2020年05月08日

ちょっとお遊び〜飲むプリン

昨日拵えたパンドカンパーニュのオープンサンド。
本日はそのある意味続編。

もう1種、パン教室の講師も務める彼女が焼いたパンが3切れほど我が家の冷蔵庫に。
美味しそうなセミハードタイプのチョコレート風味のパン。
可哀そうに、ちょっと乾燥気味です。
食べ物で遊ぶつもりは毛頭ございませんが、遊び心満たされるこんなリメイクデザート拵えてみましたよ。

20200508 00002.png

チョコレート風味のハードパンにアーモンドを加えてクッキー風に。
豆乳で拵えた“飲むプリン”に添えてみましたよ。

20200508 00003.png

お昼時、メイソンジャーの蓋を開けた主人からはこんなメッセージが。
『なんじゃこりゃ!』

そしてこう続きました。
『でも美味い!めちゃ美味い!でも何?これ何?』

私にもよくわかりません。
ですが『飲むプリン』との返信に納得した様子。
そうか、これは『飲むプリン』なのかと私も納得。
そんなリメイク料理です。

20200508 00001.png





  1. チョコレート風味のセミハードパン(こんな言葉があるのかも不明ですが)は50g弱。
    適当にちぎってボールに移し、ヨーグルト(35g)・さいの目に切った無塩タイプの醗酵バター(10g)を加えてバーミックスでざっくり攪拌します。

    ここに刻んだアーモンド(20g)を加え、めん棒でのばして丸型で抜きましょう。

    20200508 00016.png20200508 00017.png
    20200508 00015.png


    180℃のオーブンで13〜15分焼き、網の上で冷ましておきます。
    カリカリになりました。

    20200508 00018.png

  2. 1を冷ます間にプリン液の準備を。
    プリン液とは言いながらアガーですけどね。
    その分とっても簡単です。

    ココナッツシュガー(45g)・アガー(5g)をお鍋に合わせ、豆乳(400t)を少しずつ加えながら弱火で加熱します。
    温める程度にゆっくり加熱し、ココナッツシュガーとアガーを完全に溶かして火を止めます。

    卵(2個)をよく溶きほぐし、少量ずつ加えながらそっと混ぜ合わせましょう。
    乾燥ラベンダーを使いましたが、効果のほどはあまり感じられません。

    2〜3回濾して容器に半量を流し、1を1枚浮かべます。
    残ったプリン液を流したら、冷蔵庫でゆるッと冷やしかためましょう。

    20200508 00020.png20200508 00021.png
    20200508 00006.png


  3. 在庫食材でトッピングして出来上がり。
    自家製バナナチップス、パンプキンシード、クコの実、ま、こんなところでしょうか。

    20200508 00008.png






sitagi.gif





20200508 00004.png






sitagi.gif





主役であるはずのお弁当備忘録があまりに簡略的でしたので、先日干した筍、そして冷凍しておいたフキの葉を使った常備菜をふたつ。

20200508 00007.png

白菜やキャベツ、小松菜等アクの少ない葉野菜は下茹でせずそのまま冷凍することもよくあります。
しっかり水切りをし、お味噌汁用に切って冷凍しておくととても重宝致します。

が、アクも特徴のうちとは言いながら流石にフキの葉をそのまま冷凍しようとは思いません。
さっと湯掻いて冷水に晒し、しっかりアクを抜いてからしっかり水気を絞って冷凍しておきました ⇒ 2020年04月30日 ☆彡

少々横着をして重曹で下茹でした筍は干し筍にし、保存期間の先延ばしを図りました。
気温も予期なく上昇するこの季節、干し筍は時間が勝負。
真冬のように何日もかけて干していれば、カビの温床ともなり兼ねません。
いつだったか、ちょっと聞きかじった干し筍の手順を試してみました。
茹でた筍を冷凍してから干す、頭のやわらかな人の発想って本当にすごい。
下茹でしてから冷凍した葉野菜から水気がたっぷり出るように、茹でてから冷凍した筍からも当然水気がたっぷり出ます。
これをしっかり絞ってから干せば、ぐっと時短が望めますものね。





  1. 先ずはしっかりとアク抜きした筍を使いやすい大きさに切りましょう。
    ビニール袋に合わせて冷凍します。
    天気予報と相談して干す日を決め、その日に間に合うよう解凍しておきましょう。

    20200508 00012.png

  2. 解凍した筍をザルにあけます。
    更にしっかりと水気を絞りましょう。
    思いっきり絞ります。
    繊維質の筍、私如きの力でボロボロに崩れたりはしません、力任せに思いっきり水を絞ります。

    水を絞った筍を平ざるに並べて風通しの良い場所で干します。
    平ざるにくっつくのが嫌なので、私はオーブンシートを間に挟みます。

    20200508 00009.png
    20200508 00010.png20200508 00011.png


  3. 時々裏返したりしながら2日目でしっかり水気が抜けました。

    20200508 00013.png

    下茹でしたフキとその葉っぱ、干した筍、冷凍保存して食材不足に備えます。

    20200508 00014.png




と、思っておりました矢先の食材不足。
『お家でイオン』で配達して頂く食材は助かりますが、やはり実際にお買物に行くのとは勝手が違いますものね。
筍とフキの葉っぱ、早速の登場と相成りました。

干し筍はひと晩たっぷりのお水で戻してから、しっかり絞って使います。
解凍したフキの葉もしっかり絞ってから。

20200508 00019.png






フキの葉は細かく刻み、胡麻油で炒めてからお醤油・みりん・お酒を加えて炒りつけます。
仕上げに粗く刻んだ胡桃を加えるのがお気に入り。
干し筍は人参・鷹の爪と一緒に胡麻油で炒め、戻したひじき、高野豆腐と一緒にきんぴら風に。

20200508 00005.png

今朝の主食は素麺。
そろそろ冷たい素麺が食べたい季節となりました。

甘辛く味付けをした油揚げ、こうして冷凍保存しておくと何かと重宝致します。
今朝はすりおろして冷凍してあった山芋と一緒に素麺に添えて。

あまりに食材が冷凍に偏っているのを察知し、主人が仕事帰りに少々のお買物をしてきてくれました。
大好きな鰹のたたきを手に、只今仕事部屋の空きを待っております。
今日は鰹に日本酒ですね。


kit32.gif



posted by しんさん at 14:13 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。