2021年07月29日

玉ねぎとチーズのオートミールクッキー

たいへん稀なことですが、今日は主人のお弁当が不要です。
しめしめ楽をさせてもらいましょう、そんなことを思っていると主人は思っているかもしれませんが、そうはならない真面目な性分。

起床はいつもどおりの4時、朝食までの時間をずっと気になっていた玉ねぎのお片付けに費やしましたよ。
そして新たな挑戦、玉ねぎクッキーなど焼いてみました。

20210729 00002.png

じっくりと炒めた玉ねぎの甘さは流石の存在感です。

お口に入れた瞬間玉ねぎの甘さにハッとし、やがてチーズの塩気と玉ねぎの甘みの相乗効果に驚き、最後は玉ねぎの余韻とカリッとざらめ糖のアクセントに自画自賛に浸る、そんな不思議と美味しい玉ねぎクッキー。
正直、こんなに美味しいクッキーが焼き上がるなんて想定外でした。

20210729 00004.png

もともとの狙いはベランダに吊るした玉ねぎのトリミング。

無造作に吊るした玉ねぎの薄皮や土が風で舞わないよう、そして傷んだ玉ねぎを回収して他に害を及ぼすのを食い止める、その結果山ほど回収した玉ねぎのお片付けに追われる羽目になったという訳ですが・・・

玉ねぎの深い甘み、チーズの塩味、そしてざらめ糖の食感、全粒粉とオートミールの素朴な生地。
こんな美味しいクッキーが焼き上がるなんて嬉しい誤算、主人に食べてもらえないのが残念です。

20210729 00003.png





傷んだ部分を切り落とした玉ねぎをみじん切りして冷凍するのに、久しぶりにフードプロセッサーを引っ張り出して参りました。
その流れでクッキー生地もフードプロセッサーで。
兎にも角にも、クッキー生地を含めて全ての材料を冷やしておくのが唯一のコツかしら。


◆材料(控えめな6枚分です)
  • 飴色玉ねぎ(簡略版ですが) 35g

  • オートミール 50g
  • 全粒粉薄力粉 10g
  • ペコリーノロマーノ(ミルで粉状に粉砕します。もちろんすりおろしても)20g
  • 生砂糖 10g

  • 無塩タイプの発酵バター 30g
  • 粗挽き黒胡椒 適量

  • 中ざら糖 適量




◆作り方

  1. 乾いたフードプロセッサーにオートミールと薄力粉を合わせて粉砕しましょう。
    これをビニール袋に移し、ペコリーノロマーノ・生砂糖を加えて振り混ぜます。

    さいころ状に切ったバターをここに加えて黒胡椒を挽き、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

    20210729 00010.png20210729 00009.png
    20210729 00008.png


  2. 簡略版飴色玉ねぎを作ります。

    フードプロセッサーで玉ねぎをたっぷりみじん切りに。
    ラップをしないで、やわらかく透き通った状態になるまで時々全体を混ぜながら3分ほどレンジ加熱しましょう。

    玉ねぎから出た水分ごとお鍋に移し、油を使わずお塩をほんのひとつまみ加えたら混ぜながら中火で水分を飛ばします。
    5分ほどすると水分が随分飛んで縁が色づいてきますので、このタイミングでバターを少々。
    飴色というほどではありませんが、まぁ程よく色づくまで計10分ほどといったところでしょうか。

    20210729 00011.png20210729 00012.png
    20210729 00013.png


    小ぶりなボールに移して氷水で冷やしておきます。

    20210729 00014.png

  3. フードプロセッサーに玉ねぎの欠片が少々残っていても気にせず次に進みましょう。

    合わせて冷蔵庫で冷やしておいた生地の材料をフードプロセッサーに移し、全体がさらっとした状態になるまで高速小刻みに回転させます。
    ここに冷えた状態の飴色玉ねぎを計量して加え、全体が大ぶりなそぼろ状になじむまで高速で回転させます。

    今回使用しない飴色玉ねぎは冷凍してまた後日。

    20210729 00015.png20210729 00016.png
    20210729 00017.png


  4. 生地をラップの上に移して棒状にまとめ、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

    20210729 00005.png

    カットしてオーブンシートの上に並べたら、更にこの状態で出来るだけ冷蔵庫で冷やしておきましょう。

    20210729 00006.png

    キッチンペーパー等の上に出した中ざら糖を適量、生地の側面だけに軽くまぶします。

    20210729 00007.png

    190℃に予熱したオーブンに移し、170℃で15分強。
    不思議な甘さ、不思議な美味しさの玉ねぎクッキー、たいへん私好みの焼き上がりです。

    20210729 00018.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





今朝の主食は、ひじきと干しシイタケの炊き粥です。

塩鯖の焼き色が抜群に良い色合い。
今となってはお魚焼きグリルを使っていなかった結婚当初も合わせた数年間が信じられません。

20210729 00001.png

そう、以前はお魚焼きグリルを使っていなかったんですね。
先ほどキッチンのシンクした収納部分を整理していて、当時は革新的だと絶賛しておりましたお魚焼き網を断捨離候補に追加致しました。





時々、主人とお酒を飲みながら昔の室内の動画を見たりもします。

当時はそれが精一杯だったんだよね、僕たちの。
だけどそれに十分満足していたんだよね、僕たち。

昨晩も昔をふと思い出し、そう言った主人に大きく頷きました。
ますます居心地よくなっております我が家。
お掃除して頂いたベランダが今日も眩しいのです。


w126-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 15:07 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。