2022年07月14日

全粒粉コロネ〜クッキー入り葛カスタードクリーム編

木曜日なのでパンを焼きました。

手作りの豆乳ヨーグルトのホエーを使って、前日の夕方に生地を準備して木曜日の朝に焼き上げる全粒粉パン、これが私の週間ルーティーンです。
今週はコロンっとした姿が愛らしい全粒粉コロネです。

20220714 00009.png

胸を張ってコロネと言い切ってしまいましたが、そもそもコルネ型も持っておりませんし、基本的に全粒粉生地はいつもと同じ。

バターロールだ、テーブルロールだと言っても、使用する油脂がバターかオリーブオイルやココナッツオイルかの違いだけ、それが私のパンですもの。
今日のコロネも材料・分量はいつもとほぼ同じ。
成形が異なる程度です。

20220714 00008.png

そして出来るだけ器量の良い子を前方に出して画像に残してはみましたが、全体像はこんな感じ。
あ、これ最初に成形した子だわ、あ、これ生地がちょっと裂けていた子・・・一目瞭然です。

でも、楽しいのです。

20220714 00007.png

たっぷり詰めたカスタードクリームは、先日火曜日のオートミールエッグタルト(☆彡)に使用した葛カスタードクリームです。
葛カスタードクリームに、お土産で頂いたクッキーを砕いて合わせてみました。

昨日の葛まんじゅう(☆彡)にも使用しましたが、まだまだたくさん残っています。
明日も葛カスタードメニューかしらね。

甘さをおさえた葛カスタード、砕いたクッキーが何気にさっくり良いアクセントになっていますよ。

20220714 00006.png





◆材料(4つ分です)

  • 強力粉 100g
  • スキムミルク 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト 1g

  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 65g
  • オーツミルク 25g(ホエーと合わせて90g計量します)

  • お塩 1g
  • ココナッツオイル 10g

  • 葛カスタードクリーム(☆彡) 適量
  • クッキー 1枚
  • 水溶き卵黄 適量

    20220714 00004.png






◆作り方

  1. 生地の準備は前日の夕方に済ませてしまいます。
    ホエーとオーツミルクを計量し、よく混ぜておきましょう。

    全粒粉強力粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるようによく振り混ぜます。

    20220714 00010.png

  2. 計量したホエーに粉類の半量を加えてよく混ぜ合わせましょう。

    お塩とココナッツオイル(液体状)を順に加え、その都度しっかりと混ぜ合わせます。
    これを残った粉類に加え、生地がひとつにまとまるまで軽く捏ねます。

    形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    ヨーグルトメーカーに移し、40℃で1時間の発酵を促しましょう。

    20220714 00011.png20220714 00012.png
    20220714 00013.png
  3. 幾分ふっくらした生地を、ビニール袋越しに軽く捏ねてガス抜きをします。

    20220714 00014.png

    再度形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    容器の蓋をし、ひと晩野菜室でゆっくりと発酵を促しましょう。

    20220714 00015.png

  4. 今朝はここからスタートです。
    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻してあげましょう。

    20220714 00016.png

    その後、ビニール袋越しに生地を軽く捏ねてガス抜きをしたら、徐に袋から出して形を整え4等分します。
    断面を包み込むように丸め、ビニール袋に戻して15分間のベンチタイム。

    20220714 00021.png

  5. ベンチタイムの間にコルネ型を手作りします。
    用意するのは、A4のコピー用紙を2枚、オーブンシート、ホチキスです。

    先ずはコピー用紙を縦半分に切ります。
    それを更に半分に折ります。
    要するにA6サイズを4枚作る、そう言うことですね。

    円錐型に丸め、ホチキスで届くところ2か所を留めておきます。
    ピヨッとはみ出た部分はそのままで平気。

    20220714 00018.png

    A6サイズのオーブンシートを4枚用意し、円錐に丸めたコピー用紙をくるりと包みましょう。
    尖っていない方を内側に折り込んで出来上がり。

    20220714 00017.png
  6. 打ち粉の上に生地を取り出し、両手で転がしながら細長くのばします。
    コルネ型を持って、コルネ型の太い側に生地の端を固定し、型で生地を巻き上げるように巻き付けます。

    20220714 00020.png

    その時、巻き始めと巻き終わりが直線上に収まるように。
    後ほど、巻き始めと巻き終わりを下にして発酵・焼成するので、直線上にないとほどけてしまうのだそう。

    巻き始めと巻き終わりを下にして並べ、水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけてオーブンの発酵機能 40℃で45分間の最終発酵を促しましょう。

    20220714 00021.png

  7. ふっくらと発酵した生地に水溶き卵黄をそっとぬります。

    20220714 00022.png

    予熱したオーブンに移し、設定温度200℃で10〜12分。

    20220714 00023.png

    焼き上がったら、熱いうちにコルネ型を外して網の上で冷ましておきます。

    20220714 00024.png

  8. 完全に冷めたところで、粗く砕いたクッキーを詰めます。
    葛カスタードクリームをたっぷりと絞り、残ったクッキーを葛カスタードの部分に軽く押し付けて出来上がり。

    20220714 00005.png






table_s.gif





在庫野菜のカポナータ風スープ。
圧力鍋で2分、1分の時間差加圧、ちょちょいのちょいで出来上がり。

20220714 00003.png





  1. つぶしたにんにく・コリアンダーシード・ブラックペッパー・鷹の爪・ブラウンマスタードを合わせ、オリーブオイルで香りが立つまでじっくりと炒め合わせます。

  2. 人参と玉ねぎも入れて炒め合わせたら、茹で鶏の茹で汁を注ぎます。
    茹でて冷凍しておいたひよこ豆も加えて加圧すること3分間。

  3. トマト缶とズッキーニ、タマリンドペースト、赤ワイン、ついでにいつぞや拵えた鶏手羽肉のお酢煮も入れてしまいましょう。
    加圧1分、後は味をみながらフルール・ド・セルで調節します。
    スープジャーに盛り、茹で鶏をほぐして散らし、ミルで粉砕したペコリーノロマーノと粗挽き黒胡椒を添えて出来上がり。

    20220714 00026.png20220714 00027.png
    20220714 00025.png






いままで使っていたインスタントドライイーストを『赤サフ』から、気楽なトップバリュブランドの『手軽に使えるドライイースト』に今回のパンから変更致しました。

イオンさんには申し訳ないけれど、少々半信半疑でしたが全く問題がない様子。
頃合いを見て、イオンネットスーパーさんに注文してまた予備分をまた届けていただくと致しましょう。

20220714 00001.png





table_s.gif





木曜日なので、いつもならば焼き鯖の日なのですが。
諸事情ありまして、今朝は作り置き料理として活躍しておりましたイワシの南蛮漬けが朝食メンバーに加わりました。

これだけではちょっと寂しいので、主食はへしこ茶漬け。

20220714 00002.png

贅沢なへしこ茶漬けです。
昆布と干し貝柱のお出汁をたっぷり注ぎ、手作りの柚子胡椒を添えました。

朝からクーラーの効いたお部屋、温かな贅沢なお出汁、お家でないと食べられない贅沢なへしこの出汁茶漬けです。




1ヵ月ぶりに届いたゴールデングリーンさんの野菜。
今、我が家は1ヵ月にいちどの満ち満ちた食材に和んでおります。

kit2-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック