2020年05月12日

ふきご飯、そしていなり寿司風

先日頂いた掘りたての筍、そして摘みたてのふき。
どちらも新鮮なうちに下茹でしてアク抜きまで済ませ、筍ご飯や香り高いシンプルなふきの煮物等して楽しみました。
食べ切れない分は干し筍にしたり冷凍したり。

さて。
もともとが出不精で自宅に籠ることをこれっぽっちもストレスに感じない性分。

これ幸いとばかりにスーパーマーケットやドラッグストアにも行かず、食材調達や日用品の調達はもっぱらオンライン。
オンラインショッピングばかりではいつもより出費も嵩むだろうと、主人からは当面月1万円の助成金支援のありがたいお申し出。
しめしめとばかりほくそ笑んでおります。

今日は冷凍しておいたふきを取り出し、ふきご飯など拵えてみましたよ。
ふきの風味に満ちた美味しいふきご飯、お昼には甘辛醤油味を煮含めた油揚げに詰めて。
ふきご飯のいなり寿司風です。

20200512 00001.png

これね、すごく美味しい。
ふきご飯というのも初めてでしたが、その美味しさは評判以上。
冷凍しておいたふきですので若干風味は劣りますが、それでもふきの力強さは健在。
今年初めて挑戦した食材でしたが、ふき、これは毎年挑みたい食材のひとつです。

ふきの風味を存分に味わう為、味付けは極々控えめに致しました。
お出汁で炊いたご飯に極少量の白だし醤油。
ですので甘辛く煮た油揚げとも抜群の相性です。

20200512 00002.png

外出自粛解除がささやかれておりますが、私、もうしばらくこのまま外出自粛生活を続けようかとも思っております。
いえ、多分そうするでしょうね。

20200512 00003.png






  1. 板摺りをしてから茹で、お水にひと晩浸してアク抜きをしたふき ⇒☆彡
    茹で時間不足のためにアクが残って黒ずんでしまいましたが、これも経験。
    冷凍しておいたフキを合わせ出汁でさっと煮てそのまま冷まし、適当な長さに切っておきましょう。
    ふきを煮たこのお出汁でご飯を炊きます。

    干しシイタケ・鰹節・昆布を合わせてお水を注ぎ、ひと晩冷蔵庫に入れておくだけの合わせ出汁。
    とても重宝致します。

    20200512 00008.png

  2. 研いだお米に押し麦を足し、ふきを煮た合わせ出汁・お酒・極少量の白だし醤油を合わせていつも通りご飯を炊きましょう。

    20200512 00007.png

    ご飯をいつも通り蒸らしたら、1のふきを加えて混ぜ込みます。
    はい、これだけのシンプルなふきご飯、これが抜群に美味しいのです。

    20200512 00009.png

  3. 足の速い油揚げは、甘辛お醤油味で味付けをして作り置き料理として保存するのが常。
    これ、何かと重宝するのです。
    卵でとじて丼、きつねうどん、アボカドを詰めて日本酒の肴、刻んで納豆に混ぜる・・・頼りになります。

    以前は頑なにコトコト煮含めておりましたが、最近は電子レンジで簡略化。
    自己満足に浸るだけでは自分が草臥れるだけですからね。

    調味料の配分は、お水100tに対してお酒・みりん・てんさい糖・お醤油を大さじ1。
    ちょっと甘めの味付けがお気に入りです。
    耐熱ボールに全てを合わせ、軽く電子レンジで加熱して温めててんさい糖を溶かしましょう。

    油揚げは使いやすい大きさに切って油抜きをしてザルにあけ、粗熱が取れたら両手に挟んでしっかりと水気を絞っておきます。
    合わせ調味料に浸し、ラップを油揚げに密着させて先ずは1分、上下を返して更に1分。
    その後はラップを外し、1分ずつ加熱しては上下を返しながら煮汁が殆どなくなるまで。
    5〜6分も加熱すればばっちり味がしみた油揚げに。
    少々重なっていようが、折れ曲がっていようが、そこは電子レンジの底力、意外としっかり全体に味がしみています。

    この後、庫内にたっぷり蒸気が蔓延しておりますのでお掃除にも良いタイミング。

    20200512 00012.png20200512 00013.png
    20200512 00011.png


  4. 崩れそうにほろりと小さなおむすびさんをふきご飯でにぎり、甘辛醤油味の油揚げに詰めましょう。
    今日は青紫蘇を彩りに。

    20200512 00010.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今週は日曜日が雨でしたので、畑にも行けず余計に食材が不足しております。
ですが当たり障りのない食材を『お家でイオン』でお願いしてあります。
久しぶりの手綱こんにゃくに主人は大喜び。
鷹の爪を加えたピリッと辛い甘辛お醤油味、主人の好きな味ですものね。

20200512 00005.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





やや塩気の強い塩引鮭との関係もあって、ふきの息吹感じるシンプルなふきご飯はぴったりなチョイス。

久しぶりに拵えた煮なます。
いつも具のひとつに加える油揚げをつい全部甘辛く煮てしまいました。
ならばと加えた胡桃、うん、なかなか良いアクセントになって味もまとまりました。

20200512 00006.png

今日は良いお天気です。
日曜日に随分降った雨も、昨日、今日と二日続きの晴天で程よく畑に潤いを与えてくれているのではないかしら。

間もなく主人が帰宅します。
つなぎに着替えて畑に向かいましょう。
ひと足早く午前中畑に行った母の情報では、スナックエンドウが大豊作らしいですから。

ベランダに干してある敷きパッドを取り入れて、畑に向かう準備をしましょうか。





sagi.gif



ラベル:ふきご飯
posted by しんさん at 13:28 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。