2020年07月15日

黒ごま白玉ぜんざい

先日、ミルで拵えた自家製黒ゴマペースト ⇒ ☆彡 2020年07月07日
簡略版ではありますが、黒ゴマの風味に満ちた黒胡麻豆腐を拵えて大満足したのも記憶に新しいところ。

多くはありませんが、まだその時の自家製黒ゴマペーストが残っております。
今日は黒ゴマペーストを使ったスイーツなど。

2020071500004.png

黒胡麻お豆腐白玉団子、そしてアガーでかためた黒胡麻の水ようかん風をメイソンジャーに詰めて白玉ぜんざい風に。
ふと思いついて、緑豆の餡を圧力鍋で拵えました。

緑豆餡を漉す等して滑らかにしてからアガーでかためたなら、もう少し胸を張って『水ようかん』と言えるのではないかしら。

ですが甘さをぐっと抑えた緑豆餡はやっぱり美味しい。
最近は小豆でなく、餡と言えばもっぱら緑豆を使用するようになってしまいました。
緑豆とココナッツシュガーの餡がもはや我が家の定番ですもの。

2020071500002.png

上白糖を使用せずココナッツシュガーで甘さを添えた緑豆餡。
そんな緑豆餡で拵えた黒胡麻水ようかん・・・風。
そして時間が経ってもモチモチ食感、黒胡麻ペーストを混ぜ込んだ色黒お豆腐白玉団子。
最近お気に入りの和風スイーツです。

2020071500003.png





◆材料

 ●緑豆餡

  • 緑豆 100g
  • お水 600t

  • ココナッツシュガー 60g強
  • お塩 ひとつまみ




 ●黒胡麻水ようかん

  • お水 100t
  • アガー 5g

  • 緑豆餡 100g
  • 黒胡麻ペースト 15g


 ●黒胡麻お豆腐白玉

  • 白玉粉 30g
  • 木綿豆腐 50g
  • 黒胡麻ペースト 5g



  • 胡桃(予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます) 適量
  • クコの実・パンプキンシード・デーツ 各適量





◆作り方

  1. 先ずは緑豆餡。

    緑豆をきれいに洗って圧力鍋に移し、お水を注いで加圧すること25分。
    一晩お水に浸さなくても十分やわらかくなります。
    ココナッツシュガーを加えてお好みの状態にまで少し煮詰め、仕上げにお塩をひとつまみ。

    2020071500013.png2020071500014.png
  2. お豆腐白玉へと参りましょう。

    材料をすべてビニール袋に合わせてこね、ひとつにまとまったらビニール袋から出して滑らかになるまでこねましょう。
    お豆腐は一気に加えず、先ずは白玉粉と同量程度から初めて少しずつ足していくのがお勧め。

    滑らかになった生地を包丁で4等分して丸め、中心部分を少し窪ませて熱湯の中へ。
    ふわりと浮いてきたら一呼吸おいて冷水にとります。
    水を切ろうとザルに上げたままにすると、ザルの目の跡がついてしまいます。
    バットにキッチンペーパーをひろげてたっぷりのお水で湿らせ、ふわりとラップをかけておきましょう。

    2020071500015.png2020071500016.png
    2020071500017.png


  3. 緑豆餡とお豆腐白玉の準備完了、あともう少し。
    緑豆餡を使った簡略版黒胡麻水ようかん風。

    アガーを小鍋に移し、分量のお水の半量弱をそっと注いでスパチュラで丁寧に混ぜ合わせます。
    アガーがきちんと溶けたのを確認してから残りのお水を注いで混ぜ、徐に中火にかけましょう。

    沸々としてきたら緑豆と黒胡麻ペーストを加え、滑らかに混ぜながら沸騰直前まで温めます。
    これを容器に分け注ぎましょう。

    2020071500006.png

  4. 黒胡麻ようかんがかたまったら緑豆餡を添え、白玉団子やその他をトッピングして出来上がり。
    お弁当でなければアイスクリームも添えたいところです。

    2020071500005.png






table_s.gif





先日拵えた黒ゴマペーストがすっかり気に入ってしまい、我が家の食材として定着させる心づもりでおります。
それに必要なのが大きめのミル。

今までは小さなシンプルなミルを使用しておりましたので、チアシードを粉砕するのも小分けにしての地道な作業。
先日拵えた黒ゴマペーストも実はなかなかの忍耐力を要する作業でありました。

嫌々の作業は料理に影響します。
ここはずばりと買い替えましょう、ミルを。
というわけで、週末の畑の帰りにつなぎ姿で寄った大型家電店。
黒胡麻ではありませんが、先ずは手始めにペコリーノロマーノを粉状に粉砕してみました。
そして拵えたのが本日のお菜。

2020071500001.png

ライスペーパーでジャガイモ、ミニトマトのマリネ、ペコリーノロマーノを包んでオーブントースターで焼きます。
とっても簡単な一品。




  1. 先ずはジャガイモの準備。

    ジャガイモをスライスし、お水に晒さずお鍋に移します。
    刻んだ玉ねぎとマイタケも加えましょう。
    バターと生クリーム、エルブ ド プロバンス、ナツメグを加え、ジャガイモがすき通った感じになるまでゆっくり加熱して火を止めます。

    生クリームはキューブ状にして冷凍保存してあります。
    お菓子等には使えませんが、ソースにはこれで十分。
  2. ペコリーノロマーノはミルで粉状に粉砕します。
  3. ライスペーパーをさっとお水にくぐらせ、ジャガイモ、セミドライトマトのマリネ、ペコリーノロマーノを中央に。

    2020071500010.png2020071500011.png
    2020071500009.png


    4辺を折りたたんでしっかりと包み、うっすら焼き色がつくまでオーブントースターで焼けば出来上がり。

    2020071500012.png

    新しいミル、これは良いです。
    黒ゴマペーストも楽にできそうです。

    2020071500008.png





table_s.gif





週末の雨ので食材調達を怠ったため、今週のお魚料理は冷凍常備魚たちを使って。
最後の塩サバにとうとう手を出すほど、我が家の食材が貧困しております。

2020071500007.png

と、主人に言いましたら、即座に塩サバの注文を済ませたとのこと。
明日は早木曜日、土曜日の午前中に配達していただくイオンネットスーパーに注文をする日です。
これで少しは我が家の食材が潤うとよいのだけれど。

すっかり外出自粛にも慣れてしまったようです。

biidama3.gifbiidama2.gifbiidama1.gif
posted by しんさん at 14:19 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。