2023年02月28日

プンパニッケルサンド〜クリームチーズ・フルーツ・ハム・ビーツ編

今日のお昼はプンパニッケルサンドにしました。

20220228 0004.png

以前はお気に入りのプンパニッケルを定期購入していたのですが、それが終了してしまってからはプンパニッケルとも疎遠に。

ですが主人曰く、結婚前に私がプンパニッケルを好んでいたそうで、そうは言ってもグルテンフリーという言葉が時折頭をかすめるご時世、久しぶりにまとまった量のプンパニッケルを購入してくれた、という訳です。

何となく冷蔵庫に鎮座しておりました薄切りハム、ビーツのピクルスに、クリームチーズとフルーツの組み合わせ。
何とでも合わせられる食パンとは異なる、媚びないプンパニッケルにもぴったりな組み合わせなのではないかしら。

20220228 0005.png

そして断面も綺麗。
ドライドブルーベリーの穴がぽっかり開いてしまいましたが、うん、綺麗。

綺麗。

20220228 0006.png






室温に戻したクリームチーズに、蜂蜜漬けの金柑とドライドブルーベリー。
フルール・ド・セルをほんのひとつまみ加えて和え、プンパニッケルにひろげます。


20220228 0008.png

ビーツのピクルスは、キッチンペーパーの上に並べて自然に水気を切っておきます。
もう片方のプンパニッケルに、ハムと一緒に並べましょう。


20220228 0009.png


2枚のプンパニッケルを合わせ、ラップできっちり巻いてしばらくおきましょう。


20220228 0007.png

プンパニッケルとフィリングがなじんだところでラップを外します。


20220228 0010.png

ワックスペーパーで包みなおし、ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。
主人と半分こ。


20220228 0011.png






il-plants5-thumbnail2.gif





在庫食材のスープ。
寒い間は葛粉でとろみをつけていましたが、何故でしょう、春めいてきた途端にサラリとしたスープを作りたくなりました。

材料はいつもとほぼ変わらないのに、どこか春っぽい今日のスープ。
ホコホコの長芋が美味しい。

20220228 0003.png





人参と玉ねぎをオリーブオイルで炒めたら、スープストックを注いでしばらく加熱。
人参がやわらかくなったところで、山芋・ひらたけ・蒸しひよこ豆を加えてオーツミルクを注ぎます。
お塩と少量のナンプラー、オイスターソースで味付けし、煮立つ直前まで温めて出来上がり。

スープジャーに盛り、すりおろしたペコリーノロマーノと粗挽き黒胡椒を添えます。

20220228 0012.png





そう言えば思い出しました。
結婚前、プンパニッケルとオレンジコンフィの組み合わせが大好きだったこと。
何だかちょっとおしゃれな感じも手伝って、ね。

20220228 0001.png





il-plants5-thumbnail2.gif




今朝の主食はお蕎麦。
お弁当のスープにも使ったネバリスターを、朝食用にはすりおろして卵黄を混ぜます。
お蕎麦にたっぷり添えて、自家製柚子胡椒を少し多めに。

主人、嬉しそう。

20220228 0002.png

そしてお魚は、義母が煮付けたイワシ。
大ぶりなイワシ、やっぱりイオンさんの生姜煮にはない手作りの味って良いな。

今週は朝食が力作揃いです。

illust-moon-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月08日

プンパニッケルのサンドウィッチ

久しぶりに、実に何年かぶりに、主人がふと『プンパニッケル』を取り寄せてくれました。
以前は定期便をお願いしていたほど、お気に入りで頻繁に口にしておりましたプンパニッケル。

週末は久しぶりにプンパニッケルとチーズ、ドライフルーツでシンプルにワインを楽しみました。
少し残ったプンパニッケルで、今日のお昼はサンドウィッチと致しましょう。

20220208 0002.png

現在は冬季休暇中のGOLDEN GREENさんのビーツは、ピクルスにして長期保存してあります。
蜂蜜と白ワインで煮た金柑、ドライフィグ、アーモンドと一緒に、トーストしたプンパニッケルにたっぷり挟みます。

20220208 0005.png

隙間なくびっしりと並べたフィリングがなんだか可愛らしい。
ここにクリームチーズの白が加わると完璧なのですが、ないものは仕方がありません。
イオンネットスーパーさんに今週末届けて頂くと致しましょう。

20220208 0006.png

まろやかな酸味のビーツのピクルス、清涼感ある金柑の蜂蜜煮、フィグとアーモンドのツプっとした食感、そしてプンパニッケルの重量感。
うん、私好みのサンドウィッチです。

20220208 0004.png





  1. 金柑の蜂蜜煮は気楽に。

    週末、ドライフィグを白ワインに漬けておきました。
    そして前回拵えた金柑の蜂蜜煮が少し残っておりました。
    これらも使ってしまいましょう。

    お塩を揉み込んで綺麗に洗った金柑をふたつに切り、種を除いてお鍋に移します。
    前回は金柑の種を除かず煮てしまったのですが、どうも主人が種を気にしますので。

    20220208 0008.png

    ドライフィグの白ワイン漬けは4等分、ドライレモンは適当に切って加えます。
    アーモンドも加え、蜂蜜を上に絞りましょう。

    20220208 0009.png

  2. ぴったりと蓋をして中〜弱火で煮立てます。
    煮立ったら極々弱火にして5分弱。

    20220208 0011.png

    たっぷりと水が上がってきたのを確認したら、蓋を外して5分弱、計10分弱加熱して出来上がり。

    20220208 0012.png

    保存容器に移しましょう。

    20220208 0010.png

  3. プンパニッケルはトーストして冷ましておきます。

    ビーツのピクルスはキッチンペーパーの上に並べて水気を抑えておきましょう。
    金柑その他の蜂蜜煮と一緒にプンパニッケルでたっぷりサンドし、ラップできっちりと包みます。

    20220208 0013.png

    ラップごとパンナイフで2等分して出来上がり。
    色鮮やかな金柑、料理していても楽しい華やかさです。

    20220208 0014.png





w-line81-thumbnail2.gif





金柑に比例して地味なサラダ。
温泉卵と切り干し大根、合鴨ローストのサラダです。
地味ですが抜群に美味しいのです。

20220208 0007.png





切り干し大根は、お水を張ったボールでさっと洗ってザルにとります。
これを軽く揉んで、合鴨ロースト・アボカド・みじん切り玉ねぎ・炒り豆(節分の名残です)・刻んだ大徳寺納豆と合わせましょう。

20220208 0015.png

胡麻油をちろりと回しかけ、極少量のだし醤油で和えます。

ジャーの半分強の高さまでこれを詰め、その上にそっと温泉卵を割り入れます。
卵黄が崩れないようそっと残りのサラダを盛って出来上がり。

20220208 0016.png





久しぶりにスープではないお菜。
寒さも随分と和らいできましたが、今日はとにかく風が強い。
まさか早くも春一番ではないでしょうね。

20220208 0001.png





w-line81-thumbnail2.gif




今朝の主食は久しぶりの炊き粥です。
干し貝柱のお出汁でお粥を炊いて、合鴨ローストの端っこをトッピング。
主人は相当お気に入りのご様子。

20220208 0003.png

お魚は、本来ですと金太郎イワシが水曜日のメンバーではありますが、先日近所のマックスバリュで最終価格になっておりましたイワシの丸干しが登場。

いつもの金太郎イワシ1尾分の値段で、今朝のイワシが5〜6水曜日分買えました。
節分イワシの名残なのでしょう。





我が家にも久しぶりにお出掛けの計画がもち上がりました。
何となく気分が春めいてきましたよ。

illust-flower2-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月23日

『ケール』と『コリンキー』と『胡桃』のサラダ〜全粒粉ベーグルサンド編

今朝は、とても器量の良いベーグルでフィリングたっぷりのベーグルサンドを作ってみましたよ。
フィリングのサラダはアボカドやペコリーノロマーノを筆頭に、コリンキー、ケールと我が家にとってはまま新顔な食材も盛沢山。

20220823 00002.png

表面つやつやの全粒粉ベーグルは伊勢丹ドアさんから届いたもの。
そして緑濃いケールは葉っぱの大きなコラードタイプ、イオンネットスーパーさんに届けて頂きました。

そして、黄色の野菜はまだまだ馴染みの薄い『コリンキー』
旬の野菜セット定期便をお願いしております、北八ヶ岳のゴールデングリーンさんから届いた野菜です。

20220823 00006.png

正直、コリンキーは『ワタのフリット』が今のところいちばん美味しいと思っております。

色合いは可愛らしいのですが、どうも調味料との馴染みも今一歩。
まだまだこれだというお料理方法に行きついていないのが、私の現状です。

20220823 00003.png
今日のベーグルも『これ!』というほどではないのですが、栄養面だけで見ればまぁ合格なのではないでしょうか。
味に自信がなければせめて栄養面だけでも、こんな譲歩も大切ですものね。

20220823 000010.png






  1. コリンキーはワタを取り(前述の通り、ワタはフリットにすると大変美味しいのです ☆彡)、皮つきのままスライサーで出来るだけ薄めにスライスします。

    紫玉ねぎも、ペコリーノロマーノもスライサーでスライスして合わせます。
    ケールは千切りにして合わせます。
    胡桃は、予熱なしで160℃のオーブンで10分ローストし、冷ましてざく切りに。

    まとめ役のマヨネーズを少量加え、黒胡椒を多めに挽いて和えます。

    20220823 00007.png

  2. 空いたボールで、バター代わりのアボカドスプレッドを拵えましょう。

    アボカド・刻んだドライレモン(トップバリュブランドの国産素材 輪切りレモンを使用)・刻んだ赤たまねぎ・少量のライム果汁・フルールドセル・オリーブオイルを合わせ、アボカドをつぶしながら和えます。

    20220823 00008.png

  3. ベーグルの厚みを半分に切り、アボカドスプレッドをたっぷりと。

    20220823 00009.png

    ケールとコリンキーのサラダもたっぷりと盛って、ベーグルでサンドして、はい、出来上がり。

    市販のベーグルは、肌理が美しく詰まっておりました。
    が、主人と同意見でちょっと甘さが気になりました。

    20220823 00011.png






il-plants5-thumbnail2.gif





主食のベーグルサンドがなかなかのボリュームですので、副菜はあっさりスープと致しましょう。
長芋とキノコ、鶏ささ身の梅スープです。

20220823 00005.png





  1. 茹で汁が何かと役に立つ鶏ささ身の茹で鶏。

    お湯を沸かし、お塩を小さじ1程、お酒を多めに加えて再度煮立てます。
    ここに予め室温に戻しておいた鶏ささ身を重ならないよう加え、ひと呼吸おいて蓋をし、火を止めて作業はおしまい。
    そのまま20分以上放置して、鶏ささ身にしっとり火を通します。

  2. 鶏ささ身の茹で汁・梅干し・干し貝柱をお鍋に合わせて中火でゆっくり煮立てたら、さいの目に切った山芋・キノコ類・彩りの枝豆等を加えてひと煮たち。
    極少量のナンプラーやオイスターソースで控えめに味付けをしたら、水で溶いた葛粉でとろみを加えて出来上がり。

    スープジャーに盛り、ほぐした茹で鶏とあおさを加えて白胡麻をひねります。

    20220823 00012.png20220823 00013.png
    20220823 00014.png






こうしてあか抜けた市販のベーグルをいただくと、器量の悪い素朴な自作のベーグルが途端に愛おしくなるのです。

20220823 00001.png





il-plants5-thumbnail2.gif





鶏の茹で汁を使ってお粥を炊きます。
今朝の主食は主人の大好物、鶏粥です。

火曜日のお魚は、アボカドとしめ鯖、たっぷりの玉ねぎスライスの定番トリオ。
8月も後半に入り、ようやくお盆休みの気分が抜けてきた気分です。

20220823 00004.png

日中はまだまだ汗ばむ暑さですが、朝は随分と気温が下がってきました。
そして何より、明るくなるのが随分と遅くなりました。

そして今から9月下旬辺りから出回るであろう新米を楽しみにしております我が家。
早くも食欲の秋が近付いております。

mono89-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

チキングラタン風ホットサンド〜あっさり葛ホワイトソース編

昨日、主人が『鶏ささ身』を沢山買って帰宅しました。
職場からの帰宅途中、我が家からも近い位置にあるお肉屋さん。
そちらの鶏ささ身は既に真空パック状態での販売なので、冷凍するにも勝手が良いのです。
多くは冷凍庫に直行となりましたが、1パックを茹で鶏にして今日のお弁当に。

とろりクリームソースと茹で鶏のホットサンドなどいかがでしょうか。

20220601 00003.png

クリームソースと鶏ですもの。
言ってしまえば『チキングラタンホットサンド』、間違いなく主人好みの味です。
地味な佇まいは想像以上でしたが、主人からの評価も想像以上でありました。

20220601 00005.png

あまり食パンを買う機会のない我が家です。
が、時折思い出したかのように主人が言うのです。

『週末はどぅちゃん(私のことです)のたまごサンドが食べたいな』と。

土曜日配送のイオンネットスーパーさんに間に合うよう、時には追加で注文する6枚切りの食パン。
週末のサンドウィッチに使うのは4枚、残りの2枚は冷凍庫行きです。
そして忘れた頃に拵えるお昼のサンドウィッチ。

もちろんグラタンなんかじゃぁありません。
葛粉とアーモンドミルクを使ったホワイトソース、そして鶏ささ身の茹で鶏です。
簡単な上にあっさり低カロリー(多分ね)ですよ。





◆作り方

  1. 鶏ささ身(1パック4本だったかな?)は室温に戻しておきます。
    お湯を多めに沸かし、煮立ったところにお酒とお塩。
    再度煮立ったところに、ささ身を重ならないよう1本ずつ立てるように投入します。

    ひと呼吸おいて蓋をし、火を止めそのまま粗熱をとれば、しっとり鶏ささ身の茹で鶏出来上がり。

    お酒は50tくらいかしら、そしてお塩は小さじ1弱?
    野田琺瑯スクエアシリーズのLサイズでお湯を沸かし、調理を経て保存まで任せてしまうのがいつもの流れ。
    この茹で汁が朝食の鶏粥になるのです。

    20220601 00008.png

  2. 茹で鶏を冷ましている間に葛ホワイトソースの準備。
    開封済みのものがあったのでアーモンドミルクを使用しましたが、豆乳やオーツミルク、もちろん牛乳、何でもいけるのではないかしら。

    アーモンドミルク 150t・葛粉 小さじ1.5程度を合わせてよく混ぜ、ザルで漉してお鍋に移します。
    ここに、粉砕したペコリーノロマーノ・少量のコンソメパウダーとフルールドセル・隠し味の白味噌を加えてよく混ぜます。

    中〜弱火で混ぜながらぽってりと練り上げ、冷ましておきましょう。

    20220601 00009.png

  3. 自然解凍しておいた冷凍食パンの表面に、極々薄く刷毛でオリーブオイルをぬります。
    茹で鶏は茹で汁から出し、自然に茹で汁を切っておきましょう。

    20220601 00007.png

  4. オリーブオイルをぬった面に、筋を除きながら粗くほぐした茹で鶏をひろげます。
    粉砕したペコリーノロマーノ、粗挽き黒胡椒を散らしましょう。

    20220601 00010.png

    その上に葛クリームソースをたっぷりと。

    20220601 00011.png

  5. 食パンで挟み、オーブンシートできっちりと包んでホットサンドメーカーへ。
    丸洗い出来ないタイプなので私はオーブンシートを使用しますが、あまり感心できる行動ではないかも。

    20220601 00012.png

    焼き上がったら、蒸気でべしゃっとならないようすぐにオーブンシートを除いて網の上で冷まします。

    20220601 00013.png

    しっかり冷めたところでオーブンシートで包みなおし(貧乏性なので)ます。

    20220601 00014.png

    パンナイフでふたつに切って出来上がり。
    主人の方が少し大きめです。

    20220601 00004.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





主食のホットサンドの色合いが貧相なので、お菜は私好みの具沢山に。

ピーマンやミニトマト、蒸し大豆、乾燥あおさ・・・
在庫野菜をアガーで閉じ込めポーチドエッグを添えました。
これからはこのタイプのお菜の頻度が急上昇するのでしょうね。

20220601 00006.png





  1. お出汁 250t程度を計量してお鍋に注ぎ、少量の白だし醤油を加えてひと混ぜ。
    アガー 小さじ1/2程度をふり入れ、よく混ぜ合わせて溶かしましょう。

    ミニトマト・ピーマン・蒸し大豆・干し貝柱等を加えてひと煮たち。
    具だけをジャーに移したら、乾燥あおさを加えて戻します。

    戻したあおさを煮汁ごとジャーに注ぎ、かたまるのを待ちましょう。

  2. その間にポーチドエッグを準備しておきます。
    かたまったゼリーの上にそっと乗せ、チーズとへしこふりかけを散らして出来上がり。

    もちろん保冷剤を一緒に。

    20220601 00015.png20220601 00016.png
    20220601 00017.png






葛ホワイトソースクリームと鶏ささ身のホットサンド。
案の定、主人は大のお気に入りです。

20220601 00002.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





今朝は久しぶりの鶏粥が主食。
鶏ささ身を主人が買ってくるということは、その裏には鶏粥ありきなのは確実ですもの。

お魚は金太郎イワシです。
小ぶりなのでいつもちょっとがっかりした気分になるのですが、1週間のお魚のうちで味がいちばん美味しいのも確か。

20220601 00001.png

最近はあまり子ツバメたちを見かけなくなった、そう少し気分が凹んでおりました。
が、先ほど帰宅した主人からの朗報。

『いや、アイツらめっちゃ下の方で飛んでいたよ、お母さんらしきツバメも一緒に』






・・・曇りの日はツバメが低い位置を飛ぶって本当だったのね。
明日は極少量残った葛ホワイトソースをお片付け致しましょう。


mono122-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

アンチョビと鯖缶とキャベツのホットサンド

お正月休み中、イオンさんに届けて頂いた食パンでサンドウィッチを拵えました。

ハムとたっぷりレタスのサンドウィッチと、主人の大好物でもあるふわふわ卵のサンドウィッチ。
双方定番ではありますが、時々食べたくなるようです。
6枚切りの食パンのうち、その日食べない2枚(と端パン)は冷凍しておきました。

冷凍してあった食パンをいそいそと昨晩のうちに冷蔵庫に移し、今日のお昼用にホットサンドなど拵えましたよ。

20220107 00003.png

たいへん地味な断面です。
フィリングはアンチョビ風味のキャベツ、そしてほのかにクミンを効かせた鯖缶です。

20220107 00005.png

実は昨年、長らく・・・本当に長らく使い込んだホットサンドメーカーを買い替えました。
直火対応のタイプにしようかとも思いましたが、手軽さから以前と同じ電気式のものに。

20年ほど使用した旧式のホットサンドメーカーと、基本的な構造はほぼ変わっていないことには驚きましたが、それでも使い勝手の良さは格別。
以前でしたらホットサンドメーカーが壊れるほどの厚みも、すんなり受け入れてくれる新型ホットサンドメーカーの使い勝手に上機嫌です。

20220107 00007.png

ふと、出来上がったホットサンドをひっくり返して気づきました。
裏面の焼き色が抜群に美しかったことに。
全体にひろがる均一な焼き色、次回はそこも考慮して備忘録しなくては。

20220107 00006.png





  1. キャベツはざく切りに。
    かたい軸の部分は朝食のお味噌汁に。
    お塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルにとり、粗熱が取れたらしっかり水気を絞りましょう。

    刻んだアンチョビ、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストして刻んだ胡桃、さいの目に切ったピクルス、粗挽き黒胡椒、粉砕したペコリーノロマーノを合わせて和えておきます。

    20220107 00008.png

  2. 自然解凍した食パンには、マヨネーズとディジョンマスタードを満遍なくぬっておきましょう。
    大きめに切ったオーブンシートの上に並べてスタンバイ。

    20220107 00009.png

  3. しっかり水気を切った鯖缶、軽くローストしたクミンシード、少量のフェンネルパウダー、粒マスタードを合わせて和えましょう。
    たっぷり食パンの上にひろげたキャベツの上に、同じくたっぷり重ねます。

    20220107 00010.png

  4. パンを重ね、オーブンシートできっちり包んでホットサンドメーカーへ。

    20220107 00011.png

    7〜8分で綺麗な焼き色がつきます。

    20220107 00012.png

    焼き上がったらすぐにオーブンシートを除き、すぐに食べない場合は網の上で冷ましましょう。
    蒸気でベシャベシャになってしまいますからね。
    半分に切って出来上がり。

    次回の週末サンドウィッチは、焼き立て熱々のホットサンドなんてのも素敵かも。
    食パンと一緒にとろけるチーズなんてイオンさんに届けて頂いて、ね。

    20220107 00013.png





il-plants5-thumbnail2.gif





最近、主人より私の方が体重増加の深刻度が増しております。

『筋肉量が増えたからだよ』
そんな主人の慰めなど受け入れません。
ホットサンドだって、半分ことは言いつつ随分主人の方が多めです。
いつもならぎゅうぎゅうに詰め込むサラダも、しばらくはふんわり仕上げましょう。

茹で鶏と金柑のサラダ、お正月明けバージョンです。

20220107 00001.png




  1. 鶏ささ身の茹で鶏は我が家の定番、この茹で汁で炊く鶏粥が主人の大好物です。

    琺瑯製の深い保存容器にお湯を沸かし、日本酒を多めに加えて再び煮立てます。
    お塩を加え、予め室温に戻しておいた鶏ささ身を重ならないよう加えてひと呼吸。
    ぴったりと蓋をして火を止め、そのまま20〜30分以上おけば出来上がり。

  2. 急にその美味しさに虜になってしまったのが、金柑。
    お塩で揉み洗いし、たっぷりの熱湯を回しかけてから輪切りにします。

  3. お正月用に煮た黒豆はしっかり煮汁を切って。
    粉砕したペコリーノロマーノ、ピクルス、ついでにお正月に食べたポールジローのぶどうジュースゼリー・・・
    全部合わせて和えれば出来上がり。

    20220107 00014.png





il-plants5-thumbnail2.gif





7日ですもの、朝食は言うまでもなく七草粥ですよね。
お片付けの一環で、昨日拵えたオートミールの『おこし』がトッピングされてはおりますが。

20220107 00002.png





イオンさんに届けて頂いた七草粥セットではありますが、青々とした姿と香りを少しでも維持したくて。
大事に大事にお水を張った瓶に挿し、一部はキッチンペーパーでふわりと包んだ状態で、ひと晩冷蔵庫で休んで頂きました。

20220107 00004.png





お魚は、三が日に拵えた鯖の味噌煮。
小骨の多さに主人は閉口し格闘しておりましたが、やっぱり美味しいのよね、お家で炊く鯖の味噌煮は。

朝食が鯖の味噌煮、お昼がアンチョビと鯖缶・・・
どれだけ高いのかしら、青魚の登場頻度が。
間もなく主人が晩酌用にお刺身を買って帰宅することでしょう。


twig-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 14:05 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする