2021年11月11日

ふんわりもっちり・ほんのり甘い全粒粉ちぎりパン

木曜日なのでパンを焼きました。
今週は全粒粉ちぎりパン。
全粒粉100%とは思えない、ふんわりもっちり食感が自慢のほんのり甘いちぎりパンです。

2021111 00004.png

先週は外食したり祝日があったりで、結局パンを焼かないまま1週間が過ぎてしまいました。
木曜日にパンを焼く、この週のルーティーンを果たさないとどうも何かやり忘れた気がしてムズムズします。

もちろん今週も豆乳ヨーグルトのホエーを有効利用したオーバーナイト発酵スタイルの全粒粉パン。
前日の夕方にビニール袋で生地を捏ね、ひと晩ゆっくり野菜室で発酵を促します。

2021111 00006.png

いつもよりほんの少し生地に加えるてんさい糖を多めにし、仕上げに振りかける粉はきな粉にしました。
ホエーだけで足りない水分、今週はオーツミルクで補いましたよ。

常備しておりましたトップバリュブランドのアーモンドミルクですが、かれこれ1ヵ月以上イオンネットスーパーでは品切れが続いております。
まだまだしばらくは豆乳とオーツミルクが我が家では活躍してくれそうです。

2021111 00008.png

いつもより少々やわらかめの全粒粉生地。
以前は製菓食材のオンラインサイトで全粒粉強力粉を取り寄せていたのですが、少量を欲しい時に取り寄せられるイオンネットスーパーで購入できる全粒粉に今日から変更。

焼き上がりはふんわりもっちり、文字通りちぎってみると指の跡がついてしまいそうなもち肌な全粒粉パンが今まで通り焼き上がりましたよ。

2021111 00007.png

いつもは野田琺瑯レクタングル深型のLサイズを型として使うのですが、ここしばらく主人も私も体重が増加の一途をたどっております。
なので焼くパンの量も控えめに。
いつもよりぐっと小ぶりな野田琺瑯レクタングル深型のSサイズを使った小さな小さなちぎりパンです。






◆材料(野田琺瑯レクタングル深型のSサイズにひとつ分)
  • 全粒粉強力粉 110g
  • スキムミルク 10g
  • オートミール 5g
  • てんさい糖 8g
  • インスタントドライイースト 1g

  • ホエー(自家製の豆乳ヨーグルトから出た水分です) 65g
  • オーツミルク 30g
  • お塩 ひとつまみ
  • 無塩タイプの発酵バター(湯せんで溶かしておきます) 10g


  • 仕上げ用のきな粉 適量




◆作り方
  1. 生地の準備は前日の夕方に済ませておきます。


    全粒粉強力粉・スキムミルク・オートミール・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるように振り混ぜましょう。

    ホエーとオーツミルクを合わせて混ぜたところに、合わせた粉類の半量を加えてよく混ぜ合わせます。
    更にお塩と溶かしバターを順に加え、加えたその都度しっかりと混ぜ合わせましょう。

    残った粉類にこれを戻し入れ、生地がひとつにまとまるまで軽く揉みます。
    ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留め、ヨーグルトメーカーに移して40℃で1時間発酵を促します。

    2021111 00010.png
    2021111 00011.png2021111 00012.png


    その後軽く揉んでガス抜きをしたら、再度形を整えてビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    保存容器に入れて蓋をし、野菜室でひと晩発酵を促しましょう。

    2021111 00013.png

  2. 今朝の生地の様子はこんな感じです。
    先ずは野菜室から出して室温に戻してあげましょう。

    2021111 00014.png

    その後ガス抜きをしてまとめたら、ひとつ38〜39g程度に6分割して丸めます。
    ビニール袋に戻し、15分間のベンチタイムを設けて生地を休ませてあげましょう。

    2021111 00015.png

  3. ベンチタイムが終了したら、生地を丸め直しながらオーブンシートを敷き込んだ容器に並べ入れます。
    ぬれ布巾とラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 40℃で40分間の最終発酵を促します。

    2021111 00016.png

  4. オーブンの予熱をしながら、生地の表面に茶こしを通してきな粉を振りかけましょう。

    2021111 00009.png

    設定温度170℃で15分。

    2021111 00005.png

    ちょっと不器量なムクムクした姿も愛らしい、全粒粉ちぎりパンの焼き上がりです。

    2021111 00017.png







il-plants5-thumbnail2.gif





主人を笑えない程の体重増加が目下のところ悩みの種。
ザワークラウトにちょちょいと在庫食材を加えた小ぶりなサラダをパンに添えるに止めましょう。

2021111 00003.png





予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストした胡桃、ザワークラウト(市販品)、千切りにした柿、フルールドセル、蜂蜜、極少量のレモン汁を合わせて和えただけの簡単サラダ。
ザワークラウトの酸味と甘い柿の組み合わせが好きなのです。

ジャーの底に自家製ビーツのピクルスを敷き詰め、ザワークラウトをたっぷりと。
ガーキンのピクルスを小口に切って散らせば出来上がり。
酸っぱい酸っぱいお菜です。





2021111 00001.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は体重の不安もあって炊き粥です。
カサ増しの二子さといもも忘れず、お米・十六雑穀・蕎麦の実・もち麦・押し麦と一緒にことことことことストウブで炊き上げます。

ぽってりとした梅干しは2019年度製のお手製。
塩鯖の焼き具合がとても良い感じ。

2021111 00002.png

今朝は主人の要望で、塩鯖の部位を交換致しました。
いつもは私がお腹側、主人が尻尾側となるのですが、今日は逆。

今後、主人がお腹側を欲することはないそうですよ。
・・・面倒だったのね。


mono89-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:03 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。