2008年03月30日

リッツカールトン東京→銀座の後は・・・

金・土と楽しんだ一泊二日の東京桜見物。

初めてのリッツカールトン東京は、スタッフの方もとても丁寧で、サービスも『え、こんなことまでサービスしてくれるの?』というくらい。
朝食も、おやつも、ナイトキャップの一杯も、最上階のラウンジで。
明るいうちは富士山を左手に、夜はライトアップされた森ビルを右手に・・・素敵でした。お部屋の窓からの眺めに心満たされました。

ただ、後で判明したのですが。 主人がリッツカールトンを今回宿泊場所に選んだのは、開業1周年の記念に、宿泊者にプレゼントされる赤ワインと、オリジナルのワイン オープナーが目当てだったよう。 宿泊代で、オーダーのオープナーくらい出来るような気もするんですが・・・

二日めは、普段はあまり歩かない私も、一日歩ける銀座。

携帯がやっと入るくらいの、こんな可愛らしい金属製のバックを購入
お店のマダムが直接ヨーロッパで買い付けてくる、ノーブランドですがとっても可愛らしい帽子等が陳列されている小さな小さなお店でした。

普段は取り寄せないと口に出来ないチョコレートも、銀座にはいっぱい あきれ顔の主人を横に、銀座のチョコレート屋さんをはしごしてきました

で、『今年も桜の季節に東京で贅沢出来たね』の記念に買った二人の記念の品

『チョコのほうがいい』とくずる私は、主人に引きづられ銀座ブルガリへ。
高級ブランドのお店が苦手な私を一転させる、優しい接客の女性に銀座の楽しさを再確認。
二人の香水は、さっそく洗面台に。

一年に一回、主人の仕事がひと段落した時期に行く、銀座でのお買い物付き東京旅行。
今年は、お洋服はなしだったけれど、食事の前のスパやら、富士山を眺めながらのサービスシャンパーニュやら、ネーム入りのハンカチやら・・・心に贅沢な旅をプレゼントしてもらいました。

さ、旅の疲れで主人はきっとお昼まで寝ているはず。 お土産の整理と、たまった洗濯物を片付けて、畑に向かうことにします。

おまけ
旅に行くときも、巻髪グッズは手放しません(笑)
私の旅行バックは、巻髪グッズを収納しやすいように作ってもらったバニティバック。
化粧品以外のものは、ほとんど入らない見た目重視、化粧品のみに機能的な手作りバック。
ローラーの付いた、大きなバックを転がしている主人の後姿を見ながら、ただただ感謝。
posted by しんさん at 08:11 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。