2019年04月08日

訳あってまた京都、訳あってひとり俵屋旅館 〜 楓の間

京都に行って参りました。
先週は熱海の名旅館 『蓬莱』 とその別館 ヴィラ・デル・ソルの大千秋楽を主人とふたり心にしかと焼き付けた (☆彡 ☆彡) ばかりですが、今度は京都です。

いえ、実は京都も3週間ほど前に行ったばかり ⇒ 2019年03月16日☆彡 ☆彡
ですが訳あってまた京都です。
高瀬川の桜が満開でした。

画像からこぼれてきそうなソメイヨシノ。
もちろん桜が満開のこの時期、京都はいつも以上の大賑わいです。





早々に人で賑わう繁華街を後にし、タクシーで向かったのは俵屋さん。
坪庭はもちろん桜の誂え。

吸い込まれそうな俵屋さんの桜。

正面から見て裏側、図書室の側から見る桜はまた力強くてつい長居してしまいます。
もぉ行こうよ、いつもはそう言って着物の袖を引っ張る主人が今日は隣におりませんのでつい長居。

そう、今回の京都は私ひとり。
訳あって京都再び、訳あってひとり俵屋さん、桜満開の京都一人旅ですよ。











今回のお部屋は楓の間。
先日の鷹の間とは打って変わったこじんまり可愛らしいお部屋です。

廊下を渡って新館へ。
エレベーターを降りてすぐ右の小さなお部屋。

もちろん主人と泊まる予定でおりましたが、訳あってひとりで頂くいつものわらび餅。
前回、母と主人3人で宿泊した後で主人が予約の電話をしてくれました。
偶然この日、このお部屋ならおとり出来るというお返事で即予約した次第です。

窓のお外にはもちろん楓。
この時期の楓を飽きることなく眺められるのも、この間ならではの贅沢です。

今回のこのひとり俵屋さんの旅、楓がとてもよい立役者となった旅でした。
そのお話はまた後ほど。

先ずはのびのびしげしげとお部屋を眺めましょう。
大きな雪見障子。
いつも朝、雪見障子を上げる際に粗相があってはとハラハラするのですがこの間の障子は滑らか。
見ると小さなストッパー、雪見障子のストッパーって初めて見ました。
これ良いなぁ、欲しい。

私、このお部屋気に入りましたよ。
お風呂もこじんまり、ですが見事な設計です。
風呂桶の一部が片側の壁側に食い込んだような形にはなっておりますが、それが反って効果的。
ひろいお風呂も良いけれど、深さがある俵屋さんのお風呂にひろさは必要ないのかも。

これ、お風呂から見た外の景色ですよ。
すだれ越しに見る湯船からの景色。
満開のソメイヨシノも良いけれど、お風呂から見る可憐な黄梅に見とれました。

いくら一人だからと言って2時間近く入っていてはいけませんけどね。










主人といつも行くように、浴衣姿で近所のバーにも行きました。
ひとりで頂くマンハッタン、つい主人の作るマンハッタンと比べてしまいます。
バーテンダーさんがひとりだと気を遣って下さるので、つい話し込んでしまいました。
そして夕食の時間に遅刻致しました。
ごめんなさいから始まるひとりの夕食です。

4月の先付は木の芽、筍と春満載。
稚鮎はほのかな木の芽焼き。
桜餅、と思いきや中にはお行儀良く並んだ塩気もふくよかな白魚。
この時期の小さな細いさよりを筆さよりと呼ぶのですって。

左手にちらりと見えるのは薯蕷蒸し。



向付けの桜の小さな蓋を開けると・・・

中にはホタルイカ。
むっちりとした鯛、むっちりねっちりのグジ、主人喜ぶだろうな。

フワフワの卵と木の芽で菜の花を演出した椀。

息を吞むほどフワフワの穴子、黒と白2色の胡麻の利休焼き。
エビのウニ焼き、香りが日本酒を誘います。
もちろんひとりでも飲みますよ。

筍の土佐煮。
鯛の子がふわふわでほろりと口の中でほどけます。
それでいて中までしっかりとお出汁を含んだお見事としか言いようのない温物。
わらびが俵にまとめてありました。

畑のそら豆、こんな風に色鮮やかに育ってくれないかしら。



焼物に添えてあったきゃらぶきが気に入って、お酒のお供に固守致しました。
ふくよかでご飯の要らないきゃらぶきです。
温物の器、背がまた素敵。

強肴は鱒。
丁寧にほぐした鱒が綺麗に束になっていました。

止椀とは言いつつ、お漬物で残りのお酒をちびちびちびちび。

前回鷹の間の黒豆事件に続き、今度は小豆事件。
黒川さんのぜんざい、これを食べるか否かでは人生が変わります。
餅麩黒川ぜんざい、恐るべし。

前回のようにどうやって煮るのかなんて愚問は口にしません。
どうせ何の参考にもなりゃしませんから。
どうせこう言うのでしょ、 『普通に煮れば良いのです』
美味し過ぎて憎らしい、黒川修功。

・・・なんて、ね。
甘いいちごの香りにも負けない本当に美味しいぜんざいでした。





いつもより少々早い6時半に夕食をお願いしたというのに、サヤさんがお布団を敷いて下さったのは11時も近いころ。
主人が隣に居なくても、私の食べる速度は変わりませんでした。

11時、いつもならばとうに夢の中。
ひとり京都、ひとり俵屋楓の間、ようやく就寝と参ります。





ひとりこだまでやって参りました桜満開の京都。
この後、明日は楓にじんと感銘を受けることにはまだ気づいておりません。
パジャマに着替え、肌に吸い付くような掛け布団にくるまれ眠りに就きます。
このパジャマ、主人とお揃いで買ったやつだわ。

posted by しんさん at 19:38 | Comment(0) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

早春の京都 〜 鷹の間 二日目

早春の京都俵屋旅館、鷹の間ふつかめの朝は生憎のしとしと雨模様。
土砂降りでもなくしとしと、止む気もなさそうな雨がしっとりとお庭の松を濡らしてこれはこれで綺麗。

そんな春の雨をしっとり含む松の枝など無視して、お待ちかねの朝食です。
さやさんがヨーグルトを持ってお布団を上げにきて下さいましたよ。





今回、私は大きな冒険を致しました。
俵屋さんに宿泊の際は必ず朝食のお魚をぐじにしておりましたが、悩みに悩んだ結果今回はアジ。
おまけに添えられるハタハタに惹かれたという気も致しますが、兎に角今回はアジです。

そう、アジに湯豆腐。
主人も母もお魚はぐじ、お豆腐は揚げ出汁豆腐を迷うことなく選びましたが、私はアジ。

向かいに座る主人のぐじが心なしか霞んで見えました。

・・・なんてね。
次回はやっぱり私もぐじにしようかしら。

主人がちりめんじゃこを大胆にご飯にかけたのを見て、母も早速真似っこ。
母、何でもご飯にかけて食べるのが好きなのよね。
私が嫌がるから控えていたのでしょうけど、主人を味方につけて勝ち誇ったかのような母の横顔。

この後、俵屋旅館のオリジナルグッズが並ぶギャラリー遊形さんで、母は俵屋さんのちりめんじゃこを10個大人買いしておりました。
注文を聞いてからの後日クロネコさんお届だそうで、それまで母の俵屋さん旅行は続くのでしょう。





俵屋さんの茶室に招かれ、俄然お茶に興味を示し始めた主人。
お茶の席で亭主が面白いと言っておられた映画、故樹木希林さんも出演されている “日日是好日” のDVDを帰宅後早速予約購入したそうですよ。
そして今、その文庫本が届きました。

茶人になると妄想しております主人。
鷹の間のお軸の良さもいずれは理解するようになるのかしら。
そんな時の為に画像を残しておきましょう。

江戸後期の画家、張月樵 (ちょう げっしょう) の嵐山観桜図、と。





俵屋さんの最後はいつもさやさんの写真で幕を閉じます。
今回もさやさんの 『いちにのぉさんっ』 、可愛らしいかけ声で俵屋さんを後にしました。
しとしと雨が続いておりますので、雨ゴートをしっかり着込んで車に乗り込みます。

さやさんに教えて頂いたお正月の俵屋旅館。

お正月三が日は何十年も前から宿泊客が決まっているそうで、予約は受け付けていないそうです。
三日頃になるとたまにキャンセルもあって予約も出来ることがあるそうですが、基本的には常連さんのみ。
私たちが踏み入れてはいけない聖域のような俵屋さんのお話を聞いて、ささやかな感動を覚えました。





俵屋さんを後にして、向かった先は東山の大黒山 金剛寺 庚申堂。
八坂庚申堂の愛称で人気の小さなお寺です。
庚申のお使いとされるおサルさんが境内のいたるところに見られます。

そしてカラフルなくくり猿。

お願いごとを書いたくくり猿が三猿の上にも脇にも沢山奉納されていましたよ。

もちろん私たちも。
着物姿の若いお嬢さんたちに交じって、主人とふたり願い事を書いたくくり猿を結びます。

この時だけは雨が上がってくれました。

もちろん八坂の塔を背景に一枚。
ガラケーを手に、八坂の塔を激写する母を後ろから眺めておりました。
母、たくましい。






そして今、自宅に飾ってあるおサルさんのお守り。
こちらは芸事が上達するように。
主人がお茶を習い始めるのならば是非と購入した2体のおサルさんです。

コロコロと音色も優しいおサルさんの土鈴は厄除けに。
何かにイラっとすることがあっても、この土鈴の音が和ませてくれるハズ。
そんな気もする素朴で穏やかな音がします。

京都俵屋旅館 鷹の間宿泊の一泊旅行はこれにて終了。
後は母のガラケーに今回の旅の画像を送るだけ。
これがまた結構な手間なのよね、母は写りが悪いとスネるし・・・





さ、明日からはいつも通りのお弁当備忘録へと戻りましょう。

posted by しんさん at 14:46 | Comment(0) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

京都、早春の俵屋さんへ 〜 鷹の間

先日、ふと思い立って京都の俵屋旅館に予約をしました。
満開の桜には少し早いこの時期。
お部屋の選択も多少は可能かと思いきや、空きがあるのは特別室の “鷹の間” のみとのこと。

これもご縁と、エイやっとお出掛けしましたよ、俵屋旅館 鷹の間の京都早春一泊旅行。

北野天満宮の満開の梅を楽しみにしておりましたが、時間の都合でそれも叶わず。
がっくり (いえ、むっつり・・・かしら) しておりました私の目に飛び込んだのが、この坪庭の源平桃。

三月も中旬とは言え、俵屋さんではまだまだ桃のお節句の誂えが楽しめます。
満開の源平桃の足元にはさり気なく有職貝合わせ。

そしてもちろん主人と記念写真。
お部屋に案内して頂く途中だというのに、忙しないことでお恥ずかしい限りです。

玄関には可愛らしい立ち雛。

源平桃の坪庭を越えた小さなロビーには、江戸末期のお内裏雛がしっとりと飾られていましたよ。







そんなこんなでお部屋に到着するまでのほんの極々短い道のりを有意義に使い、ようやく鷹の間に到着です。

元々は二つのお部屋だったのをひとつにした大きなお部屋。
俵屋さんの中ではいちばん大きなお部屋だそうです。
二部屋だった名残の “桐” の表札がまだ残されているのが俵屋さんらしくて気持ちが和みます。

鷹の名にぴったりな迫力のあるお庭。

そして鷹の羽をうんとひろげたような横にひろいひろいお部屋。
この奥行、伝わるかしら。

お部屋各所の画像を。

この鷹の間、シャワーブースがあるのでも知られたお部屋です。

シャワーは宿泊中に使うとも思っておりませんでしたけどね。
実際、お風呂には2度ほど浸かりましたがシャワーブースには足を踏み入れませんでした。





お風呂の横には明るいちょっと洋風なこんなスペースも。

壁にかかったこのオブジェは?

牧谿さんのおサルさんを想わせる2匹のおサル。
今回の京都旅行はおサルさんとご縁があるようです。






俵屋さんに行ったら、先ずはお風呂を頂かないとダメよ。
そう教えられた私は、その後もその教えをしっかりと守っております。

この日も一番風呂をちゃっかり頂き、例のおサルさんのお部屋でダラーっと寛いでおりましたところに一本の電話。

『今からお茶を点てますので是非いかがですか?
浴衣姿?えぇえぇ、構いませんとも、どうぞお気楽にいらして下さい、皆さま胡坐でお楽しみです』

欲張って一番風呂を頂いた結果。
主人はジャケット着用、私は浴衣のすっぴんという情けないお茶会が始まりました。

自慢じゃありませんが、お茶の心得など皆無です。
ですが物腰柔らかなお美しい亭主 (若女将とのお噂も) との気さくな会話にすっかり打ち解け、浴衣姿ということもあって随分と和んだお茶の席となりました。

お懐紙の扱いも初めてな主人。
ですがお優しい亭主のおかげで、お茶に興味深々の様子。
知人に頼んで習いに行くそうですよ。
・・・ということは私も、ですね。

主人はこの日から茶人になりました。
(・・・少なくとも、私にはそう呼べと命じたのでそうなのでしょう)





そんな和やかなお茶を頂き、カラカラと下駄の音を鳴らして近所のバーに行けども設備のメンテナンスとかでやんわり断わられてスゴスゴと俵屋さんに戻り、書斎で時間をつぶし等しておりましたら夕食の時間です。

やはりお食事も桃の節句の佇まい。
貝合わせの器で早生ミカンのお酒を頂き、海老の雛寿司に目を細めます。
画像にはほんの端っこしか写っておりませんが、蓮根のすり流しに温まります。

河豚の切り方が特徴的。
河豚のお刺身を美味しいと思ったのはこれが初めてです。

器もしんじょうもどこかお雛様を想わせます、立派な蛤の椀。

鯛の鳴門焼きに、山椒がうっすら香る子持ちのもろこ。
子持ちのもろこを初めて頂きました。
これは美味しい、抜群に美味しい。
ちょっぴりの蕗味噌、春の味です。

そしてこの時事件が勃発。
何気に添えられたこの黒豆、主人が言います。
『僕、どぅみぃ (私のことです) が作った黒豆がいちばんだと思っていたけど、今2番に落ちたよ。』

悔しいけれど言い返すことは出来ません。
この5粒の黒豆で私の自慢の黒豆は格下げと相成りました。
恐るべし、黒川板長。
お部屋係のさやさんに黒豆の秘訣を尋ねると、素直なさやさん、ちゃんと聞いてきてくれたようです。

『普通に煮れば良いのです、小豆を炊くように普通に』

・・・なんの参考にもなりません。
恐るべし、黒川修功。





機嫌を直して温物は鱒。

強肴には珍しいスタイルの穴子。
穴子の下にはホタルイカ、そして脇にはお多福豆。

そして止椀の前の記念写真。
そう、今回の俵屋さん一泊旅行は母も一緒。
主人はこの頃になっても黒川さんの黒豆をうっとりした口調で語っておりました。

赤だしが美味しい。

ついついフルフルと器を揺すってしまう八朔のゼリー。
俵屋さん鷹の間の夜も更けました。
後は寝るだけです。






ですが、食べた後にすぐ寝るのも味気ない。
京都へ向かう途中、ちょっと遠回りをして三重県の津に寄るのが私たちの恒例です。
恒例の東洋軒に母も連れ出したこの日のお昼、東洋軒でのランチを振り返りましょう。

あれこれ食べたい欲張りさんは母は、この日のランチ。
うっとりするほどやわらかなトンカツに母は大喜びでした。

そして東洋軒と言えばブラックカレー、ハーフサイズを頼んで母ご満悦。

随分と悩んでおりましたが、主人はタンシチューに落ち着きました。

私は迷わずオックステール。

そして3人で記念写真。
俵屋さんの夕食を数時間後に控えたこの余裕の笑顔。

シャッターを押してくれたフロア係のお嬢さん。
ショートボブがハッとするほどお似合いの感じの良い美人さんでした。





明日は京都の二日目を備忘録。

posted by しんさん at 15:13 | Comment(0) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

お誕生日なので京都 俵屋旅館 〜 榮の間 二日目

恒例となりました主人からのお誕生日プレゼント、京都 俵屋旅館さん宿泊の京都旅。
昨年の富士の間に続き、2018年の榮の間も二日目の朝を迎えました。

やっぱりお魚はぐじを選んでしまいます。
当然ながら主人の前には、身の詰まった頭側が配膳されます。
・・・でもね、ふふふ、主人は尻尾側が好きなの。

そして良くしたもので、私はお魚の頭側が大好き。
お部屋係のサヤさんが退室された後、こっそりお皿を取り換えっこ。

今年のぐじはいつも以上に肉厚な気が致しました。

ほうれん草のお浸しや白ずいき、家庭的な食材が俵屋さん仕様に。
家庭では食べられない家庭の味、旅先の朝食がいちばん好き、特に俵屋さんの朝食がね。

ぐじの下になって目立たないのですが、俵屋さんの赤紫蘇巻きらっきょうが特にお気に入りです。
ちょっと甘めの甘酢漬けらっきょうにしっとりとした赤紫蘇。
これが作りたくて今年初めてらっきょうを漬けた、そう言っても過言ではない程好きです。
・・・もちろん自作の赤紫蘇巻きらっきょうは、俵屋さんのそれの足元にも及びませんけどね。





また来年の予約をして俵屋さんを後にします。
いつもの場所で今年も記念写真。

『いち にの さんっ』 サヤさんの可愛らしいかけ声、いつか真似したいと密かに企んでおります。
サヤさんに撮っていただく写真は、毎年お気に入りの1枚に。
これをスマホの待ち受けにするのも恒例です。

サヤさんが勧めてくださった来年のお部屋は新館お二階の招月。
美しい名の間に期待はふくらむばかりです。










小さなお土産を買いに、京あめのCrochet 〜 クロッシェさんに立ち寄りました。

とんぼ玉みたいな京飴についお財布の紐も緩んでしまいます。
・・・あら、主人のカードがいち早く定員さんの手に。
ここはお言葉に甘えて。





実は主人も私も鰻が大好き。
ただし好みが同じでも考え方は千差万別。

鰻が大好きだからスーパーの鰻でも食べたい、それが主人。
鰻が大好きだから本当に美味しい鰻でないと食べたくない、それが私。
最後に鰻を食べたのは嵐山のお店だったかしら。

そんな私に主人が選んでくれたランチはうな丼。
京都から自宅方面をすっ飛ばし、愛知県の春日井に寄ってうな丼ランチです。
よくお邪魔する京都のお店にいらした方が、実家に戻ってお料理を任されているとか。

鰻、美味し。
二日間に渡った主人からの誕生日プレセント、思い出しても顔が綻びます。
今年も良い誕生日でした。










楽しい京都一泊旅行の後に待ち構えているのは、暑い京都の和装を涼やかに演出する必須アイテム 麻の長襦袢、化繊の長襦袢など着ていたらそれこそ熱中症で運ばれます。

真っ白な麻紋紗と少し青がかかった麻衣美上布の長襦袢。
真夏に切るものなので、洗濯が家でできなければ和装の頻度も下がるというもの。
そこは大雑把な性格の勝利で、襟も付けたままネットに放り込んで洗濯機へ。

脱水をゆるく済ませたら襦袢たたみにし、バスタオル用のハンガーにつるしてベランダへ。
ポタポタとお水が滴らない程度に乾いたところでお家の中に入れ、着物ハンガーで乾かします。
しっかり乾いたところで綺麗にたたみ直し、寝押しをしてお手入れ終了、はい、お片付け。

ずぼらな性分、夏の和装はこれくらい大雑把でないと楽しめません。





長襦袢を乾かしている間に、お土産のお片付けを済ませます。
旅の思い出は柳櫻園の手炒り焙煎焙じ茶、土曜日だけの限定焙じ茶です。
毎朝のお茶を担当してくれる主人がどうしても欲しいと譲らなかった焙じ茶、味が楽しみです。

夏なので麦茶も。
麦茶は一保堂さんのもの。
柳櫻園さんでは今年のお茶を挽いた抹茶もひとつ。
お茶をゆっくりと楽しむ、そんな朝がとても贅沢に感じられます。

俵屋さん宿泊の際は “福俵” を買って帰るのも忘れません。
朝食の最初、主人が淹れてくれた濃いめの焙じ茶と楽しむのがお気に入り。
夏だけの限定カラー、涼やかな福俵が可愛らしい。

2018年のお誕生日、備忘録はこれでおしまい。
今年も良いお誕生日でした。
主人にお礼を言います、また来年も期待してますよ、と。





ナンチャッテ。

posted by しんさん at 15:09 | Comment(0) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

今年の誕生日は榮の間 〜 京都 俵屋さん

毎年恒例となりました、主人からのお誕生日プレゼントは俵屋さん宿泊の京都旅。
つぼ庭の蓮がちょうど今朝咲き始めたそうで、とても幸先よくご機嫌の記念写真など1枚。

昨年の富士の間 (☆彡) に続き、今年は富士の間とお庭がつながった形で隣接する榮の間です。
チェックアウトの際に来年の予約をするのも恒例となりました。
1年間待った栄の間にいそいそと足を踏み入れます。






ベッドの間は初めて。

夏の今、我が家では俵屋さんの麻ケットを寝具として愛用致しております。
しっかりクーラーの冷気から体温を守ってくれながら、サラっとして涼しい最高の夏寝具。
麻ケットの次は、この寝具一式を購入するつもりで主人はいるようです。
ちょっとかためでよい質感でした。

キチジョウソウが茂るお庭。
夕方近くでもするどい夏の日差しですが、楓の影をおとす木漏れ日がお庭を立体的に浮き上がらせています。
涼しいお部屋からぼーっとお庭を眺める時間、さ、贅沢なお誕生日が始まりますよ。

床の間のお隣には小さな小さな書斎。
主人、頭をぶつけないように気をつけてね。

・・・夫婦共々アイタっ!

ぴったりと体が納まる湯船の外には室町期の灯篭。

わらび餅を頂きながらお風呂の支度を始めます。
俵屋さんでは私がいつもいちばん風呂。
ちょっと熱めのお湯が好きな私にはぴったりです。











俵屋さんに到着するまでには、毎年恒例の道草場所があります。
それが岐阜の老舗和菓子屋さん 松花堂さんのかき氷。
ワイン仲間でもある若女将とちょっとお喋りしてから京都に向かうのが常。
主人は抹茶、私は黒蜜で涼をとります。

さ、自撮りしてないで早く向かいましょう。











いえ、まだ道草が続きます。
岐阜を出て、今年は三重県を通って京都に向かいます。
主人が大学時代を過ごした津に立ち寄ってお昼ご飯。
昭和3年、この地にお店を設けたこちらも老舗洋食屋さん 東洋軒で大好きなタンシチューを頂きます。

懐かしい佇まいのポタージュ。

主人はほほ肉の煮込み。

私は迷うことなくタンシチュー。

東洋軒と言えばブラックカレー。
主人、ハーフサイズのブラックカレーを前にご機嫌です。
俵屋さんの夕食が食べられなくなっても知りませんよ。











そんな道草を経て到着した京都、そして俵屋さん。
ひと息ついたら先ずはお風呂でゆっくり汗を流します。
お部屋のビールをいっぱい飲んで浴衣に着替えたら、近所のバーまでお散歩。
これも恒例です。

主人はマンハッタン、私はサイドカーをアペリティフに。
さ、俵屋さんに戻りましょう、夕食の時間ですよ。










3度目の食前酒はパッションフルーツ。
お誕生日プレゼントに頂いた白ワインも程よく冷えております。
小さな器に入った “鮑素麺” なるもの、針のように細切りにした鮑とは初めての対面です。

冷やしカボチャに枝豆、黒胡麻、華やかな色合いが目を引きます。

お造りはぐじ、湯葉、カレイ。

穴子とあられ豆腐の椀。






お待ちかねの鮎、笹焼きの登場です。

卵豆腐に焼き茄子、万願寺唐辛子。
お馴染みの夏野菜を俵屋さん仕様で食べられるのが飛び切りの贅沢です。

冬瓜と鰻。

鱧と白ずいき。

俵屋さんのご飯が大好きです。
主張しない小粒なお米、あくまでも僕はご飯、そんなひたむきなご飯。

主人からの誕生日プレゼントはまだまだ続くのです。

しっかりお腹には収めましたが、嫌な感じは残りません。
お酒も程よく酔う程度に止めましたしね、ま、当然ですけど。





明日の朝食を楽しみにしながらベッドにもぐり込みます。

posted by しんさん at 14:48 | Comment(2) | 京都 俵屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする