2020年11月17日

クスクスとココナッツミルクのライスプディング風

クスクスってね、とても便利な食材だと思うのです。
世界最小のパスタとしても知られるクスクス、応用範囲はひろいし何より調理方法がとても簡単ですから。

週末、何かしらの煮込み料理を拵えてちょっとワインでも、なんてそんな時。
パンを解凍し忘れた、じゃが芋やパスタを茹でるのも億劫、そんな時は煮込み料理のスープをちょいと拝借してクスクスを戻せば炭水化物の出来上がり、何となくお洒落なランチと相成ります。

今日はそんなクスクスを使ったお弁当。

20201117 00008.png

クスクスとココナッツミルクのライスプディング風です。

甘さはココナッツミルクと相性の良いココナッツシュガーで。
ドライフィグ、自家製柚子胡椒の副産物でもある自家製柚子茶でも甘みを補い、使用したココナッツシュガーは少量でも甘さは十分。

20201117 00006.png

ライスプディングと言うには少々食感がしっかりし過ぎてはおりますが、ココナッツミルクの増量で食感はどうにでもなるのではないかしら。
主人に言わせると“カップケーキ”のようですけどね。

クスクスのつぷつぷ感が健在で、食感楽しいライスプディング風に焼きあがりました。
バターは型にぬる分に止め、代用としてプディング生地には酒粕を使用。
多少のカロリーダウンに貢献しているのではないかしら。

20201117 00009.png





とっても簡単です。

◆材料(100mlの耐熱性プリン容器に4つ分)

  • ココナッツミルク 200t
  • 酒粕 35g
  • ココナッツシュガー 30g
  • バニラビーンズペースト 2g
  • お塩 ひとつまみ

  • クスクス 45g

  • 卵黄 1個分
  • 自家製柚子茶 20g
  • アーモンドプードル 15g
  • ドライフィグ(刻みます) 1個
  • アーモンド・胡桃・カシューナッツ(粗く刻みます) 各10g

  • トッピング用の甘栗、ざらめ糖 適量
  • 容器にぬるバター 適量





◆作り方

  1. ココナッツミルク、酒粕、ココナッツシュガー、バニラビーンズペースト、お塩をお鍋に合わせ、優しく混ぜながら沸騰直前まで温め酒粕その他を溶かします。

    ここにクスクスを加え、再度沸騰直前まで温めたら火からおろしてお鍋の蓋をぴったりとしましょう。
    10分ほど蒸らします。

    20201117 00010.png20201117 00011.png


  2. 自家製柚子茶は柚子胡椒を拵える際の副産物。
    表皮だけを柚子茶に使用し、残った柚子の種を除きながら刻んで同量の氷砂糖と一緒に漬け込むだけ。
    数日冷蔵庫に保存し、氷砂糖が溶ければ出来上がり。

    トッピング以外の材料と一緒に、ココナッツミルクを含んだクスクスに加えてよく混ぜましょう。
    柚子茶、もう少し柚子を細かく刻んで漬け込めば良かったかしら。

    20201117 00001.png20201117 00002.png
    20201117 00012.png


  3. 容器に薄くバターをぬって2を分け入れます。
    甘栗をトッピングしてざらめ糖を散らし、180℃のオーブンで湯せんすること40分。

    20201117 00007.png

    もう少し焼き時間は少なくて良かったかしら。
    プティングのとろりとした食感ではありませんね。

    20201117 00013.png






il-plants5-thumbnail2.gif





クスクス生地に使用した卵黄、そして残った卵白。
週末に畑で収穫した分葱でヌタを拵えましたが、その時のゲソを少量残しておきました。
ヌタに使用したのがゲソというのも貧乏性なところですが。

残った卵白と残したゲソを合わせた思い付きイカ団子、たっぷりの甘酢漬け野菜と合わせた常備菜に。

20201117 00004.png





ゲソと卵白、少量のお塩を合わせてミルで撹拌、刻んだ人参、蓮根、アボカド、白味噌を合わせましょう。
手のひらに胡麻油をぬりながらざっくりお団子状態にし、オーブンでこんがり焼きます。

人参は塩してしんなりさせましょう。
玉ねぎは薄切りに。
パプリカは大ぶりに切り、シメジは大ぶりにほぐし、お魚焼き網でこんがり焼きます。

保存容器に甘酢を拵え、焼いた野菜を熱々の状態で漬け込みます。
玉ねぎも人参もイカ団子も漬け込んで出来上がり。

20201117 00014.png20201117 00015.png
20201117 00016.png







彩り良くジャーに詰め込んで出来上がり。
お昼のお菜と常備菜の同時進行、これって本当に画期的。

20201117 00005.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は釜揚げしらすとお蕎麦の組み合わせ。
主人と伊豆の方に行ったとき、お昼に食べた生しらすとお蕎麦の組み合わせが意外で美味しかったので。

20201117 00003.png

昨日と言い今日と言い、日中のリビングは汗ばむほどの暑さです。
最近はすっかり部屋干し派となった我が家、お天気に左右されないお洗濯って本当に楽しい。

さ、主人に仕事部屋を譲りましょうか。



daisy2-thumbnail2.jpg



posted by しんさん at 14:25 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

丸ごとバターナッツのバナナパンプキンケーキ

新型コロナ感染予防の一環として、生鮮食品はオンラインショッピングが基本となりました。
こうなる前から2台あった車を1台にし、無駄を見直し老後に備える方向で準備しておりました我が家にとっては、生活を潤す追い風となった気が致します。

さて。
畑の帰りにたまに実店舗を覗くことはあれど、生鮮食品の調達は今やほぼイオンネットスーパーか産直アウル。
夏にお願いしたアウルさんの夏野菜詰め合わせ、中に可愛らしいサイズのバターナッツかぼちゃがありました。
バターナッツも含め、カボチャとなるとついハロウィンや冬至を想ってしまうのは私だけでしょうか。
明日はハロウィン、今日まで追熟を待ったバターナッツで色合い鮮やかなパンプキンケーキなど。

20201030 00004.png

お砂糖を使わず蜂蜜を使ったパンプキンケーキ。
ちょうど完熟したバナナがあったので、バナナで甘みを補い蜂蜜の量をうんと控えました。
カボチャとバナナ、こんなに相性が良いなんてささやかながら大きな発見。

20201030 00005.png

チーズケーキのような佇まいですが、クリームチーズの代わりに酒粕を使いました。

20201030 00011.png

酒粕、バナナ、蜂蜜で我ながらこんなに美味しく仕上がるなんて。
バーミックスで材料を混ぜるだけなのでとても簡単ですよ。

20201030 00003.png





◆材料

  • バターナッツ 1個

  • 超完熟バナナ 小ぶりなもの1本(正味130g弱)
  • 酒粕 35g
  • 蜂蜜 35g
  • ココナッツオイル 15g
  • 卵 1個
  • ナツメグ(すりおろします) 適量
  • シナモンパウダー 適量

  • 全粒粉薄力粉 15g




◆作り方

  1. バターナッツを綺麗に洗い、先ずはそのままふんわりラップをして2分ほどレンジ加熱します。
    少しやわらかくなったところで縦に2等分し、更にふんわりとラップをして果肉が十分やわらかくなるまで2分弱レンジ加熱しましょう。

    皮を突き破らないよう気をつけながら、果肉をスプーンでくり抜きます。
    天板にアルミホイルを敷き、オーブンシートを重ねた上にふたつ並べておきましょう。
    くり抜いた果肉は115gありました。

    20201030 00006.png

  2. くり抜いた果肉に薄力粉以外の材料を全て合わせます。
    バーミックスで滑らかに撹拌し、全粒粉薄力粉をふるい入れてスパチュラでさっくりと混ぜ込みましょう。

    くり抜いたバターナッツにたっぷりと流し入れ、表面をさっと平らにならします。
    バターナッツが傾かないよう、ふわりと丸めたアルミホイルを枕にして平らに保ちましょう。

    200℃に予熱したオーブン庫内へ速やかに移します。

    20201030 00009.png20201030 00008.png
    20201030 00007.png


  3. 設定温度は少し低めの170℃、じっくり30分焼きましょう。

    20201030 00010.png

    焼きあがったらそのままオーブン庫内で粗熱をとります。
    冷蔵庫で冷やして召し上がれ。
    余った生地のかぼちゃプリン風も楽しみなのです。

    20201030 00012.png







table_s.gif






今まで当然だと思っていたお買い物、今はさておきやがては加齢により色々思い通りにいかないことも出てくることでしょう。
その心構えとしても今の生活は貴重だと思っております。
そして何より、以前に増して我が家の生活が楽しくなっているのも事実。

訳あって、先日初めてメルカリにて出品をし取引が成立致しました。
その時の資金を使い、今まで考えてもいなかった生鮮食品、柚子を調達しました。
そしてこれが素晴らしく高品質な柚子。

しかもお相手がとても良い人。
まさかメルカリで心和むお買い物が出来るとは正直思ってもおりませんでした。

例年以上に大切に使いたい柚子。
皮は当然全て柚子胡椒になりましたが、皮を全てむかれた柚子で今日は柚子ドレッシングを拵えてみました。
柚子ドレッシングで和えたアボカドと高野豆腐のサラダがお昼のお菜。

20201030 00001.png





  1. 皮をむいた柚子を縦半分に切って爪楊枝等で種を取り除き、更に放射線状に切りながら種をしっかり除きます。
    オリーブオイル、玉ねぎ、蜂蜜を加え、バーミックスで全体が白っぽくとろりとするまで撹拌しましょう。

  2. 高野豆腐は熱湯で戻します。
    熱湯に浮かべて約5分。
    そっとすくってたっぷりのお水にとり、優しく押し洗いしてからキッチンペーパーに包んでしっかりと水気を絞りましょう。

    アボカド、レーズン、クコの実、パンプキンシード、塩・黒胡椒と一緒に1に加えて和えれば出来上がり。

    20201030 00013.png20201030 00014.png
    20201030 00015.png






table_s.gif





今朝の主食は久しぶりのへしこ茶漬け。

鯖のへしこをさっと炙りってご飯の上にひと切れふた切れ。
熱々の昆布だしをたっぷり回しかけ、自家製柚子胡椒を添えて召し上がれ。
いくつかある主人の大好物、本当に大好物が多い人です。

20201030 00002.png

主人が今回取り寄せた鯖のへしこは、いわゆる有名どころのそれではない民宿の経営者が手作りで拵えるへしこ。
これが抜群に美味しくて、いつか気兼ねなく外出できる日になったらこの民宿にお邪魔したいと思っております。

さ、月にいちどの歯科検診。
帰宅したら金曜日の宴会が始まります。




2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:46 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

カボチャとお豆腐の白玉団子〜十三夜のお月見ぜんざい

今日は十三夜。
今年は確か10月1日だった中秋の名月(☆彡)に続く名月、後の月が綺麗に拝めそうな今日は秋晴れです。

お月見だんごじゃないけれど、お月さまみたいな真ん丸白玉団子を拵えましたよ。
甘さをぐっと抑えた小豆餡と一緒にメイソンジャーに盛り付けて、パフェみたいな白玉ぜんざいで名月を想うのも我が家風。

20201029 00006.png

真ん丸白玉団子はカボチャとお豆腐で。
昨日サンドウィッチ用に拵えたほんのり甘いカボチャペーストとお豆腐で白玉粉を捏ねました。
いつものお豆腐白玉に勝るとも劣らぬもっちり食感、そしてずっとやわらか。

ぽってり煮た小豆餡はお砂糖不使用、デーツシロップで甘みを補いました。
そしてふと食べたくなってイオンネットスーパーでお願いした甘栗、栗名月ともいわれる今宵十三夜にはぴったりなトッピングなのではないかしら。

20201029 00003.png

ちょうど柿が半分残っていたので、大好きな柿とヨーグルトの組み合わせは今回断念。
白玉団子のお月さま、それによく似た山吹色の色合いの柿が十三夜の気分を盛り上げてくれます。

ふたつ並んだお月さま、なんだっけ、そんな小説あったわよね。

20201029 00007.png





主人も認める無類の豆好き。
食べたことはないけれど、むき甘栗の小豆バージョンのようなお菓子をどこかで見たような気がします。
おやつのように食べられる、ほんのりお塩を効かせた蒸し小豆を作れないものかと数回チャレンジ致しましたがどれも結果は散々。
やはり小豆は普通に煮るのがいちばん安心。

・・・とは言っても圧力鍋ですが。



小豆を洗い、たっぷりのお水と一緒に強火にかけます。
煮立ったところでザルにあけて茹でこぼせば、それで準備は完了。

圧力鍋に移して全体が十分にかぶる量のお水を注ぎ、加圧すること15分。

小豆の粒が表面から出るかな?出ないかな?くらいに少し煮詰め、お砂糖の代わりにデーツシロップを回しかけましょう。
更にお好みの状態になるまでしばらくことこと弱火で煮詰め、お塩をひとつまみ加えて仕上げます。

20201029 00008.png20201029 00009.png






昨日のサンドウィッチ用に拵えたカボチャペースト(☆彡
ほんの少し残ったこのカボチャペーストを真ん丸白玉団子にリメイクしましょう。

  1. かぼちゃペーストは39g。
    同量 39gの白玉粉とビニール袋で合わせ、すり込むようになじませます。

  2. 白玉粉の粒が残っていても大丈夫。
    何となく全体がなじんだら木綿豆腐 41gを加え、手のひらの親指付け根当たりでのばすようにして捏ねましょう。
    お豆腐は少し控えめに加え、様子を見ながら足していくのが理想的。
    なめらかになった生地を棒状にのばし、14gずつに包丁で切り分け真ん丸に丸めます。

    20201029 00012.png20201029 00013.png
    20201029 00011.png


  3. たっぷりお湯を沸かし、ぐらぐら煮立たせないように火を弱めお団子をそっとお湯の中に。
    ふわりと浮かび上がってきたら一呼吸おいて冷水にとります。

    20201029 00010.png





小豆餡と白玉団子が出来れば準備完了。

20201029 00005.png

小豆餡をジャーの底にたっぷり、その上に柿と白玉団子。
上にも少し小豆餡を盛ったら、白玉団子、むき栗、柿、ローストした胡桃、クコの実やパンプキンシードをお行儀よく並べて出来上がり。

20201029 00014.png






table_s.gif





週末に拵えた三國シェフのコック・オー・ヴァン。
三國シェフ自らが家庭で作りやすいお料理を動画で紹介していらっしゃいます。

その中の特にコック・オー・ヴァンが主人のハートを射止めたようで、そしてそのレシピで拵えた骨付きもも肉のコック・オー・ヴァンが目下のところ彼の大のお気に入りのよう。

鶏もも肉を買ってくると言ってきかない主人を何とか“せせり”で誤魔化そうとも致しましたが、当然断固反対されて気付けば週も後半。
言えばすぐにでも鶏もも肉を買ってきそうな主人をなだめるためにも、今朝強行突破で拵えたコック・オー・ヴァンせせりver.

20201029 00001.png

ほらね、美味しい。
包丁要らず、扱いやすいせせりは私の友なのですから。





  1. せせりは予め室温に戻しておき、お塩・白胡椒を多めにまぶしておきます。
    この工程もビニール袋で楽々お気楽。
    しっかり下味をつけたら、次は米粉を多めにまぶしましょう。

  2. 圧力鍋にオリーブオイルを熱してせせりを一つずつ並べ入れ、しっかりめに焼き色をつけ一旦別皿に取り出しましょう。

  3. 大ぶりに切った人参、厚めに切った玉ねぎを2の鍋に加え、鍋肌をこそげるようにしながら炒めます。
    鍋肌が綺麗になったら包丁の腹でつぶしたニンニク、シメジとマイタケを加えて炒め合わせ、取り出しておいたせせりを戻し入れます。
    ブランデーを加えてフランベしましょう。

  4. 赤ワインをひたひたに注ぎ、トマトピューレ、ローリエ、ブーケガルニを加えます。
    皮をむいたじゃが芋も縦半分に切って加え、加圧すること5分間。

    20201029 00016.png20201029 00017.png
    20201029 00018.png


    必要ならば今しばらく煮詰めて出来上がり。

    20201029 00015.png






スープジャーを熱湯で少し温めてから、出来上がったせせりコック・オー・ヴァンを詰めれば汁気が少なくてもお昼まで熱々です。

20201029 00004.png





ちなみに、こちらが三國シェフのレシピに相当忠実に作った週末のコック・オー・ヴァンです。
主人が毎週末食べたいという、そして私はあまり作る気がないコック・オー・ヴァン。
20201029 00019.png





table_s.gif





あれだけせせりのコック・オー・ヴァンには消極的だった割には、どうしても朝食べたいと主人に懇願されました。
ほんのひと口分を金太郎イワシのお皿の脇に。
主食のしらすご飯との相性など主人にとってはどうでもよいお話なのです。

20201029 00002.png


お月さまが綺麗な十三夜の本日。
最近、我が家ではたいへん積極的に“眠り”向上に努めております。

高品質な眠りを誘うためのBGMにと、前回主人が取り寄せたEuropean SpaのCDはどうも主人には今ひとつ。
諦めない彼が翌日選んだCDはそのままずばり、“入眠サポート 自然音で眠りたい”
昨晩は調子を取り戻したonkyoで早速水の流れる音を聞きながらの就寝と相成りました。

川の流れから始まり、1時間ほど延々と水の流れる音が流れるだけのCD。
ですが最初の川の流れを聞き終わらないうちにふたりともぐっすり。
私はともかく、いつも眠りの浅い主人が感動して今朝は目覚めたようです。





快眠向上計画、ますます積極的になる主人が今までの経験上少々おそろしくもある十三夜の夜なのでございます。



cup.gif




posted by しんさん at 14:06 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

チコリのお花のしっとりアボカドクッキー〜お砂糖・バターを使わないチーズ風味

週末に焼いたザクザクオートミールクッキー(☆彡)とがらりと食感を変え、9月最後の今週はしっとりアボカドクッキーで幕開けです。
アボカドをバター代わりに使ったバター不使用、ならばとついでにお砂糖も使わずに焼いたしっとりアボカドクッキーですよ。

20200928 00003.png

あまり美しく仕上がりませんでしたが、いちどやってみたかったエディブルフラワーのクッキー。
しっとり全粒粉生地の上にペタッとお花をトッピング。
このお花、週末畑で摘んできたチコリのお花です。

20200928 00001.png

今、畑ではバタフライピーのお花が全盛期。
畝をいくつか隔ててどっしり根を張るチコリ、存分にお花を咲かせて種を摂取しようと様子を見ているのですが、一向に枯れる気配がしないなかなかの生命力。

お花は色も含めて本当に繊細で、ちょっとでもガクを傷つけると花びらがバラバラになってしまうので摘み辛いこと摘み辛いこと。
1日くらいならば冷蔵庫で鮮やかな淡いブルーを保ってくれるのですが・・・

20200928 00005.png

この儚いブルーをクッキーに応用するのはなかなかの高難度なようです。
焼きあがったクッキーのチコリはすっかり色あせてしまっておりました。
残念。

20200928 00004.png

まるで何かの化石のような佇まい、そんなチコリのお花をあしらったアボカドクッキーではありますが、材料も材料ですし体はきっと喜んでくれるに違いない。
そう自分に言い聞かせ、今日も主人を送り出します。

20200928 00002.png





◆チーズ風味のアボカドクッキーの材料(13〜15枚分といったところでしょうか)

  • アボカド 1/2個(正味55g)
  • 卵黄 1個分
  • プロテイン(ザバス(SAVAS) ウェイトダウンヨーグルト風味を使用) 30g
  • 自家製豆乳ヨーグルト 60g
  • レモン汁 2g
  • ペコリーノロマーノ 40g

  • 全粒粉薄力粉 70g
  • アーモンドプードル 30g

  • チコリのお花 適量
  • 卵白 適量





◆作り方

  1. アボカド・卵黄・プロテイン・ヨーグルト・レモン汁をボールに合わせ、バーミックスで滑らかに撹拌します。
  2. ペコリーノロマーノは予めミルで粉砕しておきましょう。
    1に加えてスパチュラで混ぜ込みます。
  3. 全粒粉薄力粉・アーモンドプードルを合わせてふるい入れ、スパチュラで混ぜ込みましょう。
    しっとりとした大ぶりなそぼろ状になればOKです。

    20200928 00012.png20200928 00013.png
    20200928 00014.png


  4. 大きめにカットしたラップの上に移し、形を調えながらぴったりとラップで包みます。
    冷蔵庫で1時間ほど冷やしましょう。

    20200928 00011.png

  5. 冷えて扱いやすくなった生地を包丁で切り分け、オーブンシートを敷いた天板に並べます。
    刷毛で卵白を表面にぬり、さっと洗ってスピナーでしっかり水切りをしたチコリのお花を貼り付けましょう。
    上からも卵白を刷毛でぬり、200℃に予熱したオーブンへ。

    20200928 00007.png

    設定温度を170℃にして15〜18分。

    20200928 00009.png

    焼きあがったら熱いうちに網の上に移して冷まします。

    20200928 00010.png






table_s.gif





と、色あせたチコリのお花については少々不本意ではありますがアボカドクッキーそのものはとっても簡単。
実は、生地を1時間たっぷり休ませたのにも訳があります。

どうしても愛用しております『にがり』がオンラインでは納得いく値段で購入出来ない、そこで渋々畑の帰りに寄った久々のマックスバリュ。
新型コロナの一連で車中待機が常だった主人と、久しぶりにふたり一緒にお店の中に行こうと勇んで店内へ。
にがりの売り場も主人に知っておいてもらわないと後々困りますからね。

ふと主人の足が止まった精肉売り場、鶏のレバー。
『鶏のレバー、良いよねぇ、ゴボウと甘辛く煮てさぁ、生姜たっぷりでさぁ・・・』
今週の作り置き料理の一つは鶏レバーとゴボウの甘辛煮と相成りました。

20200928 00006.png

そう滅多にレバーを含め臓物系はお料理しない性分です。
加減というものを存じませんから下ごしらえに時間がかかること。
やれ血のかたまりだ、やれハツモトだとやっている間に、当初30分の予定だったクッキー生地の冷蔵時間は倍に跳ね上がりました。
おかげで余裕のハズだった時間にも追われるハメとなり、いつもはふたつ並ぶお昼のお菜も主人の分だけでギリギリ。

主人は鶏レバーに大喜びですから、ま、結果オーですけどね。
あ、でも、これからは毎週これを作ってと言い始めるまで気に入ってくれるとは予想しておりませんでした。
・・・い・や・で・す。





レバーはひと口大に切って氷水に10分ほど晒します。
ハツはハツモトを切り落として縦に切り込みを入れて開き、中の血の塊を取り除きましょう。
洗ってたっぷりの熱湯でさっと茹でてザルにとります。

お水とお酒、お醤油、みりん、お砂糖を圧力鍋に合わせて煮立て、レバーとハツを加えましょう。
乱切りにしたゴボウ、たっぷりの千切り生姜を散らして加圧すること10分間。
圧が抜けたら蓋をあけて煮詰め、仕上げに濃い口醤油と蜂蜜をちろり。
刻みネギを散らして出来上がり。

20200928 00016.png20200928 00017.png
20200928 00015.png






table_s.gif





主人と一緒に実店舗でのお買い物は本当に久しぶりでした。
そして主人は見逃しませんでした。
私が卵をお買い物かごにそっと入れたことを。

帰りの車の中、いえ、それどころかレジに並ぶ前に主人はもう察しておりました。
『今日卵を買ったってことは・・・だよね?』

20200928 00008.png

食べ物に関してだけは本当に感の良い主人。
主人に言われて思い出しました。
我が家のお約束、卵を買った翌日の朝は釜玉うどん。





秋の空気が漂う畑、日曜日は正に秋晴れでした。
2017年、3年前に収穫したバタフライピーの種を試しに蒔いたところのこの雄姿。

20200928 00018.png

こんもり衝立状態となって畑を区切っております。
お茶用に乾燥させるだけでなく、今年は種もたっぷり収穫出来そう。





daisy2-thumbnail2.jpg


posted by しんさん at 15:16 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

これで最後、カラフル4色白玉団子パフェ

冷蔵庫の隅で所在なげに鎮座しております資生堂のコラーゲンドリンク、いよいよ最後の1本となりました。
コラーゲンの黄色、バタフライピーティーのブルー、ビーツのピクルス液を使った赤、そしてお豆腐の白、4色の白玉団子もこれが最後。
今日は黒胡麻と豆乳のフルフルブラマンジェと合わせてみましたよ。
最後のカラフル4色白玉パフェです。

20200924 00003.png

発売当初から日々愛飲して参りました同品ですが、些細な不具合によりサントリー製を試した結果あっさり過ぎる鞍替え。
依頼サントリー製のコラーゲンドリンクを愛飲しております。
それに伴い、資生堂製コラーゲンはお片付けしたいものリストの仲間入り。

主人と半分こしてみたりお名残り惜しさもありましたが、コラーゲンが残り数本となったところで白玉団子に使うという荒技を見出しました。
淡い黄色のコラーゲン白玉は味もほんのりピーチ味(かな?)、見た目も味もお気に入り。
4色の白玉団子が並ぶ姿に目を細めるのもこれで最後でしょう。

20200924 00007.png

白玉団子の下には、アガーでフルッとかためた豆乳ブラマンジェ、そして黒胡麻ペーストを加えた黒胡麻ブラマンジェ、2色のブラマンジェが層になっています。

合わせた餡は緑豆餡。
緑豆、もち麦、ココナッツシュガー、ココナッツミルクを使った甘さ控えめの餡を小分けにして冷凍しておきました。
解凍して添えるだけなので楽々です。

20200924 00002.png





◆少々値の張る黒胡麻ペーストはミルで手作り

  1. 黒胡麻と少々の胡桃を合わせ、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストします。
  2. ミルに移し、しっとりするまで撹拌します。
    しっとりしたところで太白胡麻油を少しずつ加えてペースト状に仕上げましょう。

    20200924 00010.png
    20200924 00011.png20200924 00012.png


    黒胡麻ペースト完成、バタフライピーティーの蒸らしも終わりましたよ。

    20200924 00009.png






◆アガーを使った簡略版豆乳ブラマンジェへと進みます。

  1. 乾いたお鍋にてんさい糖 15g、アガー 6gを合わせてよく混ぜ合わせます。
    豆乳 400tのうち、先ずは100t程度を加えてよく混ぜ合わせましょう。
    その後残りの豆乳を注いでよく混ぜてから、徐に中火にかけて沸騰直前までゆっくり混ぜながら温めます。
  2. 出来上がった黒胡麻ペーストを25g程度ボールにとり、豆乳を少量加えてよくなじませます。
    黒胡麻がよくなじんだところで半量程度の豆乳を加え、デーツシロップをちろりと加えてそっと混ぜます。

    20200924 00013.png

    容器にそっと注ぎ、氷水をあてて冷やしかためましょう。

    20200924 00014.png

  3. 黒胡麻ブラマンジェがかたまったら、豆乳ブラマンジェ液をそっと注ぎます。
    お鍋の中でかたまってしまっていたら、軽く温めればすぐ液体になります。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、しっかりと冷やしかためましょう。

    20200924 00005.png

  4. その間に4色白玉団子の準備へ。

    白玉粉と液体は大体同量、1:1ではありますが、液体は僅かに控えめにして様子を見ながら足すのがよろしいかと。
    白玉粉 30gに対し、コラーゲン・バタフライピーティー・ビーツのピクルス液は各25g加えて先ずは捏ねます。
    その後極少量ずつ液体を足して程よいかたさに仕上げましょう。

    お豆腐白玉は、白玉粉 1に対してお豆腐 2弱。

    それぞれ耳たぶ程度のかたさにまとめ、包丁で等分して丸めましょう。
    たっぷりの熱湯でそっと茹でて氷水にとりますが、ビーツ白玉だけはいちばん最後に。
    色移りしてしまいますからね。

    20200924 00016.png20200924 00015.png
    20200924 00017.png


  5. 2食の豆乳ブラマンジェもかたまり、緑豆餡も解凍完了。
    これで準備完了です。

    20200924 00008.png

    後はブラマンジェの上に白玉団子を並べ、中央に緑豆餡を盛って出来上がり。
    いつもならば胡桃もトッピングするところですが、今日は黒胡麻ペーストに使用しましたからね。

    20200924 00004.png

     




table_s.gif





黒胡麻ペーストをミルで仕込む前に、毎朝の納豆に忍ばせるチアシートを粉砕しました。
そんな余計なことをしているから時間に追われるのです。

おまけに今朝は何だか不運続き。
せっかくフルッとかたまった黒胡麻ブラマンジェを氷水の中で転覆させてしまうし、豆乳ブラマンジェを注いだ後も派手に氷水浸水の不運。
すべて私が悪いのですが・・・

20200924 00001.png

と、言う訳で今日のお菜は作り置きしておいて助かった人参サラダ、これだけです。





table_s.gif





そう、我が家の食事は絵にかいたような尻すぼまりです。

朝は炭水化物もたんぱく質も発酵食品もがっつり。
お昼は一応炭水化物も少々。
そして夜は炭水化物なし、量も控えめ、主人は寝る前から翌日の朝食を楽しみにしております。

今朝は作り置き料理でもある山芋の漬け活用編。
漬け汁ごとミルでとろろ状にしてお蕎麦の上にたっぷりトッピング、漬け汁もろともお片付けといった塩梅です。

20200924 00006.png

夏の間は平日毎日拵えた茄子のお味噌汁。
胡麻油で焼き色がつくまでしっかり炒めた茄子のお味噌汁が主人のお気に入りでしたが、そろそろ茄子終わり大根に替わる頃合いでしょう。

イオンのネットスーパーでは茄子は品切れ、代わりに青首大根がお手頃価格になっておりました。
今日は木曜日。
3時過ぎたら土曜日の午前中に届けて頂くお買い物を完了しなければ。




daisy2-thumbnail2.jpg





posted by しんさん at 14:14 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする