2020年09月08日

お砂糖使いません〜濃厚・なめらか・プロテイン・アボカドケーキ

週末の朝食はヨーグルトやプロテインを取り入れ比較的軽めに済ませるのが常。

ご縁あってハーバライフのプロテインを積極的に摂取致していた時期もありましたが、その習慣はそのまま引き継がれ以降他社ながらプロテインは常備しております。

ハーバライフ製のプロテイン、美味しくて応用も効くのですが少々お高いのよね。

さて。

割安価格に惹かれてポチッとオンラインショッピングしてしまったザバスのプロテイン、1050g。
ちょっと粉っぽさが目立って、ヨーグルトに混ぜるだけでは少々飲みにくいのが玉に瑕。
ですがヨーグルト風味を選んだのが幸いしました。

お砂糖を使わずプロテインで甘みを添えたアボカドのベイクドチーズケーキ風、アボカドグリーンが健在です。


20200908 00002.png


粉砂糖よろしく仕上げにもプロテインを振りかけてみましたよ。


20200908 00004.png


なめらかなアボカド生地のフィリング、ベイクドチーズケーキ風とは言ってもお砂糖は前述の通り、加えてチーズも使っておりません。

ヨーグルトと豆乳、そして少々の酒粕でそれらしくまとめてみました。


20200908 00001.png


ほろ苦いココア風味の台には、最近気に入って常備してありますジェルブレビスケット。

全粒粉のジェルブレビスケットにオートミール、ナッツ、ココアパウダーを合わせ、ココナッツオイルでつなぎました。



20200908 00005.png


ビスケット生地の土台も、アボカドのフィリングも、双方ミルが大活躍の簡単手順。

松永製作所のマフィン型の変わらぬ型離れの良さには毎回感激するのです。


20200908 00006.png






◆材料(松永製作所のマフィン型1枚分)



 ◆土台

  • ジェルブレビスケット(全粒粉ビスケット) 5枚(約40g)
  • オートミール 15g
  • ココアパウダー 3g
  • アーモンド 10g
  • 胡桃 10g

  • ココナッツオイル 15g



 ◆フィリング

  • アボカド 1個(正味約125g)
  • 卵 1個
  • ヨーグルト(トップバリュブランドのギリシャヨーグルト) 50g
  • 酒粕 30g
  • レモン汁 10g

  • 豆乳 70g
  • ザバスのプロテイン(ウェイトダウンヨーグルト風味) 30g

  • 型にぬるバター 適量
  • 仕上げ用のプロテイン 適量

    20200908 00008.png






◆作り方


  1. 型に室温に戻したバターを塗り、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

  2. ココナッツオイル以外の土台の材料を全てミルに合わせ、程よく粉砕します。
    これをボールに移してココナツオイルを加え、スパチュラで切るように全体になじませましょう。
    型に分け入れ、スプーンの背でしっかりと押し固めておきます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20200908 00016.png20200908 00017.png
    20200908 00015.png



  3. 乾いた布巾でミルの内部をさっと拭いてフィリングへと参りましょう。
    アボカド・卵・ヨーグルト・酒粕・レモン汁を合わせて滑らかに撹拌します。

    20200908 00009.png

    これをボールに移し、プロテインと豆乳を加えて滑らかなフィリングに。
    豆乳はアボカドペーストを移したミルに加えてよく振り混ぜてから加えて無駄なく貧乏性に。

    20200908 00018.png

  4. フィリングを型に流し入れ、さっとお水で湿らせたスパチュラで表面を平らにならします。

    20200908 00010.png

    220℃に予熱したオーブンに移し、表面の尖った部分にほんのり焼き色がつくまで先ずは200℃で6〜7分。
    その後設定温度を160℃に下げて15分ほど、合計で20〜25分ほど焼いたらそのままオーブン庫内で粗熱をとりましょう。

    焼きあがり直後は膨らんでいた生地が落ち着きます。

    20200908 00011.png

    型から出して網の上で完全に冷ましましょう。

    20200908 00013.png

    冷めたらフィリング側を上にし、茶こしを通してプロテインをふって出来上がり。
    冷蔵庫で冷やして召し上がれ。

    20200908 00012.png






il-plants5-thumbnail2.gif






お菜もミルの力を借りてちょちょいのちょい。

蓮根とおからのベジバーグ、お肉や鯖缶は使っておりませんが干しえのきの威力か奥深いものがあります。

このベジバーグ、主人は相当お気に召したようですよ。


20200908 00003.png






皮をむいた蓮根・玉ねぎ・卵をミルに合わせて撹拌します。
これをボールに移し、おから・ざく切りトマト・刻んだ干しえのきと合わせましょう。
手に極少量の胡麻油をぬって、中央に少し窪みのある丸型に整えます。

胡麻油をぬったフライパンで両面に焼き色をつけたら、しばらく蓋をしてしっかり火を通します。

お水・お酒・みりん・オイスターソース・お醤油を混ぜ合わせたところに葛粉を加え、塊がなくなるまでよく混ぜ合わせましょう。
莢から出した冷凍枝豆も加え、フライパンにそっと鍋肌から注いで素早く全体に絡めます。
全体にとろみが出てスープが透き通ってきたら出来上がり。


20200908 00019.png20200908 00020.png
20200908 00014.png






il-plants5-thumbnail2.gif






今朝は主人ご機嫌の釜玉うどんが主食。
そんなに好きなんだ、釜玉うどん。

昨日からずっと言われておりましたので、それを覆すことなど到底できません。


20200908 00007.png


今週は久しぶりにイワシのお酢煮を拵えました。
主人も嬉しそう。
朝、干物を焼かないというのは私も助かります。
何より、ゆっくり噛みしめて釜玉うどんが食べられるのが嬉しいようですよ、主人は。






さ、仕事部屋を主人にお返しします。
今日はアルコールを控えてチャックを見る日です。



sagi.gif





posted by しんさん at 14:32 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。