2021年12月28日

クッキーみたい〜全粒粉とてんさい糖のさっくりマドレーヌ

2021年のお弁当作りも昨日で最後。
昨晩は、1年間のお弁当作りの労をねぎらい主人が買ってきてくれた『ひらまさのかま焼き』で乾杯。
主人はお刺身、私はかま焼き、私の一応の仕事納めでありました。

そして今日は主人の仕事納めです。
お弁当は要らないよ、とのことで朝からマドレーヌなど焼いてみましたよ。

20211228 00008.png

お正月の間にちょっと摘まむ焼き菓子は重宝するもの。

イオンネットスーパーにも色々と有名洋菓子屋さんのお楽しみ袋が陳列されてはおりましたが、どれもこれも素晴らしいのだけれどどうも決め手にかけるとあれこれ悩んでいるうちに、予約期間が終了してしまいました。
ならばと焼いた久しぶりのマドレーヌ。

いつもならばつい量を控えてしまうお砂糖もバターも、教科書通りお砂糖・バター・小麦粉を同量ずつ(小麦粉にはアーモンドプードルを足して、ですが)しっかり使用したマドレーヌです。

20211228 00002.png

基本は『nonnoお菓子百科』記載のマドレーヌレシピ。
但し小麦粉は全粒粉、お砂糖はてんさい糖、そこばっかりは譲れませんし、そもそも我が家にはそれしかありません。

そしてマドレーヌパンに収まらなかった生地で焼くおまけも忘れずに。

20211228 00006.png

発酵バターをしっかり使用した全粒粉のマドレーヌ。
マドレーヌの証とも言える『オヘソ』は顕著ではありませんが、まぁ全粒粉だからと言い訳してさらりスルー。

レモンの風味が心地よい、表面はまるでクッキーのようなさっくりとしたマドレーヌが焼き上がりましたよ。







◆材料(松永製作所のマドレーヌパンに2枚+おまけの9号カップに3つ分)

  • 全粒粉薄力粉 90g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 3g

  • 無塩タイプの発酵バター 110g

  • 卵 2個
  • てんさい糖 110g

  • レモンの表皮 1/2個分
  • ブランデー 小さじ1
  • バニラビーンズペースト 適量


  • 型にぬる溶かしバターと強力粉 各適量




◆作り方

  1. 〜下準備〜

    バターは50〜60℃程度の湯せんにかけて溶かし、使用するまで保温しておきます。
    粉類は合わせてふるいます。
    卵は室温に戻しておきましょう。

    型に溶かしバターをぬり、茶こしを通して強力粉をふり余分な粉ははたいておきます。
    使用するまで冷蔵庫へ。

    20211228 00009.png20211228 00010.png


  2. 室温に戻しておいた卵をボールに割り入れ、泡だて器でしっかりと溶きほぐしておきます。
    ここにお砂糖を一気に加え、白っぽくふんわりするまで撹拌しましょう。

    20211228 00011.png20211228 00012.png


  3. レモンの表皮をすりおろして加え、ブランデーとバニラビーンズペーストも加えて混ぜ込みます。
    ふるった粉類も加え、練らないようスパチュラで混ぜ込みましょう。

    最後に温めておいた溶かしバターをスパチュラに沿うように加えたら、底からすくうように混ぜ込みます。
    用意しておいた型に7〜8分目程度に流し入れ、空気抜きをして200℃に予熱したオーブンへ。
    生地を型に流し入れる時は、絞り出し袋に入れるひと手間を是非推奨いたします。

    20211228 00013.png20211228 00014.png
    20211228 00015.png


  4. 設定温度 170℃で焼くこと18〜20分。
    うっとりするような良い香り。

    20211228 00016.png

    松永製作所のマドレーヌ型は型離れが良いことが何より魅力的。
    裏返すだけでコロコロとこぼれ落ちます。

    20211228 00007.png







w-line81-thumbnail2.gif





お弁当は昨日で終わりと言ったのに・・・
ひらまさのかま焼きで労をねぎらってくれたのに・・・

本当はもう一日、今日までお弁当があると助かる。
主人は今朝までその一言を言えずにいたようです。
アタシ、そんなに怖い?

あり合わせのスープで、今度こそ2021年最後のお弁当にまとめましょう。
最近気に入っております、お餅入りのスープをトマトベースで。

20211228 00005.png





  1. 圧力鍋で蕪と人参をオリーブオイルで炒めたら、トマト缶を加えます。
    蒸し大豆(市販品)と冷凍蓮根、少量のスープストックも加え、加圧すること1分強。

    その間に小ぶりに切ったお餅をほんの軽く、表面だけが少し膨らむ程度にオーブントースターで焼いておきます。

  2. お塩、オイスターソース、少量のナンプラー等で味を整え、予め熱湯を注いで温めておいたスープジャーに注ぎましょう。
    お餅を散らし、すりおろしたペコリーノロマーノと青菜を散らして出来上がり。

    20211228 00018.png20211228 00017.png
    20211228 00019.png





少々予定変更もありましたが、うまい具合に着地出来ました。
これが今年最後のお弁当、今度こそ最後、おまけのマドレーヌがあって助かりました。

20211228 00001.png




そして本来の目的でしたもの、焼いたシェル型マドレーヌは全てお正月用に冷凍保存。
・・・は、もちろん主人に阻止されました。

どうしても今日食べたいのですって、コーヒーと一緒に。
ほんの一部は冷凍せずにおきましょう。

20211228 00003.png






w-line81-thumbnail2.gif





明日から主人もお休みに突入致します。
が、出来るだけいつものリズムは崩したくないもの。
プロテインの朝食が長期にわたるのは、何より私が耐えられない。

今朝の主食はおろし蕎麦の予定でしたが、急きょお弁当を拵えることになりあっさり変更。
冷凍してあった山芋を使ったお座なりとろろ蕎麦となりました。

20211228 00004.png

畑の紅芯大根がそろそろひび割れてきました。
収穫をはやめた方が良さそうです。

試しに拵えてみた紅芯大根のべったら漬け風。
塩麴に蜂蜜や柚子ジャムを足して漬け込みました。
まだまだ改善が必要な味ですが、目の付け所はまずまずなのではないかしら。

そろそろ2021年のお仕事を納めた主人が帰宅します。
今日はお酒を控える火曜日のハズですが、さて、どうなるのでしょうか。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:32 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

人参たっぷりお砂糖ひかえめ〜全粒粉キャロットケーキ

明け方降っていた雨も上がって、カーテン越しにやわらかな陽光を感じる穏やかな金曜日。
ただ、どの天気予報でも言われていた通り、ひざ掛けをしていても足元が冷えます、寒い。

先週、北八ヶ岳のゴールデングリーン農園から届いた定期便の中に、可愛らしい人参が2本入っておりました。
冬に甘みを増す人参、しかも特別なゴールデングリーン農園からの人参ですもの、皮ごとお料理に使いたいもの。

そこで今日のお昼は人参ケーキ。
人参をたっぷり、皮ごと全粒粉生地に混ぜ込んだキャロットケーキに致しましょう。

20211217 00017.png

少々色黒なのは重曹のせいかしら。
出来るだけお砂糖の量を控えたいと、完熟バナナを使用したせいかしら。
兎にも角にも人参をたっぷり使用した、シナモン香るキャロットケーキが焼き上がりましたよ。

ゴールデングリーン農園さんから届いた愛らしい形のこの人参。
この姿を見たら、私でなくても『皮ごと使いたい!』そう思うのではないかしら。

20211217 00003.png

キャロットケーキと言えば思い浮かぶのは、スパイス香る生地を覆う真っ白なクリームチーズのフロスティング。
でもね、やわらかなフロスティングは持ち運びが伴うお弁当にはなかなか高難度。

なので生地を少々プリン型に取り分けて、こんなキャロットケーキを焼いてみましたよ。
もちろんこのフロスティングもクリームチーズでなく、水切りヨーグルトを使った軽い食感のフロスティング。
パールシュガーを散らして仕上げます。

20211217 00015.png

今日のお昼に食べない分には、水切りヨーグルトと言えどもフロスティングをたっぷりと。
そうそう、キャロットケーキはこうでないと。
クリームチーズだろうと水切りヨーグルトだろうと、たっぷりのフロスティングがないと気分が盛り上がりません。

20211217 00019.png

使用したお砂糖の量は、一般的なキャロットケーキに比べて半分程度なのではないかしら。
完熟バナナ、そしてたっぷり加えたレーズンとドライフィグの甘さで成り立つ全粒粉キャロットケーキ。

甘みを蓄えた真冬の人参ならではのベジケーキです。

20211217 00018.png





◆材料(パウンド型は底辺約200×70・H60、プリン型は100mlのものを使用しました)

  • 人参 正味140g
  • レモンの表皮 小ぶりなレモン1個分
  • レモン果汁 10g
  • 胡桃 40g
  • レーズン 30g
  • ドライフィグ 30g


  • 全粒粉薄力粉 100g
  • アーモンドプードル 30g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 重曹 2g
  • シナモンパウダー 5g
  • すりおろしたナツメグ 適量

  • 卵(室温に戻しておきます) 2個
  • てんさい糖 50g
  • 完熟バナナ 小ぶりなものを1本(正味106gでした)
  • お塩 ひとつまみ
  • オリーブオイル 40g



    ◆フロスティング

  • 水切りヨーグルト 90g
  • 和三盆 3g
  • レモン果汁 極少量

  • パールシュガー 適量




◆作り方

  1. 人参は皮ごと使います。
    適当に切ってミルに移し、粗めに粉砕してボールに移します。

    レモンの果汁と表皮を加え、更に刻んだドライフィグと胡桃、レーズンを加えておきます。

    20211217 00005.png20211217 00006.png
    20211217 00007.png


  2. 粉類は予め合わせて2回ふるっておきます。

    20211217 00004.png

  3. 卵を軽くほぐしたら、分量のてんさい糖を3回に分けて加えながら、もったりするまで泡立てます。
    完熟バナナをちぎって加え、同時にオリーブオイルとお塩も加えて泡だて器で撹拌します。

    ふるっておいた粉類を一気に加えたら、ここからはスパチュラに持ち替えてさっくりと混ぜ込みましょう。
    粉っぽさが残る段階で人参も加えて混ぜ込みます。

    20211217 00008.png20211217 00010.png
    20211217 00009.png


  4. オーブンシートを敷いたパウンド型、プリン型にそれぞれ流し込み、底を軽く打ちつけて空気抜きをしましょう。

    20211217 00011.png

    200℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を170℃にしてじっくり40分。

    20211217 00012.png

  5. フロスティングの材料を合わせます。

    20211217 00013.png

    艶が出るまでよく混ぜたら絞り出し袋に移し、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

    20211217 00014.png

  6. 生地が完全に冷めたら絞り出し、お好みでパールシュガーを散らして出来上がり。
    やっぱりね、焼きっぱなしのキャロットケーキではちょと寂しいものね。

    20211217 00016.png






il-plants5-thumbnail2.gif





今日は金曜日ですもの。
おまけに今週は、主人が帰宅途中にお豆腐屋さんに寄ってくる日。
今宵は丸揚げ、冷ややっこ、作り置き料理は不要です。

作り置き料理を詰め込んで、はい、今週最後のお弁当の出来上がり。

20211217 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif





やっぱりね、こうでなくっちゃね、我が家の朝食は。
主人のPET-CT検査による昨日の朝食抜きは、主人はもちろんでしょうが私もつらかった。

お待ちかね、金曜朝の釜玉風伊勢うどん、トップバリュブランドのイワシの生姜煮。
そして何より、お椀が重いくらいの具沢山お味噌汁。

20211217 00001.png

来週は私の特定健診により朝食抜きの日が1日あります。

金曜日だから・・・あら、大変。
主人がなにより楽しみにしております伊勢うどんとイオンいわしの朝食が・・・なし?

今日、熱燗をちびちびやりながら話し合いましょう。


mono137-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 15:45 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

かぼちゃとお豆腐の白玉団子・ぜんざい風〜緑豆ココナッツ餡・紅葉仕立て

以前から要素はあったのでしょうが、すっかり出不精が板についてしまった昨今。
SNSで見る、他人様がご覧になった紅葉ですっかり満足してしまっている自分に驚いております。

これではよろしくない、お家にいながら紅葉気分をすこしでも楽しみましょうと。
いつものお豆腐白玉にカボチャを混ぜ、紅葉カラーの白玉団子に。

2021130 00006.png

カボチャ色した白玉団子の脇には、丸くくり抜いた柿をあしらいました。
主人の部屋から眺める山の様子は、カボチャ色と鮮やかな柿色が入り混じった正に今こんな感じ。

柿と白玉団子の下には、粗く砕いた全粒粉のジェルブレビスケット。
ココナッツシュガーとココナッツミルクの穏やかな風味が自慢の緑豆餡となじみ、クッキーアンドクリームのような食感です。

2021130 00004.png

トッピングはローストした胡桃と蕎麦の実。
もっちり白玉団子に、サクッとしたアクセント、これがお気に入りなのです。

緑豆を使った緑豆餡は、圧力鍋でちょちょいのちょい。
渋抜き不要のいつもの簡略版ではありますが、主人も大のお気に入りです。

2021130 00005.png





◆作り方と大雑把な材料(作りやすい分量です)
  1. 先ずは緑豆餡。


    緑豆は1合程度。
    洗って水を切ったら、圧力鍋でサラリとするまで中〜弱火で乾煎りします。
    3〜4合のお水を注ぎ、15分間加圧しましょう。

    2021130 00008.png2021130 00009.png
    2021130 00010.png


  2. 必要に応じて少し煮詰めたら、お好み量のココナッツシュガーで甘さを添えます。
    ぽってりとしたら仕上げのお塩を加え、はい、出来上がり。

    2021130 00011.png

  3. カボチャとお豆腐の白玉団子へと参りましょう。


    カボチャは皮をむいて正味65g。
    ビニール袋に入れ、やわらかくなるまでレンジ加熱しましょう。

    ここに木綿豆腐 25g・白玉粉 45gを加えます。
    お豆腐とかぼちゃをつぶしながら、白玉粉となじませ生地がひとつにまとまるまで。

    生地がまとまったら、極少量ずつ様子を見ながらココナッツミルクを加えて耳たぶ程度のかたさにし、棒状にまとめて8等分。
    加えたココナッツミルクは小さじ1/2程度でしょうか。

    2021130 00012.png2021130 00013.png
    2021130 00014.png


  4. 白玉生地を真ん丸に丸めたら、たっぷりと沸かした熱湯の中へそっと移しましょう。
    ぐらぐらと煮立たせないよう火を弱め、ふわりと浮かんだらもうひと呼吸。

    2021130 00015.png

    冷水にとって熱をとったら、たっぷりのお水で湿らせたキッチンペーパーの上に並べておきましょう。
    網に入れたままにしておくと、網の目が白玉団子の表面にくっきりついてしまいますからね。

    柿をくり抜き、蕎麦の実と胡桃を予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしたら、準備完了。

    2021130 00007.png

  5. ジェルブレビスケットを袋の上からすりこ木等で叩いて粗く砕き、ジャーに詰めた緑豆餡の上にたっぷりと。

    2021130 00016.png

    カボチャ白玉団子と柿を並べ、隙間を埋めるようにローストした胡桃。
    緑豆餡をトッピングして蕎麦の実を散らせば出来上がり。

    2021130 00017.png






il-plants125-thumbnail2.gif





畑の帰り、早朝のマックスバリュに寄った折、地元野菜コーナーに並ぶ『菊芋』を見つけました。
今の畑の移る前は、菊芋も栽培していてよくお料理しましたものね。
菊芋のソムタムや菊芋チップス、懐かしい。

すぐに黒ずんでしまう菊芋ですが、見かけた菊芋はなかなかの色白美人さん。
ふと隣の主人を見ると懐かしそうな顔。
『食べたいの?』『うん、菊芋のポタージュ』

2021130 00002.png

菊芋料理でいちばん大変なのは、何と言っても最初の『洗い』作業。

マックスバリュからやってきたこの菊芋ならば、泥は落としてくれてあるしお料理も楽ちん。
以降、見かけたら時々は買ってしまうかも。
少し余った菊芋で、明日は久しぶりの『菊芋ソムタム』もよいかもね。

2021130 00018.png





在庫野菜をたっぷり入れた菊芋ポタージュ。
こちらも圧力鍋でちょちょいのちょい。

  1. つぶしたにんにく、玉ねぎ、人参を圧力鍋に合わせ、無塩タイプの発酵バターでしっかりと炒めます。

  2. スープストックを注いだら、ぶつ切りにした下仁田ネギ、皮ごと輪切りにした菊芋、そしてくり抜いた後の柿を刻んで加えましょう。
    お塩をひとつまみ加え、加圧すること5分間。

    2021130 00019.png2021130 00020.png
    2021130 00021.png


  3. バーミックスで滑らかなピュレ状にしたら、再度火にかけオーツミルクでのばします。
    白味噌、ほんの隠し味程度のガラムマサラを加えてひと煮たち。

    スープジャーに盛り、赤水菜を散らし白胡椒を挽いて出来上がり。

    2021130 00022.png





柿の甘さが妙になじんだ菊芋のポタージュ。
いつもよりちょっと甘い菊芋のポタージュも、めでたく主人はお気に召したようですよ。

2021130 00001.png





il-plants125-thumbnail2.gif





今朝の主食はとろろ蕎麦です。

以前お料理する当てもないまま日が経ってしまった長芋を、ミルですりおろして冷凍しておきました。
キューブ状にして冷凍してあったおろし山芋をふた山分自然解凍し、茹でたお蕎麦の上にとろりトッピング。
温泉卵と自家製柚子胡椒を添えて、主人ご機嫌の朝食に。

2021130 00003.png

お魚はしめ鯖。
アボカドと薄切り玉ねぎ、胡麻油、たっぷりの香酢がレギュラーメンバーです。




今宵は禁酒ディですが、昨晩飲んだ『どぶろく』の画像を備忘録ついでに。

2021130 00023.png

昨年の今頃も同じどぶろくを頂いたのですが、昨年のものより少々おとなしめな仕上がりでした。
昨日は2本のどぶろくを手に帰宅した主人。
同日に頂いた方は生酛造り、もう片方は水もと造りでまた来週、主人独断のどぶろく飲み比べセットなのだとか。

今宵はプロテインでおとなしく就寝しますけどね。

illust-rainydaybk-thumbnail2.jpg



posted by しんさん at 14:23 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

緑茶の葛切り〜緑豆餡のぜんざい風

まだストーブを点火するほどではないものの、朝夕は随分と冷え込むようになりました。
日がさんさんと差し込み日中は暑いくらいのリビングで、今日は少し汗ばみながら電気毛布の準備をしております。

ひんやりスイーツという季節ではありませんが、今朝は葛切りなど拵えてみましたよ。
葛切りをメイソンジャーに詰め込んで、お豆腐白玉と緑豆餡のトッピング。

2021116 00008.png

基本的に日々のお買い物は、食材から日用品までイオンネットスーパーのお世話になっております。

但し、ネットスーパーだけでは品切れも多くストレスは避けられません。
日曜早朝の畑の帰り、7時開店のマックスバリュに寄って不足品を補い万事解決、穏やかな日々を送っております。

先日、レジでWAONのチャージをしたところ『おまけの緑茶』を頂きました。
ふいの『おまけ』を喜んだものの、我に返って考えてみると我が家ではペットボトルのお茶を飲みません。
さてどうしたものか、ふとこの緑茶を使った葛切りなど思いつきましたよ。

2021116 00004.png

そして、朝のNHKの連ドラの影響でしょうか。
最近無性に『あんこ』が食べたくて仕方がありません。
ドラマに出てくる美味しそうな小豆の餡ではないけれど、常備してあります『緑豆』で餡を拵え緑豆葛切りに添えましょう。

どうせならばと、緑豆餡をお水でなくこの緑茶で拵えました。
緑豆で拵えたからと言って風味の差はよく分かりませんが、それで良いのです、満足なのです。
いつものお豆腐白玉団子にも、極少量ですが緑豆を使ってみました。

2021116 00005.png

葛切りは水分が一緒でないとかたまってお団子状になってしまいますからね。
緑茶を葛切りと一緒にジャーに詰め、その上には冷凍してあった自家製の干し芋(☆彡)、そしてお豆腐白玉、ココナッツシュガーを使った緑豆餡と続きます。

自家製の干し芋が、お昼にはふっくらとして良い感じでした。

2021116 00007.png

温かいぜんざいが恋しくなるこの季節に、緑茶葛切り、白玉団子の緑豆餡ぜんざい風。
食材ありきの我が家らしい献立なのではないかしら。

2021116 00009.png





◆作り方と材料(ふたり分)
  1. 緑豆餡から参りましょうか。
    作りやすい量です。
    圧力鍋でちょちょいのちょい、茹でこぼしも端折ります。

    緑豆は150gほど。
    綺麗に洗って水を切ったら圧力鍋に移し、中火でさらりとするまで乾煎りしましょう。
    倍量強(320t程度だったかな?)のお水を注ぎ、15分間加圧します。

    圧が抜けたらお好み量の緑茶を注ぎ、お好み量のココナッツシュガーを加え、お好みの感じになるまで今しばらく煮詰めます。

    2021116 00010.png2021116 00011.png
    2021116 00012.png


    仕上げにお塩をひとつまみ。
    今日使わない分は、保存容器に入れて冷凍保存。

    2021116 00013.png

  2. 緑豆葛切り、お豆腐白玉は同時進行で。

     葛粉 25g
     緑豆 75g

    をボールに合わせてそっと混ぜ、10分ほどおいて葛粉のかたまりをふやかしましょう。
    その後、よく混ぜてから130×180程度のバットに漉しながら移します。
    タイミングよく用意した熱湯に『やっとこ』等を使ってバットを浮かせ、そっと揺らしながら表面がかたまるまで湯せん状態で加熱します。

    表面が波立たなくなったら、バットごと熱湯に沈めます。
    数秒で全体が透き通ってきますので、バットごと氷水にとって冷やしましょう。

    2021116 00015.png2021116 00014.png
    2021116 00016.png


  3. 葛切り用の葛粉をふやかしている間に、ちょちょいっとお豆腐白玉を拵えます。

    木綿豆腐と白玉粉は同量、木綿豆腐 30gに白玉粉 30gをビニール袋に合わせます。
    お豆腐を崩すようにしながら白玉粉になじませ、後は様子を見ながら極少量ずつ緑茶を加えてなじませます。
    緑茶は10g加えました。

    生地が良い感じにまとまったらビニール袋から出して捏ね、棒状にのばして包丁で六等分して丸めます。
    ぐらぐらと煮立たせないよう熱湯で茹で、葛切りと共に氷水にとりましょう。

    2021116 00017.png2021116 00018.png
    2021116 00019.png


  4. 氷水の中で葛切りをバットからそっと剥がします。

    2021116 00020.png

    包丁で切って、葛切りの準備も完了。

    2021116 00021.png

  5. 白玉団子はザルに上げたままにすると、ザルの跡がついてしまいます。
    多めのお水で湿らせたキッチンペーパーでふわりと包んで乾燥防止。
    餡子、白玉団子、葛切り、緑茶の存在感を感じない緑茶スイーツ、これで準備完了です。

    2021116 00006.png

  6. 先ずは葛切りをジャーの底に詰め、緑茶を注ぎます。
    干し芋をひと口サイズに切ってこの上に。
    その上にお豆腐白玉を並べましょう。

    2021116 00022.png

    緑豆餡をたっぷり添えて出来上がり。

    2021116 00023.png







il-plants5-thumbnail2.gif





葛切りとは全くご縁がなさそうなピリ辛スープ。
週末に使ったトマト缶のお片付けスープです。

日曜日に畑で間引いてきた紅芯大根の抜き菜、甘酢に漬け込んでおいたひよこ豆等々、在庫食材をほいほいほいっと圧力鍋に放り込むだけ。

主人お気に入りの『アチャール』をこっそり隠し味に使用致しましたら、思いのほかピリ辛スープに仕上がってしまいました。
もちろん主人は、葛切りよりお気に入りです。

2021116 00002.png





粗みじん玉ねぎ・甘酢漬けひよこ豆・ざく切り紅芯大根の抜き菜・・・
オリーブオイルで炒め合わせたら、トマト缶とスープストックを加えて加圧すること2分半。

オーツミルクを注いで、お塩・オイスターソース等で味付けをし、ほぐしたマイタケを加え、アチャールを刻んで加えます。
ひと煮たちさせたら器に盛り、さっと湯通ししたほうれん草の抜き菜、ミルで粉砕したペコリーノロマーノを添えて出来上がり。

2021116 00024.png2021116 00025.png
2021116 00026.png






間引くほうれん草もだんだんほうれん草らしい姿になってきました。
あと数週間もしたら、お弁当の良い彩りになってくれることでしょう。

2021116 00003.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は釜玉うどん。
主食はしめ鯖、アボカド、スライス玉ねぎの組み合わせ、火曜日の朝食のお決まりです。

2021116 00001.png

結婚記念日に主人とふたりで申し込んだ『線虫がん検査』
線虫さんが主人に反応してしまいました。
必死に仕事を早く済ませ、それっと只今主人はCT検査真っ最中。

主人の貪欲な食欲、朝食を頬張る嬉しそうな顔、線虫さん、間違えちゃったかな?
何にしろ、適正な検査はするに越したことはありませんものね。

結婚記念日の線虫がん検査。
主人が言い出したこの記念日のプレゼント、私は大変気に入っております。



mono122-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 13:54 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

きな粉風味の葛プリン〜お豆腐白玉とみたらし餡

先週拵えた『葛粉のきな粉プリン ☆彡』が不本意な出来でしたので、本日再チャレンジです。

葛粉でフルっと固めたきな粉風味の葛プリンの上に、たっぷりのみたらし餡。
前回は、解凍して随分長い間放っておいた切り餅を使ったみたらし団子で大変無念な思いを致しました。
なので今回は、もはや勝手も知り尽くしたお豆腐白玉をみたらし団子風にトッピング。

20211013 00005.png

甘さをおさえた葛粉のプリンはオーツミルクで。
きな粉と思いの外好相性です。

時間が経ってもかたくならないお豆腐白玉をトッピングし、お砂糖でなくデーツシロップを使ったみたらし餡をたっぷりと。
食感のアクセントに、ナッツとオートミール、蕎麦の実をローストして散らしました。

20211013 00007.png

葛プリンは葛餅のようにしっかりかためるのではなく、ややもするとシェイクとして飲めそうなくらいの頼りなさ。
それでも、重量のあるトッピングをしっかり支える頼もしさも持ち合わせたハイブリットです。

20211013 00006.png

先日おまけで頂いた、ハーバライフ製のプロテインバーも脇に添えて仕上げます。
バニラアーモンド風味のプロテインバー、あら、これ美味しい。

ゆるりトロリの葛プリン、材料も工程もシンプルそのもの、それでいて美味しいのですから登場頻度向上も納得です。

20211013 00004.png





◆材料(245tのメイソンジャーにふたつ分です)
  • 葛粉 10g
  • きな粉 10g
  • てんさい糖 10g

  • オーツミルク 250g



    ◆お豆腐白玉
  • 木綿豆腐 45〜50g
  • 白玉粉 30g


    ◆みたらし餡
  • お水 85g
  • デーツシロップ 25g
  • お醤油(久原のあごだしつゆを使いましたが) 10g
  • 葛粉 6g


    ◆トッピング
  • 胡桃
  • アーモンド
  • 蕎麦の実
  • オートミール
  • プロテインバー





◆作り方
  1. 葛粉・きな粉・てんさい糖を合わせてよく混ぜましょう。
    ここにオーツミルクを注いでよく混ぜ合わせたら、1〜2回ザルで漉してお鍋に移します。

    中〜弱火にかけ、そっと混ぜながら煮立たせとろみをつけます。

    20211013 00008.png20211013 00009.png
    20211013 00010.png


    混ぜながら艶やかにほんの少し冷ましたところで、ジャーに分け入れましょう。

    20211013 00014.png

  2. お豆腐白玉を作ります。

    ビニール袋に白玉粉とお豆腐を合わせますが、少しずつ様子を見ながらお豆腐を足していきましょう。
    程よく生地が捏ねあがったら、棒状にのばして包丁で6等分します。

    たっぷりのお湯を沸かし、ぐらぐらと煮立たせない程度に火を弱めてまん丸に丸めたお団子を加えます。
    ふわりと浮いてきたらひと呼吸おいて冷水にとりましょう。

    20211013 00011.png20211013 00012.png
    20211013 00013.png


  3. その他トッピングの準備を。

    ナッツ類、蕎麦の実、オートミールを予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。

    みたらし餡の材料を全てお鍋に合わせ、中〜弱火にかけて混ぜながら煮立てます。
    とろりとしたら火を止めて出来上がり。

    白玉団子はお水から引き上げ、たっぷりのお水で湿らせたキッチンペーパーの上に並べておきましょう。

    20211013 00015.png

  4. 冷めてフルッとかたまった葛プリンの上に白玉団子、その上にたっぷりとみたらし餡を注ぎましょう。
    ナッツその他をトッピングをして出来上がり。

    20211013 00016.png





table_s.gif





既に何度か言及しておりますが、イオンさんにじゃが芋を届けて頂きました。

じゃが芋と聞けば、やはり作ってみたいのが肉じゃが。
圧力鍋を新調したことですし、畑の帰りの早朝マックスバリュで張り切って主人と一緒に牛肉コーナーの前へ。
前日に見たイオンネットスーパーと同じく、牛肉ははやり値が張りました。
お肉にそれほど感情移入出来ない私にとっては受け入れ難いお値段。

そこで目についたのがスジ肉。
スジ肉で拵えた肉じゃがです。
煮汁多めなのは、幾度か温め直すことを念頭に置いてのこと。

20211013 00003.png





  1. 先ずはスジ肉の下ごしらえから。

    たっぷりのお水と共に強火にかけて煮立てます。
    1〜2分煮立てて灰汁がたっぷり出たらお肉を引き上げ、お湯で軽く洗ってザルにとります。

    マックスバリュのスジ肉はとてもきれいで、お肉の知識に欠けた私は下茹でなしでお料理するところでした。

    20211013 00017.png
    20211013 00018.png20211013 00019.png


  2. 水を切ったお肉を圧力鍋に移し、かぶる量のお水を注いで生姜を散らします。

    20211013 00021.png

    加圧すること10分間。
    ボールとザルを重ねたところに茹で汁ごと移し、お肉と茹で汁に分けましょう。

    20211013 00020.png

  3. 圧力鍋を綺麗に洗い、胡麻油を熱して面取りした人参とじゃが芋、玉ねぎを炒めます。

    20211013 00022.png

    油がなじんだら肉の茹で汁を注ぎ、お醤油3、お酒とみりん2、お砂糖1、オイスターソースをほんの少々の割合で加え下茹でしたスジ肉を散らしましょう。

    20211013 00023.png

    加圧すること2分間。
    崩れやすいじゃが芋だけを保存容器に避難させ、今しばらく煮詰めて出来上がり。




我が家のお昼にありがちな、脈略なしの組み合わせ。

20211013 00002.png






table_s.gif





今朝の主食は『丸麦とセイタンの玄米ご飯』
非常用に備蓄してあるご飯の賞味期限が近付いておりましたので入れ替えです。
もちろんイオンネットスーパーさんに届けて頂いたもの。
今週の注文でまたお願いしておかないと。

20211013 00001.png

お魚はサンマのみりん漬け。
お味噌汁には、今朝はアオサをたっぷり添えてみました。
届いたばかりのアオサ、色も格別ならば香りも格別です。




主人がリビングで仕事部屋の空きを待っております。



mono122-thumbnail2.gif






posted by しんさん at 14:38 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする