2020年12月09日

ほんのりレモンなおからクッキー

先日頂いたレモンでレモンピールを仕込んでおります。
レモンの皮を数回茹でこぼし、3回に分けてお砂糖を加えながら煮ると冷ますを繰り返す工程に至っております今。
まだまだ先は長いので、何かの片手間程度の緩い気合で気負いなく進めております。

同日に頂いた柚子で拵える柚子胡椒にもそろそろ取り掛からないと。

皮をすっかり剥かれたレモン、当然白い筋を含んだ果肉だけが残っております。
分量など適当なお気軽レモンジャムなど拵えました。
そんなお気軽レモンジャムを使ったおからクッキー、ほんのりビターなレモン風味が抜群に美味しいのです。

20201209 00003.png

お気軽レモンジャムは少々ゆるめの仕上がりです。
縦4等分してムキっと大胆に皮をむかれたレモンを文字通り煮詰めただけ。

種こそ除きましたが、茹でこぼしなど致しません。
どぼどぼっとひたひた量の白ワインを注ぎ、レモン果肉の半量弱のてんさい糖を加えて煮詰めただけ。
味見してその想像以上の苦さに狼狽し、手近にあった蜂蜜で修正を試み完成といったところ。

あ、白ワインを無断で使ったこと、作為的事後報告すら主人にし忘れていました。

20201209 00006.png

そんなお気軽でビターなレモンジャムで甘さを補ったおからクッキー。

たっぷりのおからを乾煎りし、ぐっとカサを減らして加えてあります。
オートミール入りで、お砂糖、バター、全粒粉薄力粉は極少量に抑えたおからが主役なクッキー。

おから生地に混ぜ込んだ胡桃のアクセントに加え、周囲のざらめ糖ががりり挑戦的です。

20201209 00004.png

オリーブオイルやココナッツオイルを使用することが多い昨今ではありますが、やはり発酵バターは美味しいのだと再確認してしまったおからクッキー。
発酵バターの底力、少量でも格段の差が出るのです。

20201209 00002.png





◆材料(厚さ1.5cm程度のおからクッキー8枚程度)

  • おから 100g


  • 無塩タイプの発酵バター 30g(室温に戻しておきます)
  • お気軽レモンジャム 50g
  • てんさい糖 10g
  • 卵黄 1個分(室温に戻しておきます)


  • 全粒粉薄力粉 15g
  • オートミール 15g
  • 胡桃 20g
  • 乾燥ラベンダー 適量


  • ざらめ糖 適量




◆作り方


  1. おからを乾煎りします。
    最初は中火、全体がさらりとしてきたら弱火にして10分弱。
    完全に冷ましてからミルで粉砕しておきます。
    100gのおからが27gになりました。

    20201209 00009.png20201209 00010.png
    20201209 00011.png


  2. 室温に戻しておいたバター、レモンジャム、てんさい糖をボールに合わせ、泡だて器でしっかり撹拌しましょう。
    全体が混ざったら卵黄も加えて撹拌します。

    おから、ざらめ糖以外の他の材料もここに加え、スパチュラでさっくり混ぜ込みましょう。
    大きめにカットしたラップの上に移して形を整え、冷蔵庫で30分以上冷やしておきます。

    20201209 00008.png20201209 00012.png
    20201209 00013.png


  3. 冷やした生地の表面にざらめ糖をまぶして包丁で8等分します。

    20201209 00014.png

    オーブンシートを敷いた天板の上に並べ、200℃に予熱したオーブン庫内に素早く移しましょう。

    20201209 00015.png

    設定温度を170℃にして15分。

    20201209 00016.png

    焼きあがったら網の上に移して冷まします。
    しっとりソフトなおからのクッキー、レモンの風味が漂います。

    20201209 00007.png





table_s.gif





おから粉砕の為だけにミルを出す、そんな非効率的なことは致しません。
冷凍ベーコンを粉砕してロールキャベツに。
ひじきやベジミート、ついでに『へしこふりかけ』も入った在庫一掃、賑やかなロールキャベツですよ。

20201209 00001.png





ひよこ豆は乾燥したまま圧力鍋で下茹でしてしまいます。
お水と極少量のお塩、ここに洗ったひよこ豆を加えて加圧すること20分。

面取りした人参はごく軽くレンジ加熱してここに加えます。
キャベツはしんなりするまでレンジ加熱し、厚い芯の部分を包丁の柄部分でたたいて繊維を崩しておきます。

ミルで粗挽きにしたベーコン、みじん切り玉ねぎ、刻んだ面取り人参の切れ端、戻したひじき、ベジミート、そしてついでのへしこふりかけを合わせてフィリングに。
キャベツでくるりと巻いて圧力鍋に並べましょう。

トマト缶を加えて加圧すること3分間。
オイスターソースやナンプラーで控えめに味付けをして(へしこふりかけの塩味がありますから)出来上がり。

20201209 00017.png20201209 00018.png
20201209 00019.png









table_s.gif





今まで納豆に添えておりました“へしこふりかけ”
今日ロールキャベツでお片付けしたのは、そろそろ自家製キムチが良い具合に漬かってきたから。

白菜を頂くとキムチを漬ける、これが我が家の冬の風物詩。
酸味程よいキムチを納豆に添える、これも我が家の冬の風物詩。
敢えて私が恩着せがましく言わずとも、主人もそれはしっかり認識してくれているようです。

20201209 00005.png

こんがり焼いた小ぶりな金太郎イワシ。
主人が勢いで買ってしまった特大イワシ用に慌ててオンラインショッピングしたグリルパンで焼いたものです。
使い勝手もなかなか良い感じ、そして焼き色もなかなか。

当初は特大イワシのお片付けと同時に処分するつもりでおりましたが、うーん、それも怪しくなってきました。





さ、昨晩はお酒をひかえましたからね。
今日は飲みますよ、日本酒を。
朝から今宵の宴会を楽しみにしておりましたもの。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 15:14 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。