2020年04月28日

米粉の薄焼き、キャベツの薄焼き、アンチョビ・ブラックペッパー風味の薄焼き

ゴールデンウイーク間近となりました今、観光地が懸念する人々の移動。
新型コロナ感染拡大防止の一環で呼びかけてきた外出自粛が、連休という形で危ぶまれるというのもとても残念なお話です。

そして今朝、主人から重大発表がありました。

楽しみにしておりました、今年9月、往復ファーストクラスで行くニューヨークとカリフォルニアの旅。
ニューヨークでは随分後回しにされておりました結婚指輪をティファニーで買おう、と。
私が主人にプレゼントするつもりでお小遣いも貯めて参りました。
高価な着物はとても無理ですが、ティファニーカラーの帯揚げを新調致しました。

ブロードウェイで観るミュージカルの演目も決まっておりました。
レッドソックスvs.ニューヨーク・ヤンキースの試合が私の初めての野球観戦、運が良ければマー君が見られるよ、と主人。
主人はスーツのハーヴィーよろしくホットドッグを食べながら歩くんだ、と。

一転カリフォルニアではのんびり、レンタカーでいつものワイナリー巡りを予定致しておりました。
また主人はワインを山ほど買って帰国するんだろうな、と。

全てキャンセルするそうですよ。
賢明だと思います。
どうせティファニーカフェはリノベーション工事中で閉鎖されている期間でしたし。
行くつもりでいた主人が何故急にこうしたのかは定かではありませんが、大丈夫、ニューヨークに行かずともふたりでいられれば楽しいから。

主人のことだもの、またもっと楽しい旅行を計画してくれることでしょう。
ファーストクラスだって主人は熟睡出来なかったしね。
しばらくはお家で。
我が家のゴールデンウイークはプロヴァンスのロゼワイン飲み比べです。





そして今朝、私は不思議なモノを焼きました。

20200428 00001.png

目指していたのは“薄焼き”です。
あの、ほら、よく『屋台の味』と評されるネギや桜エビが入って、くるくるっと巻いてあったり半分に折ってあったりするアレですよ。

ネギはなかったのですが、何しろ収穫した自家製キャベツは豊富ですから。
食材ありきはいつものこと、ネギをキャベツに、桜エビの代用は悩んだ結果のアンチョビに。
ならばいっそのこと洋風にしてしまおうと、チーズ、黒胡椒をふんだんに使った洋風の薄焼きとでも申しましょうか。

20200428 00005.png

刻んだキャベツをたっぷり生地に混ぜ込み、薄くフライパンに流して表面にペコリーノロマーノと黒胡椒をたっぷりと。
新キャベツにアンチョビって本当に相性が良いもの、大好きな組み合わせです。

こんがり焼き色がついた生地をクルクルっと巻けば・・・

20200428 00003.png

お好み焼き粉や小麦粉の代用に米粉を選んだのが間違いだったかしら。
米粉って焼くとこんなもっちり食感になるのね、存じませんでした。
しかもクレープのように扱えるかと思いきや、なんとも独特な触感で巻くなんてとても無理。
無残にもボロボロな米粉の薄焼きを披露する羽目と相成りました。

20200428 00001.png

週末、ふたつめの自家製キャベツを収穫して自信に満ち満ちております。

ひとつめのキャベツは全く虫に食われておりませんでしたが、ふたつめにはチラホラと虫食い穴が。
虫ってね、面白いんですよ。
気付くんです、見慣れない野菜には最初近づかないのですが、やがて気付くんです。
あ、これ、食べられるじゃん、美味いじゃん、という具合に。
チャレンジして、学習して、そして安住する、野菜の中に。
なので無下に憎むことも出来ないのです。






次回は是非小麦粉で再チャレンジ、その為にも備忘録。

  1. ペコリーノロマーノをフードプロセッサーで粉砕して取り出しておきましょう。

    20200428 00009.png

  2. たっぷりのキャベツアンチョビをフードプロセッサーに合わせて刻みます。
    米粉 60gお水 180tをボールに合わせてよく溶き混ぜ、刻んだキャベツを加えて合わせましょう。
    立派なキャベツでしょ、自家製ですよ、自慢ですよ。

    20200428 00008.png
    20200428 00010.png20200428 00011.png


  3. 極薄くオリーブオイルをすり込んだフライパンを温めたら、一旦ぬれ布巾の上で冷まします。
    再度温めてから生地を薄く流し、お玉の背を使ってのばしましょう。

    じっくりと弱火で焼き、ペコリーノロマーノ黒胡椒をたっぷりと散らします。

    20200428 00012.png

    生地の縁に焼き色がつき、チリチリっと浮いてきたら巻きましょう。

    多分、小麦粉ならばもう少し扱いやすいのではないかしら。
    米粉で焼いた薄焼きは、まるでそう、ライスペーパーのようなモチモチとした食感、初食感な薄焼きでありました。
    キャベツ、アンチョビ、チーズの薄焼き、アイデアはなかなか面白かったと自負致しております。






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





米粉で拵えた薄焼き、まるでライスペーパーのようにモッチリ・・・
で、思い出しました。
韓国土産で頂いた小ぶりなライスペーパーがまだ残っていたことを。

幸いフードプロセッサーをまだ洗っておりませんでしたのでもうひと仕事。
鶏のささ身、玉ねぎ等をフードプロセッサーで攪拌し、ライスペーパーの焼売風。

20200428 00007.png






鶏ささ身、たっぷりの玉ねぎ・生姜をフードプロセッサーに合わせて攪拌します。
これをボールに移し、木綿豆腐・あられ切りにした山芋・ごま油・オイスターソース・お醤油を加えてお豆腐を崩すようにしながら混ぜましょう。

ライスペーパーをさっとお水にくぐらせ、肉種をふくさ包みにします。
オーブンシートを敷いた蒸しすの上に並べ、5分ほど蒸せば出来上がり。
これ、意外なことに冷めても美味しいのです。

20200428 00013.png20200428 00014.png
20200428 00015.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





今朝の主食は、以前拵えて冷凍しておいた銀杏ご飯。
日本酒を小さなスプレー容器に入れて冷蔵庫に常備してあります。

ご飯を温める時、意外なようですがバゲットを温める時、シュッとひと吹きふた吹きする等々とても登場頻度が高い我が家のスプレー料理酒。
晩酌用の日本酒も同じものを使っております。
パック酒があるから造り込まれた日本酒が際立つというもの。
いえ、我が家で愛飲致しておりますパック酒はお手頃価格で味が良いのでも知られておりますけどね。

20200428 00006.png

継ぎ足し継ぎ足し煮詰めております鯖の味噌煮の煮汁、これも立派な我が家の味になりました。
そうね、ニューヨークのキャンセルは痛手でしょうが、主人の選択は立派だと思います。

・・・まだちょっと期待している往生際の悪い私がいるのも事実ですけどね。



2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:54 | Comment(3) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しん様

楽しみにしていた旅行のキャンセル。
NYは逃げませんから、楽しみが先延ばしになっただけと、旅行前のウキウキ気分を長く楽しんでくださいませくださいませ👍
こちらは3月18日からのバーやマッサージ、映画館などの施設の閉鎖から始まり。。
ロックダウン期間も長くなってきました。
こんなガラガラで渋滞無しのバンコクなんて❗
いつかこの苦労話を笑って話せる日を想い、お互いにお家時間を過ごしましょぅ❗
Posted by ヒナ at 2020年04月30日 12:40
ヒナさん!

夜な夜なふたりで飲みながら、ヒナさんのお噂を致しておりました。
ご不便は色々おありでしょうがお元気そうで安心しました。
連休前の今宵、これでまた楽しいお酒が飲めます。
今日は白ワインだそうですよ。

ふふふ。

実はこのNY旅行、キャンセルは致しましたがとっておきの裏話が存在するのです。
大きな声では言えません。
いつか笑ってお話出来る時まで、どうぞお楽しみに。
そして何よりお元気で、身も心も。
Posted by しんさん⇒ヒナさんへ at 2020年05月01日 14:44
うふふふふ。

はい!
落ち込んでいても、笑っていても同じ一日。

楽しみを見つけながら日々過ごしております。

裏話。すご〜く楽しみです。
Posted by ヒナ at 2020年05月02日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。