2024年02月01日

不器量な米粉クランブルロール

木曜日なのでパンを焼きました。

全粒粉からお米を使ったパンに軌道変更し、そして今は米粉を使用したパン。
以前と変わらないのは、基本的に1回に使用する粉は100g、そして手作り豆乳ヨーグルトのホエーを有効利用すること。
そして何より気楽なこと。

今朝はなんとも中途半端な姿の米粉パンが焼き上がりましたよ。

20240201 00005.png

発酵バターを練り込んだ米粉生地で、ジェルブレビスケットのクランブルを包みました。
焼き芋と甘酒のプリン(☆彡)のトッピング用にと、昨日拵えたジェルブレビスケットのクランブル、冷凍するまでもなかったかも。

20240201 00006.png

いつもは太白胡麻油やココナッツオイルを使用することが多いのですが、やはり発酵バターを使った生地は風味豊かに仕上がる気がします。

いつもより生地の肌理がつまっているのは、バターとスキムミルクを加えたから?それとも手順を少しかえたからでしょうか。
兎に角、しばらくはこの材料と手順で続けようと思っております。

20240201 00004.png





◆材料(小ぶりな米粉パン4つ分です)

  • 米粉(パン用ミズホチカラ) 100g
  • スキムミルク 5g
  • サイリウム 2グラム

  • てんさい糖 8g
  • インスタントドライイースト 1g
  • お塩 1g

  • ホエー(手作り豆乳ヨーグルトから出た水分です) 22g
  • 白湯(人肌程度に冷まして使用しました) ホエーと合わせて90g計量しました

  • 無塩タイプの発酵バター(室温に戻しておきます)10g


    ◆トッピングその他

  • ジェルブレビスケットのクランブル(☆彡) 適量
  • 太白胡麻油 適量





◆作り方

  1. 米粉・てんさい糖・サイリウムをボールに合わせ、泡だて器でよく混ぜ合わせておきます。
    ここにてんさい糖とインスタントドライイースト、ここから離してお塩を置きます。

    ホエーと白湯は予め混ぜておきます。

    20240201 00008.png

  2. てんさい糖の部分目指してホエー液を加え、中心から崩すようにしながら菜箸で混ぜていきます。

    20240201 00009.png

    すぐに菜箸で混ぜるのが難しくなるほどポッテリとした生地になります。

    20240201 00010.png

    室温に戻しておいたバターを加え、カードに持ち替えてボールに壁にこすりつけるようにしながら滑らかに捏ねあげましょう。

    20240201 00011.png

  3. バターのかたまりがなくなったら、生地をひとつにまとめます。
    お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをボールにかけ、更に輪ゴムで固定します。
    オーブンの発酵機能 35℃で30分間、一次発酵を促しましょう。

    20240201 00012.png

  4. 一次発酵が終了したら、生地をオーブンシートの上に移します。
    上にラップを被せて長方形にのばし、ジェルブレビスケットのクランブルをたっぷり上に。

    20240201 00013.png

    生地を出来るだけ引っ張らないようにしながら巻き、包丁で4等分します。
    形を出来るだけ整えながら並べ、お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 40℃で10分間の最終発酵。

    20240201 00014.png

  5. 小さな気泡がプツプツと現れたら発酵終了。
    オーブン庫内から出して予熱を開始します。
    その間も乾燥防止のラップとペーパーはそのままで。

    刷毛で表面に太白胡麻油をぬり、予熱したオーブン庫内へ。

    20240201 00015.png

    設定温度を190℃にして16〜17分。

    20240201 00007.png

    ・・・成形技術の向上は必須です。




w-line81-thumbnail2.gif




スープジャーですが、今日はサラダを詰めてみました。
たっぷりレタスとアボカド、フルーツパプリカのシーザーサラダです。

20240201 00001.png





ドレッシングはミルで。

ペコリーノロマーノ・アンチョビフィレ・冷凍レモン・にんにく・ディジョンマスタード・にんにくコンフィのオリーブオイル・マヨネーズをミルに合わせて撹拌するだけ。

20240201 00016.png

ひと口大に切ってしっかり水切りをしたレタス・アボカド・色止めの玉ねぎみじん切り・彩りのパプリカを合わせ、ドレッシングで和えましょう。
スープジャーに移し、温泉卵とミルで粉砕したペコリーノロマーノ・粗挽き黒胡椒を添えます。
よく混ぜながら召し上がれ。






米粉パンの成形を上達させるには、全粒粉パンの成形方法をいちどすっぱり忘れてしまうのが良いのかもしれません。

20240201 00002.png





w-line81-thumbnail2.gif




お待ちかねの朝食です。
いつもお座なりでお待ちかねと記しているわけではありません、本当にお待ちかねなのです。
主人も私も、朝食を心から楽しみにしているのです。

特に木曜日の焼き鯖を。
美味しいよね。

20240201 00003.png

2週間以上早く手渡したバレンタインのチョコレート。
ちゃっかり私も、主人と同じだけ毎朝ひとつずついただいています。

col36-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック