2020年09月23日

お家で過ごした連休明け、慣らしのカラフル太巻き寿司

笑ってしまうくらいお家から一歩も外に出ないまま、2020年のシルバーウイークが明けました。
新型コロナに伴う外出自粛以降いちばんの人出だと、SNSやテレビの賑わしい画像を横目にずっとお家。

朝ごはんを軽く済ませたら主人はお昼までお部屋にこもってひたすらお仕事。
私はその間に軽く家事を済ませたりでいつも通りの生活。
あ、いえいえ、一歩も外に出なかった訳ではありません。
畑に行ったり、その帰りに寄り道をして段ボールを捨てたり、主人に至っては地下室までワインを取りに行ったり。
マルチを張ってビーツやほうれん草の種撒きも終え、なかなか充実したストレスフリーな連休でありました。
そして今日はお酒は控えよう、そうかたく心に決めております。

連休中、イオンのネットスーパーでお願いした国産レモンが届きました。
主人が仕事に没頭している午前中、気楽に焼いたマドレーヌです。

20200923 00008.png

いろいろレシピはありますが、やはり私は『nonnoお菓子百科 』を見て最初に焼いたマドレーヌのレシピがいちばんしっくりくるのです。
生クリームを使うレシピですが、生クリームを省いてバター増量も可というくだりを今更ながら発見してどうしても焼いてみたくなりましたよ。

生憎真っ白な小麦粉やお砂糖を常備しておりませんので、そこは全粒粉とてんさい糖で。
色々気になる点はありますが、バターをたっぷり使った自家製のマドレーヌは納得の美味しさなのです。
型をくるっと返すだけでポロポロと転がるように落ちる型離れの良さにも惚れ惚れ。
やはり松永製作所のマドレーヌ型は偉大です。

20200923 00009[.png





◆松永製作所のマドレーヌ型2枚には少々多めの生地です

  • 無塩タイプの発酵バター 110g
    (50〜60℃の湯せんにかけて溶かし、使うまで保温しておきます)

  • 卵 2個
    (室温に戻しておきます)

  • てんさい糖 110g

  • 全粒粉薄力粉 90g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3
    (合わせてふるっておきます)

  • レモンの皮 1/2個分
  • ブランデー 小さじ1


    型用

  • バター
  • 強力粉




◆作り方

  1. 卵をよくほぐしたところにお砂糖を一気に加え、もったりするまで泡立てます。
  2. レモンの皮をすりおろして加え、泡立てないようそっと混ぜます。
    ブランデーもここで加えます。
  3. ふるった粉類を一気に加え、練らないようさっくりと混ぜ込みましょう。
  4. 保温しておいた溶かしバターも加えます。
    バターが底に沈むので、底からすくうようにして混ぜ込みましょう。
  5. 型には予めバターをぬり、強力粉を薄くまぶしておきます。
    生地を控えめに流し入れたら200℃に予熱したオーブンへ。

    20200923 00011.png

    180℃で15分焼いたら熱いうちに型から出して網の上で冷ましましょう。

    オリジナルは160℃で15分でしたが、主人の好みを考慮して180℃で強気に攻めてみました。
    生地が少々多めでしたので型から溢れるくらいに流してしまいましたが、ま、これも良しと大らかに。

    20200923 00010.png






hsb5-thumbnail2.gif





お昼ご飯で宴会スタート、そんな連休がようやく明けた本日。
あと1日連休が続いたらお酒が嫌いになれたかも。

そして献立に困ったときの太巻き寿司。
ビーツカラーの酢飯が印象的というか貧乏性というか。

20200923 00006.png

我が家ではビーツのピクルス液にはお砂糖を使いません。
お酢とお水を同量、ほんのひとつまみのお塩、それだけです。
ビーツの甘みが強いので、このシンプルなピクルス液で十分美味しく漬かります。
はちみつとお塩をちょっと足して簡略版の寿司酢に。

20200923 00004.png

具はいつものあり合わせ。
あり合わせでも作り置き料理でも、何を巻いてもちょっと豪華に見えてしまうのが太巻き寿司の偉いところ。
大葉、アボカド、薄切り玉ねぎ、お醤油漬けにした長芋、そして生姜を効かせたベジミートそぼろ。

20200923 00003.png

そうそう、ここしばらく蜂蜜を常備していなかったのです。
ちょっと私が使うには値が張り過ぎる蜂蜜を止め、朝のヨーグルトに添える酢レーズンもデーツシロップに頼ることここ数年。

ですがイオンのネットスーパーに届けてもらったマックスバリュブランドの蜂蜜。
もちろんお手頃価格な蜂蜜ではありますが、真っ黒なデーツシロップと比べるとお料理を選ばず使い勝手も上々。
久しぶりに拵えた蜂蜜の甘さも顕著な人参サラダの彩りに目を細めることしばし。

20200923 00007.png





久しぶりに拵えた蜂蜜風味の人参サラダ、お塩の代わりに自家製塩麴を使いましたよ。
千切りにした人参に塩麴をからめてしんなりするまでおき、自然に軽く水気を切ったらレモン汁、蜂蜜、オリーブオイルで和えるだけ。
ローストした胡桃も加えて食感アップ。

20200923 00013.png







作り置き料理と一緒にお弁当箱に詰めて主人の分もあっさり出来上がり。
連休明けは慣らし程度に気楽なお弁当がいちばん。

20200923 00005.png





hsb5-thumbnail2.gif





朝とお弁当の主食が共にご飯の時は本当に楽ちん。
今朝は主人大喜びの卵かけご飯ですよ。

20200923 00002.png

太巻き寿司の具にもしたベジミートそぼろ。
納豆に添えてタレ代わりとしても。

20200923 00001.png





ミンチタイプのベジミートはたっぷりの熱湯で5分ほど戻してから、キッチンペーパーを敷いたザルに移して水を切ります。

冷凍保存してある鶏ガラスープ、たっぷりのおろし生姜、お酒、みりん、お醤油を合わせて煮立て、水を切ったベジミートを加えて水気がなくなるまで炒りつけるだけ。
仕上げに胡麻をたっぷりひねって出来上がり。

ちょっと濃いめの味付けで色々使える優れもの。

20200923 00014.png20200923 00015.png
20200923 00016.png






太巻き寿司に使った長芋の醤油漬け、余ったアボカドもタマネギと一緒に漬け込んでしまいましょ。
これでまた作り置き料理ひとつ追加。






最近気に入って使っております野菜保存袋。
新聞をとっていない我が家では、野菜の保存のため実家から新聞紙をもらうことも多々。
なにか良い手はとGoogleさんに尋ねたところの大ヒット。

イオンさんに届けて頂いたバナナで実験。
違いは明らか。
また我が家の常備品がひとつ増えました。

20200923 00012.png






週末、昨年種を撒いてじっくり育ててきた下仁田ネギの植え替えを終えました。
同じ時期に種を撒いた九条ネギ植え替えはもう少し後で。
今満開のバタフライピーが枯れたら、そこを九条ネギの新たなゾーンにしようかと思っております。

下仁田ネギを掘り起こす際、数株ですが様子見のために九条ネギも掘り起こしてみました。
今週はその九条ネギをお味噌汁の薬味に致しましょう。
イオンのネットスーパーでは茄子の販売が終了し、いよいよ我が家の夏も終了といったところです。




illust-sinple1-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。