2020年09月07日

トマトの炊き込みご飯〜バジル風味

7月下旬に産直アウルさんで取り寄せた野菜の詰め合わせ。
ずっしり重い坊ちゃんカボチャとバターナッツは見た目の可愛らしさもあって、しばらく追熟というかたちで風通しの良い場所にふたつ並べて飾ってありました。

畑の夏野菜の収穫期も終わり、さて、季節の変わり目到来です。
いよいよふたつ並んだカボチャのお世話になる日がきました。
今週はカボチャ週間、そう思いきや、イオンネットスーパーでマイタケが品切れになっておりました。
何ヵ月かぶりに実店舗でのお買い物を果たし、またカボチャ2種は後回し。

昨日のお昼、スパゲッティーニに使用したトマトとバジル。
水に挿しておけば難なく発根する生命力を持ちながら、すぐに黒ずんでしまうバジルに保存性は求めません。
カボチャの入刀はまた後日にし、今日は少量残ったバジルを使い切ってしまいましょう。
トマトの炊き込みご飯〜バジル風味などいかがでしょうか。

20200907 00001.png

文字通り、トマトを炊き込んで刻んだバジルをたっぷり混ぜ込んだだけのご飯です。
十六雑穀、もち麦、押し麦を炊き込んだ何の変哲もないトマトの炊き込みご飯ですが、お水の代わりに鶏の茹で汁、大豆の蒸し汁、そして少々のホエーで炊いた貧乏性ご飯。
いえ、この少々のホエーが名脇役で、まるでもち米でも混ぜたようなもっちりご飯に炊きあがります。

20200907 00006.png

トマトの旨味を存分に吸収したご飯をさっくりほぐしたら、刻んだバジルをたっぷり混ぜ込むだけ。
とても簡単、そしてバジルの風味に和むこと請け合い。

20200907 00007.png

鶏の茹で汁の塩気に加え、極少量の白だし醤油でほのかな味付け、朝は炊き立てを楽しみます。
お昼はまたちょっと違うお楽しみ。
すりおろしたペコリーノロマーノをたっぷりまぶし、粗く挽いた黒胡椒を添えて洋風色をぐっと前面に。
うん、美味しい。

20200907 00002.png





  1. お米をいつも通りに洗います。
    十六雑穀、もち麦、押し麦を足して2合弱に計量し、圧力鍋に合わせましょう。

    鶏の茹で汁(お酒とお塩がほのかに効いています)・大豆の蒸し汁・ホエー(自家製豆乳ヨーグルトの水分です)を合わせて2合弱計量して注ぎ、ヘタを除いてざく切りにしたトマト・刻んだニンニクを散らします。
    セミドライトマトを漬け込んであったオリーブオイルを小さじ1程、白だし醤油を小さじ1/2程加えてひと混ぜし、加圧すること5分弱。

    20200907 00008.png


  2. そのまましばらく蒸らしてからさっくりと混ぜ、刻んだバジルをたっぷり混ぜ込めば出来上がり。

    20200907 00009.png

  3. お弁当用には小さな三角お結びに。
    すりおろしたペコリーノロマーノを全体にたっぷりまぶし、更に上からも粗挽き黒胡椒と一緒に散らしましょう。
    バジルを飾って出来上がり。

    20200907 00010.png






rain13.gif





久しぶりの実店舗でのお買い物。
自家製野菜にはない真っ直ぐお行儀の良いオクラやシシトウに作り置き料理も捗ります。

20200907 00003.png





rain13.gif





朝食のご飯はチーズなしの洋風色薄め。

昨日行ったマックスバリュで、久しぶりにイワシを買ってきました。
今年は北海道のイワシが大量だそうで、久しぶりのお酢煮にちょっと懐かしさを覚えたのは主人も同じだったよう。

20200907 00004.png

納豆のタレは煮びたしの煮汁をアガーでジュレに。
とことん貧乏性です。

オンラインでネギを買う気にはなかなかなりませんが、今週はお味噌汁用のネギもちゃんと刻んで冷蔵庫にスタンバイ。
やはりネギがあるとないとでは高揚感が全く異なります。






20200907 00005.png

そして特に実店舗に行ったらからと言って、劇的な感動もなく。
またしばらくはイオンネットスーパーのお世話になる生活に戻るのでしょうね。

そして何より、そろそろカボチャに包丁を入れなければ。



kit10.gif



posted by しんさん at 13:37 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。