2022年07月15日

葛カスタードたっぷり・全粒粉パウンドケーキ〜レモンカードのアイシング編

今朝は発酵バターをしっかり使った全粒粉ケーキを焼きました。

いつもならばカロリーを考え、ココナッツオイルやオリーブオイル等、姑息な置き換えや代用を試みるのですが、今朝は潔くバターをしっかりと標準的な量使用して。
そして、その代償と言ってはナンですが、“葛カスタードクリーム(☆彡)”の在庫分、残っていた分すべてを生地の間に忍ばせました。


20220715 00003.png

仕上げにレモンカードのアイシングも。
冷凍してあるとは言え、随分と長い間冷凍庫に横たわっておりましたレモンカードもこれでおしまいです。

ちょっとかためのアイシングとなってしまいましたが、それもいつものご愛敬。

20220715 00004.png

バターを標準的に使用した代わりに、出来るだけお砂糖は控えたつもり。
アイシングや葛カスタードクリームに含まれるお砂糖を考えても、まぁまぁ程よい甘さの仕上がりになっているのではないかしら。

20220715 00005.png





◆材料(底辺約200×70・H60のやや小ぶりなパウンド型に1本分です)

  • 無塩タイプの発酵バター(室温に戻しておきます) 95g
  • てんさい糖 35g
  • 卵(室温に戻しておきます)2個

  • 全粒粉薄力粉 80g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 3g

  • 葛カスタードクリーム(☆彡) 110g
  • レモンカード(この時のもの ☆彡) 15g


    ◆レモンカードアイシング用

  • レモンカード 15g
  • ミルで粉砕したてんさい糖 30g強

    20220715 00007.png






◆作り方

  1. 予め室温に戻しておいたバターを、クリーム状になるまで泡立て器で撹拌します。
    分量のてんさい糖を加え、滑らかになるまで更に撹拌しましょう。

    予め室温に戻しておいた卵を軽く溶きほぐし、分離しないよう少しずつ加えて泡だて器で撹拌します。

    20220715 00008.png20220715 00009.png


  2. 全粒粉薄力粉・アーモンドプードル・ベーキングパウダーを合わせてふるい入れます。
    スパチュラで練らないよう混ぜ込み、多少の粉っぽさが残る状態でレモンカードも加えて混ぜ込みましょう。

    20220715 00010.png20220715 00011.png


  3. パウンド型にオーブンシートを敷き込み、生地の半量強を先ずは型に移します。
    表面をさっと平らにならし、葛カスタードクリームをたっぷりと絞りましょう。

    20220715 00014.png

    葛カスタードクリームを覆うように残りの生地を上に慣らし、予熱したオーブン庫内へ。

    20220715 00013.png

    設定温度を180℃にして40分。

    20220715 00012.png

  4. 熱いうちに型から出して網の上に移し、そっとオーブンペーパーを剥がして冷まします。

    20220715 00015.png

    レモンカードを湯せんで溶かし、ミルで粉砕したてんさい糖を少しずつ加えてはスパチュラで滑らかに混ぜ合わせます。

    20220715 00017.png

    完全に冷めたケーキの表面にぬり、乾かして出来上がり。
    厚めに切って召し上がれ。

    20220715 00016.png






w-line84-thumbnail2.gif





月にいちど届くゴールデングリーンさんの旬野菜定期便、お待ちかねの今月分が昨日届きました。

その中から、今朝はホウレン草をチョイスし早速胡麻和えに致しました。
そしてお昼のお菜用には春菊をチョイス。

春菊と鯖缶のサラダ、温泉卵添え。

20220715 00006.png






洗った春菊の水気をしっかりと切り、葉っぱ部分は食べやすくちぎります。
茎の部分は食べやすい2センチ弱程度に切りそろえてボールに合わせましょう。

鯖缶の煮汁をしっかり切って合わせ、スライスした紫玉ねぎ(こちらもゴールデングリーンさん発)、ヒマワリの種、オリーブオイル、胡麻、極少量のレモン汁とあごだし醤油。
鯖を粗く崩すように和え、ジャーに詰めて温泉卵をポン、黒胡椒をカリッと挽いて出来上がり。

20220715 00018.png






あり合わせの葛カスタードクリームケーキ、主人は相当お気に召したご様子です。

20220715 00002.png





w-line84-thumbnail2.gif





金曜日の主食は伊勢うどんの釜玉風。
そしてお魚はトップバリュブランドのイワシ生姜煮です。

20220715 00001.png

伊勢丹ドアでお買い得価格になっておりましたひと口羊羹、朝のおめざとして主人と半分こ。
主人が毎朝淹れてくれるほうじ茶と本当によく合います。





金曜日。
いつもならばヤッホーとばかり5時スタートの宴会を待つ我が身ではありますが、最近ふと自身の体型を見て愕然とする事件に遭遇致しました。

腹筋を鍛えるべく、食事を済ませてから2時間後のドタバタ体操。
帰宅した主人がお部屋に籠ってお仕事をしている間、たった2時間程度、5時までの限られた時間。

終わりのない家事やら、ささやかな勉強やらに加え、秘かな老いに対する私の抵抗時間でもあるのです。
昨日の腹筋の痛さはクリアしたようです。


col32-thumbnail2.gif


posted by しんさん at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック