2020年04月03日

焼き芋のトリュフ風〜プロテインローチョコレートver.

週末畑に撒こうと、水に浸しておいたビーツとバタフライピーの種。
ふっくらと水を含んだは良いけれど、先日の日曜日は生憎の雨模様、当然畑作業は断念と相成りました。
その後も雨が続き、ビーツとバタフライピーは発根を経て発芽にまで進んでしまいました。

昨日は強風ながらも幸い朝から久しぶりの青空。
忙しい中スケジュールを調整して畑作業に付き合ってくれた主人。
上手く根付いてくれるか否か不安なところではありますが、風に煽られながらも無事ビーツとバタフライピーの種を畑に収めて参りました。
無事畑の土になじんでくれますように。

畑の帰り、ちょっと遠回りして満開の桜も楽しんで参りました。
もちろん車の中から、窓を開けて桜並木をドライブしただけのお花見でしたが、2020年のこのお花見もふたりの良い思い出になることでしょう。




さて。
日々の緊迫感からでしょうか、今週は甘いものばかり拵えている気が致します。
本日も然り、甘い主食です。

20200403 00008.png

久しぶりのプロテインローチョコレートです。
本格的なローチョコレートではありません。

ココナッツオイルとプロテインを合わせた簡略版プロテインローチョコレートで、焼き芋をコーティングしてみました。

20200403 00007.png

そう、焼き芋です。

随分前に買った安納芋、いよいよ発芽してしまいました。
じゃが芋と異なりさつま芋の芽に毒性はありませんからね。

一瞬、この発芽した芽を利用して苗づくりをしようかとも思いましたが、それもなかなか手間なお話。
私らしく食べてしまう道を選びました。

じっくりじっくり低温で焼いた焼き芋は、それだけでねっとりペースト状、しかも飛び切り甘い。
そんな焼き芋ペーストにナッツやドライフルーツを加えて丸め、プロテインローチョコレートでコーティングしただけの簡単スイーツ。

トッピングに使用したカカオニブのカリカリ食感がアクセントです。

20200403 00006.png





◆材料

  • さつま芋(今回は安納芋を使いました) 適量
  • 胡桃とアーモンド 適量
  • ドライフィグ 適量

  • ココナッツオイル 80g
  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー 50g
  • ハーバライフ製のプロテイン(チョコレート風味) 15g

  • カカオニブ 適量

    20200403 00002.png

    ※長らく楽しんで参りましたハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒーはこれでおしまいです。
     また機会がありましたら是非。





◆作り方
  1. 先ずは焼き芋。
    これは前日のうちに拵えておき、ひと晩冷蔵庫に入れておいたものです。
    飛び切りねっとりして飛び切り甘く仕上がりますよ。

    何てことはない、綺麗に洗ったさつま芋を皮つきのままアルミホイルで2重に包み、予熱なしのオーブン160℃で1時間35分焼いてそのままオーブン庫内に冷めるまで放置。
    翌朝まで冷蔵庫に入れておくだけ。

    20200403 00003.png

  2. 十分に休ませたさつま芋の皮をむきます。
    面白いくらい簡単にむけますが、プロテインローチョコレートのフィリングに使用するのはやや黒ずんだ表皮の部分だけ。

    薄く皮をむいたそのすぐ下の部分を寄せ集め、包丁でたたいてペースト状に。
    焼き芋の中心部からひろがる黄金色に輝く部分は、また別のお料理に。

    20200403 00004.png

  3. 胡桃とアーモンドは、予熱なしのオーブン160℃で10分ローストして刻みます。
    刻んだドライフィグと一緒にさつま芋ペーストに加えて混ぜましょう。

    20200403 00005.png

  4. 手の平に極々薄くココナツオイルをぬってさつま芋ペーストを丸めます。
    ひとつ19〜20gがお勧め。

    ココナッツオイルを湯せんで温め液状にし、プロテイン2種を少しずつ加えて混ぜ合わせましょう。

    20200403 00012.png

  5. 丸めた焼き芋ボールをひとつずつプロテインローチョコレートにくぐらせ、全体にたっぷりからめます。
    フォークにのせて余分なローチョコレートを切り、オーブンシートをひろげたバットの上に。
    表面が乾かないうちにカカオニブを散らしましょう。

    20200403 00013.png

    冷蔵庫で冷やしかためて出来上がり。
    不格好ですが美味しいのです。

    20200403 00009.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





お菜は具沢山のスープ。
ささ身を茹でた茹で汁をスープストック代わりに、残り野菜のお片付けも兼ねたスープです。

20200403 00017.png





包丁の腹でつぶしたニンニク、刻んだアンチョビ、みじん切り玉ねぎ、さいの目切り人参を圧力鍋に合わせ、オリーブオイルで炒め合わせます。
油が十分なじんだところで、ささみの茹で汁を注ぎましょう。
ざく切りトマト、さっと洗ったムングダルも加え、5分加圧します。

圧が抜けたら刻んだマイタケを加え、オイスターソースを隠し味に。
アンチョビの塩気、茹で鶏の茹で汁の塩気があるのでお塩は不要。
器に盛り、豆乳ヨーグルト・ほぐした茹で鶏をトッピング。
パプリカパウダーをふって出来上がり。

20200403 00018.png20200403 00019.png
20200403 00020.png






週末は中途半端に残った食材が多種多用、具沢山スープも作り甲斐があるというもの。

20200403 00011.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





最近すっかりお気に入りの塩鯖。
焼きたての皮のパリッパリ感がまた最高です。
マイタケ増量中のお味噌汁もこれまた最高。

20200403 00010.png





往生際悪くさつま芋の皮直下、色合いもあまりよろしくない部分を使用した本日のお昼ごはん。
はてさて、それでは中心部に向かった黄金色に輝く部分はどうなったのかと申しますと。

20200403 00014.png

干し芋製作に取り組んでおります。
今朝の温度は少々小寒いほど、もしかしたら干し芋づくりに間に合うかも、と。

こんな状況ですもの、保存食はあって困るものではないものね。
極端な買いだめはいかがなものかと存じますが、こうしてチマチマ保存食に挑むのも楽しいものです。

20200403 00016.png





石油ストーブを片付ける前に、甘い甘い安納芋の干し芋を焼きながら主人とふたり日本酒を一杯。
その頃にはお隣の小さな桜も満開でしょう。


kit27.gif





posted by しんさん at 14:11 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。