2013年03月23日

完熟バナナのパンケーキ + レディボーデン + クリームシェリー

休日のお昼ご飯は、ちょっと物足りないくらいがよろしいかと存じます。
量的な物足りなさだけでなく、通常よりちょっと手抜きした程度にその内容をも止めておくのがね。
そして早めの夕食と早めのワイン・・・いえ、早めのワインと早めの夕食。これ最高。

今日は土曜日。じゃ、ちょっと物足りないお昼ご飯でも作ろうかしらね。
カウンターの上には、見るからに甘そうなスィートスポットびっしりの甘い香り放つ完熟バナナが1本。

完熟バナナのパンケーキですよ。
熱々のパンケーキの上にはアイスクリームをたーっぷり・・・あぁもぉ心までとろけてしまうわ。

ここでちょっと主人と意見が異なるのよね。主人はアイスクリームならなんでも良いのですって。
でも主人、それは違うわよ。
この場におけるアイスクリームは、 『レディボーデン』 でなくてはならないの。
ハーゲンダッツでもだめ、ロッテや明治の馴染み深いアイスクリームでもだめ、レディボーデンなの。
それが分からない子は、今日のお昼没収です。私が食べたげる。










  • 完熟バナナのパンケーキ、ホットケーキミックス使用で実にお手軽。

    完熟バナナ1本 (正味140g弱) をボールにちぎり入れて泡だて器でつぶし、卵 1個・牛乳 大さじ2・サラダ油 大さじ1を加えてよく混ぜ合わせましょう。更にホットケーキミックス 100gを一気に加え、泡だて器で粉を持ち上げては混ぜ込むようにして生地を完成させます。

    厚手のフライパンをしっかり温め、サラダ油をキッチンペーパーでぬり込むように馴染ませませたところに生地を丸く流します。ふつふつっと表面が泡立ってきたら裏返しますよ。

    両面を弱火でじっくりと色よく仕上げましょう。もぉこのバナナの香りったら・・・











レディボーデンをアイスディッシャーでたっぷりすくい、焼き上がった熱々のパンケーキの上に。
見る見るとろけるアイスクリーム・・・でも、まだ早まってはなりません。
とろけたレディボーデンの上に、クリームシェリーをたっぷりと。

休日のお昼って良いな。

昔、青いカップに入った 『アンリ・ヴュータン』 ってアイスクリームが大好きでした。
バニラの粒々がびっしり入っていて美味しかったのに・・・気付いたらなくなっていたっけね。
アイスクリームに限らず、その他スィーツと呼ばれる類に伴っていてほしいノスタルジーの念。
なぜかこれがレディボーデンにはあるんだな。

・・・ただ単に、私が歳をとったってだけのことかしら。

posted by しんさん at 14:26| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

主人、お誕生日おめでとう。艶々のババ・オ・ラムあげます。

昨日5月25日、私よりひと足早くお誕生日を迎えた主人。おめでとう!
3ヶ月弱の間だけ年上さんね。ささやかですが、あなたがずっと欲していたコレを焼いてみましたよ。

ババ・オ・ラムです。
円筒形の型を持ち合わせておりませんので、エンゼル型仕上げとなりました。



昨年訪れた神楽坂のリヨン料理屋さん “ルグドゥノム・ブション・リヨネ”
主人がその衝撃的なデザート “ババ・オ・ラム” と出会ったのは、こちらのお店でありました。

大人も子供も同じスィーツに満ち足りた昨今、リキュールはほんの隠し味程度。
でもこちらのババ・オ・ラムは違いました。子供は大人になってからお食べなさい!とでも言わんばかりにラムを効かせた大人のデザート。たまに食べるデザートは、やっぱこぉでなくっちゃね!

主人が望むババ・オ・ラムが手に入らないのならば、妻が作ってみせましょう。がっつりラムを効かせたババ・オ・ラムにとろりクリーム・シャンテを添えて。主人、どぉぞお好きなだけ召し上がれ。










【ラムシロップを作ります】
  • オレンジとレモンは粗塩で表皮をしっかり洗い、それぞれ1/2個分の皮をむきます。
    オレンジとレモンの皮・グラニュー糖 200g・お水 300CC・バニラビーンズ 1/2本を弱火にかけ、ゆっくりひと煮立ちさせます。これを漉して粗熱をとり、ラム酒 80CCを加えましょう。




【仕上げ用アプリコットジャムの準備もしておきましょう】
  • 杏ジャムを裏ごしし、弱火にかけながら少量のお水でのばして冷ましておきましょう。ラムシロップをしみ込ませたババにぬって仕上げる際、ラム酒でのばして使います。











【さぁ、張り切ってババ焼きますよ!】
  • お好みのドライフルーツ 140gをザルにひろげ、たっぷり熱湯をまわしかけてしっかりと水切りをしてボールに移します。今回は、レーズンとミックスフルーツを合わせて140g使用。
    ラム酒 大さじ3をふりかけてなじませておきます。長時間漬け込めば更に美味しくなります。
  • 発酵バター 65gを室温に戻し、クリーム状に練っておきます。
  • Lサイズの卵 1個は室温に戻しておきます。
  • 型にバターをぬり、強力粉をはたいておきます。今回は15センチのクグロフ型・15センチのエンゼル型ふたつを使用しました。




  1. 牛乳 120〜130gをいったん沸騰させ、ある程度冷ましてから100g計量します。(最初に計量すると減ってしまいますから。残った牛乳は、発酵待ち時間のココア用にどうぞ)
    ときほぐした卵に牛乳を少量ずつ加えながら混ぜ合わせ、人肌程度に調整します。
    牛乳が熱すぎると卵に火が入ってしまいます。ある程度冷ましてから加えてくださいね。
  2. 強力粉 150g・薄力粉 100gを大きめのボールに合わせてふるい入れます。ここにインスタントドライイースト 小さじ2・シナモンパウダー (お好み量)・お砂糖 20g・お塩 小さじ1を順に加えていき、丁寧に混ぜ合わせましょう。

  3. 2の粉類に、1の卵液を少量ずつ加えながら手で混ぜ合わせます。ボールに生地がくっつかなくなってひとつにまとまったら台の上に移し、頑張ってなめらかになるまで捏ねましょう。
    更に、用意しておいたバターを少量ずつ加えて混ぜ込みます。最初は生地とバターがなじまずつるんっとした状態が続きますが、根気良く混ぜ込んでいくとなめらかな美しい生地に捏ね上がりますよ。最後に用意しておいたドライフルーツを加えて軽くもみ込みます。

  4. 3の生地をまとめ、薄くバターをぬった大きめのボールに移します。生地に密着するようオーブンシートで生地を覆い、キッチンペーパー2枚をこの上に重ねます。霧吹きで全体がしっとりするまでたっぷりとお水を噴きかけ、更にラップをかけて乾燥を防ぎましょう。
    オーブン発酵機能 35度で40〜50分、生地が倍になるまで発酵させます。

  5. 1次発酵が完了した生地を手の平で押さえるようにしてガス抜きをし、2等分してそれぞれの型に詰めます。キッチンペーパーを2枚重ねて湿らせ、生地を覆ってオーブン発酵 35度で更に30〜40分2次発酵させます。
    生地が型の2/3程にふくらんだらオーブン庫内から出し、オーブンを190度に予熱します。

  6. オーブンの設定温度を180度にし、焼くこと20〜30分。
    焼きあがったらすぐに型から出して大きめのボールに移し、たっぷりとラムシロップをまわしかけます。ボールの底に溜まったシロップが半量程度になるまでおき、ババの上下を返して更にシロップをたっぷりと吸収させましょう。

  7. ラムシロップをたっぷり吸収したババをお皿に移し、残ったシロップをそっとまわしかけます。用意しておいた仕上げ用杏ジャムをラムで少しのばして刷毛でぬり、表面が乾燥しないよう大きめのボール等をかぶせて冷蔵庫へ。ひと晩程度おけば、艶々ババの出来上がり!

  • ここでちょっと・・・いぇ、大いに反省点を。
    当初はクグロフ型の方に重きを置き、エンゼル型はあくまで残った生地用としていたのですが・・・シロップをしみ込ませた時点で、悲しいかなクグロフの方は崩れてしまったのです。

    焼きが甘かったこと、シロップのラム含有量が多すぎた故シロップが重かったこと、高さがあり過ぎたこと・・・失敗の原因は多々思い当たります。何はともあれ、しっかり焼き色が付き過ぎるくらいに焼かないと重いラムシロップに生地が負けてしまうことを学びました。よっしゃ!










少々の失敗はありましたが、ちゃんと主人への誕生日プレゼントは渡すことが出来ましたよ。
がっつりとラムを効かせたババ・オ・ラム、もちろん生クリームにもラムを使ってあります。

さてそのお味・・・そして気になる主人の感想。
はぁ、もっともっとバターを使ってこってりと仕上げてほしい、と?ラムシロップは合格である、と。
彼の要望通りに作るには、かなりの勇気が必要なようであります。

なにはともあれ、ひとつ加齢おめでとう。
『貞子をやっつけたぞー』 などと寝言で叫ぶ44歳。誰もこんなモンよね、多かれ少なかれ。

posted by しんさん at 16:51| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ナイジェラ風トライフルが大暴走しております

ナイジェラ風トライフル・・・イギリス人料理研究家のナイジェラ・ローソン (Nigella Lawson) が、ご自身の番組で紹介していたもの。生クリームをたっぷり使った簡単トライフルのことです。
このトライフルを見てからです、主人が自らの箍を自ら外したのは。生クリーム好きにも程があるわ。

放っておけば、仕事の帰りにトライフルの材料を調達してくる始末。家からそう遠くないスーパーに、タカナシの乳脂肪47%生クリームが陳列されているのを知ってしまってからは更に加速。

ゴールデン・ウィーク初日の本日、お昼ご飯がナイジェラ風トライフルだなんて・・・

はっ!
いけない・・・ついつい彼の策略にのってしまったわ!ついつい私が作ってしまったわ!
なんやかんや言って楽しんでいるのね、私自身も。

歴代我が家のナイジェラ風トライフル、見る?

2012年04月04日
2012年04月15日
2012年04月17日










  • 今回は、近所のスーパーに行った時に見かけた “杏仁豆腐の素” を使ってみましたの。
    懐かしい “ハウスのプリンミクス” の類ですよ。
    お水と牛乳入れて冷蔵庫でかためるアレ。アレの杏仁豆腐版ってところ。

    杏仁豆腐の素の指示通り材料を混ぜ、粗熱がとれたところでリキュールを加えます。
    このリキュールを毎回何にしようか考えるのが結構楽しいんだな。
    今回使ったリキュールはアマレットですよ。たっぷり100CC。近所の量販店で調達した安いアマレットだけど、着眼点は良かったのではないかしら。完全に自己満足ですけどね。

    デニッシュパンを切って型に敷きこみ、アマレットがたっぷり入ったキッチュな杏仁液をたーっぷり注いで一晩冷蔵庫でしみ込ませるのです。

    そして、いよいよタカナシ乳脂肪47%生クリーム登場。
    とろみがつくまで泡立てたら、ここにもアマレット入れますよ。結構入りましたよ。ゆるめに仕上げたアマレット入り生クリームをどちゃーっと。もぉここまでくるとやけのやんぱちです。
    オーブン庫内では、140度で10分 (予熱なし)で乾煎りしたアーモンドが冷めております。
    白桃缶・粉砂糖とともにトッピングして仕上げます。











さぁ、今日のお昼は “大暴走し始めたナイジェラ風トライフル” だよ!
・・・というわけで、主人が選んだお酒。

・・・パスティスときましたか・・・PERNOD (ペルノー) ときましたか・・・確かにね、この氷を入れて白濁した感じがお昼飲むのに良い感じなのですが・・・キツいわよ、この組み合わせは・・・アニス香が!





いずみチューリップが愛らしいで我が家の食卓。チューリップと妻が唖然とする程、主人はこのトライフルがお好みの様子・・・ってか、兎にも角にも生クリームが好きなんだな。

君ぃ、完食する気ですか?

posted by しんさん at 17:13| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

梅酒の梅でクグロフを作ったよ!

今を遡ること2ヶ月くらいかしら。
Oおくさまにね “梅酒の梅” を頂いたの。ただ、梅酒とは言ってもブランデー漬け。おぉ贅沢ぅ。

それがまぁご立派な梅たちでね。大粒で美味しそうで・・・これは何かにしてあげないと、と。
そんなワケで作ってみました。

梅酒の梅がごぉろごろ入った “クグロフ” です。
ちょうどクリスマスも近づいてきたことだし、なんとなく良いタイミングじゃぁなくて?

クグロフ生地が余ったので、本日のお弁当用に紙製のパウンドケーキ型でおまけサイズも。
ぱかっと半分に切ってみましょうか?

ね?梅がごぉ〜ろごろでしょ?


梅酒を楽しんだ後の梅の実でジャム・・・って話はよくありますが、基本的に梅酒の梅でジャムを作るってのは実はあまり好きじゃないのです。
だって、他のフレイバーのジャムの方が美味しいし好きなんですもの。


でも、この梅酒の梅をドライフルーツとして使うのってアリだと思うのです。
梅を茹でこぼす必要もないし、取り除き辛い種も愛らしいまでに簡単にむきゅっと取れるし。
暇な時に種を除いてお好みのリキュールに浸けておけば、フルーツケーキを作りにぴったり。

梅酒の梅で作るドライフルーツ風。種を除いてあるのでつまみ食いにもぴったりよ。
フルーツケーキ、クグロフ、シュトーレン、バネトーネ、たまには梅でアレンジなんていかが?










【先ずは梅を天日に干します。そして梅の種を取り除きましょう】


  • 梅酒の梅は水気をよく拭き取り、平らなザルにひろげて数日天日に干します。
    からからに干す必要はありません。しっとり感が残る程度で良いのです。

    さ、干した梅の種を取り除きましょう。

    両手の親指と人差し指を使って、干した梅全体を優しく優しく揉みほぐします。
    側面を揉みほぐしたら上下も忘れずに。種の尖った部分で怪我をしないよう優しくね。

    やがてヘタ部分になんとなく隙間が出来た感が伝わります。ここまで来たらあと少し。
    種を縦に立て、両手の親指で果肉を押し下げるようにすれば種が半分顔を出します。後は種のお尻部分を親指で押してあげれば、種がぽろんっと素直に落ちてきますよ。

    ね、こんなに綺麗に種だけがぽこっととれちゃうの。
    これなら、お菓子等いろいろなお料理にも使いやすいでしょ?

    後はこれをお好きな大きさにカットし、お好きなリキュールに数日浸けておきます。
    時間が出来た時にフルーツケーキでも何でもお好きなお料理に使えちゃう。
    今回はOおくさまから梅と一緒に頂いた梅酒に浸けておきましたよ。










さ、良い感じに梅酒がなじんできましたので、クグロフでも作ってみましょうか。イーストを入れて生地を発酵させ、型に生地を詰めて焼くクグロフ。ケーキと言うよりパンって食感かしら。
大好きな “みなみさんのケーキノート” を参照にしました。

加えるドライフルーツは、ラムやブランデーに早くから漬け込んでおくと美味しさひとしお。
レーズン等オイルコーティングしてある物は、さっと熱湯にくぐらせてからお酒に漬けて下さいね。


  • 発酵バター 65グラム・卵 1個は室温に戻しておきます。
  • 牛乳をいったん沸騰させ、ある程度冷ましてから100グラム計量します。沸騰させる前に計量すると減ってしまいますからね。


  1. 室温に戻した卵を溶きほぐし、計量した牛乳を加えて混ぜ合わせます。イーストの発酵を促すため、35〜40度をキープして下さいね。
    バターはクリーム状に練っておきます。
  2. 強力粉 150グラム・薄力粉 100グラム・インスタントドライイースト 11グラム・お砂糖 40グラム・お塩 5グラム・シナモンパウダー 小さじ1。
    以上を大きめのボールに全て入れ、泡立て器で均一に混ぜ合わせます。
  3. 2の粉類に1の牛乳を少しずつ加えては手で混ぜ合わせます。全体が滑らかになるまで丁寧に捏ね混ぜ、更にクリーム状に練っておいたバターも加えて混ぜ込みます。
  4. 梅酒に漬けておいた梅・冷凍レモンのすりおろしも加えて軽く全体を混ぜ、生地を丸くまとめます。大きめのボールに薄く油をぬって生地を移し、ぬれ布きんとラップをかぶせてオーブンの発酵機能(40度)を使って生地が倍になるまで1時間程発酵させましょう。
  5. 生地のガス抜きをして棒状にまとめ、薄くバターをぬったクグロフ型に詰め込みます。再度ぬれ布きんとラップをかぶせ、30〜40分間2次発酵させましょう。生地が型の2/3以上ににふくらんだら、190度に予熱したオーブンに素早く入れます。

    設定温度を180度にして焼くこと30分。
    串をさしてみて、生の生地がついてこなければ焼き上がりです。

    熱いうちに型からはずし、梅酒をハケで全体にたっぷりしみこませるようにぬります。更に、茶こしで粉砂糖をたっぷりふりかけましょう。
    梅酒→粉砂糖の工程を3回ほど繰り返し、そのまま冷まして出来上がり。

主人、本日のお弁当はこれが主食なのよ。

クグロフ型で焼いた方は・・・えぇ〜っとぉ・・・Oおくさま、食べてみてやって下さいます?
あのぉ・・・本当にお家であるもので焼いただけの力抜き抜きのクグロフなんですけどぉ・・・
お忙しい日々日常、お腹が空いた時にちょいっとつまんでやってみて下さい。
日持ちするので・・・えぇっとぉ・・・本当スミマセンこんなんで。










そんなこんなで今週も金曜日となりました。
お弁当?一応作っておりますよ。
ただあまりに貧相なお弁当なので、写真を撮る気にもならないってだけですよ。

・・・あぁ〜ぁ、撮っちゃった。
・・・あぁ〜ぁ、載っけちゃった。


posted by しんさん at 14:00| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

酔っぱらいますよ、ベルモット風味のオレンジケーキ

先日、実家の母親がオレンジをふたつくれました。
“安売りしていたんだけどねぇ、こんなに食べられないしあげるわ” ・・・ あらそう、サンキュ。

オレンジを手に我が家に向かう途中。
頭の中では既に何を作ろうかイメージが出来上がっておりました。そう、お料理って直感よ。

先日主人が調達してきましたドライ・ベルモット、Noilly Prat (ノイリー・プラット)。
オレンジに合うんじゃぁないかしら。

ほぉ〜らね、にらんだ通りよ!! やっぱり、ぴったんこよ!!

ベルモット風味のオレンジケーキです。
お水を加えずベルモットとグラニュー糖だけで煮込んだオレンジがたっぷり!

焼き上がった生地にも、たっぷりとベルモット風味のシロップをしみ込ませてあります。

冷蔵庫でうんと冷やして、更にベルモット風味のソースをたっぷりかけて召し上がれ。
ソースのベルモットはアルコールをとばしておりません。直入れです。なので酔っ払います。

近頃のお気に入り、アルコールを使ったお菓子たち。
紹興酒生チョコでしょ、マッコリアイスクリームでしょ・・・あら、以前にも色々作っているのね。
そして本日のベルモット・オレンジケーキ。今日の秋風のような爽やかなケーキです。










ケーキ型は、直径15センチのエンゼル型を使用しております。



【先ずはベルモット風味のオレンジコンポートを作りましょう】

  1. オレンジは2個。上下を少し切り落とし縦に皮をむきます。この状態で260グラム程。
    皮をむく時はお鍋の上でね。果汁も無駄なく使ってあげましょう。
  2. 白い薄皮をできるだけ除きながら房ごとに切り離し、ベルモット 150CC・グラニュー糖 30グラムと共に強火にかけます。煮立ったら弱火に。

    お鍋の大きさに合わせて切ったクッキングシートの中央に穴をあけ、これを落とし蓋にして時々煮汁を回しかけながら10〜15分。そのまま完全に冷めるまでおきましょう。




【さぁ、ケーキに挑みましょう】


  • オレンジコンポートをザルにあけ、果実と煮汁に分けておきます。
  • オーブンは190度に予熱しましょう。
  • 薄力粉 130グラムとベーキングパウダー 小さじ1/2を合わせ、2度ふるっておきます。
  • エンゼル型に薄くバターをぬり、底部分に器量よしのコンポートを並べておきます。
    残ったコンポートは生地に混ぜ込みます。ざっくり刻んでおきましょう。
  • 発酵バターと卵を室温に戻しておきます。
    バターは、ケーキ用が110グラムでソース用が100グラム。
    卵はケーキ用とソース用、それぞれ1個ずつ使用します。



  1. 室温に戻したバター 110グラムをクリーム状に練り混ぜ、充分に空気を含ませます。次いでお砂糖 70グラムを加え、全体が白っぽくもったりとするまですり混ぜたところに 溶き卵 1個分を加えます。卵が分離しないよう、少量ずつ加えながら混ぜ合わせて下さいね。

  2. 卵とバターが滑らかになじんだところで、合わせておいた粉類・コンポートの煮汁 大さじ3を加えていきましょう。
    この時 先ずは粉類の1/3を加えてゴムべらでさっくり混ぜ込み、ここにコンポートの煮汁 大さじ1を加えて混ぜ込むといった手順で。粉類→煮汁を交互に加える・・・を3度繰り返し、最後に刻んだオレンジも加えて生地の完成です。

  3. 用意しておいた型に移し、表面を平らにならします。型の底を数回打ち付けてしっかりと空気抜きをし、190度に予熱したオーブンへ。

    設定温度を180度にして、焼くこと25〜30分。

    もうちょっと大きめの型にしても良かったかしらね。

    熱いうちに型から出して網の上にのせ、これをバッドの上に。熱いうちに、ハケでコンポートの煮汁をたっぷり優しくたたくようにしみ込ませます。特にケーキの側面を重要視してね。

    最後にバッドに落ちた煮汁を上から回しかけ、冷蔵庫に移してしっかり冷やしましょう。




【余力があればベルモットソースなどいかが?】
  1. 室温に戻した発酵バター 100グラムをクリーム状になるまで練り混ぜます。
    ここにお砂糖50グラムを加えてすり混ぜ、更に溶き卵 1個分を少量ずつ加えながら滑らかになるまで混ぜ合わせます。
  2. これを湯せんにかけ、そっと静かにヘラで混ぜます。
    全体がもったりとしてきたら湯せんから下ろしましょう。

    ベルモット 60CCを加え、滑らかに混ぜ合わせればベルモットソースの出来上がり。

    冷やすと幾分かために仕上がります。バターを湯せんにかけた時、写真のようにヘラの跡が残るまで煮詰めるとカスタードソースのような仕上がりになります。
    とろりとしたソースがお好みの方は、煮詰める際加減して下さいね。










こうして3連休初日の本日、ケーキ作りからスタートとなりました。
生地にもソースにもベルモットがいっぱい。大人限定、酒飲み限定のケーキです。

梅*さんもいかが?

さ、今日の夕食は主人から “鶏肉の赤ワインビネガー煮込み” をリクエストされております。
そろそろアルコールが切れてきた頃。
アルコールチャージしながらお料理でも始めましょうか。



posted by しんさん at 18:23| Comment(2) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

紹興酒を使い切ろう!生チョコで使い切ろう!

先日作ったシジミの紹興酒漬け
頂いたシジミがこれまた立派で、且つ紹興酒の威力が存分に発揮されて大傑作でした。

で・・・と。
開封後の紹興酒がいつまででも残ってしまう・・・この類のお料理を作った後にありがち。

でも、そんな事はこのアタクシが許しません。
使われぬまま何時までもキッチンの隅で埃をかぶる調味料等の存在・・・断じて許しません。

開封後の紹興酒を使い切ろう!先ずは、こんなんいかがかしら。

ほらほら、甘いもの好きの主人がまた惚れなおしましたよ。
紹興酒をがっつりと効かせた生チョコです。

クーベルチュールやらなんやらを使う必要なんてありません。
近所のスーパーで “お買い得” 価格になっていた板チョコ使用です。

でも、このお手頃感&いい加減さが良いのでないかしら。連休中のおやつにぴったり。
とっても簡単、紹興酒の生チョコ。ただし、お酒の弱い方は酔っぱらいますからね。










【 材料 】

  • 極々普通のブラックチョコレート 140グラム
  • 生クリーム 70CC
  • 発酵バター 20グラム
  • 紹興酒 大さじ3
  • ハチミツ 大さじ1
  • 純ココア (バンホーテンのピュアココアが良いと思います) 適量




【 下準備 】

  • 型に合わせてクッキングシートを敷き、バッドの上にのせてスタンバイしておきます。
    型は15センチ角の正方形セルクル型を使用しております。



【 作り方 】

  1. 小さめのお鍋に生クリームとハチミツを入れ、弱めの中火にかけてハチミツを溶かします。沸騰直前まで温めて火からおろし、丁寧に混ぜながら少し冷ましておきましょう。

  2. 大きめのボールにチョコレートを割り入れ、ここに小さくちぎったバターも加えます。1と同時進行でこれを湯せんにかけて丁寧に混ぜながら溶かし、湯せんにかけた状態で1を少量ずつ加えながら混ぜ合わせましょう。滑らかになったら湯せんを外します。

  3. 紹興酒を加えて混ぜ、用意しておいた型に流し入れます。ゴムべらで表面を平らにならし、底を数回優しく打ちつけて空気抜きをします。
    これを冷蔵庫に移し、2時間ほどかけてしっかりと冷やし固めましょう。

  4. 固まったチョコレートをクッキングシートごとセルクルから取り出し、平らな場所に置きます。 そっとシートの側面を開き、茶こしでたっぷりとココアをふって包丁で切り分けましょう。
    包丁は入れるその都度綺麗に拭きながら切れば、仕上がりも綺麗ですよ。

    この上にバッドをかぶせてひっくり返し、そっとクッキングシートを外します。

    この時チョコがやわらかくてシートが外し辛いようならば、もういちど冷蔵庫へ。
    冷やしてそっと・・・が綺麗に仕上げるコツです。

    上にもたっぷりとココアをふって切れ目ごとに切り離します。
    断面にもたっぷりとココアをまぶせば、はい!出来上がり。











とてもやわらかな仕上がりなので、必ず冷蔵庫に入れてあげて下さいね。
そして何より、お酒の弱い方はご注意を。必要以上酔っぱらいませんように。

3連休も今日で2日目。

昨日は主人が、鶏もも肉の赤ワインビネガー煮込みを作ってくれました。
大好きな豊橋のお店の賄いとして紹介されていたお皿を、彼が我流でアレンジしたもの。
ちゃんとバターライスも添えて、彼はご満悦の様子でありました。

そして本日は、またまた白身魚のムニエルに再チャレンジするそうな。
もう、ムニエルだろうとエマニエルだろうとどうぞあなたのお好きになさって下さい。

ちなみに週末に展開される主人の料理。
“ ビストロ OTTO ” から “ビストロ egoist” と店名変更したそうです。。。


posted by しんさん at 08:27| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

美味しい!マッコリのアイスクリーム第2段

実家の冷蔵庫の奥の奥・・・白いペットボトルに入った “マッコリ” が鎮座しておりました。
近頃は、Jang Keun Suk (チャン・グン ソク) 君のCMでもお馴染みのマッコリ。

むぅ〜ん・・・妹だわね、間違いなく。流行りものに敏感な妹だわね、コレを買ってきたのは。
買ったは良いけれど、下戸の彼女のこと。ひと口飲んで大満足した結果ね、これは。

おねぃちゃんに任せなさい、可愛い妹よ。おねぃちゃんがこのマッコリやっつけたるかんね。
はい、やっつけた。

マッコリの風味もりもりのアイスクリームですよ。
以前作ったマッコリアイスより 更にグレードアップいたしました第2段であります。

何処がどう改善されたのか。まずはカスタードクリーム。
“マッコリをたっぷり混ぜ込んだカスタードクリーム” に、“生クリーム” と “メレンゲ” を合わせてあるので、それはそれは滑らかな仕上がり。もちろん結果として全卵を使うので無駄はなし。

そして前回のように、マッコリに火を入れず使っているのもポイント。マッコリがダイレクトです。
さらにさらにパームシードを加え、ふにふにとしたグミのような食感をプラスしてみましたよ。

あら、美味しいじゃないこれ。あら、妹より主人の方が嬉しそうなのはどうしたことかしら?
大人限定マッコリアイス、グレードアップした第2段。正にマッコリです。
あまり食べ過ぎると酔っぱらいますよ、妹。程々にね。










【先ずはカスタードクリームを作りましょう。レンジ使用なので簡単簡単】
  1. コーンスターチ 15グラム ・ 薄力粉 5グラムを耐熱性ボールに合わせてふるい入れます。500Wのレンジでラップをしないで40〜50秒加熱し、粉臭さをとばしましょう。
  2. 1にグラニュー糖 50グラムを加えて泡立て器でよく混ぜ、牛乳 250CCのうち大さじ2杯分をここに加えて滑らかに混ぜ合わせましょう。更に卵黄 2個分も加えてよく混ぜ合わせたら、最後に残りの牛乳を少しずつ加えながら丁寧に混ぜ合わせましょう。

  3. 2を煮詰めて、ぽってりとしたカスタードクリームにして参りましょう。
    500Wのレンジでラップをしないで10分程加熱します。途中こまめにレンジ庫内から取り出し、丁寧に混ぜては加熱する・・・を数回繰り返して下さいね。

    今回はマッコリを混ぜるので、ややかためのカスタードクリームに仕上げます。
    熱々の時より、冷めた時の方がぽってりします。

    最後にクリームが熱いうちに発酵バター 10グラムを加え、よく混ぜてから裏ごししましょう。
    驚くほど滑らかになりますよ。

    完成したカスタードクリームにぴったりとラップを密着させて冷まします。ふり混ぜたマッコリ 200CCを少量ずつ加えながら、泡立て器で優しく混ぜ合わせましょう。











【メレンゲ・生クリーム・マッコリ入りカスタードクリームを合わせて参りましょう】
  1. よく冷やした卵白 2個分を軽く溶きほぐしたところにグラニュー糖 10グラムを加え、つんと角が立つまで泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ります。出番まで冷蔵庫へ。

    別ボールで生クリーム 150CC ・ グラニュー糖 10グラムを5分立てにします。泡立て器を持ち上げるとトロトロっと滑らかに落ち、跡がすぐ消える状態です。

  2. これで、メレンゲ ・ 生クリーム ・ マッコリ入りカスタードクリームが揃いましたよ。
    それぞれを合わせて参ります。

    まずは生クリームの1/2量をマッコリ入りカスタードのボールに加え、泡立て器で素早く混ぜ合わせます。これを再度生クリームのボールに戻し入れ、泡立て器で混ぜ合わせましょう。
    今回はここで、ドライのパームシードを刻んで加えてあります。

  3. 次いでメレンゲの1/2量を2のボールに加え、メレンゲの泡をつぶさないようゴムべらで素早く混ぜ込みます。最後にこれをメレンゲのボールに戻し入れ、底から大きく返すようにしながらゴムべらで混ぜ込みます。メレンゲをつぶさないようにさくさくっとね。

    3者が滑らかに混ざったら、冷凍可能な容器に移して冷凍庫へ。
    全体が凍りかけたところを見計らい、泡立て器で数回滑らかに混ぜ合わせましょう。

    完全にかたまってしまうより前、やわらかな状態で食べるのがお勧め。
    かきんっとかたまってしまったら、しばらく室温に戻してよく練り混ぜてどうぞ。










前回より、更にグレードアップしたマッコリアイスクリーム第2段。
パームシードの食感といい、マッコリの風味といい・・・うぅ〜ん、美味しいわ。

やっぱり夏はアイスクリームよ。
市販のものも良いけれど、お家にあるもので適当に作るアイスってのもなかなかどぉして。

さ、これで気になっていたマッコリも片付いたわ。
次にお片付けするものは何かしら?
あぁ、そうだわ。我が家も梅シロップの梅を何とかしないとね。さてさて、何にしましょうかね。


posted by しんさん at 11:01| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

うっとり・・・のカクテルゼリー

昨日は 夏を思わせる気温でありました。大っ嫌いな主人のサンダル&Tシャツ姿の季節です。
あ・・・この “大っ嫌い”は “サンダル&Tシャツ姿” のこと。“主人” の形容詞じゃないですよ

さぁ、夏と言ったらゼリー系ですよね。ちと強引かしら?
頂いたシンガポール土産と 和歌山土産で、こんなん作ってみましたよん。

・・・なんて美しい!

シンガポール土産、 『シンガポール・スリング』 のミニボトル。
和歌山土産、贈り主曰く 『酸っぱくて とてもじゃないけれど食べられない柑橘類』。

これら シンガポール・スリングと 名称不明の柑橘類で、2層ゼリーを作ってみました。

ルックスだけじゃぁないんです。これは美味しいっ!謎の柑橘類、非常に高得点です。
ふるっつふるのシンガポール・スリングゼリーと 柑橘ゼリーを よくよくからめて・・・ささ どぉぞ。






こちらが 今回の美味しいゼリーを生み出した主材料。
謎の柑橘類、そして シンガポールのラッフルズ・ホテル発祥とされるシンガポール・スリング。

・・・今のいままで、『シンガポール・スリリング』 だと思い込んでいた自分を かなぐり捨てて。



まずは、シンガポール・スリングゼリーを作りましょう。
以下の分量で 4人分くらいかな?私たちはふたりで完食しちゃいましたが・・・


粉ゼラチン 5グラムを、大さじ3のお水にふり入れてふやかします。
これを ラップをしないで15〜20秒程レンジ加熱してかき混ぜ、完全にゼラチンを溶かします。

シンガポール・スリングに、出来るだけ泡がたたないよう そっと炭酸を足して 300ccにします。
ここにゼラチン液を静かに加え、そっとむらなくかき混ぜて 器に流し入れます。

泡をスプーンですくい取り、冷蔵庫で冷やしかためましょう。





シンガポール・スリングゼリーがかたまるのを待ちつつ、柑橘ゼリーの用意にかかりましょう。

なぞの柑橘類は 2個使用。果肉を取り出して 飾り用の数切れを取り分けておきましょう。
果汁も無駄なく・・・ボールの上で取り出し作業を。

ゼリー用の果肉&果汁に、お砂糖 30グラム・ハチミツ 15グラムを加えます。
ラップをして2分程レンジ加熱して混ぜ合わせ、冷ましておきます。

お水 大さじ3に 粉ゼラチン 5グラムをふり入れて ふやかします。
ラップなしで15〜20秒レンジ加熱して完全にゼラチンを溶かし、冷めた柑橘果汁に加えます。

これを かたまったシンガポール・スリングゼリーの上に流し入れるのですが、温度が高いと せっかくのゼリーが溶けて 綺麗な層が崩れてしまいます。

氷水の入った大きめのボールに 柑橘ゼリーのボールを入れ、冷やしながらそっと混ぜます。

とろみがつくまで完全に冷やし、シンガポール・スリングゼリーの上に そっと流し入れましょう。
飾り用の果肉をそっとのせ、冷蔵庫に。






頂いた謎の柑橘類、非常に美味しいです。
シンガポール・スリングゼリーとの相性、ばっちり。こーれーはー 美味しいっ!!

ちょこんっと飾ったレモンバームの香りとも好相性、誰も邪魔していない完璧な仕上がり。
ほんのり酔った感じがするのは気のせいかしら?






昨日のワイン会。目玉は、私たちの生まれ年 68年のワイン。

68年と言えば、最悪ワインの代名詞ともなっている史上最悪の年・・・
後厄の主人は、これを皆に振る舞って 厄払いをしよう!という魂胆だったらしい。

ビールに始まり・・・いや 一体全体何本のワインが空になったのかしら。
悪名高い68ワインは、紹興酒にも似た味わいでした。ま、厄払いは これでばっちりね。

そぃじゃー私は畑仕事に。酒気を追い出して参ります。
・・・アルコール臭いと 母に叱られるかしら。
posted by しんさん at 07:07| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

新食感 お酒のデザート

よっぽど 飲ん兵衛に 見られているのか・・・よく お土産に お酒を 頂きます。

普段は ビールか ワイン、時々 私が 冷酒(・・・実は、いちばん 好きかも)なので、珍しい お酒を 頂いても なかなか 開封することが 出来ません。が、無駄には決して致しません。

韓国土産の マッコリは アイスクリームに
お引越しの際に 頂いた、綺麗なビンに 入った グラッパは シャーベットに

そして 先日・・・これらに 続く、お酒の デザートシリーズ 第3段を 作ってみました。

今回の お酒は、イタリアは リゾート地で 知られる 南イタリアの カプリ島 ソレント半島。
1年を 通して レモンが 実る この土地で 生まれた レモンの リキュール、リモンチェッロ。

リモンチェッロ入りの ゼリー液を ふわっふわに 泡立てて・・・そぉ まるで 泡雪。
新食感の リモンチェッロの ゼリーを 作ってみました。


ちなみに・・・リモンチェッロって アルコール度も 糖度も とっても 高いのです。

本場では、度数 95〜95の アルコールに レモンの 皮だけを 1週間から 10日間 浸けて その 香りを 移し、ここに お水と お砂糖を 加えて32〜34度に 調整して 作られます。

もともとは 日本で 言うところの 梅酒のように、家庭で 自慢の味を 作っていたそうです。

頂いたのは、こんなに 可愛い 瓶に 入った リモンチェッロ。
こんな 可愛い ナリでも、アルコール度数は 30以上・・・侮れませんよ。


作り方も 材料も、とっても シンプル。大変な 泡立ては 電気に お任せ・・・便利です
ふたり分です。

粉末ゼラチン 3グラムは、大さじ1の お水に ふり入れて ふやかしておきます。

お鍋に お砂糖 10グラムと お水を 入れて 中火にかけ、お砂糖を 煮溶かします。
ここで 加える お水の 量は、100CCから 加える お酒の 量を 差し引いた分量。

お砂糖が 溶けたら、極 弱火にして ふやかしておいた ゼラチンを加えて 完全に 溶かします。
お鍋を 火から下ろし、リモンチェッロ 大さじ1を 加えて 混ぜ合わせます。

ゼリー液を 大きめの ボールに 移し、氷水の 入った ひと回り 大きめの ボールに 浮かべて ゼリー液の 入った ボールの 底を 冷やしながら、泡立て器で ひたすら 泡立てます。

ゼリー液 全体が ふわっふわの 泡となり、すこし とろっとするまで・・・ひたすら 泡立てます。

グラスに スプーンで ふんわりと 盛りつけ、冷蔵庫で 1時間ほど冷やして 出来上がり。


あまり 時間がたつと、古くなった 綿菓子みたいに なっちゃいます。フレッシュな うちに・・・

ふわっふわの 食感は、ゼリーというより まさに 泡雪。
どぉ?主人。たまには こんな 風変わりな おやつも 良いものでしょ?


posted by しんさん at 06:31| Comment(4) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

傑作♪グラッパのシャーベット

今年の 初旬・・・それは それは 可愛らしい、青い 小瓶に入った グラッパを 頂きました

グラッパ・・・フランスの マールと 同じく、ワイン等を 作った後の ブドウの 絞り粕から 作られる イタリアの 蒸留酒。ブランデーの 仲間です。

アルコール度が とっても 高いのと、その グラッパ 特有の 香りで、苦手な 人も 多い お酒。
何を 隠そう、主人も その ひとりであります。

私にとっては・・・非常に 好みな お酒です。イタリア料理の 〆には、グラッパは 必須です。

また ビジュアル的に 見て、その バラエティーに 富んだ 瓶も、私心を しっかと とらえる要素。
ぐぐっと 握ると ぱきっと 割れそうな、華奢な グラッパグラスも また その 魅力のひとつ。




そんな グラッパ。この 小さな 綺麗な ブルーの瓶を、キッチンのカウンターに 飾って 早 半年。

オブジェとして 楽しんでは おりましたが、それは やはり 貧乏性 兼 片付け魔の 私。
せっかくの お酒なんですもの。そろそろ やっつけるか・・・と 立ち上がりました。

グラッパの シャーベットです
ミントの葉でも 飾ると、もっと 素敵なのですが・・・それは まぁ あるもの料理ってことで。


お水で 薄めてあるとは言え、火を 全く 加えていないので おそらく 確実に 酔っぱらいます。
お酒の 弱い方、20歳 未満の方は 食べられない、グラッパの シャーベット。

でもね、これが また 久しぶりの 大傑作。
グラッパ嫌いの 主人、グラッパシャーベットを 大絶賛。作った本人、びっくりの 美味しさ。

グラッパの 風味を なんとなく 残しつつ、ふわふわ さくさくの その 食感。
今まで 口にした どんな シャーベットより、お口が すっきりと します。

暇に まかせて、突然 思いついて 作ったので、材料は お家に あるものばかり。
昨日の お弁当・・・黄身味噌に使った 卵黄。残りの 卵白を 初めに、レモン汁と ハチミツ。

暑い この季節。爽快感 漂う グラッパの シャーベット。大傑作な 夏の デザートです。




お水 150cc・ハチミツ大さじ2を レンジOKの ボールに入れ、500Wの レンジで 30秒程 加熱して ハチミツを 溶かします。

別ボールに、グラッパ 50cc弱と レモン汁 大さじ3を。ここに お水を 加えて 200ccにして、しっかりと 混ぜ合わせます。

このふたつを 合わせ、泡立て器で しっかりと 混ぜ合わせておきます。



卵白1個分を 泡立て しっかりした メレンゲにし、先程の グラッパ入りのボールと 合わせます。

この時 メレンゲと グラッパは、ほとんど なじみません。
分離して 2層に なりますが、気にせず 泡立て器で 混ぜ合わせます。

ラップをして、冷凍庫へ。アルミの ボール等、冷えやすい容器を 使うことを お勧めします



完全に 凍る前に、途中 3〜4回 泡立て器で 全体を 攪拌します。

最初のうちは メレンゲだけが 凍ってしまい 層に なってしまいます。
が、数回 攪拌していくうちに、全体が なじんで ふんわり さっくりとした 仕上がりに。





これね、ホンと 美味しいのです。グラッパの風味と、レモンが 素晴らしく 好相性

そして、ふんわり さくさくの その食感。
主人も、これは いける・・・と、大満足の様子。これなら 良いよ、主人。おかわり しても。

うん、我ながら グラッパ→シャーベット って ひらめきは、大成功。

頂き物を 無駄にしない・残っていた卵白を 使い切る・・・
そんな シチュエーションから、お気に入りの デザートメニューが 誕生しました




岐阜地方。本日は、早朝から どんよりとした 曇り空。

なんやかんや言って、ちびっ子ギャング・・・甥っ子達と 夕方から 花火大会に くり出すのを 楽しみにしていた 主人。今日は、仕事の 予定も 入っておりません。

うぅ〜ん、微妙な 空模様。花火大会、ちびっ子達にも 楽しませてあげたいのにね、主人。

ちびっ子達が、アメリカに 帰ってしまうまで あと 1週間。
主人、へとへとに なるまで 遊んでおやり



posted by しんさん at 06:42| Comment(2) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

大人限定 濃厚お酒のアイスクリーム

昨日に引き続き・・・本日も、主人のお弁当 不要です。けっ!

なので、夏にぴったりの 『梅シロップの牛乳割り』に次ぐ・・・夏シリーズ 第2段、本日は これ

夏と言えば、アイスクリーム・・アイス大好物の私は、春夏秋冬 口にしてはおりますが。
ただし、これを 普通のバニラアイスと思うなかれ・・・酔っぱらいます、お酒に 弱い方ならば。


皆様、『マッコリ』というお酒を ご存じでしょうか・・・

韓国の 代表的な大衆酒で、主に お米から作られ 米麹の働きで 甘い どぶろくのようなもの。

周囲から、私は よっぽどの大酒飲みかと 思われているのでしょうか・・・お土産等で しばしば このような地元のお酒も頂くのですが、なかなか 開封する機会に恵まれず 本日まで。
が、これじゃぁ 買ってきて下さった方に 顔向けできません・・・ってことで。
どぉ〜んと アイスクリームにしてみましたってワケ(・・・え、これはこれで 失礼か?)


意外や意外・・・これ、すっごく美味っ!ミルク風味の中に、しっかりとお酒の味も残っています。
アルコールの風味を 完全にとばしてしまっている、なんちゃらスイーツとは ワケが違います。


本日は、野菜もりもりのお弁当の代償として・・・マッコリもりもりのアイスクリームをご紹介。

ただし、このマッコリ。
普通、マッコリっていうと 白濁したお酒だと思っていたのですが、これは ほぼ透明でした。
本当に マッコリなのか?これ

    (追記・・・振ってみたら ちゃんと白濁しておりました。翌日 6月10日の私より)








マッコリの代わりに、甘酒や どぶろく等でも イケちゃうかも。
お酒に弱い方は、軽く沸騰させて アルコール分をとばしちゃった方が 良いかも・・・です。

ちなみに、お酒を入れずに このレシピで作ると、凍らせる途中の段階で かき混ぜなくても 濃厚な 美味しいバニラアイスが出来ます。全卵使うので無駄もなし、 お試しあれ



マッコリ100CCと 牛乳75CCを、合わせて 弱めの中火にかけ、ぬる燗程度に 混ぜながら軽く温め 冷ましておきます。

分離しますが、気にしない 気にしない・・・

お酒の弱い方は、沸騰直前まで温めて アルコール分をとばしましょう。

ぐらぐら沸騰させ過ぎると、お酒の風味も何もなくなってしまうので、要注意です。




ボールを 3つ用意します。

それぞれに、
卵白(3個分)とお砂糖10グラム、
生クリーム200CCとお砂糖10グラム、
卵黄(3個分)とお砂糖40〜60グラムを。

卵白のボールは、大きめのボールを使いましょう。


卵白→生クリームの順に、それぞれ角が立つまで しっかりと泡立てます。

最後に、卵黄を 白っぽく もったりとした感じになるまで 泡立て器で混ぜ合わせ、冷ましておいたマッコリ+牛乳を 泡立て器で混ぜながら 少しずつ加えていきます。

卵白→生クリーム→卵黄・・・の順番で泡立て器を使えば、その都度 泡立て器を洗わなくても 次の泡立てが出るので 楽ちんです。泡立てている間は、他のボールは冷蔵庫に。







それぞれのボールを、混ぜ合わせていきます。
コツは、せっかく泡立てた泡を つぶさないように さっくりと 素早く混ぜること。

最初に、生クリームの1/2量を 卵黄のボールに入れて、素早く 泡立て器で散らすようにして 混ぜ合わせ、これを 生クリームのボールに戻し入れて、泡立て器で混ぜ合わせます。

生クリームと マッコリ入りの卵黄が 滑らかになったら、次に ここに 卵白の1/2量を加え、ゴムべらで 泡をつぶさないように 切るようにして合わせます。

あまりにボールが小さくて 難儀しましたが・・・最後に、これを 残りの卵白のボールに戻し入れて、ゴムべらで さっくりと切るようにして 滑らかに混ぜ合わせて 完了です。

これを、冷凍庫に入れて 凍らせます。






純粋に バニラアイスを作る場合(・・・要するに マッコリ等を入れない場合ですね)は、メレンゲのおかげで 攪拌しなくても 滑らかなアイスクリームが出来上がります。
その際は、バニラエッセンスを加えて 香りをプラスして。

今回は 何といってもマッコリ入りなので、半分程度 凍った時点で 全体をかき混ぜて 空気を含ませてあげると、マッコリの風味満点の 滑らかなアイスクリームになります。

ね?



月・火曜日と 久しぶりにお弁当がお休みで、のんびりとした朝を迎えた・・・と思いきや、いつも通りの時間に起きて 朝から アイスクリームなんぞ 作っている私。

たった今、主人から テレビ電話で 『今からホテルを出るよコール』 がありました。
今夜は 一緒に夕ご飯、そして 明日からは 野菜もりもりの お弁当、再開です。

ベランダに どぉーんとそびえる 大豊作の玉ねぎツリー・・・主人、びっくりするだろぉな。
明日のお弁当は、新玉ねぎもりもりメニューだよ、血液 さらさらだよ


posted by しんさん at 11:05| Comment(0) | 酔っぱらいますよ、お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする