2008年05月18日

野菜で遊ぶ

1週間分の野菜を買いに。
普段は、日曜日に行く農協の朝市。
今週は、昨日、土曜日に

店頭には、旬の野菜がいっぱいで、ちょっと興奮・・・
ふたり分だと言うのに、ついつい買い過ぎてしまいました。




この季節の野菜って、緑鮮やかでとっても綺麗。
でも、鮮度が損なわれるのもあっと言う間、すぐにしんなり・・・

青ジソにレタス。葉っぱモノは、お水を含ませたキッチンペーパーを底にしいた容器に入れて。

蓋をして、又は容器ごと
ビニール袋に入れ、口を閉じて保存



スーパーでは、なかなかお目にかかれない葉っぱ付きの人参。
我が畑の人参は、ようやく芽が5センチ程に成長した段階だと言うのに

青々とした葉っぱ、ちょっと小ぶりでも艶々の人参・・・これだけでうきうき
大きく成長する前の人参の葉っぱは、貴重。
とっても美味です。その上、栄養もたっぷり。
新鮮な葉っぱは、早速切り取って。 実の方は新聞紙に包んで野菜室へ。



昨日は、そんな人参の葉っぱを使って、保存調味料&ふりかけを。
人参の葉っぱで、無駄なく遊んでみました

葉っぱの部分は、農薬がたまりやすい・・・
そんなウワサも。

人参の葉っぱは、流水で丁寧に丁寧に洗って、柔らかい先の部分だけをつまんで、よくよく水気を切って使います。
ふた束分の人参の葉っぱ。先だけをつまんでも、かなりの量になりました。


春先に作って、大活躍&大好評だったふきのとうで作ったジェノベーゼ風
これ、人参の葉っぱで出来ないかしら・・・と。
今回は、ちゃんと松の実や、パルメザンチーズも入れて作ってみました

人参の葉っぱは、しっかり洗って、しっかり水気を切ります。
水気が残っていると傷みの原因に。

軽く乾煎りして、うっすら焼き色をつけた松の実と一緒に、オリーブオイルを加えながら、ハンドキサーで攪拌します。
フードプロセッサーがあると楽チンなんですが・・・我が家のフープロ、先日壊れてしまったので
オリーブオイルを加えながら、ハンドミキサーで頑張ってピューレ状に。
ピューレ状になったら、後は扱いやすいので楽チン。
適当に刻んだにんにくとパルメザンチーズを加えて、更にハンドミキサーで攪拌。
仕上げに、お塩と黒コショウを加えて、オリーブオイルでのばして出来上がりです。 お塩は、ちょっと良質のものを使った方が良いかも・・・です。

分量なんて適当でかまわないかとは思いますが、参考までに。

ザルに、超山盛りの人参の葉っぱ(先をつまんで)に対して、オリーブオイルは200グラム入りの半分弱使いました。
松の実は25グラム、パルメザンチーは40グラム・・・どちらもスーパーで売っていたものを、そのまま全部加えただけです

出来上がった人参の葉っぱのジェノベーゼは、ビンに入れて、冷蔵庫に保管します。パスタにつかったり、白身魚のお刺身に合わせたり。
トーストにしたり・・・温野菜にもいけるかも・・・ 大満足に仕上がりました。

人参の葉っぱ遊び・・・もうひと品は、栄養たっぷりのふりかけです

先をつまんで、よくよく水気を切った人参の葉っぱは、クッキングシートをしいた鉄板に広げてオーブンで乾燥させます。
130度余熱なしでスタートして、60分弱。極々低温で時間をかけて、からっからにさせます。




山盛りだった葉っぱ(この後更に追加しました)。
こんなカサに

こうなると人参の葉っぱは、手で簡単に粉々崩せます。しゅわぁ〜って、何とも言えない感食

粉々になった人参の葉っぱに、シラス干しと炒りゴマ、お塩を加えて出来上がりです。
シラス干しは、2枚のキッチンペーパーを重ねた上にのせて、レンジへ。1分加熱したら、ほぐして更に1分。
カリカリになったら、キッチンペーパーごと手で握って、粗く崩して。
すりゴマは、さっと炒ってから。
お塩は、好みのお塩で。
お家にあった、モートンのこのタイプを使いました。

なかなか良い感じに仕上がりました。
市販のふりかけが苦手で、なかなか登場しない我が家の食卓。
明日からは、この栄養たっぷり、人参の葉っぱふりかけがしばらく楽しめそうです


人参の葉っぱのお陰で、調べる、考える、作る、味わう・・・
なかなか有意義な、良い遊びがでました。
その上、今後の食事のひと役にも。
さて、さらなる野菜を求めて、今から日焼け止めたっぷりぬって、畑仕事に勤しんでまいります
posted by しんさん at 07:55 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。