2020年07月27日

三色白玉のフルーツゼリー〜お豆腐白玉、コラーゲン白玉、ビーツ白玉

楽しかった4連休明け。
特にどこかに行ったとか、特に何か特別なことをしたとかはありませんが、これもいつもの我が家の過ごし方。
充実した連休前夜もあわせた5日間でありました。

我が家でいちばん古い寝室のクーラーの可動が怪しくなったのでダイキン製に買い換えました。
これがまたよい調子。

結婚当初から使っておりました脱衣室のキャスター付きハンガー、頂き物の色気も素っ気もないハンガーを処分して突っ張り棒を設置しました。
コンビニクーラー(これもまた随分と古いものですが)を使えば脱衣室が即席の乾燥室に早変わり、うん、よい感じ。

なかなか梅雨が明けない昨今、そろそろ今年のぶどうの出来が気になる頃合い、近所のぶどう農園を覗いてご様子伺い。
今のところ順調とのことで胸をなでおろし、ちょうど店頭に並び始めたデラウェアを買って帰宅したのは連休半ばの頃だったかしら。
そんなデラウェアを使って、連休明け、久しぶりのお弁当。

20200727 00004.png

小粒なデラウェアをゆるッとゼリーで閉じ込めたフルーツゼリー。
フルーツゼリーと言っても、フルーツらしいフルーツはデラウェアだけ。
マンゴーはドライマンゴーをハーブティーで戻して使いました。

そしてデラウェアよりマンゴーより、何より存在感を醸し出しているのがこちらのお三方。

20200727 00008.png

カラフルな3色白玉団子です。

左から、我が家ではおなじみのお豆腐白玉、真ん中の黄色い白玉はコラーゲンドリンク、そして一番端の少々毒々しい赤い白玉は自家製ビーツのピクルス液を使用した白玉団子です。

こうして食べ比べると、今までもっちりと感じておりましたお豆腐白玉がいちばんもっちり感に乏しいことが判明。
そして何より、コラーゲン白玉が美味しい。

販売開始当初より愛飲しておりましたコラーゲンではありますが、いつからか定期購入するのに色々厄介な問題が発生致しまして。
安定した価格で自宅に届けてくれるサントリー製に横恋慕して今に至っております。
以前買った資生堂さんのコラーゲン、1日2本飲むには躊躇するし、かと言って主人に飲ませるのも何だか悔しいし・・・

これでよいお片付け案になりそうです。

20200727 00003.png

アガーでゆるッとかためたゼリーは、ドライマンゴーを戻した際に使用したカモミールティーのゼリー。
お砂糖をぐっと控えてありますが、ハーブティーで戻したマンゴーの甘みで十分満足な仕上がりです。

20200727 00017.png
ドライのままだと少々食べ辛かったドライマンゴー。
ハーブティーで戻せば、ふっくらやわらかくて色々なデザートにも使えそうです。

20200727 00005.png





◆材料

  • 木綿豆腐 100g
  • 白玉粉 45g

  • 白玉粉 45g
  • コラーゲンドリンク 40g

  • 白玉粉 45g
  • ビーツのピクルス液 40〜42g

  • ドライマンゴー 適量
  • カモミールティー 適量
  • ドライマンゴーを浸しておいたカモミールティー 250t〜260t
  • てんさい糖 10g
  • アガー 5g

  • デラウェア 適量

    20200727 00009.png






◆作り方

  1. 先ずはドライマンゴーを戻します。

    容器にドライカモミールを適量入れて熱湯を注ぎ、蓋をしてしばらく蒸らしましょう。
    ここにドライマンゴーを加えてしばらく浸しておきます。
    ドライマンゴーはお砂糖不使用のタイプを使っております。

    20200727 00016.png

  2. マンゴーを戻している間に白玉団子の準備にかかりましょう。

    それぞれをビニール袋に合わせ、ひとつにまとまるまで揉みます。
    水分系の材料は一気に加えず様子を見ながら少しずつ。

    ビニール袋の中で生地がまとまったら袋から出し、耳たぶ程度のかたさになるまでよく捏ねます。

    20200727 00014.png20200727 00013.png
    20200727 00012.png


    包丁で12等分して丸めましょう。
    いつもより少々小ぶりな白玉団子です。

    20200727 00010.png

    ちなみに、ビーツのピクルス液はお酢とお水が1対1にお塩がひとつまみ。
    オーブンで焼いたビーツの皮をむいて漬けこんでおいたもの。
    材料がシンプルなので有効利用もしやすいのです。

    20200727 00015.png

  3. お湯を沸かし、グラグラと煮立たせない程度の火加減に。
    中央を指で窪ませながら白玉団子をそっと移し、プカリと浮かび上がってくるまで茹でて氷水にとりましょう。

    白玉を扱う順番は、断然お豆腐白玉⇒コラーゲン白玉⇒ビーツ白玉からがお勧め。
    ビーツ白玉を最初に扱うと色移りしてしまいますから。

    氷水で冷やした白玉は、キッチンペーパーをたっぷりのお水で湿らせて敷いたバットの上に並べておきましょう。

    20200727 00011.png

  4. ドライマンゴーがふっくら戻った頃合いです。
    マンゴーをそっと取り出し、一口サイズに切っておきましょう。
    マンゴーを浸してあったカモミールティーを漉してゼリーを作ります。

    先ずはアガーとてんさい糖をお鍋に合わせてよく混ぜます。
    カモミールティーを少量注ぎ、アガーとてんさい糖が残らないようスパチュラでよく混ぜましょう。
    よくなじんだところで中〜弱火にかけてよく混ぜながら、残ったカモミールティーを注いで沸騰直前まで温めます。

    容器に皮を除いたデラウェアを先に入れておき、カモミールティーのゼリー液をそっと注ぎます。

    20200727 00019.png

    粗熱が取れたら冷蔵庫に移して冷やしかためましょう。
    かたまったゼリーをスプーンでざっくりと崩します。

    20200727 00018.png

  5. 3色の白玉団子、ゼリー、マンゴー、これで準備は完了です。

    20200727 00007.png

    ゆるゆるゼリーで隙間を埋めるようにジャーに詰めれば出来上がり。
    いつもは緑豆餡や胡桃等、こってりとした要素も取り入れることが多いのですが今日はとことんあっさっりと。

    20200727 00006.png

    残った白玉団子は小分けにして冷凍保存。
    自然解凍して、週末の朝のスムージーのトッピングに。

    20200727 00001.png






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





この梅雨空で畑には行けません。
長雨を理由に食材調達のお買い物にも自ら行きません。
ですが、おうちでイオンのおかけでなかなか快適な日々を楽しんでおります。

高野豆腐とヨーグルト、玉ねぎを使って、何だかヘルシーなサラダを拵えてお弁当のお菜に。

20200727 00002.png





高野豆腐は熱湯で10分ほど戻し、冷水の中で何度か両手で挟みながら押し洗いをします。
お水が濁らなくなったら、しっかりしぼりながら細かくほぐしてボールに移しましょう。

ヨーグルト・みじん切り玉ねぎ・白味噌を加えてよく混ぜます。

20200727 00020.png

ここでふと、連休中に頂いたお中元の存在を思い出しました。
自分たちでは絶対買うことはないであろう、明太子のオイル漬けの缶詰。
これも混ぜてジャーに詰めます。

あとはセミドライトマトのオイル漬け(☆彡)、極少量残っていた自家製ルッコラを詰めて出来上がり。






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





週末、イオンさんのネットスーパーに卵をお願いしました。
前日ではないけれどまだまだ生食が出来る新しい卵ですので、今朝は主人が大好きな釜玉うどんを主食と致しましょう。

20200727 00021.png

この今朝の釜玉うどんが小さなトラブルを生み出しました。

先ほどもお話にあった、お中元で頂いた明太子のオイル漬け。
これを手にした瞬間、私は朝の釜玉うどんを明太子風にしようと決めておりました。
その旨主人に伝えると、心底嫌な顔をして『あ、僕は別々に』

昨晩、寝る前に主人には念押しを致しました。
『本当に良いのね?明太釜玉でなくて良いのね?私は明太釜玉にするけどあなたはいつもの釜玉ね?』
と。





主人は今朝起きると同時に、いつ謝ろうか、僕も明太釜玉が良い、それをどのタイミングで言おうか、私が切り出すまでずっと悩んでいたそうです。





もちろんそんなことは分かっています。
主人も隣でお口いっぱいに明太釜玉うどんを頬張っておりました。
今朝のサバはスライス玉ねぎとミョウガがたっぷりでした。



w139-thumbnail2.gif


posted by しんさん at 14:51 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。