2020年10月14日

超特急チキンパイ

少し前、主人が冷凍パイシートを頂いて帰宅しました。
普段は主人が取り寄せるベラミーズの冷凍パイシートを愛用しておりますので、おそらく初めてであろう丸型のパイシートにちょっと胸ときめくこと暫し。

ですが、冷凍パイシートを使ったお料理を頻繁に口にする主人も、冷凍パイシートそのものの扱いには相当疎いようです。
冷凍パイシートを頂いた正にその日、あまり寄り道はしない主人がどこだったか、美容院だったか酒屋さんだったかに寄り道して帰宅するものですから肝心の冷凍パイシートは見事に一体化。

解凍するのにもひと苦労な状態の冷凍パイシート、今朝はあっという間のチキンパイを焼いてみましたよ。

20201014 00007.png

正にイージー アズ パイ、アップルパイではないけれど超特急なチキンパイの焼き上がりです。
半解凍にした冷凍パイシートに、昨日煮込んだ鶏もも肉(☆彡)を包んで焼くだけ。

表面の艶に派手さがないのは、少々の水溶き卵黄を惜しんだが故。
水溶き卵黄の代わりに溶かしバターで何とかならないかと試した結果のこのザマです。
サクサク感に欠ける佇まいではありますが、これが十分サクサクなのです。

20201014 00005.png

チキンだけではちょっと物足りないと、アボカドもたっぷり忍ばせました。
結果いつものフィリング多め、小ぶりとは言え十分な満腹感に主人も満足していることでしょう。

20201014 00006.png

具沢山の証、フィリング漏れもいつものご愛敬。
本当にイージー、超特急なチキンパイなのです。

20201014 00004.png





  1. 冷凍パイシートは程よく半解凍な状態に。
    ラップで挟んでめん棒で軽くのばし、中央に調理済みの鶏もも肉と軽くつぶしたアボカドを。

    20201014 00008.png

  2. パタンと半分に折り、フィリングがはみ出さないよう気を付けながら縁を折ってしっかり閉じます。
    更に、開かないようフォークでしっかり押さえつけましょう。

    表面に溶かしバターをぬり、包丁で浅く切り込みを入れます。

    20201014 00009.png

  3. 220℃に予熱したオーブンに移し、先ずは190℃で20分。
    その後180℃に下げ、様子を見ながら更に10分弱焼けば出来上がり。

    随分とフィリングがはみ出しておりますが、この程度ならば大惨事までには至りません。

    20201014 00010.png

  4. 網の上でさっくり冷ましましょう。
    超特急並みの手順です。

    20201014 00011.png






table_s.gif





今日からね、お昼のスープ用の器が色違いのお揃いになりました。
お昼になっても熱々のスープジャー。
お揃い初日はひよこ豆と玉ねぎのスープです。

20201014 00003.png





ひと晩たっぷりのお水に浸して戻したひよこ豆、先ずはひよこ豆だけをたっぷりのお水と一緒に圧力鍋で10分加圧しましょう。

ひよこ豆がやわらかくなったところで、縦半分に切ったタマネギ、大ぶりの乱切りにした人参、もち麦、鶏がらスープ(キューブ状にして冷凍保存してあります)、エルブ・ド・プロヴァンス、お塩、粗挽きガラムマサラを加えて更に10分加圧します。
タマネギは食べやすいよう、予めお尻部分に浅い放射線状の切り込みを入れてあります。

20201014 00012.png

圧が抜けたら刻んだマイタケを加え、少々のオイスターソースとナンプラーで味付けをしてひと煮立ち。
最後に刻んだペコリーノロマーノをたっぷり散らし、黒胡椒をたっぷり挽いて出来上がり。

20201014 00013.png






もともと主人が使っていた持ち運び可能なスープカップは私からのプレゼント。
私がまだ仕事をしていた時、迎えに来てくれる主人を待つ間にロフトでふと目に留まって買ったもの。
10年以上も使ってくれたのですからもう十分です。

20201014 00001.png

今回新調したスープジャーはオンラインで安くなっていたもの。
主人用に買ったスープジャーが羨ましくなり、私も買おうか止めようか悩んでいた時に主人からの提案。

『どぅちゃん(私のことです)が僕のを買ってくれたのだから、僕がどぅちゃんのを買ってあげるよ』

こうしてふたつ揃ったお揃いのスープジャー。
これから温かいスープが嬉しい季節、お昼のスープ登場頻度が上がりそうです。





table_s.gif





今朝の主食は里芋と十六雑穀の炊き粥。
圧力鍋で炊くお粥は、いつものストウブのお粥とは風味も食感も異なる気が致します。
そしてどちらもお気に入り。

20201014 00002.png

・・・あ、お味噌汁とお粥の位置がいつもの逆でしたね。
お粥の上にはミョウガの佃煮。
昨日頂いたミョウガを鰹節たっぷり、少々薄味の佃煮にしました。
お豆腐や納豆に添えても美味しそうです。





お酒を飲まない日でも、我が家はこんにゃく麺をすすりながらグダグダとよくお喋りをします。

変化をさほど厭わないふたりですので、加齢による食の変化もやがては訪れるでしょう。
朝は食べ過ぎなくらいしっかり食べ、お昼はそこそこ、夜は就寝時の主人のお腹が賑わしいささやかな量、そんな今の食生活もふたりの軌跡。
やがては朝食の量も今ほど必要なくなるかもしれません。

そこで私の提案。
月曜日はお味噌汁とご飯、火曜日は焼き魚にご飯、水曜日は具沢山納豆にご飯とお漬物・・・と続き、週末は在庫お野菜一掃具沢山お味噌汁、これでどうだ?

主人、この案を相当お気に召したようですよ。
最近はイワシの焼き方も随分上達しましたしね。

なんやかや言っても楽しい我が家なのです。
さ、今夜は飲む日、多分日本酒です。


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif




ラベル:チキンパイ
posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。