2020年03月23日

出不精で良かったと思うこと

春分の日を含んだ暖かな3連休でしたが、いつものように主人とふたりお家でゴロゴロ致しておりました。

幸い二人ともが人混み嫌いですので、連休中の人混みを指して言われておりました“コロナ疲れ、自粛要請疲れ”とも無縁。
そもそも、アルコール消毒や手洗い、うがいは以前より我が家では主人に呆れられるほど徹底致しておりましたので、これら対策をせず今まで健康に過ごされていた方々の免疫力にただただ感心するばかり。

昨日主人が選んだワインです。
もちろんお昼から。
最近お気に入りのバゲットをひとり1本、醗酵バターを添えて。
カベルネ・ソーヴィニヨンのカルトとUn Painのバゲット、シンプルで贅沢で素敵でしょ?
外でこんなワインとても飲めませんものね、お家最高。

20200323 00001.png

連休中はポカポカ陽気でしたので、畑仕事も捗りました。
お家のリビングから外をボケーっとみていると、そろそろどこの畑も春・夏野菜の準備にかかっております。
少々の遅れはとりましたが、我々の畑も耕起・堆肥の施用を済ませて参りました。
どんな野菜を植えようか、畑作業をしていていちばん楽しい頃合いです。

11月に種を撒いて随分と楽しませてもらったホウレン草ともいちどはお別れです。
どこの畑も冬の葉野菜は幕引きのようで、少々とう立ちしたブロッコリーや春菊、水菜など沢山いただきました。

ホウレン草は定番の胡麻和え、春菊と合わせた白和え、水菜と合わせた胡桃和えに。
ブロッコリーはさっと茹でて塩麴和え。
実家の小さな花壇で群生しております三つ葉は、油揚げと合わせてお浸しに。
春を想わせるセリは、茹でた鶏ささ身と合わせましたよ。

緑一色、今週の作り置き料理です。

20200323 00003.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





そんな葉野菜のお片付けを致しておりましたら、肝心のお弁当がすっかり手抜きに。
甘辛く煮ておいた油揚げに目をつけました。

寿司酢で味付けしたおからを詰めて、ちょちょいのちょいっといなり寿司風のおから寿司。
作り置き料理で隙間を埋めれば、ものの10分で完成です。

20200323 00005.png

残念ながら油揚げが3つしか残っておりませんでしたので、私の分は軍艦巻き風に。
くるりとおからを海苔で巻き、ホウレン草のお浸しを添えただけ。

20200323 00006.png

正に10分、とんでもなく手抜きなお昼ではありますが様になっているのではないかしら。

20200323 00007.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





鶏ささ身の茹で汁で炊く鶏粥は主人の大好物。

鯖の味噌煮は煮汁を継ぎ足し継ぎ足し引き継いでいるもの。
主人が吟味して取り寄せてくれる調味料ですもの、煮汁とて無駄には致しません。
いえ、むしろこの継ぎ足し味噌で煮た鯖が最高に美味しいのです。

20200323 00004.png

自粛緩和などとは言ってはおりますが、はてさて本当にそれで良いのでしょうか。
企業への手当ても不安材料てんこ盛りで不安は募るばかり。

いえいえ、そうでした、今の私の使命は白菜のお片付け。
いただいた大きな大きな白菜、ロール白菜を拵えて、今シーズン最後であろうキムチを仕込んで、少しは冷凍して・・・
お出掛けしている時間はありません。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:34 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。