2024年03月21日

米粉パンに悪戦苦闘

木曜日なのでパンを焼きました。
今週も米粉パンに悪戦苦闘する備忘録、ふんわり焼き上がる米粉パンに些か不安を感じるようになりました。

20240321 00005.png

元のレシピを脱線し、オーツミルクを使ったり、スキムミルクを加えたり、お砂糖の量を減らしたりするのがよろしくないのでしょうか。
サイリウムを加えても生地は緩々。
昨日届いたセルクル型のおかげで、今回はフォカッチャにならずに済みましたがそれでも理想にはほど遠い焼き上がり。

20240321 00002.png





あくまでも改善のための備忘録として。

◆材料(8センチのセルクル型に4つ分)

  • ミズホチカラ 140g
  • スキムミルク 10g
  • てんさい糖 10g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品) 2g
  • お塩 1g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 25g
  • オーツミルク ホエーと合わせて95g計量しました

  • 卵 よくときほぐした状態で30g
  • 豆乳ヨーグルト 30g
  • 無塩タイプの発酵バター(湯せんで溶かしておきます) 10g

  • サイリウム 4g



  • 仕上げ用の溶き卵・オリーブオイル 各適量




◆作り方

  1. 米粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイースト・お塩をボールに合わせます。
    ホエーとオーツミルクを軽く混ぜ、インスタントドライイースト目掛けて加え菜箸でなじませましょう。

    20240321 00008.png

  2. 少しなじんだところで、溶き卵・豆乳ヨーグルト・溶かしバターも加えて混ぜ合わせます。



    泡立て器でしっかりと混ぜ合わせましょう。
    緩々の生地です。

    20240321 00010.png

  3. サイリウムをふり入れて混ぜ合わせます。
    スパチュラで混ぜたのですが、ゆる過ぎます。
    泡立て器でも混ぜられる緩さ。

    20240321 00009.png

  4. 緩々なりにスパチュラでまとめ、お水で湿らせたキッチンペーパーをかけてオーブンの発酵機能 30℃で10分間の一次発酵。
    相変わらず緩々なまま。



  5. 手の平に薄くオリーブオイルをぬって、どうにかこうにか4等分してユルッとまとめます。
    セルクル型に詰め込み、オーブンの発酵機能 35℃で20分の最終発酵。
    極薄くオリーブオイルをぬり、溶き卵を重ね塗りしました。

    20240321 00006.png

  6. 予熱したオーブン庫内へ移し、設定温度 190℃で18〜20分。
    せめて、セルクル型にもう少ししっかりとオリーブオイルをぬるべきでした。

    20240321 00007.png






line60-thumbnail2.gif





兎に角具沢山のスープを添えました。
玉ねぎ・人参・蓮根・ゴボウ・ベーコン・ひじき・アサリ・ひよこ豆・枝豆・ブルグル・パプリカ・・・
やけっぱちにも感じるスープです。

20240321 00004.png

『自分で焼いた米粉パンでサンドウイッチを拵えたい』
そんな私のささやかな目標です。

20240321 00003.png





line60-thumbnail2.gif




朝食です。
木曜日のお魚は鯖、新しく届いた金華鯖がとても高品質。
少し小ぶりになりましたが、身が洗練されています。

20240321 00001.png

今シーズンは随分と長く楽しんだ手作りの白菜キムチがなくなりました。
今日からは梅干しの副産物、ゆかりが納豆に添えられます。


03013-thumbnail2.gif




ラベル:米粉パン
posted by しんさん at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック