2020年04月02日

フワフワ、分厚い、バナナ・スフレパンケーキ

『免疫力向上は良い睡眠から!
 免疫力の更なる向上のため、就寝時に波の音を流すこととします!いいかなぁ?』

我が家の環境大臣、主人の言葉尻の押しの弱さにちょっと笑ってしまいましたが、数日前から就寝時の1時間、微かな波の音を聞きながら心地良く眠りに就いております。

ですが融通の利かない主人のこと。
昨日は台風並みの強風。
ガタガタ窓枠が不気味な音を立てたかと思うと、主人の側からは波の音、そして海鳥の鳴き声。
こうなると波の音も大時化のイメージ、海鳥が強風に煽られ高波にさらわれるぅ・・・私、寝不足で免疫力が落ちた気がします。

寝不足ついでにちょいとひとこと。
安倍さん、エイプリルフールもそこそこに。



高品質な睡眠、昨夜こそ叶いませんでしたが、免疫力向上に努めるべく今日もしっかりご飯を食べます。
最近躍起になっておりますパンケーキに今日も挑みました。

20200402 00001.png

性懲りもなく “えもじょわ”さんの美しいパンケーキを目指し、今日も高さのあるスフレパンケーキ。
えもじょわさんのレシピを少々脱線してのバナナ風味のスフレパンケーキです。

数日前、大撃沈したパンケーキよりは随分マシになったのではないかしら ⇒ 2020年03月31日(☆彡)

20200402 00004.png

冷めると多少(いえ、随分かしら)しぼみは致しますが、何と言ってもお弁当ですからこれは仕方のないことと納得しましょ。

美しいえもじょわさんのパンケーキには到底及びません(比較にもなりません)が、お土産に頂いたパンケーキミックスがなくなるころにはもう少し上達もすることでしょう。

20200402 00002.png

前回の撃沈パンケーキに比べれば出来は上々。
一応形になっておりますもの。
ふたつ重ねても崩れません。
この出来ではありますが、相当舞い上がっております。

20200402 00003.png

昨日の漆黒バナナちぎりパン(☆彡)にサンドした小豆餡の残りを添えて。
パンケーキに加えたお砂糖は極少量ですが、バナナの甘みで甘さは十分。
ですが何かと精神的にも参る状況ですもの、甘いもので和みましょ。

20200402 00005.png





◆材料

※基本的には前回(☆彡)とほぼ同じですが、前回加えたホエーを省略しました。

  • 卵白 2個分
  • てんさい糖 10g
  • コーンスターチ 15g

  • 卵黄 2個分
  • パンケーキミックス(もちろんハレクラニホテルの、です) 30g
  • 完熟バナナ 1本(正味102g)

    20200402 00010.png





◆作り方

  1. 卵白を軽く泡立て、てんさい糖を2回に分けて加えながらしっかりとしたメレンゲに。
    コーンスターチをふるい入れて更に泡立て、使用時まで冷蔵庫へ。

    20200402 00011.png

  2. 別ボールに卵黄・適当にちぎったバナナを合わせ、パンケーキミックスをふるい入れます。
    泡だて器でよく混ぜ合わせましょう。

    20200402 00012.png
  3. メレンゲとバナナ生地を合わせていきます。

    先ずはメレンゲをひとすくい、2のボールに加えて泡だて器でしっかりと混ぜ合わせます。
    次いで今度はスパチュラでメレンゲをひとすくい、今度はメレンゲを出来るだけつぶさないよう気をつけながら底からすくうように混ぜ込みましょう。

    最後にこれをメレンゲのボールに戻し入れ、メレンゲをつぶさないよう底からすくうように混ぜ込みます。

    20200402 00014.png20200402 00015.png
    20200402 00013.png


  4. オーブンシートをリボン状に切り幅を半分に折ります。
    内側になる方に極々少量の油をぬり、端をもう片方の中に収めるようにつなぎ目を合わせてマスキングテープで留めましょう。

    フライパンを温めて極少量の油を丁寧にすり込みます。
    いったんぬれ布巾の上でフライパンを冷ましてから、再度弱火で温めます。
    型を輪を下にしてフライパンに並べ、高い位置からふんわりと生地を8分目高さまで流し入れましょう。
    前回は型の高さの割に生地が少な過ぎたのが大崩壊の一因。

    20200402 00016.png

    お水を少量隙間に落とし、ぴったりと蓋をして弱火で4分。
    ちょっとまだ加熱が足りないようでしたので、再度お水を少量隙間に垂らして更に2分。

    20200402 00017.png

    その後は蓋をとらず、火を止めて4分間蒸らしましょう。

    20200402 00018.png
  5. 蒸らして表面が乾いていたら、そっと裏返します。
    前回は表面がまだ生の状態だったにも拘わらず、無理してひっくり返してしまいました。
    えもじょわさんもおっしゃっていましたが、これ、絶対ダメ。

    20200402 00019.png

    強火で焼く勇気はありませんでしたので、再度お水を少し垂らして蓋をし、2分弱火で焼きました。

    今日で完熟バナナはおしまい。
    無事、腐敗ではなく完熟という状態で使い切ることが出来ました。

    20200402 00009.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





食材がどうしても日持ちするものに偏っております。
牛蒡、人参、市販の蒸し大豆、後はビン詰めのピクルスやスタッフドオリーブ等々。
ええいっと、これらを全部合わせてサラダにしてしまおう。

20200402 00006.png





食材がマンネリになりがちな時、助かるのがアンチョビ。
アンチョビを細かく刻んでレモン汁、オリーブオイルと合わせてドレッシングに。

レモン汁もジッパー付き保存用袋に薄く平らに冷凍し、凍ったらバキバキ割って冷凍保存。
便利です。

拍子木切りにしてレンジ加熱した人参と牛蒡、細切りにしたピクルス、蒸し大豆、オリーブ、全部合わせて和えれば出来上がり。
ローストして粗く刻んだナッツも加えれば、良いアクセントになります。

20200402 00008.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





お家でイオンで配達して頂いた卵、ロハコでちょっとお安くなっていた生うどん。
今朝は主人が大好きな釜たまうどんが主食です。

あら、この生うどん、美味しい。
また買っておきますね。
こんな状況でなければ取り寄せることなどなかった生うどん、転んでもただでは起きない良いご縁に恵まれました。

20200402 00007.png

お家でイオンで配達して頂くイワシがお気に入り。

野菜類も最近はもっぱらお家でイオン。
いつもの農協で買う牛蒡とは風味も異なりますが、これも新たなご縁と楽しみましょう。

お隣の小さな桜はまだまだ満開にはなりません。
もしかしてそういう品種なのかしら。
マンションの一室からお隣のお庭をあまりジロジロ見ることも失礼ですし、ね。

でもささやかな楽しみでもあるのです。

今日は久しぶりに良いお天気。
たまには気分一新、久しぶりに畑でも耕してこようかしら。
リビングから眺める近所の畑は、すっかり春支度が始まっております。



2018-06-21T13_36_57-90072-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。