2012年04月28日

ナイジェラ風トライフルが大暴走しております

ナイジェラ風トライフル・・・イギリス人料理研究家のナイジェラ・ローソン (Nigella Lawson) が、ご自身の番組で紹介していたもの。生クリームをたっぷり使った簡単トライフルのことです。
このトライフルを見てからです、主人が自らの箍を自ら外したのは。生クリーム好きにも程があるわ。

放っておけば、仕事の帰りにトライフルの材料を調達してくる始末。家からそう遠くないスーパーに、タカナシの乳脂肪47%生クリームが陳列されているのを知ってしまってからは更に加速。

ゴールデン・ウィーク初日の本日、お昼ご飯がナイジェラ風トライフルだなんて・・・

はっ!
いけない・・・ついつい彼の策略にのってしまったわ!ついつい私が作ってしまったわ!
なんやかんや言って楽しんでいるのね、私自身も。

歴代我が家のナイジェラ風トライフル、見る?

2012年04月04日
2012年04月15日
2012年04月17日










  • 今回は、近所のスーパーに行った時に見かけた “杏仁豆腐の素” を使ってみましたの。
    懐かしい “ハウスのプリンミクス” の類ですよ。
    お水と牛乳入れて冷蔵庫でかためるアレ。アレの杏仁豆腐版ってところ。

    杏仁豆腐の素の指示通り材料を混ぜ、粗熱がとれたところでリキュールを加えます。
    このリキュールを毎回何にしようか考えるのが結構楽しいんだな。
    今回使ったリキュールはアマレットですよ。たっぷり100CC。近所の量販店で調達した安いアマレットだけど、着眼点は良かったのではないかしら。完全に自己満足ですけどね。

    デニッシュパンを切って型に敷きこみ、アマレットがたっぷり入ったキッチュな杏仁液をたーっぷり注いで一晩冷蔵庫でしみ込ませるのです。

    そして、いよいよタカナシ乳脂肪47%生クリーム登場。
    とろみがつくまで泡立てたら、ここにもアマレット入れますよ。結構入りましたよ。ゆるめに仕上げたアマレット入り生クリームをどちゃーっと。もぉここまでくるとやけのやんぱちです。
    オーブン庫内では、140度で10分 (予熱なし)で乾煎りしたアーモンドが冷めております。
    白桃缶・粉砂糖とともにトッピングして仕上げます。











さぁ、今日のお昼は “大暴走し始めたナイジェラ風トライフル” だよ!
・・・というわけで、主人が選んだお酒。

・・・パスティスときましたか・・・PERNOD (ペルノー) ときましたか・・・確かにね、この氷を入れて白濁した感じがお昼飲むのに良い感じなのですが・・・キツいわよ、この組み合わせは・・・アニス香が!





いずみチューリップが愛らしいで我が家の食卓。チューリップと妻が唖然とする程、主人はこのトライフルがお好みの様子・・・ってか、兎にも角にも生クリームが好きなんだな。

君ぃ、完食する気ですか?

posted by しんさん at 17:13 | Comment(0) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

梅酒の梅でクグロフを作ったよ!

今を遡ること2ヶ月くらいかしら。
Oおくさまにね “梅酒の梅” を頂いたの。ただ、梅酒とは言ってもブランデー漬け。おぉ贅沢ぅ。

それがまぁご立派な梅たちでね。大粒で美味しそうで・・・これは何かにしてあげないと、と。
そんなワケで作ってみました。

梅酒の梅がごぉろごろ入った “クグロフ” です。
ちょうどクリスマスも近づいてきたことだし、なんとなく良いタイミングじゃぁなくて?

クグロフ生地が余ったので、本日のお弁当用に紙製のパウンドケーキ型でおまけサイズも。
ぱかっと半分に切ってみましょうか?

ね?梅がごぉ〜ろごろでしょ?


梅酒を楽しんだ後の梅の実でジャム・・・って話はよくありますが、基本的に梅酒の梅でジャムを作るってのは実はあまり好きじゃないのです。
だって、他のフレイバーのジャムの方が美味しいし好きなんですもの。


でも、この梅酒の梅をドライフルーツとして使うのってアリだと思うのです。
梅を茹でこぼす必要もないし、取り除き辛い種も愛らしいまでに簡単にむきゅっと取れるし。
暇な時に種を除いてお好みのリキュールに浸けておけば、フルーツケーキを作りにぴったり。

梅酒の梅で作るドライフルーツ風。種を除いてあるのでつまみ食いにもぴったりよ。
フルーツケーキ、クグロフ、シュトーレン、バネトーネ、たまには梅でアレンジなんていかが?










【先ずは梅を天日に干します。そして梅の種を取り除きましょう】


  • 梅酒の梅は水気をよく拭き取り、平らなザルにひろげて数日天日に干します。
    からからに干す必要はありません。しっとり感が残る程度で良いのです。

    さ、干した梅の種を取り除きましょう。

    両手の親指と人差し指を使って、干した梅全体を優しく優しく揉みほぐします。
    側面を揉みほぐしたら上下も忘れずに。種の尖った部分で怪我をしないよう優しくね。

    やがてヘタ部分になんとなく隙間が出来た感が伝わります。ここまで来たらあと少し。
    種を縦に立て、両手の親指で果肉を押し下げるようにすれば種が半分顔を出します。後は種のお尻部分を親指で押してあげれば、種がぽろんっと素直に落ちてきますよ。

    ね、こんなに綺麗に種だけがぽこっととれちゃうの。
    これなら、お菓子等いろいろなお料理にも使いやすいでしょ?

    後はこれをお好きな大きさにカットし、お好きなリキュールに数日浸けておきます。
    時間が出来た時にフルーツケーキでも何でもお好きなお料理に使えちゃう。
    今回はOおくさまから梅と一緒に頂いた梅酒に浸けておきましたよ。










さ、良い感じに梅酒がなじんできましたので、クグロフでも作ってみましょうか。イーストを入れて生地を発酵させ、型に生地を詰めて焼くクグロフ。ケーキと言うよりパンって食感かしら。
大好きな “みなみさんのケーキノート” を参照にしました。

加えるドライフルーツは、ラムやブランデーに早くから漬け込んでおくと美味しさひとしお。
レーズン等オイルコーティングしてある物は、さっと熱湯にくぐらせてからお酒に漬けて下さいね。


  • 発酵バター 65グラム・卵 1個は室温に戻しておきます。
  • 牛乳をいったん沸騰させ、ある程度冷ましてから100グラム計量します。沸騰させる前に計量すると減ってしまいますからね。


  1. 室温に戻した卵を溶きほぐし、計量した牛乳を加えて混ぜ合わせます。イーストの発酵を促すため、35〜40度をキープして下さいね。
    バターはクリーム状に練っておきます。
  2. 強力粉 150グラム・薄力粉 100グラム・インスタントドライイースト 11グラム・お砂糖 40グラム・お塩 5グラム・シナモンパウダー 小さじ1。
    以上を大きめのボールに全て入れ、泡立て器で均一に混ぜ合わせます。
  3. 2の粉類に1の牛乳を少しずつ加えては手で混ぜ合わせます。全体が滑らかになるまで丁寧に捏ね混ぜ、更にクリーム状に練っておいたバターも加えて混ぜ込みます。
  4. 梅酒に漬けておいた梅・冷凍レモンのすりおろしも加えて軽く全体を混ぜ、生地を丸くまとめます。大きめのボールに薄く油をぬって生地を移し、ぬれ布きんとラップをかぶせてオーブンの発酵機能(40度)を使って生地が倍になるまで1時間程発酵させましょう。
  5. 生地のガス抜きをして棒状にまとめ、薄くバターをぬったクグロフ型に詰め込みます。再度ぬれ布きんとラップをかぶせ、30〜40分間2次発酵させましょう。生地が型の2/3以上ににふくらんだら、190度に予熱したオーブンに素早く入れます。

    設定温度を180度にして焼くこと30分。
    串をさしてみて、生の生地がついてこなければ焼き上がりです。

    熱いうちに型からはずし、梅酒をハケで全体にたっぷりしみこませるようにぬります。更に、茶こしで粉砂糖をたっぷりふりかけましょう。
    梅酒→粉砂糖の工程を3回ほど繰り返し、そのまま冷まして出来上がり。

主人、本日のお弁当はこれが主食なのよ。

クグロフ型で焼いた方は・・・えぇ〜っとぉ・・・Oおくさま、食べてみてやって下さいます?
あのぉ・・・本当にお家であるもので焼いただけの力抜き抜きのクグロフなんですけどぉ・・・
お忙しい日々日常、お腹が空いた時にちょいっとつまんでやってみて下さい。
日持ちするので・・・えぇっとぉ・・・本当スミマセンこんなんで。










そんなこんなで今週も金曜日となりました。
お弁当?一応作っておりますよ。
ただあまりに貧相なお弁当なので、写真を撮る気にもならないってだけですよ。

・・・あぁ〜ぁ、撮っちゃった。
・・・あぁ〜ぁ、載っけちゃった。


posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

酔っぱらいますよ、ベルモット風味のオレンジケーキ

先日、実家の母親がオレンジをふたつくれました。
“安売りしていたんだけどねぇ、こんなに食べられないしあげるわ” ・・・ あらそう、サンキュ。

オレンジを手に我が家に向かう途中。
頭の中では既に何を作ろうかイメージが出来上がっておりました。そう、お料理って直感よ。

先日主人が調達してきましたドライ・ベルモット、Noilly Prat (ノイリー・プラット)。
オレンジに合うんじゃぁないかしら。

ほぉ〜らね、にらんだ通りよ!! やっぱり、ぴったんこよ!!

ベルモット風味のオレンジケーキです。
お水を加えずベルモットとグラニュー糖だけで煮込んだオレンジがたっぷり!

焼き上がった生地にも、たっぷりとベルモット風味のシロップをしみ込ませてあります。

冷蔵庫でうんと冷やして、更にベルモット風味のソースをたっぷりかけて召し上がれ。
ソースのベルモットはアルコールをとばしておりません。直入れです。なので酔っ払います。

近頃のお気に入り、アルコールを使ったお菓子たち。
紹興酒生チョコでしょ、マッコリアイスクリームでしょ・・・あら、以前にも色々作っているのね。
そして本日のベルモット・オレンジケーキ。今日の秋風のような爽やかなケーキです。










ケーキ型は、直径15センチのエンゼル型を使用しております。



【先ずはベルモット風味のオレンジコンポートを作りましょう】

  1. オレンジは2個。上下を少し切り落とし縦に皮をむきます。この状態で260グラム程。
    皮をむく時はお鍋の上でね。果汁も無駄なく使ってあげましょう。
  2. 白い薄皮をできるだけ除きながら房ごとに切り離し、ベルモット 150CC・グラニュー糖 30グラムと共に強火にかけます。煮立ったら弱火に。

    お鍋の大きさに合わせて切ったクッキングシートの中央に穴をあけ、これを落とし蓋にして時々煮汁を回しかけながら10〜15分。そのまま完全に冷めるまでおきましょう。




【さぁ、ケーキに挑みましょう】


  • オレンジコンポートをザルにあけ、果実と煮汁に分けておきます。
  • オーブンは190度に予熱しましょう。
  • 薄力粉 130グラムとベーキングパウダー 小さじ1/2を合わせ、2度ふるっておきます。
  • エンゼル型に薄くバターをぬり、底部分に器量よしのコンポートを並べておきます。
    残ったコンポートは生地に混ぜ込みます。ざっくり刻んでおきましょう。
  • 発酵バターと卵を室温に戻しておきます。
    バターは、ケーキ用が110グラムでソース用が100グラム。
    卵はケーキ用とソース用、それぞれ1個ずつ使用します。



  1. 室温に戻したバター 110グラムをクリーム状に練り混ぜ、充分に空気を含ませます。次いでお砂糖 70グラムを加え、全体が白っぽくもったりとするまですり混ぜたところに 溶き卵 1個分を加えます。卵が分離しないよう、少量ずつ加えながら混ぜ合わせて下さいね。

  2. 卵とバターが滑らかになじんだところで、合わせておいた粉類・コンポートの煮汁 大さじ3を加えていきましょう。
    この時 先ずは粉類の1/3を加えてゴムべらでさっくり混ぜ込み、ここにコンポートの煮汁 大さじ1を加えて混ぜ込むといった手順で。粉類→煮汁を交互に加える・・・を3度繰り返し、最後に刻んだオレンジも加えて生地の完成です。

  3. 用意しておいた型に移し、表面を平らにならします。型の底を数回打ち付けてしっかりと空気抜きをし、190度に予熱したオーブンへ。

    設定温度を180度にして、焼くこと25〜30分。

    もうちょっと大きめの型にしても良かったかしらね。

    熱いうちに型から出して網の上にのせ、これをバッドの上に。熱いうちに、ハケでコンポートの煮汁をたっぷり優しくたたくようにしみ込ませます。特にケーキの側面を重要視してね。

    最後にバッドに落ちた煮汁を上から回しかけ、冷蔵庫に移してしっかり冷やしましょう。




【余力があればベルモットソースなどいかが?】
  1. 室温に戻した発酵バター 100グラムをクリーム状になるまで練り混ぜます。
    ここにお砂糖50グラムを加えてすり混ぜ、更に溶き卵 1個分を少量ずつ加えながら滑らかになるまで混ぜ合わせます。
  2. これを湯せんにかけ、そっと静かにヘラで混ぜます。
    全体がもったりとしてきたら湯せんから下ろしましょう。

    ベルモット 60CCを加え、滑らかに混ぜ合わせればベルモットソースの出来上がり。

    冷やすと幾分かために仕上がります。バターを湯せんにかけた時、写真のようにヘラの跡が残るまで煮詰めるとカスタードソースのような仕上がりになります。
    とろりとしたソースがお好みの方は、煮詰める際加減して下さいね。










こうして3連休初日の本日、ケーキ作りからスタートとなりました。
生地にもソースにもベルモットがいっぱい。大人限定、酒飲み限定のケーキです。

梅*さんもいかが?

さ、今日の夕食は主人から “鶏肉の赤ワインビネガー煮込み” をリクエストされております。
そろそろアルコールが切れてきた頃。
アルコールチャージしながらお料理でも始めましょうか。



posted by しんさん at 18:23 | Comment(2) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

紹興酒を使い切ろう!生チョコで使い切ろう!

先日作ったシジミの紹興酒漬け
頂いたシジミがこれまた立派で、且つ紹興酒の威力が存分に発揮されて大傑作でした。

で・・・と。
開封後の紹興酒がいつまででも残ってしまう・・・この類のお料理を作った後にありがち。

でも、そんな事はこのアタクシが許しません。
使われぬまま何時までもキッチンの隅で埃をかぶる調味料等の存在・・・断じて許しません。

開封後の紹興酒を使い切ろう!先ずは、こんなんいかがかしら。

ほらほら、甘いもの好きの主人がまた惚れなおしましたよ。
紹興酒をがっつりと効かせた生チョコです。

クーベルチュールやらなんやらを使う必要なんてありません。
近所のスーパーで “お買い得” 価格になっていた板チョコ使用です。

でも、このお手頃感&いい加減さが良いのでないかしら。連休中のおやつにぴったり。
とっても簡単、紹興酒の生チョコ。ただし、お酒の弱い方は酔っぱらいますからね。










【 材料 】

  • 極々普通のブラックチョコレート 140グラム
  • 生クリーム 70CC
  • 発酵バター 20グラム
  • 紹興酒 大さじ3
  • ハチミツ 大さじ1
  • 純ココア (バンホーテンのピュアココアが良いと思います) 適量




【 下準備 】

  • 型に合わせてクッキングシートを敷き、バッドの上にのせてスタンバイしておきます。
    型は15センチ角の正方形セルクル型を使用しております。



【 作り方 】

  1. 小さめのお鍋に生クリームとハチミツを入れ、弱めの中火にかけてハチミツを溶かします。沸騰直前まで温めて火からおろし、丁寧に混ぜながら少し冷ましておきましょう。

  2. 大きめのボールにチョコレートを割り入れ、ここに小さくちぎったバターも加えます。1と同時進行でこれを湯せんにかけて丁寧に混ぜながら溶かし、湯せんにかけた状態で1を少量ずつ加えながら混ぜ合わせましょう。滑らかになったら湯せんを外します。

  3. 紹興酒を加えて混ぜ、用意しておいた型に流し入れます。ゴムべらで表面を平らにならし、底を数回優しく打ちつけて空気抜きをします。
    これを冷蔵庫に移し、2時間ほどかけてしっかりと冷やし固めましょう。

  4. 固まったチョコレートをクッキングシートごとセルクルから取り出し、平らな場所に置きます。 そっとシートの側面を開き、茶こしでたっぷりとココアをふって包丁で切り分けましょう。
    包丁は入れるその都度綺麗に拭きながら切れば、仕上がりも綺麗ですよ。

    この上にバッドをかぶせてひっくり返し、そっとクッキングシートを外します。

    この時チョコがやわらかくてシートが外し辛いようならば、もういちど冷蔵庫へ。
    冷やしてそっと・・・が綺麗に仕上げるコツです。

    上にもたっぷりとココアをふって切れ目ごとに切り離します。
    断面にもたっぷりとココアをまぶせば、はい!出来上がり。











とてもやわらかな仕上がりなので、必ず冷蔵庫に入れてあげて下さいね。
そして何より、お酒の弱い方はご注意を。必要以上酔っぱらいませんように。

3連休も今日で2日目。

昨日は主人が、鶏もも肉の赤ワインビネガー煮込みを作ってくれました。
大好きな豊橋のお店の賄いとして紹介されていたお皿を、彼が我流でアレンジしたもの。
ちゃんとバターライスも添えて、彼はご満悦の様子でありました。

そして本日は、またまた白身魚のムニエルに再チャレンジするそうな。
もう、ムニエルだろうとエマニエルだろうとどうぞあなたのお好きになさって下さい。

ちなみに週末に展開される主人の料理。
“ ビストロ OTTO ” から “ビストロ egoist” と店名変更したそうです。。。


ラベル:紹興酒 生チョコ
posted by しんさん at 08:27 | Comment(0) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

美味しい!マッコリのアイスクリーム第2段

実家の冷蔵庫の奥の奥・・・白いペットボトルに入った “マッコリ” が鎮座しておりました。
近頃は、Jang Keun Suk (チャン・グン ソク) 君のCMでもお馴染みのマッコリ。

むぅ〜ん・・・妹だわね、間違いなく。流行りものに敏感な妹だわね、コレを買ってきたのは。
買ったは良いけれど、下戸の彼女のこと。ひと口飲んで大満足した結果ね、これは。

おねぃちゃんに任せなさい、可愛い妹よ。おねぃちゃんがこのマッコリやっつけたるかんね。
はい、やっつけた。

マッコリの風味もりもりのアイスクリームですよ。
以前作ったマッコリアイスより 更にグレードアップいたしました第2段であります。

何処がどう改善されたのか。まずはカスタードクリーム。
“マッコリをたっぷり混ぜ込んだカスタードクリーム” に、“生クリーム” と “メレンゲ” を合わせてあるので、それはそれは滑らかな仕上がり。もちろん結果として全卵を使うので無駄はなし。

そして前回のように、マッコリに火を入れず使っているのもポイント。マッコリがダイレクトです。
さらにさらにパームシードを加え、ふにふにとしたグミのような食感をプラスしてみましたよ。

あら、美味しいじゃないこれ。あら、妹より主人の方が嬉しそうなのはどうしたことかしら?
大人限定マッコリアイス、グレードアップした第2段。正にマッコリです。
あまり食べ過ぎると酔っぱらいますよ、妹。程々にね。










【先ずはカスタードクリームを作りましょう。レンジ使用なので簡単簡単】
  1. コーンスターチ 15グラム ・ 薄力粉 5グラムを耐熱性ボールに合わせてふるい入れます。500Wのレンジでラップをしないで40〜50秒加熱し、粉臭さをとばしましょう。
  2. 1にグラニュー糖 50グラムを加えて泡立て器でよく混ぜ、牛乳 250CCのうち大さじ2杯分をここに加えて滑らかに混ぜ合わせましょう。更に卵黄 2個分も加えてよく混ぜ合わせたら、最後に残りの牛乳を少しずつ加えながら丁寧に混ぜ合わせましょう。

  3. 2を煮詰めて、ぽってりとしたカスタードクリームにして参りましょう。
    500Wのレンジでラップをしないで10分程加熱します。途中こまめにレンジ庫内から取り出し、丁寧に混ぜては加熱する・・・を数回繰り返して下さいね。

    今回はマッコリを混ぜるので、ややかためのカスタードクリームに仕上げます。
    熱々の時より、冷めた時の方がぽってりします。

    最後にクリームが熱いうちに発酵バター 10グラムを加え、よく混ぜてから裏ごししましょう。
    驚くほど滑らかになりますよ。

    完成したカスタードクリームにぴったりとラップを密着させて冷まします。ふり混ぜたマッコリ 200CCを少量ずつ加えながら、泡立て器で優しく混ぜ合わせましょう。











【メレンゲ・生クリーム・マッコリ入りカスタードクリームを合わせて参りましょう】
  1. よく冷やした卵白 2個分を軽く溶きほぐしたところにグラニュー糖 10グラムを加え、つんと角が立つまで泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ります。出番まで冷蔵庫へ。

    別ボールで生クリーム 150CC ・ グラニュー糖 10グラムを5分立てにします。泡立て器を持ち上げるとトロトロっと滑らかに落ち、跡がすぐ消える状態です。

  2. これで、メレンゲ ・ 生クリーム ・ マッコリ入りカスタードクリームが揃いましたよ。
    それぞれを合わせて参ります。

    まずは生クリームの1/2量をマッコリ入りカスタードのボールに加え、泡立て器で素早く混ぜ合わせます。これを再度生クリームのボールに戻し入れ、泡立て器で混ぜ合わせましょう。
    今回はここで、ドライのパームシードを刻んで加えてあります。

  3. 次いでメレンゲの1/2量を2のボールに加え、メレンゲの泡をつぶさないようゴムべらで素早く混ぜ込みます。最後にこれをメレンゲのボールに戻し入れ、底から大きく返すようにしながらゴムべらで混ぜ込みます。メレンゲをつぶさないようにさくさくっとね。

    3者が滑らかに混ざったら、冷凍可能な容器に移して冷凍庫へ。
    全体が凍りかけたところを見計らい、泡立て器で数回滑らかに混ぜ合わせましょう。

    完全にかたまってしまうより前、やわらかな状態で食べるのがお勧め。
    かきんっとかたまってしまったら、しばらく室温に戻してよく練り混ぜてどうぞ。










前回より、更にグレードアップしたマッコリアイスクリーム第2段。
パームシードの食感といい、マッコリの風味といい・・・うぅ〜ん、美味しいわ。

やっぱり夏はアイスクリームよ。
市販のものも良いけれど、お家にあるもので適当に作るアイスってのもなかなかどぉして。

さ、これで気になっていたマッコリも片付いたわ。
次にお片付けするものは何かしら?
あぁ、そうだわ。我が家も梅シロップの梅を何とかしないとね。さてさて、何にしましょうかね。


posted by しんさん at 11:01 | Comment(0) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする