2022年06月08日

オートミールキッシュ〜とろり葛粉ホワイトソース編

だんだんと使い方にも慣れて参りました、cottaさんで購入した『シルフォーム タルト型』

タルトストーン不要、焼成前の型にぬる油分不要、抜群の型離れ。
ですが特徴的なその細かなメッシュ生地は柔軟過ぎるしなやかさで、型抜きしたタルト生地を敷き込むのにもコツを要します。
私の場合は、ですけどね。

ですが段々とその『コツ』も私なりにつかんできましたよ。
シルフォームタルト型を使って、小さなひと口サイズのキッシュなどいかがでしょう。

20220608 00004.png

全粒粉のクラストにはオートミールがたっぷりです。
ざくざくと素朴なクラストの中からは、とろりホワイトソース、そして旨味詰まったアサリのむき身。

もちろんバター不使用の葛粉ホワイトソースですが、最近ではホワイトソース好きの主人もすっかりこの葛粉ホワイトソースに慣れたようです。
あっさりした葛粉のホワイトソース、味はもちろん、使い勝手も抜群です。

20220608 00001.png

週の真ん中水曜日。
週末のロゼを待ち侘びるかのような、素朴なオートミールキッシュが整列しましたよ。

この不揃いで不器量なところもまた魅力なのです。

20220608 00007.png





◆材料(cottaさんのシルフォーム タルト型に1枚、おまけのクッキー分)



 ◆クラスト
  • オートミール(クイックオーツをミルで粉砕します) 60g
  • 全粒粉薄力粉 40g
  • コーンスターチ 15g
  • ペコリーノロマーノ(同じくミルで粉砕します) 15g

  • 卵 1個
  • オリーブオイル 15g
  • 蜂蜜 10g
  • ナツメグ 適量



 ◆フィリング
  • オーツミルク 100g
  • 葛粉 5g

  • ナツメグ 適量
  • フルール・ド・セル 適量
  • 白味噌 隠し味程度の極少量

  • 冷凍アサリのむき身 適量
  • 卵 1個
  • 粉砕したペコリーノロマーノ 適量




◆作り方

  1. 先ずは台、クラストから。

    ミルで粉砕したオートミールとペコリーノロマーノ・全粒粉薄力粉・コーンスターチをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるようにしっかりとふり混ぜましょう。

    別ボールに、卵・オリーブオイル・蜂蜜・すりおろしたナツメグを合わせ、泡だて器でよく撹拌します。
    これを粉類の入ったビニール袋に加え、生地がひとつにまとまるまで軽く捏ねます。

    20220608 00008.png20220608 00009.png


  2. まとまった生地をビニール袋から出し、のばす・折るを数回繰り返しながら長方形に整えましょう。
    ビニール袋に戻し、めん棒で厚さ5ミリ弱にのばします。
    この状態で冷蔵庫に移し、30分ほど冷やしておきましょう。

    20220608 00010.png20220608 00011.png
    20220608 00012.png


  3. 生地を冷やしている間にフィリングの準備へと参ります。

    オーツミルクと葛粉を合わせてよく混ぜ、漉しながら小鍋に移します。
    ナツメグ・お塩・白味噌を加え、中〜弱火にかけて混ぜながらぽってりと練り上げます。
    冷ましておきましょう。

    20220608 00016.png20220608 00015.png


  4. よく冷えて扱いやすくなった生地を型抜きします。
    余った生地は、重ねてのばすを繰り返しながら型で抜きます。

    20220608 00013.png

    シルフォームタルト型に敷き込み、底部分にピケをして予熱したオーブン庫内へ。
    設定温度 170℃で15分間下焼きします。

    20220608 00014.png

  5. 下焼きしている間に、フィリング用の卵・粉砕したペコリーノロマーノをよく混ぜ合わせておきましょう。
    下焼きが終わり、熱々の状態の生地の底部分に刷毛で卵を極少量ぬります。

    冷めてぽってりとした葛粉ホワイトソースをたっぷり詰め、冷凍アサリを並べます。

    20220608 00017.png20220608 00018.png
    20220608 00019.png


  6. 溢れないようそっと卵液を流し入れ、予熱したオーブン庫内へそっと移しましょう。

    20220608 00020.png

    設定温度 180℃で12〜15分。

    20220608 00005.png

    抜群に美味しいオートミールクラフトのひと口キッシュ。
    とろり溢れる葛粉ホワイトソース、50過ぎたらこのくらいの軽さが良いのです。

    20220608 00006.png






dotline2_pink1-thumbnail2.gif





お菜は久しぶりの生春巻き。
もちろん在庫食材のあり合わせですが、一緒に巻いた梅カツオが美味しいのです。

今週末には届く2022年の梅。
今年も梅仕事が始まりますからね、2019年物の梅干しはお片付けにかからないと。

20220608 00002.png





  1. 梅干しは種を除いて包丁で細かくたたきます。
    鰹節・たっぷりの白胡麻・だし醤油を合わせてよく混ぜておきましょう。

    20220608 00021.png

  2. ぬるま湯に胡麻油を数滴たらし、ここにライスペーパーをさっとくぐらせます。

    ミニトマト・大葉・レタス・おぼろ昆布・鶏ささ身の茹で鶏、そして1の梅かつおをくるりと巻いて出来上がり。

    20220608 00022.png

    一緒に巻くつもりで千切りにしておいた人参。
    巻き忘れてしまいましたので、急きょ人参サラダに。





dotline2_pink1-thumbnail2.gif





今朝は主人も私も大好物、『へしこ出汁茶漬け』です。

さっと炙って反り返った鯖のへしこに、昆布と干し貝柱の熱々お出汁、手作り柚子胡椒。
ご飯はオートミールで嵩増ししてありますが、主人幸せそうです。

20220608 00003.png

お魚は金太郎イワシ。
小ぶりなので、水曜日の金太郎イワシは毎回ほんの少し損した気分。
ですが食べて後悔したことは皆無、本当に美味しいのです。




さて。
間もなく伊勢丹ドアが今宵の肴を届けてくれますよ。
月にいちどの伊勢丹ドア、主人も相当楽しみにしているようです。
今回は餃子や汁なし担々麺も入っていますからね。

col32-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック