2022年05月31日

オートミール半バーガー(さくプリエビカツ編)

長々と降り続いた雨が上がり、今はお待ちかねの青空です。
姿を見せず心配しておりました子ツバメたちも、待ってましたと言わんばかりに飛び回り始めました。
間もなく旅立ちの時とは重々承知しておりますが、視界の端を横切った彼らの姿に一喜一憂しているようではこの先思いやられます。

さ、今日のお昼は『オートミール半バーガー』ですよ。

20220531 00004.png

・・・なんてね。

文字変換機能が勝手に名付けた『オートミール半バーガー』にクスッ。
『オープンスタイルのオートミールバーガー』などと長々綴っておりましたが、いいじゃんこれで、と。

ご飯の代わりにオートミールで拵えたライスバーガー。
そして主人の体重増加防止のため、ライスで挟まず片方だけのオープンサンドスタイル。
これが我が家のオートミールライスバーガー、改めオートミール半バーガーです。

20220531 00006.png

今回のフィリングは『サクぷりジューシーエビカツ』
伊勢丹ドアの定期便(とは言っても月にいちどの配達ですが)に入っておりました冷凍エビカツです。
本当にぷりぷりのエビがごろごろ入っておりました。

20220531 00007.png

大豆で嵩増ししたオートミールにさくプリなエビカツ、そしてピリリと辛めな『茗荷のナムル』をたっぷりと。
大葉とさっくりレタスで食べやすく包みました。

週にいちどの頻度で登場する我が家の『オートミール半バーガー』
評判の伊勢丹バイヤーさんがご推薦するエビカツは、やはり美味でありました。

20220531 00005.png





  1. 先ずはエビカツを揚げます。
    裏書に少し逆らい、太白胡麻油で揚げ焼きに。
    キッチンペーパーの上でしっかり油を切っておきます。

    20220531 00008.png

  2. オートミールをレンジ加熱しましょう。

     ◆オートミール 30g(ロールドオーツとクイックオーツをそれぞれ15g)
     ◆蕎麦の実 10g
     ◆お水 100g

    以上を耐熱ボールに合わせてざっと混ぜ、ふわりとラップをして600Wの電子レンジで先ずは1.5分。
    いちど取り出し、蒸し大豆(市販品)と白胡麻を加えて混ぜ込みます。

    再度ふわりとラップをしてレンジ加熱1.5分。
    目玉焼きリングにラップを敷き込み、ふたつに分けたオートミールライスを成形します。

    20220531 00009.png20220531 00010.png
    20220531 00011.png


  3. エビカツを揚げ焼きにしたフライパンをさっと拭き、焼き色がつくまで両面こんがり焼きましょう。
    出来れば刷毛でお醤油をぬって焦がし醤油にしたいところですが、高血圧の主人のためにそこは我慢。
    網の上に並べて冷ましておきましょう。

    20220531 00012.png

  4. 茗荷のナムルを作ります。
    が、その前ににんにくのピュレを多めに拵え冷凍保存。

    にんにくは、皮つきのまま小房に分けて冷凍してあります。
    凍ったまま、袋に入れたまま、皮つきのまま、3分ほどレンジ加熱して粗熱をとります。

    ツルっと皮をむいたらミルでピュレ状に。
    胡麻油を加えると早いのですが、後の料理を選ぶので私はみりんで。
    みりんを潤滑油代わりに少し加えてミルを回転させます。

    今日使う分を少し残し、残りはラップで板状にして冷凍します。

    20220531 00014.png20220531 00015.png
    20220531 00016.png


    凍り始めたところで筋を付け、完全に凍ったら割って冷凍します。
    お菓子作りに使う金属製のスクレッパーが筋を付けるのに大変重宝致します。

    20220531 00013.png

  5. 茗荷は縦半分に切ってから細切りに。
    たっぷりのお水に晒してからザルにとり、キッチンペーパーで包んでしっかり水を絞りましょう。

    ミルに少し残ったにんにくピュレに、胡麻油・お醤油・豆板醤・白胡麻を加えて軽くミル。
    水を絞った茗荷を加えて和えましょう。

    20220531 00017.png20220531 00018.png


  6. ワックスペーパーの上にレタスをひろげ、オートミールをおきます。
    エビカツを重ね、茗荷のナムルをたっぷりと。
    大葉を並べましょう。

    20220531 00019.png

    レタスで包み、ワックスペーパーで固定して出来上がり。

    20220531 00020.png






table_s.gif





エビカツと同じく、伊勢丹ドアに届けて頂いた『おさかな団子』はスープにもぴったりな食材です。
今日はこのおさかな団子を、ミニトマトやお豆腐に合わせたスープですよ。

ほんのりと柑橘系の味がするのは、『鶏手羽肉のレモン煮』の煮汁を有効利用したから。
セロリのピクルス液で鶏手羽元を煮て、そして更にスープで幕引き。
我が家ではよくあることです。

20220531 00001.png





鶏手羽元の煮汁・スープストック・くし形に切った玉ねぎ・皮つきのままのミニトマト・おさかな団子等全て合わせてひと煮たち。
お豆腐を崩し入れたら味をみて、オイスターソースとナンプラーで味付けしたら葛粉でとろみをつけてスープジャーへ。

ネギを散らして出来上がり。





夏が来ても、おそらく我が家のスープジャーは休みなしです。

20220531 00003.png






table_s.gif





今朝の主食はおろし蕎麦です。
冷凍してあった大根おろしに、自家製梅干しを添えて出来上がり。

お魚はしめ鯖とアボカド、たっぷりのオニオンスライスの組み合わせ。

20220531 00002.png

明け方の雨など関係なく、火曜日の週間ルーティンに則りシーツの類を丸ッとお洗濯。
そろそろ乾いた頃ですよ。


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック