2024年02月06日

(プロテイン)2 〜 福豆+プロテインアイスコーヒー

イオンネットスーパーさんで節分の福豆を配達していただきました。
この煎り大豆が好きで、毎年5袋ほど注文しては、後日何かしら手を加えて楽しんでおります。

先日はゴボウや人参と合わせて、おかずにもなる甘辛お醤油味のサクサク福豆を拵えました。
今朝は甘い福豆です。

20240206 00002.png

プロテインアイスコーヒーの粉末をたっぷりまとった福豆です。

20240206 00001.png

お砂糖をしっかり使用しますのでヘルシーとは言えませんし言いません。
しっかりお砂糖を使って、ついでに先日拵えたコンデンスココナッツミルク(☆彡)も使って、ミルキーでほろ苦なコーヒー風味の福豆なんていかがでしょう。

とっても簡単です。

20240206 00003.png




◆材料

  • 福豆 ひと袋(43g)

  • てんさい糖 大さじ2
  • お水 小さじ1/2

  • コンデンスココナッツミルク(☆彡) 大さじ1/2
  • ハーバライフのハイプロテインアイスコーヒー 大さじ2

    20240206 00008.png




◆作り方

  1. てんさい糖とお水をテフロン加工のフライパンに合わせます。

    20240206 00009.png

  2. 中〜弱火でフライパンを傾けながらじっくりとなじませ、混ぜずに沸々と全体が泡立つまで加熱を続けましょう。
    ココナッツコンデンスミルクも少しずつ加えます。
    キャラメル状になるまで加熱し、福豆を一気に加えて素早く全体に絡めて火を止めます。

    20240206 00010.png

  3. しっとり感を残しつつ、さらりとした状態になるまで菜箸で全体を混ぜます。
    プロテインアイスコーヒーを加え、菜箸で混ぜながら全体にまとわせて出来上がり。

    20240206 00011.png

    20240206 00012.png

    オーブンシートの上に移してしっかりと冷まします。

    20240206 00013.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif




お弁当が大豆だけではあまりに主人がお気の毒。
ボリューム満点の汁なし冷麵を添えましょう。

20240206 00006.png

イオンネットスーパーさんで見切り価格になっていた『ふるる冷麵』
そして開封済みの『わが家のつみれ』、チューブに入った便利なイワシのすり身です。
これらを合わせて、トッピングを沢山添えて、スープジャーに詰めました。

20240206 00007.png




  1. すり身とベジミートのそぼろを作ります。

    ベジミートは熱湯に5分ほど浸してから、キッチンペーパーを敷いたザルに移して水を切っておきます。

    20240206 00014.png

    すり身・おろし生姜・酒・みりん・醤油・オイスターソース・豆板醤等を合わせ、フライパンでそぼろ状になるまで乾煎りします。

    20240206 00015.png

  2. ふるる冷麵は裏書き通りに茹でてスープをからめます。
    食べやすいようキッチン鋏で切ってから、スープジャーに移しましょう。

    20240206 00016.png

  3. すりおろした山芋に冷凍オクラを混ぜ、白だし醤油で薄く味をつけて麺の上に。
    そぼろやアボカド、変色防止のスライス玉ねぎ、温泉卵等々、トッピングで山盛りに。





ふるる冷麵、ふたりで半分こなのにかなりのボリューム。

20240206 00004.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif




お待ちかねの朝ごはん。

今日の主食はお蕎麦。
お昼の冷麵と同じく、トッピングが盛沢山過ぎて麺が全く見えません。

20240206 00005.png

火曜日のお魚はしめ鯖・アボカド・新玉ねぎスライスの我が家では定番の組み合わせ。
一時はしめ鯖が手に入らなかったのですが、主人のおかげで只今我が家の冷凍庫のボックスふたつ分のしめ鯖が待機しています。

明日は水曜日。
1月2月3月は過ぎるのが早いとよく言いますが、本当にね、早いこと早いこと。

twig-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月27日

ふるふるプロテインプリン〜ブルグルクランブルのトッピング

今週最後のお弁当はプロテインを使って。
アガーを使ったとても簡単なプリン風デザートはいかがでしょうか。

20231027 00005.png

品質としてはとても良いものなのでしょうが、アイスコーヒー自体をまず飲むことのない我が家です。

折角頂いたこのキャラメルマキアート風味のプロテイン。
これから寒くなるにつれ益々疎遠になるであろうプロテインアイスコーヒーを、積極的に消費していく運びと相成りました。

それにしても、こちらの会社のパッケージが好き。
底部分に会社のイメージカラーを使うだなんて、そして他の色合いとの絶妙な好相性も素敵。

20231027 00003.png

アガーを使ってふるふるっとかためたプロテインコーヒープリン。
上には、いつぞや拵えて冷凍しておいたほんのり甘いブルグルとナッツ、冷凍ベリーのジャムを添えました。

ほろ苦いプロテインアイスコーヒーに、ナッツとブルグルの食感、ベリーの酸味。
うん、なかなか面白い仕上がりになりましたよ。

20231027 00014.png





◆材料(245tのメイソンジャーにふたつ分です)

  • ハーバライフ製のプロテインアイスコーヒー(キャラメルマキアート風味) 30g
  • アガー 3g

  • アーモンドミルク 200g

  • ブルグルクランブル(この時のもの、平らにして冷凍しておきました) 適量
  • ナッツ類(胡桃、アーモンド、蕎麦の実) 各適量

  • 白ワイン(以前飲み残したものにフィグを漬けてありました、フィグは使用済み) 適量
  • 冷凍ベリー たくさん
  • ホールカルダモン ひとつ
  • てんさい糖 適量





◆作り方

  1. ブルグルとナッツ類を合わせてローストしておきます。

    ブルグルは、はちみつ紅茶で戻してオーブンでローストしたもの ☆彡2023年10月20日
    冷ましてから薄くひろげて冷凍しておきました。
    適当量取り出してバキバキと割り、粗く刻んだ胡桃とアーモンド、蕎麦の実と合わせ、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。

    20231027 00009.png

  2. 乾いたお鍋にプロテインアイスコーヒー・アガーを合わせます。

    20231027 00004.png

    泡だて器でよく混ぜ合わせてから、分量のアーモンドミルクを少しずつ注いでダマにならないようなじませていきましょう。
    プロテインのザラザラ感がなくなったら中〜弱火にかけ、煮立たせないよう加熱します。
    ジャーに分け入れ、常温でかたまるまで待ちましょう。

    20231027 00010.png

  3. 本当はここまでで済ます予定だったのですが、冷蔵庫の奥に鎮座しておりました白ワインを見つけてしまいました。
    いつぞや主人とふたり、美味しくないと飲み残した白ワインにドライフィグを漬け込んでおきました。

    フィグは何かに使ってしまい、ちょっと甘いワインだけが残った状態。
    ちょうどひと袋残っていた冷凍ミックスベリーを合わせてジャムにしてしまいましょう。

    20231027 00012.png

    半分に切ったカルダモンとてんさい糖を適量合わせて、弱火でことこと煮詰めるだけ。
    シナモンスティックで時々かき混ぜながら、ぽってりするまで煮詰めます。

    20231027 00013.png

    冷凍ベリーミックス半量ほどで作る予定でしたが、結局ひと袋全部使ってしまいました。

    20231027 00011.png

  4. ふるっとかたまったプロテインアイスコーヒーの上に、ブルグルクランブル。
    しっかりと冷ました冷凍ミックスベリージャムを添えて出来上がり。

    20231027 00015.png






il-plants5-thumbnail2.gif





我が家の野菜室、金曜日はほぼ空っぽです。
土曜日にイオンネットスーパーさんが食材を届けてくれるので、それに備えての週間ルーティーン。

在庫食材を色々かき集めたら、よく分からないけれど美味しいものが出来ましたよ。

20231027 00007.png





少量のエルブ・ド・プロヴァンスを加え、オリーブオイルで炒めたじゃが芋・玉ねぎ・人参・ベーコン。
ひよこ豆は塩茹でにして冷凍しておいたもの。
ひじきは、さっと下茹でして冷凍しておいたものを半解凍の状態で。
他には、冷凍しておいたセミドライミニトマト、むき枝豆等々。

卵とオーツミルク、スープストックで戻したブルグル、粉砕したペコリーノロマーノ、粗挽き黒胡椒を合わせてよく混ぜたところに、全部合わせます。

20231027 00006.png

薄くオリーブオイルをぬった琺瑯容器に分け入れ、発酵バターとペコリーノロマーノを散らします。
180℃のオーブンで20分ほど焼いて出来上がり。

20231027 00016.png





いままで色々拵えたプロテインスイーツの中で、このシンプルなプリンがいちばん美味しいのではないかしら。
余計な手を加えるな、ってことですね。

20231027 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif




朝食です。

金曜日の主食は伊勢うどん。
賞味期限の関係で、今朝はイオンさんが届けてくれるイワシの梅煮になりました。
週にいちど、市販の調理済イワシが私の息抜き。

20231027 00001.png

週末は、いつもより1時間遅い5時起床(主人は20分遅れ)が我が家のルールです。
今週は日曜早朝に部分月食が見られるとか。





いつも通りの起床を今宵の宴会で提案してみよう。
週末1時間延長の睡眠を楽しみにしております主人、可決となるか否か。

illust-moon-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月24日

コーヒープロテインとナッツとオートミールのクッキー

久しぶりにプロテインを使って本日のお昼ご飯。
コーヒー風味のプロテインにオートミール、ナッツ類等、混ぜて焼くだけの簡単なクッキーを焼きましたよ。

20231024 00003.png

美味しいから、そう頂いたキャラメルマキアート風味のプロテイン。
ハーバライフは質が良い反面(多分)お値段もなかなかなので、我が家にあるものは専ら頂き物。
ですが何気にイメージカラーを使うパッケージのセンスは大好きです。

20231024 00005.png

一時は積極的に摂っておりましたプロテインですが、何となく食べ物からユルっと摂るのが性に合っていると気付き、我が家のプロテイン消費量は右肩下がり。

ですが開封してしまったこのコーヒープロテイン。
アイスコーヒーをまず飲むことがないのも使いこなせない一因なのですが、お節料理を予約した今、そろそろお片付けしたいもの。
これからは折を見てちょこちょこ使っていくと致しましょう。

ほろ苦い、もとのプロテインの味がしっかり残る美味しいクッキーに焼き上がりました。
相変わらず私好みのザクッとした食感ではありませんが、しっとりとも異なるユニークな食感ですよ。

20231024 00004.png





◆材料(目玉焼きリングで成形して4枚分)

  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー(キャラメルマキアート風味) 40g
  • オートミール 60g(クイックオーツとロールドオーツを各30gずつ)
  • ナッツ 45g(胡桃、アーモンド、ヒマワリの種を各15gずつ)
  • アーモンドミルク(無糖) 60g
  • ココナッツオイル(液状で使用) 20g
  • オリゴ糖 15g




◆作り方

  1. 頃合いを見て、オーブンを予熱しておきます。
    この熱を利用し、ざっくり刻んだ胡桃とアーモンド、ヒマワリの種を合わせて10分間ほど焦げないようローストしておきましょう。

    ひまわりの種だけは、製菓用でないので塩分ありです。

  2. 材料を全てボールに合わせます。
    ローストしたナッツ類も合わせてスパチュラで混ぜ込みましょう。

    20231024 00008.png

  3. クッキーとしてはやや緩めの生地です。
    ざっくり4等分し、オーブンシートを敷いた天板の上にスプーンですくって落としていきましょう。

    20231024 00009.png

    目玉焼きリングを使って薄く丸くのばします。

    20231024 00006.png

  4. 予熱したオーブン庫内に移し、設定温度 190〜180℃で8〜10分。

    20231024 00010.png

    網の上で冷まして出来上がり。
    アイスコーヒーとしては活躍しなかったこのプロテインアイスコーヒー、食材として日の目を見ることになるかも。
    よい香りです。

    20231024 00011.png






line60-thumbnail2.gif




アボカドと蒸し鶏のサラダを添えましょう。

20231024 00012.png

火曜日の朝食として、しめ鯖とアボカド、玉ねぎの名トリオが我が家の週間ルーティーンでした。
が、鯖の不漁で国内産しめ鯖の入手が不可能となった昨今、アボカドの行先が不安定になってしまいました。

それでもアボカドは積極的に食べたい食材のひとつ。
その時々にある食材と合わせて、以前と変わらず摂取しましょう。

20231024 00001.png





粉吹き芋にしたじゃが芋、鶏ささ身の茹で鶏、鬼おろしで粗くおろした人参、ゆで卵、変色防止の紫玉ねぎ等々と合わせ、オリーブオイルやお塩で味付け。
先日、プルーンの送料無料を狙って抱き合わせで購入したサラダのトッピングをアクセントに。

20231024 00007.png






line60-thumbnail2.gif




朝食です。
ぼやいております通り、火曜日の定番だったしめ鯖がありませんので、しばらくは冷凍しておいたイワシを生姜煮に。

主食は、昨日拵えたひじきのかき揚げを丼風に。
衣に使用したブルグルが不思議な感じ。

20231024 00002.png

先日、カルディオンラインで購入したレンジで出来る焼き豚のタレ。
極少量残った煮汁を温めて、ちろりご飯に回しかけてかき揚げ丼にしました。

うん、美味しい。
とても美味しい。

ですが、やっぱりないかな、2回目の購入は。
少なくとも数ヵ月内の購入は。
頼りなくても、時々主人が沈黙しようと、自分で作った料理がやっぱり性に合っているのです。

03013-thumbnail2.gif

posted by しんさん at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

週末の完熟バナナスィーツ〜プロテインの生チョコレートファッジ(風)

平日の朝、オーブントースターでバナナを1本丸ごと、皮が真っ黒になるまで焼いて自家製の豆乳ヨーグルトに添えております。
加熱してとろりとしたバナナは、甘みが増してヨーグルトソースも要らないくらい。

毎週土曜日、イオンさんに翌週分のバナナを2房届けて頂くのですが金曜日ともなるとバナナの追熟も進みます。
以前は蜂蜜とレモン汁を絡めて冷凍したりもしておりましたが、潔く使い切ってしまう方が最近はお気に入り。
金曜日は完熟バナナを使う、そんなルーティンが何となく定着するのも気楽で良いものです。

今日は完熟バナナとプロテインの組み合わせ。
生チョコレートみたいな、ファッジみたいな、完熟バナナのスィーツですよ。

20210226 00006.png

もちろんお砂糖は使っておりません。
たっぷりのナッツ類、蕎麦の実、そして節分前にちょっと多めに買っておいた節分用の炒り豆、これらをストロベリー風味のしっとりプロテイン生地でまとめました。

20210226 00007.png

プロテイン生チョコレート?
プロテインローチョコレート?
うーん、プロテインファッジというのがいちばん近い食感かしら。
ちょっと生キャラメルにも似た食感です。

20210226 00015.png
お砂糖不使用でもしっかり甘くて、それでいて頭がツンっとこない穏やかな甘さ。
なによりとっても簡単なのです。

20210226 00005.png





◆材料(押し寿司用の型を使いました、ぴったり1本分です)

  • 完熟バナナ 1本(正味130g弱でした)
  • ココナッツオイル 60g(湯せんで液状に溶かしておきます)
  • プロテイン(ハーバライフ製のストロベリー風味) 50g

  • アーモンド 30g
  • 胡桃 30g
  • オートミール 30g
  • 蕎麦の実 30g

  • 節分用の炒り大豆 50g

  • 仕上げ用のプロテイン 適量

    20210226 00001.png





◆作り方

  1. アーモンド、胡桃、オートミール、蕎麦の実はオーブンシートの上にひろげ、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストしておきます。

    バナナとココナッツオイルを合わせ、ミルやバーミックス等で滑らかに撹拌してボールに移しましょう。
    プロテインを加えて混ぜ合わせます。
    ここにローストしたナッツ類その他、炒り大豆も加えてプロテイン生地を全体に絡めましょう。

    20210226 00008.png
    20210226 00009.png20210226 00010.png


  2. 押し寿司型にオーブンシートを敷いて1を流し入れ、スパチュラでさっと表面をならします。

    20210226 00011.png

    オーブンシートをきっちり折って蓋にし、木蓋でぐっと圧をかけましょう。
    重石をして(未開封牛乳パックを使いました)冷蔵庫で冷やします。

    20210226 00012.png

  3. しっかり冷えたら、オーブンシートを持って取り出し包丁で等分しましょう。

    20210226 00013.png

  4. ビニール袋に仕上げ用のプロテインを入れ、2〜3個ずつここに加えては全体にしっかりとプロテインをまぶします。

    20210226 00016.png

    余計なプロテインを落とせば出来上がり。

    20210226 00017.png

    ココナッツオイルが固体化するこの季節なら、溶けないので持ち運びも楽ですよ。

    20210226 00014.png






table_s.gif





週末恒例の在庫食材一掃メニュー、今日はスープです。
乾燥ひよこ豆を使った時間差スープ、圧力鍋ならばひよこ豆をひと晩お水に浸さなくても大丈夫。

20210226 00002.png





  1. ひよこ豆、お水、エルブ・ド・プロヴァンス、粗挽きガラムマサラ、少々のお塩を圧力鍋に合わせ、加圧すること10分間。
    その間に人参や玉ねぎ等、他の食材を切ったり要らないお料理器具を洗ったり。

  2. 食感が残る程度に茹だったひよこ豆、ここに小ぶりな乱切りにした人参、粗みじん玉ねぎ、主に芯の部分のざく切り白菜等、在庫食材をホイホイ投入、加圧すること3分間。

  3. 全体が良い具合にくったりしたら、トマト缶を加えて仕上げにかかりましょう。
    鯖缶やざく切りにしたマイタケも加え、オイスターソース、ナンプラー等で味を調えます。

    スープジャーに盛ってパプリカパウダーを振って出来上がり。

    20210226 00018.png





在庫食材が一掃されて週末を迎える準備も完了。
数年前、近所の金物屋さんの店じまいセールで2000円で買った圧力鍋。
今ではなくてはならない私の相棒です。

20210226 00004.png





table_s.gif





お昼のスープに使った鯖缶の残りは缶汁もろとも朝食のお味噌汁に。
今朝の主食はお蕎麦。
嵩増しのもずくはイオンブランド、以前使っていたものより使いやすいのが嬉しい。

そうそう、イワシの生姜煮もイオンブランドでしたね。
ひとつ冷蔵庫に常備しておき、賞味期限が近づくと朝食のお魚でお片付け。
そしてまた補充するのです。

20210226 00003.png

手作り納豆に添える手作りキムチ、拵えて1カ月も経つと酸味が程よくたってきます。
フレッシュな浅漬け風キムチも良いけれど、やはり酸味がたったキムチの方が我が家には好相性。

今仕込んで冷蔵庫で寝かしてあるキムチ、そろそろ手作りキムチも終盤の頃合いですね。





今週は変則、土曜日でなく本日金曜日にイオンさんが食材を届けてくれます。
4時以降でないとお届け不可な食パンとか、変則は変則で特典もたくさん。

とは言え、ポイント特典がない今週はお買い物も慎ましやかです。
来週は在庫食材、特に乾物の入れ換え強化週間になりそうです。


illust-moon-thumbnail2.gif
















posted by しんさん at 14:35 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

お豆腐と酒粕のレアチーズケーキ風〜崩壊プロテインバーリメイクver.

昨日大崩壊致しました、ちょっとバレンタインデーを意識して拵えたプロテインローチョコレートのバー。

プロテインとココナッツオイルを合わせた自称プロテインローチョコレートに、たっぷりのナッツ・オートミール・節分の炒り大豆等々を合わせたサクサクのバー。
プロテインとココナッツオイルの量を減らし過ぎたが故、当然の結果として大崩壊、ただのグラノーラとして昼食の役割を果たしました。

で、今日のお昼はその崩壊プロテインバーのリメイクver.ですよ。

20210216 00003.png

転んでもただでは起きないと申しましょうか、逆境に燃えると申しましょうか。
さて、この失敗作どうしましょう、その程度のストレスがあると俄然目覚めが楽しい性分。
今朝もスマートウォッチの振動を待っていそいそ起床、身支度を整えキッチンに向かいましたよ。

崩壊したプロテインバーをジャーに詰め、お豆腐と酒粕のレアチーズケーキ風ジャースイーツ。
バレンタインデー当日、主人にプレゼントしたチョコレートをちょっと彩りに拝借致しました。

20210216 00002.png

木綿豆腐、酒粕、そしてヨーグルトを合わせたレアチーズケーキ風のとろり、そしてサクサクのプロテイングラノーラ、リメイクとしては上々なのではないかしら。
お豆腐の存在感は想像以上に薄まって、おそらく主人もこれがお豆腐とは気付いていないのではないかしら。

蜂蜜で添えた甘みも私好み。

一応アガーを使ってはおりますが、はてさて、アガーの本領がこれで発揮できたのかは不明ではありますけどね。

20210216 00006.png





◆材料

  • 崩壊プロテインバー(☆彡) 適量

    ※砕いて、すりこ木等を使ってジャーの底に敷き詰めておきます


  • 木綿豆腐(トップバリュブランドの木綿豆腐、水切りは特にしません) 100g
  • 酒粕 30g

  • アガー 小さじ1/2
  • 蜂蜜 20g

  • ヨーグルト 50g
  • レモン汁 小さじ1/2
  • バニラビーンズペースト 適量

    ※トップバリュブランドのギリシャヨーグルトと豆乳で作った濃厚な自家製豆乳ヨーグルトを使っております

    ※毎朝のお味噌汁に少量酒粕を使うので、我が家ではこうしてカットした酒粕を一定量保存容器に入れて冷蔵保存してあります。
     酒蔵の方からすればあまり嬉しくないであろう風味が損なわれそうな使い方だとは思いつつ、毎朝のストレスにはあっさり妥協が必要と。
     活気ある酒粕ですので、保存容器にかく汗は、容器に合わせて折ったキッチンペーパーを一枚ふわりと上にのせて回避。




  • トッピング用にチョコレート、甘栗、金柑の甘露煮(☆彡)等々を各適量

    20210216 00008.png





◆作り方

  1. 木綿豆腐・酒粕・蜂蜜を小鍋に合わせ、バーミックスを使い滑らかに撹拌します。
    ここにアガーをふり入れ、更にバーミックスで撹拌しましょう。

  2. 1を極々弱火にかけ、スパチュラで混ぜながら沸騰直前まで温めます。
    縁がふつっとしてきたら火からおろしてさらに滑らかに混ぜ、少し温度が下がったところで予め室温に戻しておいたヨーグルトを加えて素早くなじませましょう。
    同時にバニラビーンズペーストも加えて混ぜれば、レアチーズケーキ風生地の出来上がり。

    20210216 00009.png20210216 00010.png
    20210216 00011.png


    ジャーに敷き詰めたプロテインシリアルの上にたっぷり注ぎ、冷蔵庫で冷やしかためましょう。

    20210216 00007.png
  3. 少し残しておいたプロテインシリアルを上にもふりかけ、甘栗、チョコレート、自家製レモンピール、金柑の甘露煮等をトッピングして出来上がり。

    20210216 00012.png






table_s.gif





ジャースイーツと合うかどうかは関係なし。
野菜たっぷりのお菜を添えて本日のお昼ご飯に。
紅芯大根の甘酒漬けがとても良い色合いです。

20210216 00004.png

作り置き料理も兼ねたお菜の煮物。
何の変哲もない、高野豆腐や大根、根菜を圧力鍋で時間差3分程度ずつ小分けに加圧するだけ。

20210216 00005.png





イオンブランドのふんわり油揚げ。
一部はうどんやいなり寿司に応用できるよう、甘辛お醤油味を圧力鍋でじっくりと煮含めます。

電子レンジを使って簡略化を図った頃もありましたが、小まめにチェックするのが私には不向きなようで今は圧力鍋にお任せ。
根菜の面取りをしている間に仕上がってしまいます。

油揚げを保存容器に移し換えたら、面取り野菜の切れ端を刻んで、金平ごぼう・ひじき・溶き卵を合わせて油抜きした油揚げに詰めます。
既に3分ほど加圧してやわらかくなった根菜の隙間に油揚げや戻した高野豆腐を埋め込んで、更に加圧すること3分間。

油揚げを使った圧力鍋の二品、最近よく拵える作り置き料理です。

20210216 00013.png20210216 00014.png







table_s.gif





福袋用に戻したひじき、ほんの少し残った分は朝のひじき粥に。
こちらも圧力鍋でちょちょいのちょい。

お米、十六雑穀、押し麦、もち麦、蕎麦の実を合わせてお水を多め、ひじきも散らして5分ほど加圧するだけ。
後はことこと弱火で時間が許す限り加熱してお椀に盛り、自家製の梅干をひとつ。

20210216 00001.png

毎朝の自家製納豆に添える自家製キムチ。
これで今シーズン2回目に仕込んだキムチが食卓に上っているわけですが、じっくりと発酵が進み程良い酸味がたってきましたよ。




我が家の小さな脱衣場では、今Panasonic製の衣類乾燥機が湿度を30%台に保ってシーツその他を猛烈乾燥中。
最近主人の花粉症症状緩和が見られるのは、外干しを完全に止めたからでしょうか。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:13 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする