2020年12月11日

ほうれん草とビーツグリーンのお片付けキッシュ

お待ちかねの週末です。
週明けに色々拵えた作り置き料理もお片付け時です。
冷蔵庫の中をすっきりさせて週末を迎えましょう。

今日のお昼はお片付けキッシュ、冷凍パイシートを使ったお気軽キッシュですよ。

20201211 00003.png

フィリングはほうれん草とビーツグリーン、自家製ビーツの葉っぱを使った作り置き料理。
さっと茹でた両者をペコリーノロマーノ和え、黒胡椒をキリッと効かせた簡単な一品。

ほうれん草と合わせると、不思議なくらいビーツグリーンの土臭さが気にならなくなるのです。
チーズとの相性も抜群で我が家の定番料理となっております。

20201211 00007.png

そんなほうれん草とビーツグリーンを卵で和え、さっくり焼いたパイのボックスにたっぷり詰め込みました。
すでにフィリングがチーズで和えてあるので本当に簡単。

簡単過ぎて少々横着が過ぎたようです。
いつもならばきっちり長さを揃えて重ねるパイの縁部分、重ね方がマズかったのか、水溶き卵黄が薄かったのか、パイのボックスに穴が開いてフィリングが流出してしまいました。

この不器量な焼き上がりに少々呆れながらも愛着が湧くのです。

20201211 00005.png

フィリング流出とは言え致命的という程でもありません。
主人はいつも通り相当気に入ってくれた本日のお片付けパイ、これで良しと致しましょう。

20201211 00004.png






本当に簡単。

  1. 冷凍パイシートはもちろんBELLAMY'S。
    適度に戻し、幅1センチ強のリボン状をいくつか用意しながら程よい大きさにカットします。

    4辺の長さに合わせてリボン状のパイシートを切り、水溶き卵黄で4辺に貼り付けましょう。
    横着して4隅を重ねてしまってはいけません。
    中心部にはフォークで丁寧にピケをしておきましょう。

    20201211 00012.png

  2. 生地が室温でダレてしまったら、冷蔵庫で冷やしながら作業を続けます。
    よく冷えた状態で縁に水溶き卵黄を塗り、220℃のオーブンで先ずは下焼き10分間。

    20201211 00013.png

  3. 生地を下焼きしている10分の間にフィリングを準備しましょう。

    水溶き卵黄に使った残りの卵にもうひとつ卵を足してよく溶きます。
    刻んだアンチョビ、みじん切り玉ねぎ、エルブ・ド・プロヴァンスを足してよく混ぜ、ほうれん草とビーツグリーンのチーズ和えをここに加えて全体に絡めましょう。

    パイのボックスにたっぷり詰め、200℃〜180℃で10分強。

    20201211 00014.png20201211 00015.png
    20201211 00016.png


  4. 極少量残ったフィリングを更に足し、最後に180℃で10分ほど焼いて仕上げます。
    フィリング流出画像は気分が凹むので削除しておきました。

    20201211 00006.png






table_s.gif






お菜はキャベツのロールサラダ・・・
が当初の予定でありましたが、あっさり『キャベツの生春巻き風サラダ』に変更となりました。

20201211 00001.png

最近の食材調達はもっぱらイオンネットスーパー。

以前より格段に品物もお買い得価格品も増え、全く不便を感じません。
先日などキャベツが丸ッとひと玉100円になっておりましたので即お買い物かごに投入。

届いたキャベツは冬キャベツらしく巻きも密々。
流石鑑識眼あるスタッフさんが選んだキャベツ、葉を破らず剥がすなんて私でなくとも無理なほどびっしりした巻き。
ならば悪あがきは止め、潔くライスペーパーの力を借りましょう。






  1. 先ずはアボカドのアンチョビソース和え。
    今宵の日本酒の肴にもなりそうな一品です。

    刻んだアンチョビ、刻んだニンニク、刻んだ鷹の爪、胡麻油を合わせて弱火にかけましょう。
    沸々して香りが立ってきたらひと呼吸おいて火を止めます。
    ナンプラーを足してなじませ、さいの目に切ったアボカドを加えて鰹節をたっぷり、胡麻をたっぷりひねります。

    鰹節はカリッと乾煎りして軽く砕いて加えます。

    20201211 00011.png20201211 00010.png
    20201211 00009.png


  2. ライスペーパーをさっとお湯にくぐらせ、お水で湿らせたキッチンペーパーの上に乗せましょう。
    お湯に胡麻油を数滴たらしておくことも忘れずに。
    ライスペーパー同士がくっつくのを防いでくれます。

    ライスペーパーが程よく戻ったら、しんなりレンジ加熱して芯を切り落としたキャベツをひろげます。
    作り置きしておいた人参サラダ、アボカドを巻いて出来上がり。
    食べやすく切り分けて詰めますよ。

    20201211 00008.png







table_s.gif






昨晩、主人は釜玉うどんを食べている夢を見たのだそうです。
今朝嬉しそうにそう報告されました。

20201211 00002.png

ですが今朝は鶏粥ですよ。
あなたが大好きな鶏粥ですよ。

グリルパンで焼いた塩サバはパリッとした最高の焼き上がり。
どうやら主人もグリルパンの威力を認め始めたようです。





さ、あと2時間ちょっとで宴会タイム。
主人に仕事部屋を譲ります。




2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:27 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。