2008年04月02日

朝からメレンゲ・・・甘党のお弁当

昨日の夜、主人はお仕事で外食。 一人で夕食を食べながら、何気につけたテレビで見た、メレンゲを作る憧れの安藤和津さん。 確か、オムライスを作っていた画像でしたが、無性にメレンゲを作りたくなり本日の主食に。
今週中に使い切ろうと決めた甘夏と、メレンゲで作ったふわふわのスフレで、ふわふわのマシュマロサンドを作ってみました

ホンと、朝からご苦労さん(笑)

スフレの材料は、卵とお砂糖、小麦粉、ベーキングパウダーです。ここに、本日は甘夏をプラス。 お砂糖と小麦粉はそれぞれ大さじ4杯くらい。ベーキングパウダーは、小さじ1杯くらい。あくまでも大ざっぱです。

卵2個は、卵白と卵黄に分けて。
卵白をハンドミキサーでひたすら攪拌して、お砂糖の半分を数回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。
卵黄は、残りのお砂糖、甘夏の表面をすりおろした皮と果汁、ビニール袋に入れてふって空気を含ませた小麦粉とベーキングパウダーを加えてよく混ぜます。
卵黄を混ぜている間、メレンゲは泡が消えないように冷蔵庫に。
メレンゲのふわふわが消えないよう、メレンゲと卵黄をスパチュラでさっくり馴染ませてスフレ生地の出来上がりです
クッキングシートを敷いた鉄板に、スプーンで生地を落とし170度に熱したオーブンで10分ほど。 スフレ生地は平らにせず、ふっくらと。
表面にうっすら焦げ目がつけば、焼き上がりです。 クッキングシートをそっと外して、網の上で冷まします。

さて、これだけでは甘夏をほんの少ししか消費できないので、残りの果肉を全部ほぐして丸々1個使用します。 おやつボックスの中に、いつまでも残っていたマシュマロと甘夏を、さっとレンジ加熱してマシュマロをとろっとさせます。レーズンといっしょにスフレでサンドして、ラップで包んでしばらく冷蔵庫に。

その間に作る本日の副菜。
昨日韓国のお土産にいただいた、すりゴマとすっていないゴマがブレンドされたこのひと瓶をさっそく使いました。

半分残っていたはんぺんと、レンジ加熱した人参をミキシングして。これをシイタケにこんもりと盛りつけて、ゴマをたっぷりまぶしてグリルしてみました。シイタケの足とネギも刻んで加えて。

本日のスープは、
最近よく作るフルーツのスープです
今日は、酒粕とさつま芋、デコポンをつかったポタージュです。
ひたひたのお水を加えて軟らかく煮たさつま芋に、酒粕とスライスした生姜を加えて。 更に、ざっと薄皮をむいたデコポンを加えて、水気が少ないようなら牛乳を加えてミキシング。
牛乳でのばして、仕上げに甘夏のマーマレードを加えて出来上がりです。
グラニュー糖を加えて、2分ほどレンジ加熱した金柑をトッピング。

おやつなのか、お弁当なのか・・・
何にせよ、本日も出来上がり


甘夏をたっぷり使った本日の主食。
ふわふわの甘夏スフレに、甘夏入りのマシュマロをはさんだ
レーズンサンド。

シイタケの器には、人参とはんぺんのムースがたっぷり、
ふわふわのゴマグリル。

本日のスープは、デコポンに酒粕、さつま芋たっぷりの
生姜風味のフルーツポタージュ。

どう考えてもお弁当らしからぬ主食を受け入れてくれる懐の大きな主人。
お陰で、甘夏はあと1個となりました。
もうすぐ普通の、お米が主食のお弁当になるからね
posted by しんさん at 13:36 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。