2020年02月25日

お片付け料理2種〜フェヌグリークスプラウトとホエー水キムチ

‎頻繁に思うのですが、実はわたし料理が好きなのではなくお片付けが好きなのではないかしら。
私が料理に勤しむのは、お片付けすべき食材が豊富にあるからではないかしら、と。

最近でこそその頻度も低くなりましたが、一時は主人が食材調達を一手に担っておりました。
送料の関係だからと、箱買いまとめ買いは当たり前。
当然食材ありきの料理になりますが、それが逆に楽しかったり妙な高揚感が漲ったりするのです。

さて。
そんな実はお片付けが趣味の私、最近またお片付けしたい食材が見つかりました。
今日はほんの小手調べ。

20200225 00011.png

何の変哲もない全粒粉パンのサンドウィッチです。
フィリングはハリサ、アボカド、そしてスプラウト・・・
そう、このスプラウトが自家栽培、お片付けの一環です。

一時、主人が今以上にカレーに凝った時、自ずと我が家に並ぶスパイスの種類も増えました。
その頃スパイス棚に加わったのがフェヌグリーク、今回のスプラウトの素です。

20200225 00014.png

随分と前に買ったものですし、このフェヌグリークが発芽するか否かは半信半疑。
ですが見事に発芽致しました。
フェヌグリークの生命力にはただただ感心するばかり。

20200225 00013.png

ちょっと豆っぽい青臭さが特徴的なフェヌグリークのスプラウト。
簡単に発芽する上に発芽率もほぼ100%。
なかなか面白いフェヌグリークのお片付け方法ではないでしょうか。

1週間ほどで食べられる程に成長するフェヌグリークのスプラウト、お手元に使うあてのないフェヌグリークがあれば・・・あまりないかしらね。





  1. ‎8日前の2‎月‎17‎日、‎フェヌグリークをたっぷりのお水に一昼夜浸すことから始まりました。

    20200225 00001.png

  2. フェヌグリークが十分に水を含んだところでざっと洗い、たっぷりのお水で湿らせた新聞紙で挟んで室内に。
    二日もすると発芽します。

    20200225 00006.png

  3. ボールにたっぷりとお水を張って発芽したフェヌグリークを洗います。
    容器に移して室内で数日間成長を促しましょう。

    20200225 00010.png

    お水をたっぷり注いでふり洗いをした後水を切る、この工程を1日に2〜3回行います。
    晒布をかぶせて輪ゴムで留めておくと埃避けの蓋にもなるし、水を切る時に小さなフェヌグリークの種がこぼれることも防げて便利。

    20200225 00009.png








こうして成長したフェヌグリークスプラウト。
大きめのボールにたっぷりとお水を張って洗い、先端の種がらを取り除きます。
もちろん完璧に種がらを取り除く必要はありません。

20200225 00015.png

薄切りにした全粒粉食パンをカリッとトーストし、無塩タイプの醗酵バター、ハリサをぬって水を切ったフェヌグリークスプラウトをたっぷりと。
レモン汁をまぶしたアボカドを並べてサンドし、軽く圧をかけてラップできっちりと包みましょう。

20200225 00016.png

ラップごとパンナイフで切り分けて出来上がり。

20200225 00017.png






ワックスペーパーできっちりと包み直してお弁当に。
今日のお弁当はこれだけ。
ちょっと最近主人の体重増加が気になりますから、ね。

20200225 00012.png





table_s.gif





もうひとつのお片付け料理はこちら。
ヨーグルトから出る水分、いわゆる“ホエー”を有効利用したホエー水キムチです。

20200225 00008.png

スープを飲む感覚の水キムチ。
一般的なキムチとは違い、辛味もなく浅漬けのようなキムチです。
これをホエーで作ってしまう、何方のアイデアだったかは記憶にありませんがなんて素敵な有効利用。
本来の水キムチのような醗酵食品ではありませんが、あっさり美味しいお漬物です。





  1. ホエーは水切りヨーグルトの副産物。
    今回は豆乳カッテージチーズを拵えた際(☆彡)のホエーを使いました。

    20200225 00002.png

  2. 白菜は芯の部分と葉の部分を分けてざく切りに。
    人参は短冊、大根は薄いいちょう切りにしてボールに合わせます。
    お塩を加えて揉み、しんなりしたらザルに移して自然に水を切って保存容器に移します。
    たっぷりの千切り生姜、横1/2に切った生唐辛子を加えます。

    20200225 00004.png20200225 00003.png
    20200225 00005.png


  3. 全体が浸かる用のホエーを注ぎ、時々上下を返して冷蔵庫でひと晩以上おけば出来上がり。

    20200225 00007.png





休日、畑に行く前の朝食は平日よりはうんと軽め。
生姜がキリリと効いたホエーの水キムチであっさりとお腹を満たして畑へと向かいました。

20200225 00020.png






table_s.gif





3連休を経ての週明け、今日は火曜日。
今朝は昨日収穫した白菜の下処理に手いっぱいでお弁当や朝食が疎かになってしまいました。
どうにかこうにか形になったのはひとえに主人のおかげ。

20200225 00018.png

そろそろ畑の冬野菜も終了です。
小ぶりな白菜ではありますが、綺麗に洗ってまたキムチを仕込むことと致します。

泥も虫も市販の白菜とは比べ物にならない程その身にまとった器量の悪い白菜たち。
洗うのも大変です。
半日水を切って、今日の夕方、夕食を拵える片手間で塩漬け段階へと駒を進めます。

今はほうれん草が食べ頃。
青々と茂ったホウレン草は、赤い根元の部分が甘くて美味しいのです。
大好きな胡麻和えに。

20200225 00019.png

今週は開いたマイワシを調達致しました。
久しぶりの南蛮漬けに。

そして嬉しい今シーズン初の茎ワカメ。
茎ワカメはもちろん甘酢に漬けて。
今週も作り置き料理が数点揃いました。
1日少ない今週は4回のお弁当、さ、今週はどの食材にお片付けの的を絞りましょう。



2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:54 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。