2021年09月03日

葛粉の生チョコ風〜リッツサンド編

ささやかな防災対策として、何種かの備蓄食料は戸棚に並べてあります。
某有名どころのレトルトカレー、綺麗な化粧箱に入ったビーフシチュー、何やら体に良さそうなパックご飯、美味しそうな全粒粉ビスケット等々。

時々賞味期限を確認しては、新しい商品を発注して入れ替えております。
非常時に遭遇しなかった喜びに加え、たまにしか食べない美味しい備蓄食料品、何より私がラクチン、当日はちょっとした楽しみでもあります。

おやつ代わりとしても備蓄してあります、箱入りリッツ。

そろそろ賞味期限が迫ってきましたので、今回はお弁当の食材として頂きましょう。
葛粉で拵えたもっちり生チョコ風、チョコレート風味の葛餅をたっぷり挟んだリッツサンドなどいかがでしょう。

20210903 00005.png

保存缶でなく、見慣れた箱入りリッツを備蓄食料としているあたり、正にささやかな災害対策ではあります。

非常食とまではいかないまでも、室温で相当長期保存できるオーツミルクやアーモンドミルクも備蓄品の一例。
ハイカカオのチョコレートもそのひとつ。

20210903 00007.png

これら備蓄食材を寄せ集めたリッツサンド。
ぽってりホロ苦いチョコレート風味の葛餅と、いつものサクサク食感とは異なるしっとりリッツ。

塩味のリッツならではの相乗効果、そして葛粉ならではの食感、不思議と美味しいリッツサンドに仕上がりましたよ。
もちろん主人からも高評価。

20210903 00004.png

冷たいお水でするっと落ちる葛粉は、後片付けも簡単です。

生クリームは不使用、お砂糖代わりに使用する蜂蜜も極少量。
ハイカカオチョコレートと葛粉の効果を期待しながら召し上がれ。

20210903 00006.png





◆材料

  • リッツ 6枚
  • 葛粉 18g
  • ココアパウダー(お砂糖不使用) 10g
  • オーツミルク 180g

  • 蜂蜜 15g
  • カレ・ド・ショコラ<カカオ88> 7枚(約35g)




◆作り方

  1. 葛粉とココアパウダーを小ぶりなボールに合わせます。
    ここに少しずつオーツミルクを注いではそっと混ぜ合わせ、葛粉のかたまりをほぐしていきましょう。

  2. 葛粉のかたまりがなくなったら、ザルで漉しながらお鍋に移します。
    蜂蜜も加えて中火でぽってりするまで練り上げたら、火からおろしてチョコレートを加えます。
    素早く混ぜ込みます。

    20210903 00008.png20210903 00009.png
    20210903 00010.png


  3. オーブンペーパーでリッツの円周に合わせて輪っかを作り、外面をマスキングテープで固定しましょう。
    マスキングテープの輪っかが歪なのは、往生際悪く残しておいた『端切れ』を使ったから。

    リッツを外表に2枚一組、先ずは1枚を輪っかに入れます。
    ぽってりとチョコレート葛餅をここに分け入れ、もう一枚のリッツを上に乗せて軽く押し込みましょう。

    この状態で冷蔵庫で冷やします。

    20210903 00011.png20210903 00012.png
    20210903 00013.png


  4. 葛粉を使ったお菓子はあまり冷やし過ぎない方が良いのですが・・・

    20210903 00015.png

    そっとオーブンシートを剥がしましょう。

    20210903 00014.png

    コロンっと何だか可愛いチョコレート風味の葛餅、そしてリッツサンド。
    備蓄食材でちょっと遊んだスイーツ、幸せなお遊びを噛みしめます。

    20210903 00016.png





il-plants5-thumbnail2.gif





まだまだ天候が不安定ですが、もう少し涼しくなったらまたビーツの秋撒きの季節です。
春に種を撒いて収穫したビーツを数株を残しておき、今秋は初めて種の採取を目論んでおります。

春撒きのビーツをピクルスにして保存してありますが、そろそろ残りも少なくなってきました。
スライスして漬け込んだビーツのピクルス。
大好きなのですが、サラダ等にすると他の食材全てがビーツ色に染まってしまうのが少々不本意。

そこでふと考えました。
ビーツのピクルスをゼリー液で閉じ込めてしまえば良いのでは?

20210903 00002.png





メイソンジャーにビーツのピクルスを詰め込むと、じわじわとビーツカラーが他の食材に浸透していきお昼には全体がビーツ色。
なので、ビーツを詰めたら上からゼリー液を注いで封じ込めてしまう、というわけ。

  1. ジャーの底にはスライスビーツのピクルス、そしてセミドライミニトマト、人参サラダと重ねます。

  2. お鍋にアガー 小さじ1/2、ビーツのピクルスとお水 各大さじ2を少しずつ合わせてダマなく溶かし、蜂蜜 小さじ1/2も加えて中〜弱火で沸騰食前まで加熱しましょう。
    これを1の上に注いで冷やしかためます。

  3. アボカド、鯖缶そぼろ、ローストしたカシューナッツと蕎麦の実、みじん切り玉ねぎ、塩麴を合わせ、かたまったゼリーの上に盛って出来上がり。

    20210903 00017.png
    20210903 00018.png20210903 00019.png







人参サラダがビーツの侵略をしっかり阻止してくれたので、ゼリー液の出番はありませんでした。
そもそも、ゼリー液が少なすぎました。

20210903 00003.png





il-plants5-thumbnail2.gif





金曜日。
何となく、イオンブランドのイワシの生姜煮の日です。
そして伊勢うどんの釜玉風。

毎朝食を楽しみにしております主人ですが、これはこれでまた大変楽しみにしているようです。
伊勢うどんの釜玉風には、たっぷりのおろし生姜を添えるのがまた彼のお気に入り。

20210903 00001.png

お昼の後、15〜20分間のお昼寝をするようになって今日でちょうど1週間が経過しました。

何も考えずに横になって目を閉じる、これって意外と至難の業です。
気付くと、つい何かしら考えている自分に焦ること多々。

色々試した結果、手首に指を当てて自分の脈拍を数えながら目を閉じることと致しました。





と、お昼寝にも慣れた本日金曜日。

1週間ほど前に主人が気付いた上瞼の小さなぽっち。
すぐに治ると思いきや、なかなかしぶといので先ほど雨のなか歩いて眼科に行って参りました。
歩いて3分、行って良かった侮るなかれ小さな出来物。

軟膏と目薬を処方して頂き、ちょっと傷の残る上瞼を気にしながら、今日はこれからちょっと遅めのお昼寝です。


illust-moon-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:16 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。