題なさそうです。

    20200330 00012.png20200330 00011.png
    20200330 00010.png


  3. 冷蔵庫からメレンゲを取り出し、バナナ生地と合わせましょう。

    先ずはメレンゲの1/3量程度を泡だて器ですくい、バナナ生地に加えて泡だて器で攪拌します。
    更に1/3量のメレンゲを加え、今度はスパチュラで底からすくうように、メレンゲをつぶさないように合わせましょう。

    最後にメレンゲのボールに戻し入れ、出来るだけメレンゲをつぶさないよう底からすくうように合わせます。

    20200330 00017.png20200330 00016.png
    20200330 00015.png


  4. オーブンシートを敷いたパウンド型に流し入れ、スパチュラで表面をそっとならします。
    粗く刻んだ胡桃を散らし、素早く200℃に予熱したオーブンへ移しましょう。

    20200330 00018.png

    設定温度を170℃にし、じっくり焼くこと33〜35分。
    10分ほど焼いたところで、ナイフで中央に軽く切り込みを入れてふくらみをサポートしてあげましょう。

    20200330 00014.png

    焼き上がったしばらくオーブン庫内に放置してから、網の上で粗熱をとります。
    完全に冷めてから型から出してオーブンシートをはがします。

    20200330 00013.png

    やや厚めに切って召し上がれ。

    20200330 00005.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





昨日は雨でしたので畑作業も中止でした。
畑作業は自粛するつもりはいまのところありませんが、やはり週末の畑、その後の農協朝市の野菜調達がないと随分と我が家の食材も制限されて参ります。

ですがそんな状況こそ私の楽しみの場。
プロテインパウンドケーキとは全くなじみませんが、お弁当のお菜は油揚げの福袋。
袋状に開いた油揚げに、卵・お豆腐・ひじき等々を詰め込んでちょちょいと加熱するだけです。

20200330 00007.png





さっと湯通しした油揚げを袋状に開いてひと折り。
お豆腐・卵・戻したひじき・面取り根菜の切れ端・戻した干しシイタケの切れ端・大豆ミート等々合わせて油揚げに詰めましょう。
根菜と合わせ出汁を合わせて煮立てたところに、爪楊枝で縫うように留めた油揚げをそっと加えて加圧5分。
粗熱をとり、爪楊枝を除いて半分に切り分けます。

多めに拵えて今週の常備菜も出来上がり。

20200330 00020.png20200330 00021.png
20200330 00019.png







2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





『おうちでイオン』で主要な生鮮食品も届けて頂けるのですが、やはりイワシのお酢煮や鯖の味噌煮を拵えるような生のマイワシや2枚おろしの真サバは難しいようです。
なのでしばらくはお家にある冷凍食材を使ってやり繰りしましょう。

今朝は主人がいつぞや取り寄せた鰆のたたき。
おぼろ昆布と海苔でくるりと巻いて、柚子胡椒を添えて召し上がれ。
もっちりとした鰆のたたき、あれ?こんなに鰆って美味しかった?

主食は先週作っておいた甘辛お醤油味のお揚げで、即席きつねうどん。
ネギがないのでお味噌汁にはあおさを添えましょうか。

20200330 00006.png

温かくなってきたのも手伝い、我が家も頻繁に室内の換気を心掛けております。

ふと見ると、お隣のお庭に小さな桜の木。
まだまだ3分咲き程度ですが、これから毎朝眺めて楽しめそう。
人ん家の桜でお花見、2020年のお花見は思い出に残りそうです。



2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:34 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする