2024年02月21日

お気楽・焼き芋スイートポテト

1月の終わりに届いた『にじのわファーム』さんのセレベスとさつま芋。

セレベスは毎朝のお味噌汁に乱切りにして入れ、そのトロトロな食感を存分に楽しんでおります。
焼き芋にすると抜群に美味しい『紅はるか』を使って、今朝はお気楽にスイートポテトを拵えましたよ。

20240221 00004.png

小さなサイズのお気楽スイートポテト。
昨日のうちにオーブンに入れて低温でじっくり加熱し、朝までそのまま放ったらかし。

朝は皮をむいて今日使用しない分は冷凍し、その端っこをスイートポテトに使います。
生クリームも牛乳もなし、甘さを補う蜂蜜はほんの3gほどの使用量。
これならば蜂蜜入れなくても良かったのでは?そう思う程十分な甘さです。

甘い焼き芋で包んだ甘栗とトッピングのナッツが程良いアクセント。

20240221 00006.png

兎に角簡単。
ですが『にじのわファーム』さんの紅はるかならでは、美味しい気楽なスイートポテト。
簡単とはいえ、スイートポテトなんて拵えたのはいつ以来ぶりでしょう。

20240221 00005.png






◆材料(小ぶりなスイートポテトふたつ分)

  • 焼き芋 正味100g弱

  • 無塩タイプの発酵バター 7g
  • 卵黄 1個分
  • 蜂蜜 3g
  • シナモン 少々

  • 塩甘栗
  • 胡桃・アーモンド




◆作り方

  1. 焼き芋を作ります。

    前日の夜、綺麗に洗ったサツマイモをアルミホイル・お水で湿らせてクシュッとしぼったオーブンシートを重ねた上に並べます。
    予熱なしのオーブン 160℃で1時間35分加熱し、そのまま朝までオーブン庫内に放ったらかし。

    当日の朝、予熱なしのオーブン 160℃で30分ほど再加熱して温めます。

    20240221 00008.png

  2. 焼き芋が熱いうちに皮をむきます。
    端っこの部分を100g分こそげ取ってボールに移し、熱いうちにバターを加えてなじませます。
    卵黄・蜂蜜・シナモンも加え、滑らかになじませましょう。

    卵黄は艶出し用に少し残しておきます。

    20240221 00009.png

  3. さつま芋生地を2等分してラップにとり、甘栗を3つ包んで形を整えます。

    20240221 00010.png

    今日使用しない分は冷凍保存。
    綺麗な面を上にしてオーブンシートの上に並べましょう。

    20240221 00011.png

  4. 水溶き卵黄をぬって、予熱したオーブン庫内へ移します。
    設定温度 230℃で先ずは10分。

    20240221 00012.png

    一旦オーブン庫内から出し、粗く刻んだ胡桃とアーモンドを軽く表面に埋め込みます。
    その上にそっと水溶き卵黄をもう一度ぬり、230℃で追加3分。

    20240221 00013.png

    焼き芋ってしみじみ美味しいと思わせてくれるにじのわファームさんの紅はるか。

    20240221 00007.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




白菜たっぷりのミルクスープ。
小さなスイートポテトだけでは主人からの苦情が心配ですもの、オートミールも少し加えて腹持ち重視の具沢山に仕上げましょう。

20240221 00003.png




  1. にんにくコンフィのオリーブオイルを使って、人参・玉ねぎ・白菜の軸部分・刻んだアンチョビをじっくりと炒め合わせます。
    干しエビも散らしましょうか。

    20240221 00014.png

  2. スープストックを控えめ量注ぎ、人参にしっかり火を通します。
    オーツミルクを注ぎ、オートミール・白菜の葉部分・冷凍ひよこ豆・冷凍むきアサリ・スナップエンドウの塩レモンチーズ和え等々加えてひと煮たち。
    葛粉でとろみをつけます。

    20240221 00015.png

    ほんのひとつまみのお塩で味を整えてスープジャーに移し、ペコリーノロマーノをちろり。





作り置き料理のお片付けとしても活躍した今日の具沢山スープ。
昨日の暖かさを超えた暑さからは想像できない、今日は温かなスープが嬉しい気温。
お昼にはオートミールが良いとろみ感を添えてくれていました。

20240221 00001.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




朝食です。
今週は変則で金曜日の伊勢うどんが本日水曜日の主食となりました。
お魚はいつもの水曜日と同じ、イワシです。

20240221 00002.png

間もなく朝食という頃合いに、今朝は突然の停電がありました。
ほんの2〜3分で戻りましたが、その後主人を送り出して洗濯の最終にもいちど停電。

あの独特な無音の雰囲気というのは、それがたとえ日中であっても、何度経験しても落ち着かないものです。

illust-raineyday08-1-thumbnail2.jpg



posted by しんさん at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月31日

お砂糖不使用、焼き芋と甘酒のアガープリン

『にじのわファーム』さんの『紅はるか』の美味しさにすっかり魅了されてしまった私。
何となく拵えた紅はるかの焼き芋が兎に角美味しくて、あぁこれが『蜜』なのかと今更ながら感動致しました。

なので、拵えてみました。
紅あずまの焼き芋に甘酒、お砂糖不使用の濃厚プリンを。

20240131 00004.png

北八ヶ岳の農場『GOLDEN GREEN』さんが先シーズンで休業、何とも悲しい思いを致しました。

ですが、主人が『にじのわファーム』さんを見つけてくれたおかげであっさり復活。
応援したい農園さんに巡り合えて、春野菜のシーズンが楽しみになってきましたよ。
しばらくは今あるセレベスとさつまいもをお料理しながら、春の到来を楽しみに鼻歌まじりのキッチン作業。

20240131 00007.png

前日の夜にさつまいもをオーブンに入れたら、じっくりじっくり低温で焼き芋に。
ベッドに入る頃には、キッチンは甘い香りに満ち満ちておりました。

20240131 00006.png

トッピングのビスケットクランブルには、少量とは言え蜂蜜もバターも使用しております。

20240131 00005.png

ですが、クランブルなしでも十分に美味しい焼き芋と甘酒のアガープリン。
甘みは十分。

本来のプリンのように卵を加えて蒸したり、葛粉を使ってかためたりすると更に濃厚に仕上げられそうですが、しっかり加熱することによる甘酒の栄養流出が惜しくてアガーを選びました。
栄養にまで貧乏性が及ぶのです。

20240131 00008.png





◆材料(245tのメイソンジャーをふたつ使用)

  • 焼き芋 正味100g分
  • 甘酒(伊豆フェルメンテ 金太君印の純あま酒を使用) 100g
  • オーツミルク 180g

  • アガー 3g 



    ◆トッピング

  • ジェルブレビスケット・胡桃・アーモンド・蜂蜜・バター 各適量

    20240131 00009.png





◆作り方

  1. 先ずは、前日の夜に焼き芋の準備をします。

    綺麗に洗ったサツマイモの水気をふき取ります。
    オーブンの天板にアルミホイル、お水で濡らしてクシャッと軽く揉んだオーブンシートを重ね、その上にサツマイモをおきましょう。
    予熱なしのオーブン 160℃で90分、そのまま朝まで放置しましょう。

    朝には、蜜が溢れたトロトロの焼き芋がオーブン庫内に。

    20240131 00010.png

  2. 焼き芋の皮をむき、100g分を計量して小鍋に移します。
    甘酒とオーツミルクを加え、バーミックスで滑らかに撹拌しましょう。

    サツマイモの皮が少々入っていても気にしません、返って誇らしい気分になります。

    20240131 00011.png

    ここにアガーをふり入れ、更にバーミックスで滑らかに撹拌します。
    中〜弱火にかけ、沸騰させないよう優しく混ぜながら加熱して火を止めます。

    20240131 00012.png

    容器に分け入れ、室温でフルッとかためましょう。
    残った焼き芋は、皮をむいて冷凍保存。

    20240131 00013.png

  3. ビスケットのクランブルへと進みます。
    ビスケットを細かく砕いてフライパンに移しましょう。
    粗く刻んだ胡桃とアーモンド、蜂蜜、発酵バターも加え、焦がさないようゆっくりとなじませるだけ。

    20240131 00014.png

  4. クランブルが完全に冷めるのを待って、手でざっくりほぐします。
    今日使用しない分は冷凍保存。

    フルッとかたまった焼き芋生地の上にトッピングして出来上がり。

    20240131 00015.png






table_s.gif





数日前、作り置き料理としてブロッコリーのお浸しを拵えました。
その時の軸部分を残しておきましたので、今日はこれを使ってスープを作りましょうか。
ブロッコリーの軸のスープです。

20240131 00003.png




  1. 先日拵えたにんにくコンフィ、このオリーブオイルを使って玉ねぎ・輪切りにしたブロッコリーの軸を炒めます。
    圧力鍋を使いましたので、ブロッコリーの軸は皮をむかずそのまま輪切りに。

  2. スープストックをひたひたより控えめに注ぎ、冷凍しておいた里芋とエノキタケも加え、加圧すること2〜3分。

    20240131 00016.png

  3. 白味噌とオーツミルクを加え、バーミックスで撹拌します。

    20240131 00017.png

    中〜弱火にかけ、冷凍むき枝豆・フルーツパプリカ・冷凍むきアサリ等を加えてひと煮たち。
    お塩で味を整えてスープジャーに移し、黒胡椒を挽いて出来上がり。




今度は甘酒なしで、にじのわファームさんの紅あずま・ミルク・卵だけで本当のプリンを拵えてみようかしら。
・・・と言うより興味深々、作ってみたい。

20240131 00002.png





table_s.gif





朝食です。
水曜日のお魚はイワシの干物、最高の焼き上がりです。

主食は甘辛い油揚げと温泉卵を添えたお蕎麦ですよ。
お昼のスープで使用する前の圧力鍋でちょちょいと仕上げた甘辛油揚げ。
今日の日本酒にも合うよう小ぶりに煮ました。

20240131 00001.png

昨日から、朝食の小さなおやつが久しぶりに登場しております。


ちょっと、いえ、随分と早めのバレンタイン。
昨年はトリュフコニャックでしたが、今年は3種のフレイバーが楽しめるトリュフパルフメをプレゼント。
もちろん私も主人と一緒になって楽しんでいます。

mono90-thumbnail2.gif










posted by しんさん at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

豆乳ときな粉のとろりアガープリン

いち日もお酒を控えることなく迎えた金曜日。
そして週末に向け、まずは今宵の宴会を楽しみにしている自分に呆れるやら、それでも楽しみやら。

開封済みの豆乳がありましたので、今朝は豆乳ときな粉のプリンを拵えましたよ。

20240126 00004.png

プリンとは言っても、アガーでかためた簡略版。
とろり滑らかなきな粉風味のプリンです。

トッピングには、冷凍してあったバターナッツで拵えたお豆腐白玉団子、とろとろプリンと相性のよいもっちり食感。
そして数日前に拵えて冷凍しておいたジェルブレビスケットとナッツのクランブル、さくさくの食感がこれまた良いアクセント。

拍子抜けなくらい簡単なのに、自慢したくなるくらい美味しいプリンに仕上がりましたよ。

20240126 00003.png





◆材料(245tのメイソンジャーにふたつ分です)

  • きな粉 30g
  • 生砂糖 20g
  • パールアガー 5g

  • 豆乳 207g(中途半端な量残っていました)
  • オーツミルク 豆乳と合わせて300g


    ◆トッピング用

    ジェルブレビスケットクランブル(☆彡)・バターナッツとお豆腐の白玉団子・デーツシロップ 各適量





◆作り方

  1. きな粉・生砂糖・パールアガーを合わせ、予めよく混ぜ合わせておきます。
    ここに豆乳+オーツミルクをダマにならないよう少しずつ加え、よく混ぜ合わせましょう。

    20240126 00007.png

  2. ザルで漉して〜弱火にかけます。
    そっと混ぜながら沸騰させないよう加熱しましょう。

    20240126 00008.png

  3. ジャーに分け入れ、室温でかたまるまでしばらく放置。

    20240126 00009.png

    トッピングをして出来上がり。

    20240126 00010.png






line77-thumbnail2.gif





差し色のない地味なお菜ですが、きっと主人は気に入るでしょう。

残っていた切り餅を油揚げに詰めた餅巾着を、チキンスープベースのスープでこっくり煮含めました。
昨日拵えたピリ辛ベジミートそぼろと温泉卵を添えて出来上がり。

20240126 00006.png

餅巾着を取り出した後は、しっとり高野豆腐を煮含めます。
これで今宵の日本酒のお供も出来上がり。

20240126 00005.png

不思議な餅巾着の組み合わせ、案の定主人は大喜びでした。

20240126 00002.png





line77-thumbnail2.gif




朝食です。

金曜日の主食は伊勢うどん。
やっぱりこのもっちり食感でないと、金曜日のやる気が消沈してしまうのです。

20240126 00001.png

イワシの生姜煮は多めに煮て冷凍しておいたもの。
しっかりと味がなじんでいます。




今週末は久しぶりのワイン会。
楽しいお酒でもやっぱり控えるべきなのか、最近考えてしまうのです。
本当に楽しいのですもの。

twig-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

2層のアガーゼリー〜きな粉と豆乳、はちみつ紅茶とルイボスティー編

昨晩は綺麗な月を見ました。
そして案の定、気分よく主人とふたり、飲み過ぎました。
反省。

今朝はアガーを使って2層のゼリーを拵えましたよ。

20230901 0002.png

ジャーの底には、先日炊いた緑豆とココナッツミルクの餡。
その上には、豆乳ときな粉のゼリー。
そしてトップのはちみつ紅茶とルイボスティーのゼリーには、小ぶりなタピオカを閉じ込めました。

20230901 0005.png

はちみつ紅茶がしっかりと甘いので、上の層のゼリーにはお砂糖を使わなくても十分な甘さ。
睨んだ通り、きな粉ゼリーと緑豆餡の相性が抜群でした。






20230901 0008.png

濃いめに煮出したはちみつ紅茶とルイボスティーは、お水 180gにアガーが小さじ1/2。

20230901 0007.png

きな粉 30gにてんさい糖が15g。
豆乳250gを合わせ、アガーは5グラム。

20230901 0006.png

きな粉ゼリーのゾーンが想像していたよりしっかりした食感。
と言うより、加熱した途端にまるで葛粉を加えたかのようなテクスチャーになりました。





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





そして相変わらずのブルグルを添えます。
今日はサラダ。
少し水分に対してブルグルが多過ぎたようで、そんな時は力業の切り干し大根。

20230901 0003.png




ハリッサの消費量が非常に高い我が家です。
今日もまたカルディオンラインで5つ追加注文致しました。

20230901 0001.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif




朝食です。
金曜日は伊勢うどんの釜玉風、そして取り寄せたイワシの生姜煮。

20230901 0004.png

さ、美容院の予約の時間が迫っています。
主人も帰宅しました。
駆け足の備忘録、帰宅したら日本酒です。

手作りのお豆腐、鯖缶の味噌煮、キュウリの酢の物、お供は既に仕込んで冷蔵庫にてスタンバイ。
楽しい週末です。

illust-moon-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

オレンジ風味〜全粒粉とてんさい糖のしっとりマドレーヌ

今朝は久しぶりにマドレーヌを焼きました。

20230829 0001.png

全粒粉とてんさい糖を使ったしっとりマドレーヌ、オレンジの風味が爽やかです。

今までは卵をしっかりと泡立てていたのですが、今回は材料はほぼ今までのまま、卵の泡立てをせず、生地を1時間ほど室温で休ませてから焼成に至りました。
バターの風味が活きたしっとりしたマドレーヌ、主人の好きなマドレーヌはこの工程が必要だったのですね。

20230829 0003.png

卵の泡立てがない分、こちらの方が幾分気楽に作れるのもまた事実。
しっかりと備忘録しておきましょう。





◆材料(松永製作所のマドレーヌパンに2枚分)

  • 卵 2個(室温に戻しておきます)


  • 全粒粉薄力粉 60g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 3g

  • 無塩タイプの発酵バター 80g

  • てんさい糖 80g

  • ドライオレンジ(市販のドライオレンジをミルで粉砕しました) 20g
  • ブランデー 小さじ1(5g)
  • バニラビーンズペースト 2g


    ◆型にぬるためのバター・全粒粉薄力粉 各適量




◆作り方

  1. ドライオレンジはミルで細かく刻んでおきます。

    粉類は合わせてふるっておきます。

    バターを湯せんで溶かし、そのまま保温しておきましょう。

    型にバターを薄くぬり、全粒粉薄力粉をふって余分な粉をしっかり落としておきます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20230829 0008.png

  2. 室温に戻しておいた卵を軽く溶きほぐし、泡立てないように泡だて器でよく混ぜ合わせましょう。
    お砂糖を一気に加え、ボールの底を湯せんで温めながら優しくそっと混ぜ合わせます。
    お砂糖が溶ければそれで完了。

    20230829 0009.png

  3. 刻んだドライオレンジ・ブランデー・バニラビーンズペーストを加え、泡だて器で混ぜ合わせます。

    20230829 0010.png

    更に合わせてふるっておいた粉類も一気に加え、泡だて器で優しく円を描くように混ぜ合わせましょう。

    最後に温めておいたバターを2〜3回に分けて加えます。
    その都度泡だて器で優しく混ぜ込みます。
    最後にスパチュラで底からすくうように全体をなじませましょう。

    ちょっと緩めの、そう、ハニーマスタードのようなテクスチャーです。

    20230829 0011.png

  4. 絞り出し袋に生地を移し、室温で30分ほど休ませます。
    出来れば1時間休ませたかったのですが、朝は忙しいのです。

    20230829 0006.png

    冷やしておいた型に生地を絞り出し、軽く底を打ちつけて空気を抜きましょう。

    20230829 0007.png

    予熱しておいたオーブンに移し、設定温度 200℃〜180℃で18〜20分。
    ミニマドレーヌの方はひと足お先に取り出しましょう。

    20230829 0013.png

    コロコロと型から転がり出るマドレーヌに思わず笑みが。

    20230829 0012.png






sunflower1-thumbnail2.gif





今日もブルグルサラダを添えます。

20230829 0005.png





今朝は、ふと思いついてブルグルをルイボスティーで戻してみました。
濃いめに煮出したルイボスティーに、冷凍むき枝豆・冷凍なめこを加え、再度煮立ったところでブルグル(細挽きタイプ)を加えます。
火を止めて蓋をし、しばらく蒸らせば準備は完了。

冷凍してあったセミドライミニトマト、冷凍むきアサリ、さいの目に切った赤たまねぎ等々、生食可能な食材を足して、オリーブオイルやお塩で味を整えます。

ジャーに半量詰めたら、すりおろしたペコリーノロマーノを重ね、その上に残りのブルグル、黒胡椒、ハリサを添えて出来上がり。





20230829 0004.png





昨日はバタバタしていて備忘録をせずまま1日が終わってしまいました。
月曜限定、とてもお弁当らしいお弁当を1日遅れで備忘録。

20230829 0014.png





sunflower1-thumbnail2.gif





朝食です。
先日、近所のマックスバリュで綺麗な真鯖を見かけました。
しかも大変なお手頃価格で。

赤酒を使った鯖の味噌煮が、私の味噌煮史上最高な出来でした。

20230829 0002.png

そして昨日の朝食も、ここに1日遅れの備忘録。

20230829 0015.png

最近凝っております水キムチ、そして水キムチを使った朝食の冷や汁風出汁茶漬けではありますが、コリンキーは水キムチには不向きなようです。
ひとつ勉強しました。

w126-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする